FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スマートベータ戦略は、時価総額比重型のインデックス投資に比べて優秀なのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

狭い意味での
インデックス投資って何なのでしょう?

私見ですが、

市場全体を、
各株式の時価総額の比率で再現することが
「ピュアなインデックス投資」だとわたしは思います。


すなわち、
(時価総額が大きなもの)は大きく持つ。
(時価総額が小さなものは)小さく持つ。


いっぽう、スマートベータ戦略では
株式の大きさ(時価総額)ではなく、
株式のファンダメンタルズ(基礎的条件)に着目します。

具体的には、各株式の配当、
売上高、利益、
リスクの大きさ(ボラティリティ)などに
注目するわけです。

いちばん馴染みがあるのが
高配当戦略」でしょう。

配当利回りが高い銘柄のみを
「高配当指数」に則ってセレクトするわけです。



たとえば高配当株式ETFでは、
配当利回りが高い銘柄の順に、
組み入れ比率に「ウェイト」をかけたりします。

また、配当利回りが高い株式を
「均等」で保有するものもあります。

さて・・
これって、狭義でいうところの
「インデックス投資」なのでしょうか・・?



たとえば、
(高配当)指数に組み入れられる銘柄の根拠は?
『高配当』であることです。

配当利回りは
配当金そのもの、
あるいは株価のアップダウンで
変化するので、

当然、時系列で見ると
「銘柄の入れ替え」も起こってくるでしょう。


一定の『条件』を課して、
銘柄の取捨選択を続ける・・という点では、

「高配当戦略」も、
アクティブ投資的」ではないでしょうか。

わたしは、
スマートベータ戦略とは
ルール化されたアクティブ投資だと思います。



狭義の「インデックス投資」とは異なる、
という意見です。


IMG_1126.jpg


利益の大きさに着目する、

あるいは、
価格変動(ボラティリティ)の少なさに
着目する場合もあります。

価格変動(リスク)のケースでは、

ボラティリティの少ない銘柄をセレクトし、
また、それら銘柄の「組入れ比率」も
調整することで、

ポートフォリオ全体の価格変動リスクを抑え、
コントロールしようとする・・


そんなETFもあります。

いわゆる「最小分散戦略」ですね。


誰しも、価格変動の振れ幅の大きさ
= リスクは小さいほうがいいですから、
魅力的に聞こえます。


が、そのような銘柄をセレクトし、
それら銘柄の組入れ比率も、
随時調整していく、というのは、

限りなく「アクティブ的」です。


最初の「一歩」の地点に帰ってみましょう。

時価総額の比率で
市場全体を保有する
狭義のインデックス投資では、

〇 銘柄を選びません。

〇 小さなモノは小さく、
大きなモノは大きく、持ち続けるだけです。

〇 その途上で、
各株式の大きさに変化が起きれば、
それをそのまま受容するだけ・・。



suimin_man.png


この、自らの意思、考えによって
「セレクトしない」(銘柄を)
「入れ替えない」ところに
わたしはインデックス投資の奥深さを感じます。

ベータ(β)、
すなわち市場全体との連動性を
上回る「スマートさ!」というのが、

スマートベータという名称の意味するところ?
かもしれませんが、

皮肉にも多くの人が
このような戦略を用いた道具に投資すればするほど、

株価の上昇によって
配当利回りは下がり、
ボラティリティ=リスクも高まり、

かえってその優位性は
失われるのではないでしょうか。



※ ただし、スマートベータとは、
「ルール化されたアクティブ投資」ですから、

このような戦略が普及してくると、
伝統的な高コストのアクティブ運用
苦戦を強いられることになるでしょう・・。

あ




| インデックス投資全般 | 20:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インデックス投資のデメリット


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしの記憶だと
「インデックス投資」に関することって、

2005年くらいまで
大手メディアでは
ほとんど取り上げられることがありませんでした。

ネット社会が全盛となり、
モノやサービスを評価する際に、
マスの情報よりも、
口コミが重視されるようになり、

その影響もあって
インデックス投資は
「草の根」で少しずつ広がってきたように思います。


が、最近SNS上では
インデックス投資 =「リスクが小さく安全である」
「これで決まり!」というような
誤解がはびこるようになってきました。

ここではあえて
インデックス投資のデメリット」という
言い方をしますが、

インデックス投資は
リスクが立派に大きいです。
(ぜんぜん安全でもありません・・)



anxious-man-biting-nails-worried.jpg


それはそうでしょう。

インデックス投資は
市場全体に隈なく投資を行うため、

市場そのもののアップダウンの振れ幅
(=リスク)を
まともに、100%負うことになります。


コレってけっこうすごい。


具体例を挙げてみましょう。

2008年の金融危機発生時、
「株式インデックスファンド」では、

日本株式、米国株式、
先進国株式(日本除く)とも、
この年の成績がマイナス50%程度にまで落ち込みました。

また、株式50%・債券50%に分散させた
バランス型のインデックスファンドでも、
2008年の1年間の成績は
マイナス30%を超えたのです。


わたしが保有していた
新興国株式ETFなど、

まるで傾斜40度の坂道を
転がり落ちるような「下落」を見せ、

恥ずかしながらわたしは本当に、
心臓の鼓動が早くなっていくのを
感じていたくらいです。

(2008年の1年間で
新興国株式は60%近いマイナス
なりました・・)


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg


インデックス投資は
決してリスクが小さいわけではなく、
一時的には大きなマイナスを抱える可能性があります。

これは肝に銘じておくべきでしょう。


また、インデックス投資は
決して「ナンバーワン」になる投資ではありません。
(なにしろ買っているのは平均ですから・・)


そして、
あなたが嫌いな会社も、国も、
容赦なく組み入れます。

あなたは(自分が納得いかなくても)
そんな銘柄や国や地域にも
投資を行うことになります。

それに、です。
インデックス投資は
面白くありません!

これ本当です(笑)

市場全体にざっくり投資を行うため、
この投資は面白みに欠けるのです。



ネットフリックスのサスペンス映画のような
ドラマ性とは無縁であり、
どちらかというと
植物観察ドキュメンタリーに近いでしょう。

(10分くらい観ていると退屈になってくる。)


ただ、別に私たちは
投資を好きになる必要はないでしょう。

投資を行うのは、自分の将来の生活の
「選択肢」を増やすために過ぎませんから・・。
面白みは、あなたの人生のほうで求めてくださいね。

あ




| インデックス投資全般 | 19:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

がめつく、しつこく、平均を出し抜こうとするアクティブ投資のおかげで、まっとうな市場平均が出来上がります


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然ですが、
3年B組の『平均身長』は?

平均的な身長の生徒たちで
成り立っているわけではありませんね。

「平均」身長とは、あくまで 結果 です。

背が低め、すっごく高い、
そこそこ低い、平均に近い、
けっこう背が高い・・


いろいろな『個性』が集まって、
そこから「平均」が算出されるわけです。


bne59a_20170312134239e01.jpg


これは投資の世界も同じ。


あなたは、
netWIN ゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし)』をご存じですか?

あっ、投資信託の名前です(^^;)

当該ファンドは
主に米国のIT企業に投資を行う
アクティブ・ファンドです。
(設定は1999年11月

基準価格の推移をご覧いただくと、
けっこうスゴいです・・。


ネットコース

画像元) 日経新聞電子版(マネー研究所)
過去半年の資金純流入 運用20年の老舗投信が1位


この20年近くで
まるでスペクタクルな映画のように
激動しています。

99年の11月(設定月)と云えば、
ITバブルがまさにピークを迎えた頃。

当ファンドの基準価格は暴騰しますが、
2000年3月にあえなくバブルは崩壊。

ファンド価格は
ピーク時の7分の1程度まで下がり、
純資産額も「20億円程度」にまで激減・・。


が、当ファンドは
2013年あたりから基準価格が回復し始め、
直近の純資産額は
ナント2900億円を超えています。

(そして、直近10年間のパフォーマンスは
年率17.98%という好成績です)


「あれ、カンさん。
アクティブ運用にくら替えしたの?」


いいえ、そうではありません。

ここでは当ファンドの
『運用骨太方針』を
ご紹介したいのです・・。

ファンドのポイント)から抜粋します。

主に米国を中心とした
「インターネット・トールキーパー」企業の株式に
投資することにより、
信託財産の長期的な成長をめざします。


トールキーパー企業とは?

高速道路の『料金所』のように、
ネット人口が増え
ITを活用する人・企業が増えることで
収益が増加する企業を指します。


この20年近くで
インターネットが社会のインフラとなり、
当該ファンドの投資対象も、

当初の純粋なIT企業から
金融関連、輸送機、ヘルスケアなどに
広がってきました。

ただし、組み入れ銘柄は今も
「37社」のみであり(19年3月末時点)、

〇 価値 > 株価 となっている企業を
血眼になって探し、絞り込む。

〇 価値 < 株価 となった企業を
売却して利益を確定する。


これを愚直に繰り返していることに
変わりはありません。


20171222224858.png


もちろん、当該ファンドの
直近1年程度の資金流入の大きさ
警戒すべきものであり、また
けいぞくコストも非常に高いです。

(運用管理費用は
年2.052%(税込)です)


が、ここで
わたしがフォーカスしたいのは、

当ファンドが
「がめつく」「しつこく」
市場平均を出し抜こうとする、

アニマルスピリット的な
アクティブ投資の『本質』を
実践し続けてきたという事実です。


★ ここから、ちょっと想像してみませんか?

このようなアクティブ・ファンドが、
何百本と存在するとどうでしょうか?


このようなアクティブな投資家が、
何十万、何百万人と
存在するとどうなるでしょうか?



互いに市場の中で
より【儲けよう!】と炎を燃やし、

その株式の
『本質価値』を見極めるべく
データを読み込み、
データ以外の定性部分も読み解こうとし、

各自の判断で各々が
銘柄の売り買いを行って、

たとえば、
5月13日の
アメリカ株式市場の「平均」が
算出されるわけです。


これが、
『市場平均』の意味 です。



無題


がめつく、しつこく、
平均を出し抜こうとする、
野望的なアクティブ投資があってはじめて、
健全なインデックス投資は成り立ちます。

ベクトルは、
「健全なアクティブ投資」→「健全なインデックス投資」であって、
その逆はあり得ないのです。


なので、
わたしは密かに囁き続けます。

ガンバレ、
出でよ、
野心的なアクティブファンドよ、と。


※ こちらの↓動画でも、同じようなことを言っています。






| インデックス投資全般 | 14:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バロンズの記事。『ETF業界、大手3社寡占の是非』より


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ウォール・ストリート・ジャーナルに
以下の記事がありました。
【バロンズ】ETF業界、大手3社寡占の是非

結論から申し上げると、
ETFやインデックスファンドのマーケットは
(そもそも)「寡占化」しやすい市場です。

なぜかというと、
扱っている商品が
『市場平均』をなぞる道具であるためです。



この種の商品は
〇 他社とは違う運用
〇 差別化する運用が「しにくい。」

というか「ほぼ不可能」です。

なぜなら、
運用のゴール
(= 市場平均との連動を目指す事)が

同じであるため・・。


ということは・・、

最初のほうは
ETFやインデックスファンドの運用を
たくさんの会社で競っていても、

そのうち「資産の規模」と
「低コスト化」で差が生じ始め、
最終的には
大手の数社に収斂していく・・。


これは
時と場所が違っても、
そんなに違わない傾向でしょう。

(冷徹な言い方をすると、
『勝者総取り』の側面があるのです)


MW-HF901_Barron_NS_20190318160602.png


バロンズの上記記事には
次のような「数字」が出てきます。

〇 ETF業界の規模は4兆ドル。
〇 そのうち上位3社で
資産全体の80%を占める。


・・すごいですね。

その上位3社とは?

・ブラックロック(iシェアーズ)
・バンガード
・ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズです。


(ちなみに、ETF全体では
運用会社は100社以上あります)

もちろん、
寡占化が進んでいるのは
インデックスファンドも同様です。


今のところ大手の間では
苛烈な『コスト競争』が起きており、

あなたとわたしのような
個人投資家が、
その恩恵に浴しているわけですが、

米国の監督当局は
(少なくとも)米国内のETFの状況に
危惧を抱いているようです。


globalcurrency_mainbanner.jpg


以下、引用)

この状況に対して
米証券取引委員会(SEC)は、

業界のイノベーションの力をそぐ、
もしくは投資家の選択肢を
少なくしているのではないかとの
疑問を抱いている。

引用、終わり)


運用業界に限らず
あらゆる産業で、

「寡占」と「競争」は長く
綱引きを繰り返してきました。

「独占(寡占)」⇒「それを抑止」⇒「創造的破壊」
⇒「新たな競争」⇒「独占(寡占)」・・


たとえばコンピュータ業界では、
かつてIBMが独占禁止法により
マイクロソフトを買収することができず、

(結果、)
健全な競争が維持されたという例もあります。


dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


バロンズの記事内には、
SECで投資運用部門の責任者を務める
ダリア・ブラス氏のコメントが
紹介されています。

以下、引用)

「中小規模の
資産運用会社という選択肢が
業界統合と運用報酬低下の波の中で
失われている点が、

一般の投資家にとって
どのような状況をもたらしているのか懸念される」

引用、終わり)



低コストだけではない、
あるいは規模の追求だけではない、

広くファンドという商品の
多様性の確保』を促すような発言に
わたしには聞こえました。

それだけ
ETFやインデックスファンド自体が
巨大なプロダクトになっている証左なのです。
(少なくともアメリカにおいては・・。)

あ




| インデックス投資全般 | 18:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

市場の掬い方(辛めのインデックス投資考・・)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先週の日曜、
仕事からの帰りの電車内(山手線)で、

車両の床に直に寝ている
酔っ払いさんを見かけました。

(すみません、
こういう人とは
お友達にはなりたくありません)

人との付き合いにおいては、

誰と親しくなりたいか
誰と親しくなりたくないか、
私たちは無意識に選んでいるはず。


shinpai_man.png

投資対象においても、

「これは好き。」
「これは嫌いだ。」という線引きは、
当然誰の中にもあるでしょう。


ところが、
インデックス投資って特殊なのです。


インデックス投資は
『市場平均』を
そのまま買ってしまうため、

それほど好きでない、
嫌いだ、
興味ないよ・・
という「銘柄」も、

あなたのお金で
たくさん買うことになります。



インデックス投資の話の中では、

「ココが
生理的に気に入らないんだ。」

という批判が
しばしば飛び出すことに・・。


たとえば、です。

2015年、
東芝の不正会計が発覚し、
利益の水増し額は
1000億円を超える事態に。


東芝


でも、
TOPIXインデックスファンドを
買っている人は?


東芝の株も
ずっと持っていたわけです。


巨額の『粉飾決算』を目にして、

道義的に、
上場廃止 → 東芝の株価「ゼロ円」に
なったほうがよいのではないか。


と思った人も少なくないはず。

この「銘柄」を持つのはイヤだという、
一個人投資家としての心情ですね。


ところが、
市場全体を投網で掬う
「インデックス投資」は、


東芝という一銘柄を
いっこうに気にしません。

上場廃止になる、ならない、
株価下がる、上がる等はまったく意に介さず、

ただ、市場の一部として
掬って持ち続けるだけなのです。
【ある意味、冷徹。】


逆に株価が
急騰している「銘柄」はどうでしょう。

PERが80倍にも
90倍にもなった企業の株も、
「インデックス投資」は平然と持ち続けます。

その「一銘柄」に対して
「高すぎる?」「安すぎる?」という
価値づけなど、まったく行わない。

ただ市場の一部として
その「高騰株」を掬っているだけなのです。


srufing_man.png


ちょっと想像してみてください。

価格が膨れ上がった「銘柄」は
当然注目を浴び、
さまざまな予想に晒されます。

ところが
インデックス投資は、

A 今は高騰していても、
2年後には暴落している。


B 今は高騰していると見えても
利益の伸びがあとから付いてきて
「価値」が「株価」に追いついてくる。


ABどちらであろうと、

そんなことは
意に・介さないわけです。



過去を振り返らないし、
未来も予想しない。

今のこの状態を
最大限に尊重し、

ひたすら今を映し出すこと、
(そして)それを続けることを

「インデックス投資」は
何より大切にします。

【なんだか超然としている。】



実はわたしは、
夢見る父さんの以下の記事を読んで
なるほど・・と感心したのです。

またもやインデックス投資批判


インデックス投資に対する批判のうち、

②インデックスには腐った銘柄もあって、
それを取り除けば良い成績になる


に応える形で、

夢見る父さんは
次のように記されています。

以下、引用)

どれが腐った銘柄か、
その後腐り続けているかは
事前にわからないということです。

10年前に、
「東京電力株は腐っているから
インデックスから外せ!」

なんていったら相手にされなかったでしょう。

一方で、東京電力株は
2012年の最安値120円が、

今年の高値は6倍以上の
760円にもなっています。

東電が腐っていると
2012年にインデックスから外していれば、
それについていけませんでした。

引用、終わり)


たしかに・・。

好き、キライ。
興味ある、興味なしを
超越しているのが
インデックス投資なのでしょう。

【どこかオトナの味がします・・】

追伸)

「全世界株式インデックスファンド」を
お持ちの方は、

今日の記事の「銘柄」を
」に置き換えて
今一度読んでみてください。

あ




| インデックス投資全般 | 18:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『こだわり』を持って選んでいるのはどっち? アクティブ・ファンド or インデックス・ファンド


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

生活用品って、
なんとなくイメージで
買ってしまうことがあります。

この前も
テレビのCMで、

「お風呂の排水口の汚れが・・
「こんなふうにするだけで・・
「ほらっ、こんなにキレイに!」

という
テンポのよいキャッチコピーに
わたしのツボが嵌ってしまい、
すぐに買いに行きたくなってしまいました(^^;


投資信託という商品では、

「このファンドの成績は
これまでの5年間 〇〇 で!!」


という、

(○○の中には数字が入るのですが、)

数字上のインパクト
やはり影響力「大」なのではないでしょうか。


この『数字』こそ、
その投資信託を大きく見せてくれ、

数字』こそ、
運用会社や運用チームの皆さんを
キリリと賢く映えて見せる・・

そして
このような雰囲気のもと、

「そうだ、このファンドにしよう!」


と、半ば勢いで購入してしまう人も多いのです。


ir_mokuhyou_tassei_man.png


いっぽう、
インデックス・ファンドって
どうなのでしょう・・?

投資信託を
「運用スタイル」で区分すると、

アクティブ・ファンドと
インデックス・ファンドに分かれますが、

インデックス・ファンドでは

「このファンドの成績は
これまでナント〇〇で!」
というふうに、

数字(成績)が強調されることは
あまりありません。



正直、
(多くの投資信託と比較して)

「ここがスゴイなあ!」とか、
「キャラが立って目立ちますね!」とか、
「君だけ光り輝いているよ・・」


みたいな役回りを、
インデックス・ファンドが担うことは
ほとんどないのです・・(-_-;)


1616 マーケットのアップダウン


(わたしは20年間
投資信託を見続けてきて思うのですが、)

そういう華のある『役どころ』は
だいたいアクティブ・ファンドが
持っていくもの。
← ホントです!


ところで、
アクティブ・ファンドを選んでいる人の中で、

「このファンドは、
市場平均を上回る成績をちゃんと残しているから、

(つまりは
アクティブ・ファンドの役割をきちんと果たしているから)
ボクはコレを買うんだ」
と、


意識しながら購入している人って、
いったいどれくらいいるのでしょう?

わたしはせいぜい半分程度だと思います。


換言すると、
アクティブ・ファンドを購入する残り半分の人は、

市場平均という物差し』との
比較がないまま、

なんとなく数字(成績)に惹かれて、
買ってしまっているのではないでしょうか。



この『なんとなく感』は、
そのまま、
ファンドの「平均保有年数」の
短さにつながっています・・。

安易に期待して買っているので、
(それが裏切られた場合は)
容易に「さよなら」してしまうわけです。


逆に、
インデックス・ファンドを
買っている人たちって?

それが『市場平均』程度の成績しか
残さないと認識してチョイスしている人が多いのでは?

つまりは(最初から)
過剰な期待を
していないわけです。


この『現実感』はまた、
ファンドの「平均保有年数」の長さに
つながっているはず・・。


おそらくインデックス・ファンドを
選ぶ人は、

数字(成績)そのものよりも、
手数料の低さや、
銘柄や国・地域の分散の深さや、

背負うことになるリスクの明瞭さに惹かれて
買っているのでは?


堅実も堅実、
背中にしっかり「」が通っているのですが、

しかし華やかさには欠け、
たとえば
「ガイアの夜明け」の番組内で
インタビューを受けることとかはないわけです...(^^;

あ




| インデックス投資全般 | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT