| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3月7日(水)銀座にて『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ』♯92が開催されます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資にちょっぴり興味はある。
でも、まったく投資をしたことがない、
いわゆる『未投資家の人』にとって、

「いったい、どんな人が投資をやっているの?」


これを推し量ることって
けっこう難しいもの・・。

『手さぐりゲーム』をやるのと同じくらい、
ぜんぜん見当が付かないのでは?

あっ、
今わたしがお話ししているのは、
株やFXで忙しく売り買いする、


21-サングラス-デイトレーダ


【ギラギラ系
トレーダーみたいな人】
ではないのですよ。


要は、

投資信託などで、
毎月コツコツ積み立てをしているような投資家さん。


のことです。

 コツコツ(k2k2)??


ちょっと想像してみてください。

そういう【コツコツ投資家】って、

(まだまだ)自分の知人や、
職場の中では見当たらない、
希少種・生き物』なのです(-_-;)


投資を始める前に、
そんな【コツコツ投資家】に会ってみたい。

どんなきっかけで投資を始めたのか
ちょっと聞いてみたいなあと思うのは、
とっても自然なこと・・。

でも、
そういう【場所】ってなかなかない。


あっ、
いや、ありますよ(^^;)

投資について気軽に話し合える場が、
【コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ】です。

なんとこの会、
東京では
2010年の6月から続いています!

(rennyさん、竹川美奈子さん、
島田知保さんが主催されています)

きっと、

「意外とフツーの人が投資やってるんだ。」


と実感できるはずです。
sgf01a201412241900.jpg
(少しだけ勇気を出して、
参加されてみてはいかがですか?)

【コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ】92回

日時: 3月7日(水)19時30分 ~
場所: 銀座8丁目「ART FOR THOUGHT」
 <詳細・お申込みはコチラから!>




| イベント・メディアなど | 18:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017』の結果発表!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日、東京・大井町
「きゅりあん小ホール」にて
投信ブロガーが選ぶ!FOY 2017』の
結果発表が行われました。

20180114_936475_t.jpg

写真提供)
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会


以下がその【順位】です。
ジャジャ~ン!

1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
4位 野村つみたて外国株投信
5位 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

6位 ひふみ投信
7位 eMAXIS Slim新興国株式インデックス
8位 たわらノーロード先進国株式
9位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
10位 iFree S&P500インデックス



 【わたしの感想】

正直・・、設定されてまだ間もない
「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が
1位になるとは思っていませんでした。
(第2位とのポイント差もけっこう大きかった!)

これが意味するものは?

VT型、つまり、全世界株式に、
よりシンプルに、← 積み立てで。

(かつ)より低い金額単位から
気軽に投資したいという【ニーズ】が、
想像以上に大きかったということでしょう。

(特に、この1、2年で
新たに投資を始め、
新たにブロガーとなった人たちの
素直な気持ちの吐露では?)


第2部の、
個人投資家の【熱いコメント】紹介のところでも
述べましたが、

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」、
「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を
はじめとする
【楽天・バンガードシリーズ】が増える中、

これで完全に
バンガードETFの国内上場の芽がなくなった。


そう、わたしは判断しております(悲し。


同シリーズは文字通り、
バンガードのETFを包んで、
インデックスファンドに仕立てているわけですが、

たとえば、
10位に入った
iFree S&P500インデックス」の
運用レポートを見てみると、

その中身の約4割がETF、
(i シェアーズ CORE S&P 500 ETF)と
なっています。

これが意味するものは?

日本では、
米国上場ETFが
ファンドの素材として利用される傾向が
より高まっている、ということです。



次に、
第2部の
個人投資家の【熱いコメント】紹介ですが、

26229397_1552877554832589_1626497230778300289_n.jpg

写真提供)
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会


わたしがいちばん印象に残ったコメントは?
ずばり、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に
対して、
ソロトナさんが寄せられた以下の文章です。

個別株しか買ったことなかった私が
初めて買った投資信託。

投資未経験者にも分かりやすいコンセプトで、
投資への第一歩を踏み出すのに貢献している。
0から1へは大きな価値があると思う。

(※ 太字はカンによる)



私見ですが、
これから先、
『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year』が
マニアックなイベントで終わらないためには、

『0から1へ踏み出そうとしている人々』、
つまりは、
「未投資家」から「投資家」への
橋を渡ろうとしている人たちに、


いかに【意味あるメッセージ】を送れるかが
重要だと思うのです。


懇親会の席で複数の方に、
「友人と投資の話ってできます?」

(企業型DCを導入している会社に
勤めている人には)
「職場の人とDCの話ってしたりします?」と
聞いてみましたが、

皆さん「してないです」というお答えでした。


ThankYou_02.jpg

まだまだ、
本当にまだまだ

投資信託を用いた
資産形成という概念が、


日本に根付いていないわけで、

そういう意味では、
個人投資家のニーズに根差した
『Fund of the Year』の役割は、
ますます重要になっていると思います。

以下、
ブロガーさんの『秀逸記事』です。

〇 パーサモウニアスさん
投信ブロガーが選ぶ!FOY2017発表会&懇親会初参戦
〇 けいのすけさん
得票率から見たファンド群雄割拠の時代~「Fund of the Year 2017」表彰式&懇親会に参加~

〇 m@さん
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017が発表されました
〇 ゆうじろうさん
Fund of the Year 2017結果と楽天バンガード(楽天全世界株 VS 楽天全米株)

公式サイトの【順位結果】は
コチラからどうぞ!

無題



| イベント・メディアなど | 12:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

表彰式のチケット残りわずか!1月13日(土)『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投信ブロガーが選ぶ!FOY 2017』の表彰式が、
いよいよ今週末に迫ってきました。

1月13日(土)
東京・大井町「きゅりあん・小ホール

< 当日のスケジュールはこちら >

〇 第一部 14:00~14:25
『iDeCo/NISA アンケート結果発表』

事前に実施した
iDeCo/NISAのアンケート結果をご紹介。

〇 第二部 14:25~15:10
『みんなの【声】を聞いてみよう!
個人投資家が注目ファンドに寄せる
「熱いコメント」一挙紹介!!!』

文字通り、皆さんの
個々のファンドに対する【熱い思い】を、
拾い上げていきます。

(わたしは竹川美奈子さんとともに
この第二部に登壇いたします)

〇 第三部 15:10~16:00
『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017』

フリーアナウンサー叶内文子さんの
司会でいよいよ結果発表!



20170114161945.jpg

  (写真は昨年1月の表彰式の模様・・)


ちなみに
この表彰式全体を見渡すと、
アナログ感・満載です(^^)

イベントは
運営委員によって練り上げられ、

表彰式当日は、
たくさんのボランティアの皆さんに
お手伝いいただく予定です。

そう、
全体が『手作り』なのです。


そもそも、
ふつうの生活者である
投信ブロガーが、

金融機関の利害とは関係なく
自分たちでファンドを選び抜いている点が
手作り』ですし、
それを『表彰する場』も手作り

ちなみに、
毎年授与している『トロフィー』も、
チケット収入の中から買っているのです。


trophy-gold01m.png


特に、
5位から1位の
『上位ファンド』の発表は

けっこうドキドキするかもです。

(その場にいる【臨場感】は、
一種独特のものでしょう・・)

また、上位の発表では、
運用会社の方々が実際に登壇され、
受賞スピーチをされます。

私たちはふだん、
投資信託のメーカーさん(運用会社)と、
なかなか触れ合うチャンスがありません。

FOY2017の表彰式は、
貴重な機会になるのではないでしょうか。

 【イベント概要】

日時: 1月13日(土)14:00~16:00
会場: 大井町 きゅりあん小ホール
入場料: 1,500円
(前売のみ。当日券の用意はありません。)


チケット、残りわずかです!
(このイベントは どなたでもご参加できます)

お申し込みは【こちら】からどうぞ!


無題



| イベント・メディアなど | 17:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

表彰式のチケットは明日12月2日(土)発売開始!『投信ブロガーが選ぶ!FOY2017』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017(表彰式)』の
会場が決まったようです。

そうです、品川区大井町の
きゅりあん小ホール」です!

(自所のセミナーでわたしは
「きゅりあん」に10年以上お世話になっています(^^;)

以下、表彰式の詳細となります。

【日時】 2018年1月13日()14:00~16:00 (開場13:30)
【会場】 きゅりあん(品川区総合区民会館)小ホール
【入場料】 1,500円


表彰式の【チケット】は、
明日12月2日()午前9時頃から、
Peatixで販売を開始するとのこと。

不肖わたくしカンも、
第二部の

みんなの【声】を聞いてみよう!
個人投資家が注目ファンドに寄せる
「熱いコメント」一挙紹介!!!


で、竹川美奈子さんと共に
登壇させていただく予定です。

「被り物とかは?」
あっ、そういうのは、する予定はありません(^^;)

当日は参加者のひとりとして、
『表彰式』を大いに盛り上げていきたいと思います!

【チケット販売】の詳細は、
表彰式詳細ページ」からのリンク先でどうぞ。

また別途、
有志による【懇親会】も17時から開催される予定です。
詳しくはコチラへ!

(当日は、普段なかなか会えない運用会社の人たちに、
【疑問・質問】をぶつけるチャンスでもありますよ・・(^^)

似顔絵




| イベント・メディアなど | 16:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投票締切りまであと3日!『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2017』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もうすぐ11月も終わりですね・・。

あっ、そうそう、
【投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2017】の
投票締切が11月30日(木)に迫っています!

〇 ブログを書いている
〇 ん? 投資信託、ETFのことも書いてるかな?
〇 もしかしたら、ワタシにも投票資格あるかも・・。


という人は、
まずコチラをチェックしてみましょう。


この【アワード】も数えて11回目です。

メディアや金融機関に流されるのではなく、
自らの意思で『金融商品』を選び、
それをきちんと『評価』して、
よりよい『投資環境』につなげていく・・。

そんな理念を持ったFOY2017は、
あなたの大切な1票によって
支えられています・・。

手作りのアワードだからこそ味わえる、
「ダイレクト感」をぜひ体感してみませんか?
【投票方法】の詳細はコチラから!


20170114161945.jpg

上記は今年1月の表彰式の様子です)


それから、
以下は(ブロガーのみでなく)
すべての人が対象なのですが、

ツイッター上で
投資信託について
【熱いコメント・メッセージ】を募集中です!

上位に入賞された
投資信託の運用会社さんに
皆さんの熱いメッセージが届きますよ!


icon01.png

【熱いコメント・メッセージ】の送り方は
コチラへ!


そして最後に、
ぜひぜひ『iDeCoとNISAのアンケート』にご協力を!

こちらも、
ブロガーさんだけでなく、
すべての人が参加できますよ!


iDeCo(個人型確定拠出年金)、
NISAについて、

〇 あんなこと聞きたいなあ
〇 こんなことが知りたい!


というご意見・ご要望を
コチラまでお寄せください!

(アンケート結果については、
2018年1月13日()の表彰式にて紹介する予定です)

おそらく、
チケットの発売ももうすぐのはず・・。

皆さん、
1月13日()表彰式にてお会いしましょう!


無題




| イベント・メディアなど | 17:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「つみたてNISA Meetup 女子部 in 東京」にゲストとして参加しました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日、11月17日(金)
金融庁で開催された
「つみたてNISA Meetup 女子部 in 東京」
ゲストスピーカーとして参加してきました。

わたしは
資産形成が日本に根付くかどうかは、
【女性】がカギを握っていると思います。

昨日はこんな資料をいただいたのですが、


つみっプ


その中に、
資産形成に向けた取組み』と題して、
金融庁の骨太方針が載っていました。


〇 いや、ほんとうに、
金融機関は顧客本位のサービスを定着させないと
ダメですよ!
(注:カン流に翻訳しています)

〇 それでもって、
実践的な投資教材も作っていきますよ!
(注:カン流に翻訳)

そして、もうひとつの骨太方針が、
〇 つみたてNISAの創設!なのです。

今回は「つみたてNISA Meetup」で
取り上げて欲しいトピックスを事前に
募集されたとのこと・・。


スピーカーの皆さんは、
山崎 元さん、岩城 みずほさん、
「ファンド情報」編集長の岡田 篤さん、
「投資信託事情」の島田 知保さんなど、
錚々たるメンバーでした。

わたしは今回、
山崎元さんと
「おそらく『バトル』になるだろうな」と予想して、

「笑って戦う」練習をしてきました(笑)


bijutsu_sketch_2017080912241996d.png


つみたてNISAでは、
【どのように買うか?】という
命題は解決済みです。

「つみたて形式」と決まっているためです。

あとは【何を買うのか?】ですね。

以下は、
資料の最終面に載っていた図表です。


資料


(※山崎元さん、岩城みずほさんの共著、
「そこ、ハッキリ答えてください! 「お金」の考え方 このままでいいのか心配です。」からの引用とのこと)

要は、

〇 5つのおかずがあって、
〇 それを3つの窓口で、

どのように適切に配置するか?
という命題です。

たしかに、
ひとつひとつの投資信託を、
【3つの窓口】に上手に当てはめ、

それを適切に管理していける人にとっては、
何の問題もないと思います。


しかし、どうなのでしょう。

たった「1つの窓口」で、
「5つのおかず」を配置する、
そしてそれをメンテナンスする、
ということも、

「案外難しいのだ」ということを、
わたしは仕事柄、身に染みて感じています。


以下は昨日、実際に発言したことです。

過去、弊所のお客様の、
相当数(100名以上)の
資産管理状況を追跡調査して、

おおむね3割程度の人が、
『リ・バランス』ができていないことが
判明しました。


・・・・(発言はここまで)・・・・

negosyo-seminars.jpg


(実は)上記お客様の多くは、
拙著「積立て投資術」で、

「1つの窓口」で、
「4~5つのおかず」を配置する、
そしてそれをメンテナンスしていく・・、

という【方法論】を読まれた方々です。

メンテナンスの要諦とは?
もちろん『リ・バランス』ですね。


しかし、実際
資産の割合を定期的に【整える】
という作業に、
インセンティブを持てない・・

というお客様の声を
これまでたくさん聞いています。

一度や二度は出来るのです、
『リ・バランス』って。

しかし、それを、
長期に渡って【やり続ける】というのが、
そんなにカンタンではない・・。


「1つの窓口」でさえ、
長く管理し続けることにハードルが
存在するのに、

それが【3つの窓口】
(特定口座、確定拠出年金、つみたてNISA)となると、
どうでしょう?


28-3枚の札


わたしは、
ひとつの【方法論】として、

★ バランスファンドというタイプの
投資信託を、
「3つの窓口」すべてに当てはめることって
アリだと思います。

そうすることで、
『リ・バランス』という名の
メンテナンス作業から解放され、
投資が同じ姿勢で
長く続けやすくなると考えます。


あっ、この旨を発言した後、
山崎さんから集中砲火?を浴びたのですが・・(笑)


昨日は、
【何を買うのか?】という命題において、

「複数の選択肢がありますよ。」
というメッセージを、
皆さんにお伝えしたかったのです。

◆ 以下、関連記事です。

安房さんのブログ
つみたてNISA女子部に参加

虫とり小僧さんのブログ
【女子会に潜入したオッサン…つみップ女子部(金融庁と個人投資家の交流企画 in 東京・第七弾・11月17日

最後に、 次回、東京開催の
つみたてNISA Meetup』は
12月22日(金)とのことです!

(あっ、次回は
男女ともOKの普通バージョンです(^^)

似顔絵





| イベント・メディアなど | 18:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT