FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「時価総額比率」に基づくインデックスファンドを「GDP比率」的に組み合わせる?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

水瀬ケンイチさんの記事
GDP比率と株式時価総額比率、今から投資するならどちらがよいのか』を読んで、

「なるほどなあ・・」と思いました。

そもそもGDPとは?
経済の規模、大きさ」を表す指標ですから、
株式市場の規模とは別の物差しであるわけです。

株式市場(取引所)
経済そのものというより、

資本(リスクマネー)のやり取りに特化した、
リスクテイカーたちの集まりです。



0c8a6b6127614a86969741e2fd5d7792.png


経済の中でも
先行指標的な役割を担っており、

人々の希望と落胆の発露で
ときにその数値が大きく振れます。
(GDPと比較すると顕著ですね。)

これは、
少しでも大きなリターンを求める市場参加者が、
各投資対象(株式)を
シビアなふるいに掛けるためです。


あなたが株式に投資する人なら、
時価総額比率」で
自身の運用を捉えるのが王道でしょう。

(おまけに今の株式時価総額比率には
浮動株調整が入っていますし。)

水瀬さんはこう言います。

私は新興国のみならずインデックスの浮動株調整は、
投資家を守るための措置だと考えています。


たしかに。。


取引所で売買できる、
裸(はだか)の株式しか私たちは認めないわよ!
(=浮動株のみが「正当」なんだわよ)

という、
リスクテイカー(市場参加者)たちの矜持が
聞こえてきませんか?


それに比してGDPは?

まあ、酸いも甘いも全部ひっくるめた
ザ・経済という感じの物差しなのです。



<以下、具体例>

仮にあなたが、
日本株式、先進国株式、新興国株式の
インデックスファンドを目の前にして、

GDP比率で「組み入れ比率」を決めれば、
それはまったく
「時価総額比率」から外れてしまうのでしょうか?


いいえ、そんなことはありません・・。

無題


そもそも、
組み合わせの材料である、

日本株式(TOPIX)先進国株式(MSCIコクサイ)、
新興国株式(MSCIエマージング)が「時価総額比率」ですから。

つまり、

あなたがGDP比率で
各投資対象を組み合わせたり、

あるいは、
世界経済インデックスファンドや、
SMT世界経済インデックス・オープンのような、

地域別(日本、先進国、新興国)のGDP比率に基づき、
各アセットクラスの比率を決定している
バランスファンドを保有しても、

その大元って?


つまり各投資対象そのものは・・?
基本「時価総額比率」なのです。



世界経

図表)世界経済インデックスファンド(目論見書より)



対岸から、冷めた目で振り返ってみましょう。

たとえば
国別のGDP比率を元に作られた

先進国株式、新興国株式の
インデックスファンドって見当たりません・・。

したがって、
日本株式(TOPIX)先進国株式(MSCIコクサイ)、
新興国株式(MSCIエマージング)を、

「時価総額比率」に基づき
組み合わせるあなたは、

〇 投資対象そのもの・・時価総額比率
〇 組み合わせ方・・  時価総額比率


なのです。


仮にあなたが、

日本株式(TOPIX)先進国株式(MSCIコクサイ)、
新興国株式(MSCIエマージング)を、

「GDP比率」に基づき組み合わせていれば、

〇 投資対象そのもの・・時価総額比率
〇 組み合わせ方・・  GDP比率


となります。


〇 投資対象そのもの・・時価総額比率
〇 組み合わせ方・・  時価総額比率


を選んだとしても、

組み合わせ【自作ポートフォリオ】の場合は、

「日本・先進国・新興国株式の
時価総額比率」の変化に追随しながら、
リ・バランスを行う必要があります。



だったら・・・
ということで、

「楽天・全世界株式・インデックスファンド」のような
投資信託が存在するわけです。

同ファンドは

「投資対象そのもの・・時価総額比率。」


というシンプルさに帰結しますね。

そこには自分でコントロールする部分を
いっさい放棄した、
ある種の「潔さ」があると思いませんか?

あ



| ポートフォリオ運用 | 20:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託を買い換える(お引っ越しの難しさについて)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

誰でも「違う服」を着るのは、
けっこう勇気がいるものです。

でも(いざ)
新しい服を着てしまうと、

服に合わせて
あなた自身の見映えも変わってくるもの。

同じことは
資産運用でも起こります。


あなたはメモ帳片手に
これまで保有してきた
投資信託の「問題点」を列挙します。

〇 Bファンドは投資対象がちょっと狭い
〇 Dファンド、Fファンド、Hファンドは
けいぞくコストがちょっと高い

〇 あれ?「投資対象」が同じファンドを
3本も持っているわ

〇 AファンドとEファンドで
一部「投資対象」が重なっているなど・・。



そこで、あなたは

「これまでの投資信託たち」から、
「これからの投資信託たち」に
お引っ越し】をし、
(すなわち『買い換え』をし)

「新たな運用の体制」を
目指すことにしたのです。


investment.jpg


ところが・・、

あなたはこの機に及んで
身動きが取れなくなります。

「あーあ、わたしは今持っている
債券ファンドや株式ファンドを
いったん売らないといけないんだ・・

そう考えると、
なかなか重い腰が上がりません。


それに今は、
米中の貿易摩擦、そして
次世代のハイテク覇権の争いで、

株式市場はこの先、
どんな反応を示してくるか読み切れません。
(大きく下がって来るかもしれません・・)

〇 果たしてこんなときに
【引っ越し】をしてもいいのか?

〇 もうちょっと待ったほうがいいのでは?

〇(そもそも)
どんなふうに引っ越しをすればいいの?

〇(そもそも)
「これまでの投資信託たち」を
ホントに全部売っちゃっていいの?


これって、誰もが思い悩む『問題』でしょう。


まず、申し上げたいのですが、

現時点での「ベスト」と思われる形に、
自分の資産運用を進化させようとしている
あなたの姿勢がまず、素晴らしいです!

bravo.png

(向上心を持っておられる証拠!)


で、
わたしなら、以下のようにアドバイスいたします。

仮に、

〇 従前に背負っていた「リスクの量」と
新たに背負うことになる「リスクの量」が
それほど変わらず、

〇 この先、資金を入れていく年月が
15~20年以上あるのなら、


「これまでの投資信託たち」から、
「これからの投資信託たち」に
きれいに【お引っ越し】をすることに賛成であり、

今、
エイヤー!といっぺんに
「売って」 ⇒「買って」の
【お引っ越し】をしてしまって問題ありません・・。



仮にあなたが
複数のインデックスファンドを組み合わせて、

「これからの投資信託たち」で
ポートフォリオを作るなら、

「eMAXIS Slim シリーズ」(三菱UFJ国際投信)
「購入・換金手数料なしシリーズ」(ニッセイアセットマネジメント)の中から選ばれれば問題ないでしょう。


あなたがやることは、
ファンドを「売る」ことではなく、

あくまで、
「売って」⇒「新たに買って」という、
【お引っ越し作業】です。

引っ越し後も、リスクを負って
資産運用を続けることに
なんら変わりはないわけです。

(ただ、間違っても、
「売って」と
「新たに買って」の間に
『タイムラグ』を空けたりしないよう・・)


尾瀬


市場(マーケット)の動向が
気になるのは重々分かりますが、

市場が、
あなたのために
存在すると思ってはいけません。


幸か不幸か、
マーケットのほうは
まったく『あなた』のことを、気にしてはいないのです。


あなたが、
「これまでの投資信託たち」を
保有し続けようと、

6月の第一週に
「これからの投資信託たち」に
きれいに【お引っ越し】をしようと、

市場(マーケット)そのものの動き方に
1ミリの違いも生じません・・。


ですから、
あなたはあなたの都合で、

ファンドの買い換えをしたり
新たに資金を入れたり、
ファンドを一部解約したりして良いわけです。

先は長いですから、
現時点で「ベスト」と思われる
運用体制に移行しようとする
あなたの選択は正しいのです。

あ

| ポートフォリオ運用 | 17:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

資産のシンプル化は、『一様』ではなく『多様』なのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

このブログを読んでいただいている人の中には、

「(仮に)この人に相談したら、
もう身ぐるみ(資産)すべて
インデックスファンドにされそうで怖い!」


と感じている人が
(もしかすると)いるかもしれません。


・・ダイジョウブですよ。

わたしは
インデックス投資の原理主義者ではありません。

(どちらかというと)
シンプル投資の信奉者です(^^;


お部屋のお片付けもそうですが、
本当に必要なモノだけに囲まれていると、
気持ちがスウーッと落ち着くじゃないですか。

あの感覚を
『資産管理』でも実践してみませんか?
というアプローチなのです。


ですから、
近藤麻理恵さんの
「人生がときめく片づけ・・」ではないですが、

自分の資産の中で
ときめく』部分があってもよいと思うのです。


joy.jpg


(以下「コンサルティング専科」内で
よくあるケースなのですが・・。)

インデックスファンドにプラスして、
〇 株主優待の「株式」を持つ。


これはけっこう多いですね。
電鉄株、衣食関係。あと、航空会社も。

実利がありますから、
こういう「株式」は
割合が高くなってしまわない限り
持っていてよいと思います。


〇 自社株(持ち株会)


ご相談の中では、

「カンさん、持ち株会に入っていないと、
社内での立場が微妙になっちゃうんです・・」


という人もおられます。

この場合、月数千円でも
自社株を積み立てし続けることが
けっこう重要らしい。

(ただし、今まで積み上がった株数については
極力「売却」をお勧めしていますが・・)


〇 アクティブファンド


自身が「ときめく」「共感できる」
アクティブファンドをお持ちの人もいるでしょう。

こちらも
トータルの運用資産内でのバランスが重要。

たとえば、

日本株式  10%
先進国株式 70%
新興国株式 20%


という資産配分を目指す人がいるとしましょう。


「アクティブファンド」も併せて
ぜひ持ち続けたい、ということで、
実際に、

日本株式          10%
先進国株式(インデックス)50%
 〃      (アクティブ) 20%

新興国株式(インデックス)15%
 〃      (アクティブ)  5%


という
資産構成(ポートフォリオ)になったお客様が
当オフィスでもおられます。


pie-chart.png


〇 金(ゴールド)


ゴールドに「ときめく」人は
特に女性に多いですね。

ただし、ゴールドとは、
「物事が
うまく行かなかった場合の保険」
ですから、


こちらも、
【トータル資産の中でのバランス】が重要だと思います。


ゴールドの専門家の豊島逸夫さんも、
金の保有割合は
資産の10%でよいとおっしゃっていますよ。

ともかく、
資産のシンプル化と云っても、
その中身は
『一様』ではなく『多様』なのです。

(一人ひとりの「想い」が多様ですから・・(^^;

あ




| ポートフォリオ運用 | 13:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノーベル賞の賞金って、ノーベル財団の運用次第なの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ノーベルさんは
爆薬や兵器を元に富を築いた人であり、
後世、自分がどう評価されるのか
とても気になっていたのでしょう。

アルフレッド・ノーベル(1833~1896年)の
遺言には、次の一節があります。

「私のすべての換金可能な財は、
次の方法で処理されなくてはならない。

私の遺言執行者が
安全な有価証券に投資し
継続される基金を設立し、

その毎年の利子について、
前年に人類のために最大たる貢献をした人々に
分配されるものとする。」

ウィキペディアより。



そう、
これが
【ノーベル賞】の興りですね。

ここでちょっと、
あなたが『資産管理者』になったつもりで
考えてみましょう。

⇒ ノーベル賞が
毎年変わらぬ『賞金』を出し続け、
しかも基金が存続するためには?

そう、
ある程度リスクを取った資産運用を
続ける必要があります。



ノーベル財団の運用のことが気になり、
検索する中で、

まろさんのブログ記事
ノーベル財団の資産運用】を発見しました。

(いつも思うのですが、)
まろさんの記事は
とてもウィットに富んでいて
読み応えがあります。


さて、タイトルの

「ノーベル賞の賞金って、ノーベル財団の運用次第なの?」


ですが、

(もちろん)答えはYES です。


nobel prize


ノーベルさんは遺言に、
安全な有価証券に投資すること』と
記しましたが、

これを尊重し過ぎたために
ノーベル財団はその運営上、
かなり厳しい時期があったようです。

以下、まろさんの記事から引用します。

以下、引用)

しかし1970年代までは
運用成績がまったく振るわず資産が減少。

受賞者への賞金額も
1940年代から80年代初めまでは、
設立当初の賞金の3割程度にまで
押さえる必要があった。

ノーベルの遺言を忠実に守り、
「安全証券(safe securities)」による運用、
にこだわり、

1950年代前半に運用規定が改定されるまでは、

•不動産
•債券
•担保付き貸付

を中心に運用し、
インフレで資産が目減りしたのが原因のようだ。

引用、終わり)



なるほど・・。

少しだけ現代史の復習ですよ。

皆さんご存じの通り、
20世紀』とは
いったいどんな世紀だったでしょうか?

〇 戦争の世紀であり
〇 経済成長の世紀であり、

そして、
〇 インフレーションの世紀でもありました。


1950年代前半までの反省もあり、
ノーベル財団の運用はその後、
自由度を増すことになります。


再びまろさんの記事から。

以下、引用)

運用の自由度が増してからは
運用成績は年々向上し、

1987年に運用資産、
1991年に賞金額が
創立時の実質価値を回復。

ノーベル財団が
財政的に安定したのはここ2,30年のことだった。

引用、終わり)


いろいろタイヘンだったのですね。


History-books.jpg


他者のための
多額の資産運用には、
以下の観点が必須となります。

〇 運用の永続性
〇 リスク分散の深化


まろさんの記事で驚いたのは、

ノーベル財団の年次報告書から、
現在の運用資産額と
そのポートフォリオのおおよそが分かることです。

(※ノーベル財団 年次報告書
 『Annual Report 2017』(PDFファイル)


まろさんの記事によりますと
『ノーベル財団』の

・運用資産は?
45億スウェーデンクローナ(日本円で約565億円!)

・ポートフォリオは?

〇 株式 50%
(スウェーデン株式10%・海外株式40%)

〇債券 18%(うち北欧の国債14%)
〇オルタナティブ 32%


となっています。


天秤


ノーベル財団では
(運用成績の上下により)
賞金が引き下げられることもありましたが、

2017年からは
ノーベル賞の『賞金』は一つの分野につき、

900万スウェーデンクローナ
(約1億1500万円)となっています。


もちろん、
経済状況はこれから先も
アップダウンを繰り返すでしょうが、

ノーベル財団が運用を続ける
『基本姿勢』は変わらないはず。

2100年にも、
「ノーベル賞」は発表されるはずですから、
長期・分散・低コスト
基本ポリシーは【遵守】されるはずなのです。

〇 まろさんの記事
ノーベル財団の資産運用

あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(




| ポートフォリオ運用 | 17:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「やりたい運用」VS.「やるべき運用」


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

灯台下暗し、とは
上手く言ったものです。

「株(カブ)なんて、
そんな汚く怖いモノなんか
触るものか!」


という人が、

株式会社で
働いていたりします(^^)

(実際、「株式のしくみ」の
恩恵を受けているのです)


→ たとえば、
いくつかの会社に増資を引き受けてもらい、

お勤めの会社が
(それで)設備投資を行って、
会社の利益が増え、

さっき
「株(カブ)なんて、
そんな怖いモノなんか触るか!」
と言っていた人のボーナスが、

増額されたりするわけです(^^)


また、

「投資のようなものには一切興味ないよ!」


という人の、

国民年金や厚生年金保険料は、
(GPIFを通じて)

内外の株式、債券などに
広範に分散され
「投資」されています。


portfolio.png

GPIF『基本ポートフォリオ


企業年金もそうですね。

「やっぱ郵貯の貯金がいちばん!」


と言っている人の
退職金の原資が、

(企業年金という大きなフクロの中で)
これまた内外の株式、債券などに
「分散投資」され、

そのお金のいくばくかが、
「郵貯の貯金がいちばん!」
と言っていた人の
企業年金となって支給され、

その人の『老後の生活』を
支えたりするわけです(^^)

・・まあ、
投資と完全に無縁な人なんて、
ほとんどおられないのでは・・。



灯台下暗しの、
【灯台】を冷めた目で見上げてみると、

〇 他人の
〇 大規模なお金を
〇 運用している主体は、

ほぼ例外なく、
『長期』で『分散』しながら
『低コスト』を心掛け、
運用を行っています。


その理由は?

なんとなく「気分」で運用をして、
大事なお金を
減らすわけにはいかないからです!



『未来 = 不確定』という
過酷な前提の中で、

長い目で見て
(大きく減らさずに)
資産を増やしていくためには
一体どうすればよいのか?


その『最適解』を、
試行錯誤を繰り返しながら、
探し求めているわけですね。


企業年金の運用について、
日経新聞電子版のこちらの記事内に
興味深い『図表』を見つけました。
(2018年6月27日付 記事)


無題

(上記は
JPモルガン・アセット・マネジメントが
国内の確定拠出型の年金基金などを対象に調査。
123の年金から回答を得て作成したもの)


図表内にも、
「オルタナティブ投資の比率が高まっている」
とありますが、

特に
私募不動産投資信託への需要が
高くなっているようです。

(オルタナティブとは、
代替可能な」の意で、
不動産やコモディティ、未公開株などを指します)


二つ目の特徴は、
国内債券の割合が年々減り、
(それに比して)外国債券の割合が増していること。

※ これは明らかにマイナス金利の影響でしょう。


そして三つ目、
株式の中で見ると、

【日本株式の割合が
年々減っていることが分かります。】


日本の企業年金の運用といえども、
「日本の資産」を
特別視していないことが分かります。

(冷めた目で、
大局的に投資対象を見ている証左でしょう)



business_crowdfunding.png


このような企業年金の運用は、
私たち個人投資家に
大きな【示唆】を与えてくれます。

ズバリ、
企業年金の担当者は
やりたい運用」はやりません。

長期に渡って
(大きく減らさずに)
資産を増やしていくためには
どうすればよいのか?

それをいつも頭の隅に置きながら、
やるべき運用」を実践しているのです。

(→ その結果「長期」「分散」
「低コスト」になっているに過ぎません・・)


あなたは
「やりたい運用」「やるべき運用」
どちらを行っていますか?

あ




| ポートフォリオ運用 | 18:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウェルスナビの方向性はわたしとまったく同じ。ただ・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日、じゅん@さんの
以下記事を拝見しました。
ウェルスナビ(Wealth Navi)解約しました。利用してわかった良い点と悪い点。

この中で
じゅん@さんは、

ウェルスナビ
『資産運用アルゴリズム』に触れられています。
コチラになります(PDFファイル)


恥ずかしながら、
わたしは昨日はじめて見ました。

「で、感想は?」


「わたしが言いたいことと
ほぼ同じではありませんか!」


(じゅん@さんもおっしゃっていますが、
資産配分の骨太の考え方を学ぶのに、
とっても勉強になりますよ。)


〇 忙しい30代~50代の
資産形成に取り組むビジネスパーソンに向けて、

〇 長期・つみたて・分散という
まっとうな投資理論を説いている。

〇 米国市場上場のETFを用いている。
(インデックス運用!)


こちらの動画では、




ノーベル賞受賞の
理論に基づくアルゴリズムにより、
長期運用に最適なポートフォリオを生成、


と謳っています。


つまり?

つまりは、
各資産クラスの『期待リターン』、
そして『リスクの大きさ』、
資産クラス間の『相関係数』という

「3つの数字」から、

あなたに合った
最適な『ポートフォリオ』を算出し
管理していきますよと
言ってくれているわけです。



illust3678thumb_20171001123258ae1.gif


そう、
やっていることは至極まっとう!

機関投資家も実践している
世界標準の「資産運用」を、

手軽にスマホで実現できる点については
大いに評価できます。

また、投資一任契約で
すべてお任せ(全自動)ですから、
もっとも大きな効用は
「自動リバランス」でしょう。


私たちって、
大きく下がったモノは
まだまだ下がるのではないか?と、

「リバランス」しにくい。
(つまり、買い増ししにくい

逆に、
どんどん上がっているモノは、
まだまだ上がるのではないか?と、

「リバランス」しにくい。
(つまり、一部解約しにくい


このような
私たちの『心理的な壁』を
取り払ってくれる効用は
とても大きいと思います。


ただ、
自動リバランス』なら、
インデックス型のバランスファンドも
やってくれますね。

ウェルスナビは
米国上場のETFを組み合わせるため、
「ETFの分配金を再投資しています」
とアピールしますが、

インデックス・ファンドでは
(分配金は)そもそも、
自動で再投資できます。

また、自動つみたてという効用も、
インデックス・ファンドで同様に得られます。



163861447.jpg


 「でも。カンさん。
バランスファンドって
【個別のポートフォリオ】ではなく、

そのバランスファンドの
資産配分に、
私たちのほうが合わせる。

いわば
集団ポートフォリオ
なっていますよね?」


はい、その通りです・・。


しかし、よく考えてみますと
ウェルスナビも

資産クラスは基本、
「米国株」「日欧株」「新興国株」、

債券は
「米国債券」「物価連動債」、

そして「金(ゴールド)」
「不動産」というふうに
【分け方】が予め決められていて

リスクの許容度によって、

『株式』
『債券』
『金・不動産』の割合が
違ってくるというイメージです。


また、ウェルスナビは
国際分散投資を掲げ、
為替手数料、売買委託手数料などは
ゼロと謳っています。

ただし、
けいぞくコストは年1%かかります。



apology.jpg


そもそも
「インデックス投資」を
実践する理由のひとつは?

低コスト?
「そう、ですね。」

トータルコストを抑えて、
あなたの実績リターンを底上げするため、
ですよね?



運用をお任せしているという点では、
「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」
などは、

継続コスト(運用管理費用)が
年0.17172%(税込)ぽっきりです。


ここ、逆説的なのですが、
ウェルスナビは
ポートフォリオを維持管理し、

インデックス投資を
愚直に実践するしくみだからこそ、

この1%の年間経費(ハードル)を
跳ねのけて、
超過のリターンを得るのは難しいとわたしは考えます。


【ご参考】
同種のサービスですが、
アメリカの「Wealthfront」では
年間経費が 0.25%となっています。

025.jpg

あ




| ポートフォリオ運用 | 17:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT