FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

20年経ってようやく金融ビッグバンがやって来た?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

カーペンターズの代表曲に
「Yesterday Once More」があります。

イエスタデイ・ワンスモア・・♪ですね(^^)

あの曲の最初の部分って、
おそらくこんな感じだったのでは?

ワタシも若かった頃、
よくラジオを聴いたものだわ。
お気に入りの曲を待ちながら・・。



えー、
お若い皆々さま。

お気に入りの曲を待ちながら・・
の部分が
たいへん重要でありまして。

かつてはホントに、

好きな曲がかかるまで
(ラジオを聴きながら)
じっーーと待っていたわけですw


わたしが小学校5年生くらいの頃は、
ラジオから流れてくる好きな曲をじっと待って、
タイミングに注意しながら、
カセットに曲を録音したものです。

(あっ、カセットって分かりますか?)


カセット

この磁気テープに↑音楽情報を記録。)


このように1曲聴く、というのも
けっこうたいへんだったのです。

このような状況ですから、
レコードにしろ、
カセットにしろ、

好きな歌手の『アルバム』(だいたい10曲入り)
というのは、もう黄金のコンテンツで、

当時としてはかなり高いお値段の
2800円とか3000円を払って、
『アルバム』を買っていたわけです。


でも今は?

今はもう、
レコードもカセットも
(ほぼ)売っていません・・。


音楽を楽しむというマインドは
少しも変わりませんが、

音楽をどのように聴くのかという
フォーマット』は
すっかり様変わりしました。


ChartMastersというサイトには、

1973年からの
フォーマット別の
音楽業界売上高推移が載っています。


音楽産業 変化


すごくないですか?

いちばん左の青が
レコード・カセットです。

橙色がCDなど。
(もうCDもあまり売っていませんね。)

やがて『紫色』が出てきますが
これはダウンロードです。


そして右端の『みどり』は
ストリーミング

今(2018年)現在、
もっとも多いのは『濃いみどり』のほうで、
これは月額料金(サブスクリプション)の世界なのです。

1978年とか1980年で
「10曲」の曲をゲットするのに、
2800円とか3000円を
支払っていた世代からすると、

今は『夢のよう』ですヽ(・∀・)ノ


「で、カンさん。何が言いたいの?」

あっ、はい。

金融、資産運用の世界でも、
音楽に近い「ビッグバン」が
起こりつつあるのです。



山崎 元さんが、
令和時代に「金融の覇者」になるのはどこなのか』という
記事内で

『金融ビジネスの主なプレーヤーは、
案外短期間で大きく入れ替わるのではないだろうか。』


と語られています。

わたしも同感です。

キーワードは「データ」です。


消費者がいつ、どこで何を買って
どういう消費行動を
継続的に取っているのか。

これらを包括的に掌握する事業会社のほうが、
(既存の金融機関より)

中長期的には、
金融サービスにおいて
優位に立てる可能性が高いでしょう。

なぜなら、
消費者の消費活動全般から類推し、
金融サービスのマーケティングを行えるからです。



そんなことを言っていたら・・、

フェイスブックが
2020年から『リブラ』という
通貨を発行することがリリースされました。

世界で20数億人いる、
フェイスブックユーザー同士が、

「メッセンジャー」等を通じて
互いに送金が出来るようになれば、
その影響力は計り知れません。



リブラ


また、決済手段としても
フェイスブックのプラットフォームが
世界的に機能してくれば、

あなたやわたしの口座内で
通貨『リブラ』が滞留し、

そこから
〇 投資信託を購入する・・・
ということも絵空事ではなくなるでしょう。


そういえば、
上記記事内で山崎さんがいみじくも
次のように言われていました。

以下、引用)

例えば「Amazonが
銀行業免許の申請をしたらどうなるか?」
という問が頻繁に聞かれるが、

「Amazon」の部分をグーグル、アップル、
フェイスブックといった企業に変えても
あまり違和感はない。

引用、終わり)



新規に金融サービスに
参入する事業会社の強みは、
ゼロからものごとを構築できる点でしょう。

既存の金融機関は既存のシステム、
人員、既存の店舗が存在するため、
どうしてもスピード感が劣ってしまいます。


DanglingMoney.jpg


それに、
新規に金融サービスに参入する会社(IT)は
低コストを貫けるはずです。

いつ、どこで、
どんな金融サービスに興味を示し、
どのように購入しているのか、

このような「データ」も、
他の分野の販促活動に
生かせたりするためです。


つまり、
「金融サービス単体」で得られる利潤が
低くても、

他の提供サービスと合わせて
『利益率』を見ればよいわけです。



1990年代末に
金融ビッグバン」の掛け声が聞かれましたが、

20年を経てようやく、
その声が「現実」になりつつあります。

それは・・・、
金融の日常生活化 なのです。

既存の銀行、証券、保険各社の優位性は
もろくも崩れ去ってしまうだろうとわたしは思います。

これは私たち消費者にとって良いことなのか?

もちろんYESです!

ここに至ってようやく
金融の世界も
まっとうなサービス業になるわけです。

あ




| 金融機関にモノ申す | 18:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポイント投資って意外と「投資の入り口」の本命?(そして将来的にそこを押さえるのはアマゾンなのかも?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今朝、
日本テレビ朝の情報番組「スッキリ」で
ポイント投資』がかなり詳しく紹介されていて
ちょっとビックリしました。

番組で出てきたのは、

〇 楽天スーパーポイント(楽天証券)
〇 Tポイント(SBIネオモバイル証券)
のふたつ。


Tポイントのほうは
ポイントで個別株、ETFが買えるのですが、
楽天証券のほうは投資信託です。

番組内では、

「世界中に分散された投資が可能になるのが
投資信託と呼ばれるもの。」

と解説が為されていて、
「へえ~」と見入ってしまいました。
(意外にまっとうな説明であったためw)


resize.jpg


ポイントは
(現金ではなく)
あくまでポイントです。

楽天経済圏でいうと、
楽天にまつわる商圏内で買い物をすれば、
「ポイント」が貯まっていくわけです。

この「ポイント」を使って
何かをやってみる、
何かを買ってみるという『購買ハードル』は、

現金の場合と比較して
より低くなるのでしょう・・。


加えて、
(お金という感覚ではなく)
あくまでポイントですから、

ポイントで買った投資信託は
その価格が上下を繰り返したとしても、

お金で買った場合と比べて
アップダウン(=リスク)が
気になりにくいという特性があるのかもしれません。



つまり、
投資の(最初の)入り口として
『ポイント投資』を試してみるのは
大いにアリだということ。

今日のツイート(スッキリ関連)を見ていても、

〇 『ポイント投資面白そう』
〇 『とりあえず100ポイント投資してみた』
というような声が聞かれました。


でも、です。

結局のところ
買い物をコンスタントにしていかないと
「ポイント」って貯まらないわけです。

ネット商圏としての
『大きさ』でいうと、
やはり黒船は「アマゾン」ではないでしょうか。


img_14ddf6bdaf19b69d97c99095f3da4f53381108.jpg


仮に
「アマゾン証券」が出来、
あなたがアマゾンでログインしている画面に
資産管理画面』が加わって、

現金投資のほかに
「ポイント投資」が可能になると、
その影響力の大きさは計り知れません・・。


たとえば今、
IT事業各社が
キャッシュレス決済を糸口に、
顧客同士の「送金」を目論んでいるのですが、

たとえばアマゾンで
会員同士がIDを用いて
相互の「送金」が可能になったり、

これまでの
注文履歴、決済履歴などから、
信用力をスコア化して
「融資」(ローン)を実施することも可能になるでしょう。


そして(やがては?)

アマゾンの経済圏が巨大になると
あなたの給与は
いったん銀行口座には入るけれど、

それをすぐ
アマゾンの口座に全額入金し、
おそらく全額を「ポイント」に変えて、
アマゾン商圏の中で過ごしていく・・

という未来が起こり得るわけです。

(ここに至って
ポイントは限りなく現金を凌駕していくのです)



もちろん「ポイント還元」の存在が、

より多くのお金をアマゾン内に置こう
より多くの取引をアマゾン内で行おう、
というインセンティブになります。


wave.jpg


そして、
投資信託の世界でいえば、
仮に「アマゾン証券」なら、

「この世界株ファンドを買った人は、
こんなファンドも購入しています!」


という、
レコメンデーション機能】が
入ってくるかもしれません。

あるいは、
カスタマーレビュー機能】も
装備することでしょう。

★★★★
「ABC世界小型株ファンドを買ってもう3年になります。
これほどユニークな投資信託を
わたしはおそらく見たことがありません。
長く保有したい人には、ぜひお勧めです」



そしてたとえば、
「ABC日本小型株ファンド」
クリックした場合に、

〇 そのファンドのファンド保有者【人数】
〇 スポット購入と、つみたて購入者の【比率】

〇 スポット購入の場合の【平均購入金額】
  つみたて購入の場合の  〃
〇 ファンド保有者の【平均保有年数】


などが一覧で出てくる・・。

そういうこと、
(アマゾンなら)やりそうな気がしませんか?


4033-450x337.jpg


金融の横の間口、
決済、入金、出金、互いの送金、
お金(ポイント)を置いておく、
ローンや資産運用や保険購入も
「ひとつのサービス会社」で可能になれば、

(20世紀の用語で云うところの)
銀行、証券、保険などの概念は
過去の遺物となります。

金融の世界では100年に1度くらいの
大変革がただ今、進行中なのです・・。


あ




| 金融機関にモノ申す | 19:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わたしの心配は、金融庁「人生100年時代」の報告書が投資業界に悪用されること


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

金融庁の報告書が
ワイドショーなどでも取り上げられ、
話題になっています。

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書
高齢社会における資産形成・管理」(PDFファイル)


そもそも、
人生は一人ひとりのものですから、

自分が金銭的にどう対処していくのか
「お上(おかみ)にいちいち言われる筋合いはないよ。」
という気持ちの人もいると思います。


一所懸命働いて、
あるいは倹約して、
あるいはコツコツ資産運用して、

お金をそれなりに蓄えようとするのは
(あるいは蓄えようとしないのも、)
(基本的に)「自助の賜物」です。



したがって、
お金が足りない・・
ということを、
国のせいばかりにするのはおかしいと思います。


ヒトは想像以上に
長生きになってしまい、

かつ年金制度は
現役世代の人のお金(保険料)で
年金受給権者にお金を渡していくので、

超少子高齢化が進むと、
(現役時代の収入に対する)
年金受給額の比率が下がってしまうのも
致し方ありません。


Divided.jpg


ほんらいは
「残念ながら、ない袖は振れません・・」
ということを、

(金融庁だけでなく)
政府全体が、
包み隠さず話すべきなのでは・・。


(ちなみに、
私たちひとりひとりが
リタイアに向けて出来ることの
小案は昨日のブログに書きました。)


たしかに自助で、
資産運用で、

「えっ、つみたてNISAで?」
とかいきなり言われても、

多くの人は「????」の世界だと思います。

資産運用という行いが
新たなカルチャーとして根付いていくには
それなりの時間がかかるでしょう。

しかしながら、
10年前と比べると、

運用に関しては、
自分で分からないながらも調べたり、
真偽を見極めようとしたり、
また、少額でもトライしてみたりという、

小さな努力を重ねている人は
少なからず増えてはきているのです。


わたしが今、
もっとも心配するのは、

今回の金融庁の報告書を、
投資業界が悪用することです。


昨日、以下ツイートを偶然見つけました。


警告


さっそく、

金融庁がついに警告!?


という書き方をしていますね。

誤解がないように申し上げると、

きちんとした、
理に適った資産形成の手段を
告知啓蒙しようとする
事業会社さんもたくさんおられると思います。


上記ツイートを見て
「どんなセミナーだろう」と思ったので、
辿っていくと、

そのセミナー主催者は・・
こちらの不動産会社さんでした。


mig.jpg


サイト内では、
こんな文言が記されていました。

以下、引用)

Crazyマネーセミナーで学べる
  3つのこと

   1
プロが普段どのような目線で株式投資をしているのか。
FP講師の多くが不動産投資を会社員におすすめする理由がわかる

   2
年収500万円以上の会社員だけが許される節税スキーム

   3
バランスシートの活用であなたの資産バランスが手に取るようにわかる。

引用、終わり)



もちろん、わたしは
不動産投資を否定する者ではありません。

でも・・・、
金融庁が言っているのは?
「長期・分散・つみたて」ですよね。



実物の不動産買ったら、
銘柄の「分散」ではなく
銘柄の「集中投資」です。

しかも、実物不動産は「つみたて」出来ませんし・・。


image.jpg


これまで「個」ベースで
不安を煽っていたものが、

今後は「金融庁」という
お墨付きをもらったかのような
『セールストーク』が増えてくるのが心配です。


上記の不動産投資しかり、
個別株で老後不安解消、FXで毎月安定収入、
その他さまざまな情報商材などが、

今回の金融審議会の報告書を
悪用する恐れがあります。

【皆さん、くれぐれもお気をつけください・・。】


金融庁がついに警告!
という文言に煽られるのではなく、

報告書自体を、
まずはざっくりでいいですから読んでみましょう。
(極めて「まともなこと」が書かれていますよ)

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書
高齢社会における資産形成・管理」(PDFファイル)


あ



| 金融機関にモノ申す | 17:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金融機関のNPSってなに?(ネット・プロモーター・スコア)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まずあなたに『質問』。

「あなたは大和証券を、
あなたの友人、家族に勧めたいと思いますか?」


・・どうですか?

えっ、い、いきなり言われても・・。


実は
「あなたは〇〇〇〇を、
あなたの友人、家族に勧めたいと思いますか?」

を、『数値化』したものを
NPS(ネット・プロモーター・スコア)


といいます。

要はこのNPSが(プラスで)
その数字が大きいほど、

その企業に対する『愛着』、
『信頼』の度合いが高いことを
示します。


もちろん、
上記の答えは

「すごーく勧めたい!」

から、




「ぜんぜんダメ。絶対勧めない!」

まで、

さまざまな『温度』が存在するはず。


NPS(ネット・プロモーター・スコア)の算出の仕方は、
「薦める人」の割合から、
「批判する人」の割合を引いたものです。


こんな感じ。


Emotiontech.jpg


画像元:株式会社Emotion Tech


実は日本でNPSの調査をすると、
(米国に比べ)低めの数値が出るのだそう。

なぜなら日本人は
プラスもマイナスも、
極端な評価を避ける傾向にあるためです。



上記を留意していただきながら、

たとえば、
『産業別(業種別)』
NPSの差異がどのくらいあるのかを
想像してみましょう。

下記は
2018年の業界別のNPSランキング1位と
平均NPSの表です(一部抜粋)

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション調べ)


NTTコム

画像元:
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション


ご覧の通り、

ほとんどの業種のNPSは
(たとえその業界の1位でも)
マイナスになっています。

ただ(その中でも)
「対面証券」のNPSの低さは際立っています(-_-;)
(なんと、業界平均NPSがマイナス56.3ポイント!)


さらに続けます!

日経リサーチが測定した
【金融機関別のNPS】を見てみましょう。
(金融機関顧客評価調査「金融METER」2018年版)

業態別NPS(各業態の測定企業平均)


日経リサーチ

画像元:日経リサーチ

なんだか
(数字のあまりの低さに)
悲しみさえ滲み出てきます・・・(-_-;)


金融機関がこれまで、
一般消費者に

「いかに信頼されてこなかったか」
= いい加減なサービスを為してきたかが、
分かりますね。

が、翻って考えると、

(うまくすれば、ですが)
「伸びしろ」がもの凄く『大きい』
ということも言えるわけで・・。


42286_sample.png


銀行、証券、保険会社
FP(ファイナンシャルプランナー)など、

彼ら/彼女らが提供するサービスが、
(もちろんカンくん、君も含めて)

まっとうで
誠実で
自信を持って親族や友人に紹介できる。

というようになれば、
多くの人がハッピーになるはずなのです。



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 < 6月8日()は【スタンダードコース】
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄

資産運用とは
よそ行きの服ではなく、誰にも必要な靴下のこと。

〇 スタンダードコースって?

人生100年時代にふさわしい、
【お金の育て方】の最初の一歩を学んでいただく
1日コースの勉強会(超ビギナーの人限定です!)

1. お金を知ろう(ウォーミングアップ)
2. お金を整えよう(マネー設計)
3. お金を疑おう(マネー心理学)
4. お金を育てよう(資産運用の土台作り)


 6月8日()東京・田町「森永ヴィレッジ貸会議室」
  【スタンダードコース】の詳細はコチラ! 

あ




| 金融機関にモノ申す | 13:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

証券会社に預金業務を開放すべきでは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

3月、4月は
銀行のスポットCMが増えます。

晴れて社会人となり、
お給料をもらうのに
新規に『銀行口座』を開設する人が
増えるためですね。

おそらく多くの人がココから
金融サービス会社との
『お付き合い』を始めるのでしょう。


貯蓄に親しんで、
そして
(興味が湧けば)投資に・・
という【流れ】がなかなか出来ないのは、

単純に、
生活インフラの中に
『証券口座』が
溶け込んでいないからだと思います。



たとえば
給与振り込み口座を、

「銀行」にしますか?
「証券」にしますか?と

選べるようにしたほうが、
いいと思いませんか?


(別に誰も困らないでしょうし・・)


今は銀行で
保険も投信も販売しているわけですから、

証券会社に
預金業務やローン業務を
開放すべきではないでしょうか。

(もちろん、銀行で
株式の売買も出来るようにします)


私たち消費者が
その潜在意識の中で望んでいるものって?


単純に、
自分のお金のニーズを
汲み取ってくれ、

まるで虹のように、
さまざまな色の
事やモノに応じて、


niji.png


自分のお金の可能性を
引き出してくれるような
【サービス】、


ではないでしょうか。

現に
中古品の売り買いの仲介を
している会社が
『銀行』をやるかもしれないし、

無料通話、
メッセージアプリの会社が
『証券業務』をやろうとしています。


もはや誰も、
「銀行」「証券」「信託」「商品」という
古めかしい立て看板を
望んではいないのです。

時代に追いつけ!
金融サービス業。

あ




| 金融機関にモノ申す | 13:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウォール・ストリート・ジャーナルの記事より『投資助言会社、顧客に1億ドル超を払い戻し SECに不正を自主申告』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

アメリカと日本を比較して
こと「投資信託」に関しては、

アメリカのほうが良心的で
「進んでいますよ!」的な言い方を
わたしはしていると思います。

が、それ(もしかすると)正しくないかもしれません。


以下、
WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)の記事から。
投資助言会社、顧客に1億ドル超を払い戻し SECに不正を自主申告

(仮に、です・・)

あなたが、
追加の費用が生じない
『投資信託』を購入することができたにも関わらず、

追加の費用が発生する『別のファンド』を、
十分な情報開示もなく
購入させられていたら、
どんな『気持ち』になりますか?

(あーあと、落胆しますよね)


以下、WSJの記事から引用します。

米銀大手ウェルズ・ファーゴや
ドイツ銀行のアドバイザリー部門を含む
80近くの投資助言会社は11日、

十分な情報を開示せずに
コストが高いミューチュアルファンドを
顧客に勧めたとして、
1億2500万ドル(約139億円)以上を
払い戻すことに合意した。

以上、引用終わり)


※ ミューチュアルファンドとは
投資信託のこと。


わたしが記事を読んでいて
『違和感』を覚えたのは、

大手の名だたる金融サービス会社が、
自主的に

不正をしていましたと
監督当局に
申告』することで、

罰金』そのものは免れている点です。

これって、司法取引 そのものでは?


sagishi_man.png


1億2500万ドル(約139億円)以上を
払い戻すことに合意した。


の【合意】も、

金融業者と、
監督当局である
SEC(米国証券取引委員会)との
合意』であるわけです。

このような
司法取引的な『しくみ』が
まかり通ってしまうのは?


金融商品を扱う金融業者が
顧客の利益と違う方向に向かう
(= 業者の利益のみを追求する)

つまり、
利益の相反』が起こることを、


監督当局が
あらかじめ想定している・・
ということではないでしょうか。

(もちろん、
このような『しくみ』が存在することで

利益相反の『抑止力』には(多少)
なっているかもしれませんが、
根本解決からはほど遠いと思います)


要は?

世の中全般において
金融業界そのもの、
とくに投資信託を取り巻く
証券業界が、

信用されていない証左なのです。 ← 残念。。



特にわたしが落胆したのは、
LPLフィナンシャル・ホールディングスが
80近くの投資助言会社の中に含まれていたこと。

(LPLは「LPL日本証券」として
日本進出を試みたこともあります)

LPLはいわゆるIFA
(独立系ファイナンシャルアドバイザー)を
多数擁する証券会社であり、

投資信託の新たな流通チャネルを作った
草分けとして知られています。


fuufu.png


私たちは
クラフトビールを飲むときに、

「ヘンなものは入っていない」
と思って飲みますよね?

そこでは【飲料の安全】が、
供給側・顧客側双方で
無言のうちに確認されているわけです。


これは「目に見えない固い約束」
ではないでしょうか。


投資信託はビールのように
モノとして認識できない商品ですから、

ビール以上にこの、
目に見えない固い約束」が
重要であるはず。

投資信託の場合、
顧客の利益に沿った提案を行うこと】こそ、
その『約束』に当てはまるはずなのですが・・。


上記記事を見ていると、
投資信託を取り巻く業界が
『ふつうの道』に至るには
まだまだ時間がかかりそうです。。

あ




| 金融機関にモノ申す | 11:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT