| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7月7日(土)『インデックス投資ナイト2018』がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今年も、

〇 インデックス投資家の、
〇 インデックス投資家による、
〇 インデックス投資家のための


イベント】が近づいてきました。

そう、「インデックス投資ナイト2018」です。

今年は七夕の日に開催!

8421.png


〇 7月7日(土曜日)開演18:00~
〇 場所は渋谷の『東京カルチャーカルチャー

わたしが個人的に
「これは面白そうだ・・」と感じているのが、

第一部 ブロガー対談
「米国株投資と国際分散投資、どっちがいいの?」


です。

今年はなんと、
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水
瀬ケンイチさんが
初登壇されます。

たぱぞうさんとの、
米国株投資 VS. 国際分散投資」のバトルは
とっても興味深そう。

(そこに日経の
田村正之さんが絡んでくるわけですから!)


第二部は、
「金融庁になんでも聞いてみよう!」


つみップ』(つみたてNISA Meetup)でおなじみの
金融庁の今井利友さんが登壇されます。

標題の通り、
会場からのさまざまな質問に
今井さんが直接答えてくださるようですね。


20180402212336a35.png


そして、第三部 有識者座談会は、
「インデックス投資を継続するためのメンタリティ」


投資における
心の持ち方』というのは、
とてもムズカシイものです。

まずは貴重な経験を持つ
ブロガーのゆうきさん、
そして「某?投資ブロガー」に ← 当日のお楽しみ
ご登壇いただき、

その「体験談」、
「投資に対する考え方」について
大いに語っていただきます。


そのあと、
市場がアップダウンする中で、
マーケットに居続けるための心得、
メンタリティをどのように
保っていけばよいのかについて、

おなじみの山崎元さん、
竹川美奈子さんにもご登壇いただき、
ディスカッション』を進めてまいります。

第三部は不肖わたくしカンが、
進行役(司会)を務めさせていただきます。


daidougei_juggling1.png


年々チケット争奪戦が
スゴイことになっている当イベントですが、
ぜひあなたにも参加していただきたいのです。

「えっー、こんなところに、
自分と同じような境遇の仲間がいるんだ」


という気づきが得られるはずですから(^^;


◆ チケット発売は
6月16日()12:00(正午) からです。


インデックス投資ナイトの
詳細プログラム、
チケットの購入方法については、

インデックス投資ナイト公式サイト』を
今すぐチェック!



map-shibuya.png

上図は ↑会場の
「東京カルチャーカルチャー」への
アクセスマップですよ。




| イベント・メディアなど | 11:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『東証 マネ部!』で3回シリーズの記事が掲載されています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

すっかりご紹介が遅くなってしまいましたが、
東証 マネ部!』で投資信託に関する
3回シリーズの記事が掲載されています。

分かりやすい【図解】が満載なので、
サクサクお読みいただけると思いますよ。


pickup_moneybu.png


【NISA、つみたてNISA、iDeCoの商品選びは? 】
カンさんに聞く! ファンド選び5つのポイント
(4月27日掲載)

<ポイントは?>
〇 基準価額の推移を見るのではなく、
騰落率の推移を
(ベンチマークと比較しながら)見よう。

〇 純資産額のグラフの推移は
けっこう重要!

グラフのアップダウンが激しい場合、
移り気な保有者が多いです。

じわじわ右肩上がりに推移している場合は、
長期運用をする保有者が多い証拠です。

画像1

【資産配分でリスクをコントロールする】
カンさんに聞く! アセット・アロケーションの考え方
(5月1日掲載)

<ポイントは?>
〇 日本の会社に勤めて、
日本円で給料をもらっているなら、
資産運用では、
グローバルな資産を多めに取り入れよう。

画像1

【年に1回のメンテナンス】
カンさんに聞く! 正しいリバランスのやり方
(5月8日掲載)

<ポイントは?>
リバランスのやり方は、
『定期的にするべき派』と
『一定割合以上ずれたら随時すべき派』に
分かれますが、

個人投資家には、
『定期的にする』がベターです。




| イベント・メディアなど | 17:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「はじめての投資!おススメの一冊ベスト10」の中に拙著を選んでいただき、ありがとうございます!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

4月21日(土)に開催された
「つみたてNISAフェスティバル2018」の、

はじめての投資!おススメの一冊ベスト10」のコーナーで、
わたしの書籍『積立て投資術』が8位にランクインしました。





投票していただいた
おひとりおひとりの皆さま、
本当にありがとうございます!\(^o^)/


こういう形で
書籍の評価が「見える化」することは、
(月並みですが)
著者としてはとっても嬉しいこと(^^;

⇒ 特に、個人投資家さんの
【投票】によるものですから!


(ここだけの話、)
わたしはずっと
山本ジョージ的現象」に悩んでいました・・。

??

「山本譲二さんと云えば?」

「みちのくひとり旅!」

でも、誠に失礼ながら、
他のヒット曲が
なかなか思い浮かびません。


以下、贅沢な悩みかもしれませんが、
わたくしの場合、
どちらかというと
『積立て投資術』のみがクローズアップされ、

残りの書籍が
なかなか認知されにくいという状況がありました。


money-dollars-cash-burden-debt-chain-600x450.jpg


ですので、
(実は)今回いちばん嬉しかったのは、

著者別ランキング】で、
5位に選んでいただいたことなのです。


本


ほんとうに有り難いこと!

わたし的には、

投資信託35の法則』や、
ラクして増やそう!バラつみ投資』に
ご投票いただいた皆さんのコメントが、

頭のてっぺんから
爪の先までじんわりと伝わってきて、
とても温かな気持ちになりました。





ちなみに、
以下が今回の
はじめての投資!おススメの一冊ベスト10』ですよ。


ベスト10


水瀬ケンイチさん、
竹川美奈子さん、
藤野英人さんの著書に関しては、

すでに「記事」にしております。

◆【年末年始は、水瀬ケンイチ著『お金は寝かせて増やしなさい』を読んでみるべし
◆【ユーザーの生の声を集めた本です! 『臆病な人でもうまくいく投資法』(竹川 美奈子 著)】
おススメです! 藤野 英人 著【投資家が「お金」よりも大切にしていること】


また、金融庁のサイトでも、
今回の「おススメの一冊ベスト10」を、
こちらのPDFにまとめて下さっていますよ。

ゴールデンウイークの休暇中に
気になる一冊を手に取り、
じっくり読んでみるのもよいのでは?

(ちなみに、
今回ベスト3に入った
骨太の指南書を読む順番は、

先に「敗者のゲーム」、
そのあとに
「ウォール街のランダムウォーカー」を
お勧めします!)

似顔絵




| イベント・メディアなど | 11:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

裾野を広げていくという課題。「つみたてNISAフェスティバル 2018」を通じて感じたこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

4月21日()赤坂インターシティAIRにて
金融庁主催『つみたてNISAフェスティバル 2018』が
開催されました。


2018.jpg


わたしは登壇者のひとりでしたが、
傍から観ていても
とても面白いイベントでしたよ。


面白 その1!)

「はじめての投資!おススメの一冊ベスト10」
での、
タフガイ3人トリオ】の活躍が良かった!

3人の軽妙なトークで、
会場全体が一挙に和やかになりましたね。

〇 虫取り小僧さん
いつか子供に伝えたいお金の話
〇 吊ら男さん
吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)
〇 たぱぞうさん
たぱぞうの米国株投資

また(どこかで)ぜひトリオ再結成を!


面白 その2!)

やはり『パネルディスカッション』は
面白かった。

特に、
ロバアドバイザーの話から派生して、


ロボアド


運用の実際を、他者に任せるのか否か
のところで、

山崎元さんと、
司会の島田知保さんの
「バトルなりかけ?」が興味深かったです。

(すかさず田村正之さんが
違う話題を投げ掛け、
「水入り」にしたのはさすがオトナの行動・・)

【資産運用において、
何を、どの程度他者に任せるのか】


という課題については、
また別枠で詳しく書きたいと思います。


兎にも角にも、
フェスティバルの詳細については、

以下の方々が
詳しくレポートされていますので、
そちらのほうをご一読ください!

〇 青井ノボルさん
【金融庁主催のつみたてNISAフェスティバル2018に参加】

〇 パーサモウニアスさん
つみフェス2018 に参加してきました

〇 なるたくさん
金融庁の「つみたてNISAフェスティバル2018」に参加しました。


今回(フェスティバル)は
募集開始から、
一週間も経たずに満席になったようですが、

当日、関心はあったけれど、
来られなかった人が
(おそらく)何百人といたのでは・・。

そして、地方にお住いの
関心がおありの人は、
もう(それこそ)何千人とおられるのでは。

これら膨大な人たちは、
今はまだ『』としての存在ですが、


長期で、
自分の将来のために、
自分のお金のことちゃんと考えようよ!


という【普遍的な思い】は、

実は仕掛けさえあれば、
網の目のように
つながる』ことが出来るのではないでしょうか。


金融庁の行動からは、
(つみたてNISAそのものと同じく、)

この種の【啓蒙活動】を、
続ける
続ける、
とにかく続ける!

といった覚悟のようなものを感じます。


無題


事実、
『つみたてNISA Meetup(つみップ)』
と呼ばれる【意見交換会】は、

今後、広島、福岡、大阪(女子部)、
そして沖縄などでも開催される予定です。

ぜひあなたも一度参加されてみては?
つみたてNISA Meetup(つみップ)】

(必要なものは?
一歩踏み出す「勇気」ですよ(^^;


また、わたしがイベントに参加して、
印象に残ったツイートがあります。
それは、
佐藤洋平さんによるもの。

佐藤洋平さん


佐藤さんのように、
つながり』を実感できる人が
一人でも増えればいいですね。


そして、もうおひとり。
Byuさんのツイートも印象的でした。

Byuさん

これは、
岡本和久さんの『基調講話』を
聞かれての感想でしょう。

岡本さんがおっしゃる通り、

人生の目的は「お金持ち」ではなく
「しあわせ持ち」になること。


ですよね。

このような土台部分から、
「資産形成の意味」を問うこと・・

また、
「お金」について掘り下げることで、
あなたのお仕事について、

今まで見えなかった『価値観』を
見い出すことができれば、
それは(なお)素晴らしいことだと思います。

フェス


最後に・・。

つみたてNISAのキャラクターに
決定した
つみたてワニーサくん。

ワニ


できれば、
イデコちゃんとも仲良くしてくださいね。
idecochan.jpg



| イベント・メディアなど | 13:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月7日(水)銀座にて『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ』♯92が開催されます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資にちょっぴり興味はある。
でも、まったく投資をしたことがない、
いわゆる『未投資家の人』にとって、

「いったい、どんな人が投資をやっているの?」


これを推し量ることって
けっこう難しいもの・・。

『手さぐりゲーム』をやるのと同じくらい、
ぜんぜん見当が付かないのでは?

あっ、
今わたしがお話ししているのは、
株やFXで忙しく売り買いする、


21-サングラス-デイトレーダ


【ギラギラ系
トレーダーみたいな人】
ではないのですよ。


要は、

投資信託などで、
毎月コツコツ積み立てをしているような投資家さん。


のことです。

 コツコツ(k2k2)??


ちょっと想像してみてください。

そういう【コツコツ投資家】って、

(まだまだ)自分の知人や、
職場の中では見当たらない、
希少種・生き物』なのです(-_-;)


投資を始める前に、
そんな【コツコツ投資家】に会ってみたい。

どんなきっかけで投資を始めたのか
ちょっと聞いてみたいなあと思うのは、
とっても自然なこと・・。

でも、
そういう【場所】ってなかなかない。


あっ、
いや、ありますよ(^^;)

投資について気軽に話し合える場が、
【コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ】です。

なんとこの会、
東京では
2010年の6月から続いています!

(rennyさん、竹川美奈子さん、
島田知保さんが主催されています)

きっと、

「意外とフツーの人が投資やってるんだ。」


と実感できるはずです。
sgf01a201412241900.jpg
(少しだけ勇気を出して、
参加されてみてはいかがですか?)

【コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ】92回

日時: 3月7日(水)19時30分 ~
場所: 銀座8丁目「ART FOR THOUGHT」
 <詳細・お申込みはコチラから!>




| イベント・メディアなど | 18:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017』の結果発表!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日、東京・大井町
「きゅりあん小ホール」にて
投信ブロガーが選ぶ!FOY 2017』の
結果発表が行われました。

20180114_936475_t.jpg

写真提供)
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会


以下がその【順位】です。
ジャジャ~ン!

1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
4位 野村つみたて外国株投信
5位 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

6位 ひふみ投信
7位 eMAXIS Slim新興国株式インデックス
8位 たわらノーロード先進国株式
9位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
10位 iFree S&P500インデックス



 【わたしの感想】

正直・・、設定されてまだ間もない
「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が
1位になるとは思っていませんでした。
(第2位とのポイント差もけっこう大きかった!)

これが意味するものは?

VT型、つまり、全世界株式に、
よりシンプルに、← 積み立てで。

(かつ)より低い金額単位から
気軽に投資したいという【ニーズ】が、
想像以上に大きかったということでしょう。

(特に、この1、2年で
新たに投資を始め、
新たにブロガーとなった人たちの
素直な気持ちの吐露では?)


第2部の、
個人投資家の【熱いコメント】紹介のところでも
述べましたが、

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」、
「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を
はじめとする
【楽天・バンガードシリーズ】が増える中、

これで完全に
バンガードETFの国内上場の芽がなくなった。


そう、わたしは判断しております(悲し。


同シリーズは文字通り、
バンガードのETFを包んで、
インデックスファンドに仕立てているわけですが、

たとえば、
10位に入った
iFree S&P500インデックス」の
運用レポートを見てみると、

その中身の約4割がETF、
(i シェアーズ CORE S&P 500 ETF)と
なっています。

これが意味するものは?

日本では、
米国上場ETFが
ファンドの素材として利用される傾向が
より高まっている、ということです。



次に、
第2部の
個人投資家の【熱いコメント】紹介ですが、

26229397_1552877554832589_1626497230778300289_n.jpg

写真提供)
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会


わたしがいちばん印象に残ったコメントは?
ずばり、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に
対して、
ソロトナさんが寄せられた以下の文章です。

個別株しか買ったことなかった私が
初めて買った投資信託。

投資未経験者にも分かりやすいコンセプトで、
投資への第一歩を踏み出すのに貢献している。
0から1へは大きな価値があると思う。

(※ 太字はカンによる)



私見ですが、
これから先、
『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year』が
マニアックなイベントで終わらないためには、

『0から1へ踏み出そうとしている人々』、
つまりは、
「未投資家」から「投資家」への
橋を渡ろうとしている人たちに、


いかに【意味あるメッセージ】を送れるかが
重要だと思うのです。


懇親会の席で複数の方に、
「友人と投資の話ってできます?」

(企業型DCを導入している会社に
勤めている人には)
「職場の人とDCの話ってしたりします?」と
聞いてみましたが、

皆さん「してないです」というお答えでした。


ThankYou_02.jpg

まだまだ、
本当にまだまだ

投資信託を用いた
資産形成という概念が、


日本に根付いていないわけで、

そういう意味では、
個人投資家のニーズに根差した
『Fund of the Year』の役割は、
ますます重要になっていると思います。

以下、
ブロガーさんの『秀逸記事』です。

〇 パーサモウニアスさん
投信ブロガーが選ぶ!FOY2017発表会&懇親会初参戦
〇 けいのすけさん
得票率から見たファンド群雄割拠の時代~「Fund of the Year 2017」表彰式&懇親会に参加~

〇 m@さん
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017が発表されました
〇 ゆうじろうさん
Fund of the Year 2017結果と楽天バンガード(楽天全世界株 VS 楽天全米株)

公式サイトの【順位結果】は
コチラからどうぞ!

無題



| イベント・メディアなど | 12:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT