FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長期・分散って、資産運用の『原始の姿』なのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

その昔、ヨーロッパの貴族は
「文化」を生み出しました。

たとえば
「お抱え画家」を雇って、
絵を描くことに専念させたのです。

また貴族は
資産運用会社」も生み出しました。

自分たちの巨万の富(資産)の管理を、
専業の者に任せたのです。

そう、これが実質的な
資産運用の始まりです。


真のお金持ちの気持ちは
(真のお金持ちになってみないと
分かりませんが、笑)

おそらく
お金を増やすことより、

いかに資産の価値を
(長期的に)減らさないようにするか・・。


ココに力点が置かれていたはずです。

運用会社のルーツは↑このように、
スタート地点から『長期のマインド』で
醸成されていたのです。

※ おそらく
次の、次の「世代」のことまで考えて
資産管理していたのでしょう。


1200px-Louis14-Family.jpg


また、戦争に明け暮れた
昔のヨーロッパのことです。

国が滅びて併合されたり、
(当然国の名が変わります)

言語が変わり、
宗教が変わり、
ときに王侯貴族は暗殺され、

通貨の呼び名、種類が変わり、
信じられない物価高が起こったり、
飢饉が発生したり、

名前も住む場所も
度々変えていかざるを得ない・・。


戦争


そのような可能性がある中で、

「あらゆる状況を想定しないと!」


という気持ちが、

【リスク分散】という
運用における技(わざ)を、
醸成させていったのではないでしょうか。


運用会社のルーツは↑このように、
スタート地点から『リスクに備える』を
意識していたのです。


つまり?

つまり
長期・分散の「こころ」って、
実は
資産運用業の【原始の姿】なのです。



お金を増やす、
資産を守るという行いが、

何百年もかかって
「ふつうの市民」にまで
下りてくると、

投資信託という道具が
登場することになります。


「えっ、日本ですか?」

残念ながら日本では、
見える景色が大きく違っています。

日本では1940年に
投資信託の歴史が始まります。

藤野英人さんの書籍
ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義】に
詳しいですが、

日本における投資信託は、

「こういう道具が生まれて欲しいな」


という需要者の声ではなく、
(実は)国策によって作られたのです。


戦前の投資信託は、
国家が
投資資金をまとめて管理し、

また、軍需などの重点産業に
お金を回りやすくするための
『道具』でありました。

そして戦後は、
財閥の解体、財産税の徴収によって
大量の株式が市場に吐き出されたため、

これを吸収する目的で
「証券投資信託」として整備されたのです。

 
gctv-mistakes.jpg
    (悲し・・)


歴史時間という長いタームテーブルで
思考すれば、

日本の資産運用ビジネスを変えるカギは、
「官製」を打破して
「需要者(民間)」の声に
真摯に耳を傾けることでしょう。


忘れずに!
資産運用業のスタートは
【長期・分散】であったのですよ。

あ




| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 18:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

若者の新たな価値観。FIRE(経済的自立とアーリーリタイア)を読み解く その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日は昨日の記事の続きですよ。

38歳のシルビア・ホールさんは
手取り収入の7割を貯蓄に充て、
2年後の「アーリーリタイア」を目指しています。

B3-CG350_RETIRE_D_20181102104121.jpg

画像元)WSJ

わたしはシルビアさんの、
精神的充足を伴う
『自由』を目指す生き方に
敬意を表するひとりです。

(そしてその生き方は、尊重されるべきでしょう)

ただ、世の中のあり様を
マクロで見た場合、
少々「もったいないなあ・・」とも感じてしまうのです。


FIRE =
「経済的自立」と「アーリーリタイア」

目指す人の典型像を

ウォール・ストリート・ジャーナルの
記事は次のように記しています。

以下、引用)

FIREの支持者は
ミレニアル世代のほか、

ジェネレーションXのうち
比較的若い世代が中心だ。

彼らは大卒で、
平均以上の収入があり、
退職に向けて独自の取り組みを
行う規律を身につけている。

引用、終わり)



シルビアさんが
まさに上記に当てはまります。
(彼女は弁護士です)

彼女は2年後に
200万ドル貯めることを
【目標】にしていますから、

もうすでに、
その数字とかけ離れていない『資産』を
持たれているわけです。


しかし、
社会全体で見ますと

シルビアさんのように
「プロフェッショナル」で
「稼ぐ力」がある人が、

ほんとうに2年後に
お仕事を辞めてしまうのは、
『大きな損失』と云えなくはないでしょうか。


shinkokyu_woman.png


昨日の記事でも紹介しましたが、

「経済的自立」「アーリーリタイア」と、
「インデックス投資」は
比較的親和性が高いです。



ここで、
なるたくさんが書かれた

【「FIRE」という経済的独立を獲得して早期リタイアする方法。】という記事をご紹介させてください。

この記事内では、
ピート・アデニーという人が登場します。

ピートさんは家を確保し、
60万ドルを貯めた時点(2005年)で
アーリーリタイアされたのだそう。

そのとき(ナント)30歳!


なるたくさんの記事によると
ピートさんは自身のブログで、

・バンガードのETFを活用

・毎年運用成績に応じて、
4%を切り崩す「4%ルール」で
生活費を捻出するという方法を
勧められています。



ir_mokuhyou_tassei_man.png

が、

(そもそも)インデックス投資って?


【世界経済のパイの拡大】から
果実を得ようとする行為です。


(そして)世界経済の拡大って?


みんなが(今より)もっとお金を使うこと、ですね。

そして、みんなにもっと
お金を使ってもらうために、

魅力的な財、商品、サービスを
創り出し、
提供し続けることでもあります。


つまり、

より大きな『消費』と
より大きな『生産』で
ぐるぐる回っていく経済。

その【伸びしろ】から
リターンを得ようとするのが
インデックス投資なのです・・。


あなたも、
わたしも、

そしてシルビアさんもピートさんも、
好む好まざるに関わらず、

そのような経済の
【主体者】のひとりではないでしょうか。



gf01a201502152000.jpg


もし仮に、
【FIRE】の支持者が
どんどん増えていき、

そのうちの少なくない人が
『インデックス投資』を実践するとしたら、

その行為は少々
【矛盾】をはらむことになるかもしれません。


〇 消費を極力抑えて、
〇 財、商品、サービスを創り出し、
それを提供すること(仕事)は、早く辞める。


(でも、アーリーリタイアを目指すって
そういうこと。)

と同時に、

〇 自身の資産については、
消費バンザイ、生産活動バンザイの
インデックス投資を続ける?



くり返しになりますが、
わたしは個人の生き方に
あれこれ口を出したいわけではありません。

シルビアさんに話を戻しますが、
彼女が2年後、

【アーリーリタイア】を
実現したあとに手にするのは、
一体どんな【自由】なのでしょうか?


ほんとうに自由になるとは
もしかすると、

茫漠とした荒野に
ひとり立つようなものなのでは。


わたしなど、
『仕事』という名目があってはじめて
社会と関わり、

人とつながり続けられると
思うタイプの人間なので、

アーリーリタイアを
考えたことがありません。


ちょっと
オジサン臭くなってしまいますが、

「束縛」「不自由」な部分があるからこそ、
【自由】って発見できるものでは・・?


アーリーリタイアを実現して、
その後
精神的に充足していくには
ある種の才能が必要になるとわたしは思います。


101279067-171766579_600x400.jpg


最後にもうひとつ。

シルビアさんが
アーリーリタイアを目指すのは、

彼女が【自分の仕事(キャリア)】を通じて

魅力的な財、商品、サービスを
創り出し、それを提供していると
実感できないことが、
一因なのではないでしょうか。


仕事を
「時間とエネルギーを売り渡し、
賃金を得る」為の手段と見なすと、

それは苦痛でしかありません。

仕事とは生産活動であり、
社会に価値を供するもの。


投資家であるなら、
株式や債券を評する前に、

もっと【自分の仕事】を
褒めてあげる必要があるのではないでしょうか。

若者の新たな価値観。FIRE(経済的自立とアーリーリタイア)を読み解く その1)

あ




| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 13:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

若者の新たな価値観。FIRE(経済的自立とアーリーリタイア)を読み解く


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いきなりですが、
以下に当てはまる人って
どれくらいおられるでしょうか?

〇 1980年代生まれの人
〇 専門職で仕事をしている人

〇 アーリーリタイアを(かなり現実的に)
望んでおり、そのための準備もしている人



ウォール・ストリート・ジャーナルの記事
貯蓄と倹約が最優先:40歳引退を狙う米国の若者」を
お読みいただくと、

実際、上記に当てはまる
シルビア・ホールさん(38)が登場します。

シルビアさんは超倹約志向。

税引き後の所得の
およそ7割を「貯蓄」に回しています。


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg


シルビアさんの通勤は
(もちろん)徒歩です。

ときに
廃棄寸前の茶色くなったバナナを
探したりもします。

(でもシルビアさんは弁護士なのです)


シルビアさんの目標は40歳までに
200万ドル(約2億2000万円)を貯め、
「アーリーリタイア」すること。


(その後の計画も、具体的に考えておられます)

ところで、
上記記事内では
FIREという言葉が出てきます。

これは、
Financial Independence, Retire Early
の頭文字であり、

文字通り、

FIRE =
「経済的自立」と「アーリーリタイア」を
指しています。



dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


日本で
インデックス投資を実践している人の中にも、

経済的自立とアーリーリタイアを
目指している人は、
決して少なくありません。


アメリカでは
このFIREの熱狂的支持者が
全米各地で集会を開いているそうです。

以下、引用)

最近マンハッタンで開かれた会合には
30人近くが集まった。

参加者の大半は20代ないし30代の男性で、
ビールを飲みポテトチップスを食べながら、

税金、インデックスファンド、
不動産投資などについて語り合った。

引用、終わり)



若い世代の間で、
このような傾向が顕著なのは
一体なぜなのでしょう?

おそらく、
若い人ほど
より遠くの【未来】を見ているからでは。



WSJの記事では、
「Your Money or Your Life」の共著者
ビッキー・ロビン氏の言葉を引用しています。

「ミレニアル世代は
ルールが変わったことを理解している。

親たちが作り上げたシステムが
崩壊しつつあることを理解しているのだ」



たしかに、
若い世代が感じている
社会に対する【閉塞感】
半端なものではないでしょう。

特に日本では、

既存の制度の
「わりの良いところ」を
上の世代が独占し、
逃げ切りを図っています。

若い人たちは、

自分たちにその「果実」は
回って来ないと
本能的に嗅ぎ取っているのでしょう。



ただ、わたしにはひとつ
疑問】に思うことがあります。

仮にシルビアさんが2年後に
アーリーリタイアを実現させ、

(記事内に書かれているように)

Airbnb(エアビーアンドビー)を使って
世界旅行に出向いたりして過ごしている
その【空間】とは、

今、シルビアさんが
働き、暮らしている【空間】とは、

まったく『別の世界』なのでしょうか?


B3-CG350_RETIRE_D_20181102104121.jpg

画像元)WSJ

もしかすると、
今、現に暮らしているのは
「ほんとうのシルビアさん」ではなく、

アーリーリタイアしたあとの彼女が
ほんとうのシルビアさん」になるのでしょうか?

この辺りを次回の記事で
考察したいと思います。

若者の新たな価値観。FIRE(経済的自立とアーリーリタイア)を読み解く その2)

あ




| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 18:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お金って『原石』みたいなもの・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

お金って『原石』みたいなものです。

誰に触れられるかで、
化学反応の起こり方が違います。

利用のしかたによっては、
善にも悪にもなりますし・・。

そして、
どう磨かれるかで
柔らかくも硬くもなり、
人を不幸にしたり、
幸せにしたりもします。

カタチもけっこう変わるのです)


この『ふしぎな物体』に
興味を示さない人もいます。

そういう人にとってお金は
まさしく お金 = お金。であり、
単色の原石のままです・・。

具体例・・。

お金は『原石』のまま、
ただ右から左に
消費のために使われたりします。

あるいはお金は
『原石』のまま、
一見安全そうなところに
積み上げられたり(貯金)しています。


baton-300x199_201504022101371e6.jpg


そうかと思えば、

お金を大胆にも?
『コミュニケーション』の手段に
使う人もいます。


これってまさに、
お金に手を加えて
あなたの意思や考えを、
広く世間に広めようとする試みです。


なるほど・・、
考えてみますと「お金」って、

言語より、iPhoneより、
マスメディアより、
(ひょっとすると宗教より)
あなたの身体より、

普遍的な
コミュニケーションの手段
なのかもしれません。

(あらゆる階層の
あらゆる取引に、
お金は介在しますから・・。)


また、この『原石』を手に持って、
自分の将来のため、
身近な誰かのために、

あるいは、
まったく別の国の、
人や会社や団体のために、

すぐに見返りを求めず
気長に待ってるよ!という精神で、
エイヤーと
お金のカタチを
変えてしまう人もいます。




163861447.jpg


国家や言語や既存の組織と違って、

お金という『コミュニケーション手段』は、
あなたが出来る範囲で
あなたが思い描くように、
パーソナライズしやすいのです。


企業の買収も、
慈善事業への寄付も、
ソフトウエアの購入も

(お仕事のために)
新たな資格を取るという行為も、
外国株式インデックスファンドへの積立も、

お金に働きかけ、
その姿を果敢に変容させ、

時々のニーズに
フィットさせることで、
その価値を高めようとする行為ではないでしょうか。


そう、
それを
私たちは【投資】と呼んでいます。


たとえ月5,000円でも
お金に働きかけ、
そのあり様を変容させれば、

お金はもう、
『原石』ではなくなります。

あなたがカタチを変えさせた
その物体は、

ときに、
あなたが想像する以上に
波及効果を生みます。

『お金は生かしてなんぼ、』なのですね。

あ




| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 14:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金(ゴールド)が再び輝き始めるのはいつ?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ちょっと歴史のお勉強を。

今から約2000年前の帝政ローマ時代、
1トロイオンスの金(ゴールド)で
職務用の外套(コート)
仕立てることができたのだそう。

(時代は下って)
アメリカ南北戦争の頃、

同じように、
仕立ての外套(コート)は
1トロイオンスの金(ゴールド)で
十分購入できたそうです。

今日(2018年9月13日)
1オンスあたりの金価格は
1204ドルです。

1200ドルあれば、
なかなか良さそうな
外套(コート)が買えますよね。


img_6843c71309909249c110e4fd00d96b34218183.jpg


買えます。
フム、買える・・。

「でも、2000年前にも買えた?」


はい、そうです・・。

つまりは、
金(ゴールド)が
モノを買うチカラが、

この2000年間
あまり変わっていない、ということ。


そうすると、
金(ゴールド)の価値って、

超長期で
物価上昇率(インフレ率)程度
上昇はあったわけです。


では、
金(ゴールド)の輝きが
今より増していたのは
いったいどんな時でしょう?


んー、
それは、

〇 今より人々がずっと貧しく、
〇 貨幣制度への信頼がずっと低く、

〇 この世を生きるのが、
今よりずっと苦しかった時代。
ではないでしょうか?


ヨーロッパの中世でも、
平安、鎌倉時代でもよいのですが、

当時の世の中は身分制度で、
技術革新もあまり興っておらず、

人の上に立つ人
(貴族、王様、法王、将軍など)は
しばしば重税を課し、
意味のない戦争を繰り返し、

名もない民衆はそれらに翻弄され、
明日に大きな希望が
見い出せなかった時代・・。


こういうご時世には、

王様が変わろうが、
戦争が起ころうが、
天変地異が起ころうが、

国の名前が変わろうが、
貨幣が変わろうが、

どんなことがあっても
変わらぬ価値を持つ

金(ゴールド)は
貴重な財産であったはず。



gold_720-1-770x433.jpg


明日に希望を見い出せない、
(世の中の)
たいていのことは信用できない・・。

だから
金(ゴールド)が輝くわけです。


ココ、伝わっていますか?


19世紀以降、
産業革命の恩恵を受け、
多くの国で経済成長が加速し、

ヒトは(昔から見れば)
考えられないほど「豊か」になりました。

身分制、奴隷制が廃止され、
自由が認められ、
私有財産が認められ、

人が人として
まっとうな扱いを受け、
ある程度、明日に「希望」を
抱くことができるようになりました。

こういう時代になり、
金(ゴールド)の輝きが失せるのは
ごく自然なことではないでしょうか。



これからあなたが生きる
何十年という時間」が、

何百年かぶりに、
ガラリと違う世の中になり、

物事全般が不安定になって、
たいていのことが信用できなくなり、

国家や、金融システムや
貨幣制度への信頼がなくなって、

この世を生きるのが、
何かとタイヘンで
苦しくなりそうだ・・。


と思っておられるなら、
金(ゴールド)を持つべきでしょう。


gctv-mistakes.jpg


わたし自身は
これから何十年という時間を
『楽観』しているので、

つまりは、
世界経済は
もっと成長すると思っているので、
金(ゴールド)は買っていませんし、
これからも買うつもりはありません・・。

〇 こちらの記事もご参考に!
ビットコインの急騰で個人的に思うこと】(2017年11月)

あ




| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 16:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やりたいことがある人たちの「可能性」を買うのが投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

世の中には
これ!といってやりたいことはないけれど、
でもお金を持っている人がいます。

また、世の中には
やりたいことが沢山あるけれど、
お金が不足している人がいます。

元来、金融が担ってきた役割は、

AからBに
お金が流れやすいような
縁の下の「しくみ」を作ることです。



上の文章のポイントは、
「縁の下」の部分であり、

金融はほんらい、
主人公(AやB)ではなく、

舞台でいうところの、
装置や背景そのものなのです。


むかーし昔は、
口利きのような人がいて、

その人が、
AからBの橋渡しをしていて、

その人がどんどん大きくなり
地域の金融センター(信用組合の源?)に
なっていったのでしょう。


元来は、
A(貯蓄)と、B(融資)の
橋渡し役であったものが、

リスクマネーそのものの「仲介役」
「調整役」にもなり、

それが「投資銀行的」なものとして
発展していきます。


では、
投資信託っていったい何かというと、

たくさんのAと、
たくさんのBを結ぶ
「装置」そのものなのですね。



この装置の特徴は、

出し手のお金も、
そのお金が向かう先も
十分に「分散」されていること。


投資に
ミドルリスク・ミドルリターンの道を
切り拓いたのが投資信託の功績なのです。



そんな投資信託ですが、
わたしは(厳密には、)
投資信託というフクロの中に、

金・貴金属や、
原油や仮想通貨を
入れるべきでないと考えます。

なぜなら、
お金の行き先が、

B また、世の中には
やりたいことが沢山あるけれど、
お金が不足している人たちがいます。


に、つながらないためです。


baby_haakuhansya.png


金・貴金属、原油や仮想通貨は、
特定の「資産価格」そのものです。

それに対して、
株式や債券や不動産は(実は)

やりたいことがある人たち(会社)が、
やりたいことを実践するための
器(うつわ)」に過ぎません・・。


★ これらの器の価値が
上がるか下がるかは、

やりたいことがある人たち(会社)の
パフォーマンス次第なのです。


あなたが仮に
株式や債券や不動産の
投資信託を買ったとしても、

それは結局、
やりたいことがある人たちの
可能性」を買っているのであって、

資産そのものを
買っているわけではありません。

あくまで「」が主人公であり、
株式、債券などは
入れ物にすぎないのです。

これから先、
お金を持っている人が増え、
やりたいことがある人たちが増えていく限り、

金融のすそ野はどんどん大きくなっていくでしょう。

あ




| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 16:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT