FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バロンズの記事。『ETF業界、大手3社寡占の是非』より


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ウォール・ストリート・ジャーナルに
以下の記事がありました。
【バロンズ】ETF業界、大手3社寡占の是非

結論から申し上げると、
ETFやインデックスファンドのマーケットは
(そもそも)「寡占化」しやすい市場です。

なぜかというと、
扱っている商品が
『市場平均』をなぞる道具であるためです。



この種の商品は
〇 他社とは違う運用
〇 差別化する運用が「しにくい。」

というか「ほぼ不可能」なのです。

なぜなら、
運用のゴール
(= 市場平均との連動を目指す事)が

同じであるため・・。


ということは・・、

最初のほうは
ETFやインデックスファンドの運用を
たくさんの会社で競っていても、

そのうち「資産の規模」と
「低コスト化」で差が生じ始め、
最終的には
大手の数社に収斂していく・・。


これは
時と場所が違っても、
そんなに違わない傾向でしょう。

(冷徹な言い方をすると、
『勝者総取り』の側面があるのです)


MW-HF901_Barron_NS_20190318160602.png


バロンズの上記記事には
次のような「数字」が出てきます。

〇 ETF業界の規模は4兆ドル。
〇 そのうち上位3社で
資産全体の80%を占める。


・・すごいですね。

その上位3社とは?

・ブラックロック(iシェアーズ)
・バンガード
・ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズです。


(ちなみに、ETF全体では
運用会社は100社以上あります)

もちろん、
寡占化が進んでいるのは
インデックスファンドも同様です。


今のところ大手の間では
苛烈な『コスト競争』が起きており、

あなたとわたしのような
個人投資家が、
その恩恵に浴しているわけですが、

米国の監督当局は
(少なくとも)米国内のETFの状況に
危惧を抱いているようです。


globalcurrency_mainbanner.jpg


以下、引用)

この状況に対して
米証券取引委員会(SEC)は、

業界のイノベーションの力をそぐ、
もしくは投資家の選択肢を
少なくしているのではないかとの
疑問を抱いている。

引用、終わり)


運用業界に限らず
あらゆる産業で、

「寡占」と「競争」は長く
綱引きを繰り返してきました。

「独占(寡占)」⇒「それを抑止」⇒「創造的破壊」
⇒「新たな競争」⇒「独占(寡占)」・・


たとえばコンピュータ業界では、
かつてIBMが独占禁止法により
マイクロソフトを買収することができず、

(結果、)
健全な競争が維持されたという例もあります。


dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


バロンズの記事内には、
SECで投資運用部門の責任者を務める
ダリア・ブラス氏のコメントが
紹介されています。

以下、引用)

「中小規模の
資産運用会社という選択肢が
業界統合と運用報酬低下の波の中で
失われている点が、

一般の投資家にとって
どのような状況をもたらしているのか懸念される」

引用、終わり)



低コストだけではない、
あるいは規模の追求だけではない、

広くファンドという商品の
多様性の確保』を促すような発言に
わたしには聞こえました。

それだけ
ETFやインデックスファンド自体が
巨大なプロダクトになっている証左なのです。
(少なくともアメリカにおいては・・。)

あ




| インデックス投資全般 | 18:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

市場の掬い方(辛めのインデックス投資考・・)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先週の日曜、
仕事からの帰りの電車内(山手線)で、

車両の床に直に寝ている
酔っ払いさんを見かけました。

(すみません、
こういう人とは
お友達にはなりたくありません)

人との付き合いにおいては、

誰と親しくなりたいか
誰と親しくなりたくないか、
私たちは無意識に選んでいるはず。


shinpai_man.png

投資対象においても、

「これは好き。」
「これは嫌いだ。」という線引きは、
当然誰の中にもあるでしょう。


ところが、
インデックス投資って特殊なのです。


インデックス投資は
『市場平均』を
そのまま買ってしまうため、

それほど好きでない、
嫌いだ、
興味ないよ・・
という「銘柄」も、

あなたのお金で
たくさん買うことになります。



インデックス投資の話の中では、

「ココが
生理的に気に入らないんだ。」

という批判が
しばしば飛び出すことに・・。


たとえば、です。

2015年、
東芝の不正会計が発覚し、
利益の水増し額は
1000億円を超える事態に。


東芝


でも、
TOPIXインデックスファンドを
買っている人は?


東芝の株も
ずっと持っていたわけです。


巨額の『粉飾決算』を目にして、

道義的に、
上場廃止 → 東芝の株価「ゼロ円」に
なったほうがよいのではないか。


と思った人も少なくないはず。

この「銘柄」を持つのはイヤだという、
一個人投資家としての心情ですね。


ところが、
市場全体を投網で掬う
「インデックス投資」は、


東芝という一銘柄を
いっこうに気にしません。

上場廃止になる、ならない、
株価下がる、上がる等はまったく意に介さず、

ただ、市場の一部として
掬って持ち続けるだけなのです。
【ある意味、冷徹。】


逆に株価が
急騰している「銘柄」はどうでしょう。

PERが80倍にも
90倍にもなった企業の株も、
「インデックス投資」は平然と持ち続けます。

その「一銘柄」に対して
「高すぎる?」「安すぎる?」という
価値づけなど、まったく行わない。

ただ市場の一部として
その「高騰株」を掬っているだけなのです。


srufing_man.png


ちょっと想像してみてください。

価格が膨れ上がった「銘柄」は
当然注目を浴び、
さまざまな予想に晒されます。

ところが
インデックス投資は、

A 今は高騰していても、
2年後には暴落している。


B 今は高騰していると見えても
利益の伸びがあとから付いてきて
「価値」が「株価」に追いついてくる。


ABどちらであろうと、

そんなことは
意に・介さないわけです。



過去を振り返らないし、
未来も予想しない。

今のこの状態を
最大限に尊重し、

ひたすら今を映し出すこと、
(そして)それを続けることを

「インデックス投資」は
何より大切にします。

【なんだか超然としている。】



実はわたしは、
夢見る父さんの以下の記事を読んで
なるほど・・と感心したのです。

またもやインデックス投資批判


インデックス投資に対する批判のうち、

②インデックスには腐った銘柄もあって、
それを取り除けば良い成績になる


に応える形で、

夢見る父さんは
次のように記されています。

以下、引用)

どれが腐った銘柄か、
その後腐り続けているかは
事前にわからないということです。

10年前に、
「東京電力株は腐っているから
インデックスから外せ!」

なんていったら相手にされなかったでしょう。

一方で、東京電力株は
2012年の最安値120円が、

今年の高値は6倍以上の
760円にもなっています。

東電が腐っていると
2012年にインデックスから外していれば、
それについていけませんでした。

引用、終わり)


たしかに・・。

好き、キライ。
興味ある、興味なしを
超越しているのが
インデックス投資なのでしょう。

【どこかオトナの味がします・・】

追伸)

「全世界株式インデックスファンド」を
お持ちの方は、

今日の記事の「銘柄」を
」に置き換えて
今一度読んでみてください。

あ




| インデックス投資全般 | 18:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『こだわり』を持って選んでいるのはどっち? アクティブ・ファンド or インデックス・ファンド


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

生活用品って、
なんとなくイメージで
買ってしまうことがあります。

この前も
テレビのCMで、

「お風呂の排水口の汚れが・・
「こんなふうにするだけで・・
「ほらっ、こんなにキレイに!」

という
テンポのよいキャッチコピーに
わたしのツボが嵌ってしまい、
すぐに買いに行きたくなってしまいました(^^;


投資信託という商品では、

「このファンドの成績は
これまでの5年間 〇〇 で!!」


という、

(○○の中には数字が入るのですが、)

数字上のインパクト
やはり影響力「大」なのではないでしょうか。


この『数字』こそ、
その投資信託を大きく見せてくれ、

数字』こそ、
運用会社や運用チームの皆さんを
キリリと賢く映えて見せる・・

そして
このような雰囲気のもと、

「そうだ、このファンドにしよう!」


と、半ば勢いで購入してしまう人も多いのです。


ir_mokuhyou_tassei_man.png


いっぽう、
インデックス・ファンドって
どうなのでしょう・・?

投資信託を
「運用スタイル」で区分すると、

アクティブ・ファンドと
インデックス・ファンドに分かれますが、

インデックス・ファンドでは

「このファンドの成績は
これまでナント〇〇で!」
というふうに、

数字(成績)が強調されることは
あまりありません。



正直、
(多くの投資信託と比較して)

「ここがスゴイなあ!」とか、
「キャラが立って目立ちますね!」とか、
「君だけ光り輝いているよ・・」


みたいな役回りを、
インデックス・ファンドが担うことは
ほとんどないのです・・(-_-;)


1616 マーケットのアップダウン


(わたしは20年間
投資信託を見続けてきて思うのですが、)

そういう華のある『役どころ』は
だいたいアクティブ・ファンドが
持っていくもの。
← ホントです!


ところで、
アクティブ・ファンドを選んでいる人の中で、

「このファンドは、
市場平均を上回る成績をちゃんと残しているから、

(つまりは
アクティブ・ファンドの役割をきちんと果たしているから)
ボクはコレを買うんだ」
と、


意識しながら購入している人って、
いったいどれくらいいるのでしょう?

わたしはせいぜい半分程度だと思います。


換言すると、
アクティブ・ファンドを購入する残り半分の人は、

市場平均という物差し』との
比較がないまま、

なんとなく数字(成績)に惹かれて、
買ってしまっているのではないでしょうか。



この『なんとなく感』は、
そのまま、
ファンドの「平均保有年数」の
短さにつながっています・・。

安易に期待して買っているので、
(それが裏切られた場合は)
容易に「さよなら」してしまうわけです。


逆に、
インデックス・ファンドを
買っている人たちって?

それが『市場平均』程度の成績しか
残さないと認識してチョイスしている人が多いのでは?

つまりは(最初から)
過剰な期待を
していないわけです。


この『現実感』はまた、
ファンドの「平均保有年数」の長さに
つながっているはず・・。


おそらくインデックス・ファンドを
選ぶ人は、

数字(成績)そのものよりも、
手数料の低さや、
銘柄や国・地域の分散の深さや、

背負うことになるリスクの明瞭さに惹かれて
買っているのでは?


堅実も堅実、
背中にしっかり「」が通っているのですが、

しかし華やかさには欠け、
たとえば
「ガイアの夜明け」の番組内で
インタビューを受けることとかはないわけです...(^^;

あ




| インデックス投資全般 | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バンガードETF、VTの経費率が年0.09%に引き下げ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

バンガードETFの
【経費率】の改定が発表されています。
『リリース』はこちら


バンガード

※ 左側の数字は改定後。
右側の数字は改定前。上記図表は
バンガード・インベストメンツ・ジャパンの
リリース内容から一部抜粋しています。


一例ですが、
「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)の経費率が、とうとう年0.09%まで下がってきました。

(まさに)隔世の感あり・・。


バンガードETFの
けいぞくコストの
【断続的な】引き下げは、

ついつい、
毎年の「桜の開花予想ニュース」のように、
当然のこととして
受け取ってしまいがちですが、

(もう)これは
本当はスゴイことなのです。


VTは2008年に設定されましたが、
1年後の2009年6月、
楽天証券にて念願の『取扱い』が始まりました。

そのときの経費率は・・?
年0.30%。

「えっ、ウソ!」

「ホントです。」


楽天

楽天証券サイトより。


「でも、カンさん。
インデックスファンド(ETF含む)って、
規模の商売だから、

純資産額が大きくなればなるほど、
(運用の中身は同じだから)
コストの引き下げってし易くなるんでしょ?」


はい、それはそうです。

でも、バンガードの場合、
それだけではないんです。


同社に独特な『会社形態』が、
持続的なコスト引き下げを
可能にしているのです。


??


皆さんは、
日本の漢字生保会社、
よくご存じですよね。

(ニッセイとか、明治安田とか、住友生命とか・・)

たとえば、
明治安田の正式名称は、
明治安田生命保険相互会社です。

あのー、相互会社って?


保険に入っている人(契約者)自身が
会社の「社員」になっている形態です。


(実は)バンガード社も
それに似た形態を持っています。


02d928c.jpg

(※ 余談ですが、
先般亡くなられたバンガード創設者
ジョン・C・ボーグル氏が
この「相互会社形態」を目指したことは
画期的なことだと思います)


バンガードでは、
バンガードのファンドを保有する人
(ファンド保有者)が、

バンガードという会社そのものを
『所有』しているのです。


換言すると、
バンガードという会社は、

ファンド保有者以外によって
「所有」されていないということ。


つまり?

つまり、
【外部の株主】が存在しないのです。



ちょっと想像してみてください。

【外部の株主】がいなければ、
その人たちのために
「利益」を出したり、
「配当」を出したりする必要がないので、

【ファンド保有者のほうだけを向いて
経営ができます。】

結果、実質的に
【実費経営】が可能になる、というわけです。

(ココ、伝わっていますか?)


icon01.png


わたしよりも数倍、
このスキームについて
詳述した記事を、

2012年に
日本経済新聞社の
田村正之さんが書かれています。

日本と大差、米巨大投信「顧客本位」の秘密

以下、同記事からの引用です。

「同社は資産が大きくなって収入が増えて
コストを上回ってくれば、

それぞれの投信の決算期ごとに、
その分、エクスペンス・レシオを引き下げて
投資家に還元し続けている。

『かかったコスト(実費)だけしかもらわない
実費経営がバンガードの基本』(バンガード・インベストメンツ・ジャパンの加藤隆代表)なんだ」


※ エクスペンス・レシオとは経費率のこと。
※ 加藤隆代表は当時(2012年時点)


来年以降も、
VTをはじめ、
バンガードETFシリーズの経費率は
逓減を続けていくことでしょう。

(ホントはすごいことなのに、)
それを当たり前に
粛々と実現していく
バンガード社の姿勢には頭が下がる思いです。

(あっ、そんなバンガードETFに
投資を行うインデックスファンド、

楽天・バンガード・ファンド』も、
けいぞくコスト、引き下げてくれますよね?)

【追記】 2019.03.13

はい、楽天投信投資顧問さん、
ちゃんと実行してくれました!
「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ実質的にご負担いただく運用管理費用の引き下げについて

あ




| インデックス投資全般 | 15:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」の中身は同じではありません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしが投資信託と出会ったのは
1998年の暮れのことですが、

2000年にFPオフィスを開業し、
その後、事業の立ち上げに
忙殺されることになります。

ちょうど1年が経った2001年。
「CNBC Asia」(ケーブルテレビ)を
観ていた時のことです。

キャスターの Bernie Lo 氏が、

無題


「来週、中国株式ETFが香港市場に上場します。」


とコメントしていました。
(11月21日のことでした)


そのETFとは、
i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF
(銘柄コード 2801)

当時の呼び名は、
「MSCI チャイナトラッカーファンド」でした。

わたしはLo氏のコメントを聞いて、
とうとう中国株式のETFが登場するんだ!
と興奮していたのを、
昨日のことのように憶えています。


しかし、
このETF(2801)の中身は
当初きわめて『いびつなもの』でした。

上場時の組み入れ企業は
たったの「28社」!

わたしが2003年に
当該ETFを購入したときも、
組み入れ銘柄は「34社」にすぎませんでした。


image.jpg


2003年当時の組み入れ第1位は?


「チャイナモバイル」でした。
(携帯電話の会社ですね)

純資産額に占める割合は
ナント約27%!

第2位の「ペトロチャイナ」は
およそ11%を占め、

たった2社でETF全体の
40%近くを占めていたのです。



ところが、
2018年9月30日現在の
「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」
上位組入れ企業を見てみると・・。


チャイナインデックス

ファクトシート』より。


まったく違う風景が広がっていますね。

「チャイナモバイル」の
組入れ比率は3.75%に。

(ペトロチャイナは上位10銘柄には
見当たりません)

代わって上位企業には、
テンセント、アリババ、中国建設銀行などが
名を連ねています。



2003年当時、
組入れ銘柄「34社」だった
チャイナ・インデックスETF(2801)ですが、

2006年には組み入れ企業が「63社」となり、
2013年には「138社」になり、

そして、2018年9月末には
「361社」にまで拡大しています。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


ETF、インデックスファンドが連動を目指す
指数」とは、

このように、
経済の拡大、
産業構造の変遷に伴って、

構成される銘柄(企業)が
大きく入れ替わっていきます。
(特に新興諸国において!)



そして不思議なことに、
私たち投資家は
(今の例で言いますと、)

「i シェアーズ MSCI チャイナ・インデックスETF」
ひとつを持ち続けるだけで、

保有する【中身】が
かくもダイナミックに変遷、
新陳代謝してしまうわけです・・。



もちろん、
今日の例は
「一ヵ国の株式インデックス」ですので、

新興国株式全般や
先進国株式全般への投資の場合、
中身の変遷は
もっとマイルドになりますが、

それでも、
「インデックス投資」は、
十分にアクティブな要素を
持ちあわせていると言えるのです。


あ



| インデックス投資全般 | 18:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メガネを頭に掛けながら「わたしのメガネはどこ?」と慌てている姿・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ほんとうに大事なモノ(考え方)
いちばん近くにあります。

しかし、
それは近すぎるがゆえに、
もっとも気づきにくいもの・・。


755fa5bf90601bfae5428a1f6a65effd_s.jpg


たとえば ↑ このような状態で、

「わたしのメガネはどこ?」
慌てている姿でしょうか。


※ 急に老後のことが心配になって、
お金を増やすために
取りあえず株(かぶ)を買おうと、

マネー雑誌に載っていた
『底値が堅い株が狙い目』
というコピーに惹かれ、

「なるほど、金利差を考えれば、
こんなボロいビジネスはないな」と合点して、

消費者金融の株を買ったら、
1年後にその会社が倒産してしまった。


あれ?


※ はたまた、
会社四季報を物色する中で
これからは「製薬」だと思い、

日曜の朝のテレビに出ていた
バイオベンチャーの株を買ったら、

半年後に
ダミー会社を使った迂回融資が発覚して、
株価は暴落。


あれ?


その後、
いろいろ株を買ってみたけれど、
成績としては3勝7敗程度で、

やけになったそのおじさんは、

ある日証券会社の店頭に行って、
「日経平均株価ください!」と、
叫んだとか、叫ばなかったとか・・。


でも、
この
叫び声こそが、
インデックス投資の「生みの親」
なのです。


誰もが心の奥底で
(潜在的に)
「あったらいいなあ・・」
と願っていたモノが、

ポンと形になって現れたのが
インデックスファンド。



755fa5bf90601bfae5428a1f6a65effd_s.jpg

これって、
頭の上に載っている
メガネそのものだと
思いませんか?


あれだけ自己主張が強く、
儲けることが好きなアメリカ人も、

いつの間にか
「ダウ平均ください!
S&P500ください!」と
叫ぶ人が多くなりましたね。

では、中国はどうでしょう?
んー、中国は「まだ」かもしれません・・。

証券会社の店頭に行って、
上海総合指数ください!」と
切実に叫ぶニーズはまだ少ないでしょう。



では、ベトナムは?

ベトナムは
もっともっと「まだまだ」です。

頭の上のメガネに気付くためには、

もっと多くの投資家が市場に参加し、
もっと多くの株の売買が為され、

その中で、
もっと多くの投資家が
失敗を重ねる必要があります。

インデックス投資が広まるには、
ある種の『成熟』が必要なのです・・。

あ




| インデックス投資全般 | 18:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT