| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金融村は、まだまだ発展途上です(電子書籍「バラつみ投資」未掲載原稿)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

拙著【ラクして増やそう!バラつみ投資】は、
(電子書籍ゆえに)
自身で編集もこなしました。

いろいろと検討した結果、
第5章のところで
未掲載となった文章があります。

今回、それらを構成し直して、
加筆修正のうえ、
公開させていただきます。

(あっ、シンプルに
ブログ記事としてお読みくださいね(^^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 本書はバラつみ投資の窓口として
ネット証券」をお勧めしています。

しかし、ネット証券も
その実態は、
なんでも屋さん」みたいなところがあるのです。

「カンさん。
ネット証券のトップページって、
盛り場の看板みたいで、
もう情報が多すぎてイヤになりました。」


これは、
あるお客様が面談中に、
実際に言われたことばです。


たしかにお気持ちは分かります。

トップページ内で、
FXや株(かぶ)の信用取引といった
投機性が強い商品と、

投資信託が「同じ列」に並んでいるのは、
なんとも滑稽な姿ではないでしょうか。

ネット証券はそろそろ、
トレードする人たちへのサービスと、
コツコツ資産形成する人たちへのサービスを、
明確に分けるべきでしょう。


02d928c.jpg


次に、投資信託の運用会社です。

運用会社とは文字通り、
ファンドを作るメーカーさんですが、

車のメーカーに比べると
ずいぶん『非効率な仕事』をしています。

販売会社に請われるがまま
6,000本もの投資信託を作ってしまい、
バックヤードには在庫が溢れ返っています。


multi_syouhou_zaiko.png

(この本数は明らかに「供給過剰」でしょう)

どんなモノでも、
それを一から作って育てるには
相応のエネルギーが必要なはず・・。

しかし、
「販売当初だけ売れればOK」と
割り切っているのでしょうか、
育てるという意識が希薄で、
薄利多売」の様相を呈しています。


一例ですが、
インデックス型のファンドでいいますと、

同じ指数との連動を目指す
まったく同タイプの投資信託が、

ひとつの運用会社の中で
5本も10本も存在しているのです。
(これって滑稽ですらありますね)

非効率に
多くのモノ(投資信託)を
作り続けたまま、
利益を上げようとするので、

一商品あたりの『コスト』が
高止まりしたままなのです。


そして、
この高コスト体質に
付き合わされているのが、
(他ならぬ)私たち消費者です。


また、
金融機関だけではなく、
FP(ファイナンシャルプランナー)と
呼ばれる、お金の専門家にも注意が必要です。

(当然、筆者も含まれます)


advisor_20170307120313a12.jpg

仮に、
そのFPが「金融商品」を販売しており、
金融機関から「手数料収入」を得る立場なら、

あなたへのアドバイス内容より、
FPの手元に入る『手数料』を
優先させてしまう可能性があります。

あるいは、『手数料』がもたらされる
金融商品を想定して、
あなたへのアドバイスが為される
可能性すらあります。


(これを「利益相反」と呼びます)


実際、筆者のオフィスには、

著名なFP会社に相談に行ったところ、
ランドバンキングを勧められたとか、

別のFP会社では
変額年金保険を勧められたという
お客様の声が、多数寄せられています。

(同じFPとして、
こちらが恥ずかしくなってしまいます)

その専門家が
【どこから、手数料収入を得ているか】は、
当然開示されるべきですし、

もし、開示がない場合は、
私たちの側から必ず確認するようにしましょう。

(※ 筆者は開業以来、
金融商品の販売・斡旋にはタッチしていません)


the-power-of-no.jpg


残念ながら、
金融業界は
まだまだ「村」のレベルです。

消費者の知識が発展途上のため、
商品の提供側が、
ラクして儲けている側面が
あると言わざるを得ません。


今後、
消費者の知識・考え方が
成熟していけば、

『殿様商売』をしている多くの人たちは、
淘汰されていくことになるでしょう。

これを、
世の中では「進歩」と呼んでいます。






| 金融機関にモノ申す | 13:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

個別株以上、ファンド未満の投資対象って?(FOLIOという名のネット証券)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたくし自身の投資方針とは
相いれないのですが、
金融サービス業として
「面白い!」と思ったネット証券をご紹介します。

FOLIO(フォリオ)って
聞かれたことありますか?

FOLIOは、個別株ではなく、
『テーマ』に投資することに特化した
ネット証券会社です。


無題

サイトはこちら

このサイトを見てみると、
たとえば、
楽天証券のトップページとは
対照的ですね(笑)

いかにも『シンプル。』


投資することを、
ひとつの消費活動として捉え、

商品(モノ)を
具体的にイメージしやすい、
『テーマ(10社の株式)』に絞っているわけです。

(この点、たいへんユニーク)

※ もちろん、こういう証券会社が
あってもいいわけです、ハイ。


各『テーマ』は等しく
10社の日本株を内包し、
『テーマ』の数も少しずつ増えているのだそう。

「えっ、コレ面白そう。」


「なんかワクワクするよね。」


と、
潜在ニーズがある人たちに
感じてもらう努力を、
このサイトはしていると思います。


各株式への投資は、
単元未満株となるため、
『1テーマ(10社)』はだいたい
10万円前後で買えるようになっています。

⇒ 商品は【カート】に入れます!


わたしは、
このようなテーマ型投資対象を
お勧めはしませんが、

【個別株以上、ファンド未満】という
投資対象(ターゲット)を発見し、
自分たちのメインに据えた点は
画期的と云えるのではないでしょうか・・。

頭が固く、
これまでの前例で物事を考えるクセが
抜けきれない金融関係者にはない、
(※ ワタシも含めて)

やわらかいサービスの構造計算】が、
為されていると感じました。

Challenge-1024x584.jpg

ところで、
この『10社の株を内包したテーマ』という商品と、
『投資信託』の違いは?


【テーマ】のほうは、
消費者側が
「個別株のまとめ買いをする」ということ。

【投資信託】は、
運用会社が「個別株のたくさんのまとめ」を
あらかじめ作ってくれていて、
「それを消費者が買う」ことになります・・。


FOLIOというネット証券は、
顧客が【1テーマ(10社の株式)】を
買ったとき、売ったときに、
売買委託手数料を受け取るだけです。

(けいぞくコストはかかりません)

それゆえに、
ある程度利益が乗ってきたりしたときに
売却してもらい、

【次のテーマ】を買ってもらおうという
「インセンティブ」がもしかしたら働くのかな・・、
と感じました。

実際、サイト上には
以下のような文言もあります。

フォリオはこういった変化に対して、
お客様に常に
適切なテーマ運用をしていただくために、

定期的に「リバランス」
(銘柄・保有比率の見直し)のご案内をしたり、
テーマを売却するタイミングを
お知らせすることがあります。


(短期のトレードに誘導することがないよう
祈ります)


crisis-management.png


このネット証券の新しいところは、
「個別株」という提示のしかたを
放棄している点でしょう。

『メインターゲット』としている、
20代、30代の
未投資家の、多くの人たちは、


「ひとつの会社に絞り込んで、
投資をガツガツやろう」とは思っていないはず・・。

願わくば、
FOLIOのサービスに触れた人たちの中から、
(日本だけでなく)
より【グローバル】に、

よりざっくり【広範な】
投資対象を内包する投資信託に、
興味を持つ人が出てきてほしいと思います。

◆ 関連ニュース
日経新聞電子版
LINE、アプリで資産運用 ネット証券に出資

(LINEが、ゴールドマン・サックスなどと共同で
FOLIO(フォリオ)に約70億円出資したとのこと・・)

似顔絵




| 金融機関にモノ申す | 18:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

運用会社さんに改善してほしいこと2つ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の『投信ブロガーが選ぶ!FOY 2017』の
中でも、チラッと申し上げたのですが、

運用会社さんにぜひとも
改善してほしいことがあります。

ひとつ)

『このファンド、どこで売っているの?』
という、
販売会社の基本情報の見せ方。

すでに複数の【税制優遇制度】
(確定拠出年金、NISAなど)が存在するため、

通常の口座(特定口座)だけで、
投資が完結する人は、
少なくなっていきます。

販売会社は、
○○銀行、○○証券です。


というのは、

通常の口座(特定口座)を想定しており、>
いかにも不十分です。

これから先は、
通常口座、iDeCo、つみたてNISAなど、
【複数の窓口】を使っていくのが
ふつうになるでしょうから、

投資信託の『基本情報』のところで、

【販売会社】

〇 通常口座・・○○銀行、○○証券・・
〇 iDeCo・・ △△銀行
〇 つみたてNISA・・□□証券


というふうに、

どこでそのファンドを買えるのかという
「包括的情報」を提示するべきでしょう・・。


地球を抱いて眠る-3


仮に、ですよ・・
ABCファンドが、

【販売会社】

〇 通常口座・・○○銀行、○○証券・・
〇 iDeCo・・ △△銀行


という「基本情報」を提示していれば、

「ああ、この投資信託は、
つみたてNISAの対象ファンドでは
ないんだな。」ということも分かります。

逆に、
EFGファンドは、

【販売会社】

〇 通常口座・・○○銀行、○○証券・・
〇 つみたてNISA・・□□銀行


となっていれば、

「ああ、iDeCoでは売っていなんだ。」
ということも分かるでしょう。


ふたつ)

つみたてNISAの影響で、
新規設定のファンドが相次いでいますが、

実はそのほとんどは、
マザーファンド方式』であり、

別に「ゼロ」からファンドを
立ち上げるわけではありません。

ただ、消費者心理としては、

新設のファンド(ベビーファンド)の
純資産額の数字が小さいと
ちょっと心もとない気分になります。


roujin_ninchisyou_man.png

つまり、
投資信託の『基本情報』のところで、

(できれば
純資産額の数字の下あたりに、)

マザーファンド名と、
マザーファンドベースの純資産額を
併記していただきたいのです。


そうすることで、
個人投資家の気持ちは、
ずいぶんとラクになるはずです。

似顔絵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  あなたの【学び心】にをつけます!
┣┳┳┏┻┃    2018 <マネ缶スクール>
┃┃┃┗┳┛    資産運用の旅に出る前に~♪
 …… ┃┃    1月28日()【スタンダードコース
┗┻┻┫┃    2月24日()【ファンド特化コース

      ┗┛



| 金融機関にモノ申す | 13:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託のメリットを金融機関がすり減らしている?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資信託と関わって
もうずいぶん長いわたしですが、

どうも
この道具の【メリット】が
製造会社にきちんと伝わらないまま、
ファンドという道具が量産されている気がします。

ちょっと【自動車】と比較してみませんか?

今、「ファンドが量産されています」
という言い方をしましたが、

投資信託って、
自動車と同じように、

数をたくさん作って
ひとりでも多くの人に
買ってもらう商品でしょうか?

ん?
NO、ですね。


lgi01a201401220000.jpg


投資信託は(クルマと違って)
たった1本でも、
たくさんの人に乗ってもらえます。

(それこそ、5万人、100万人でもOK)

とすると、
投資信託を作っている
製造会社の立場からすると、
ほんとうは、

できるだけ少ない本数で、
できるだけたくさんの人に
乗ってもらうのが、

もっとも効率的なファンド製造、
ファンド運用ということになります。


(ココ、伝わっていますか?)

台数の多さで競う自動車とは、
本質的にビジネスモデルが異なるのです。


ところが、
2017年10月末現在、
公募の投資信託の本数は?

6211本にまで増えています!
(投資信託協会 統計データより)

これって、
とっても奇異なこと・・。

おそらく、
大手のファンド製造会社(運用会社)では、

ひとりのファンドマネージャーが、
6本も7本も、
投資信託の運用を担当しているのでは。

その中には、
たとえば、同じ指数との連動を目指す
ファンドが、(もう)山のようにあるはず・・。


また、
クルマとの比較で言いますと、
製造段階から、

「あっ、この商品は
5年でスクラップにしますね!」と、


正々堂々と言っていたりします。
(そう、運用期間がたった5年のファンド!)

032-factory-illustration.jpg

あるいは、
クルマの中に、
さらに複数のクルマを入れて、
いかにも精巧に作っているように見せたり、

製造部門を丸ごとアウトソース(外注)して、
わざわざコストをかさ上げしたり。

他の業界の人が見たら、

「あなたたち、
どうしてそんな非効率なことしてるの?」


と首をかしげられることでしょう・・。


今の投資信託の業界って、
製造会社(運用会社)自らが、

自分たちが儲からないほうへ、
儲からないほうへ、
嬉々として進んでいるのです。


(もちろん販売会社の責任も大!)

そのしわ寄せは誰に?
そう、
私たち、消費者に降りかかっています。


昨今は
インデックスファンドの超低コスト化で
盛り上がったりしていますが、

真の問題は、
投資信託全体で見た場合の、
【コストの高止まり】です。


非効率極まりない製造のしかた、
運用のしかたを放置しているがうえに、
けいぞくコストが高止まりしているのです。


the-power-of-no.jpg


金融庁さん、
(つみたてNISAの普及もいいですが)
そろそろ
投資信託の合理化を、
強力に推し進めるべきときではないでしょうか。

投資信託の【統合】をもっとしやすくし、
また、運用期間が短すぎるファンドは
規制すべきでしょう。

(そして)、
購入時手数料が廃止されれば、
自然に
少数のファンドを育て、

1本のファンドに
できるだけたくさんの人に乗ってもらおうと、
金融機関は努力するようになるはずです。

◆ 関連記事
購入時手数料を廃止すれば、販社と運用会社の力関係が変わり、投資信託の回転売買もなくなるでしょう

似顔絵




| 金融機関にモノ申す | 11:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もしもアマゾン証券ができたら・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは一投資家として、
ネット証券に多くの恩恵を受けてきました。

(今までも)これからも、
このインフラを利用したいと思っています。

また、投資信託の取扱い本数や、
つみたての最低金額や、
コストの安さや、

そういった【定量的なサービス】部分での不満は、
ほとんどありません・・。

ただ、ネット証券って基本的に
膨大な情報の提示を行って、
「さあ、あとは自分で必要なものを取ってね!」
という姿勢ですよね。

決済の利便性、同時性は
特筆すべきものですし、
資産管理もほんとうに楽チンに出来ます。

でも、何かが足りないのです・・。


たとえば、
ネット空間内で操作をしていくだけで、
いわゆる掛け算のように
どんどん『知の集積』が為されていく・・

そういう状況には、
まだまだなっていない気がします。

「カンさん。いったい何が言いたいの?」


あっ、すみません。

アマゾン証券を夢想しているのです。


img_14ddf6bdaf19b69d97c99095f3da4f53381108.jpg


もしも
アマゾン証券が出来て、
投資信託という商品を扱い出したらどうでしょう?

「この日本小型株ファンドを買った人は、
こんなファンドも購入しています!」


という、
いわゆる【レコメンデーション機能】が
入ってくることでしょう。

あるいは、
カスタマーレビュー機能】も
標準装備することでしょう。

★★★★
「ABC日本小型株ファンドを買ってもう3年になります。
これほどユニークな投資信託を
わたしはおそらく見たことがありません。
長く保有したい人には、ぜひお勧めです」


★・・・・・
「ABC日本小型株ファンドははっきり言って
失敗だった。思った以上に値動きが激しく、
とてもわたしの手に負える商品ではなかった。
リスクを甘く見積もるべきではない。
それに、毎月の運用レポートの文章が
いかにもやる気なさげで・・・」



もちろん、
「今は買わないけれど、
候補のファンドとして保存しておきたいな」
というニーズにも、

候補ファンドリスト(保存)】で
対応してくると思われます。

アマゾン証券は
投資信託を「生活商品」のひとつとして、
割り切ってサービスすると思われます。


たとえば、
1週間・無料お試し購入

自分で任意の投資信託を選んで、
それを5営業日だけ、
実質無料で「お試し保有」できるのです。

(投資信託の価格変動リスクは
アマゾンが負います)

もし、それ以降、ファンドを保有したければ、
新たに購入手続きを行います。


business_crowdfunding.png


あるいは、
まとめ買い 月額980円!
みたいなサービスも出来るかもしれません。

☆ 当サービスを利用すれば、
Aファンド
Bファンド
Cファンド
Dファンド
Eファンド の『5つのファンド』を、
同時に、同じ割合で買い付けますよ。

当サービスで
さまざまな投資信託の1か月間の値動きを
【体感】してみませんか?



1ヶ月経って、
サービスを終了する場合は、
そのときの時価で
すべてのファンドを解約することになります。

(※ 元本保証はありませんので、
その点ご注意くださいませ)

1ヵ月経って、サービスを継続したい場合は、
自動的に【投信つみたてサービス】に
移行します。

(契約時は980円のつみたて金額ですが、
2ヶ月目からは、お客様の
お好きな【つみたて金額】を設定できます!)


mutualfunds-edit.jpg


たとえば、
「ABC日本小型株ファンド」
クリックした場合に、

〇 そのファンドのファンド保有者【人数】
〇 スポット購入と、つみたて購入者の【比率】

〇 スポット購入の場合の【平均購入金額】
  つみたて購入の場合の  〃
〇 ファンド保有者の【平均保有年数】


などが一覧で出てくるのです。


情報の出方も時系列であり、
まず、最新の月報(運用レポート)が
分かりやすく加工された形で確認できます。

純資産額の推移も、
基準価格の推移も、もっと分かりやすく
ビジュアル化されるのではないでしょうか。

あるいは投資信託でも、
「日替わりセール」「月替わりセール」
などが登場するかもしれません。

(また、大口の購入者はより優遇されるような
サービスの囲い込みがあるかもしれません・・)


アマゾン証券が仮に出来れば、
膨大な蓄積データを、
顧客の資産運用のアドバイスにも応用できるでしょう。

今から20年後くらいには、
【アマゾン・ロボFP】が登場して、
ファイナンシャルプランニングの
コンサルティングを行っているかもしれません。

しかも、プライム会員には【無料】で!

「うわっ、どっ、どうしよう? 」と、
慌ててしまわないように、
今からしっかりしないとダメだよ、カン君!

似顔絵




| 金融機関にモノ申す | 16:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SBI証券が野村證券を飲み込む日は(いつか)来るのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

長年『相談業務』を続けてきて、
感覚的に「ここだ!」と感じるのは、
52、53歳くらいです。

え、えっ、何が??

【有店舗の証券会社】を
利用したことがあるお客様の「分水嶺」です。

わたしの感覚ですと、
ご年齢が52、3歳以上のお客様になると、
有店舗証券会社】を
利用したことがある方が出てきます。


翻って言えば、
今現在、40代以下の人で、

【有店舗証券会社】に口座を持ち、
そこで投資信託の運用をしている人は
きわめて稀です。

(あくまで↑当オフィスのお客様の中で
という意味ですよ・・)


これまで野村證券に口座を開いており、
すべての運用をそこで行っていた60歳の人が、

SBI証券に新たに口座を開き、
資産をすべてそちらに移す、
ということはにあります。

しかし、
ネット証券に口座を開いている
32歳の研究職の人が、
今から大和証券に口座を開くことはまずないでしょう。

これを・・【大きな流れ】と云います。


現状の、
ネット証券と大手証券会社(有店舗)の
【預かり資産残高】を比べると、

(まだ)圧倒的に・・、
ネット証券 < 大手証券会社(有店舗)
となっています。


無題

「Wikipediaより」


理由は「顧客数」だけではありません。

大手証券会社(有店舗)の
一顧客当たりの預かり資産額が
(ネット証券に比べて)
かなり大きいためです。

もし、人間に寿命がなければ、

ずっと、
ネット証券 < 大手証券会社(有店舗)
のままかもしれませんが、

残念ながら、
人はいつか
この世からサヨナラしないといけません。


以下、不謹慎なたとえ話になり恐縮です。。

2017年。
90歳の人が亡くなられて、
64歳の人が、

大手証券会社に預けている
資産を引き継がれたとしましょう。

そういう人たちが100人居たとしましょう。

その中で、
わざわざネット証券に
自分たちの資産を移すのは
何人くらいでしょうか?

(※ そもそも投資に興味がない人も
大勢おられるでしょうし)

100人のうち、10人くらい?
(10人もいない?)


時代が下って今から8年後。


90歳の人(今は82歳です)が亡くなられて、
64歳の人(今は56歳です)が、
同じパターンの経験をされます。

このとき、
ネット証券に
自分たちの資産を移すのは
100人のうち何人くらいでしょうか?

100人のうち、15人くらい?


時代が下って今から15年後。


90歳の人(今は75歳です)が亡くなられて、
64歳の人(今は49歳です)が、
同じパターンの経験をされます。

このとき、
ネット証券に
自分たちの資産を移すのは
100人のうち、何人くらいでしょうか?

100人のうち、20人くらい?


あっ、ちなみに今49歳の人は
30歳、31歳くらいのとき、

Windows98が載ったパソコンで
カタコト仕事や遊びに勤しんでいたはず・・。

つまり、
起こることは同じ
「相続 = 資産の引き継ぎ」ですが、

時代が下るにつれ、
相続人の中で、
ネット環境が
生活インフラそのものである人の
割合が高くなり、

かつ、自身で投資の経験がある人の割合も
高くなっていることが予想されます。


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452_20160622161051993.jpg


そして、時代が下って今から25年後。


90歳の人(今は65歳です)が亡くなられて、
64歳の人(今は39歳です)が、
同じパターンの経験をされます。

このとき、
ネット証券に
自分たちの資産を移すのは
何人くらいでしょうか?

100人のうち、40人? 50人?


有店舗証券会社は
(ネット証券に比して)
一顧客当たりの預かり資産額が大きいため

資金流出の際のインパクトも、
大きくなることが予想されます。

でも本当に(たとえば)、
SBI証券の預かり資産残高が、
野村證券のそれを抜く日なんて来るのでしょうか。

わたしは来ると思います。

そういう日に備えて
ネット証券はサービスの『多層化』を
もっと真剣に目指すべきではないでしょうか。


そもそも(この先)、
有店舗の証券会社が
丸ごとネット証券化することは考えにくいでしょう。

いつの日か、
ネット証券が有店舗金融機関を
買収する日が来て、
ネット証券が「含む有店舗化」することになると
わたしは思います・・。

◆ 参照記事
日経新聞電子版
SBI証券の口座数、大和抜き2位に NISAが伸長

似顔絵





| 金融機関にモノ申す | 19:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT