FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

楽天証券、国内ETFの売買委託手数料『無料化』を拡大!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは
水瀬ケンイチさんの記事で知りました。
楽天証券、野村アセットのETF「NEXT FUNDS」シリーズ49銘柄の売買手数料も0円に

楽天証券は
国内上場のETFのうち、
すでに

・「i シェアーズ」(ブラックロック)
・「MAXIS」(三菱UFJ国際投信)
・「楽天投信投資顧問」の
主要なETFについて、

売買手数料の『無料化』に踏み切っています。


楽天 ETF


それに加えて4月1日より、
野村アセットマネジメントが運用するETF
「NEXT FUNDS」シリーズの49銘柄も
『無料化』の仲間入りを果たすことになります。

49本のETF詳細はこちら


この流れは
米国のオンライン証券に倣うものであり、

かつて、
米国のフィデリティ証券が
i シェアーズETF(米国上場)の
売買委託手数料を無料化する
サービスを手掛けました。

また、オンライン証券の
チャールズ・シュワブは現在、
500本以上のETF取引手数料を
ゼロにするサービスを行っています。

シュワブ ETF ゼロ円


そして極めつけは、
2018年8月から
バンガード(証券口座)が始めた
1800近いETFの売買委託手数料の
『無料化』です。


米国では
ETFの純資金流入が
(投資信託のそれを)上回っており、

ETF売買の窓口【プラットフォーム】争いが
熾烈を極めているのです。



翻って、
日本の国内ETFはどうでしょう。

レバレッジ・インバース型を除き、
売買高が伸び悩んでいるのが現状です。
ですので、
今回の楽天証券の決断は立派だと思います。

(楽天証券のサイト上でも謳っていますが、
同社の国内ETF売買委託手数料
『無料化』のサービスは、

キャンペーンでも
キャッシュバックでもないところがポイント。)



ただ、あえて苦言を呈するなら、

(楽天証券ユーザーの)
どのターゲット層
国内ETFを利用してもらいたいかを
もっと明確にしたほうが良いのでは・・。



たとえば、です。

楽天証券のサイト、
国内株式】というページ内では、

第一層内に
手数料0円ETF』というタブ
(カテゴリー)を設置しているわけです。


楽天 株


ならば、
トップページの

楽天 国内株式


国内株式
現物・信用 

を思い切って、

国内株式
国内ETF

に変更してもよいのでは?


(右隣では、

海外株式
海外ETFが、
『ひとつのカテゴリー』に
なっているのですから・・)


「これから
国内ETFの市場に入ってくるのは、
投資信託に馴染んだ人?

それとも、
国内株に馴染んだ人?」と聞かれれば、

わたしは
「国内株」のユーザーからの
流入のほうが多いと答えます。



fune.png


これまで個別株式に親しんできた人が、
株式の売買という
『プラットフォーム』上で

国内ETFという銘柄を
『リスク分散に長けた銘柄』
『自分に馴染みのある銘柄』として、
認めることが出来るか否か・・


ココがポイントになるでしょう。

(私見ですが今後、
『投資信託から国内ETF』という移動の線は、
細くなっていく傾向にあると思います)

あ



| ETFのお勉強 | 18:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年間経費率0%のETFって可能なの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たまには米国ETFの話題を・・。

かつて、
ETF運用会社の『ベスト3』は、

〇 ブラックロック(i シェアーズ)
〇 ステートストリート(スパイダー)
〇 バンガード でした。

しかし、
『純資産残高』において
バンガードが
ステートストリートを抜き去り、

純資産額で見た【順位】は、

〇 ブラックロック
〇 バンガード
〇 ステートストリート


に入れ替わっています。


また、
低コストETFにおいては、
チャールズ・シュワブの台頭によって、

〇 バンガード
〇 チャールズ・シュワブ
〇 ブラックロック

この3社の
三つ巴の【コスト競争】が
苛烈さを増しています。



たとえば一例ですが、
米国株式】を挙げてみますと・・。

(%は「年間経費率」です)

【ブラックロック】
「iシェアーズ コア S&P 500 ETF」(IVV) 
0.07%(銘柄数 505)

「iシェアーズ コア S&P Total U.S. Stock Market ETF」
(ITOT)0.03%(銘柄数 3748)


【チャールズ・シュワブ】
「シュワブU.S. Large-Cap ETF」(SCHX)
0.03%(銘柄数 745)

「シュワブ U.S. Broad Market ETF」(SCHB)
0.03%(銘柄数 1998)


 【バンガード】
「バンガードS&P 500 ETF」 (VOO)
0.05%(銘柄数 505)

「バンガードTotal Stock Market ETF」(VTI)
0.05%(銘柄数 3635)



上記を見てみますと、
継続コストである
「年間経費率」が

限りなく【ゼロ】に近づいていることが
分かります・・。


では、ETFの継続コストが
「ゼロ%」になってしまうことって
あり得るのでしょうか?


04-03-etf.jpg


FOX BUSINESSのこちらの記事、
『ETF Wars: Vanguard, Charles Schwab & BlackRock』では、
それは可能であると云っています。

そう、『貸株』です。

ETFが保有する株式を、
証券会社を通じ、
信用取引を行う投資家などに
貸し出すことで『金利収入』が得られます。

たとえETF本体で
報酬がなくても、
収益を上げることは可能というわけです。

以下、上記記事からの引用。

The research revealed that ETFs could make
23 basis points to 28 basis points per year
from securities lending,


(Passive Investing: The Role of Securities Lending,
という)リサーチによると、
ETFは貸株によって
年間0.23~0.28%の金利収入を得ることが可能。



そういえば、
経済評論家の山崎元さんはかつて、

運用報酬はフリー(無料)にできるか
というコラムの中で、
こう述べられています。

数兆円の資産の売買は
証券会社に大利をもたらす。

証券会社からのキックバック
または証券会社自体を保有することで
利益を確保できる可能性がある。

(中略)

販売会社あるいは運用会社は、
フリー・ファンドで集客して、
別の有料の商品を売ることができるかもしれない。

あるいは顧客になんらかのかたちで
個人情報を提供してもらい、
これを収益化する方法もあるかもしれない。


バンガード、
チャールズ・シュワブ、
ブラックロックのうち、

バンガードとチャールズ・シュワブは
実質、関連会社が証券会社となっているので、
運用会社が
証券会社を保有していると云えるでしょう。


ちなみに、
「バンガードTotal Stock Market ETF」(VTI)
は純資産額が650億ドルあり、

1ドル100円で計算しても、
なんと6兆5000億円になります。
(軽く数兆円規模の資産を超えていますね)

メガ級のETFに関しては、
継続コストが【0%】になる日も
そう遠くないのかもしれません・・。

◆ 参照記事(バロンズ)
ETFの手数料、どこまで下がるのか?】

似顔絵




| ETFのお勉強 | 13:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ETFが(インデックスファンドに)挽回するためのポイント2つ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

相談業務を行っていると、
ときどきお客様の口から
次のような言葉が発せられます。

カンさん、
ETFにも挑戦しようと思っているんです。


この、
挑戦】という言葉の中には、

ETFという道具の
ハードルの高さが見え隠れします。


株主優待】ってありますね。
(あなたは好きですか?)

もちろん、アメリカには
【株主優待】はありません。

「おいおい、株主優待で
商品や割引券くれるんだったら、
そのぶん配当を増やしてよ・・。」

と思っているのは、
あなただけではありません。


賢明な投資家は(実は)、

配当が
払い出されることにも、

理不尽さを感じているのです。

そう、これって
ETFの『分配金』も同じ。

「あーあ、
配当や分配金もらっても、
意味ないんだけどなあ・・」

と思っているのは、
あなただけではありませんよ。


ETFが
(インデックスファンドに)
挽回するためのポイントの1つ目は、

ETFの「分配金」が、

【自動的に、
無手数料で
再投資できる】


ようになることだと思います。

実は上記しくみは
通常の投資信託では、
ふつうに実践されていますね。

(なにも特別なことではありません)


しかし、ETFは
株式市場に上場する
『銘柄』であるため、

(ETFの)分配金の
自動再投資のためには、
証券会社のシステム変更が
必要になってくるのです。

また、上記は、
個別株式の配当
自動再投資できるようになること。

あるいはREITの分配金
自動再投資できるようになることと
【セット】で行われることです。

(なぜなら、ETF、
個別株、REITとも、
証券取引所に上場する
『銘柄』であるためです・・)


(ご注意:
わたしはETFの分配金を
「受け取る」ことを
否定するわけではありません。

「受け取り」or「自動再投資」
というふうに、投資家が
選択できることが重要と考えます。


武田薬品工業の『配当』もそうでしょう。

配当を「受け取る」か、
「自動再投資」するかを
選べるようになったほうが
いいと思いませんか?)


163861447.jpg


ETFが(インデックスファンドに)
挽回するためのポイントの2つ目は、

ETFが、
毎月定額で、
積み立てられるようになる
ことでしょう。

株やETFなどを
毎月定額で積み立てるなんて、
ちょっとイメージしにくいかもしれません。

でも、
たとえば『持ち株会』ってどうでしょう?

多くの株式会社では、
従業員の人たちが
自社株を毎月積立てられるしくみが
あります。

(上記は個別株を
定額で買い付ける典型例です・・)


あるいは
大手証券会社では、
「るいとう」(株式累積投資)という
サービスを有するところもあります。

(毎月↑定額で個別株を買っていけるのです)

ETFを
毎月定額で積み立てることは
(やろうと思えば)
システム的にできることです。

ただし、これも、
個別株式を
毎月定額で積み立てる、

あるいはREITを
毎月定額で積み立てることと
【セット】で行われることでしょう。


ただ、問題は、
毎月買い付けるたびに
かかってくるであろう、

売買委託手数料』というコストを
どうするか?ということ。

(インデックスファンドでは
毎月の積み立てで
買付け手数料はかかりません・・)


端的に言って、
わたしは日本の証券会社は

ETFの定額積み立てや、
ETFの分配金の自動再投資に
積極的ではないと思います。

心のどこかで、

どちらも
労多くして、実少なし・・。

と感じているのではないでしょうか?

しかしながら、
上記のサービス改善が
為されない限り、

(個人の投資家の道具として)
ETFがインデックスファンドに
追いつくのは難しいと思います・・。

◆ 参照記事
カンさん、ETFとインデックスファンドって、どっちが良いのですか?

似顔絵




| ETFのお勉強 | 19:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レバレッジ・インバース型ETFを長期保有するとタイヘンなことになります

 

こんにちは。

インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

 

意外に知られていないのですが、

レバレッジ・インバース型ETFより、

ブル・ベア型投資信託のほうが

長い歴史を有しています。

 

(ブル・ベア型投信は

1990年代から存在しています。

 

また、この種の商品は

ETF、投資信託どちらのケースも

『先物』を組み入れて運用されています。

 

商品特性としては、

ブル・ベア型投信も、

レバレッジ・インバース型ETFも、

基本的に同じものと考えていただいて結構です)

 

 

たとえば、

仮に、2013年、2014年の2年間で、

日経平均株価がちょうど2倍になっていたとしたら、

 

日経平均レバレッジETFは、

ちょうど4倍になっていたでしょうか?

 

答え)いいえ、なっていません。

 

この種の商品は長期で持てば持つほど、

ほんらいの『目的』から乖離していきます。

 

明確に、短期でトレードするための

商品と割り切る必要があるのです。

 

 

以下は、

東京証券取引所が作成している資料ですが、

 

明確に、

『長期保有すると、想定と異なる価格変動が生じます』

と謳っています。
2015年11月12日21時31分12秒0001

引用元)

 

ETFETNを通じて賢く投資信託

ETFを活用した好利回り投資~

(日本取引所グループ)より。

 

 

上のグラフは、

日経平均株価と、

日経平均ダブルインバース(-2倍)インデックス

日経平均レバレッジ(×2倍)インデックスの、

 

『値動き』を示しています。

 

2005131日から2015313日までの

およそ10年間。

もちろん、
2005年当時は、

ダブルインバースの指数も、

レバレッジの指数も存在していませんから、

 

「もし、存在していたら・・」

という形でバックテストしていると思われます)

 

 

結構、衝撃的なグラフ(数字)では

ないでしょうか?

 

日経平均株価という原指数より、

日経レバレッジ指数のほうが

パフォーマンスが悪くなってしまっていますから。

 

 

この種の商品は、

 

―繰り返しになりますが、

ブル・ベア型投信も、

レバレッジ・インバース型ETF

原理は同じです。―

 

長期で持てば持つほど、

かつ、原指数(この場合、日経平均株価)が

アップダウンを繰り返せば繰り返すほど、

 

ほんらいの『目的』から

大きく乖離してしまうのです。

 

短期のトレーダーを自認する人以外は、

触るべき金融商品ではないでしょう。

くれぐれもご注意ください・・。

似顔絵

 

 

 

| ETFのお勉強 | 17:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国別の株式ETFが投資家の投資半径を広げています

 

こんにちは。

インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

 

インデックス投資のメリットのひとつとして、

【行ったことがない場所でも投資がしやすい】

ことが挙げられます。

 

たとえば、

仮にあなたが

アメリカに行ったことがないとしましょう。

 

そういうあなたにとって、

名前も聞いたことがない

アメリカの会社一社に投資するのは

とても勇気がいりますね。

 

でも、

 

「えーっと、

アメリカを代表する

500社に投資をするんです」(S&P500

と言われれば、

 

「投資対象」に対して

いくらか安心感が

持てるのではないでしょうか。

 

 

なぜなら、

インデックス投資では、

 

そもそも投資対象が

【広~く・浅~く】

分散されていますから・・。

 

 

今度は、

その『アメリカ人』の立場に立って

考えてみましょう。

 

アメリカ人って、

私たち以上に、

【外国に行っていません。】

 

というか、

【外国のことを知りません・・】

(ここだけの話。)

 

 

でも、
『インデックス型の商品』なら、

気持ち的に多少、

投資がしやすくなるのではないでしょうか。

  

それが証拠に、

米国では1700本以上の

ETFETNが上場していますが、

 

アメリカ株式以外の、

『国別株式ETF』だけでも

ナント189本もあります。

 

189本!

 

 

ちょっとマニアックな話になりますが、

 

たとえば、

アルゼンチン、ベルギー、ギリシャ、

カタール、ペルー、ナイジェリアなどの

株式ETFなども現に存在しています。

 

 

ポーランド株式ETF2本あります。

インド株式ETF11本、

そして日本の株式ETF31本も!

 

(まさにより取り見取りですね)

 

 

私たちは

ETFやインデックスファンドを通じて、

 

自分の国以外に投資を行う

『心理的なハードル』を

知らず知らずのうちに下げているのです。

 

(これこそ、インデックス投資が

私たちにもたらしてくれたメリット!

 
04-03-etf.jpg

 


たとえば、

これまで国内の

個別株のことばかり考えていた

アメリカ人のスミスさんが

 

『国別株式ETF』のことを

知ったとしましょう。

 

スミスさんは

書斎の世界地図の上に、

 

189本のピン(国別ETF)を

立ててみました。

 

「へえ~、

こんなにたくさん株式ETFってあるんだ。

えーっと、どの国がいいかなあ・・」

 

と考え始めたスミスさんは、

 

もはや自然に、

 

投資家としての

【投資の半径を、広げています。】

 

 

これって、

とっても大きな意味があるのです。

 

これまで、

自分の国の、

さまざまな個別株の物色が、

 

スミスさんの

『投資の世界』だったとしたら、

 

それはイメージで申し上げると、

1、2、3、4、5・・という、

【視野の刻み】だったはずです。

 

 

それが今では、

右に左に大きく視線を動かして、

(国境を軽々と超えて)、

 

さまざまな国別ETFを

物色するようになっているわけですから、

 

スミスさんの【視野の刻み】

一挙に、

102030405060・・と

なっているイメージなのです。

 

 

しかも、

まるで個別株を物色するように、

たくさんの国別株式ETFを

眺めているわけです。

 

1768295.jpg

 


今後、多くの投資家にとって

【投資の半径】は

ますます広がっていくに違いありません。

 

 

より多くの国々で、
個人投資家が増えてくるでしょう。

そして、
よりたくさんの国々で、

たくさんの国別株式ETFや、

たくさんの国別株式インデックスファンドが

選べるようになると、

 

世界中のあちこちで、

(まるで個別株を物色するように)

国別の株式が、

『投資対象』として浮かび上がってきます。

 

 

これまでは、

「あの株、あの会社がさあ・・」

と言っていたのが、

 

これからは、

「あの国の経済はさあ・・」

になるわけです。

 

(これが【投資の半径】が

広がるという意味です)

 

 

自分が好きな国、

これから伸びると思う国、

 

それを、

経済的な視点からだけではなく、

 

歴史的、政治的、

文化的、宗教的な視点からも

捉え直してみる・・。

 

 

より多くの投資家が

国別の株式ETFを通じて

グローバルに資産を配分しようとすれば、

それは結果として、

【資本の最適配分】につながるわけです。

 

 

いつか株式市場が存在する
国が200ヵ国となり、

「ナント200の国別株式ETF」が選択可能ですよ、
とアナウンスされる状況は、
決して絵空事ではないとわたしは思います・・。

似顔絵  

 


| ETFのお勉強 | 12:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LGBTの人たちを念頭に作られたETFがあります


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

【商品特性】という側面で、
ETFとインデックス・ファンドを比べてみると、

ETFのほうが
よりエッジの効いた商品開発をする傾向があり、

なんと云いますか、
たまに、ポーンと
突飛な商品が出てくるのです。



○ 原子力ETFとか。
○ カジノETFとか。

○ 東海地方に本社を置く会社のみを集めた
東海ETFとか。


わたしがかつて、
『日本人が知らなかったETF投資』という
本を書いたとき、
ユニークなETFのひとつとして、

ラグジュアリーETF
取り上げたことがあります。

正式名称は
『クレイモア Robb Report グローバルラグジュアリーETF』
でした(銘柄コードはROB)


当該ETFのコンセプトは斬新で、
組入れ銘柄には、

LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン、
当時のダイムラークライスラー、
コーチ、ポルシェなどの
高級ブランドが名を連ねていたのです。

しかし、
2007年に運用を開始したこのETFは、
リーマンショックの余波もあり、
売買高が振るわず、

2010年にとうとう、
繰上げ償還されてしまいました・・。


投資商品に限らず、
そのコンセプトが
たとえユニークであっても、
(また、潜在的ニーズは存在しても)

時代とのシンクロ性がないと、
なかなか生き残っていけないのですね。



では、
これからご紹介する
ワークプレイス イークワリティ ポートフォリオETF
はどうなのでしょう?(銘柄コード EQLT)

「ワークプレイス イークワリティ?」

すみません・・、
カタカナで言われても
いまいちピンときませんね。

逆に英語で書いたほうが、
 Workplace Equality

イメージが掴みやすいのかも・・。


フム。
【職場における、平等性】ですか。

「それって、誰に対して?」

LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)の
人たちに対してです。


LGBT??

daaee92983f19f17525b01b68890d6b1.png

はい、
具体的には、
レズビアン、ゲイ、
バイセクシュアル(両性愛者)

そして、
性同一性障害を含む性別越境者などの
トランスジェンダーの人たちを指します。

(それぞれの頭文字を合わせてLGBT!


LGBTの人たちの、
職場における平等を掲げるアメリカ企業を
ピックアップし、組成されている指数が、

ワークプレイス イークワリティ指数
です。

そして当該指数との連動を目指すのが、
ワークプレイス イークワリティ ポートフォリオETF
なのです。


当該ETFには、
9月21日現在、
199の企業が組み入れられています。

(ソニーもADRの形で組み入れられています)

運用開始は2014年2月、
業種でいうと、
一般消費財、金融などの割合が高く、

特徴的なのは、
各企業の組み入れが『均等』ということ。


つまり、
仮に組み入れが200社とすると、
一社あたりの比率は「均等割」で
0.5%になるイメージ・・。

この『均等割合での組み入れ』は、
結果として、時価総額が小さめの、
中小型株を
オーバーウェイトすることにつながります。



さらに特筆すべきは、
「ワークプレイス イークワリティ指数」のリターンと、
S&P500指数のリターンを
直近6年で比べてみると、

(2011年を除いて)、
「ワークプレイス イークワリティ指数」の
リターンのほうが高くなっています・・。


わたしは、
企業が『人材の多様性』を掲げるのは、
なにも慈善の精神からではないと考えます。

「バックグラウンドが異なる人材を
受け入れなければならない」
ではなく、

「バックグラウンドが異なる人材を
多く受け入れたほうが、
(長期的にみれば)得になる」という
シンプルな帰結です。


では、なぜ得になるのか?
これもシンプルですね。

株式会社は、
「文化的背景が異なる人が交わる社会」の中で、
商売をしていく必要があるからです・・。

◆ 参照記事
多様性の擁護が結局トクになります

似顔絵




| ETFのお勉強 | 17:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT