FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

運用会社さんはラーメン屋さんに学ぼう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨今、金融庁は各金融機関に
「フィデューシャリー・デューティー」

つまり顧客本位の業務運営を行うように
強く求めています。

が、よく考えてみますと、
『顧客本位の業務運営』って
街角のラーメン屋さんもやっていますw


たとえば、
投資信託の運用会社で云うと、

どうして『顧客本位の業務運営』に
なりにくいのでしょうか?

一言でいうと、

運用会社さんにとっての『お客さん』が、
ファンドを購入する人ではなくて、
別の人になってしまっているためです。

「金融機関さん?」
はい、そうです。


多くの運用会社では(いまだ)
金融機関さんの求めに応じて
『ファンド』を作っている・・
という感覚があるのでは?



1123676.jpg


たとえば、
自分たちが作ったファンドを

〇 銀行や証券会社などの
『販売の窓口』に卸す、


という感覚です。


あるいは、

〇 DC(確定拠出年金)の場合は、
運営管理機関(金融機関)に
自分たちが作ったファンドを
卸しているという感覚。


いずれの場合も、
運用会社はファンドを買う人と
直接接しません。

(これまで、
直接・接しようとも思わなかった?)



前者の例では、
銀行や証券会社が
「百貨店」のように君臨し、

後者の例では、
運営管理機関という名の金融機関が、
大きな「問屋」の如く存在しています。

残念ながら、
投資信託という商品の
『届けられ方』としては、

根深くずっと、

〇 運用会社(メーカー)
   ↓
〇 販売会社(金融機関)
   ↓
〇 エンドの消費者

 
だったわけです。


これって『おコメ』でいうと
どうなるでしょうか?

〇 農家さん(メーカー)
   ↓
〇 農協(JA)
   ↓
〇 エンドの消費者

 
ですね。


でも、
『ラーメン屋』さんは違います。


Ramen_Shop.jpg


ラーメン屋では、
作り手と、直接の売り手が「同じ」です。

だから顧客本位の経営がしやすいのです。


(というか、
そうしないと生き残っていけない!)


仮に『おコメ』でも、

・ユニークで、
・独創的なアイデアを持つ、
農家さん(株式会社も可)が

・あなたに直接
・「おコメ」を届けてくれるという
選択肢があったほうが、

より多様で、
より美味しいおコメを食せる可能性が
増すと思いませんか・・?



〇 農家さん(メーカー)
   ↓ 直接
〇 エンドの消費者 

のイメージですね。


投資信託でも、

〇 運用会社さん(メーカー)
   ↓ 直接
〇 エンドの消費者

 
の形態、
つまり「直接販売」のカタチが
もっと増えるべきだとわたしは思います。


baton-300x199_201504022101371e6.jpg


運用会社が
【商品の使い手】である消費者と直接つながり、

その利便性や潜在ニーズを嗅ぎ取って、

投資信託(商品)の改良、
投資信託(商品)の独創を
ダイレクトに行える『立場』に立つわけです。


わたしが
現状の投信業界に落胆しつつも、

今後の投資信託について楽観しているのは、
この『ワクワク感』のせいです。

ラーメン屋の如く、
作り手と売り手が一体となった場合に、
投資信託の新たな可能性が見えてくるはずなのです。

あ




| 投資信託をディープに理解する | 16:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託はTBTで選ぶ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

~投資信託はTBTで選ぶ。~


なんて言われたら、
「??」になりますよね。

TBTとは・・?
長期・分散・低コストのこと。

(ベタですみません・・(-_-;)


特定口座で投資信託を積み立てる、
確定拠出年金でのファンドの選択、

まだまだ
「どれにすれば良いか分からない。」
と悩んでいる人が多いのでは。

あなたが投資信託を選ぶ際に、

TBT
『長期』『分散』『低コスト』という
リトマス紙を持っていれば、

ファンド選びはずいぶんラクになります。


ConsiderateSereneCavy-poster.jpg


まずは、
T(長期)→

『長期』で運用を続けてくれる
ファンドを選ばないと、
あなたは苦労してしまいます。

「長期で運用が続くファンドとは?」


ファンドの『運用レポート』内、
純資産残高の推移を見れば分かります。

そのファンドの純資産残高は
紆余曲折がありながらも、
少しずつ伸びてきていますか?

(右肩下がりになっているファンドは
選ぶべきではありません。)

ニッセイ外国株

例) <購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド


次に、
T(長期)→ あなた自身の心構え。

長期で運用を続けるその実態は?

「何もしない。」


解約するまで、
ずっと持ち続ける。

ほとんど『退屈』です。


投資信託との距離ができて、
特にやることがありません。

(でも、それで良いのです。
長期投資と書いて、
何もしないと読むのです。

簡単そうで、実は
もっとも難しいことなのかもしれません)


次に、
B(分散)→ です。

十分に『分散』をしてくれる
ファンドを選ばないと、
あなた自身苦労してしまいます。

「じゃあ、十分に分散されたファンドとは?」


一ヵ国だけに投資する、
特定の業種だけ、
特定のテーマだけに投資するファンド、

ではありません。

(これだと、
分散の度合いが少ないのです)


自分でファンドを組み合わせた際に、

「よし。これなら
国の分散も出来てるし、
資産の分散も出来てるし、
保有する銘柄数も1000や2000になってるから、
夜ぐっすり眠れそうだ・・」


と思えるかどうか。


広く浅く、
投資の対象を散らしてくれるのが
(そもそもの)投資信託の役割なのです。

そして、

B(分散)を高度に施すと、
偏りがないから、
あなた自身が『安心』できます。

安心できるから?
(夜ぐっすり眠れるわけです(^^;


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


続いて、
T(低コスト)→

これ大切です。

生活者としてのあなたは、
仮に同じ程度の品質の商品があったら、
価格』を気にしますよね。

日常のサービスでも、
支払う手数料(金額)を
気にされているはずです。

低コストであることで、
あなたの元から出ていくお金(手数料)を
節約できるわけですから、
まさしく『経済的』。


ただし、ここでいう
T(低コスト)とは

フィットネスの会費を節約するのとは
『次元』が違うのです。



top_img.png


なぜなら、
あなたが買っている商品(投資信託)は
長期的にお金を増やすための道具ですから。

仮に、の話ですが、

同じ程度のリターンが期待できる
ふたつの『投資信託』があるとして、

より低コストのファンドを選べば、
あなたの実入り(=『実質リターン』)が
(低コストな分だけ)
大きくなるわけです。


別に肩ひじ張って、
TBT(長期・分散・低コスト)を目指そう!と
頑張る必要はありません。

その逆の、

「あれ、ワタシの運用、
どこかで【短期】【集中】【高コスト】に
なっていないかしら?」


という、
冷めた目を持つこと。 ← ココ、重要!


ちょっと整理しておきましょう。

T(長期)→  何もしない 『退屈』
B(分散)→  偏らない 『安心』
T(低コスト)→ 節約できて『経済的』



そして、
もしあなたが今、
投資信託で悩んでいるのなら、

それは単に
『投資信託』だけの問題では
ないかもしれません。


ちょっとお金を入れる
「大きめ箱」を想像してみてください。



箱


あなたは今、

箱の中の、
『投資信託』という部分のみに
注目してしまっていませんか?



ちょっと離れて
『箱全体(あなたの資産全体)』を見てみると、

他にも「要素」はあるはずです。


そのお金を入れる箱に、

『何を』
『どんな大きさ』で詰めるのか。

あるいは
すでに詰まっているのか。


もしかすると、
『お金を入れる箱』全体について、

あなたが「どうしたいのか?」が
まだ定まっていないのでは?


すなわち、
これを定めれば、

投資信託についても
何に
どう悩んでいるかが
明確になってくるはず・・。

急がば回れ。

細部を詰めたければ、
全体に帰れ、

ということなのですね。

あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(




| 投資信託をディープに理解する | 17:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託の『運用レポート』、小さい工夫見いつけた! その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

はい、昨日の続きでございます。

【運用レポート】は原則、
月に1回発行されますが、

私たち『ファンド保有者』が知りたいことは?

そう、
この「1ヶ月間」の変化ですよね。


その3)

『三井住友・中小型株ファンド』
運用レポート


このファンド・・、
正直地味なのですが、
【運用レポート】には様々な工夫が見られます。

まずは「1ページ」から。

ファンドの価格(基準価格)は?

前月に比べ、
【プラス2211円】になっていますよ(^^;

06.jpg


ファンド価格がこの1ヶ月間で、
上がったにしろ、下がったにしろ、

何が要因でそうなったの?
というのが、
あなたが・知りたい・ことであるはず。



この【運用レポート】では、
ファンド価格の【変動要因】を、

「上位5業種」
「下位5業種」

というふうに、

『業種別』で分けて
こと細かく載せてくれています。

さっき
当該ファンドの価格は
(前月比)プラス2211円になりました、
と言いましたが、

「3ページ」を見ると、


業種


ほら、
ファンド価格に対して、
どの業種がどれだけプラスに、

あるいはマイナスに【寄与】しているかが
一目瞭然です。


次に『銘柄別』でも、

ファンド価格の【変動要因】が
分かるようになっています。

ファンド価格そのものは
(前月比)プラス2211円ですが、

同じく【運用レポート】「3ページ」


個別株


というふうに、

どの【銘柄】が
どれだけプラスに、

あるいはマイナスに「寄与」しているかが
一目瞭然なのです(^^;

まさに「痒い所に手が届く」
運用レポートだと思いませんか?

もし、
あなたが時系列でウォッチしたい
投資信託があれば、

その『運用レポート』(PDF)を
1年、3年、5年と
時系列でパソコンなどに『ストック』し、

ファンドの『長期行動』を
把握することも可能です。



あっ、ついでに
『三井住友・中小型株ファンド』の
上位組み入れ銘柄はこちら。

上位10銘柄

けっこうシブめ会社が多いですね(^^;


投資信託の【運用レポート】って、

もっともっと私たちの
「痒い所に手が届くような」
細かい(かつ親切な)
情報の伝え方ができるはず・・。

運用会社さん、期待していますよ!

あ





| 投資信託をディープに理解する | 10:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託の『運用レポート』、小さい工夫見いつけた! その1)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたは投資信託の月報、
いわゆる
運用レポート』を観たことがありますか?

(「運用レポート」は、
運用会社のサイトに行けば
誰でも無料で見られます)


このレポート、
法令で義務付けられている情報は
一通り載っているのですが、

なんと言いますか、

痒いところに手が届く
「あっ、そういうことだったの!」という
類の情報は、
まだまだ少ない気がします。

以下、さまざまな『具体例』を挙げながら、
運用レポートの小さな工夫を
お伝えしていきましょう。


balanced-mutual-fund_20160706123017a05.jpg


その1)

「マネックス資産設計ファンド<育成型>」
運用レポート


「5ページ」をちょっと覗いてみましょう。

当ファンドは『バランスファンド』であり、
複数のマザーファンドを組み合わせて
ファンドを形成しています。

たとえば、
【外国株式マザーファンド部分】
【外国債券マザーファンド部分】が、

この1ヶ月で
<このくらいの成績でした!>
というのは【数字】を見れば分かります。


でも、
下記のように、


マネックス


為替の差益
または『為替の損失』が、

たとえば、
外国株式マザーファンドの【成績】に
どの程度影響を与えているのか、

『数字』で分かったほうが
「痒いところに手が届いている!」
という気持ちになりますよね?



まず、当該ファンド自体は
この1ヵ月で
基準価格がプラス298円になっています。
(合計のところ・・)

細かい話になりますが、

この1ヵ月で
信託報酬(運用管理費用)が
『5円分』引かれたことも

如実に分かりますね。

(正確に言うと、
ファンドの名目上の成績プラス303円から、
信託報酬等という『コスト』を
5円引いて、

ファンドの基準価格が
今月はプラス298円になったね、
と認識されるわけです・・)



また、上記の表では、

外国債券(外国債券パッシブ・ファンド・マザーファンド)
  17円
内為替要因 17円


と記されていますが、

これは、
外国債券マザーファンドの
プラス17円の成績のすべてが
『為替の差益』だったということ。


ただし、
前々月」のレポートでは
まったく違う様相でした。

外国債券(外国債券パッシブ・ファンド・マザーファンド)
  マイナス8円
内為替要因 マイナス27円


と記されていたのです。

「えっ、これって??」

外国債券自体の成績は
プラス19円でしたが、
『為替の差損』が
マイナス27円分生じて、

結果、外国債券マザーファンド
そのものの成績は、
「マイナス8円」になったということ・・。


1434454545-3867.jpg


その2)

「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド」の運用レポート


当該レポートの1ページ目に注目!

[ご参考] 基準価額変動の内訳
を見てみましょう。


ここを見ると
ファンドの価格変動に対して、

各組み入れ資産が
どのように『寄与』しているかが分かります。

そしてチェックしてほしいのが
【信託報酬等】のところ・・。


ピクテ 信託報酬等


たとえば、
当該ファンドは
2013年の12月に運用を始めていますが、

2019年2月末現在、
ファンドの基準価格は
「10,735円」となっています。

もちろん、
これは当該ファンドが
株式や債券やオルタナティブで
運用してきた結果(成績)そのものですが、

同時に、
13年12月以来、

【トータルで
623円分もの信託報酬等を支払った】

あとの結果でもあるわけです。



このように
信託報酬(運用管理費用)の累計
「数字」として示すことで、

ファンドの現在の成績と、
これまでコストとして支払ってきた
【信託報酬等の重さ】が、
比較できるのではないでしょうか?

このような【情報の開示】は、
他の「運用レポート」でも
積極的に進めてほしいと思います・・。

あ


GWバナー
   4月27日()~5月6日(




| 投資信託をディープに理解する | 08:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セゾン投信12周年、おめでとうございます!(次の社長を探し始めましょう)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今月15日、
直販の運用会社「セゾン投信」は
ファンドの運用開始から
丸12年を迎えられました。

おめでとうございます!!

セゾン投信のふたつの投資信託、

〇 資産形成の達人ファンド
〇 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、

日本の個人投資家に
国際分散投資』という概念を根付かせた
おそらくはじめての投資信託ではないでしょうか。



国際分散投資」って?

ありていに言えば、
(結果として)
日本資産への投資割合が
低くなる投資スタイルのこと。


以下、
セゾン投信が運用する
2本のファンドの
日本資産への投資割合です。

〇 達人ファンド    12.1%
〇 セゾン・バンガード 9.5%

(いずれも18年12月末現在)


どうですか、少ないでしょう?

上記以外はすべて
外国の資産(株式・債券など)への投資なのです。


967f1f49-aba5-4188-a692-97e34661207a.jpg


このような、
広い視野に立って
(かつ冷めた目で)


広く浅く
グローバルに投資を行う『ひな形作り』
そして、それを『維持』していくことは、

一個人にとって
そんなに簡単なことではありません。


なぜなら
どの国の人たちも、

「自国の資産に過剰に投資してしまう」
という【ホームバイアス
(バイアスとは「偏り」のこと)を
有しているためです。


このようなバイアス(偏り)を矯正し、
大局的な投資を貫いてくれるのが、

達人ファンドや、
セゾン・バンガードのような
バランスファンド」ではないでしょうか。


(※ たまに確定拠出年金の
『ラインアップ』などで見かける、

株式、債券の中で
不当に日本資産の
割合が高いバランスファンドは

明らかに「旧世代」のモノであり、
まったく性質が異なるのでご注意ください。)


father_burasagari.png


さて、たまたま先日、
達人ファンド、
セゾン・バンガードのファンド合わせて、
純資産額が2500億円を突破されたようですが、

この数字はあくまで『一里塚』でしょう。

(「1兆円」という大きな区切りを迎えるまで、
わたしは「祝!」とは言いません・・)

それより何より、

セゾン投信の当面の課題は
次の代表を誰にするか?
にあるのではないでしょうか。



現在は会社の「顔」として
中野晴啓さんが東奔西走されていますが、

中野さんは1963年のお生まれ。
(2023年には60歳を迎えます)

セゾン投信さんはこの際、
【次期社長】の公募を行ってみてはいかがでしょうか。

ある程度の時間をかけて
次期社長を募る、
かつ絞り込んでいく期間を考えると、

今、次の社長を探し始めるのは
決して早すぎることではありません・・。


この12年間、
新しい投資家を巻き込んで
セゾン投信の口座保有者は
『若さ』を維持し続けてきました。

(運用開始当初とあまり変わらず、
いまだ口座保有者の7割近くが40代以下なのです)

であるなら、
会社そのものも
『若返り』を図っていく必要があるのでは・・。


kaidan_man.png


中野社長が引退したあとも、
2本のファンドは運用を続けていくわけです。
その『ブランド』を、
会社は引き継いでいく必要があります。

投資信託の運用会社とは、
今のファンド保有者が亡くなったあとも、

その息子さん娘さん、
姪っ子さんや甥っ子さんに
引き続き「つみたて」を行ってもらえるよう、
存続】していく責務を負っているのでは・・。


セゾン投信さんにはぜひ、
「超長寿のロングセラーファンド」という冠を
目指してもらいたいと思います。

あ




| 投資信託をディープに理解する | 14:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託のコストに歴史あり。


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もう、20年も前の話ですが、
投資信託デビュー当時のわたしは
『DKA株式オープン』というファンドに出会います。

当時、敏腕ファンドマネージャーの
佐久間康郎さんが運用を仕切られていたファンドです。

この『DKA株式オープン』は
運用会社の合併にともない、
MHAM株式オープン』に改名されました。

あっ、
れっきとした「アクティブ」の
「株式ファンド」なのですよ。


当該ファンドの
運用管理費用】をちょっと覗いてみましょう。


MHAM株式オープン

日本

画像元:
アセットマネジメントOne サイトより


(若干の
実績報酬の部分は除きますが)

運用管理費用は
税抜きでナント 0.75%

十分低いでしょう?


なぜなら、
当ファンドの設定は
1976年だからです。


(あなたは生まれていますか?)

結論から言うと・・、

昔のアクティブファンドって
けいぞくコストは
十分低かったのです。



Cut-Cost.jpg


次に、税抜きベースで、
【運用管理費用】の

委託会社(運用会社)
販売会社
受託会社

の『割合』を出してみます。

おおよそ、

〇 委託会社(運用会社) 60%
〇 販売会社       27%
〇 受託会社       13%


となります。

わたしはこの割合、
それぞれの会社の「仕事量」と
報酬パーセント」が
おおむね釣り合っていると思います。


しかも、
当ファンドでは
ご覧いただくとお分かりの通り、

日本


ファンドの『純資産額』が
一定金額ベースを越えてくると、

〇 販売会社への報酬は「固定」のまま
委託会社(運用会社)の比率が高くなり、
〇 (その分)受託会社の比率が減っていきます。


とても理に適っていると思います。


なぜなら、
投資信託という商品は?

あくまで運用会社が作り、
運用を行っていますから・・。


そう、運用会社こそが
【主役】なのです。


逆説的に言うと、
この20年で

『販売会社』への報酬割合を
不当に釣り上げてきた結果、


運用管理費用というコストが
全体として馬鹿らしいほど、
高くなってしまったのです・・。


「投資信託のコストに歴史あり。」


最後に、
ファンド資産を保管する
受託会社(信託銀行)への報酬は
もう少し多くても良いと思います。

なぜなら、
万が一、受託会社が倒産した折に、

法規通りに
ファンド資産が分別保管される
保険料」と捉えることも出来るためです。

あ




| 投資信託をディープに理解する | 10:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT