FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウォール・ストリート・ジャーナルにも「老後の2000万円問題」の記事が・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)が、
例の「老後の2000万円問題」に関する記事を掲載しています。

日本の年金問題、米国流投資で解決めざす
~老後に2千万円の蓄えが必要という報告書は、投資への関心を呼んでいる~



同記事では、
金融審議会の6月の報告書が、
図らずも多くの人に投資に興味を持つ
「きっかけ」を作ったと指摘しています。

たとえばこんな「数字」が・・。

以下、引用)

インターネット専業の楽天証券によると、
「少額投資非課税制度(NISA)」と
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の
6月の申込件数は5月から約2倍に増えた。

引用、終わり)



idecochan.jpg


これまで何度「金融機関」や
「監督官庁(金融庁)」が
資産形成の必要性を説いても
なかなか動かなかった人たちが、

ある意味、
突発的に浮上してきた
「2000万円問題」という事件によって、

『何か行動を起こさなければ・・』と
感じ始めているのは、
皮肉(アイロニー)めいていますよね。



わたしは、
菟道りんたろうさんが
下記記事で記されている、

老後の2000万円問題は
『黒船』であるという指摘が
的を得ていると思います。

“老後資金2000万円”騒動は現代の黒船―これからどう行動するかで未来は残酷なほど異なってくる



りんたろうさんは今回の騒動に関して注意を促します。

以下、引用)

お金について勉強するのは良いことだけれども、
間違った勉強をしてはいけないということ。

だから、いきなり投資に関するセミナーに
参加したりするのはあまりお勧めできません。

ましてや金融機関に相談するのはもってのほか。
まずはお金に関する原理原則から勉強するべきです。

迂遠に見えても、
やはり基礎や原理原則から学ぶというのは勉強の基本です。

引用、終わり)



そう、確かにそうなのです!


考えてみれば、

ちょっとした「準備作業」を行い、
物事の「全体像」を掴んでから
行為をスタートさせるのは、


あなたのお仕事、
個別のプロジェクトなどでは
当たり前のように行われているはず。


ですよね?)



9547.png


そういう意味合いで、
冒頭のWSJの記事には「??」の部分があるのです。

以下、引用)

ファイナンシャルアカデミーの
セミナーに参加した、
パートで働くニシクラ・モモコさん(50)は、
金融審の報告書を受け、

夫に自分と一緒に投資について
勉強するよう促したと話す。

1990年代後半に
ファーストリテイリングの株価が
60倍に上昇したことを知り、
株式市場に興味を持つようになったという。

引用、終わり)



んー、
株式市場に興味を持つのはよいことですが、

いきなり「個別株」の世界に行くとしたら、
それはちょっと違うと思います。


プールに入ったことがない人は
まずは「水」に慣れることが先決であり、

いきなり100メートル自由形の競争に
参加するべきではないのです。


(それによく考えてみると、
記事のタイトル
『米国流投資で解決めざす』というのも
ちょっとおかしい・・。

おそらく意図としては
バンガード社が創業時から唱えている
「長期・分散・低コスト」を指しているのでしょうが・・)


vanguard-logo-big_large.jpg



この1ケ月程度で
資産運用に興味を持ち始めた皆さん。

決して恐怖心、焦りから
行動を起こさないこと。
ほんとうに大切なのは「知力」なのです。


りんたろうさんも上記記事内
いくつか書籍を挙げていますが、

わたしも「知力」を発し高めるための
楽しい本を・・。


経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)』

同書の発刊は2002年です。
広告クリエーターの佐藤雅彦さんと、
慶応大学教授の竹中平蔵さんの対談の本です。

最初の株式会社って?お金の正体とは?税金のこと、
世の中のお金の巡り方、
経済の中身を楽しく追いかけていく・・、

文字通り「知力」が身に付く本ですよ。






くり返しになりますが、
プールに入ったことがない人は
まずは「水」に慣れることが先決です。

おそらくわたしの仕事も

「水って怖いものではなく、けっこう楽しいものですよ!」


を、伝えていくことなのでしょうね。

手前味噌ですが、わたしの著作も載せておきます。






| 投資家の感情リスク | 11:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8年前に投資信託のことを知って、でもなかなか投資に踏み出せない人へ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはベルナルド・ベルトルッチ監督の
「シェルタリング・スカイ」という映画が好きです。
(日本公開は1991年)

ラストシーンで、
原作者のポール・ボウルズが登場し、
こんな台詞を言います。




(注:意訳です)

人はいつ死ぬか知らされていない為、
機会は無尽蔵にあると思っている。

が、すべてはそう何度も起こることではない。
(じっさい、とても小さな回数しか起こらない)


自分を形作ったと思われる
子どもの頃の、あの午後の出来事を、
あなたは人生の中であと何度思い出すだろう。

せいぜい4、5回程度だ。

これから先、満月が昇る姿を何度目にすることだろう。
せいぜい20回位。

でもそれらは無限に訪れると思えてしまうのだ。



わたしは時折、
セミナーやコンサルティングで
お客さまの『決意に満ちた表情』を
拝見することがあります。

投資に限らず、
どんな事象であれ、

何かを知って、
それに興味を持ち、
実際それを「始める」に至るまでには、
幾重ものハードルを越える必要があります。

『決意に満ちた表情』とはまさに、

「わたしはいくつもハードルを越えて
ここまでやって来ましたよ!

資産運用について学ぶ用意があります。
資産運用を始める決意を固めています。」


という表情なのです。

(それを見たわたしは、
身が引き締まるような気持ちになります)


hand-towards-rising-sun.jpg


少々文学的に言えば、

そこに至るまでにはおそらく
いくつもの「偶然の糸」が重なり、
あなたの周りで「風」が吹き、

かつ、その「風」を
自分事として感じることが出来、
偶然を「風」で昇華させて必然とし、

「よし、始めてみよう」と
気概に満ちた表情に
なっているはずなのです。


では、最初の偶然の糸はどこにある?


それはもう、
無尽蔵に転がっています。
あなたも毎日どこかで、見、聞き、感じているはず。

それらを自分で拾い集め、
「必然の糸」に出来るかどうか・・
これが難しいのですね。


・今でなくてもいいや。
・もうちょっと待っていたら、
もっといい環境になるかもしれないし、
そのとき始めても遅くはないや。

・今、始めなくても、
機会が消滅してしまうわけじゃないし。


お気持ちはすごく分かります。

人生100年時代ですから、
機会は無尽蔵にあると思えます。

しかし、実のところ
ふつうの人にとって、

たとえば
「どんなふうに生きるべきか?」
と迫られるような決断は

人生の中で、
2回、3回くらいのものではないでしょうか。



(もちろん、投資をするかどうかは、
上記に比べれば、ずいぶん下位にある
決断の種類でしょう・・)

それでも、

「偶然の糸」が重なって、
あなたの周りで「風」が吹き、

その「風」を自分事として感じ、
「風」を昇華させて必然とし、
それを始めようと思える・・

そんな機会が訪れるのは
そうそうないことなのです。



大江健三郎の小説に、
「見るまえに跳べ」がありますが、

投資の場合、
少額で始めて(=跳んで)

万が一、
自分に合っていないと感じたら、
元の場所に戻ることもできるわけです。


最初から「完全なアンサー」を求めないこと。

人として大切なことは、
新たな事象に対する「知的好奇心」だと
わたしは思います。

あ




| 投資家の感情リスク | 13:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウォール・ストリート・ジャーナルの記事『相場波乱でも「ミスター・マーケット」に惑わされるな』より


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

さっそくですがWSJの記事、
相場波乱でも「ミスター・マーケット」に惑わされるな』から引用してみましょう。

以下、引用)

2009年3月、
米株式市場は過去1年に4割近く下落していた。

しかしながら、イエール大学の調査によると、
8割以上の個人・機関投資家は、株式市場が
その後の半年に急落する可能性が極めて高いと予想した

(実際には32%の値上がりで予想は外れた)。

引用、終わり)


長くマーケットと付き合っている人なら、
ぼくにも分かりますよ、その気持ちが!
と思われるのではないでしょうか。


実際、
2008年10月頃から2009年3月末くらいまでの、
まるで大きな地震が何度も続くような
下落の連鎖の半年間は、

わたし個人も忘れようがない辛い経験でした。

今でも覚えているのですが、

わたしが把握できた限りでも、
2008年の年末までに
計3名のお客様がリスク資産を
すべて売却されてしまっていたのです・・。

この時期は、
強烈な(下がり続けるという)トレンドが
市場を支配していました。



Borsa-down.jpg


ちょっとその場に、
あなたも居合わせていると想像してみてください。


ヒトはたとえば、
下落を続けているという「流れ」の現状に
悪い意味で適応してしまうもの。

その「流れ」が続くという刷り込みを
どこかで勝手に行ってしまっているのです。

まさに【慣性の法則】であり、
これは急騰を続けるマーケットでも、
まったく同じことが云えます。

(上昇を続けているという「流れ」の現状に
悪い意味で適応してしまうもの。)


2009年4月以降の反騰が、
どうして予測できなかったのか・・?


下落を続けていた「流れ」に対して、
突如、上昇し始めるというのは、
まさに「突然変異」であったためです。

真逆のパターンでも、
思考経路はまったく同じになるでしょう。

(上昇を続けていた「流れ」に対して、
突如、下落し始めるというのも、
まさに「突然変異」なのです)


日常の生活、あなたのお仕事や
日頃のお付き合いを振り返ってみましょう。

私たちは、
この、今の現状を
そのまま維持しようという思いを強く持っています。


ここから方向を変える
(何かを止めたり、新たなコトを始めるのは、)
とてもエネルギーがいることなのです。


ただし、ご安心ください。

資産運用においては、
(下落のトレンドから)
突如「上昇」に変わっても、

(上昇のトレンドから)
突如「下落」に移っても、

あなたは自分の投資姿勢を
なんら変える必要はないのです。


長い投資生活の中で、
「突然変異」が
何度か不規則に起こることは、

すでにシナリオの中に
織り込み済みなのですから・・。

(それが投資という行いの本質です。)


163861447.jpg


そうは言っても
投資を始めてまだ日が浅い人は、
近頃気が気ではないはずです。

米中貿易摩擦の悪化と、
それに伴う世界経済の虚弱性の表れは
かなり気になるトピックに違いありません。

だいたいテレビを観ているだけで、
NYダウ平均がいくら下がったとか
わざわざ「数字」で知らされてしまうわけで・・。


最後に、
上記WSJ記事から引用しておきましょう。

以下、引用)

1896年以降、ダウが1日で
2%以上下落したケースは1011回あった
(ダウ・ジョーンズ・マーケット・データ調べ)。

これは平均で33営業日に1回の割合だ。

歴史的な基準のみからしても、
現在のダウの水準では、
およそ6週間に一度は520ドル超下落することがあると
投資家は覚悟すべきだ。

引用、終わり)


ハイ。そんな感じで、
しょっちゅう下落するものなのです、株式市場って。

でも、ひたすら下落し続ける市場は、
今のところ存在していません。

あ




| 投資家の感情リスク | 16:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本人の投資は、カントリーバイアスだらけ?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日たまたまNHKの番組で
「ムーミン」の特集をやっており、
「ああ、フィンランドに行きたいなあ・・」と
思ってしまったわたし。

(もちろん)フィンランドにも
『株式市場』があり、
上場している『会社』がたくさんあります。


フィンランド人にとっては、

〇 イギリスの株式も
〇 日本の株式も
〇 メキシコの株式も、
『遠い遠い、外国の株式』であります。


が、もしかすると
日本人よりは、

『遠い、外国の株式』に
投資をする人の割合は高いのではないでしょうか?


「ETF.com」でこんな面白い記事を見つけました。
Benefits Of Int’l Diversification
(グローバル分散の便益)

上記記事内では、
分散投資の根拠について、

〇 自国市場のみへの投資では、
自国の狭い経済状況に依ってしまう。

〇 グローバルに分散投資を行うことで、
広範な経済と市場勢力に
資産を委ねることになる。


と記しています。


globalcurrency_mainbanner.jpg


よく、
「外国の株式は分からないよ、怖いよ」
(=リスキー)と言う人がいますが、

そもそもリスクの塊を散らばらせるために、
外国にも(広く)投資するわけです。

ですよね?

ただ、
世界のどこを見渡してみても、
自国の市場に過大に投資してしまう
『カントリーバイアス』、


いわゆる「ホームバイアス現象」は
根強く存在します。


わたしが「え!?」と驚いたのは
上記事内のこの図表です・・。


domestic.jpg


オーストラリア人って
けっこうスゴイですね。

世界の株式市場(時価総額ベース)に対して
自国の市場が占める割合は
2%ほどしかないのに、

自国株式に投資する割合は
67%に及んでいます。

日本も負けてはいません!

世界の株式市場に対して
自国市場の割合は7%ほどなのに、
自国の株式に投資する割合は
55%となっています。

(この表を見ると、イギリス人の
国際分散投資・度合いの高さ』が
際立っていることがわかります)


(ところで、)みんなどうして
『自国の株式』に過剰に投資してしまうのでしょう?


結局、これって
こころの問題で・・。

単に『馴染み』があるから、
そこにより多くのお金を託してしまうのです。


上記記事ではこう記しています。

the tendency to confuse the familiar with the safe.
『馴染みがある = 安心と混同してしまう傾向』


なのです。


gctv-mistakes.jpg


たとえば、
米国の株式に投資しておけば「安心」だ。
という気持ちを、

最近では米国人だけでなく、
日本の人も保持するようになっています。

それは、
直近の米国市場の成績が抜群に良いためでしょう。


が、しかし、
ずーーっとそうだったのでしょうか?


Vanguard Research」のレポート、

Global equity investing:
The benefits of diversification
and sizing your allocation
(Feb 2019)』の

こちらの図表を見れば、
興味深い事実が見えてきます。


us vsnon us


上図は、
1972年以降、毎年の「米国株式」と
「米国以外の世界株式」の結果リターンを
比較しているのですが、

アメリカ株式のほうが
アウトパフォームしている年はゼロより上に、

逆に世界株式(除く米国)のほうが
アウトパフォームしていれば、
ゼロより下に折れ線が現れてきます。


長い目で見れば、
米国株式も好調期、不調期を
繰り返しているわけです。


現在の
先進国株式(除く日本)、日本株式、新興国株式、
それぞれの市場を
PERで比べてみても、

先進国株は
アメリカ株を中心にやや過熱、
日本、新興国株式は低調といったふうに、

これだけグローバル化が進んでも、
各市場の『温度差』は明確に存在します。


だから?

だから、
分散投資に【効き目】があるわけです。


ETF.comの記事内では、
以下のようなエピソードも紹介されています。

アメリカ人の投資家には
アメリカ株式の期待リターンは5.5%程度だが、
日本人、そしてイギリス人の目には
アメリカ株の期待リターンは
それぞれ3.1%、4.4%程度にしか映らない。

同様に、
日本人の投資家は
日本株式の期待リターンを6.6%と見ているが、

アメリカ人、そしてイギリス人の目には
日本株式の期待リターンは
それぞれ3.2%、3.8%程度しかない。



冒頭のフィンランドの話に戻りますが、
フィンランド人が日本人よりも
外国株式に多く投資を行うのは、

人口が少なく(550万人程度)
自国のマーケットがとても小さいからでは?

フィンランドは否応なく、
世界に目を配らざるを得ないのです。

まさに、
『健全な危機感』を有している人が
グローバルな分散投資を行っている。

あなたは、どうですか?

あ




| 投資家の感情リスク | 16:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

市場の上がり下がりのしかたを、あなたもわたしも読み切れません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。


image.jpg


『まるで
クリスマス時の不安がウソのようです。
今はあれよあれよという間に
投資しているファンドの価格も上がってしまい・・。

これは本来は
喜ぶべきことかもしれませんが、

コツコツ積立を続けているので、
ここで「取得価格」が上がってしまうのは
なんともイヤな気分でして・・。

こんなことなら
12月の3週から4週にかけて、
ドーンとファンドを買い増ししておくべきだったと
後悔しきりです。

市場が下がったときは
安く買えると喜んでいたのですが、
最近は正直、あまり買う気になれません。

どうしたらよいでしょうか?
また下がってくるまで待つべきでしょうか?』



という類のメールをいただいたので、
(ご本人の了解を得て)

当ブログ上で
お答えしてまいります。


02d928c.jpg


あのー、
お気持ちはすごく分かるのですよ。

特に、
「安く買えると ⇒ 喜ぶ。
「高く買うとなると ⇒ 喜べない。」
のところ。

正直、わたしも同じ気持ちですので(^^;


ただし、

『また下がってくるまで待つべきでしょうか?』


に対しては、

(相応の「ご覚悟」がない限り、)
つみたてを続けられたほうがよいと思います。

そもそも大きな下落が
「いつ」やって来るのか、
それが「どの程度の大きさ」になるのか、

言い当てることはほとんど不可能ですから。

(最悪、向こう5、6年、
相応の下落がやって来ない可能性も
ゼロではないわけです)


来るか来ないかと、
手ぐすね引いて
「大きな下落」を待つより、

難しく考えず、
規則的に『投資資金』を入れ続ける・・

= つみたて。

これをお勧めします。


なぜなら、
個人投資家にとって最大の問題は、
投資元本を入れ損ねるリスク
であるためです。


あなたのお金が
最終的にどの程度まで増えるのか、
その「シンプルな公式」は以下の通り・・。

【投資元本】×【利回り】×【投資期間】

いくら↑お金を入れられるかって大事。)


また、「こんなことなら
12月の3週から4週にかけて、
ドーンとファンドを
買い増ししておくべきだった」

についてですが、
実は
わたしも同じ心境でした・・(-_-;)


142749758069142217179_goodbye.jpg


物事は
一度つまずいたりすると、
もとの状態に戻るまで
相応の時間がかかる・・。

市場でも
そこそこ大きな下落があると、
回復には相応の時間を要するはずだ・・

これはマーケットの『経験則』としては
ある程度正しいとわたしは思っています。

ですので、
クリスマス前の大きな下落を経て、

1月、2月と
「もしかして暴落が起こるかも・・」と
気合十分で待ち構えていたのです。



いたのです。
いたのです。

が、それは起らず・・(-_-;)


皆さんご承知のように
『現実』はまるで逆方向に進んでいます。

★ 恥ずかしながら、
マーケットについて
わたしが分かっているのは、

「マーケットって分からないなあ」
ということだけです。

(それを日々、再認識しています)



「12月の3週から4週にかけて、
ドーンとファンドを
買い増ししておくべきだった」

気持ちは重々分かるのですが、

ほとんどの人にとって
そんなに都合よく、
刹那の瞬間に
追加資金を入られるものではありません。


Casting-with-Search-Engine-Marketing-SEM-300x200.jpg


現時点で
誰にも『答え』は分かりませんが、

【時間軸】をもう少し伸ばして見ると、
もしかしたら
年初から現在までの回復過程は、

実はこれから先、

実際に株価指数が
直近の高値から3割程度『暴落』する
プロセスの一端に
過ぎないのかもしれませんし・・・。

(もちろん、
そんなことは起らないかもしれませんが・・)

だからこそ、
難しく考えず、
規則的に「投資資金」を入れ続けることを
お勧めするわけです。

あ





| 投資家の感情リスク | 17:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金融商品を入れ替えるべきか迷った時の処方箋


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

35歳のとき・・。
あなたは「A」という選択をしました。

そのときの周りの状況、
あなた自身の心境でいえば、

「A」という判断は
まったく正しかったわけです。

しかし、時は移ろいます。


周りの状況が変わり、
あなた自身もさまざまな変化を経て、

今はもう「A」ではないかも?


と感じているとしたら、
それは「おかしな」ことではありません。

というか、

(Aではなく)別の
たとえば「C」がより
自分にふさわしいと思えるのは、
立派な『進歩』と云えるのでは?


cat0005-001.jpg


資産管理においても
上記のようなことは起り得ます。

かつて「これが正しい」と思い
選択した金融商品「A」も、

周りの状況が変わり、
あなた自身の変化も経て、

今は金融商品「C」のほうが
自分により相応しいと思えるのは、
立派な『進歩』では。


ところでココで問題が・・。

今、金融商品「A」を売ってしまうと、
『損失』が発生してしまうケースです。


個別株、外国債券、
終身保険、個人年金保険、外貨預金、
あんな投資信託、こんな投資信託

なんでもよいのですが、

「カンさん。
とりあえず今持っている「A」が
元本を回復したら「C」に移しますね。」


というセリフをしばしば耳にします。

ん?

(保険商品の場合は、
解約返戻金が
払い込んだ保険料を上回ったら
「C」に移しますね、
となります・・)


気持ちはすごーく分かりますが、
この場合、

金融商品「A」を売るのが
目的なのでしょうか?

違いますね)

あくまで
金融商品「A」から「C」への
お引っ越し】が目的であるはず。



20-旅行カバン-希望


たとえば金融商品「A」が
元本を回復するまで待っていたら、

その分、
金融商品「C」への移行が
遅れてしまいます。

つまり、
金融商品「C」を用いた運用の期間
それだけ短くなってしまうのです・・。

(注:人生の時間は「有限」)



たしかに、
損失を抱えた商品を売るのは
心理的に大きなハードルです。

かつて自分が選んだ「A」という選択を、
自ら否定するような心持ちになるためです。

が、よーく考えてみてください。

仮に(魔法がかかって)

金融商品「A」が現金化され、
あなたの目の前にキャッシュが
積み上がっているとしたら、

そのお金で再び
金融商品「A」を購入しますか?


(どうです?)


NO,ですよね。


なぜなら
あなたはもう、
金融商品「A」を選んだ頃のあなたとは
違うから・・。


仮に、です。

「A投資信託」を、
安く売らざるを得なかったとしても、

売却したお金ですぐに
「C投資信託」を買えば、
「C投資信託」はそこそこ安く買える・・

という論法になりませんか?


当オフィスでは
金融商品の【お引っ越し】に際して、
上記のような
「同時履行のルール」を課しています。

〇 引っ越し元の金融商品の「売却」と
〇 引っ越し先の金融商品の「購入」は
タイムラグを設けずすぐに行う。


これが大原則です。


「A」高く売れたけど、
そこそこ「C」高く買った。

「A」安く売ったけど、
そこそこ「C」安く買えたよ・・。

このように捉えれば、

お引っ越し】に際しては、
損も得も発生しないと
割り切りやすいのではないでしょうか。


shutterstock_144582065.jpg


細長い「歴史の年表」のように
あなた自身を俯瞰してみましょう。

これまで金融商品「A」と
付き合ってきた年月より、

これから先
金融商品「C」と付き合う年月のほうが
ずっと(ずっと)長くなりますよね?


そうですよね?)


だったら

「いつ『お引っ越し』するのですか?」


に対する答えは、

今でしょ!になるはず。


【追記】

いっぺんに『売って』『買って』の
お引っ越しを躊躇される場合は、

たとえば一例ですが、
10ヶ月程度をかけて

〇 1/10ずつ 『A投資信託』を売る、
〇 1/10ずつ 『C投資信託』を買う・・

というふうに、
規則的に、分割して
お引っ越し】を実践するのもアリですよ。

あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(



| 投資家の感情リスク | 18:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT