FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インデックス・ファンドがオリンパスに対して損害賠償請求訴訟を起こしていた?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

仮にわたしが
「ローソン」の株式を持っていれば、
議決権』が付与されます。

でも、
「トピックス日本株式インデックスファンド」を
持っていても、

わたし(ファンド保有者)には
ローソンの『議決権』は与えられません。
(まあ、それはそうでしょう。)


投資信託って
たくさんの株式を保有しますが、

それらの株式の『議決権』って、
ファンドの運用会社が
行使することになります。


たとえば
さわかみファンドを運用する
さわかみ投信」では、

サイト上で
個別の議決権行使の結果』を
公表しています。

(これは↑分かりやすい!)


conversation_trimmed.jpg


投資信託の運用会社は
それぞれ個性があり、

議決権の行使のしかたにも
「主義主張」があって当然だと思います。

また、ファンドの規模
(マザーファンドベースでの大きさ)が
大きくなると、

かなりの『議決権』を有することになり、
その投票行動そのもの
個々の企業のあり様、

ひいては社会全体に
影響を及ぼすことになります。


でも、です。

投資信託そのものが、
保有する株式(企業)に対して
損害賠償請求訴訟を起こすことなんて、


まあ、ないような・・。

いいえ、あります!


実際、
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」(以下、三井住友日本株イ・ファンドと記します)は、そのマザーファンドを通じて、

オリンパスに対して
損害賠償請求訴訟を起こしています。

それっていつ?


2014年にです。

そもそもなんで?


TOPIX配当込みとの連動を目指す同ファンドは
当然「オリンパス」を組み入れていますが、

同社は2011年に
巨額の損失隠しが発覚し、
株価が大きく下落・・。


当該ファンドが損害を蒙ったため、
その回復を目的とした訴訟なのです。


そう、
モノ言うインデックス・ファンド!



『インデックス・ファンドなんて、
市場全体を漫然と保有するだけだ。』

という批判がありますが、

アクティブに
意思表示を行う
インデックス・ファンドもあるのですね。


baton-300x199_201504022101371e6_20160509124839f88.jpg


さて、
2014年に起こしていた
損害賠償請求訴訟が

去年(2018年)ようやく
『和解』に至ったことが、

「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」の【第7期運用報告書】(全体版)を見ると分かります。


損害賠償


注目は以下の部分。

本訴訟でかかった費用10,056,959円と
和解金192,946,492円は
2018年9月4日に
当該マザーファンドに計上しております。



訴訟には当然「お金」がかかります。

そしてその費用を負担するのは?


(当然)ファンド保有者になります。

今回は和解金が入ったため、
(金銭的には)プラスになっているわけです。


とよぴ~さんの以下記事に詳しいのですが、
主要インデックスファンドの成績 2018年7月~9月

「三井住友日本株イ・ファンド」では、
2018年9月4日に

ベンチマークから
上方にかい離があったことが、

複数のブロガーによって確認されています。

ん??

でも(そもそも)
インデックス・ファンドの運用目的は?


ベンチマークとの連動を目指すことです。


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452_20160622161051993.jpg


であれば
当ファンドを保有する投資家にとっては、

ベンチマーク(指数)との『かい離』は
ほんらい望むところではありません。


(実は)当該ファンドがスゴイのは、

決算期末において、
(途中の上方かい離が修正され)
ほぼ、ベンチマーク(TOPIX配当込み)との
連動が維持された点であります。



ベンチマーク

第7期運用報告書】(全体版)より。


つまり、
大量の株式を保有する「株主」として
しっかりモノ申すいっぽう、

インデックス・ファンドとしての役割も
忠実に果たしたわけです。

(ココ、評価してあげるべきでは。)


(※ もちろん、
仮に敗訴していた場合には
費用が持ち出し(マイナス)になり、
ベンチマークに対して下方にかい離する
リスクも併せ持っていたわけですが・・)


私たち投資家は
『インデックス・ファンド』を選ぶ際に、

・ベンチマークとの連動性
・運用管理費用
・運用管理費用を含めたトータルコスト

・マザーファンドベースでの純資産額
・運用経過年数

・税制優遇口座併用の可否
・販売会社の数
・運用会社そのもののガバナンス など、


さまざまな『物差し』を
比較検討するわけですが、

数多の企業の「株主」として
積極的にモノ申すインデックス・ファンドと、
そうでないインデックス・ファンドという

評価軸』も、
加えてあげてよいのではないでしょうか?


【追記】

ちなみに2017年、
「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」はそのマザーファンドを通じて、

東芝に対して損害賠償請求訴訟を起こしています。
(リリースはこちら



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 < 2月24日()は【ファンド特化コース】
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄

iDeCo、つみたてNISAにも
投資信託の【正しい知識】は必須!

〇 ファンド特化コースって?

当コースでは丸1日かけて
「投資信託の用語」「ファンドの数字の見方」
「運用レポート」「運用報告書」の読み方を学びます。


 2月24日()東京・大井町「きゅりあん」
 【ファンド特化コース】の詳細はコチラ! 

あ




| 投資信託をディープに理解する | 15:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★★★★★(星5つ)、これって買うべき?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

個別相談
モーニングスターの『格付け』
スターレーティング)について
質問を受けることがあります。

中には
星の数が多いファンド群を印刷して、
わざわざお持ちになる人もおられます。

星の数による『評価』は
分かりやすいですね。



わたしも、
(定休日の火曜日に)
映画を観に行くときは

★★★★★
★★★

気にしていますw

映画だけではありません。

食べログで
イタリアンレストランを
検索するときも、

アマゾンで書評を見るときも、
もう、
頭の中に

『星の数・評価』のしくみが
インプットされています(^^;



じゃあ、
投資信託でも


Morningstar-Recognition-2.png


を見て、

これから購入すべき
投資信託を決めてもよいのか・・?

いいえ、
わたしはお勧めしません。



投資信託という商品は
映画や、レストランや、書籍とは
本質的に異なります。

過去の「中身」(= 成績)が
当てにならないためです。



映画「エクソシスト」は
あなたが土曜日に観ても、
わたしが火曜日に観ても、

はじめから終わりまで
「中身」は同じですね。


「イタリアンバル Figao」に行って食べる
ワタリガニのパスタの味は
(いつ行っても)同じのはず・・。

水瀬ケンイチさんのベストセラー
『お金は寝かせて増やしなさい』の中身も
1ページ目からラストまで
まったく同じです。


でも、
投資信託は違います。

同じ効用(効き目)が
いつも・期待できるわけでは・ないのです。


運用業界では
こういう言い方をします。

そのファンドの『過去の成績』は、
未来の『パフォーマンス』を
保証するものではありません。



もっと平たく言うと?

『過去の実績』と
『未来の成績』はまったく別物なのです。


星の数による
ファンドの『格付け』は
ファンドの
過去の成績への【評価】に過ぎません。


モーニングスターのレーティングをもとに
投資信託を選ぶのは避けたほうが無難でしょう。

▼ こちらの記事もご参考に!
WSJの記事『モーニングスターの幻、投信格付けの真実』

あ




| 投資信託をディープに理解する | 12:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そのファンド、銘柄を売り買いし過ぎていませんか?(『売買高比率』の意味を読み解く)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ファンド保有者にとって
「長期投資」に徹することは
そんなに簡単なことではありません。

自分は400メートル走ではなく、
40キロのマラソンを走り続けるんだと
自分に言い聞かせる必要があるのです。


sports_marathon_kyuusui.png


ただ、
いくらファンド保有者が
長期保有を実践しても、

ファンドそのものが
銘柄を頻繁に売買していたらどうでしょう?


同じ舟には乗っているけれど、

運用会社(ファンド)と
投資家(ファンド保有者)は
まるで『違う景色』を見ていることになります。


「でも、カンさん。
投資信託が組み入れ銘柄を
どの程度売り買いしているのかって、
どうやって知るのですか?」


はい、それは
「運用報告書(全体板)」
見れば分かります。

具体例を挙げてみましょう。

『三菱UFJ日本株アクティブ・ファンド』(愛称:凄腕)の
運用報告書(全体版)
(第18期 決算日:2018年10月30日)

ここに、
売買高比率』という言葉が出てきます。

「何ですかそれは?」

「売買高比率」って、

ファンドの決算期中において
そのファンドが純資産総額に対して、
どのくらいの規模で
銘柄を売り買いしたかを示す物差しのこと。

(※ 株式ファンドである前提。
ちなみに上記ファンドは年に1回の決算です)




business_crowdfunding.png


より細かく言いますと、

(期中の)平均の純資産額に対して、
株式の売買金額
どの程度であったかを示しています。

「あのぉー、株式売買金額って?」


たとえばファンドが
トヨタ株を1億円分売ったとします。

そのお金で、
日産自動車の株を1億円分買いました。
これで株式売買金額は「2億円」になります。


たとえばですが、

期中における
ファンドの平均純資産額が100億円で、
株式売買金額が200億円であったとすると、

この投資信託(株式ファンド)は
ファンド内で
保有する銘柄をすべて入れ替える(売って→買う)
くらいの売買を行ったことになります。


(※ 平均純資産額は正確には
「期中の平均組入株式時価総額」を指します)



ココ、伝わっていますか?


これで
売買高比率「2.0」になるのです。


株式売買金額 ÷ 平均純資産額



(※ 平均純資産額は
正確には「期中の平均組入株式時価総額」を指します)


で、
さっきの運用報告書に戻りますが、

三菱UFJ日本株アクティブ・ファンドの
『売買高比率』は?


三菱

2.94 でした。

ワオッ!

「1年間で
保有する銘柄を総入れ替えして、
なおも売り買いしているイメージなのですね」


はい、その通り。

インデックスファンドに比べて、
アクティブファンドの『売買高比率』が
高めになるのはご理解いただけると思いますが、

すべてのアクティブファンドが
頻繁に銘柄を売り買いするわけではありません。


たとえば、
「さわかみファンド」

運用報告書(全体版)
(第19期 決算日:2018年8月23日) をご覧いただくと・・。


さわかみ


『売買高比率』は?

0.08 でした。

ワオッ!

(※ 当該ファンドも年1回の決算です)

銘柄の売買をできるだけせずに、
バイ・アンド・ホールド(長期保有)を
心がけるアクティブファンドもあるわけです。


あなたは、
ファンドが保有銘柄を
頻繁に売り買いするほど、
ファンドのリターンは高まると思いますか?


わたしはそうは思いません。

運用会社(ファンド)は、

銘柄の売買時に生じる
「売買委託手数料」を
自分では負担していません。


無題

コストを負担するのはいつでも
ファンド保有者なのです。



このため、
銘柄を売るべきか?
買うべきか?の『判断』が

緩くなるということが
起こり得るのではないでしょうか?

私たち消費者は、
運用報告書の「売買高比率」を
チェックすることで、

ファンドが銘柄を売買し過ぎていなか
監視する必要があるのです・・。



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 < 2月24日()は【ファンド特化コース】
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄

iDeCo、つみたてNISAにも
投資信託の【正しい知識】は必須!

〇 ファンド特化コースって?

当コースでは丸1日かけて
「投資信託の用語」「ファンドの数字の見方」
「運用レポート」「運用報告書」の読み方を学びます。


 2月24日()東京・大井町「きゅりあん」
 【ファンド特化コース】の詳細はコチラ! 

あ



| 投資信託をディープに理解する | 12:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モーニングスターの『ネット証券・販売ランキング』を見て感じたこと・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今、どんなモノが売れているか?」は
常に「世相」を反映するものです。

基本、ネット証券のユーザーは

「自分の考えで、自分で決めて買う人」


ですから、

販売ランキングを見れば、
消費者の胸の内が
透けて見えてくるはずです・・。


以下、
『モーニングスター』の投資信託
ネット証券・銀行 販売ランキング」から
抜粋させていただきます。

(2018年12月度。
4つのネット証券、1位から6位までを抜粋)

まずは『SBI証券』


SBI.jpg


ニッセイアセットマネジメントが強いですね。
(1位と4位にランクイン)

今後は「eMAXIS Slim先進国株式」が
どのくらい順位を上げてくるかに注目。


続いて『楽天証券』


楽天


楽天・全米株式インデックス・ファンドが
第2位になっていますね。


ちなみに、
4大ネット証券の【口座開設数】って
今どうなっているのでしょう?


2018年3月末現在、

SBI証券
4,261,410口座(シェア 38.32%)

楽天証券
2,610,549口座(シェア 23.47%)

マネックス証券
1,514,702口座(シェア 13.62%)

カブドットコム証券
1,087,327口座(シェア 9.78%)


となっています。
(サイト「ネット証券比較」より)


SBI証券は変わらず強いです。

ただ、
年度別の『口座増加数』で見ると、
楽天証券も負けじと頑張っています。

翻って、
マネックス、カブドットコムは、
年度別の『口座増加数』が
「万人単位」であり、

SBI証券、楽天証券とは
一桁違っています。


実質ネット証券は、
SBI証券、楽天証券の『2強』に
なっていると云えるでしょう。


ゆえに上記2社の
『販売ランキング』の影響度が大きいのです。


続いて『マネックス証券』です。


マネックス

「マネックス・日本成長株ファンド」
が6位にランクインしています。


次に『カブドットコム証券』


カブコム

特徴的なのは4位に
「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」
が入っていること。


ところで、
上記ネット証券『販売ランキング』に
共通しているのは?


1.インデックスファンドが
ランクイン。


10年前の「販売ランキング」であれば、
ランクインは(せいぜい)
日経225のインデックスファンドくらいだったのでは。

投信の販売現場で
着実に「インデックスファンド」が
シェアを伸ばしていることが分かります。


2.ひふみプラスの存在感


ここ数年、投資信託の販売で
大きな影響力を誇ってきたのが
「ひふみプラス」です。

たとえば、
ある地銀では、

取扱いファンドの中で
「ひふみプラス」の販売額が
50%以上を占めるなどの現象が起こっています。

これは翻って見ると、
投信の販売を
「ひふみプラス」に頼っているとも言え、
懸念すべき点だと思います。


anxious-man-biting-nails-worried.jpg


私見ですが、
ひふみ投信の運用会社である
「レオス・キャピタルワークス」の、

東証マザーズへの突然の上場延期は
たいへん気になります。

(直前の上場延期というのは
きわめて異例であるため・・)



そして最後の共通項は?

3.日本株4.3倍型のブルファンドが
入っていること。


たとえば、
「楽天 日本株4.3倍ブル」というファンドは、

日経平均株価の
1日あたりの変動率に対して、

おおむね×4.3倍程度になるよう
設計された投資信託のことです。

月次レポートを見ると、
当該ファンドは
428.3%「日経225先物」に
投資していることが分かります。



baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg


⇒ ここで多くの人が陥る、
ブル型ファンドの勘違いを!

たとえば1年間で、
日経平均株価がプラス50%になったら、

『当該ファンド(4.3倍ブル)は、
+50% × 4.3倍程度のリターンになる。』


と思っている人、

それ、間違いですよ。


先ほど、
日経平均株価の
1日あたりの変動率に対して、

と述べた通り、

この種の『ブル型・ベア型ファンド』は、
長く持てば持つほど、
計算上の想定リターンから
どんどんかい離していきます。


もっとも
かい離が大きなパターンが、
以下の
市場そのものがアップダウンを繰り返す例。


レバレッジ

「楽天 日本株4.3倍ブル」
交付目論見書より。

上図では、
株価市場そのものは
その値が変わっていませんが、

ブル型ファンドは基準価格が
大きく下がっていることが分かります。

(たった10日でです!)


この種の投資信託は、
その印象と
商品の実態が
大きくかい離しているのです。


投資信託を選ぶ程度の
リスク選好者には、
とうていお勧めできる商品ではありません。


百歩譲って利用するにしても、

2~5営業日内で
さっさと解約してしまうべき、
超短期・トレード専用】の商品なのです。

(少なくとも4.3倍のようなブル型ファンドは、
公募投信として認可されるべきではないでしょう・・)



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 < 2月24日()は【ファンド特化コース】
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄

iDeCo、つみたてNISAにも
投資信託の【正しい知識】は必須!

〇 ファンド特化コースって?

当コースでは1日かけて
「投資信託の用語」「ファンドの数字の見方」
「運用レポート」「運用報告書」の読み方を学びます。


 2月24日()東京・大井町「きゅりあん」
 ファンド特化コースの詳細はコチラ! 

あ




| 投資信託をディープに理解する | 15:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託とは『生涯商品』のこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ヒトとお金の関係って
まだまだ「発展途上」です。

文明の利器を手に入れ
技術革新を繰り返した結果、

ふつうの庶民が
お金を「貯められる」ようになったのは、
せいぜいこの200年くらいのこと・・。


その後、
一部の人はより豊かになり、
お金を「殖やす」ことを覚えます。

初期の「殖やす」は
ひたすらに利己的で、
がむしゃらであり、
短期の時間軸に限られたものでした。

(まさしくギラギラ系・・)



peti-harta.jpg


第2次大戦が終わり
20世紀の後半になってようやく、
一部の国では

生活者が自ら
お金を「育て、増やす」という
【新たな習慣】を
身に付けるようになりました。


(先進国を中心に、
生活レベルが大きく向上したためです)


この、
生活者が自ら
お金を「育て、増やす」行為は、

初期の頃の
本能的な欲が
にじみ出るような「殖やす」とは、
ニュアンスが違っています。


生活者が自ら
お金を「育て、増やす」のはなぜでしょう?


社会的状況に鑑み、
やがてくる未来を想像すると、

それ(育て、増やす)が必要であると
感じるようになったためですね。

(ですので、
どこか淡々としています・・)



このような『潜在ニーズ』を背負って
20世紀後半から広まり始めたのが、
投資信託』という道具なのです。

投資信託って
とっても【新しい部類の商品】!


そして、
この商品は(実に)ユニークです。

〇 購入の対象者は
0歳から、
死ぬ直前の人まで・・。

〇 100円だけ買っても、
1億円分買ってもOKです。

〇 また、珍しいことに
購入者本人が死去したあとも、
その商品の中身をそのまま
次世代に引き継ぐことが可能です。


1434454545-3867.jpg


ただ、残念なことがひとつ。

2019年になっても、
『投資信託』という商品の本質を
まだまだ分かっていない人が多いのです。

商品の売り手(販売会社)自体が、
(ギラギラと)
お金を「殖やす」ためのツールです!
と未だに連呼しています。


投資信託とはシンプルに、
ふつうの生活者の
『老後の不安』を解消するための
ツールなのですから、

商品の作り手(運用会社)も、

~私たちは、生涯商品を作っています。~


とアピールすべきなのに、
それが出来ていません。


人の生涯を縁の下で支える
インフラ商品なのですから、

『派手さ』や
『コストの安さ』を
全面に出すのではなく、

80年間、
愛され続けている甘納豆みたいに、

 「わたしの親父も
この商品が当時あったなら、
きっと買っていたことでしょう。

自分の子どもにも
(もちろん)ずっと保有させたい。
そんな商品なのです!」


と言える度量が欲しいところ・・。


baton-300x199_201504022101371e6_20160509124839f88.jpg


もちろん、
私たち消費者の側も

いいかげん、
初期の頃のギラギラした
「お金を殖やす」マインドから、
サヨナラしないといけません。

あなたが今、
保有しているそのファンド。

これから40年、50年、80年と
存続していくイメージが持てますか?


(わたしは正直、まだ持てていません。)

『生涯商品』であるはずの投資信託ですが、
まだまだ発展途上のプロダクトなのです・・。


465-125.jpg

 ○ 3月17日()in 長野 ← 初めて。
 ○ 3月21日()in 東京
 ○ 3月23日()in 名古屋
 ○ 3月24日()in 大阪



| 投資信託をディープに理解する | 15:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

げんきシニアライフ・オープンの信託報酬って、平均より安いの?


こんにちは。カン・チュンドです。

モーニングスター
三井住友・げんきシニアライフ・オープン」の
スナップショットより。


信託報酬 平均より安い

平均より安いって言われても・・。

【平均】がどれだけ高いんだっていうことですね。

あ




| 投資信託をディープに理解する | 18:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT