≫ EDIT

銀行が、末端の「お金の出し入れの箱」になってしまう!?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日は「銀行の未来」についての話です。

でも、
(その前に)『ペイパル』の話から・・。
??

弊所では、
セミナーやコンサルティング料金のお支払いに、
クレジットカード決済』の選択肢を設けています。

ここでは一例として、
ペイパル」を挙げてみます。

ペイパルとは、
オンライン決済サービス会社のひとつ。


20160328B.jpg


〇 仮にあなたが、
セミナーの参加費を
クレジットカードで支払うとしましょう。

お客様は決済のために、
「ペイパル」にアカウント登録をします。

その際、
登録される「メールアドレス」と、
「パスワード」が
あなたのアカウント(口座)として紐づけされます。

(最初はクレジットカード情報の
入力が必要ですが、)

以後の決済はログインするのみで、
特別な手続きは必要ありません。

(手数料、アカウントの維持コストなどは
一切かかりません・・)


〇 次に、当オフィス側です。

「ペイパル」を利用すれば、
(お客様が)クレジットカードで
支払いをされると、

それがすぐに、
当オフィスの
ビジネスアカウント』(口座)に入金されます。
(弊所は3%台の手数料を支払います)


02d928c.jpg


ここから、
ちょっとだけ「想像の世界」になりますよ・・。


当オフィスの【ペイパル口座】に
残高が積み上がっていく様子は、

銀行口座の「それ」と
ほとんど変わりがありません。


たいへん便利だなと思うのは、
当オフィスの支払先が
「ペイパル」に対応している場合です。


たとえば、
ある清掃会社に
オフィスの掃除を依頼するとしましょう。


0b76eef008cace816c8dcb41b93d5eeb.png


わたしは『アカウント』にログインし、
オンライン上で請求書を確認して
「支払い」をクリックするだけ。

ペイパル口座の残高から
自動的に支払いが行われ、
それで(もう)決済は完了です。


支払い側(わたし)には、
手数料は一切かかりません。

〇 清掃会社・・ 「料金請求」
〇 当オフィス・・「料金支払い」

このプロセスに、
【銀行】は一切介在していないのです。



今のペイパルとほぼ同じ仕組みで、
『QRコード』を介した
決済サービスを実施しているのが、

中国のアリペイ(支付宝)です。
(ここもちょっとだけ想像してみましょう・・)

アリペイの初期設定では、
【携帯番号】が
アカウント番号(口座番号)となっています。

画期的なのは、
〇 お互いアリペイのアプリを持ち、
〇 お互いの携帯番号を知っていれば、

個人同士で、
お金の【送金・受金】が出来てしまうこと!


無題


もちろん、実際中国では、
ありとあらゆる「支払い」(=決済)が
アリペイで出来てしまうのだそう・・。

そしてもっとスゴイのは、
アリペイ自身が
預金、運用機能」を設けていることです。

アリペイ口座に残高があると、
余額宝(ユアバオ)と呼ばれる
マネーリザーブドファンド(MMF)
運用することも可能。


※ MMFはいわゆる、元本確保型の金融商品です。


d2213-1522-911780-1.jpg


もちろん、
アリペイ【口座】の残高を増やすためには、
あなたの銀行口座から
お金をチャージする必要があります。

(これってリアルタイムで出来てしまうらしい・・)

当オフィスの話で云いますと、
ペイパル口座のお金を
実際【使う】ためには、

もちろん銀行口座に出金する必要があります。
(これもオンライン上で簡単にできます)


あれ?カンさん、
いったいぜんたい・何が起こっているの?


ペイパル、アリペイというのは、
世界の一部で起こりつつある
ひとつの「先鋭的な例」に過ぎませんが、

『銀行』という会社が、
手数料を稼げる「送金」や「決済」という
サービスのシェアを他の新興企業に奪われ、

最初に、
お金を(銀行口座に)入れる。

最後に、
お金を(銀行口座から)出す。

という『末端のサービス提供』に、
甘んじつつあるということなのです。



この大きな【うねり】は、
おそらく10年超の時間をかけて、

池に投げられた大きな石のように、
ゆっくりと(しかし)確実に
世界に広がっていくことでしょう・・。


今一度、
当オフィスの【ペイパル口座】に
戻ってみましょう。

あくまで「仮」の話ですよ。

たとえば、
売上げのすべてが
オンライン決済サービス会社を
介したものになり、

もし仮に、
ペイパルが
本格的な『クラウド会計ソフト』を
提供し始めたら、
いったい何が起こるのか?


what_is_viral_marketing-principles_id18432651_300.jpg


「ペイパル」は、
損益計算書、貸借対照表を
把握します。

そして、刻々と移り変わる
『売上げ』も、
リアルタイムで認識します。

すると、

会員企業に対して、
クレジットスコアに応じた
きめ細やかな【融資サービス】を
手掛けることが可能になるわけです。


銀行はもはや、
崩れゆく巨象であるのかもしれません・・。


追記)

「ウォール・ストリート・ジャーナル」を
見ますと、
米国は日本の一歩先を行っているようです。

〇【米国で銀行支店の閉鎖に拍車、過去最高に
〇【バンカメの地方切り捨て

あ




関連記事

| 経済よもやま話 | 18:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iDeCo、つみたてNISAはこう使おう!『全国4ヵ所縦断セミナー』のお知らせ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

7月の連休、日曜日を利用して、

「iDeCo」「つみたてNISA」はこう使おう!
 特定口座と合わせた
投資の【三重奏】を学ぶセミナー♪


を、連続して開催します。

7月14日()in 名古屋
7月15日()in 大阪
7月16日()in 福岡
7月22日()in 東京

(18年のキャリアの中で
『全国縦断セミナー』というのは初めてかも (^^;)


negosyo-seminars.jpg


以下、
他にはない【当セミナーの特徴!】です。

1.「iDeCo」「つみたてNISA」の
注意点、勘違いしやすいところを
掘り下げます。


(個別相談を通じて、
2つの「税制優遇制度」の【注意点】を
正しく理解されていない人が
多いように感じてきました)

2.特定口座と合わせた
 『3つの入り口』の
賢い活用法をお伝えします。


実際、「iDeCo」「つみたてNISA」のみで
資産運用が完結する人は少ないと思います。

(実は)効率的な資産管理のカギは、
通常の口座【特定口座】の使い方にあることを解説します。


画像2


3.事例をふんだんに用います。


個別コンサルティングの実績を生かし、
さまざまな【アドバイス事例】をご紹介します。

4.パワーポイントは使いません。


わたくしカンが、分かりやすく
かつ楽しく【パッション】を持って解説します。

5.質問の時間をたっぷり設けます。


当日は【個別&具体的なご質問】を
ぜひぜひご用意ください!
(質問コーナーを30分程度設けます)

あとはわたしが夏バテしないよう、
健康管理に気を付けるだけです(笑)


〇 7月14日()in 名古屋 (残席 5)
〇 7月15日()in 大阪  (残席 3)
〇 7月16日()in 福岡
〇 7月22日()in 東京

セミナーの詳細&お申し込みはコチラからどうぞ。


465-125.jpg

 (ひとりでも多くの皆さまにお会いできることを
  楽しみにしております!)




関連記事

| セミナーのお知らせ | 14:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

50代のうちに自分に宿題を課そう。→ 「2番目のキャリア」はどうするの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは今年50歳になりますが、
正直、「これからって長すぎない?
と感じることがあります。

「えっ、何が?」


自分の「人生時間」です。

感覚的にですが、

「60歳までは頑張って働こう」とか、
「出来ればアーリーリタイアしたいなあ」
と願う気持ちは、

寿命が
70とか75歳くらいだからこそ、
釣り合いが取れるのでは・・。


たとえば、
65まで働いたとしても、

そのあと、
【65歳・・・・・・・・・92歳】みたいな
膨大な人生時間があると、

「で、何しよう?」と、
わたしなど、
手に負えなくなってしまいます(-_-;)

あなたはそんなふうに
考えたことはないですか?


もちろん、上記は
【贅沢な悩み】であることは
わかっています。

しかし、リタイア後に
膨大な人生時間を経験するのは、
言ってみれば、
人類「初めて」のことで、

どこにも
これといった『お手本』がないのです。

戸惑って当たり前だと思いませんか?)


roujin_ninchisyou_man.png


また、世の中の制度、しくみというものは、
世の中の【実態】にだいぶ遅れて
変わっていくものです。

私たちはもしかすると、
自分で率先して、
ライフプランの【概要】を、
一から描き直す必要があるのかもしれません。



ところであなたは、
ファイナンシャル・ジェロントロジー
「Financial gerontology」という言葉を
聞かれたことがありますか?

日本語にすると、
金融老年学】となります。

これは、
人生100年という長寿が、

世の中(社会、経済、文化等)に
どういった影響を及ぼすのか、

また、個人のファイナンスに
どのような影響を与えるのかを
研究する学問です。


older-couple-412x274.jpg


単純に、
生きる時間が長くなれば、
必要になるお金も増えます。


これまでと同じ
「貯蓄(投資)の方程式」では、
【実態】と噛み合わなくなるのは
目に見えています。

⇒ そういう意味でも、
ライフプランの書き直し、
運用計画の再構築が
必要になってきているのでは・・。


私的な【予想】を申し上げます。

ヒトの長寿化が進めば、

50代こそが、
青年期に続く、
第2の【模索&成長期間】になると思います。


50代で一度、
自分のこれまでの
人生、キャリアを振り返ってみる・・。

そして「第2のキャリア」に向けて、
その準備を始める期間とするのです。


何を隠そう、
わたしは不器用な男子の
「一典型」であります。

もし、65歳くらいで
仕事を辞めてしまったら・・。


〇 平日の午前11時くらいから
東急百貨店の
来客用の椅子に、
ぼんやり座っている。

〇 コナミスポーツクラブに行くも
2ヶ月くらいで挫折する。

〇 (結果、)自宅の居間で、
テレビの「ヒルナンデス!」を観ながら、

「あっ、お昼ご飯か。」と思い、
無意識に冷蔵庫からビールを出して飲む。


こんな「無気力おじさん」に
なってしまいそうな気がします・・・(汗)


先ほど、「第2のキャリア」と書きましたが、
副業や、
パートタイムジョブ、
ちょっとしたボランティア感覚でもいいのです。

次のチャレンジ的』な位置を占める
「やるべきこと・やりたいこと」を
50代のうちに探し始め、
それを見つけておかないと、


ずっと先、
とても「ヤバい状況」になるのではと
感じています。

※ 注 ここでの「ヤバい」とは、
ネガティブな意味合いです。


02d928c.jpg


もし、諸状況が許されるなら、
「50代」は、

青年期に続く、
第2のモラトリアム(猶予)期間にも
なり得ます。

『次のチャレンジ』に向けて、
人生をリセットする期間が、
50代くらいに【一度】あってもよいのではないでしょうか。



自分の体力、知力と
相談しながら、

70歳、75歳になっても
自分のペースで現役を貫く、

そんな格好いい「ニューシニア」が
この先、社会にどんどん増えていくのでは・・。


今一度、
まったく違う領域に足を踏み入れ、

新たな気持ちで
第2の『するべきこと』
スタートさせることが出来れば、

それによって、

〇 ルーチン・規則正しい生活
〇 当面の目的
〇 張りのある暮らし
〇 人間関係の維持
〇 金銭的なプラスアルファ


を得ることができます!


sky-business-stock-bubble.jpg


わたしは、世の中には
3つの仕事】があると思います。

1.ライスワーク
食べていくための仕事

2.ライフワーク
生きがいとなる仕事

そして、もうひとつが
3.ライトワークです。


ライトとは「light」 ⇒ 、ですね。

文字通り、
誰かを輝かせるための仕事です。


人生100年時代にこそ、
ライスワークだけでなく、

「ライフワーク」 ⇒ 「ライトワーク」に
挑戦できる時間的余裕が生まれるのです。
(なかなかスゴいことだと思いませんか?)

追記)

わたしは(おそらく)
今の仕事を70~75歳まで続けると思います。
そのために、50代で一度、
長期休暇をいただくかもしれません(^^;)

あ




関連記事

| 人生をプランニングする | 17:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月15日の「ひと言」



同じ仕事を18年もやっていると、
「初心」は遥か彼方に埋没してしまいがち。

わたしは時々、物置にしまってあるシャベルで、
古びた「初心」を掘り起こしています・・(^^;)


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg




関連記事

| 今日のひと言 | 18:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資を極めたければ、What ではなく How で考えよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の、
運用を長く続けるには Want より Need が大切!
に続く、

「英語で考える投資のあり方シリーズ」です。

今日のポイントは、

How を突き詰めることで、
What(何を)が見えてくる。


(何のこと?)


当オフィスは港区三田にあるのですが、
JR田町駅の三田口から
第一京浜を渡って少し歩くと、

細い道の向こうに
急に「飲み屋街」が出現します。

こんな感じ・・。


ph4_02.jpg


数百メートルの界隈に
それこそ何十件という飲み屋さんが
ひしめき合っているのです。


実は、ここに軒を連ねるお店は
大きく【二種類】に分かれます。

1.たまに、あるいはしばしば
店が入れ替わる。
2.長年ずっと同じ店が営業している。


分かりやすいでしょ?)


いっとき
スペイン風バルが流行ったときに、
その手の店が急に増えました。

同じく串カツの店が流行れば
その手の店が増え(今もそうですが、)

今は「熟成肉×ワイン」の店が
多いように思います。
(なにせ10年間、変遷を見てきましたから。)


ではでは、です。

どんな店を出せば儲かるのか?
= What で、
飲食業って語れるのでしょうか?

あなたはどう思われますか?


tatemono_izakaya.png

(わたしは違うと思います・・)


「何をやれば儲かるのか?」
ではなく、

お店をどのように運営すれば儲かるのか?
How が、
もっとも大切なことでは・・。

これが「本質」ですよね。

投資も同じだと思います。


初心者の人ほど、
【どんなモノを買えば儲かるの?】


という What を
思い浮かべてしまいがち・・。

しかし、
金融商品を選ぶことが
投資の本質ではありません。

(モノを主人公に置いてしまうと、
どうしても
華々しいリターンを上げる商品に
目が移ってしまうもの・・)


【どんなモノを買えば儲かるのか?】
という視点から、

【投資をどのように行えばよいのか?】
= How という発想に
移行することが大切です。



〇 短期ではアップダウンが激しいため、
「長期」で捉えよう。

〇 ひとつのモノに集中すると
リスクが偏るため、
「分散」を心掛けよう。

〇 コストは名目のリターンを蝕んでいくから
「低コスト」を意識しよう。

これらすべて、
【投資をどのように捉えるか】という
How の部分ですね。



この How を積み上げることで、
結果として、

「何を選べばよいのか?」という
What が見えてくると思いませんか?


しばしば誤解されるのですが、
わたしは決して
『インデックス原理主義者』ではありません。

~長く、無理なく投資を続けるには、
  一体どうすればいいのだろう?

How を考え抜いた結果、
『インデックス投資』になっただけです。

だ靴下

考えてみますと、

〇 飲食業も
〇 投資も、
それを始めたらすぐに『結果』が出る、
という類のものではありません。

飲食業は(お客様との)、
投資は(市場との)、
長い付き合いの中で、
収益を得ていこうとする行為なのです・・。

◆ 参照記事
長期投資は一生に1度しか経験できません!

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 19:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月7日(土)『インデックス投資ナイト2018』がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今年も、

〇 インデックス投資家の、
〇 インデックス投資家による、
〇 インデックス投資家のための


イベント】が近づいてきました。

そう、「インデックス投資ナイト2018」です。

今年は七夕の日に開催!

8421.png


〇 7月7日(土曜日)開演18:00~
〇 場所は渋谷の『東京カルチャーカルチャー

わたしが個人的に
「これは面白そうだ・・」と感じているのが、

第一部 ブロガー対談
「米国株投資と国際分散投資、どっちがいいの?」


です。

今年はなんと、
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水
瀬ケンイチさんが
初登壇されます。

たぱぞうさんとの、
米国株投資 VS. 国際分散投資」のバトルは
とっても興味深そう。

(そこに日経の
田村正之さんが絡んでくるわけですから!)


第二部は、
「金融庁になんでも聞いてみよう!」


つみップ』(つみたてNISA Meetup)でおなじみの
金融庁の今井利友さんが登壇されます。

標題の通り、
会場からのさまざまな質問に
今井さんが直接答えてくださるようですね。


20180402212336a35.png


そして、第三部 有識者座談会は、
「インデックス投資を継続するためのメンタリティ」


投資における
心の持ち方』というのは、
とてもムズカシイものです。

まずは貴重な経験を持つ
ブロガーのゆうきさん、
そして「某?投資ブロガー」に ← 当日のお楽しみ
ご登壇いただき、

その「体験談」、
「投資に対する考え方」について
大いに語っていただきます。


そのあと、
市場がアップダウンする中で、
マーケットに居続けるための心得、
メンタリティをどのように
保っていけばよいのかについて、

おなじみの山崎元さん、
竹川美奈子さんにもご登壇いただき、
ディスカッション』を進めてまいります。

第三部は不肖わたくしカンが、
進行役(司会)を務めさせていただきます。


daidougei_juggling1.png


年々チケット争奪戦が
スゴイことになっている当イベントですが、
ぜひあなたにも参加していただきたいのです。

「えっー、こんなところに、
自分と同じような境遇の仲間がいるんだ」


という気づきが得られるはずですから(^^;


◆ チケット発売は
6月16日()12:00(正午) からです。


インデックス投資ナイトの
詳細プログラム、
チケットの購入方法については、

インデックス投資ナイト公式サイト』を
今すぐチェック!



map-shibuya.png

上図は ↑会場の
「東京カルチャーカルチャー」への
アクセスマップですよ。




関連記事

| イベント・メディアなど | 11:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT