FC2ブログ

≫ EDIT

投資の心得を『LDLメソッド』と呼んでみよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

この記事は
「あなた」に宛てて書いているというより、
あなたのお知り合いで

今まさに『投資と出会おうとしている人』に、
読んでいただきたい内容です。


たとえば「ヨガ」を習い始めるとき、
インストラクターの人から
ヨガの『心得』みたいなものを聞いたりすると思います。

それと同じように
初めて「投資」と触れるときに、

わたしならその『心得』として、

(月並みですが)
【長期・分散・低コスト】
お題目のように唱えることでしょう・・。


せっかくですから
ちょっと格好良く、
LDLメソッド』と書いてみましょうか。

02d928c.jpg


<成功する資産運用はLDLメソッド!>

L(長期)→ 時間を味方にして『安心』
D(分散)→ 偏りがないから『健全』
L(低コスト)→ 節約ができて『経済的』



ちょっと詳しく見ていきますね。

長期(Long-term)の意味は?


短い周期のアップダウンに
目もくれない習慣を、
少しずつ積み上げていくこと。

(これが『長期』の意味。)


株式市場の特性である、
気まぐれな部分
(とても感情的なアップダウン)は、
短期でしばしば出現します。

ここにはフォーカスせずに、

株式市場の「理に適った部分」、
すなわち、

「超長期では市場全体で見ると、
インフレ率を上回る成績を挙げているよね。」
という事実にフォーカスするわけです。


ThankYou_02.jpg

次に、
分散(Diversified)の意味は?


資産をあえて分けて、
国・地域もあえて分ける。

この「あえて」という言葉がポイントで、
あなたもわたしも、
もっと絞り込んで投資対象を「選べる」わけです。


選べるのに、
「あえて」絞り込まず、
意図的に投資先を散らすのが
真の『分散』の意味です。

また、投資時期も「あえて」分けます。
これを世間では
『つみたて投資』と呼びます。

どこにも「偏らない」体制ですから、
大きなリターンを諦める代わりに、
夜ぐっすり眠れるようになります(^^)


最後に、低コスト(Low-cost)の意味は?


投資対象からもたらされるリターンのうち、
金融機関側ではなく、
私たち投資家の「取り分」を極力増やそうとすること。

(結局コストだけが、私たちがコントロールできることなのです。)


正直、投資対象の成績がよいときは
負担する手数料は気になりません。

が、「けいぞく的にかかるコスト」は、
投資対象の成績がマイナスのときに
ボディーブローのようにじわじわと効いてきます。


fees_-_costs1.jpg


以上、身もフタもなく言ってしまうと
とってもカンタンな心得です。

この、
L(長期)D(分散)L(低コスト)を
投資の心得として、
ゆっくり進んでいけばよいのです。

ただし、一点誤解がないように・・。


わたしは「LDLメソッド」が
唯一無二の正解だとは思っていません。

投資の世界は深遠で、
その考え方、実践の幅は驚くほど広いものです。

わたしがあなたに強調したいのは、

「LDLメソッド」とは、
これまで水に触れたことがない人にとっての、
なんとか足が付く程度の15メートルプール」であるということ。



プール


つまりココを出発点にして、
自分が水に慣れてきたと判断すれば、

「水深2メートルの深いプール」や
「50メートルの競争用プール」に移動してもよいのです。

また、大海原に入っていってもよいわけです。
(その自由と責任はあなたの側にあります)


わたしの願いは、
ひとりでも多くの人に、

『LDLメソッド』を、
長い投資生活における
『最初のハブ』としていただきたい・・、

ここをスタート地点と見なして欲しい
ということなのです。




hub.jpg


(投資に限らず)
物事には順序があります。

「LDLメソッド」という根底を知らずに、
いきなりレバレッジ10倍でFXするとか、
株価急騰中のアメリカ株を買うとか、

それって、
水を知らない人が
いきなり海(うみ)に飛び込んでしまうようなもの・・。


今一度、あなたの投資状況が
L(長期)D(分散)L(低コスト)から
大きく外れていないか、
チェックしてみてくださいね。

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 16:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iDeCoの実施主体、国民年金基金連合会へのギモン、疑問


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、NightWalkerさんの
こちらの記事を拝読しました。
イデコ 賢く使う7つの法則と私の3つの願望

NightWalkerさんも言われている通り、
制度自体はたいへん優れているiDeCoなのですが、
たしかに「??」と感じるところがあります。


以下、引用)

(1)iDeCo口座を開設するに当たって、
会社に許可をもらうフローは廃止して欲しい。

引用、終わり)


ココ、激しく同意です。


iDeCoへの加入は強制ではなく、
(あくまで)任意です。


極めてプライベートな意思表示であるのに、

勤め先にいちいち許諾の書類を
提出しないといけないのは、
不必要なハードルだと思いませんか?

このハードルが存在することで
(大げさではなく)数十万単位の人が
iDeCoへの加入手続きを止めている可能性があります。

(また、このハードルに掛かってくるコストも、
半端なものではないと思います)


小さな会社などでは、

書類の提出とは(すなわち、)
職場で「ワタシがiDeCoに入ろうとしていること」が
知られてしまうことでもあります。



まったく知識がない人などは、
「○○さんって、
なにか運用を行う年金に入ろうとしているらしいよ」
みたいな感じで、

好奇な目を向けてくるかもしれません。


sagishi_man.png


(大きなお世話ですよね!)


そもそも
iDeCo = 個人型の確定拠出年金の
【大元】って誰かというと・・、

国民年金基金連合会」です。

連合会さんこそがiDeCoの実施主体です。

そして国民年金基金連合会とはほんらい、
国民年金の2階部分、
国民年金基金』を作って司っている団体です。



国民年金基金って?

あらかじめ約束された利率で、
基本、確定年金、終身年金等で
受け取るタイプの「公的年金制度」。

そう、まさにわたしのような、
国民年金「第1号被保険者」のみが加入可能な
制度なのです。


実は国民年金基金のスタートは
1991年なのですが、
その後『低金利化』が進み、
予定利率の変更を余儀なくされています・・。


基金の趣旨自体はすばらしいのですが、
こちらのほうは

「制度が利率を約して、
加入者のために運用管理を行う「固定金利型」の設計」。


いっぽうiDeCoは?

加入者自身が商品をチョイスして、
(リスク商品を選べば)
加入者自身が運用責任を負う制度です。


そう、中身がまったく違いますよね。


illust14.gif


このように異なるふたつの制度を
ひとつの団体(連合会)が管理するのって
果たして効率的なのでしょうか?


(あなたはどう思われますか?)


加えて現在iDeCoは
第1号被保険者だけでなく、

サラリーマン、公務員といった第2号被保険者
また第3号被保険者も
『加入対象者』になっていますから、

iDeCo本体を
「連合会」だけが管理するというのは
理に適っていないのではないかと

わたしは感じます。


そして、忘れてはいけないのは?
(あくまで)「国民年金基金・連合会」ですから、

ここでのメインのお仕事は、
国民年金基金の運営であるわけです。



国民年金基金連合会

画像元:国民年金基金

上図では
確定拠出年金のお仕事は
「一部署」になっています)


仮に、です。

iDeCoの実施主体、
すなわち国民年金基金連合会に
大いなるムダ、
非効率がもし「存在」するとすれば、

このコストを払っているのは、
iDeCo加入者だけでなく、
納税者全般に及びます。



えっ、まさか、なのですが・・、

「国民年金基金連合会」が
厚労省の天下り先になっているとか
ありませんよね・・?

(いや、ある?)

20171222224858.png


先ほど、
iDeCo実施主体の大いなるムダ
非効率について言及しましたが、

そう思ってしまう理由のひとつが
iDeCoにかかる「??」な手数料なのです。


加入時に
国民年金基金連合会に2,777円
支払うことになっていますが、


これって、
iDeCoの加入者が2倍、3倍となれば、
安くなったりするのでしょうか?

(どうもそういう雰囲気はなさそうな・・)


また、
iDeCo口座の管理手数料として、

加入者が掛金を拠出するたびに
『国民年金基金連合会』に
月103 円(税込)を支払う必要がありますが、


これは定期預金でも、
株式ファンドでも同額です。(??)


わたしなど、
限りなく(金融商品の)
購入時手数料に近いと感じてしまうのですが・・。

このコストの意味合い、
そして金額の根拠は
(そもそも)どこから出ているのでしょう?


※ 因みにつみたてNISAでは
上記のような初期手数料、けいぞく手数料は
かかりません。


syoutokutaisi01.jpg


もし、
「国民年金基金連合会」を肥大な、
かつ非効率な状態で維持しようとする
古い勢力が存在するとすれば、

政治的な判断で、
iDeCo実施主体の【再編、スリム化】を
図るべきでしょう。


iDeCoへの加入者が
300万人、500万人と増えてくれば、
このような議論が本格化する可能性があると
わたしは考えます。


〇 第23回 8月31日()in 東京 【満席御礼
〇 第24回 9月28日()in 東京
〇 第25回 9月29日()in 札幌 ← はじめて!

465-125.jpg

セミナーの詳細&お申し込みコチラからどうぞ。




関連記事

| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 13:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資のカギは女性にあり?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の夏の出張コンサルティングでの一コマ。

男性の相談者さまから、
「妻が・・・投資に・・全然興味なしで。」
というお話を伺いました。


たとえば、
ベッドカバーを買い換えるのに
ご夫婦でニトリに行ったりしますよね。

また、ご両親の誕生日に
「プレゼント何にしようか?」と
パートナー同士が一緒に考えたりもします。

しかし、こと投資に関してはどうでしょう?

パートナーが「双方・協力」というより、
一人が「ちょっと孤独に」行っているケースが
散見されます。


冒頭の相談者さまの場合、
ご夫婦共働きなのですが、

奥様のご両親が「預金崇拝型」であり、
その影響を色濃く受けられているようでした。

(家庭の中で)一方だけが
投資を考える状況は
どう見ても「偏り」が大きいでしょう。


今世界中で女性の購買力、
発言力が増しています。

ウォール・ストリート・ジャーナル、
以下記事より。
「女性躍進」の米経済、企業と投資に劇的変化も



Wall-Street-Journal.png

上記記事には、次の一節が載っています。

以下、引用)

2017年時点で夫と賃金が同水準、
もしくはこれを上回っている妻の割合は31%に達した。
2000年の25%、
1980年の13%からそれぞれ大幅に上昇している。

引用、終わり)


マクロで見た女性の経済力は
年々高まっているのです。

しかし、お金の管理の仕方、
とくに資産運用の考え方でいうと、

女性らしい発想が、
まだまだ(世の中で)反映されていないと感じます。



誤解を恐れずに言いますと、

今の投資に対する考え方、
方法論のおおかたは
「男性による選択」の結果なのかもしれません・・。



「お金に対する態度」は
女性と男性で違います。

米国でも(もちろん日本でも)
男性より女性がまだ投資に馴染んでいないとすれば、

今ある投資の方法論は
決して完成形ではない、ということなのです。


WSJの記事から引用してみましょう。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが
最近行った調査によると、

可処分所得が増えた場合の使途として、
女性は債務返済に回すとの割合が
41%だったのに対し、男性は36%だった。

一方で、
物の購入に充てると回答した女性は14%、
男性は19%だった。

この結果を踏まえると、
「女性はお金を使いすぎ」との固定概念は
語弊があると言えそうだ。



まさにそう。

長年相談業務を続けていて、
女性のほうが男性より堅実志向であると感じます。

今の資産運用のやり方に
女性の考え方がまだ十分反映されていないとすれば、

今までの投資というものが(そもそも)
〇 かなり向こう見ずで
〇 冒険的な行いだったと云えるのでは。



Blog-Post-Header-2.png


換言すると
投資はもっと、

〇 リスク分散型で
〇 積み上げ式で
〇 堅実な行いとすることが
可能なのだと思います。

そのカギを握るのが、女性の投資行動なのです。

つまり、パートナーがともに
投資に関わることで、
特に男性は(女性から)
より「よい影響」を受ける可能性があります。



WSJの記事は
女性の投資姿勢について
興味深い記述をしています。

以下、引用)

このような保守傾向は
女性の投資姿勢にも当てはまる。

これは高リスク・アクティブ戦略を
提供するファンドには打撃となり、
パッシブ戦略のファンドには追い風となるだろう。

引用、終わり)


なるほど・・。


また記事内では、
女性の賃金増加によって
今後購買力の拡大はさらに続くだろうが、

消費癖が強いアメリカ人家庭に
貯蓄が広まっていく可能性についても言及しています。


では最後に、
日本の男性諸氏へ。

パートナーに
投資に興味を持ってもらう最大のキーワードは
ズバリ「節税」ですよ。

下記記事もご参考に!
iDeCoをきっかけに、パートナーに投資に興味を持ってもらう方法(ただし、中期戦になりますよ)

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 18:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画でオプション取引?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしが好きな俳優に
アンソニー・クインがいます。

彼がロードムービーの傑作、
フェデリコ・フェリーニ監督の「道」に出演した時のこと。


道

(1954年のイタリア映画。
同作品は彼の出世作でもあります)


主演であるアンソニー・クインの
ギャランティー(出演料)は、
映画の興行収入の 25% というものでした。
(ちょっと特殊ですよね・・)

さて、ここからふたつのことが「推測」できます。

1. フェリーニとクインの濃密な信頼関係
2. この映画が当たる可能性はけっこう未知数である
(なにしろ興行収入の25%ですから!)



当時、フェリーニの映画は
(一般の観客には)
難解で分かりにくいとされており、

芸術的な評価はともかく、
興行的には大いに??だったのです。


アンソニー・クインのエージェント(代理人)は、
試写が終わったあと
「この映画は最低だ!」と呟き、

「ギャランティー(出演料)の権利を売ってしまおう」とクインに持ちかけます。

そしてある人物が
15,000ドルでクインの権利、
つまり【興行収入の25%を受け取る権利】を買いましょう、
と申し出ました。

(この人物のことは未だにほとんど知られていません)


srufing_man.png


ここに「契約」が成立します。
上記のある人物とは(今日の概念でいえば)
れっきとした 投資家 であります。

そして上記権利の売買は
立派な【オプション取引】なのです。


で、結果はどうなったのか?
「道」は世界中で大ヒットします(笑)

「ある人物」は、自分が期待する
収益(リターン)とリスクの大きさを天秤にかけ、
15,000ドルという数字をはじき出したわけです。

あっ、もちろん、
フェリーニの「道」は、
そんなエピソードとは関係なく
世界中で多くの人々に愛されていますよ。


映画という産業が欲する
「資金調達」というニーズに応え、
さまざまな投資商品を仕立てていくことも
金融の大切な役割だとわたしは思います・・。

ビバ!映画。

あ




関連記事

| 経済よもやま話 | 18:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『FTSE 世界国債インデックス』って何のこと?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

どうも「債券」を勘違いしている人が多いようです。

かなり絞り込んでいる・・
よりリスクを負っている・・

そういう自覚があまりないまま、
『ひとつの銘柄』として、

なんとなく南アフリカ共和国の国債を
買ってしまったりしています(-_-;)

南アフリカだけではありません。
たとえば、一銘柄として
7 年満期の「オーストラリアドル建て債券」を買うことは、

(株式でいうところの)
個別銘柄を買うのと同じです。


具体的なファンドを例に挙げてみましょう。

「eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」という
投資信託があります。

これって正確にいうと、
【先進国債券】ではなく、
【世界主要国の債券(国債)】です。

なぜなら、
eMAXIS Slim 先進国債券インデックスが連動を目指す、
『FTSE 世界国債インデックス(除く日本)』には、
↑フッチィーと読みます。

新興国の国債も
組み入れられているためです。


今現在、日本も含んだ場合の
『FTSE 世界国債インデックス』の
国・地域別の組入れ比率は?

アメリカ 38.38%
西ヨーロッパ 30.69%
イギリス 5.22%
日本 19.29%
その他 6.43%

となっています。



hand-towards-rising-sun.jpg


その他には、オーストラリア、カナダ、
マレーシア、メキシコ、ポーランド、シンガポール、
南アフリカなどが含まれます。

そう、マレーシア、メキシコ、ポーランド、
南アフリカといった「新興国の国債」も
組み入れられているのです。


ちなみに、
『FTSE 世界国債インデックス』の格付けですが、

AAA が 11.4%、
AA が 55.2%、
A は 26.04%、BBB が 7.36%となっています。

(もちろん、すべて投資適格債券です)



ただし、
昨今は世界的な低金利が続いており、
投資対象としての債券の魅力は減るばかりです。

なので、組み入れない?

・・たとえば株式の場合、
高値圏にあるからといって
購入をやめてしまうのでしょうか?



債券を何割持つ、
株式を何割持つという
ポートフォリオは
あなた自身の骨太方針であり、

仮に債券価格が下がっていき、
債券の比率が下がれば、
定期のリバランスでもとの割合に戻すだけです。

株式がこれから先、
どのような軌跡を描くか分からないように、
債券(長期金利)の動き方も所詮分かりません。


もうひとつ実例を。

「外国債券インデックスファンド」という、
同じ「FTSE 世界国債インデックス」との連動を
目指す投資信託があります。

こちらは 2001 年の設定。
すでに 18 年以上の運用履歴を誇ります。

(運用会社は
三井住友トラスト・アセットマネジメント)



この外国債券インデックスファンドの、
18 年間の騰落率は?
106.71%!
年率リターンでいえば「4%」程度になります。

債券のリターンでいうと、
少し「出来過ぎ」ですね。


ただし、当ファンドはただ漫然と
運用を続けてきたわけではありません。

「FTSE 世界国債インデックス」という物差しが、
【組入れ銘柄(国債)】だけでなく
【組入れ国】も変遷させてきたため、
そこそこ激動の「18 年間」だったのです・・。


橋 日比谷


たとえば、
ギリシャ、ポルトガルは姿を消し、
マレーシア、ポーランド、南アフリカなどが
組み入れられるようになりました。

ひとつひとつの国ごとの国債を取ってみると、
『金利の上下』のしかたはまちまちであり、
また『為替レートの動き』も
相対的でかつ不規則でありました。



たとえば
円という通貨ベースから見ると、

2006~2007 年と、
2013 年以降の円安トレンド、
また、2011~12 年の超円高トレンドという
両極端を、何度も経験しています。


債券という資産は、
金利の変動、
そして、為替の変動に
その『収益』が大きく左右されるだけに、

一個の銘柄のみを買うのではなく、
広く銘柄を分散させ、
国も地域も、そして通貨も
分けて持つのが鉄則なのです。

最後に、
「FTSE 世界国債インデックス」(日本含む)の
ファクトシートはこちら。※英語になります。

あ



関連記事

| 指数のお話 | 19:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

32年後の写真を、投資のインセンティブとしよう!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資って、
粘って粘って
未来の自分にお金を届けてあげることです。

でも、その道のりは遠く、
そして(未来の自分って)
なかなか実感しづらいもの・・。

たとえば、
32年後の自分の写真を
投資のやり方メモ」に貼り付けて、
投資のインセンティブとするっていかがですか?



今は便利ですね。
『年老いた自分の写真』がすぐに出来ます。

たとえば「AgingBooth」というアプリがあります。


agingbooth.jpg

・Google Play(アプリ)はこちら
・App Store(アプリ)はこちら


(ちょっと恥ずかしいですが)

わたしの場合、
32年後、2051年にはこんな感じに・・。



あっ、

準備はいいですか?



カン



ナント!
83歳のワタシです・・。


すみません・・、
なんだか醜い姿ですね。


でも、時間は誰にも平等にやってきて、
皺が増えるのも、
頬がたるんでくるのも、
これすべて自然の姿・・。

こんなに長い年月、
あなたはほんとうにお金を育てていくわけです。



仮にあなたがエクセルシートで
資産管理を行っているなら、
そこに32年後の写真を貼り付けてはいかがですか?

ブロガーの方なら、
『目標 32年後の運用資産額1億円!』
の下に、
写真を載せてもいいでしょう。

未来は
【あなたがこれからどう過ごすか】で、
変わってくるのです・・。

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 13:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT