FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本の株価指数の二極化が起こる?(Japan New Economy Indexについて)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはアウターガイさんの記事で知りました。
新経済連盟が独自の株価指数「新経連株価指数」の算出・公表を開始

「えっ、新経済連盟ってなに?」


と思われる人がいるかもしれません。

旧来の製造業中心の
「経済団体」(経団連)に対抗して、
IT企業を中心に作られた「経済団体」のこと。

代表理事を務めるのが、
楽天の三木谷社長と云えば、
イメージが湧いてくるでしょうか・・?


この新経済連盟ですが、
新たな『株価指数』の算出を始めています。

その名も・・、
「Japan New Economy Index」!


Japan New Economy Index


こちらをご覧いただくと、
毎日「指数」の公表をしているようです。
(算出業務はドイツのSTOXX社に委託しています)


日本語名は「新経連株価指数」ですが、

英語名の
Japan New Economy Index」のほうが
この指数の【狙い】を如実に表していると思います。


要は?

「要は、いつまでもオールドエコノミー中心で
日本の経済を捉えていると、
これからの発展はありませんよ!」
と主張しているわけです。


(Japan New Economy Indexは、
新経連に加盟する525社のうち、

東京証券取引所第1部、第2部、
東証マザーズ、ジャスダックに上場する
96社を対象に加重平均して指数を算出。)


朝日新聞のこちらの記事によると、

Japan New Economy Index(新経連株価指数)は
新経連が発足した2012年6月1日を
起算日としており、

同指数は19年5月末で
当初の約4倍になっています。
(それに対して日経平均株価は約2倍・・)


何やら、違う景色が見えてきます。


私たちのライフが
高齢世代と若年世代に分離され、
それぞれが違う景色を見ているように、

日本経済も、
オールド・エコノミー
ニュー・エコノミーという、
まったく異なる「層」から成っており、

どちらかというと、
オールド・エコノミーが【鍋のフタ】となって、

新進気鋭の斬新なアイデアや試み(トライ)を
押さえつけている面があるのでは・・?と、
わたしなど思ってしまいます。


fuufu.png


・・話は変わります。)


ちょっと昔の話ですが、
2014年の『インデックス投資ナイト』で
ひふみ投信の藤野英人さんが、

次のような主旨のことを言っておられました。

 (日本企業について、)
大きな会社の経営者の質が低い。
そういう会社はパフォーマンスも悪い。

上位100社を除くと、
パフォーマンスが良いのに・・。

ドコモや三菱UFJフィナンシャルグループなどは
株価が激下げしているのに2期4年も会長をやっている。
アメリカなら首になる。

(日本では)アクティブな
ファンドマネージャーが少ないので
お前は首だと退場を命じる人がいない。
だから非効率性が上がってしまう・・。



藤野さんは確かあのとき、

『上位100社を除いた
株価指数があればいいと思っている。』

という主旨の発言をされていました・・。

『株価指数』とは、時代の産物です。



マーケットでうごめくさまざまな企業から成る
「市場平均」を、

どのような観点で、
どれだけ独創的に作り出すか・・。

ここが『指数』(インデックス)の
もっとも面白いところです。


そういう意味で、
わたしは「Japan New Economy Index」に
期待したいです。


20141203191931-5-steps-entrpreneurs-to-stay-course.jpg


そして、新経連株価指数のような物差しが
注目を浴びることで
もっとも刺激を受けるのが、

他ならぬ「日経平均株価」なのでしょう・・。


ただ、一点だけ、注意を。

冒頭の記事では
新経連株価指数について
アウターガイさんが、

算出要領や銘柄毎のウェイトなどについては
開示されておらず、詳細は不明です。


と記しておられます。

指数の算出と管理については、
指数提供会社に委託しているわけですから、
『詳細データ』をぜひとも開示してもらいたいものです。

(そして当該指数との連動を目指すETF、
インデックスファンドの登場を期待します・・)


最後に、
Japan New Economy Index(新経連株価指数)
構成銘柄一覧はこちら(PDFファイル)

日経平均株価の構成銘柄は
こちらです。

ぜんぜん違いますでしょ?)

株価指数もまた、
時代を映す鏡なのです・・。

あ




| 指数のお話 | 16:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「MSCIエマージングマーケット指数」の変遷が進んでいます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

自らファンドを組み合わせ、
ポートフォリオを作る人にとっては、

「新興国株式インデックス・ファンド」
MSCIエマージングマーケット指数との連動を目指す!ということで、

同指数には馴染みがあるはずです。


ところで「指数」とは?

固定の金属の入れ物ではなく、
立派な『生き物』です。


長い目で見れば、
平均を示す物差し(指数)に、

新たに採用される国や、
弾かれてしまう国が出てきます。

あるいは、
新たに採用される銘柄(株式)もあれば、
弾かれる銘柄(株式)もあります。

そう、指数内部では
常に【新陳代謝】が起こっているのです。


taiiku_sakaagari.jpg


そんな新陳代謝のひとつが、
MSCIエマージングマーケット指数への
サウジアラビア」と
アルゼンチン」の採用です。

5月14日付 Seeking Alphaの記事によりますと、

5月28日を持って
MSCIエマージングマーケット指数に
サウジアラビア株式とアルゼンチン株式が
組み入れられると伝えています。

これで
MSCIエマージングマーケット指数の構成国は
26ヵ国」となります。

上記記事によりますと、

サウジアラビアからは30社の銘柄が、
アルゼンチンからは8社の銘柄が
加えられると伝えています。


指数の『全体図』を整理しておきましょう。

現在、
MSCIエマージングマーケット指数」に
組み入れられるのは1138銘柄です(4月末現在)

国別の構成比率は
以下のようになります(3月29日現在)


3月29日 MSCI emerging

画像元:MSCIサイト


そして、同指数内における
もうひとつの動き(変遷)が「中国A株」。

昨年からMSCIは
「エマージングマーケット指数」への
「中国A株」の組入れを始めました。

が、市場の特殊性を考慮して、
「中国A株」のごく一部を限定的に
組み入れ始めたのです。

今月から、
その組み入れ比率が高まります。

Bloombergの記事より引用します。

引用、始まり)

MSCIは2月28日の発表文で、
中国A株の組み入れ比率を
今年5月から3段階で引き上げると説明。

MSCI新興市場指数におけるA株のウエートを
現行の0.72%から11月に3.3%に高める。

引用、終わり)


上記の
「0.72%」「3.3%」という数字は
実は「指数全体」から見た数字です。


MSCIの原文(プレスリリース)から拾ってみます。
こちらのほうが分かりやすいかもしれません。

it will increase the weight of China A shares
in the MSCI Indexes by increasing the inclusion factor
from 5% to 20% in three steps.


要は今年2019年中に
5月、8月、11月と3段階に分けて、

エマージングマーケット指数への
採用比率を、

中国A株(浮動株調整後の時価総額)の
5%から20%へ
増加させるということ。
画像1

中国A株そのもの(全体)を
一挙に同指数に採用してしまうと、
あまりにも影響が大きくなるので、

漸進的に組み入れを進めます・・
というMSCIの意思表示なのでしょう。


今の「国別組み入れ比率」を前提に、

仮に中国A株そのもの(全体)が
MSCIエマージングマーケット指数に
採用されれば、

同指数に占める
中国株式の割合は50%近くにまで
増加してしまいます。


以下、
世界の株式市場時価総額に占める
「国別のランキング」です(2017年)


時価総額

※ 画像の右側は途中で切れている状態。
1位の米国の棒線は(本来)もっと長いです。

画像元: the Global Ecomomy


この表を見ると、
中国株式のプレゼンスは
もはや新興国ではないことが分かります。

MSCIがよい意味で、
中国株式(A株)にプレッシャーをかけ続け、

いつの日か
「先進国株式(MSCI World 指数)」に
鞍替えされる日が来れば、

それは世界のマーケットにとって
決して悪いことではないはずです。

〇 こちらの記事もご参考に!
MSCIエマージングマーケット指数の25年を振り返ってみると・・

あ




| 指数のお話 | 13:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SPYの経費率がなかなか下がらない理由


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先月、個別相談でお客様から
ご質問』をいただきました。

「カンさん、
S&P500指数に連動するETFのうち、

どうしてSPYだけが他の2本に比べ
継続コストが高めなのですか?」


んー、なかなか鋭い質問!

(本項は米国上場ETFを想定しています)

SPY、
スパイダー S&P 500 ETF』は
栄えある米国で最初のETF。

「キング・オブ・ETF」と言ってもよく、
現在でも(世界のETFの中で)

もっとも純資産額が大きく、
もっとも出来高が多いETFとして
知られています。


presenter.jpg


が、
年間の経費率は 0.0945%・・。

i シェアーズのIVV、
バンガードのVOOは
ともに年間経費率 0.04%なので、
SPYのコスト高感は否めません。


わたしが推測するに、

SPYは指数算出会社である
「S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社」に
支払う、
指数の使用料』が足かせとなっているのでは?


??

インデックス・ファンドもETFも、
特定の指数との連動を目指す商品です。

その際、
指数を算出している会社に
ライセンス料」を支払う必要があります。


この「指数利用料」は多くの場合、
「1本のETFあたりいくら?」
という『金額ベース』にはなっていません。

ETF(ファンド)の
資産残高に対して『パーセンテージ』で
請求されます。

SPYの【目論見書】(Prospectus)を見てみましょう。
(4ページです)


SPYだ


同ETFが
支払う指数使用料
(S&P License Fee)は、
資産残高の 0.0302%となっています。

単純計算ですが、
SPYの純資産残高を
2500億ドルとして、

その0.03%とは・・?
(ナント)7500万ドルにもなります!

この『固定経費』が
SPYの運営上、
けっこう重たくのしかかっているのでは・・?



実は【指数の使用料】は、
他の運用会社にも負担となっており、

たとえばバンガード社は2012年から、
ETFに採用する指数をMSCIから
FTSEやCRSPに変更し始めました。

(コストを軽減するためですね。)


Solactiveやモーニングスターといった、
より利用料が安い指数を採用する運用会社も
出始めています。

また一部ETFでは、運用会社自ら
指数を組成する動きも見られます。

(代表例はファンダメンタルインデックスで
有名なウィズダムツリー社です)


日本でもインデックス・ファンドの
【超低コスト競争】が進んでいますが、

やがては指数算出会社に支払っている
指数使用料』が話題に上ってくるかもしれません・・。

〇 こちらの記事もご参考に!
【「指数」はインデックス投資の影の実力者?】

あ




| 指数のお話 | 19:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MSCIオール・カントーリー・ワールド・インデックスとFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスの違いについて


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「eMAXIS Slim」に
MSCIオール・カントーリー・ワールド・インデックス
(MSCI ACWI)との連動を目指す、

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)』が
加わります。
(新規設定は10月31日の予定)

ところで、
今日は【指数】のお話を。

具体的には、
「MSCIオール・カントーリー・ワールド・インデックス」と「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」の違いについて、
少し触れたいと思います。


ちなみに、
「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」とは、

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が
組み入れる、
バンガードの全世界株式ETF(VT)が
連動を目指している指数のこと。


端的に言って
MSCI ACWIと、
FTSE Global All Cap Indexは、
とても似ています(^^;


9月28日現在の
それぞれの指数における
上位組入れ国とその比率は・・?

MSCI ACWI)

アメリカ 55.12% 
日本  7.57%
イギリス 5.4% 
フランス 3.46%
中国  3.43%

FTSE Global All Cap Index)

アメリカ 54.72% 
日本  8.13%
イギリス 5.53%
フランス 3.04% 
中国  2.99%



MSCI ACWIが組み入れるのは
47ヵ国。

FTSE Global All Cap Index
組み入れるのは48ヵ国です。

「あれ、一ヵ国どこが違うの?」


FTSE Global All Cap Indexには
実はクウェートが入っています。

以下、MSCI ACWIの『構成国』です。

MSCI ACWI


ここにクウェートが入れば、
FTSE Global All Cap Indexの構成国になります。
(ただし、FTSEでは韓国は先進国に区分されます)


daidougei_juggling1.png


で、主な違いはどこにあるの?


ズバリ、組入れの【株式の数】です。
(9月28日現在)

MSCI ACWI) 2,791社
FTSE Global All Cap Index) 7,900社

この銘柄数の違いはどうして生じるの?


実は、
「FTSE Global All Cap Index」のほうは、
大型株、中型株、小型株
網羅しているためです。
(MSCI ACWIは大型株、中型株のみ)

要は、
「世界株式」のカバー率が異なるわけです。


「MSCI ACWI」は
世界株式の時価総額の85%程度を、
「FTSE Global All Cap Index」は
98%程度をカバーしています。

どちらも究極の
全世界株式・分散投資となりますが、

より広く網羅しているのが
FTSEのほうと云えますね。

ただ(繰り返しになりますが、)
大勢で見た場合、
両指数の特性は
とても似通っているのですよ。

あ




| 指数のお話 | 11:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年5月より『MSCIエマージング・マーケット指数』の構成国は24ヵ国から26ヵ国へ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

来年(2019年)の5月から、
『MSCIエマージング・マーケット指数』に
サウジアラビア、アルゼンチンが新たに組入れられ、

同新興国株価指数の構成国が、
24ヵ国から26ヵ国に増えることになります。
(アルゼンチンは10年ぶりの復帰となります)

考えてみますと・・
つい30年前まで、

世界は
資本主義の国と社会主義の国で
大きく分かれていました。

(たとえば、株式市場を持つのは
資本主義の国に限られていたのです)


また、およそ200年前から始まった
植民地主義の影響で、

多くの国々
ー発展途上国と呼ばれた国々―が、
経済発展の素地を踏みにじられ、

その影響は冷戦構造が終結するまで、
大なり小なり残っていました。


今日、株式市場を持つ国は
100を超えます。

濃淡の違いはあれ、

「自由に競争して、
利益を上げて、豊かになろうよ」

という基本方針を掲げる国(人々)が、
こんなにも増えたことは
史上「初」であります。


1768295.jpg

あなたもわたしも、
この時代に生きていることに感謝すべきでしょう。

なぜなら、
投資家として、
多様な収益の機会】に恵まれているわけですから。


『MSCIエマージング・マーケット指数』は、
冷戦終結の鐘が鳴り響く直前の
1988年に算出を始めました。

当初の構成国はたった10ヵ国

その後、1994年には、
インド、コロンビア、ペルー、
スリランカ、ベネズエラなどが
新たに組入れられます。

(現在スリランカは
エマージングの下の「フロンティア市場」に。
またベネズエラは、MSCIの
どの区分にも属していません・・)


1997年にはポルトガルが抜け、
同国はMSCIワールド指数
(先進国株価指数)に移行していきました。

代わりに、
ロシアが新たに組入れられます。

2001年には、
エジプト、モロッコが加わりました。

(モロッコはその後、
フロンティア市場に格下げとなりました)

2008年には、
ヨルダン、パキンスタンが相次いで
格下げ(フロンティア市場に移行)

その後、パキスタンは2017年に
エマージング市場に復帰を果たします。


無題


2010年にはイスラエルが抜け、
先進国株価指数に移行。

2013年11月、
ギリシャがエマージング市場に加わり、

2014年5月には、
カタールとアラブ首長国連邦が
新たに採用されました。

(また、2018年6月から
中国A株の部分的組み入れが
始まっています・・)


これだけでも、
「新興国」という概念が
連続して・変遷している様子が
分かりますね。


「先進国の株価指数」に比べて
「新興国の株価指数」の変化が激しいのは、

それだけ未熟であり、
かつ、潜在的成長のタネが大きいからでしょう。


2019年5月以降、
『MSCIエマージング・マーケット指数』は、

アジア9ヵ国、
中南米6ヵ国、
中東・アフリカ5ヵ国、
欧州6ヵ国の合計26ヵ国になります。


世界中に構成国がばらけているのも
新興国株価指数の特徴でしょう・・)


6c037b63-325c-4a6e-a164-75f0c720810a.jpg


今、インドネシアでiPadを触りながら、
プログラミングの勉強をしている学生は、
先進国の若者と何ひとつ変わらない
ポテンシャルを有しているのです。

それだけ世界の豊かさが、
広く浅く『底上げ』されている証拠ではないでしょうか。

MSCIエマージング・マーケット指数の詳細(MSCIサイト)

◆ 関連記事(kenzさん)
MSCI新興国株式指数  アルゼンチンとサウジアラビアを2019年5月より組入れへ

あ




| 指数のお話 | 12:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月1日から、中国A株がグローバル指数(MSCI ACWI)に組み込まれ始めます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

MSCI(指数算出会社)は
今週末の6月1日に、
中国A株の大型株234銘柄を、

エマージング・マーケット指数、
およびグローバル指数(MSCI ACWI)に
組み入れます。

(※ ちなみに、ACWIとは、
オール・カントリー・ワールド・インデックスのこと)

これは、中国A株が
世界市場の「枠組み」に
組み込まれ始めるということです。


(※ 中国A株 = 中国本土市場に
上場する中国株式。

新興国株式インデックス・ファンドなどを通じて
これまで保有してきた中国株は、
外国人投資家が容易にアクセスできる
「香港市場に上場する中国株式」を指します)


ただし、
ロイターのこちらの記事によりますと、

6月1日に実施する、
「第1段階」での組入れ比率は、
中国A株全体の
たった2.5%に過ぎません。

9月3日の第2弾を経ても、
5%程度にとどまる見通しです。

まあ、
『ほんのちょっと、組み込み始める・・』
ということですね。


それでもこの出来事は
たいへん重要です。

中国A株という、
ローカルかつ、
個人投資家だらけの
まだまだ未熟な市場が、

【外部の投資家】(海外投資家)と
つながり始めるわけです。


たとえ最初は
細い細い入り口でも、

外部の投資家のお金が
流れ始めれば、

個々の企業のフェアバリュー
(適正価値)が、
厳しい目で見定められることになります。


search_2016071212512047b.gif


前述したロイターの記事内では、
今回の組入れで、

パッシブ型ファンドから
85億ドル程度、

アクティブ投資家からは
パッシブ投資家の5倍に相当する
420億ドル相当が
流入する可能性があるとしています。


ありていに言えば、

「おーい、
外の人が家に入ってくるんだよ。
ちゃんと掃除して、
身なりも整えないと!」


という効果に期待しているわけです。

国家資本主義のお膝元である
A株市場が、
果たしてどこまで
マーケットの【規律】を尊重できるのか?

ここは注視する必要があるでしょう。


ただ、これまでの
マーケットの歴史を紐解くと、

『外に開かれれば開かれるほど、
市場は成熟化していくもの・・。』


新興国株式インデックス・ファンドを
お持ちのあなたは、
シンプルに捉えてくださいね。


MSCI(指数算出会社)が
今後、中国A株の組み入れ比率を
徐々に引き上げていけば、

あなたが保有する
新興国イ・ファンドの
中国A株の割合も、
少しずつ増えていきます。

また、大局的に見て、

私たちの予想?に反し、
中国経済が伸び悩み、
インド市場が高成長を続けると、

新興国株式イ・ファンドの、
インド株の割合が増し、
中国株の割合は減っていきます。

『インデックス投資』は
変化をそのまま捉える投資なのです。

似顔絵




| 指数のお話 | 19:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT