| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱり残念な『フィデリティ・USリート・ファンドB』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

5,000本以上ある投資信託の中で、

「コレが純資産額 堂々第一位!
あなたの周りの〇〇さんも買っているかも!?」

と言われたら、

「ちょっと買ってみる?」
という気持ちになるかもしれません。

でもちょっと待って!

たしかに、
『フィデリティ・USリート・ファンドB』は、
今日本でもっとも純資産残高が大きな投資信託です。
(2017年4月21日現在)

そして、
分配金が毎月70円も出ています!

3762.jpg


(でも、ちょっと待って!)

分配金って、
ただ金額が多ければそれでOKなのでしょうか?
(ちょっと違うのでは・・)

【分配金】を見る際は、

そのファンドがどの程度成長しながら
【分配金】を出してくれているかを
見極める必要があるのでは・・。

⇒ 今、この瞬間を見るのではなく、
過去からの【傾向】を時系列的に見る・・
という意味ですよ



たとえば仮に、
ABCファンドという
「毎月分配型ファンド」があるとしましょう。

ABCファンドは毎年10%成長しながら、
【分配金】を毎年9%出してくれています!


これならスゴイですね。

ABCファンドの成長の範囲内で、
【分配金】を出してくれているのが分かります。

この場合、
ABCファンドの価格(基準価格)も上昇します。

では次のケースはどうでしょう・・。

ABCファンドは毎年4%成長しながら、
【分配金】を毎年9%出してくれています!


えっ?

この場合はどうですか。

【自分の成長以上に、
お金を分配してしまうため、
ファンドの基準価格は下がっていく一方
】です。


『フィデリティ・USリート・ファンドB』も
(実は)同じです。

【自分の成長以上に、
お金を分配し続けてきたため、
ファンドの基準価格が下がっている】のです。

⇒ 基準価格 4,312円 (2017年4月21日現在)

さあ、次は
月次運用レポート】(3月31日現在)を見てみましょう。


「まあ、これって
とっても親切なレポートではないか!」

と、わたしなど思ってしまいます。

投資信託は毎月ベースで見て、
成長する月(プラスのリターン)もあれば、
衰退する月(マイナスのリターン)もありますが、

当該ファンドは、
運用レポート『2ページ目』のところで、

今月は、『何が』原因で、
基準価格がプラスになったのか、
『何が』原因で、
基準価格がマイナスになったのか


なんとも丁寧に(かつ分かりやすく)
図表で示してくれているのです。


たまたま3月度は、
『フィデリティ・USリート・ファンドB』が
保有する、

アメリカのREITの価格(USドル建て)が
下がってしまったため、

それが直接的な
基準価格の下落要因だったのですが、

その他にも、
こんなふうに【図表】にしてくれていますよ。


〇 配当金・利息等(現地通貨ベース)
  →  プラス26円

〇 分配金
  ← マイナス70円


なんと分かりやすいのでしょう!

〇 配当金・利息等(現地通貨ベース)
  →  プラス26円

〇 分配金
  ← マイナス70円



要するに、

REITの配当金などの
【入ってきたお金】以上に、
【分配金】を出しているから


ファンドはなかなか成長せず、
基準価格が下がる要因となっているわけです。


conversation_trimmed.jpg


(ところで、)
もうすぐGWですから、
ちょっと多めに現金を持っていたいですよね。

あなたは「ATM」に行って、
自分のお金を引き出します。

その際、

〇 利息
  →  プラス26円


の状態で、

〇 引き出し金額
  ← マイナス70円


にすると、

あなたのお金は
44円減ってしまいますよね?


『フィデリティ・USリート・ファンドB』は、
それと同じことをやっているわけです。

しかも、
『分配金』をいくらもらうのかという
決定権は、あなたの側にはありません。


あっ、でもでも、

【ファンドの成長以上に、
お金を分配し続けているのは分かっているよ。】

という人も多いかもしれませんね。

その場合は、
当該ファンドでも、よい

いいえ、良くないと思います


1434454545-3867.jpg


そもそも私たちは、
自分のお金を増やしたいために、
【投資信託】を利用しているわけです。

『フィデリティ・USリート・ファンドB』の
運用レポート「1ページ目」、

累積リターン(2017年3月31日現在)の
【数字】に注目してみましょう。

客観的に見た当該ファンドの【成績】が
手に取るように分かりますよ。


当ファンドは、
アメリカのたくさんのREITに
投資を行う投資信託です。

「今年はまあまあ良かったな。」
「うわぁー、今年は良くなかったな。」
というふうに、

ファンドの【成績】を
客観的に評価するためには、

何か【評価の物差し】となるような
指標が
あったほうがいいと思いませんか?

たとえば、
アメリカのREITの【平均値】を示す物差しとか・・。


えっ、そんなのあるの?

はい、もちろんあります(^^)

アメリカのREIT全体の【平均値】を示す、
『FTSE NAREIT Equity REITs インデックス』
というものがあり、


これが
当該ファンドが運用する際の、
指標ベンチマークとなっているのです。


フィデリティ投信の『サイト』を見ると、

なんとも丁寧に、
当該ファンドが一貫して、
アメリカREIT市場の『平均値』(ベンチマーク)よりも、
成績が劣っていることを

グラフで示してくれています。

(「累積投資額」と「ベンチマーク」の差に注目!)


operation-image-02.jpg

画像:フィデリティ投信より
https://www.fidelity.co.jp/fij/fund/focus/usr_operation.html


先ほどの、
運用レポート「1ページ目」、

累積リターン(2017年3月31日現在)の表を
見ると、

当該ファンドのリターンが、
アメリカREIT市場の『平均値』(ベンチマーク)を
2003年の運用開始から一貫して、
下回っていることが【数字】で分かります・・



⇒ ある意味、
ここの運用会社(フィデリティ投信)は、
とても親切な情報開示を行ってくれているわけです。

〇 私たちは、ファンドの成長以上に、
お金を分配し続けていますよ。

〇 フィデリティ・USリート・ファンドBの成績は、
米国REITの平均値である
FTSE NAREIT Equity REITs インデックスに
劣っていますよ、と。


わたしなら、
(もし、わたしが「USリート」という
投資対象を求めるなら、)

【iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF】や、
eMAXIS 米国リートインデックス】のような、

よりコストが安く、
市場の平均値程度のリターンは
期待できる商品を選ぶでしょう・・。

似顔絵




| 投資信託をディープに理解する | 19:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iDeCoナビを使い倒そう!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

金融村界隈は、
ちょっとした個人型確定拠出年金(iDeCo)ブームです。

最近では、テレビの情報番組や
ファッション系の雑誌でも、
「iDeCo」が取り上げられたりしています。

貯金しかしたことがない
潜在ユーザーにとっては、

「iDeCo」とは
節税になる、お得な年金制度
というイメージでしょうか・・。

もちろん、お得はお得なのですが、
どこの金融機関を選ぶのかは重要ですし、
(もちろん、商品選びも重要!)

加入を決める前に、
基本的な知識をしっかり入れておいたほうが
よいと思います。


さて、ここでちょっと難問。。

分かりやすくて、
アップデートされた情報が豊富で、
かつ、中立的な『サイト』というのが、
なかなかないのです・・。

わたしはずばり、
「iDeCoナビ」をお勧めします。


ScreenShot-700x408.png

(実際、コンサルティングの中で、
こちらのサイトをしばしば使わせてもらっています)


まずは以下、
大江加代さんの
分かりやすい【動画解説】(たったの1分38秒!)を
観てみましょう。




(大江さんは、
確定拠出年金教育協会の理事兼主任研究員で
いらっしゃいます)


この動画を観ると、
「iDeCoナビ」が提供しているコンテンツが
さあーっと見渡せますよ!(1分38秒で)


iDeCoナビ」で特筆すべき点は3つ。

ひとつ目!

ひとつひとつの金融機関が
具体的に
どんな【商品ラインナップ】を持っているのか、
隅々まで分かります。

(※ アップデートも随時行っているので
とっても有り難い!)

たとえば「りそな銀行」を見てみると、

〇 運営管理機関(窓口となる金融機関のこと)からの
おすすめポイントがまず載っています。

グループ600ヶ店の店頭窓口でご相談いただけます!


その下に、ひとつひとつの
具体的な商品ラインナップが
継続コスト(信託報酬等)とともに
載っているのです。


Challenge-1024x584.jpg


ふたつ目!

上記ひとつ目と関連しますが、
手数料(口座管理料)を調べる】では、

運用期間中にかかる費用(毎月)
安い順に表示できたりします。

試しに、
運用期間中かかる費用(毎月)
(積立を行う場合)で、
【手数料】が安い順に列挙してみると・・。

スルガ銀行(資産50万円未満) 167円
スルガ銀行(資産50万円以上)167円  
SBI証券(資産50万円以上)167円

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
(資産200万円以上)    167円

第一生命保険(資産150万円以上)167円
大和証券(資産50万円以上) 167円
楽天証券(資産10万円以上)167円


というふうに記されています。


「この、167円/月っていったい何??」

はい、こちらは、
国民年金基金連合会と
事務委託先金融機関に支払う
【口座管理料】で、
どこを窓口にしても、必ずかかってくるものです

逆の言い方をしますと、
運用期間中にかかる費用が
167円と記されているところは、

窓口となる金融機関への
口座管理料は「ゼロ円」になるということ。
(ただし、資産残高が〇〇万円以上と、
制限を設けているところが多い・・)


みっつ目!

税控除を確認してみよう!】では
長い目で見て
どれくらい税負担が軽減されるかが分かります。

言わずもなが、ですが、
iDeCoの最大のメリットは
所得控除』であり、

税の負担が減る分を、
そのまま「プラスの収益」と見なすことが可能です。


個人的には、
商品ラインナップのところで、

(第一世代のバランスファンドではなく)
第二世代のバランスファンド
もっと充実させて欲しいと思いますが・・。

ともかく、一度『iDeCoナビ』に
触れられてみることをお勧めします!

【追記。2017.04.26】

イメージキャラクターも決定!

【イデコちゃん】
 年齢不詳のシロイルカ。
 口癖は「~デコ」。
0000162106.jpg
◆ 参照記事
【これ、『第一世代』ですか? バランス型ファンドの進化について】
【あっ、それが『第二世代』ってこと? バランス型ファンドの進化について】

似顔絵




| 投資信託をディープに理解する | 14:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人の寿命を超える投資信託、早く見てみたいです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たとえば、今日の夜、
最寄り駅のスーパーマーケットに行って、

脇目もふらずワイン売り場に直行し、
赤ワインの『生産の年(西暦)』をチェックするのは、
わたしだけではないでしょう・・(^^;)

【ほぉー、2003年か。
そこそこ古いモノだなあ。
どんな芳醇な味がするのだろう・・】

ふつうワインというものは、
<年齢がいったもの = 価値があるもの>
と解されます。

一方の投資信託はどうでしょう?


「年齢」がいったものって、
その多くが
単純に忘れ去られてしまいます・・(-_-;)

もったいなーい!

スマートフォンに次々と登場する
『新しいゲーム』のように、

なぜか、
日本に存在する投資信託は、
<新しいもの = 良さげなもの?>
と解されてしまいがちです。

たとえば、
野村グローバルAI関連株式ファンド」みたいに。


わたしがこの仕事を始めて間もない頃、
ちょうどメルマガをスタートさせたあたりで、
アジア製造業ファンド』を知りました。

1996年3月運用開始。
運用はベアリング投信投資顧問。
(もちろん、今でも現役です!)

今から思えば、
1995年から1996年あたりって、
最初の「中国株式ブーム」のころ。

(上海証券取引所が開設されたのが
1990年の終わりだったのです)


『アジア製造業ファンド』の
月次レポート(PDF)をお読みいただくと、

設定来の【騰落率】は
ナント・・590%を超えていることが
分かります(1月31日現在)

丸21年経ったとはいえ、
590%!です。


いつも思うのですが、
ネット証券の投信ランキング表の中に
「直近のリターンランキング」って
ありますよね。

あれ、直近ではなく、
過去10年、過去20年の
『トータルリターンランキング』を
前面に押し出すべきでは・・。


まず、
ファンドが長く続いているってスゴイ。
しかも成績が伴っているってスゴイことですよね?


Challenge-1024x584.jpg


この『アジア製造業ファンド』、
驚異的なパフォーマンスを
上げ続けてきたわけですから、

さぞかし純資産額が
すごいことになっていると思いきや、
たったの・・66.4億円です(1月31日現在)

んー、さびしい。

きっと、ファンドの存在が
知られていないのですね。
販売会社もけっこうあるのですよ。


私たち自身も、
このような『いぶし銀の投資信託』を
いちいち探そうとしないですし、
金融機関側の情報発信も皆無に等しい・・。

なので、
誰にも知られない状態」に
置かれてしまっているのです。

(まるで『情報』が封鎖された状態)


言い方を換えれば、
このような「情報の点在性」のため、

ファンドの運用会社、販売会社側は、
意図して売りたいファンドの情報を流布させ、

思惑通り、特定のファンドを
売ることが出来てしまうのです。


たとえば、
「野村グローバルAI関連株式ファンド」みたいに。


そこには、金融機関のトークを
安直に信じて受け入れてしまう
『うぶな消費者』がいっぱいなのです。

もっと自分で情報を取りに行って、
自分で判断をする、
そういう投資信託保有者を
増やす必要があるのです。

このような投資信託ホルダーが増えれば、
彼ら/彼女らが探し求める
情報」そのものも多様化してくるはず。

その結果、人気のある投資信託も
通り一遍ではなく、
バラエティー豊かになるのです・・。


ThankYou_02.jpg

米国に
ドッジ&コックス・バランスド・ファンド』という
投資信託があります。

当ファンドは、
株式と債券のバランスファンドなのですが、

(アクティブ型であるため)
株式の組み入れ比率を、
「最低で25%、最高でも75%」と謳っており、
かなり幅を持たせています。

ファクトシート(運用レポート)を
ご覧いただくと、
年間経費率も 年0.53%と低廉です。

そして、運用開始年は
ナント1931年。
(だっ大恐慌の最中、ですよ!)


アメリカでは人の寿命を超える
運用年数を持った投資信託が
少なからずあります。

古くから運用を続け、
長く継続する中で、
その成績とともに「評価」が上がって、

そして、ファンド保有者が増え、
まるで波紋のように
草の根的に投資信託の純資産額が増えていく。

それがファンド本来の姿でしょう・・。

(ちなみに、
ドッジ&コックス・バランスド・ファンドの
純資産額は150億ドルを超えています)


日本の場合、
たとえば『大型株ファンド』ですら、
1961年の設定です。

でも、
2041年から見れば、
1961年設定の投資信託は「80歳」になるわけです。

年月を重ねることで、
人の寿命を超える投資信託が
日本でもきっと出てくるはずです。

(わたしはもう、あの世に行っていますが(^^;)

◆ 参照記事
歴史がある投資信託に敬意を払おう

似顔絵




| 投資信託をディープに理解する | 13:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「純資産額」の推移!それはファンドの未来元気度のバロメーター


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ここに100社の株式に投資を行う
ABC株式ファンド」があるとします。

前に立っている講師の人が、
「はい、大事なのは純資産額ですよ!」と
声を張り上げています。

純資産額(純資産残高)とは何でしたか?
ハイ、【投資信託の規模、大きさ】のことです。

これってもちろん、
<小さいよりは、大きいほうがよい> わけです。

「じゃあ、純資産額はどのような要因で、
大きくなったり、小さくなったりするの?」

答えはカンタン。
2つの【要因】があります。


上の「ABC株式ファンド」の場合、

1.ファンドが組み入れる株式の価格
(株価)そのものが上下する

2.ファンドに入ってくるお金と
出ていくお金の「差額

この、1.と2.を合わせたものが、
純資産額のアップダウンに影響します。

(継続的にかかるコストや、
株式からの配当は考慮していません)


仮に、こんなふうに考えてみましょう。

この1か月間
「ABC株式ファンド」に入ってくるお金と
出ていくお金がちょうど「同じ」だったとします。

でも、
ファンドが組み入れる会社の株価が
総じて下がってしまうと、

結局、【純資産額】は減少することに・・。


逆に、
この1ヶ月の間、

「ABC株式ファンド」が
組み入れる会社の株価が
まったく変わらなかったとしても、

ファンドに入ってくるお金より、
出ていくお金のほうが多いと、
結局、【純資産額】は減少することに・・。


今、お話しした、

「ファンドに入ってくるお金より、
出ていくお金のほうが多い」
というのは、

総じて言えば、
「ABC株式ファンド」の購入より、
解約のほうが多かったということであり、

基本的には、
購入した人より、
解約した人のほうが
多かったというイメージになります。

(逆の場合も、しかりです)


あえて、2.の
【ファンドに入ってくるお金と
出ていくお金の「差額」】に注目すれば、

⇒ 純資産額がじりじりと減っているのは、
そのファンドから、
【人】と【お金】が
引き上げていっていることになります。


逆に純資産額が
増えていっているのは?

⇒ そのファンドに、
【人】と【お金】が
入ってきている証拠でしょう・・。



★ そういう意味では、
純資産額の推移は、

その投資信託の、
未来の元気度】を暗示しています。

この元気度は、
ファンドの成績が元気という意味ではなく、

ファンドの大きさが少しずつ大きくなり、
10年経っても効率的な運用が出来て、
ファンドが健全に存在しているよね・・、
という意味での「元気度」です。


message_ogenkide.png


具体的に見てみましょう。

投信まとなび】の、
ファンドのパフォーマンスのグラフを
見ていただくと、

たとえば、
ひふみ投信」や
世界経済インデックスファンド」では、

水色の純資産額の推移が
見事な右肩上がりになっています。


コンスタントに
そのファンドに【人】と【お金】が
入ってきている証拠でしょう。

また、つみたて投資をしている人の
割合が高いことが伺えます。

スポット投資をする人の割合が高いと、
純資産額の推移は、
もっとデコボコする傾向にあるためです。


わたしは(株式では)
SMT グローバル株式インデックス・オープンと、
SMT 新興国株式インデックス・オープンを
積み立てているのですが、

投信まとなびの
SMT グローバル株式インデックス・オープン」を
見ていただくと、

純資産額は、
2016年はずっとボックス圏で
ちょっと減ってちょっと増えて
という状況だったことが分かります。
(2017年になって少し増えてきていますが・・)


そして、その下、
【月次資金流出入額】 (直近5年 単位:億円)
をご覧いただくと、

2016年の終わりから、
純資金流出になっていることが分かります。

(SMT 新興国株式インデックス・オープンも、
2016年の終わりから、純資金流出の傾向に・・)

これはあまりよい傾向ではなく、
今後の推移をウォッチする必要がありそうです。

この
【月次資金流出入額】で、
「純資金流入」ではなく、
「純資金流出」が続いていけば、

ファンドの【純資産額】が逓減していくことに
なってしまいますから・・。

似顔絵




| 投資信託をディープに理解する | 18:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月24日の「ひと言」



過去の成績だけを見て、
投資判断をしていませんか?

それってバックミラーだけを見て、
運転しているようなものですよ・・。


baby-surprised-340x231_20160902183255c2a.jpg





| 投資信託をディープに理解する | 19:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日経新聞の田村さんとSMTシリーズのコラム


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今、わたしの手元には、
2006年5月7日付の日経新聞の記事があります。

執筆者は、
日経新聞の田村正之さん。
(田村さんは現在、
日経新聞編集委員です)

記事のタイトルは、
『投資信託 コストに注意

見出しには
『毎日引かれる信託報酬』とあります。

「ああ、田村さん、昔から頑張ってるなあ・・」

(ところで、
信託報酬(運用管理費用)が、
毎日引かれているのはご存じですよね?)


この記事はもう10年以上前のものですが、
記事内では、

「ノムラ日本株戦略ファンド」と
「フィデリティ・日本成長株・ファンド」と
「さわかみファンド」の

1.基準価格の騰落率と
2.本来の成績(もし信託報酬が
差し引かれなかったら)

3.投資家の最終的な損益
(1.から、販売手数料や信託財産留保額を
引いたもの)


を比較しています。

良記事です・・。


資産運用を行う私たちが
不確かな損益を引き受ける中で、
いかに『コスト部分』の影響が大きいかを
田村さんは喝破しています。

田村さんはこれまで、
投資家の目線に立って、
資産運用にとって何が大切なのか?」を、
真摯に追い続けてこられました。

そこには、
日経新聞にありがちな、

企業(金融機関)に気を遣いながらの
「なあなあの、総花的なコンテンツ」は
ありません。


短期的なトレンドに基づいた
根拠なき楽観の記事もないですし、
華やかなリターンのみに注目した記事も
書かれていません。

どこに「視座」を置くかという点で
唯一無二のポジションを獲得されているのです。
(その『姿勢』は今もまったく変わっていません!)


田村さんは自身の記事を通じて、
自分自身でコントロールできる
コストの部分を知らしめ、

長期投資 = 資産形成という概念を
伝えようとされているのでしょう・・。

Challenge-1024x584.jpg


上記2006年の記事内では、

どうして1990年代に、
投資信託のけいぞくコスト
「信託報酬」が大きく上昇したのか
という点について、

投信会社幹部のコメントとして、

外国投信会社(運用会社)が
日本に入った際、
販売会社に売ってもらうため
信託報酬を高めに設定、
それが全体の水準を引き上げた。


と記しています。

これ、事実です。】


田村さんの記事を読んでいると、
こんなことを思います。

世の中の『流れ』は
実にゆっくりと形成されるもの。

しかし、
その流れを作っているのは、
頑固なまでの人の『意思』であるのだと。


昨今の、
超低コストのインデックスファンドの
隆盛も、
10年以上前からの【流れ】が
辿り着いた結果ではないでしょうか・・。

そのインデックスファンドも、

今から46年前、
1971年に、
小さな産声を挙げたことが、
以下のコラムで分かりますよ。

SMTインデックスシリーズ コラム Vol.15
インデックス運用の歴史


インデックスファンドの産声は
1971年、
サンフランシスコのウェルズ・ファーゴ銀行が
年金向けとして立ち上げた、
『株式インデックスファンド』にまで遡ります。

(その年金というのが、
カバンで有名な
サムソナイトという会社の企業年金用だったのです)

似顔絵




| 投資信託をディープに理解する | 15:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT