FC2ブログ

≫ EDIT

ジョン・C・ボーグル氏のこの言葉で、ビール3杯くらい飲めそうです(^^;


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ボーグルヘッド」と
呼ばれる投資家の人たちが、

ジョン・C・ボーグル氏
(バンガードグループ創業者)に敬意を表するため、
年に1度、全米各地から集まってきます。

これが、
『ボーグルヘッド・カンファレンス』です。

ウォール・ストリート・ジャーナルの
以下記事に詳細が記されています。
バンガード創業者が説く、シンプルな投資のすすめ


ボーグル氏は現在89歳ですが、
上記記事によりますと、

氏は個人資産のおよそ半分を株式で、
残りの半分を債券で保有されているのだそう。



ボーグル氏は
次のように語っています・・。

「半分の時間は
なぜ株にこれほど多く投資しているのかと
考えて過ごし、

もう半分の時間は
なぜ株にこれだけしか投資していないのかと
考えて過ごす」


んー、
なんと含蓄に富んだ言葉でしょう。
まさに言い得て妙!です。


かの偉人、
ジョン・C・ボーグル氏さえ
資産配分」について
いまだ悩んでおられるわけです。

いわんや一介の運用者ときたら・・。


ボーグル氏

ボーグルヘッド・カンファレンスでのボーグル氏
【画像】 WSJより)


上記のことばは、
私たち運用者にとって、

自分にフィットした「資産の配分」、
転じて
自分にフィットした
【リスク許容度】を見つけることが、
いかに難しいかを物語ります。



たとえば、
市場がだらだらと下がり続け、
明るい話題を探すのが困難なときなど、

『なぜ株にこれほど多く投資しているのか?』と、
ホントに思ってしまうものです(-_-;)

逆に、
マーケットが右肩上がりの快進撃を続け、
すべてが順調に運んでいるときは、

『なぜ株にこれだけしか投資していないのか?』
と自問自答してしまうもの。。

(・・そう、
私たちの「心のあり様」は一筋縄にはいかないのです。)


mig.jpg


また、

「半分の時間は
なぜ株にこれほど多く投資しているのかと
考えて過ごし、

もう半分の時間は
なぜ株にこれだけしか投資していないのかと
考えて過ごす」


という言葉を深読みすれば、

ボーグル氏の
ある【メッセージ】が見て取れます。

すなわち、

考えるとは、
「頭の中に具体的に思い浮かべること」
であります。

それは、
その人の気持ち(我)そのものです。


株式「半分」、債券「半分」という
資産配分に、

【考えてしまう】
ということは、

その人(我)から見れば、
株式「50%」、債券「50%」の状態が
不満、ということに他なりません・・。


それは逆説すると、

株式「50%」、債券「50%」の資産配分が、
その人の気持ち、
我を超えたところに位置する。


と言えなくはないでしょうか・・?


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452.jpg


わたしには、
【株式50%、債券50%】という
ポートフォリオが、

人の恐怖や欲望を
絶妙に調和させている存在
に思えるのです。

なんと言いますか、
棚の上にポンと置かれた
超越した資産配分に映ります・・。

(ザ・「中庸の道」!)


そしてボーグル氏は、

「長く投資を続ける上では
そんな「達観」が求められるんだ」
と言いたいがために、

わざと上記のことばを
おっしゃっているように思えてくるのです。

なんだか氏の言葉で、
ビール3杯くらいは飲めそうな感じです(^^;

★『ボーグルヘッド・カンファレンス』についは、
水瀬ケンイチさんの下記記事が
詳しいですよ。
米国バンガード訪問レポート(その4) 全米からインデックス投資家が集まるイベントに参加して考えたこと

あ




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 13:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iDeCo、つみたてNISAの出口は(その感覚が)異なります


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

iDeCo、つみたてNISAについて
知れば知るほど、

このふたつの制度は
性格が違うなあ・・」と実感します。

【プロセス】の途上は
まるで一緒なのですよ。
「投資信託×つみたて」ですから・・。

でも、【出口】が近づいてくると、
運用者としての『感じ方』が違ってくるのです。

〇iDeCoは
取り崩し「強制」!

〇 つみたてNISAは
取り崩し「自分でする」!


ですから。


先日、こちらの記事内で

アメリカの確定拠出年金について
ご紹介しました。

かの地の確定拠出年金は、
拠出限度額』が巨大で、

2018年は(ナント)年間 18,500ドル!
月に直すと1541ドル強です。

(1ドル110円とすると)
月におよそ16.9万円にもなります。

※ もちろん全額所得控除できます。


これが何十年も積み上がると
文字通り「ひと財産」となるため、

税務当局としては
これが「相続財産」として
次の世代に引き継がれたりすると困るわけです。

ですので、
強制的な【引き出しの制度】を設けています。


それが・・「RMD」です。

??

Investment-Planning_Lump-Sum-vs-Dollar-Cost-Averaging.jpg


「野村資本市場クォータリー 2015 Winter」の
こちらの論文から引用しましょう(PDFファイル)

米国年金制度には
最低引出義務
(Required Minimum Distribution、RMD)
という税制適格要件があり、

DC口座保有者は、原則として、
70.5歳以降、
口座残高を

平均余命で除した金額を
毎年引き出さねばならない。

引用、終わり)



まあ、
それはそうでしょう。

日本のiDeCoも
『年金制度』ですから、
60歳から70歳になるまでに
引き出しを始めないといけません。

これは(いわば、)
終着駅が明快】ということ!


ところが
「つみたてNISA」では、
あなたの運用資産が
強制的に引き出されることはありません。

〇 いつ、
〇 どの投資信託を、
〇 どれくらい解約するかは、

すべて「あなた次第」なのです。



たとえば、
非課税期間の【20年】が到来して、
あなたが何もしなければ

運用資産は特定口座に払い出され、
いわゆる「通常の口座」で
運用が続くわけです・・。

そう、
つみたてNISAには【終着駅】がありません。

また、iDeCoのように、
「10年年金形式」
「20年年金形式」といった、

継続的に受給していく仕組みも
ありません・・。


つみたてNISAでは
断続的な投資信託の解約を、
自分で「ルール化」して
実践する必要があるため、


正直、
【向く人】と【向かない人】に
分かれるとわたしは感じています。


Selling-wants-vs-needs.jpg


〇 目先の高値(目先の利益)に引きずられ、
早く解約してしまう人や、

〇 なかなか決断がつかず、
20年の非課税期間を
やり過ごしてしまう人が、出てくる恐れがあります。


(※ もちろん計画的に、
予め意図して「特定口座」に戻し、
そこから解約していくという
「ルール作り」もあるのですよ)


資産を長い時間をかけて積み上げ、
それを長い時間をかけて取り崩すことを
資産運用』と呼ぶなら、

つみたてNISAでも、
【投資信託・定期売却サービス】のような
継続的な取り崩しのしくみが
必要になるとわたしは考えます。

▼ こちらの記事もご参考に!
iDeCo、つみたてNISA、特定口座、3つの入り口の『取り崩し』について


465-125.jpg

    11月25日()in 福岡
    11月24日()in 大阪    
    11月23日()in 名古屋        
    11月18日()in 東京




関連記事

| つみたてNISA | 13:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当オフィスが考える、良くない投資信託の具体例


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

タイトルのまんま、です(笑)

〇 毎月分配型ファンド


まだ背が低い「リンゴの木」から
毎月リンゴをもぎ取ってしまうと、
どうなるでしょうか?

そう、
「リンゴの木」が
なかなか大きく育ちません・・。

資産形成の原則である
複利の効果】が得られない典型例が、
この毎月分配型のファンドなのです。


この種のファンドでは、
あなたが運用会社に
分配金という名の「キャッシュ」を
毎月用意させ、

結果として
「余計な仕事」を
依頼することになるため、
けいぞくコストも割高になってしまいます。

(結局、
誰にとっても良いことがない商品なのです)
sgf01a201412241900.jpg

〇 テーマ型ファンド


この種の投資信託の問題点とは?

いつの世も、
「注目を浴びるもの」
「旬のもの」「流行のもの」には、
賞味期限があるということ・・。


〇 運用の満期があるファンド


この種のファンドは、
私たちの「投資可能期間」を
不当に制限してしまいます。
(これって明らかにデメリット・・)

それに、わたしは
あなたはもう死んでいるリスク」と
呼んでいるのですが、

たとえば、

2010年9月1日から
2020年8月31日までの『運用期間』で、

ファンドの純資産額が
2018年10月現在、
21億円にまで
落ち込んでしまっているとしましょう。



成績もベンチマークを下回り、
ツイッターで検索しても、
もはや誰からも
「呟かれない」投資信託となっています。

あと2年弱、
運用期間は残っているものの、

もし、
あなたがこのファンドの
【ファンドマネージャー】だとしたら、
どんな気持ちでいますか・・?


2020年の8月31日に向けて、
やる気がみなぎります?


おそらく、
実質、
もう死んでしまっている状態」に
なっているのでは?


1434454545-3867.jpg


〇 購入時手数料がかかるファンド


(自信を持ってNO!と言いましょう)

〇 ラップ型のファンド


〇 海外積立ファンド


(長期の積立契約に拘束される可能性あり)

〇 運用管理費用が高いファンド


〇 ファンド・オブ・ファンズ形式を
巧妙に隠しているファンド


これは、ある意味「悪質」です。
「お申し込みメモ」の情報を見ただけでは、
ファンド・オブ・ファンズ形式とは気付きません・・。

こちらの動画をご覧ください。

投資信託・ハテナ?
ファンド・オブ・ファンズにご用心!




〇 保険会社が作り手である
変額保険、変額年金保険


(実は投資信託が内包されています。
トータルコストが割高!)

いかがでしょうか?

残念ながら
投資信託の世界では、
まだまだ「粗悪品」が多いのが実状です。

私たちが賢くなって、
自分で確かな『鑑識眼』を養うしかないですね。

▼ こちらの記事もご参考に!
ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)を分析します!
(ファンド・オブ・ファンズ形式のからくりが分かりますよ)

あ




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 11:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

下落相場を経験することの効用とは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ふだん私たちが意識しない
「ミスター・マーケット」の意外な一面を
ご紹介しましょう。

あなたは、
HFT(超高速取引・高頻度取引)って
聞かれたことがありますか?

HFTとは、
『ハイ・フリークエンシィ・トレーディング』の略です。

(コンピューターのプログラムによって
超高速で売買を行うアルゴリズム取引の一種)


HFTでは、
1秒間に数千もの売買を行うことが
可能です。

(なんだか「実感」が湧きませんが・・(^^;)

あらかじめプログラミングされた
自動売買ですから、

「いくら以上マイナスになったら
売り!」みたいな、


いわゆる『ロスカット』が
自動的に為されたりします。


あるいは逆に、
マーケットが右肩上がりのときは
「順張り」と申しますか、

自動売買で、
どんどん買い上げていくケースもあります。

巨額の資金が動く
HFTのような売買が
米国でも日本でも、
売買高の相当部分を占めるとされています。


そう、
これこそ
「ミスター・マーケット」の
もうひとつの顔なのです。



Crash.jpg


ここ数日、
世界株安となっていますが、

HFTのような自動売買が
幅を利かせているため、
下落相場」がさらに続く可能性があります。

これって?

あなたがこれまで知らなかった
マーケットの側面です。


で、
私たちがやるべきことは?


この獰猛で移り気な
「ミスター・マーケット」と、
つき合わないこと!


〇 無視して、
〇 フタをしてください。

〇 鈍感になってください。
〇 情報を見に行かないようにしてください。


あなたが慌てたからといって、
あなたが必死に
対策を考えたからといって、

ミスター・マーケット」が
それを考慮して、
行動を変えてくれるわけではありませんから。



0b76eef008cace816c8dcb41b93d5eeb.png


ここはちょっと『発想の転換』を・・。

もしかしたら、
(今回の下落のせいで)
あなたの心臓は
バクバク鳴っているかもしれません。

もしかすると、
「自分はとんでもない間違いを犯した!」
と感じているかもしれません。

いいえ。
あなたは1ミリも悪くないんですよ。

突然の急落、
下落の連鎖という現象は、

市場というところに
あらかじめ埋め込まれた
シナリオの一部』なのです。


それは、
しばしば起こるもの・・。


あなたは
自分ひとりが、
大きな不安に晒されていると
感じているでしょうが、

実際は
もう、
世界中で何千万という人たちが、

「あー、やだな。
いつまで下落続くの??」

と、
気をもんでいるわけです。

あなたは、決して独りではありません。


ThankYou_02.jpg

なので
できるだけ、
趣味や友人やその他好きなことに
時間を割いて、
このマーケットをやり過ごしましょう。

(決して、
ふだんと違う行動を
起こしたりしないように。)



それに、
長い長い投資生活の中で、

『下落相場』を経験することの
効用もあります。

1.謙虚になれます。
(これ、投資家として大切なこと)

2.プラスのリターンのありがたみが
分かります。

3.つみたてにおいて、
密かに「チャンス到来」を実感できます。

4.3.と関連しますが、

『安く仕込んでいる』という感覚から、
仕込み → 成長 → 収穫という
より長い時間軸を
具体的にイメージできるようになります。

5.ニュース報道のしかたが
いかに刹那的か分かります。

6.次の『下落相場』が来た際に、
今より耐性が増しています。


あっ、こういう時にこそ、

もことんさんのように
自分の『投資方針』をチェックしておくのも重要。
(B5の紙に箇条書きでもOKですよ)

もことんさんのブログ記事
投資スタイルの再確認

下落相場を過度に恐れる必要はありません。
(別に世界が終わるわけではないのですから・・)


▼ こちらの記事もご参考に!

3つのお願いを聞いてください(チャイナ・ショックを目の当たりにして)
2015年8月26日

2016年初頭の急落で、あなたがやってはいけない3つのこと
2016年1月8日

つみたて投資家には朗報(アメリカ株式市場は調整入りか)
2018年2月6日

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 13:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミスター・マーケットと内気で心配性なわたし


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然ですが、
ミスター・マーケットの姿を見たことがある人、
いますか?

What is Mr.Market ?


ミスター・マーケットって
いったいどんな顔をしているのでしょう?

どんな目で物事を見て、
果たしてどんな声を発するのか。

そもそも、
ミスター・マーケットは
善人なのか、悪人なのか。

わたしには皆目分かりません。

それは
あまりにも巨大で、
複雑で、
捉えどころのない存在なのです。



市場


ただ、
ミスター・マーケットがはじき出す
数字」のことは、
あなたもわたしもよく知っています。

「今日の日経平均株価の終値は
22,549円でした。」とか。


「今日のアメリカ市場、
ダウ工業株30種平均の
終値は25,178ドルでした。」とか。


あの株は
上がっていくらになりました。
この株は
下がっていくらになりました。

あの通貨は上がって下がって
いくらになりました・・。とか。


これらいずれも、
刻一刻と変化する「数字」です。

ミスター・マーケットは
あまりにも多くの人々の、
あまりにも大きなお金を飲み込むため、

いったいどういうプロセスで
それらの「数字」が
はじき出されるのか、
正確に知る者はひとりとしていません・・。



また、ミスター・マーケットは
誰かに味方したり、
特定の誰かを憎んだりはしません。

なんと言いますか、
超然」としているのです。

特定の「色」も、
おそらく喜怒哀楽といった
「感情」も持っていないのでしょう。


ただ、はじき出される「数字」が
アットランダムに
刻一刻と変わるだけ。

もしも、
ミスター・マーケットに
「体温」のようなものが存在するなら、

それを知る術(すべ)は、
「数字」という客観情報以外はなさそうです。


crisis-management.png


(ところで、)
あなたはそのミスター・マーケットを
遠くから眺めておくに留めますか?

(それもひとつの選択肢です。
決して否定はしません)

しかし、
それって、

遠くから
「あっ、富士山が見える!」と、
富士の山を見ているのと同じです。

富士山のことを知るためには、
富士山に登るしかありません。



それと同様に、
ミスター・マーケットのことを
知るためには、

文字通り
あなたが「市場」に
参加するしかないのです。



その条件ですか?
カンタンです。

「お金を供すること」です。


このお金のことを、
リスクマネー】と呼びます。


市場に参加するのに、

年齢も
性別も
出身地も
おサイフの分厚い薄いも
宗教も
信条も

なにも関係ありません。

ただし、
一点注意が必要でしょう。

それは、


あなたが頭の中で想像している
『マーケット』とは、

実際の
「ミスター・マーケット」の
ごく一部の姿であるということです。



大事なことなので、
もう一度言いますよ。

あなたが思い描いている
『マーケット』とは、

実際の
ミスター・マーケットの
ごくごく一部なのです。

続く・・)

あ




関連記事

| 投資家の感情リスク | 13:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初代iMac 『なつかしの映像』


こんにちは。カン・チュンドです。

初代iMacの登場から
はや20年・・。



4分16秒あたりから↑iMacが登場します)


半透明なかわいらしいデザインですね。

1998年当時、
「フロッピーディスクが入れられない!」
というのは事件でした。
(USBが採用されたのです)


★ すぐれた商品・サービスは、
いつも私たちの予想の枠外にあります。

それでいて、
いったんその商品が普及すると、
「それが存在しない世界」が
想像できなくなってしまうのです。

(スティーブ・ジョブズの声も
張りがあって若いですね(^^;




| なつかしの映像 | 16:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT