FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」の中身は同じではありません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしが投資信託と出会ったのは
1998年の暮れのことですが、

2000年にFPオフィスを開業し、
その後、事業の立ち上げに
忙殺されることになります。

ちょうど1年が経った2001年。
「CNBC Asia」(ケーブルテレビ)を
観ていた時のことです。

キャスターの Bernie Lo 氏が、

無題


「来週、中国株式ETFが香港市場に上場します。」


とコメントしていました。
(11月21日のことでした)


そのETFとは、
i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF
(銘柄コード 2801)

当時の呼び名は、
「MSCI チャイナトラッカーファンド」でした。

わたしはLo氏のコメントを聞いて、
とうとう中国株式のETFが登場するんだ!
と興奮していたのを、
昨日のことのように憶えています。


しかし、
このETF(2801)の中身は
当初きわめて『いびつなもの』でした。

上場時の組み入れ企業は
たったの「28社」!

わたしが2003年に
当該ETFを購入したときも、
組み入れ銘柄は「34社」にすぎませんでした。


image.jpg


2003年当時の組み入れ第1位は?
「チャイナモバイル」でした。
(携帯電話の会社ですね)

純資産額に占める割合は
ナント約27%!

第2位の「ペトロチャイナ」は
およそ11%を占め、

たった2社でETF全体の
40%近くを占めていたのです。



ところが、
2018年9月30日現在の
「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」
上位組入れ企業を見てみると・・。


チャイナインデックス

ファクトシート』より。


まったく違う風景が広がっていますね。

「チャイナモバイル」の
組入れ比率は3.75%に。

(ペトロチャイナは上位10銘柄には
見当たりません)

代わって上位企業には、
テンセント、アリババ、中国建設銀行などが
名を連ねています。



2003年当時、
組入れ銘柄たった「34社」だった
チャイナ・インデックスETF(2801)ですが、

2006年には組み入れ企業が「63社」となり、
2013年には「138社」になり、

そして、2018年9月末には
「361社」にまで拡大しています。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


ETF、インデックスファンドが連動を目指す
指数」とは、

このように、
経済の拡大、
産業構造の変遷に伴って、

構成される銘柄(企業)が
大きく入れ替わっていきます。
(特に新興諸国において!)



そして不思議なことに、
私たち投資家は
(今の例で言いますと、)

「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」
ひとつを持ち続けるだけで、

保有する【中身】が
かくもダイナミックに変遷、
新陳代謝してしまうわけです・・。



もちろん、
今日の例は
「一ヵ国の株式インデックス」ですので、

新興国株式全般や
先進国株式全般への投資の場合、
中身の変遷は
もっとマイルドになりますが、

それでも、
「インデックス投資」は、
十分にアクティブな要素を
持ちあわせていると言えるのです。


あ



| インデックス投資全般 | 18:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メガネを頭に掛けながら「わたしのメガネはどこ?」と慌てている姿・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ほんとうに大事なモノ(考え方)
いちばん近くにあります。

しかし、
それは近すぎるがゆえに、
もっとも気づきにくいもの・・。


755fa5bf90601bfae5428a1f6a65effd_s.jpg


たとえば ↑ このような状態で、

「わたしのメガネはどこ?」
慌てている姿でしょうか。


※ 急に老後のことが心配になって、
お金を増やすために
取りあえず株(かぶ)を買おうと、

マネー雑誌に載っていた
『底値が堅い株が狙い目』
というコピーに惹かれ、

「なるほど、金利差を考えれば、
こんなボロいビジネスはないな」と合点して、

消費者金融の株を買ったら、
1年後にその会社が倒産してしまった。


あれ?


※ はたまた、
会社四季報を物色する中で
これからは「製薬」だと思い、

日曜の朝のテレビに出ていた
バイオベンチャーの株を買ったら、

半年後に
ダミー会社を使った迂回融資が発覚して、
株価は暴落。


あれ?


その後、
いろいろ株を買ってみたけれど、
成績としては3勝7敗程度で、

やけになったそのおじさんは、
ある日証券会社の店頭に行って、
「日経平均株価ください!」と、

叫んだとか、叫ばなかったとか・・。


でも、
この
叫び声こそが、
インデックス投資の「生みの親」
なのです。


誰もが心の奥底で
(潜在的に)
「あったらいいなあ・・」
と願っていたモノが、

ポンと形になって現れたのが
インデックスファンド。



755fa5bf90601bfae5428a1f6a65effd_s.jpg

これって、
頭の上に載っている
メガネそのものだと
思いませんか?


あれだけ自己主張が強く、
儲けることが好きなアメリカ人も、

いつの間にか
「ダウ平均ください!
S&P500ください!」と
叫ぶ人が多くなりましたね。

では、中国はどうでしょう?
んー、中国は「まだ」かもしれません・・。

証券会社の店頭に行って、
上海総合指数ください!」と
切実に叫ぶニーズはまだ少ないでしょう。



では、ベトナムは?

ベトナムは
もっともっと「まだまだ」です。

頭の上のメガネに気付くためには、

もっと多くの投資家が市場に参加し、
もっと多くの株の売買が為され、

その中で、
もっと多くの投資家が
失敗を重ねる必要があります。

インデックス投資が広まるには、
ある種の『成熟』が必要なのです・・。

あ




| インデックス投資全般 | 18:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ETFが生まれた日


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今から26年前の今日(1月29日

アメリカン証券取引所に
現存する最古のETFである、

『スタンダード・アンド・プアーズ預託証券』
(現:スパイダーS&P500 ETF 銘柄コードSPY)が
上場を果たしました。

寒さ厳しいニューヨークで
SPYの初日の売買高は100万口を超え、
上場の滑り出しとなりました。

が、
次の日の出来高は約48万口となり、
2月11日までに1日の売買高は
ナント2万口程度にまで減少してしまったのです。


kabekin2636-400x270-MM-100.jpg


それもそのはず、
ETFという「新しいツール」に対して、

これをどう位置付ければよいのか、
当時の金融関係者には
十分理解されていませんでした。

証券会社は、
「それは株じゃないよね」と云います。


投資信託の運用会社は
「それは投信じゃないよね」と呟きます。


投資信託の販売会社に至っては
「それって販売手数料が入ってこないから、
うちには関係ないよ」という始末。



ETFが開発されるきっかけとなったのは、
1987年10月19日のブラックマンデーです。

市場が(たった1日で)激変する中、
一度の取引で株価指数(S&P500指数)を
機動的に売買できる商品が
求められるようになりました。


以前
ETF、夜明け前・・『誕生秘話』 その1)
という記事内で触れましたが、

80年代後半、
アメリカン証券取引所と
ステート・ストリートは
『合同チーム』を作り、

法律事務所とも連携しながら
新たな金融商品(ETF)の誕生を目指します。

しかし
SEC(米国証券取引委員会)を説得し、
ETFが上場の承認を受けるまでに
ナント4年もの月日を要したのです。


ETF_20150209190703be3.jpg


この【新種の商品】は
(しかしながら)
たしかに投資家の潜在ニーズを
掘り当てていました。


ETFとは、
投資信託の分散効果と、
株の機動性を併せ持ったプロダクト。


個人も
機関投資家も
まったく同じ条件で

既存の証券口座から
安価に
株価指数が内包する
資産の売買ができたのです。


しかも
(投資信託と比較して)
販売会社が介在せず、

S&P500の構成銘柄からなる
『ユニット』内には
資金の出入りがないため、

結果として(既存の投信より)
けいぞくコストである『経費率』を
抑えることができました。



イノベイティブな投資家は、
自分たちのリズム、
自分たちに合った方法で
勝手にETFを触り始めます。

1993年の終わり、

米国初のETF(SPY)は
紆余曲折がありながらも、
純資産残高が5億ドル程度まで成長しました。

それでも、
米国で2本目のETFが登場するまで
1年以上(1995年3月)待つ必要があったのです。


SPY.jpg


こんにち、
「スパイダー S&P500 ETF」(SPY)の
純資産額は2400億ドルを超え、
(1ドル100円の計算でも24兆円!)

直近3ヶ月の1日あたりの売買高は
1億2000万口近くを数え、
世界でもっとも大きなETFとして
知られています。

物事は急には変わりません。

しかし、いったん変わってしまった後では、
「当然でしょ・・」という顔をして
そこに座っているのです。


今日はETFが生まれた日ですよ。

あ




| インデックス投資全般 | 11:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

古くて新しい外国株式インデックスファンド(やっぱり凄いんです!)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もし、今目の前に、
日本の個別株投資しか
やったことがない人がいたら、

わたしは迷わず、
MSCIコクサイ指数との連動を目指す
外国株式インデックスファンド
をお勧めします。
(もちろんETFでもOK!)

「井の中の蛙 大海を知らず」
という言葉がありますが、

井の中・・「自国」
大海・・ 「外国の国々」なのです。



投資に限らず、
自分の国の外のことは、

〇 情報も少ないですし、
〇 馴染みがないですし、

〇 知らないがために、
どうしてもネガティブな印象が
先行してしまいがちです。



ちょっとだけ振り返ってみましょう。

『インデックス投資』に対して
ほぼ知識ゼロの人でも、
「自国の代表的な株価指数」は
知っていますよね。

〇 アメリカ人・・「ダウ平均」
〇 日本人・・  「日経平均株価」とか。

そしてなんとなく、
その『指数』自体を買う投資のやり方が
あるんじゃないかと
皆さん勘付いているわけです。


ですので、

インデックス投資の歴史は
必然的に、

『自国の代表的な株価指数』を
商品化することから始まっています。


(たとえばベトナムでは、
「ベトナムVN指数」との連動を目指す、
インデックスファンドやETFの開発から
始まったわけです)


fune.png


でも、
これだけだと、
真のインデックス投資とは言えません。

??

インデックス投資
最大の【メリット】とは何でしょう?


それは、

〇 自分が知らない
〇 馴染みが薄い
〇 広範な投資対象に
〇 一網打尽的に
ざっくり投資が行えることです。



たとえば、
20世紀のアメリカ人にとって

自国以外の
複数の国々の株式に投資を行うことが
まさにそうでした。

ちょっと、
アメリカ人の
エドワード君に聞いてみましょう。

エドワード)

あっ、俺たち(アメリカ人)
ナンバーワンだし、

他の国々の
たくさんの株式?
ぜんぜん興味ないよ・・。




fa101man031.png


そんなエドワード君に、
新たな投資の選択肢を示して見せたのが、

(= インデックス投資の『半径』を
飛躍的に拡大させたのが、)

バンガードの
「外国株式インデックスファンド」
なのです。


実はバンガードが1990年に設定した
外国株式インデックスファンド』は、

インデックス投資の定義を押し広げ、
一介の個人投資家が、
低コストで
グローバルに分散投資を行うきっかけを創りました。

(まさに1990年こそ、
インデックス投資「第2章」の
始まりだったと云えるでしょう・・)



米国バンガード社のサイト
A remarkable history』⇒ Historic milestones
を見ると、

1990
Expanding the horizons for index investors,
Vanguard creates the first international stock index mutual funds.


と記されています。

~インデックス投資家の地平を拡げるため、
最初の外国株式インデックスファンドを組成。~


177983LOGO.jpg


おそらく、
以下のふたつのインデックスファンドが

1990年に運用を開始した、
はじめての『外国株式インデックスファンド』だと思われます。

どちらも、

Since inception
06/18/1990


と記されています。


Vanguard European Stock Index Fund Investor Shares

(いわゆる『ヨーロッパ株式インデックスファンド』ですね。
当該ファンドは現在、

FTSE Developed Europe All Cap Indexとの連動を目指しています。
西ヨーロッパの17ヵ国が投資対象です)

Vanguard Pacific Stock Index Fund Investor Shares

(こちらは現在、
The FTSE Developed Asia Pacific All Cap Index
との連動を目指しています。
日本、韓国、オセアニア、香港、シンガポールが投資対象)


kiku_man.png


そして日本でも、
1990年代後半には
複数の「外国株式インデックスファンド」が登場します。

個人投資家が
井の中の蛙から、
まさに「大海」を知るきっかけを作ったわけです。

わたしが最初に買ったのは、
MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオ』という、外国株式インデックスファンドでした。


当該ファンドは、
日本を除く22ヵ国の
先進国株式に「分散投資」を行います。

組み入れる株式会社の数は
ナント1300社を超え、
当然「通貨の分散」も為されます。


インベスコ


このファンドを買うのに
わたしは2.1%の「購入時手数料」を支払いました。
(それでもぜんぜん嬉しかったです)

また、当該ファンドの
「運用管理費用」は当時、ナント年0.945% !
(運用開始は1997年11月)

それでも(やっぱり)嬉しかったのです(^^;


日本人にとって
外国株式インデックスファンドとは?


100%外貨建ての資産です。

日本の株式、
日本の不動産といった、

日本という国にまつわる
『円資産』とは

まったく別の「投資の枠」を
確保するということです。


換言すれば、
日本で将来起こり得る
さまざまな『リスク要素』から
隔離された投資の手段でもあります。


この【飛躍感】を、
特に、円資産の割合が高いあなたに
体感していただきたいのです。

当オフィスではリスク資産のうち、
外貨建て資産の割合を
最低『6割』とすることをお勧めしています。

あ




| インデックス投資全般 | 13:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資の民主化をもたらした巨人、ジョン・C.ボーグル逝く


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

バンガードの創業者である
ジョン・C.ボーグル氏が16日逝去されました。
(ご冥福をお祈りいたします・・)

無題


氏は、
1976年にスタートした
「個人向けインデックスファンド」の生みの親です。

そして氏は
資産運用業界では珍しい
真のイノベーター(革新者)でした。


運用業界において、
「お客様のメリットを最優先する」

すなわち、
「Clients First(クライアント・ファースト)」
いち早く打ち出し、
それを頑なに実行した経営者です。

たとえば・・、

〇 投資信託の運用会社が
販売会社を通さずに
直接、消費者にファンドを販売する形態、

『直販』を普及させたのもボーグル氏。


(当時、
インデックスファンドを売っていくための
「唯一無二の戦術」だったのでしょう)


そして、

〇 『直販』を選択したからこそ
実現可能となった、
販売手数料(購入時手数料)ゼロ、
「ノーロード型ファンド」というカタチ。


また、

〇 投資哲学として、
【長期・分散・低コスト】という考え方を
広く世に浸透させた功績も大きいです。



順風満帆と思われがちなバンガード社ですが、
設立当初は辛酸をなめた様子が
こちらの記事から伺えます。

世界最大の投信会社は7年間資金が減り続けた…。
バンガードはなぜ資金を集めることができたのか?



上記記事によると、
バンガードが会社をスタートさせて以来、
資金流出がなんと7年近くも続き、

当初25億ドル程度あった純資産額が
約6億ドルまで減ってしまったのだそう・・。

同記事は、

バンガード・インベストメンツ・ジャパン元社長の加藤隆さんと、セゾン投信社長の中野晴啓さんの対談なのですが、
以下、加藤さんのコメントが印象的です。

 加藤 実際、ボーグルさんも、
さすがに途方にくれたそうですよ。
でも、彼には確たる信念があったのでしょうね。

新しい時代の投資信託は
インデックスファンドであり、
それを直販で販売することが、
投資家のためになるということを確信していた。

その信念が非常に強かったので、
逆境にも耐えることができたのだと思います。



1434454545-3867.jpg


ボーグル氏は
自分は投資家のためになることを
行っているのだという
揺るぎない心を持っていました。

鋼の精神をもって
ただ「自分の信じる道」を貫く、

その行動力、
ぶれない姿勢に
わたしは心から敬意を表する者です。


そして、
ボーグル氏が切り開いた道は
その後の運用業界の【地図】を
大きく塗り替えることになりました。

インデックスファンドは今日、
世界中のさまざまな投資家に支持され、

投資の民主化、
すなわち「投資家ファースト」を
実現させた道具として
広く認知されています。

その礎を創ったのが、
巨人ジョン・C.ボーグル、その人なのです・・。


▼ こちらの記事もご参考に!
ファンド資産が増える ⇒ 手数料が下がるの摩訶不思議・・(バンガード社探訪記)

ボーグル像

2012年に
バンガードツアーに参加した際に
撮影したボーグル氏の銅像。




| インデックス投資全般 | 16:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ETFの後退? いや、インデックスファンドの前進です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いぬデックスさんの記事
投資の現実離れの勧め』を読んで、

ETFとインデックスファンドの
「立ち位置」が随分変わったなあと実感しました。


無題


いぬデックスさんは、
投資信託の優れたところとして、

実生活にほとんど影響を及ぼさない点
挙げられています。

まさにその通り・・)


わたしは、
ふつうの人が資産形成を行うにあたり、

インデックスファンドが
(ETFと比較して)より優れた道具であると
強く実感するようになっています。

(特にこの1、2年で!)


これは別に
ETFが後退しているわけではなく、

道具としてのインデックスファンドが
前進を続けているため、

総合的に見て
両者の間に「差」が生じてきている
という意味合いです。

(わたし個人は
ETFの本を2冊も書いていますので、
自身の投資経験より、← これって過去のこと!

これから先の
インデックス投資の趨勢を
冷めた目でしっかり見ないといけないと
肝に銘じているところです。)



skate_speed.png


冒頭のいぬデックスさんは、
個別株、ETFとも経験されているようですが、

投資信託の【メリット】を以下のように
挙げておられます。

〇 場中に評価額が変動しない


たしかに・・。

投資信託は
1日に1回「値段」が付くだけです。

日中、投資のことを気にせずに
仕事やプライベートに集中できます。

この、
何も気にしなくてよい感覚】は
長期投資においては重要です。


〇 ごく少額から自由な金額で購入可能


たとえば、
楽天証券やSBI証券といった窓口を活用すれば、

投資信託は100円や1000円から
金額単位】で購入できます。
(ETFは基本『口数単位』での売買となります)

また、インデックスファンドではもはや
購入時手数料ゼロ」が標準ですから、

1万円分の買付けで文字通り、
投資信託がまるまる1万円買えるわけです。

この点、
売買委託手数料』がかかる
ETFとは異なります。


〇 自動積み立て設定したら手続きは終了


自動引き落としによる【つみたて】では、
あなたがいっさい動くことなく、
しくみ』が代わって仕事をしてくれます。

(買い注文を自分で出す必要がない利便性は、
長く投資をやっていると
「ホント有り難いなあ・・」と実感できるはず)



ETFにおいても、
SBI証券にて
米国株式・ETF 定期買付サービス」が登場していますが、

『売買委託手数料』がかかりますし、
銀行口座(給与振込口座)からの
自動引き落としはできません。


icon01.png


〇 分配金を出さない方針である


実はココが
この1、2年で顕著になってきた
インデックスファンドの【メリット】だと思います。

投資信託というしくみに
ほんらい『分配金』という機能は不要です。

分配金がなければどうでしょう?

含み益の温存(= 課税の繰り延べ)が
リミットいっぱいまで可能になりますね。

ファンド内で発生する、
株式の配当、債券の利息などが
(そのまま)文字通り
複利の運用に回されるわけです。


(ETFは『分配金』を出す選択肢しかなく、
ここで複利効果が損なわれてしまいます・・)


そのほか
いぬデックスさんは

〇 郵便物が一切来ない


という点も、
投資信託の利点として挙げられています(笑)


もちろん、
けいぞくコスト(運用管理費用)においては、
一部ETFの優位性は大きく、
これは当面揺らぎそうにありません。

しかし、
この点を考慮しても、

投資の多くのプロセスを自動化できる
インデックスファンドのメリットは大きいと

わたしは考えます。


いぬデックスさんの記事から引用しておきましょう。

積み立て設定したら
投資のことは一切忘れて
能天気に暮らすというのが一番気楽ですね。

通称「気絶投資法」というやつですが、
親戚の子供がしばらくみないうちに
大きくなっていたというような
感動を得られるんだそうです。


はい、ホントそんな感じなのです(^^;)

いぬデックスさんも
書かれている通り、

(とにかく)
下落しているときは、
口座の残高や、損益を見ないことですよ!



※ 今日はETFとインデックスファンドの違いを
ことさら強調してお話ししましたが、

どちらも『運用の民主化』に貢献した
インデックス投資の道具であることに
変わりはありません。

念のため・・・。

あ




| インデックス投資全般 | 18:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT