FC2ブログ

≫ EDIT

やりたいことがある人たちの「可能性」を買うのが投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

世の中には
これ!といってやりたいことはないけれど、
でもお金を持っている人がいます。

また、世の中には
やりたいことが沢山あるけれど、
お金が不足している人がいます。

元来、金融が担ってきた役割は、

AからBに
お金が流れやすいような
縁の下の「しくみ」を作ることです。



上の文章のポイントは、
「縁の下」の部分であり、

金融はほんらい、
主人公(AやB)ではなく、

舞台でいうところの、
装置や背景そのものなのです。


むかーし昔は、
口利きのような人がいて、

その人が、
AからBの橋渡しをしていて、

その人がどんどん大きくなり
地域の金融センター(信用組合の源?)に
なっていったのでしょう。


元来は、
A(貯蓄)と、B(融資)の
橋渡し役であったものが、

リスクマネーそのものの「仲介役」
「調整役」にもなり、

それが「投資銀行的」なものとして
発展していきます。


では、
投資信託っていったい何かというと、

たくさんのAと、
たくさんのBを結ぶ
「装置」そのものなのですね。



この装置の特徴は、

出し手のお金も、
そのお金が向かう先も
十分に「分散」されていること。


投資に
ミドルリスク・ミドルリターンの道を
切り拓いたのが投資信託の功績なのです。



そんな投資信託ですが、
わたしは(厳密には、)
投資信託というフクロの中に、

金・貴金属や、
原油や仮想通貨を
入れるべきでないと考えます。

なぜなら、
お金の行き先が、

B また、世の中には
やりたいことが沢山あるけれど、
お金が不足している人たちがいます。


に、つながらないためです。


baby_haakuhansya.png


金・貴金属、原油や仮想通貨は、
特定の「資産価格」そのものです。

それに対して、
株式や債券や不動産は(実は)

やりたいことがある人たち(会社)が、
やりたいことを実践するための
器(うつわ)」に過ぎません・・。


★ これらの器の価値が
上がるか下がるかは、

やりたいことがある人たち(会社)の
パフォーマンス次第なのです。


あなたが仮に
株式や債券や不動産の
投資信託を買ったとしても、

それは結局、
やりたいことがある人たちの
可能性」を買っているのであって、

資産そのものを
買っているわけではありません。

あくまで「」が主人公であり、
株式、債券などは
入れ物にすぎないのです。

これから先、
お金を持っている人が増え、
やりたいことがある人たちが増えていく限り、

金融のすそ野はどんどん大きくなっていくでしょう。

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 16:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お盆休みは、NightWalkerさんの『世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました』を読んでみよう!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしがNightWalkerさんに
はじめてお会いしたのは、
たしか2008年のこと。

(もう10年も前なのですね!)

わたしはNightWalker’s ブログ
ヘビー読者なのですが、

感心するのはいつも
文章が【簡潔】である点!


インデックス投資がそうであるように、
文章がシンプルであることは、
とても「洗練された行為」なのです。

本書、
『世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました』でも、
ご本人が書いておられるように、

居酒屋さんで
優しい上司に
レクチャーを受けている雰囲気が満載!(^^;


gatag-00008425.jpg

(あっ、本物のNightWalkerさんは、
もっとスリムでいらっしゃいます・・(^^;)


すでに多くの人が
書評を書いておられるので、

わたしは
インデックス仙人?が、

本書において散りばめた【名言】に
フォーカスしたいと思います。


【はじめに】

お金があったおかげで
私は自由と時間を買えました。


何気ない言葉ですが、
ズシーンと響きます。

ふつうの生活者が
資産形成を行う目的は、

結局のところ、
生き方の「選択肢」を
広げるためではないでしょうか。



【第2章】

私も自分のリスク許容度がわかるのに
投資を始めてから、10年くらいかかりました。


・・そうなのですね!

リスク許容度は、
【数字】(理屈)というよりは、
スポーツに近いところがあると思います。

つまり、
同じ運動を反復する中で、
体で理解する【感覚】の要素が
多分にあるのです。

つまり?

つまり、
とにかく小さく始めてみることって大事。


最初の段階では、
「リスク許容度ってこんな風に
のんびり考えてもいいんだな」


まさにそう!

このお言葉は、
投資ビギナーのハードルを
ずいぶん下げてくれるのではないでしょうか。


20171222224858.png


【第3章】

「つみたて投資」なら黙っていても
「買い場」に出会う

(中略)

「買い場」は、
後になってわかるものなのです。


はい、その通りなのです・・。

たとえば、
あーあ、あのとき始めていればなあ・・
というセリフは、

投資を始められないビギナーから、
頻繁に聞かれる言葉です。

★ でも、
「あのとき」が分からないのが、
投資なのでは・・。


NightWalkerさんは
ファンドの価格が下がっていって、

損益がマイナスになって
「落ち込んでしまうよ」という局面を、
【買い場】と表現して、

逆に「チャンスだよ」と説きます。


そして、
本書の中で、
わたしがいちばん好きな言葉がこれ。

「買い場」とは、
過ぎ去りし青春の日々みたいなもの


嗚呼、
なんと文学的なのでしょう!


大きな下落を伴う絶好のチャンスは、
それが訪れているときは
もう、耐えるのに必死で、

それが「またとない買い場」であるとは、
えてして「あとで」気付くものなのです。

そう、青春と一緒。。


【第4章】

勝手に育つ。
儲けようと考えない方がより育つ。


これも真理でしょう。

投資とは(本質的に)
他力本願ですから、

あなたと投資対象が、
距離を保っていたほうが
結果として(投資は)続けやすくなります。


尾瀬


実は『第5章』で、
NightWalkerさんは奥様の例を
紹介されています。

奥様はリーマンショック直前に
つみたて投資を始められ、

なんと8年間も「放ったらかし」に
されていたとか・・。

(そして、資産はちゃんと増えていた。)

あっ、
リ・バランスが必要なかったのは、
奥様がバランスファンドを購入していたためです。


NightWalkerさんは
水瀬ケンイチさんと同じく
リーマンショック(暴落)の経験者です。

NightWalkerさん自身が
暴落を
やり過ごせた要因を次のように語っておられます。

 【第5章】

・積立を継続する。
・無リスク資産をしっかり持つ。
・収入を得るため働く。


まさにシンプルなのです。


そして、
NightWalker's 法則 とでも言うべきが、

【第7章】

「一生カウチポテト仮説」


一生、リスク資産と無リスク資産の比率を
1:1にしても良かったんじゃないか



実は本書でわたしがもっとも、
「なるほど・・!」と唸ったのが上記なのです。

ずっと、
リスク資産と無リスク資産の比率を
1:1にする。

これは、
一見シンプルに見えて、
とても意味が深いと合点いたしました。

その内容は・・・、
ぜひ本書をお読みください(^^)


まあ、ともかく、
もし、
NightWalkerさんのような上司が
一つの会社におひとりでもいれば、

無理のない長期投資の作法って
黙っていても広まるような気がします(^^;

お盆休みにぜひ、
『世界一ラクなお金の増やし方』を読んでみませんか?






関連記事

| 書評・映画・美術評 | 12:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資を始めると、貯金の意味合いが変わるのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

拙著「ラクして増やそう!バラつみ投資」では、

まず毎月1,000円から
バランスファンドでつみたて投資を始めてみましょう!


と説いています。

これまで「貯金オンリー」だった
未投資家の人を想定して書いているため、

〇 お金の管理の主役はあくまで「貯金」!
〇「投資」は脇役なのです!


とまで言っています。


でも、です。

ほんの少しだけリスクを取って
つみたて投資を始めても、

貯金だけでお金を貯める場合に比べて、
(お金の増え方って)
そんなに違わないんじゃないの?


と思われるかもしれません。

たしかに「数字」だけを見れば、

毎月1,000円だけの
投資信託つみたてでは、
10年続けても、
運用元本は12万円に過ぎません・・。


では、少しだけ
投資を始めてみることの【意味】って、
そんなに大きくないのでしょうか?

いいえ。
わたしは
【意味】は大きい!と考えます(^^;
画像1
毎月残るお金が
「すべて貯金」の場合と、

たとえ月1,000円でも
投資を行う場合の【違い】って何でしょう?

それは
見える景色が「単色」か、
「複合色」かの違いになります。




ちょっと絵画的な言い方になりますが、

投資を始めると、
お金のあり様が『複色化』するわけです。

今までひとつの色だったものに、
新たな色が加わる・・。

色が複数化すれば、
絵全体の見え方が変わってきます。

(ココがポイント!)



あなたの資産ってなあーに??
という問い掛けがあった際、

「えっ、貯金ですけど。」で
終わっていたものが、

貯金と投資という「複合色」になると、
あなたは自分のお金を
自然と「区分け」して見るようになります。

貯金って?


貯金は引き続き、
安全にコツコツ貯めるものです。

が、もしかすると、
将来的に(その一部は)
投資に回す「準備のお金」になるかもしれません。

あるいは、
投資に回しているものを
一部解約した際に、
それが戻ってくる「受け皿」にもなるわけです。


homepagePhotoFRLrev.jpg


あれ?

貯金の意味合いが
「多様化」していませんか?


たとえ小さくても、
「投資」を始めることで、

「貯金」を明確に
安全資産)として
認識するようになるのでは?

貯金が立派な
ひとつのアセットクラスになるのです。


(貯金だけをしているときは、
貯金をひとつの「資産」としては
なかなか見ませんね。)


たとえ月1000円でも、
投資信託でつみたて投資を始めることで、

〇 【安全資産】(貯金)
〇 【リスク資産】(投資)と、異なる色が共存し、

そして、このふたつの色の中で、
互いに交じり合ったり、
ふたつの色の割合が変わったりすることも、
あるかもしれません。



icon01.png


そこからさらに進んで、
(もしかすると、)
安全資産、国内債券、外国債券、株式・・
というふうに、

大きな絵(資産全体)を、
さらに深く、
色鮮やかに
認識するようになるかもしれません。


リスク資産(投資信託)を
持ち続けることで、

居住用不動産を買って
自分で住むことも、

一種の投資であり、
マイホームもリスク資産ではないか?
という【発想】に、
(もしかしたら)つながるかもしれません。


あるいは、
毎月残る2万円のうち、

貯金を15,000円(主役)、
そして、
つみたて投資のほうを
5,000円(脇役)に増やそうと思い、

その中で、ふと、

どうしてうちって、
そもそも毎月2万円しか残らないの?


という「命題」に気持ちが突き動かされ、

無駄に入っている貯蓄性の保険の
見直しにつながらないとも限りません・・。


結局、
投資という行いを始めることで、

ワタシってこれから先、
自分の資産全体をどんなふうに管理するの?

という、

まったく新たな地平に向かう
可能性が生まれてくるのです。



ですので、
月1,000円からつみたて投資を始める
意味合い】は大いにあります。

(そして)わたしは仕事柄、
(最初は小さくても)
とてもハッピーに投資と出会えた人を
たくさん知っています・・。

〇 こちらの記事もご参考に!
変わるワタシ、変わらないお金

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 19:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月7日の「ひと言」



そろそろ50歳ですか?

会社に行く以外の『用事』を、

今のうちから作っておきましょう。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg




関連記事

| 今日のひと言 | 12:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界初!米国フィデリティが、年間経費率ゼロの『インデックスファンド』2本を設定!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

CNBCのこちらの記事によりますと、

米国のフィデリティ・インベストメンツ
年間経費率「ゼロ」の
インデックスファンド(2本)の運用を始めています。

(もちろん世界初です!
2本のファンドとも設定日は8月2日)

最近夏バテ気味なので、
一瞬、夢ではないかと右の頬をつねってみました。

が、やっぱり・・痛かった(^^;)

『現実』だったようです。

baby_haakuhansya.png

まずは1本目。

アメリカ株式市場に広く投資を行う
フィデリティ ZERO トータルマーケット・インデックスファンド」(FZROX)のページを見ると、

フィデリティ


ホントに「ゼロ」になっています。


もう1本の、
フィデリティ ZERO インターナショナル・インデックスファンド」(FZILX)は、米国以外の先進国、新興国の株式に広く投資を行います。

つまり、
上記2本で広く
世界株式」を網羅することが可能。


CNBCも驚きをもって伝えています
『Fidelity first fund to offer no-fee index funds』




動画の中で
インタビューに答えているのは、

フィデリティ・インベストメンツ
パーソナルインベストメント部門の代表
KATHLEEN MURPHYさん。

わたしは日本のフィデリティは、
投資家の質を貶める
「毎月分配型ファンド」を作ったりして
好きではないのですが、

米国のフィデリティ・インベストメンツは、
実は、バンガードに次いで
全米で第2位の純資産残高を誇る
インデックスファンドの運用会社でもあります。

(もちろん、
アクティブファンドもたくさん運用していますが。。)


そのフィデリティが、
自らパンドラの箱を開けました。


前回、こちらの記事でも触れましたが、
米国のインデックス投資を巡る
【超低コスト化競争】は、

まさに異次元の領域
足を踏み入れた感があります・・。


Investment-Planning_Lump-Sum-vs-Dollar-Cost-Averaging.jpg


(長くインデックス投資の業界を
ウォッチしてきましたが、

このニュースに波及して、
これから先、一体どんなことが起こるのか・・。

もしかすると、
20年後の地点から見ると、

「むかしの投資家は、
継続コストなんて払ってたんだって。
笑っちゃうよね。」


となるのでしょうか・・)


冷静に見てみますと、

今回の継続コスト『ゼロ』の
インデックスファンドは、

〇 おそらくマザーファンドベースが巨大で、
〇 かつ、
自社の指数(インデックス)を採用しているため、

運営コストを低く抑えられているのでは、
と推測します。


(FZROXの対象指数は、
「フィデリティU.S. Total Investable Market Index」
FZILXの対象指数は、
「フィデリティGlobal ex U.S. Index」です)


ir_mokuhyou_tassei_man.png


が、いかんせん
年間経費率が『ゼロ』ですから、

これはドラッグストアでいう、
「ティッシュペーパー5箱」と同じで、
それ自体では赤字になるわけです。


現在でも3000万人の顧客を持つ
フィデリティが、(※ 動画内で言及されています)

インデックス投資の分野で
新たな競争を仕掛けて、
更なる顧客の【囲い込み】を図ろうとしている・・

そして、
このような行動を促しているのは
他ならぬ、

巨大で深遠なニーズを持つ
アメリカの個人投資家なのです。


激しいダイナミズムの行方を
今後も見守りたいと思います・・。

〇 こちらの記事もご参考に!
年間経費率0%のETFって可能なの?

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 13:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長期時間の作り方(季節、誕生日、オリンピック、同窓会!)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

個別相談を通じて、
自身の「運用プラン」を決定する瞬間は、

(なんと言いますか)
お客様の気持ちが高揚しているのが
分かります。

自分の運用方針がようやく決まり、

ここから、
投資と実際に関わっていくわけですから、
「ハイ」な状態になるのも当然でしょう。


しかし、たいていの場合、
6ヶ月もすると、
その「テンション」も落ち着いてきて、

投資とほどよい『距離』が
生まれてくるもの・・。

仮にテンションが高いままだと、
(往々にして真面目な方に多いのですが、)

頻繁に投資信託の価格、
自身の損益を【チェック】してしまいます。

(今はネット証券のアプリ等があるので、
スマホで瞬時にチェックできてしまう・・)


無題


たとえば、

〇 毎日チェックしてしまうと、
〇 毎日の変化そのものが、
投資の【リズム】になってしまいます。


ん?


未来の自分を想い、
「こんな暮らしを実現させたい!」
という希望を叶えるために、
投資は存在するわけですから、

あまりにも、
時間のリズムが短すぎますよね。

【時間のリズム】を、
徐々に【長期】に移行させる。


これが、
資産形成を成し遂げられるかどうかの
ポイントです。


【長期時間の作り方】として、
まずは【季節】という
時間のリズムを思い出してみましょう。

今のような「酷暑」が続く毎日では、
信じられないかもしれませんが、

あと90日(3ヶ月)もすれば、
「ああ、今朝はえらく冷えるなあ・・」


という、
【秋】がやってくるわけです。←ホントです!

一年でいちばん過ごしやすい季節を迎え、
勉強しよう、
スポーツしようという意欲が高まりますね。


無題


日本人は【四季】を感じるリズムを
ふつうに持っていますから、

『季節感』という時間を、
投資にも当てはめて欲しいのです。


そういえば【誕生日】もやってきますね。

(わたくしカンは、
最近は努めて
思い出さないようにしています・・(^^;)

どれくらいの頻度かというと、
1年に1回です(笑)


「えっ、来週誕生日?
もう1年経っちゃったの!?」


という、
あの1年に1度の感覚は、
時間のリズム】そのものです。


投資でも、
「そう言えば今から1年前って、
今とマーケット状況がぜんぜん違ってたよね」


というリズムで良いわけです。


そして、
そうこうしているうちに、
2020年『東京オリンピック』が
やってきます。

ところで、
前回の開催地はどこですか?

リオデジャネイロ(ブラジル)

いつでした?

2016年ですよ!


無題


きっと私たちは、

「早いね。
リオデジャネイロ五輪から
もう4年も経ったのか・・」


と呟きながら、

東京オリンピックを観戦しているはず・・。

【4年という中期の時間】も、
私たちは感覚的に知っているのです。


そしてこの夏、
あなたは故郷に帰り、
11年ぶりに
中学校の同窓会に出席しました。

「おー、山根?
なんだ、お前ぜんぜん変わんないなあ・・」


と、おそらくあなたは思われているはず。

そして(周りに知られないよう)
当時好きだった人が
出席しているかどうか
ひそかに確認したりするのでは・・(^^;)


同窓会で皆と再会したあなたは、
11年という時間の壁を越えて、

「逆上がりが得意な山根君」に
自然に戻っているのです。


taiiku_sakaagari.jpg


このような
長期時間】も、

私たちは
同窓会や結婚記念日や、
2019年に結成20周年を迎える
「嵐」のメンバーたちを見て、
ふつうに持っているはずなのです・・。


上記のような【時間リズム】を、
あなたの投資にも
採用してあげてください。


(投資の有り様は、
どのような『時間スパン』を当てはめるかで
大きく変容するのです・・)

あ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓    1回の相談で10年の安心を。
┣┳┳┏┻┃     2018【夏の大阪、
┃┃┃┗┳┛     出張コンサルティングの旅】♪

┗┻┻┫┃     8月11日()、12日()、13日(月)
 …… ┗┛   【阪急インターナショナル 残席です】





関連記事

| 投資の発想法 | 17:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT