| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インド人が「汗をかかない投資」を勧めています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは2010年
インドに行ったとき、
複数の証券会社を訪ねました。

下の写真は
ニューデリーの
ネット系証券会社の内部です。


IMG_0406.jpg

(左の奥↑のほうでも、
実にたくさんの人が
トレードしていました・・)

当時も今も、
インド株式は
『成長株』だらけです。


たとえば、

「オレさ、
あのABC株買って、
家建てたんだぜ!」
という話も、
ぜんぜん珍しく聞こえません・・。


かつて日本や米国や、
その他の国々で起きたように、

所得が上がるにつれ、
インドでも
株式投資を始める人が
どんどん増えているわけです。

こういう環境下で、
「どの会社がいいのだろう?」って
考えるのは、
(どこか)楽しそうですね。


そんな中、
インドで
インデックス投資の啓蒙を
行っているのが Ravichandさんです。


X-o4ufTB_400x400.jpg

こんな人!

(あのー、
Ravichandさんはツイッター上で
偶然知りました(^^;


たとえば、です。

あなたが
インドの代表的な株価指数
「Sensex指数」に投資を行っていたら、

どのようなパフォーマンスになっていたのか?

Ravichandさんは
こうツイートしています。

B.jpg

まずタイトルが↑いいですね。

汗をかかない投資!(No sweat investing)

わたしなりに意訳したのがこちら。

こちらは、
特定のピリオドで
Sensex指数に10万ルピー投資を行っていたら、
今どうなっているかを示しています。


(※ このツイートは5月4日のもの)


結果はスゴいことに・・。

・30年前の投資・・元本は76倍に。
・25年前の投資・・元本は32倍に。
・20年前の投資・・元本は5.7倍に。
・15年前の投資・・元本は5.6倍に。
・10年前でも・・元本は5.6倍に。

あの・・
ただのインデックス投資ですよ。


スゴいですね。

インド株式市場が時間をかけて
力強く成長してきた様子が伺えます。

Ravichandさんのブログには
次の言葉が掲げられていました。

シンプルさとは究極の洗練のことである。


わたしも(実に)そう思います。

インデックス投資は
新興国でこそ、
その力をより発揮するのです。

似顔絵




| 2010年 インドがやって来た | 17:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宗教対立の半分は、実は格差の対立である?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今から20年前、
わたしはインドのジャイサルメールという町に逗留していました。
(パキスタンとの国境に近い砂漠の町です・・)

この町はかつて、
キャラバン貿易の中継地、宿場町として栄えました。

180度、見渡す限り
砂漠しか見えないこの町を見守っているのは、
巨大な「城砦」です。

この「城砦」は12世紀頃に建てられたものです。
当時隆盛を誇った「イスラム教徒」の侵入を防ぐためです。

??(ということは・・)
城砦を作ったのは
「ヒンドゥー教徒」の人たちだったのですね。

「イスラム教徒」*「ヒンドゥー教徒」

ご承知のように、
インド人のおよそ8割はヒンドゥー教徒です。
しかし、1000年という時間の中で、

イスラム勢力が勢いを増したり、
またヒンドゥーが巻き返しを図ったりという、
長い長い「歴史」を繰り返してきました。

映画「ガンジー」をご覧いただくと分かりますが、
イギリスから独立を果たしたインドは、
植民地時代からの「宗教対立」を解消することが出来ず、

(結局)イスラム教の人たちは自分たちで集まって
「パキスタン」という国を作り、分離独立します(1947年)

この映画の後半部分に
イスラム教徒とヒンドゥー教徒が
血で血を洗う殺し合いの場面があるのですが、
それを見ると戦慄を覚えざるを得ません・・。

(現在でもインド国内には
1億人を超えるイスラム教徒がいます。
またシク教徒、ジャイナ教徒などもいます・・)

わたしがジャイサルメールにいた当時、
毎朝市場に行ってチャイを飲んでいたのですが、

ちょうどイスラム教徒とヒンドゥー教徒の間で
小競り合いがあり、
市場が閉まってしまったのです。

ある商店主(ヒンドゥー教徒)が
イスラム教の悪口を言っていました。
また別のイスラム教徒は、
ヒンドゥー教徒の悪口を言っていました。


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


・・ほんらい、宗教とは、
【毎日朗らかに暮らすための、生活上の教え】
であったはずです・・。

それはヒトが作り出した
「文化」のひとつと言えるのではないでしょうか。

宗教がいつの頃からか「イデオロギー」となり、
国家権力と結びついてしまったあたりから、
ほんらいの役割を逸脱し始めたのだと思います。

信教とは、
きわめて「個人的な行い」なのに、
宗教そのものが【ひとつの勢力】になってしまったのです。

ヒンドゥー教とイスラム教は、その歴史、
誕生した場所から、発展の背景、教義などが
大きく異なっています。

投資を行う者としては、
宗教対立」は
国を安定させるために「付加のコスト」がかかる
という意味で、もちろんネガティブです。

しかし、わたしは
インドの人たちが経済発展を続けることで、
宗教の役割が「ほんらいの場所
【=個人的な領域】に
戻っていくのではないかと思っています。

ヒンドゥー教もイスラム教も、
豊かになることそのものは否定していません。

豊かになる人が増え、
貧富の差が縮小することで、
宗教に名を借りたテロも少なくなっていくのではないでしょうか。

経済の発展こそが、
宗教対立を和らげるカギになるとわたしは思います..。



| 2010年 インドがやって来た | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドがやって来た!(インドには和菓子、ミスドが合う?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

23歳のとき、わたしはインドに4ヶ月近く滞在しました。
主に北インドの町を回ったのですが、
そのときは一度も、男女が並んで歩いている姿を見ませんでした。

ところが去年の12月、デリーに着いた夜、
わたしは世の中が一変したのを実感しました。

その夜は「YO! China」という
カジュアル中華レストランに行ったのですが、 
そこで衝撃的なシーンを見ました。

そのお店はどこにでもあるようなレストランで、
大きな液晶テレビがあり、
「クリケットの試合」が放映されていました。
(インドでスポーツといえばクリケット!)

テーブルではカップルが仲睦まじく寄り添い、
向かい合って、ではなく、
同じ側に隣り合って座っていたのです。
  ↑ ここ、重要。

そして、互いの手を握り合い、
愛をささやき合っていました(多分..)

女性は(もちろんサリーではなく)カジュアルな洋装で、
男性のファッションも垢抜けていました。
(なんというか、雰囲気はビバリーヒルズ青春白書のよう!)

ちなみに「YO! China」はこんなお店です。



若者、ミドルクラスのファミリーに人気があるレストランです。
現在、インド全土で43店舗あります。

インドでは中華料理は非常にポピュラーで、
(たいていのホテルのメニューに必ずあります!)
万一インド料理がダメな場合でも、
中華が好きならなんとかインドで過ごせるでしょう。

「YO! China」はデリバリーもやっていて、
こんなローカルなCMも流しています。



また【こんな】デザートまであります!
※ インド人は甘ったるいデザートが大好きなので、
和菓子のお店を経営している皆さん!
インドにチャンスありですよ。

また、洗練されたドーナツとして
ミスドにもチャンスがあるのでは..。

そして、もうひとつ驚いたのは、
インドの人がみなコーヒーを飲んでいたこと。
(わたしが19年前にインドを放浪していたときは、
みんなチャイ(甘いミルクティー)を飲んでいましたから..)

先ほどの「YO! China」も
インド人が経営するフランチャイズですが、
コーヒーショップでもインド全土に店舗を持つお店があります。

INDIAN Coffee HOUSE


こちらはどちらかというと
庶民派コーヒーショップです。

Cafe Coffee Day


こちらはインド版スタバと言ってよい
洗練されたコーヒーショップ。

実際、インドは住宅事情があまりよくないため、
待ち合わせ、商談など、
コーヒーショップを利用することが多いようです。
(かつての日本もそうでしたね..)

ところで、インド人がコーヒーを頼むときの言葉は?
(もちろん)Excuse me です。
インドの人は、会話の中で自然に英語を織り交ぜて話をします。

(数学力と英語力、このふたつの能力を兼ね備えた人が、
グローバル経済で台頭する可能性は・・?)




| 2010年 インドがやって来た | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドがやって来た (大量消費社会の入り口・・)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

意外に思われるかもしれませんが、
わたしが1991年にインドのコルカタを訪れた際、
すでに地下鉄が走っていました。

インドの首都デリーでは2004年に地下鉄が開業しています。
DELHI METRO すでに「6路線」が完成済み)

デリーの地下鉄は路線が分かりやすく、
それぞれ「レッドライン」「イエローライン」
「ブルーライン」「オレンジライン」「グリーンライン」
「バイオレットライン」と呼ばれています。

(ちなみにオレンジラインを利用すれば、
インディラ・ガンディー国際空港から
市内中心部まで1本でいけます)

このデリーの地下鉄は、
総工費の6割以上が日本のODAによる円借款なのだそう。

また、車両をよく見ると、
三菱電機、韓国のRotem、インドの Beml India社の
ジョイントベンチャーによる製造ということが分かります。

駅も車両もきれいで、
車両内には、携帯やノートパソコン用の電源もあります。
(インドでは駅構内、車両内の写真撮影が禁止されているため、
写真は撮れませんでした)

際立ったのが、携帯電話による会話。
もうこれは香港とまったく同じで、
インドの人は地下鉄の中でもまったく気にせず
携帯でしゃべっています。

また、駅の構内には、
「つばを吐いたり、車両の床に座ったりすると
罰金がかかりますよ」という案内がありました。

ネルー・プレイス駅

バイオレットライン: ネルー・プレイス駅
(高架になっている部分も意外と多い)

わたしは地下鉄に乗って
たびたびデリーの中心部「コンノートプレイス」に出向きました。

このデリーの中心部なのですが、
けっこう老朽化が進んでいて、かつ道路も狭いことから
近代的なオフィスは郊外へと移っていっている様子。

ちょうどアメリカのダウンタウンが寂れ
ビジネス、商業の中心地が
郊外に移転したのと同じようなことが、
デリーでも起こっています。

郊外型の商業施設の典型が【モール】です。
サウスデリーの Saket District には、
4つのショッピングモールがあります。
Select City Walk、
Metropolitan Mall、
DLF Place、Square 1 Mall

わたしはこのうち、
Select City Walk へ出掛けました。

Select City Walkは
ふたつのホテルが入り、映画館、レストランも備えた
大型のショッピングモールです。

City Walk

(ここはもう、ダウンタウンとは別世界。)
特に女性の服装がファッショナブルで、
今後、アパレル、美容業界ののびしろが大きいと実感しました。

いろいろなお店で
ルピー建ての料金表示をチェックしましたが、
インド人の平均月収に比べるととても高い感じ..。

しかし、インドの人口の半分は24歳以下です。
このまま経済発展が続けば、月収が順調に伸びていき
「購買力」も高まっていくでしょう。
インドはまだ、
大量消費社会の「入り口」に立ったところなのです。

ショッピングモール

Select City Walk お決まりの吹き抜け構造ですね。

ミッキー

わたしは2025年頃のディズニーランド開業を目指して、
すでにWディズニーがインド国内で動いていると思います。

※ ちなみにインドのマクドナルドには
ビーフのハンバーガーはありません。

ノン・ベジタリアンには
「チキンバーガー」がポピュラー。
ベジタリアンの人には
「ベジタブルバーガー Mac Veggie」があります。

※ 現在、ムンバイ、チェンナイ、バンガロールでも
地下鉄を建設中です..。



| 2010年 インドがやって来た | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドがやって来た(どうして金利は高くなる?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

多くの人は何によって【豊かさ】を実感するのでしょうか?
おそらく「毎年、給与が上がっていくこと」によってだと思います。
(単純明快ですね)

去年インドに行った際、
わりとまとまった額のルピー紙幣を残してしまいました。
「ああ、これは失敗です…」

だって、インドでは毎年、
ルピー(通貨)の価値が減っていくからです。

どうしてかというと、毎年
モノの値段が上がっているから..。

物価上昇とは(それが過度なものでないなら)
その国に付加価値が付いている「感覚的な証拠」です。

人々は、来年、今よりモノの値段が上がると思うから、
必要なものは「早く買っておこう」と思います。

また、今年1000万円のローンを組んでも、
モノの値段が上がっていけば、
その1000万円の負債の「実質的な重み」は減るわけですから、

ポジティブな気持ちで「早くローンを組んで」
(クルマや家を)買おこうと思います。

つまり、物価上昇があり、
毎年給与が上がることで「消費活動」が刺激されるのです。

当然、企業の資金需要も旺盛です。
お金を借りたいという会社が増えると、
借り入れ金利も高くなりますね。

これは「銀行側」から見てみるとより分かりやすいでしょう。

仮にA社に年5%でお金を貸し出しても、
1年後の物価が5%上昇していれば、
実質の価値で銀行は「儲けがない」ことになってしまいます。

したがって、銀行は物価上昇も考慮に入れた、
比較的「高い金利」で貸し出しを行おうとします。

銀行預金をしている人も同じです。

金利が4%付いても、
1年後に物価が5%上昇していれば、
実質的に「損」になってしまいますから、
できるだけ高い預金金利を求めます。

そうすると、銀行側も
ある程度高い金利を提示せざるを得ないわけです。

SBI 預金金利

写真はSBI(これは State Bank Of India の略)の
銀行預金金利です。
何日間預け入れるかによって、預金金利が違ってきます。

(ちょっと見えにくいですが、
たとえば、555日は 7.5% と書いています)

8.jpg

マルチ・スズキの車が対象の自動車ローン。
8%」と書かれていますね。

Easy Loan と書いている

各種ローンを奨励する看板です。
(Easy Loan と書いています)

ただし、本日付の産経新聞によりますと、
インドは食料品価格の高騰に悩まされているようです。

6日に発表された統計では、
食品価格は年換算で18.32%上昇と産経新聞は伝えています。

価格の高騰を抑えるためには
金利の引き上げが必要ですが、
金利を引き上げすぎると、
企業の設備投資などに影響が出ます。

また、投機資金が
一挙に流入する可能性もあります。

今後、インドの中央銀行は
難しい舵取りを迫られるでしょう..。




| 2010年 インドがやって来た | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドがやって来た(株式市場はまだまだこれから..)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日のブログで、
―これからの時代は、
違いを探すよりも、【共通項】を見つけ出して、
それを糧に地球単位でモノを考えるほうが理に適っています。―

とお話しました。

【共通項】のうち、
顕著なもののひとつは「株式市場」です。
(なにせ、共産党一党の国でも株式マーケットが存在しますから)

インドにも株式市場があり、
証券取引所が存在します。

代表的なものは、「ボンベイ証券取引所」
「ナショナル証券取引所」のふたつです。
(どちらもムンバイにあります)

「ボンベイ証券取引所」はSENSEX指数で
「ナショナル証券取引所」はNIFTY指数で有名ですね。
(外国人の私たちにとってはSENSEX指数が馴染み深いです)

Sensex指数は、
インドを代表する12業種、30銘柄から成り立っています。

(指数は1979年4月1日を100としています。
2011年1月6日の終値が 20,163 ですから、
およそ200倍になっていますね)

上場企業は5000社程度ありますが、
管理ポストに入っている会社も2000社くらいあるそうです。

何しろ1875年の設立で、
未だに古い体制が温存されています。

たとえば、株式を売買する全ての投資家は、
(日本でいえば金融庁にあたる)FSAという規制官庁に
登録をする必要があります。

また、インドの個別株は(中国株と違い)
個人の外国人投資家が売買することはできません。

インドの個別株を買おうと思えば、
米国市場やイギリス市場に上場する
インド株を購入する必要があります。

(ところで、)インド人は株式投資に興味があるのか・・?
わたしの実感では大いにありそうな様子でした。

わたしが訪れたデリーのマーケットプレイスでは、
Bajaj Capital が運営している
justtrade.in というネット証券会社があり、
そこにはトレーダーのための「ブース」が設けられていました。

マーケット情報のテレビを観る チャート出ている

justtrade.in のブース内。
マーケット情報を伝えるテレビが見えます。
(チャートが表示されています)

株価を見ている人 B C

株価を確認する投資家の人たち

Bajaj Capital

Bajaj Capitalは、投資信託や保険商品も扱っている
インドでも有数の金融サービス会社です)

FPと書いている Bajaj Capital

Financial Planning と書いていますね。

リライアンス証券

リライアンス証券
(大手証券会社のひとつ。
ちなみにリライアンス財閥は、
タタ財閥と並ぶ、インドの二大財閥です)

わたしはそう遠くない時期に、
(インド国内に上場する)インド株を
外国人投資家が購入できるようになると予想します。

そこからインドの株式は世界に開かれるのです..。



| 2010年 インドがやって来た | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT