FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

先進国株式インデックスから、全世界株式(除く日本)を経て、全世界株式に至るまでの長い道のり


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まずは「ウォーミングアップ」。

あなたはG7のことをご存知ですね?

聞いたことありますけど。)

その昔、
「先進国首脳会議」と呼んでいたのを
知っていますか?

そうなんだ。)

略称を「サミット」といいます。



第1回先進国首脳会議(サミット)が
開かれたのは1975年のこと。
フランスのランブイエでした。


当時の参加国は6ヶ国。
(アメリカ、イギリス、フランス、
西ドイツ、イタリア、日本。なので最初はG6でした)


r summit

画像元:getty


日本からは三木武夫首相が参加しました。

原油価格の高騰を受け、
世界経済の舵取りをどうしていけばよいのか。
これを6ヶ国だけで話し合ったわけです。


逆の言い方をすると?

当時の「世界経済」に占める
上記6ヶ国の影響力が
いかに大きかったかが分かります。



次に資産運用のお話。

1980年代になると、
日本の機関投資家、

つまりは保険会社や証券会社や
銀行、年金基金のあいだで

「日本以外の先進各国に、
広く効果的に投資を行うべき」


という機運が高まりました。

いわゆる『分散投資』ですね。


105041.jpg


実は日本を含む
「MSCIワールド指数」
(先進国株式インデックス)は
1969年に算出が始まっていました。

しかし、除く日本である
『MSCIコクサイ指数』の算出開始は
1986年のこと。


これはわたしの邪推ですが、

80年代を通じ、
日本の経済力が突出するにつれ、
ジャパンマネーを取り込むべく、

MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)のほうから、『MSCIコクサイ指数』を創設する働きかけがあったのではないかと・・。



ともかく、
同指数の算出開始により、
少なくともプロの投資家にとっては、

日本株式だけでなく、
先進国株式インデックス』に
一定の資産を配分することは定石となったのです。

・・あっ、でも
これは機関投資家のお話。


私たち個人投資家には、
『先進国株式インデックスファンド』なんて、
夢のまた夢だったのです。

わたしが知る限り、
個人が『MSCIコクサイ指数』との連動を目指す、
『先進国株式』を買えるようになったのは、

『MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオ』が最初だったと思います。


インベスコ


同ファンドの運用開始は1997年11月
わたしは神戸の大和証券で
購入時手数料 2.1%払って購入しました。

たしか「運用管理費用」は年0.945%でした。


そこから、
全世界株式(除く日本)に至るまで、
なんと10年以上かかっています。

そう、
『eMAXIS 全世界株式インデックス』が登場したのは、
2010年7月のことなのです。

同ファンドは
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)との連動を目指します。

この、MSCI ACWI(除く日本)って
いったい何なのか?

MSCIコクサイ指数 + MSCIエマージング・マーケット指数なのです。



ひとつのファンドで
先進国株だけでなく、
一挙に新興国株式にも
投資が可能になったのは
画期的でした。


ところで冒頭、「サミット」のお話をしましたね。

あなたはG20ってご存知ですか?

聞いたことあるけど。)

G20とは、
G7プラス12カ国プラス1地域のこと。

13の国と地域って・・?

アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、
中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、
ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、
欧州連合・欧州中央銀行です。



実はG20は1999年から、
20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議として、
スタートしました。

mv_04_20190701160847057.jpg

写真は今年大阪で開催されたG20)


でも、なぜ20カ国になったの?

世界経済の勢力図が変わったためです。

これって資産運用の世界も同様です。

「新興国株式」という新たな投資対象が
個人投資家にも門戸を開いたのです。

そしてようやく(ようやく、)
全世界株式インデックスファンドが登場します。


sky-business-stock-bubble.jpg


あっ、突っ込みたいのは
分かりますよ。

ETFの世界ではバンガード社の
「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)が、
2008年に設定されていますから、

概念(コンセプト)としては
全世界株式が
全世界株式(除く日本)より先行しているわけです。


ただ、インデックスファンドで言えば、
全世界株式(除く日本)から7年経った2017年9月に、

ようやく
「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が登場します。

日本を含む先進国株式、
そして新興国株式にたった1本で
網羅的に投資が出来ることってやっぱりスゴイのですね。

あ




| インデックス投資全般 | 14:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「インデックス投資家」の出現は、投資という行いにふつうの人が参入し始めた証左


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはどちらかというと文系人間です。
(ITとか機械系とか、別に得意ではありません・・)

その昔、
ウィンドウズ95が発売されたときに、

真夜中の秋葉原の「ソフマップ」の店舗が
映し出されていました。




テレビ朝日:ニュースステーション

(この映像の1分過ぎあたりから
「ソフマップ前」に切り替わります)


『得体の知れないソフト?』を
買うため行列する人たちを、

「なんかオタクっぽい人たちだなあ・・」と
わたしは冷めた目で見ていたのです。

パソコンに触る人 = 機械好き。
いわゆるコンピュータおたく。
と思っていましたから。


(パソコン関連の専門用語は、
まるで別世界の言語でしたし・・)


時は移り、
今ではお祖母ちゃんもスマホを操り、

インターネットはシニア層、学生、
ビジネス、教育の現場を問わず、
社会にあまねく普及しています。

もうメモリの話をしたからといって、
あなたのことを「オタク」呼ばわりする人はいません。

ITがマニアの趣味的なフィールドから、
社会の公共財へと変遷してきたのが
この30年なのですね。


publicdomainq-0006065kqv.jpg


翻って「投資」です。

日本ではいまだ「投資家」は
パイオニア層の人がメインです。

いわば、
夜中に秋葉原で並んで、
『得体の知れない金融商品?』を
買っているような人たち。

そんなふうに、
どこか見なされているのです。


市井の人たちから見れば(投資家は、)

まるで別世界の、
自分たちだけに分かる
専門用語を駆使している輩・・です。



よくよく考えてみれば、
それがITであれ、
金融の分野であれ、

そもそもパイオニア層(開拓層)は
感度が高く、
そしてマニアックであり、

人に先んじて行動することに
喜びを見出す人たちです。


特に投資のパイオニア層(開拓層)は、
目はギラギラで、
がつがつと食べ、
果敢に動き回る人が多いのです。

(お昼は近くの公園に行って
のんびりお弁当でも食べようというタイプの人が、
引いてしまう」のもムリはありません・・)


bench_woman.png


でも、です。

ここ10年くらいで、
投資の世界の中で
ある種の異変が起こっています。

はっきり言って
驚きをもって迎えられています。

それは?

インデックス投資家」の出現です。


彼ら/彼女らは
一概におとなしく、ゆっくり草食し、

のんびりマイペースで
行動する人たちが多いのです。

「なんと。
ガツガツ系でない投資家もいるんだ。」


はい。

「機械好きでない人も、
パソコンに触れますよね?」



長めの時間軸で見れば、

「インデックス投資家」の出現は、
投資という行いに
パイオニア層(開拓層)以外の
ふつうの人たちが参入し始めた「証拠」なのです。



それはそうでしょう。
こちらの統計によると、
今年の7月末現在で、

企業型の確定拠出年金に加入する人は
721万人
個人型(iDeCo)の加入者は131万人に達しています。

ふたつ合わせると・・
850万人

(卓球の参加人口と同じくらい?)

・・・もう1000万人も見えています。

親子


それまで専門用語を駆使し、
特殊なテクニックの洗練のみに精進し、

時間もコストも労力もかけて行う、
ある種、特殊なサロンであった
「投資の世界」が、

ふつうの人が、
シンプルに継続していく
「何気ない行い」に変遷していく・・

その過程の中に私たちは居るのです。

なんだか投資家というより、
『運用者』といったほうがしっくりくるかも。。

今後、運用者の中に占める
ギラギラ、ガツガツ系の人たちの割合は、
間違いなく低下していくことでしょう・・。

あ




| インデックス投資全般 | 19:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ウォール街のランダム・ウォーカー』、初版の次のフレーズが美しい!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今から46年前の1973年、
バートン・マルキールが
ウォール街のランダム・ウォーカー』を世に出します。

初版の次のフレーズが
ウィキペディア(米国)に載っていました。

(index fundという用語の解説として)


マルキール


以下、引用)

Malkiel wrote:
What we need is a no-load,
minimum management-fee mutual fund that
simply buys the hundreds of stocks making up
the broad stock-market averages and
does no trading from security to security
in an attempt to catch the winners.

引用、終わり)



マルキール氏は言います。

私たちに必要なのは、
ノーロード型で
最小の運用管理費用である、

シンプルに株式市場の平均を形作る
数百の株式からなる投資信託です。

お宝銘柄を見つけるために、
銘柄から銘柄へトレードをしない投資信託なのです。



以下、引用)

Whenever below-average performance
on the part of any mutual fund is noticed,

fund spokesmen are quick to point out
"You can't buy the averages."

引用、終わり)



市場の平均を下回る成績に
投資信託(運用会社)が気付かされるとき、
ファンドのスポークスマンはいつもこう言う。

「市場平均は買えないですからね。」



以下、引用)

there is no greater service
[the New York Stock Exchange] could
provide than to sponsor such a fund

and run it on a nonprofit basis....
Such a fund is much needed,

and if the New York Stock Exchange
(which, incidentally has considered
such a fund) is unwilling to do it,
I hope some other institution will.

引用、終わり)



ニューヨーク証券取引所が
シンプルに市場平均を形作るファンドを
(ただのスポンサーであるより、)

実際に非営利で提供できれば、
これほど素晴らしいことはないだろう。

まさに、そのようなファンドが求められているのだ。

そういうファンドを検討するものの
もし証券取引所が実現するつもりがないなら、
わたしは別の機関がそれを行うことを望む。



・・・・・・、

そして数年が経ち、

バンガードのジョン・C・ボーグルが
それ】を始めるわけです。


インデックスファンドは
まさにアカデミックな場所からやって来たのです。






ありがとう、マルキールさん。

あ




| インデックス投資全般 | 11:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自営業者とインデックス投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

11年前、東京に出て来たときに、
自営業者として食べていける自信が
まったくありませんでした。

(神戸にいたときに比べ)
オフィスの家賃だけでも
3倍になってしまったのです。

わたしは何を思ったのか、
1日2食にして
極力ムダなお金を使わないようにしました。

(あっ、今はちゃんと3食食べていますよ(^^;)


小さなビジネスを長年やっていますと、
『思いがけず』ということばが
板についてきます。

たとえば、
思いがけず』・・売り上げが減る。
思いがけず』・・収入が増える。

思いがけず』・・○○が、

もう、『思いがけず』の連続です(笑)


思いがけず


自分の事業ですから、
ていねいな努力を重ねることは
もちろん大切です。

しかし自分の思慮では
どうにもならないこと」もあります。

これって(実は)
インデックス投資も同じ?


できるだけ長く、
同じ気持ちで投資を続けようとしても、

思いがけず』損失が、
思いがけず』○○が、

の連続です・・。

来年上がるか、下がるかさえ、
投資も(事業も)分からないのです。



わたしの場合、
インデックス投資を始めたのと
自営業者になったのが
「ほぼ同時期」だったので、

ビジネスを続けるうえで、
いくつもの『投資のキモ』を
無意識に取り入れてきた面があります。


たとえば、
インデックス投資では
口が酸っぱくなるほど言われていますが、

「長期で」
「分散して」
「低コストで」の 鉄則 です。

小さなビジネスを行う者も、

「長期で」
「分散して」
「低コストで」は
同じように原理原則となるでしょう。



26221_hd.jpg


長期で・・」は、
自営業者にとって
もっとも高いハードルのひとつです。

なぜなら、
短期的に(来月、3ヶ月後)売上を上げて、
ご飯を食べていかないといけないためです。

でも仮に、仕事のすべてを
数ヶ月先までの
「潜在需要」を取り込むことに
専念してしまうとどうでしょう?

「はいはい、買いましょう!」と促して、
それら需要を刈り取ってしまえば、
(=サービスを購入してもらえば、)

もう、おしまいです。


事業とは
「育成」と「刈り取り」のバランスです。


潜在需要を育てながら、← ココ、重要。
(うち相応部分のみで、)
サービス購入をしてもらわないと、

自分のマーケットが育っていきません。


今から振り返ってみると
わたしは『投資』を行っていたから、

潜在需要を育てながら・・の部分が
理解できたのだと思います。


実際、何度も
直近の売上だけのために、
「これ」と「あれ」を優先してやろうとする自分を、

長期投資のマインドが
カン君、ちょっと待ちなさい!」と
思いとどまらせてくれたのです(^^)


待つよ


投資にせよ、事業にせよ、
『長期』で捉えることほど
大切なものはないと思います。


次に「分散して」は、

自分のお客様を
「ひとつ」に絞らないということです。

仮に、です。

わたしがTDKの労働組合の
組合員さまだけを相手に、
FPの仕事をしていればどうでしょう。


「TDKの労働組合」という
ひとつの銘柄を買っているのと
同じになってしまいます。


取引先を分散させることは
ビジネスの鉄則です。

また「低コストで」とは、

無駄に事業を広げ過ぎず
自分の専門に専念することで、
余計なコストを掛けないことを指します。


長年、
資産市場にリスク資産を投じるという
投資』を行ってきたからこそ、

ビジネスにおいても
「むだに動いても、しようがない。」
「潮の目が変わるのを、待つしかない。」

という思考も
出来るようになったと思います。



あくび


事業も投資も、
努力(=やるべきことはやっているという自負)は
8割くらい必要ですが、

あとの2割は諦観することもまた必要なのだと
わたしは思います。


最後に、
インデックス投資は
忙しい自営業者、フリーランスのあなたに
とてもマッチすると思いますよ。

(なにしろ「放ったらかし」ですから!)

そして、
事業を続けるうえで
大切なレッスンにもなり得ると思います。



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 <「しんようFPオフィス」は間もなく
  【投資信託クリニック】に!
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄

今後はより一層、相談者さまの『問題点』を正しく診断し、具体的に『お悩み』を解決することに注力してまいります。

あ




| インデックス投資全般 | 16:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

VTか、全世界株式インデックスファンドか、どっちにする?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最初に・・。
「世界の株式をざっくり網羅できる道具がある。」
これだけで(実は)素晴らしいことです。

過去を振り返ると
全世界株式型の投資』はまずETFで叶いました。

「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)が登場したのは、2008年のこと。

アメリカの運用会社が
この発想を発見したのはとても興味深いですね。

いっぽう、
全世界株式インデックスファンドの登場は
2017年まで待たなければなりませんでした。


たとえば今、
あなたの手元に300万円があるとします。


これでVT(ETF)を買うか、
全世界株式インデックスファンドを買うかは
大きな違いではありません。

なるほど、
VTは米国に上場する商品ですが、
今はネット証券で「円貨決済」も出来るので、

円で資産残高があれば、
取引のとき勝手にドルに替えてくれます。


もちろん、ETFでは「指値」をしたり、
売買時の手数料が多少かかったり、
「分配金」をどう扱うかを考える必要がありますが、

「一回ぽっきり」の投資なら
別に大きな違いはありません。



shinkokyu_woman.png


では、どのような場合に
「違い」が生じるか?

それはけいぞく的に
資金を投じるケースです。


ミリオネア―でもない限り、
あなたもわたしも時間をかけて、

少しずつ、
何度も何度も、
「リスク資産」にお金を投じていくわけです。

月並みですが、
ふつうの生活者の投資の成果は
シンプルな次の『式』で導かれます。

「入れたお金の額 × 達成できた利回り × 投資を続けた期間」


残念ながら、
真ん中の「利回り」は
自らコントロールできません。


したがって、

〇 トータルでいくらお金を投入できるか。
〇 どのくらい金融商品を持ち続けられるかに
運用の『成否』はかかっているのです。



時間をかけて、少しずつ
何度も何度も、

しかも【感情の揺れ】がなるだけ起こらずに、
お金を投じていくには
どちらのツールがベターなのか・・・

ETF or インデックスファンド?

わたしは(ETFよりも)
インデックスファンドのほうが
ベターだと思います。


もちろん中には
自分でいちいち買い注文を出すほうが、

投資をしている実感が湧いて、
長く投資が続けられるよという強者もいるでしょう。

(どんな状況下でも自分を律せる人ですね。)


ただ、大きなアップダウンが起こるようなとき、
インデックスファンドなら
完全に「しくみ」に任せて、

「金額ベース」で
時間をかけ、少しずつ、
何度も何度も継続的にお金を投じやすいのです。



seminar1.jpg


あと、
連動を目指す「指数」が違うことを
気にしている人がいるかもしれません。

以前、こんな記事を書きました。

MSCIオール・カントーリー・ワールド・インデックスとFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスの違いについて

VTは「FTSE」との連動を目指し、
小型株も含め8000銘柄近い銘柄数ですから、
「MSCI ACWI」と比較すると、

えらい違いがあるのでは・・
と思われるかもしれません。

でも結論からいうと、
双方どちらのタイプでも
「大きな違いはありません。」


次に、コストのところを比べておきましょう。
VTの年間経費率は 0.09%。

【以下、10月18日追記です。】

消費税10%換算での
SBI・全世界株式インデックス・ファンドの
運用管理費用は年0.1102%程度(税込)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のそれは
年0.1144%内(税込)です。

そんなに違わないですね。


最後に、あなたがリタイアして
『全世界株式型の投資』を
取り崩していくときのお話です。

長い月日をかけて
少しずつ商品を取り崩してゆくわけですが、

―あなたは67歳であったり、
71歳であったり、77歳であったりするわけで、―

これも『金額ベース』で解約できたほうが
ラクだとわたしは思いますよ。

(ただし、VTという美品をクリエイトしたバンガードには敬意を表する者です)

あ




| インデックス投資全般 | 19:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

資源のある国より、アタマが柔らかい国に投資する?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

第2次世界大戦が終わったとき、
天然資源が豊富だったミャンマー(旧ビルマ)は、
アジアでもっとも有望な国のひとつに
数えられていました。

19世紀末、
食料大国だったアルゼンチンは、
アメリカと比肩する大国になると目されていました。

フム・・。
予想とはなかなか
当たらないもの」です。

逆から読むと・・
「ウソヨ」ですし(笑)


150518-Arg-beef-rexfeatures_8416814a.jpg


そういう大前提はもちろん
承知しているつもりですが、

水瀬ケンイチさんの記事
2019年に投資すべき国ベスト20」に見る世界経済の多様性』を読むと、

世界の「るつぼ」の中で、
面白い国、ポテンシャルを持った国が
次々現れているのだなあと感じます。

水瀬さんの元記事である
『USニューズ&ワールド・レポート誌』が発表した
2019年に投資すべき国ベスト20」を見ると、

わりと小ぶりの、
アタマが柔らかくて
小回りが効きそうな国が
多くランクインしているのが印象的でした。

たとえば、

スロベニア(9位)と
ラトビア(12位)と
リトアニア(17位)は、


当たり前ですが
それぞれまったく違うタイプの国々です。


私見ですが、
これからの時代って

重厚長大型の資源国より、
小ぶりな頭脳柔軟型の国のほうが
ポテンシャルが高いのかもしれません。

もちろん、
これも『予想』(ウソヨ)ですから、
どうなるかは分かりませんが・・・。


ABC_header-global-opportunies.jpg


『USニューズ&ワールド・レポート誌』は
8つの属性

—— 起業家精神、経済の安定性、税制面での優遇、
イノベーション、技能労働者、技術的専門性、
ダイナミズム、腐敗 —— に絞って、


このランキングを作成したのだそう。

そのうち起業家精神、
イノベーション、
ダイナミズムを拾ってみると、

国(政府)が
民間の邪魔をせずに、

なるだけ『弾けた柔軟なインフラ』だけを
敷いてあげることが
ポイントになるような気がします。


水瀬さんは記事内でこう言われています。

ここから、引用)

それにしても、ベスト20の国々は、
人口60万人のルクセンブルクのような小さな国から、
人口13億人のインドのような大きな国まで、
GDP成長率もまちまちで実に多種・多彩です。

引用、終わり)


はい、たしかに。
人と同じように、
国にも多様な個性が溢れているのです。


勿論わたしは見ていませんが、

「2002年に投資すべき国ベスト20」と
「2019年に投資すべき国ベスト20」と
「2039年に投資すべき国ベスト20」の中身は、

違ってくるはずです。 ← ココ、重要!

その国の経済成長の程度と、
その時代の『基礎的・特徴』の間には
相関もあるでしょうし・・。


business_crowdfunding.png


そういえば、
1968年の夏季オリンピックは
どこで行われたかご存じですか?


答え)メキシコです。

メキシコって
もう20世紀の早い段階から
高い経済成長が期待できる国として注目を浴び、

しかしながら(これまでは)
まるでWという字のように、

良くなっては停滞し、
また良くなっては停滞しを繰り返してきました。


そのような国があるいっぽうで、
IT革命の成就により
『情報化社会』が深化すると、

まるでベンチャー企業のように
意外な、小さな国が、
突如として
経済成長の表舞台に踊り出る可能性もあります。

このように、
個々の国ベースで見れば
予測不可能な要素が多くなっているからこそ、

【広く・浅く】
「できるだけ大きな面」で、
インデックス投資を行うことを
わたしはお勧めしたいのです。

〇 こちらの記事もご参考に!
全米株式 VS. 全世界株式、どっちがいいの?

あ




| インデックス投資全般 | 18:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT