| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

先に走った人がいるから、『道』ができているのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

30~40年といった『スパン』で
日本の資産運用を振り返ったとき、

澤上篤人さんの果たした役割は
とても大きなものだと思います。
(さわかみ投信の「創業者」です)

1990年代の終わりに、
『個人』のほうを向いて、

長期投資が大事
積み立てで投資を続けよう
コストを低く抑えます

という、
分かりやすい『メッセージ』を掲げたのは、
当時、画期的なことでした。

何より、

投資とは【生活者】のためにある。

生活者の【財産形成】のために、
投資信託という道具は存在するのだ。


という言葉は、
他の(賢そうな)金融機関関係者からは、
つゆほども聞けなかったことなのです。

驚きでしょう?


それくらい、
日本の運用業界は、
お金持ちだけを見て、
刹那的に利益を稼ぐ
「閉鎖的な空間」だったのです。

わたしはファイナンシャルプランナーとして
一から資産運用のことを勉強する中で、

山崎元さんの
お金がふえるシンプルな考え方」という本に
出会いました(2001年)

「あっ、投資のことって
こんなにはっきり言っちゃっていいんだ!」



なんだか冷水で顔を洗って、
目の前でズバッと
スイカを切ってもらったような、
爽快感がありました。

中でも、
分からない金融商品には手を出さない!】
(そんな金融商品は笑って見送ろう)

という表現のしかたは、
今でも鮮明に覚えています。

あっ、そういえば2001年は、
木村剛氏の名著「投資戦略の発想法」も出ていますね。


尾瀬


また、内藤忍さんは、
「資産配分」(アセット・アロケーション)という概念を
世に知らしめました。
この功績もとてつもなく大きいと思います。

2005年に内藤さんは、
内藤忍の資産設計塾」という本を出されますが、

当時、アセット・アロケーションの「重要性」を
なかなか理解してもらえず、
いくつもの出版社に出版を断られたことを、
以前自身のブログで書かれていました。


どんな業界にも
「暗黙のルール」がありますが、

いつの世も、
既成の枠から距離を置き、
「新たな考え」を発信しようとする人が出てくるもの。

(そこに【変化の芽】が生まれるのです)


わたしがセミナー、コンサルティングの仕事を
本格化させ、インデックス投資について
取材を受けるようになった頃、

竹川美奈子さんの
投資信託にだまされるな!」(2007年)が
出版されました。

この本は、男女、世代の違いを超えて、
「あなたがイメージしている投資信託は、
ホントの投資信託じゃないかも!」


という一大テーゼを
世間に投げかけた一冊です。

80歳に近い弊所のお客様が、

「あの竹川さんの本は、
読んでて気持ちがスカッとしますね。」
とおっしゃっていたのを思い出します。


また、メディアのほうでは、
日本経済新聞の田村正之さんの活躍は
誰もが知る通りです。

「分散投資の有効性」「金融商品のコスト」
「リスク・リターンのデータ検証」等について、
すぐれた記事をたくさん書いておられます。

わたしの最近のお気に入りの記事はこちら。
米欧で進む投信販売改革 日本は周回遅れ


なぜ、IFA(独立系アドバイザー)では、
真に「第三者的」なアドバイスを提供するのが難しいのか。
(それは『手数料収入』があるからですね)

米国をはじめ、
イギリス、オーストラリア、オランダで起きている

アドバイザーのコミッション(手数料)から
フィー(報酬)への【転換】について、
さまざまなインタビューを交えて多角的に論じています。


どんなフィールドでも、
先人の『新たな考え』の発信がなければ、
現在という風景は、
まったく違った色になっていたはず・・。

たとえば、わたしという一介の人間も、
FPという仕事はしていなかったでしょうし、
今、これだけの知見を持つこともなかったでしょう。

誰かが走ってくれたから、
私たちの前には『道』があるのです。


その『道』を少しでも
強固なものにするために、
僭越ですが、
自分も何らかの貢献が出来ればなあ
と思っています・・。

似顔絵




| 抱負・個人的に思うこと | 18:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インデックス投資家なら『ほったらかし温泉』がおススメ


こんにちは。カン・チュンド です。

えー、冗談ではありません。

本当に、
山梨市の山のうえに
ほったらかし温泉』はあります。

その【効用】は?

心身ともにリラックスして、
マーケットの細かい動きなんて
気にならなくなります。

そして、
山も川も空も雲も、
さまざまな景色をうまく配分した、
ポートフォリオ的?な『絶景』を
堪能できます(^^;)


atti_2.jpg


(はい、右奥の山は富士山です↑)


わたしも正直、
これほどの景色が堪能できるとは
思っていませんでした。

お湯はちょっとぬるめなので、
ゆったり浸かっていたら、
「いつの間にか長期投資出来てた!」
という状態に? (^^;)


ほったらかし投資のまにまに』の
とよぴ~さんはじめ、
インデックス投資家なら
一度はおいでよ『ほったらかし温泉』!


FullSiz.jpg


「で、カンさん。ほんとうの温泉の成分は?」

あっ、
『ほったらかし温泉』の公式サイトに載っていますよ!

(わたしは電車&タクシーで行きましたが、
クルマで行かれたほうがコスパはよいでしょう(^^)




| 抱負・個人的に思うこと | 12:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電子書籍を書いています!(タイトルは『バラつみ投資のはじめ方』の予定)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(恥ずかしながら)
7年間もサボっていました。

言い訳はしません・・。

が、ようやく、
もうすぐ、本を出します。

(今、一所懸命書いています・・(^^;)

今回は『電子書籍』です!
アマゾンのKindle(キンドル)を利用して出版します。

ebook_reader.png


今回は、
投資は苦手。でも必要かも』という、
超々ビギナーな人を想定して書いています。

したがって、
このブログをお読みのあなたには、
既知の内容が含まれるかもしれません。

誤解を恐れずにいえば・・、
『あなた』ではなく、

わたしは『あなたの知人や友人』に向けて、
書いているイメージなのです。

【(どうせ)わたしには、投資は分かんない。】
【(どうせ)わたしには、関係ないことでしょ。】


という、
(どうせ)の部分を、

(もしかしたら・・)に、
転換してもらえたらなあ、という思いで書いています。


電子書籍ですが、
「紙の本」と同じくらいのボリュームになりそうです。

詳細が決まりましたら、またお知らせしますね。

【追記 07.09】タイトルは、

ラクして増やそう!
バラつみ投資

やさしい投資の答えは
バランスファンド
 × つみたて!

になりました・。

追伸)
今回、力を入れているひとつが
イラスト』です(20枚以上入れるつもりです)

14-いい加減-3




| 抱負・個人的に思うこと | 17:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月に就職したばかりの新入社員の君へ その2)


こんにちは。カン・チュンドです。
(今日は投資とは関係のない話ですよ)

こちらの記事の続きとなります。

(あっ、タイトル通り、
【4月に就職したばかりの新入社員の君へ・・】)

ようい、スタート・・。

GWが終わるのが、
ちょっとイヤだなあと感じていませんか?

「もう、
あんなとこ(会社)で、
あんな人たち(人間)となんてやってけないよ!」


という、
君の本音を聞いたばかりですから・・。

君の心はガラスのように繊細なので、
仕事のタイヘンさと相まって、

周りの人のちょっとした言葉や、
何気ない表情、弛緩し切った空気感に、
「憤り」や「理不尽さ」を
感じてしまうのも無理はないでしょう。


ちゃぶ台をひっくり返すように、
「もう会社辞めます!」
と言ってしまえば、

(それはそれで)
格好いいかもしれませんが、
そのあとも、道のりは続くわけです。

万一、
辞めるという選択肢しか
残されていないとしても、

戦略的に辞めたほうがいいと
おじさんは思います。

(注: 今の会社で
「面白そう、なんとか頑張れそうだ」
という人は、もちろん
そのまま勤め続けてくださいよ!)


そもそも、
次の会社に転職する際に、
(あるいは自分で起業する際に、)

『次の仕事』と『今の仕事』を、
【比較】できたほうがいいと思いませんか。

なにか「目安」になるモノがないと、
『次の仕事(職場)』の客観評価もできません。

1年なり、2年なり、
今の会社に居続けることで、
それなりの【体験値】が積めるはず・・。


business_crowdfunding.png


そもそも、君の会社は
どうやって『利益』を上げているのですか?

ちょっと冷めた目で、
会社の中を覗いてみると・・、
なにかヒミツがあるかも。

(たとえば、)差別化された
商品・サービス』ってあるのですか?

(もし、あるとしたら、
それはどうして「差別化」されてるの?)

あるいは、
ヒト、モノ、カネに関わるところで、
(利益を上げられる)
隠された『秘訣』がありますか?

そのことを知ろうとするだけでも
あと1年くらいその会社にいる意味はあるでしょう)


もしかすると君は、
会社が「利益」を上げることに、
嫌悪感(or 罪悪感)のようなものを
抱いているかもしれませんが、

それは間違っているかも・・。

適正な『利益』を上げることは、
その会社が継続的に
「商品・サービス」を提供するため、
必要不可欠なのです。


あっ、それとも逆に、
今の会社って(利益も上がらず)
もう本当に、どうしようもないのですか?

単に古い得意先、古い利権、
古い独占に頼っているだけ・・?

仮に、
目を覆いたくなるような惨状だとしても、
【反面教師的】に、

「こういうところがダメなのでは?」
「これが〇〇の縮図なんだ・・」
「わたしならこうするのに・・」


というふうに、
学びの視野を持つことは可能です。



あるいは、社内を見渡して、
90%くらいは
「どうしようもない人たち」のように見えても、

中には(いい意味で)変わった人、
ちょっと興味をそそられるような
魅力的な人がいるかもしれません。


おじさんが言いたいのは
こういうことです。

『いい会社でないと学ぶものはない、
ということではなく、

どんな会社であっても、
学べることはあります。』


なぜなら、
「会社」を逆さにすると「社会」だから・・。


tumblr_m8cr2wY4cL1qckp4qo1_500.jpg


自分で勝手にイメージした
「華やかで良さげな展開」と、
今日、「5月5日時点」との『ギャップの大きさ』に、
君は苦悶しているかもしれませんが、

それって案外、誰しも通る道、です。

「君」と「世の中」が、
一種の消化不良を起こしているだけなのです。



今はにわかに
信じられないかもしれないけど、

『大きすぎる自分』と、
『小さく単純な世界』のアンバランスさは、
少しずつ是正されていきます。

今、君が感じている『痛み』は、
(おそらく)人生の中で今日がMAXです。


少しずつ、本当に少しずつだけど、
知識とか経験を積んでくると、

同じ『世界』でも、
その見え方、大きさ、
何色刷りで見えるかまで違ってきます。

昔、真剣に悩んでいたことが、
「あれ?大したことなかったじゃん」と
あとになって思えるようになったり・・。

(まさにおじさんが、そうでした)


なんと言いますか、
『自分』という存在が、
だんだん落ち着いてくるわけです。


少しずつ、自分と世の中の
『折り合い』の付け方が、
分かってきたりします。

物事は、
いくつもの偶然、運が交差して、
あみだのように進んでいくもの。


自分がいくら熱く思っても、
それが実現するとは限らない・・。

道のりの中で(いつの日か)
できないことの輪郭が
山の端のようにくっきりしてきます。

「なんだ、それって単なる諦めじゃん!」と
君は思うかもしれません。

そうではないのです。
できないことがはっきりするとは、
できることが明確になる、ということ。



しかし、まあ、
世の中に慣れてしまうというのは、
自分が柔らかく、かつ鈍感に
なっていくということでもあり・・。

だから、
ヘンな言い方かもしれないけど、
今が『悩みどき』なのです。



dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


君が抱えている情けなさ、
不甲斐なさは、

積もり積もって、
これから先(意外なところで)
君の糧になり、エネルギーとなって、

君が進む『』を切り開いてくれます。

だから、ヘンなアドバイスですが、
(くれぐれも)安易に丸くならないように・・。


自分が進むべき道程で、
真剣に悩めて、頭が痛くなっちゃうのは
そんなに悪いことではありませんよ。

それができる時期というのは、
意外に短いのです・・。

おじさんは、陰ながら応援しています。

(あっ、蛇足ですが、
5,000円だけでも、
「つみたて定期」はやっておいたほうがイイですよ)

● 【4月に就職したばかりの新入社員の君へ その1)】

似顔絵




| 抱負・個人的に思うこと | 17:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月に就職したばかりの新入社員の君へ その1)


こんにちは。カン・チュンドです。
(今日は投資とは関係のない話ですよ)

新入社員の人も、
かつて新入社員だった人も、
せっかくのGWですから、
(もしよろしければ)少しだけお付き合いください。

それでは「スタート」・・。


あっという間の1ヶ月だったでしょう。
先日、はじめてお給料をもらったのでは?

正直、この1ヶ月で経験したことの多くは、
まだまだ消化し切れていないと思います。

ともかく、
「なんだか面白そうだ!」と
今、希望に燃えている君は・・、
この文章を読む必要はありません。



「ヤバイよ・・。
こんなとこ(会社)で、
こんな人たち(人間)となんてやってけないよ。」


と感じている君。

気持ちはよーく分かります。

そんなふうに感じている君は、
案外ふつうなのかもしれません。


(そもそも)会社って?

会社とは、
一風変わった習性を持った『生き物』です。

何十年という歳月をかけ、
特異な『カルチャー』を
醸成しているところなのです。

そして、そんなところ?に
15年も20年もいる「お偉いさん」は、

そんな「カルチャー」と「イデオロギー」の
鎧を着たような人たち。

「ヤバイよ・・」と感じても、
別に全然おかしくありません。


「会社」を逆さにすると、
「社会」になります。


君が会社の中で見聞きするもの、
通勤路で目にするものすべてが、
社会の縮図です。

そう、「現実世界」ですね。

この「現実世界」(real world)は、
ドロドロした「ごった煮」のようなもので、

今の君には、
光の部分より、影の部分のほうが
大きく強烈に映っているのでは?


それに、
仕事というのもタイヘンです。

私たちを取り巻いているのは、
巨大な『マーケット空間』です。

そこでの「共通言語」は何かというと、
ズバリ・・、『利潤』!

関西弁で言うと、
「儲けたもん勝ち!」みたいな・・。


君の会社も、
他社と競争しながら、
利益を追い続ける
ハムスターみたいになっているはず。

会社、取引先、業界全体を見渡すと、
利潤にむらがる
カネの亡者のような人がうじゃうじゃ。

(ただただ)権力にしがみつく
YESマンみたいな人もたくさんいます。


DanglingMoney.jpg


「会社」を逆さにすると、
「社会」でしたね。

実際、世の中は
『お金』と『権力』が
ものを言っているのです。



内輪の『人間関係』はどうでしょうか。

まるで「旗振りゲーム」のように
「ホンネ」と「建前」を使い分け、

上司にすり寄る人、
人の悪口ばかり言う人、

前例や慣習だけを
行動規範にしている人。

そんな人たちを、
すでに君は発見していることでしょう。


君はこの「real world」に対して、
「もう、もうんざり・・」
と思い始めているかもしれません。

「本当はこうあるべきなのに・・」
「どうして・・なんだ!」


プライドや理念、理想より、
いい加減、身勝手さ、横柄さが
目についてしまうことが多々あります。

真白く、傷つきやすい君から見ると、
「会社」も「社会」も
醜悪に映っているのかもしれません。

◆ ◆ ◆


はい。
そういう気持ち、よーく分かりますよ。

なぜそう思えるかというと、
まさにおじさんも、
今の君のようであったからです。


いや、今の君より
もっと斜に構えていたと思います。

学校を途中で止め、
海外に放浪して、

『ふつうに就職することなんて、
人生をあきらめることだ!』

『オレは絶対、
あんなオトナたちのようにはならない!』と、
20代の前半、本気で思っていましたから(^^)

(※ ちなみに「オトナたち」という言い方は、
尾崎豊の受け売りです)


目に映る、人、モノ、事象の
ほとんどが気に食わなくて、
いつもイライラしていました。

そして、
自分の殻の中に、
どんどん入り込んでいって、

『生きる意味』という答えのない命題に、
心を奪われたりしていたのです。

◆ ◆ ◆


(そもそも)
【若い】って、しんどい(関西弁:つらいの意)
ことです・・。

若い時はなんと言うか、
【自分】が大きすぎるのです。
(自分 = 自我)

その割に、
【世界】はひどく小さく、
かつ単純にしか見えません。

(今までの経験が少ないため・・)

⇒ この、『自分の大きさ』と
『世界の小ささ』のアンバランスさに、

もう居たたまれなくなる。
(窒息しそうになるのです・・)


crisis-management.png


なので、
今君が抱えている不甲斐なさや、
どうしようもなさは、

君が新たに
発見したものではありません。


50年前も、
100年前にも、

どこかの国で、
どこかの若者が
(同じように)抱えていたモノなのです・・。

なので、安心してください。


これから先、
会社が無言に強要する規範のようなものと、
君がほんらい持っている感覚の「差」が、
日に日に明らかになり、

「やってられないよ!」ということで、
会社を辞めたくなるかもしれません。

(もちろん、
辞めるという選択肢もアリだと思います)


そもそも、
最初の出会いが
「一生の出会い」になるなんて稀なこと。


最初の恋って、
ほとんど叶わないじゃないですか。

自分が何に向いているのか、
本当は何をやりたいのか、

そういうことが20代のうちは
ぼんやりして分からないよ、というのが普通です・・。


本当に行きたかった学校には行けず、
本当になりたかった職業には就けず、

(うまく行くことより)
うまく行かないことのほうが多いもの・・。

要らないこと(お酒やギャンブルや)を覚え、
要らない荷物ばかりが増えてしまい、

友だちの「とんとん拍子」に嫉妬し、
直近の流行り話に影響され、
失敗することも2度、3度とあるでしょう。


押しても押しても開かないドア(現実)に、
「あーあ、なんでだろう・・」と呟きながら、
ため息を2回くらい漏らしたあとに、

(それでも)
人やモノや事象の中に、
面白いネタを見つけて、

ニヤッと笑えるようになったら、
そのときが【スタートライン】なのです・・。

おじさんはそう思います。 

4月に就職したばかりの新入社員の君へ その2)

似顔絵




| 抱負・個人的に思うこと | 12:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほめられサロン、知っていますか?


こんにちは。カン・チュンドです。

暑中お見舞い申し上げます・・。

こんなに暑いのに、
仕事はどんどん溜まってしまって、

一所懸命しているんだけど、

あー、
たまには【ほめてもらいたい!】


そう思ったことないですか?


たまには『ほめてもらいましょう。』
ほめられサロン】で!

こんな画面が出てきますよ。


20110123122358.jpg


(一度試してみてください。
なんだかほこっとしますから・・(^^;)
 【ほめられサロン




| 抱負・個人的に思うこと | 17:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT