FC2ブログ

≫ EDIT

「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」の中身は同じではありません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしが投資信託と出会ったのは
1998年の暮れのことですが、

2000年にFPオフィスを開業し、
その後、事業の立ち上げに
忙殺されることになります。

ちょうど1年が経った2001年。
「CNBC Asia」(ケーブルテレビ)を
観ていた時のことです。

キャスターの Bernie Lo 氏が、

無題


「来週、中国株式ETFが香港市場に上場します。」


とコメントしていました。
(11月21日のことでした)


そのETFとは、
i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF
(銘柄コード 2801)

当時の呼び名は、
「MSCI チャイナトラッカーファンド」でした。

わたしはLo氏のコメントを聞いて、
とうとう中国株式のETFが登場するんだ!
と興奮していたのを、
昨日のことのように憶えています。


しかし、
このETF(2801)の中身は
当初きわめて『いびつなもの』でした。

上場時の組み入れ企業は
たったの「28社」!

わたしが2003年に
当該ETFを購入したときも、
組み入れ銘柄は「34社」にすぎませんでした。


image.jpg


2003年当時の組み入れ第1位は?
「チャイナモバイル」でした。
(携帯電話の会社ですね)

純資産額に占める割合は
ナント約27%!

第2位の「ペトロチャイナ」は
およそ11%を占め、

たった2社でETF全体の
40%近くを占めていたのです。



ところが、
2018年9月30日現在の
「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」
上位組入れ企業を見てみると・・。


チャイナインデックス

ファクトシート』より。


まったく違う風景が広がっていますね。

「チャイナモバイル」の
組入れ比率は3.75%に。

(ペトロチャイナは上位10銘柄には
見当たりません)

代わって上位企業には、
テンセント、アリババ、中国建設銀行などが
名を連ねています。



2003年当時、
組入れ銘柄たった「34社」だった
チャイナ・インデックスETF(2801)ですが、

2006年には組み入れ企業が「63社」となり、
2013年には「138社」になり、

そして、2018年9月末には
「361社」にまで拡大しています。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


ETF、インデックスファンドが連動を目指す
指数」とは、

このように、
経済の拡大、
産業構造の変遷に伴って、

構成される銘柄(企業)が
大きく入れ替わっていきます。
(特に新興諸国において!)



そして不思議なことに、
私たち投資家は
(今の例で言いますと、)

「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」
ひとつを持ち続けるだけで、

保有する【中身】が
かくもダイナミックに変遷、
新陳代謝してしまうわけです・・。



もちろん、
今日の例は
「一ヵ国の株式インデックス」ですので、

新興国株式全般や
先進国株式全般への投資の場合、
中身の変遷は
もっとマイルドになりますが、

それでも、
「インデックス投資」は、
十分にアクティブな要素を
持ちあわせていると言えるのです。


あ



関連記事

| インデックス投資全般 | 18:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第34回『投資の交流会』(in 新橋)を開催しました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日(16日)は半年に一度の
投資の交流会】でした。

お集まりいただいた皆さま、
誠にありがとうございます!

この交流会は2004年にスタート。

「あなたのお近くで、
真摯に資産運用に取り組んでいる
【仲間】がいますよ。
お互い知り合いになりましょう!」


という趣旨で続けています。


いつもそうなのですが、
皆さん最初は緊張気味で
どこかぎこちないのですが、

最後のほうは・・
「まだまだ話し足りない!」
という雰囲気になります(^^;

その理由は明快で、
互いに
資産形成という『共通項』を
持たれているためでしょう。


4ddcae99cc2994a3cacc57ad0cf9562b3840aaba_53_2_9_2.jpg


よく考えてみますと、

・分散に留意しながら
・長期でコツコツ資金を積み上げ、
・将来のために今行動する・・


これって
(立派に)ひとつの【価値観】だと
思いませんか?

投資に限らず
同じ価値観を持つ人と遭遇すると、

なんだか嬉しくなって
おしゃべりしたくなるものです(^^;


あっ、
今回のお店は
新橋のイタリアンバール「Orso(オルソ)」さん!


オルソさん


自己紹介のあと、
ミニセミナー
【マーケットに学ぶ! バブルとバブル崩壊の歴史】
少しだけお勉強をして、

その後は、

美味しいイタリアンと、
ビールとワインで
もう、あっちでもこっちでも
ワイワイがやがや・・。

皆さんが談笑されている姿を見ることが
わたしにとっては
何よりの疲労回復剤なのです(笑)


オルソ


もしあなたが
自分の投資のやり方に迷ったり、
直近3ヶ月の利益や損失で、
投資のゴールを見失いそうになったら、

自分と同じように、
長期投資を実践している
仲間】がいることを思い返してみましょう。


写真


職場の同僚に
投資のことについて聞かれたら、

まるで空気を吸うように、
自然に、

「ワタシは投資信託で積み立てしてるよ。」


と言える世の中になって欲しいものです。

そのときまで
わたしはこの会を続けたいと思います。

※【投資の交流会は、
当オフィスのコンサルティング、セミナーを
お受けいただいたお客様にご案内しています・・。

あ




関連記事

| 投資の交流会 | 12:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資の要は『シンプル化』&『しくみ化』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

金融商品を買うのに、
あれもこれも
さんざん悩んで、

5年経っても
いまだに「コレ!」という
投資のやり方にめぐり会っていない。

こういう人って、ときどきいます。


たとえば、
ほんとうは『忙しい投資』は
好きではないのに、

惰性で
そういう投資のやり方と
付き合い続けるのは、
果たして幸せなことなのでしょうか?

人生は有限です・・。
最終ゴール(死)が
予め決まっているわけです。

これは私見ですが、
投資で悩んだり、
右往左往したりする時間は
ほんとうに「もったいない」と思います。


不確定な未来の変化に対して、
あなたのお金をBetするのが
【投資】ですから、

考え方、やり方さえ定めれば、
あとは『委ねる』しかないわけです。
(投資の本質は『他力本願』です。)


委ね続けるためには、
1.投資のやり方をシンプルにする。
かつ、
2.しくみに任せる形にする。
をおススメします。

その分、
つまり、
投資に時間を割かない分、

『お仕事』や『家庭』や『趣味』に
有限の時間を注いであげるのです。



Family-1170x0-c-center.jpg


先日ご結婚された
菟道りんたろうさんが
以下記事で語っておられます。

家庭を持って改めて“ほったらかし投資”の偉大さを知る

今日こうして仕事と家事に忙殺されている間も、
私の資金は世界中の株式と債券に投資され、
さらに自動的に新規の資金も
市場に投じてくれています。

やはりそれは凄いことです。
買い物に行ったり、お風呂掃除をしたり、
洗い物をすることと投資が同時並行で行われる。

それこそが“投資の生活化”であり
“生活の投資活動化”でしょう。



嗚呼、この感覚、分かります!

投資には
二律背反なところがあって、

投資に時間をかけるのは
ムダ」なことですが、

投資という行いは
し続けないといけない。

でも、
『シンプル化』&『しくみ化』を心掛ければ、

別に投資って
自分が動かなくても出来るもの。



ときどき、
投資を過大評価している人を見かけます。

いわく、
「自分が投資に時間を掛けた分」だけ、
「投資のリターン」も上がるんだよ・・。


あなたはどう思いますか?
(わたしは「No」だと思います)


older-couple-412x274.jpg


投資は日常の片隅で
普段は気にしない小さな置物みたいに、
【そこに居続ければ】よいのです。

しんようFPオフィスは
投資のシンプル化&しくみ化を
信奉していますので、

『お客様と頻繁にお会いしない』
モットーにしています(^^)

継続的な相談をご希望の場合も、
「1年に1度」程度
お会いすれば十分と考えます。

あなたの運用が順調であれば、
生涯のうち「何度か」
相談に来られるのみでOKなのです(^^)

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 16:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月15日『なつかしの映像』(ソニー盛田会長)


こんにちは。カン・チュンド です。

今から29年前、
1990年の映像です。
(雑音が大きくてスミマセン。。)

ABC「Nightline」




アメリカABCテレビ
「Night line」という報道系番組に、

当時ソニーの会長だった
盛田昭夫さんが出演されていました。

わたしはたまたま留学中で
この番組を現地で観て、
「日本企業はスゴイなあ」と感心したものです。


番組では、
日本の会社の
終身雇用制度が紹介され、
従業員の質の高さが称えられていました。

(それと対照的に、)

従業員を「コモディティ」と見なし、
レイオフ(解雇)を繰り返す米国企業も
紹介されていました。

精密機器のミノルタを
取材する映像では、
従業員がインタビューに応え、

会社は「家族」のようなもの。


I love Minolta!


と答えていたのが印象的です。

(過ぎ去ってみればあっという間の30年か・・)

あ




関連記事

| なつかしの映像 | 18:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メガネを頭に掛けながら「わたしのメガネはどこ?」と慌てている姿・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ほんとうに大事なモノ(考え方)
いちばん近くにあります。

しかし、
それは近すぎるがゆえに、
もっとも気づきにくいもの・・。


755fa5bf90601bfae5428a1f6a65effd_s.jpg


たとえば ↑ このような状態で、

「わたしのメガネはどこ?」
慌てている姿でしょうか。


※ 急に老後のことが心配になって、
お金を増やすために
取りあえず株(かぶ)を買おうと、

マネー雑誌に載っていた
『底値が堅い株が狙い目』
というコピーに惹かれ、

「なるほど、金利差を考えれば、
こんなボロいビジネスはないな」と合点して、

消費者金融の株を買ったら、
1年後にその会社が倒産してしまった。


あれ?


※ はたまた、
会社四季報を物色する中で
これからは「製薬」だと思い、

日曜の朝のテレビに出ていた
バイオベンチャーの株を買ったら、

半年後に
ダミー会社を使った迂回融資が発覚して、
株価は暴落。


あれ?


その後、
いろいろ株を買ってみたけれど、
成績としては3勝7敗程度で、

やけになったそのおじさんは、
ある日証券会社の店頭に行って、
「日経平均株価ください!」と、

叫んだとか、叫ばなかったとか・・。


でも、
この
叫び声こそが、
インデックス投資の「生みの親」
なのです。


誰もが心の奥底で
(潜在的に)
「あったらいいなあ・・」
と願っていたモノが、

ポンと形になって現れたのが
インデックスファンド。



755fa5bf90601bfae5428a1f6a65effd_s.jpg

これって、
頭の上に載っている
メガネそのものだと
思いませんか?


あれだけ自己主張が強く、
儲けることが好きなアメリカ人も、

いつの間にか
「ダウ平均ください!
S&P500ください!」と
叫ぶ人が多くなりましたね。

では、中国はどうでしょう?
んー、中国は「まだ」かもしれません・・。

証券会社の店頭に行って、
上海総合指数ください!」と
切実に叫ぶニーズはまだ少ないでしょう。



では、ベトナムは?

ベトナムは
もっともっと「まだまだ」です。

頭の上のメガネに気付くためには、

もっと多くの投資家が市場に参加し、
もっと多くの株の売買が為され、

その中で、
もっと多くの投資家が
失敗を重ねる必要があります。

インデックス投資が広まるには、
ある種の『成熟』が必要なのです・・。

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 18:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金融リテラシーをめぐる親子間の知識差について


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

個別相談の中で、
たとえば70分過ぎあたりで
ご本人のお悩みは解決できたので、

A 33歳の山田さん(仮名)が、、
お母様の運用について相談される。


あるいは、

B 66歳の小川さん(仮名)が
息子さんの運用について相談される。


という【ケース】があります。

どちらが件数として多いかというと、
Aのほうです。


これまでわたしが経験してきた
(あくまで)感覚値ですが、

金融知識については、
息子さん娘さん世代のほうが、
親御さん世代より
長けていると思います。


この理由はある意味シンプルで、

若い時分に
「金融の知識」を

ある程度持ちうる環境にあったかどうか。
ココに違いがあるためでしょう。


今、33歳の山田さんは?

たとえ投資はしていなくても、

「アメリカダウ平均」という言葉は、
おそらく中学生くらいから
見聞きされていたと思います。

また、マーケットの起伏が
経済に影響を与えているという感覚を
(たとえばリーマンショックなどで)
自然に持たれていたはずです。


いっぽう、
66歳の小川さんはどうでしょう?

若いときは総じて
世の中が『高金利』であったために、

「預金」「貯金」で
お金の置き場所は完結しており、
金融の知識がなくても
何不自由なかったと思われます。

親子


実は今申し上げた
高金利』が
ひとつのキーワードではないでしょうか。

33歳の山田さんは
そもそも『高金利』というものを知りません。

ですので、

年率8%、10%と謳われても
なにか「異質なもの」を感じ、
警戒心が芽生えやすいのです。



いっぽう
66歳の小川さんは、

昭和の終わりから
平成のはじめにかけ、
年率7%、8%という『高金利』を、

郵貯の「定額貯金」とか
ニッセイの「養老保険」などで
実際経験しているため、
(=肌感覚を持っているため、)


『高金利』を謳う商品を
信じてしまいやすいのだと思います。



そして、
銀行や保険会社は

このような
シニアの方々の
金利に対する【感応度】をよく知っていて、


それを販売戦略に取り入れ、
外貨建ての個人年金や
外貨建ての終身保険を売っているはずなのです。


ojisan1_angry.png


夢見る父さんの記事
銀行を信じるほうが愚かなのか】を読んでいて、
改めて問題は深刻だと思いました。

夢見る父さんは
こう言われています。

今の高齢者はお金は持っても
知識がない人が結構いるので、
こうした話は枚挙にいとまがありません。


たしかにそうですね。

換言すれば、
若い人は
知識は持っていても、
お金はあまりないわけです。


わたしは、

〇 親御さんのお金の管理について、
〇 娘さん、息子さんの助言が
  適切に為されることが、


ヘンな金融商品に引っかからない
ベストマッチング」だと思います。

が、

たとえ親子間でも
「お金のこと」を開示するって
なかなか難しいもの・・。


身内で、
近ければ近いほど
照れ臭く、

「お金のこと」には
あえて触れないなんて、
ヘンなカルチャーが残っていますから・・。

(あっ、たまには
お母さん、お父さんに電話してあげてくださいね)

あ





関連記事

| 人生をプランニングする | 12:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT