| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「つみたて投資している」と言ってみよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日はNightWalkerさんの記事
【「投資信託を買っている」と言ってみよう】
に触発されて書いています(^^)

投資がなかなか広まらないのは、
その行為がいまだ『マイナー』である、
ということと関係が深いと思います。

たとえば、
あなたがロシアのプロサッカーリーグ
(プレミアリーグ)の大ファンで、
それについてよく知っていても、

一緒に話して盛り上がれる人って、
まだまだ少ないと思います。


投資について
ごく自然に話がしたいけれど、
自分は【少数派】なので、

自分の口から「投資(とうし)」という言葉が
なかなか出てこない・・。
そういう気持ち、すごく分かります。


一方、日々の生活の中で
投資という単語を
ゆめゆめ思い浮かべない人は、

投資 = ひとつの危険な塊!
「すごいアップダウンがあって、イチかバチか!
アーーー」

みたいな、
単純かつステレオタイプな『イメージ』を抱きがち。


ライトな投資』という言い方を、
NightWalkerさんは
上記記事内でされていました。

いいですね・・。

「投資」において、
このビール的な?カテゴリ分けって、
とても重要だと思います。

世の中には、

『ヘビーな投資』
『ミディアムな?投資』
『ライトな投資』


いろいろあるのです(^^;)


仮にネット上で、
<株で大きな損失!>
みたいなニュースが流れていて、

「うわあ、投資なんてするからだよ」


という友人の
何気ない一言があったとしましょう。

「えっ、オレつみたて投資してるけど」


と、何気に
ひと言、言ってみませんか?

【確信犯的に。】


「つみたて?」

「そう、積立。」

この言葉から、
<毎月、一定額でやる投資・・?>

というイメージが、
相手に湧き上がってくるはず。


aa403bf1b6382deeedd63cf69f72dc52--google-search.jpg


「投資は投資でも、
月に5,000円ほどやってるだけだよ」


「えっ、5,000円から投資ってできるの!?」


という、
会話につながっていけば、
(それって)すごくないですか?

いい意味で、
裏切られるわけです、相手の人は。


そして、相手の人は、
単にいろいろなタイプの投資があるのを
知らないだけなのです・・。

(それを「ちょこっと」教えてあげるのが あなたの役割。)


そもそも、
すべての行いは、

トマトを食べることも、
ネクタイを締めることも、
指定座席に乗ることも
スマホに触ることも、

みんな最初は『マイナー』であったはず。

それがいつの間にか逆転して、
「こんなの当然だよね」という顔をして座っています。


icon01.png

NightWalkerさんが言われる
「投資信託を買っているよ」も、

わたしがこの稿で言っている
「つみたて投資やっているよ」も、

何かの話のついでに、
ぼそっと話してみるのです。

でも、確信犯的に言う必要がありますよ。

あなたは、
【波風が起こる】と分かっていながら、
あえて会話の中に上の言葉を投げるのです。


投資に限らず、
小さな会話の発端を作る人は、
相手をまだ見ぬ世界へ誘う役割を担います。

〇 広範に分散された投資信託って、
ぜんぜんヘビーじゃないよ。

〇 毎月無理のない金額で積み立てていく
つみたて投資って、
ぜんぜんヘビーではありませんよ。

という『世界』です。
(相手は単に【ライトな投資】を知らないだけなのです)


「つみたて投資やっているよ」という
ひと言のあとの、

相手から聞こえる
新鮮な『驚きの声』を楽しみにしませんか?

その喜びは決してライトではありませんよ(笑)

◆ 参照記事
イヤになったら、いつでも止めていいの、投資信託なんて

似顔絵




| つみたて投資 | 18:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子どもが生まれたら、投信つみたて!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

小学校3年生のとき、
生まれて初めて
マクドナルドに行きました。

そのときに食べた
フィレオフィッシュとアップルパイの味は
今でも忘れられません。

(お洒落なレストランに行ったような感覚でした(^^;)

マクドナルドが
『子ども向けのイベント』に
力を入れている理由は明白です。

【小さいころから、
マクドナルドの味を覚えてもらうため】ですね。

このような「戦略」を持って、
小さいころから
【投資信託の味】を覚えてもらうのも
アリではないでしょうか?


実際、ネット証券では、
未成年者】の口座開設ができますし、

セゾン投信やひふみ投信などでも、
お子さんの名前で
投資信託を買い付けることが可能です。

「子どもが生まれたら、
証券口座を開き
投資信託のつみたてを始めよう!」


というのは、
決してヘンなことではありません。

つみたて貯金の
『延長上』に存在するモノなのです。


また、
この【新しいカルチャー】は、
単に「早くから資産運用に親しみましょう」
というお題目ではありません

「子どもが生まれたら、
子ども名義で投資信託を買ってあげる」ことは、

〇 あなた(親)が、資産運用を行う。
〇 子どもさんも、資産運用を行っている。
という【事実】に他なりません。

つまり、家族の中で、
異なった世代が
「資産運用」という【共通項】を
持つことになるわけです!


family_history.jpg


これまで、
親が貯蓄型の保険に加入し、
その「行為」を息子、娘も【共有】するという
例があったわけですから、

つみたて投資の【共有】も
(きっと)できるはず・・。

(物事って「二世代」続いてはじめて、
【文化】と呼べるようになるのでは?)


わたし個人としては、
昭和43年生まれなので、

自分が小学生のときに、
親が自分のために
投資信託の積み立てをしてくれていたなんて、

夢のような話にしか思えません・・(-_-;)

正直、
あなたのお子さんが羨ましいです!
(『選択肢』があるという意味で)


今年1歳のお子さんのために、
たとえば毎月1,000円でも
投信のつみたてを始めれば、

そのお子さんは、
人生の、ほんの初期の段階から、
『投資』に触れることになります。


その『経験』そのものは、
決してお金では買えないわけです・・。


わたしの妄想?は止まりませんよ(^^;)

friends_kids.png


たとえば今から10年後、
ある小学校の2年2組の
クラス全員30人のうち、

12人くらいが
「あっ、親が投資信託のつみたて
してくれているよ!」
というふうに
なっている可能性が大いにあります。


そして、ママさんたちの集まりの中で、
子供たちの「投信つみたて」について、

美味しいパンケーキのお店の話題とともに、
おしゃべりしている様子も、
わたしにはありありと浮かんできます。


illust3678thumb_20171001123258ae1.gif


★ 当たり前の話ですが、
あなたがリスクを負って
投資という『習慣』を持たなければ、

お子さんが小さいときから
投資信託を積み立てていくという
カルチャーも生まれないわけです。

―あなたの決断が、
次の世代に遺伝するのです。―


そして、
人生の、ほんの初期段階から、
『投資』という行いに触れてきた
雛子さんや健太くんが
オトナになったときには、


もう、日本で『投資』が文化として
根付いている可能性が高いでしょう・・。


ところであなたは、
お子さんがいくつになったときに、
積み立てている投資信託の存在を告げますか?

小学生の頃から?
高校生くらいになってから?
(それとも成人してから?)

人生の、最初のころから
投資を始めるとは、
時間という利益を最大化する】ことに
他なりません。

illustrain01-seijinsiki40.png

仮に小学校5年のときに
健太くんがお父さんから告げられて、
「世界分散型のバランスファンド」の
存在を知ったとしましょう。

そして20歳になったとき、

『つみたて投資』によって、
自分のお金が思いのほか育っていることを
目撃します。

ということは・・?

健太くんは20歳にして、
投資の『成功体験』を持つ人になるのです。


これも決して
お金で買えない【経験】ではないでしょうか・・。


(あなたは普段、
意識していないかもしれませんが)
あなた自身が投資を行うことで、

あなたのご家族、
あなたの知り合い、
職場の同僚など、

あなたに関わる人たちに、
【新たな息吹】を吹き込むことになるのですよ・・。

〇 『SBI証券の未成年口座
〇 『楽天証券 未成年口座
〇 『セゾン投信のこども口座
〇 『ひふみ投信 ジュニア口座


バラつみ投資バナーたて




| つみたて投資 | 12:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毎日積立より、毎月積立のほうが長く続けられて健康的!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

10月中旬からSBI証券では
投信積立サービス」の機能が拡充されます。

毎月だけでなく、
『毎日積立』や、『毎週積立』などが
出来るようになるのだそう。

あなたは、
毎月」積み立てをするより、
毎日」積み立てをしたほうが、
投資の成績が良くなると思いますか?


実はわたしは、
けいのすけさんのブログ記事
SBI証券で「毎日積立」が可能に!さて、私はどうする?

けいのすけさん

を読んで、
「あっ、わたしとまったく
同じ意見をお持ちだ!」と思ったのです。

わたしは(けいのすけさんと同じく)
『毎月・積み立てのままでOK!』
と思います。


月に1回の投資の実行は、
ひと言でいうと、
あなたと、投資の【距離感】が
ちょうどいい・・。

まずは、「理屈的なところ」を
押さえておきましょう。

「毎日」積み立てをしたほうが、
「毎月」積み立てをするより、
投資のリターンが上がるわけではありません。

以下、
マネー研究所(日経電子版)に
掲載された記事です。
積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし

(↑ 上記のリンクは
けいのすけさんの記事で知りました)


上記記事をお読みいただくと、
毎日でも、毎週でも、毎月でも、
つみたて投資の成績に違いがないことが
分かります。


個別株にしろ、
債券ファンド、株式ファンドにしろ、
そもそも「リスク資産」とは、
その価格が不規則に変動するもの。

この『規則性なく』価格が上下する中で、
投資の継続的な執行を考慮する際、

「毎日」を選ぶか、
「毎月」を選ぶかは、
頻度の差』でしかありません。

上記記事内では、
次にような記述があります。

考え方としては
「ランダムに変動する価格の平均購入単価は、
その購入間隔の影響はそれほど受けず、
一定の値に収束する」ということのようだ。



なるほど・・。

要は、規則性なく変化する『事象』を、
どのような【間隔】で捉えるか、

という違いがあるだけなのです。

では、なぜ
毎月積立』かといえば、

それは、私たちの給与が「毎月」出て、
お金の出入りの締めを
月に1回行っているからです。
(単に生活のリズムに合わせているだけ。)

仮に1年が6ヶ月で、
(1ヵ月=60日で)
給与も60日に1回出る世の中なら、

60日に1度の「つみたて投資」でも、
わたしはぜんぜんOKだと思います。

『定期・定額購入』と謳っている通り、
つみたて投資でもっとも重要なことは
【規則性】なのです。


毎日か、毎月かの選択ではありません。

Investment-Planning_Lump-Sum-vs-Dollar-Cost-Averaging.jpg


(可能性はそんなに高くはないですが、)
『毎日つみたて』を選択することにより、

あなたが、あなたの投資に
近づきすぎてしまう】危険があります。

けいのすけさんはこのように書かれています。

毎日コツコツ積み立ててくれることで、
かえって毎日の株価の動きを気にしてしまいそう。

「今日は下がった。安く仕込めてラッキー」とか、
「今日はすごく上がった。高値を掴んでしもうた」とか、

これまでなら月1回あるかないかで済んでいた
「心のざわつき」がほぼ毎日訪れることになるのです。


なるほど・・。

上がっていても
下がっていても、

投資の実行は、
たしかに『心がざわつく』ものです。


たとえば、先週から、
どんどん株価が上昇していて、

あなたの投資信託の値段も、

1日 月曜)16,280円
2日 火曜)16,310円
3日 水曜)16,570円
4日 木曜)16,780円

というふうに上がり続けると、

あれ?
いつまで上がるんだろう?

(買える口数が減るから)
なんだかちょっとイヤだなあ・・。


と、
月曜から木曜のたった「4日間」で、
小さな不満が溜まったりするかもしれません。


image.jpg

しかし、
1ヵ月という『スパン』で見ると、

1日 月曜)16,280円
31日 水曜)16,320円

というふうに、
ファンドの値段が
それほど変わっていないこともあります。


続いて、下落局面です。

1日 月曜)16,280円
2日 火曜)16,130円
3日 水曜)15,800円
4日 木曜)15,580円

というふうに
投資信託が下がり続けると、

あれ?
いつまで下がるんだろう?


と、

たった『4日間』のことなのに、
不必要に心配になったりするかも
しれません。


実際、このような『下落局面』について、

コンサルティング中、
お客様から以下のように
言及されたことがあります。

「カンさん、
ファンドの価格が下がっていく局面で、

【毎日積立】なら、
いちいち下がっていく価格で
投資信託が買えるため、

(= 口数を稼げるため)

これって将来の成績に
貢献することになるんじゃないですか」と。


はい、たしかに一理あります。

しかし、その『下落局面』って、
いったいどの程度のものなのでしょう?

ちなみに、先ほどの

1日 月曜)16,280円
2日 火曜)16,130円
3日 水曜)15,800円
4日 木曜)15,580円

は、「4.3%」程度の下落になります。

ファンドの値段が1%~5%下がっている状況は、
『急落』にも当てはまりません・・。
(※ ほんの「誤差」の範囲なのです)


たとえば、
2016年6月24日に
「株式50:債券50のバランスファンド」の価格が、
8%~10%程度下がりました。

(「ブレグジット」(Brexit)があった翌日。)

このような下落は
【急落】といえる下がり方でしょう。
ただし、【暴落】ではありません・・。


もちろん、このような『急落局面』で、
いちいちファンドが買えることは良いことです。

しかし、
つみたて投資において、
【スーパー☆クリアランスセール】のような
真のバーゲンが発生するのは、

たとえば、
「株式50:債券50のバランスファンド」が、
20%以上下がってしまうような
【暴落】と呼べる下落局面ではないでしょうか。

(誤解を恐れずにいえば)
そういうときこそが、真のチャンスなのです。


baton-300x199_201504022101371e6.jpg


そして、
暴落』が起こるような局面では、

マーケットが1週間、2週間くらいで
元に戻る可能性は極めて低いです。

投資信託の価格が暴落している期間が、
ある程度続いてしまう可能性が高いでしょう。

(このような状況で【毎日積立】を続けるのは、
相当キツイものがあるのでは?)

毎月積立】なら
投資執行時の「心のざわつき」は、
月に1回で済みます。

(※ もちろん暴落局面では極力、
ファンドの評価額(時価)を見ないように!)


そして、【毎月積立】を続ける中、
仮に暴落の局面に遭遇した場合は、

(もし、あなたが望むなら)
つみたて金額を大幅に増やして、
ある程度、継続して続く『暴落局面』で
月に1回『口数』を大きく稼いでいくことも可能になります。

(あくまでひとつの手法↑であり、
すべての人にお勧めするわけではありません。)

何より【毎日積立】に比べて
精神衛生上ベターではないでしょうか。


少し話が脱線してしまいましたが、

★ つみたて投資において、
私たちは別に、
1センチ、2センチの『細かい目盛り』を
用意する必要はないのです。

そもそも、
つみたて投資という『道程』は
おそろしく長いわけですから、

―100キロとか500キロとか―

最初から「目盛り」は、
100メートル、200メートルというような
大ぶりのモノでよいのです。

大きな傾向(変化)を、
規則的、かつ継続的に捉えることに専念しましょう。

◆ 関連記事
【「倒錯、」「M的な」つみたて投資の世界へようこそ】


バラつみ投資バナーたて




| つみたて投資 | 18:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託の値段は安いほうが得!というのは間違いですよ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いきなりですが【質問】です。

あなたは今、焼き肉が食べたいです。
1,000円のお金を持っています。


yakiniku_party.png


仮に、
AかBかしかないよ、と言われたら、
あなたはどちらを選びますか?

A 100グラム 250円の肉
B 100グラム 500円の肉


・・悩みますね。

当然ですが、Aを選べば、
400グラム肉が食べられます。
(でも、味はそこそこ・・)

Bを選べば、
Aより美味しい肉になりますが、
食べられる量は200グラムだけ・・。

んー、これって
量を選ぶか、質を選ぶかという
悩ましい課題・・。

「Aのほうが絶対得!」
「Bのほうを選ぶべき!」などとは、
安易には言えません。


では、投資信託はどうでしょう?

1万円のお金で、
AファンドかBファンドを
選ばないといけないとしましょう。

Aファンドの価格 5,000円
Bファンドの価格 10,000円

 
となっています。
(※ ここでは「分配金」はないものとします)

価格が安いほうが、
同じ1万円の投資額でも
より多くの『口数』が買えます。

今、Aファンドを買えば、『口数』が
2口買えるとします。

いっぽう、Bファンドを選べば、
『口数』は1口しか買えません・・。

この場合、
Aファンドを買ったほうが得なのですか?


いいえ、必ずしもそうではありません・・。


投資信託を買う目的は?
そのファンドの価値が上昇し
「儲かったね!」を実感することです。

ファンドの価値って?
投資信託の場合、いつでも
【価格×口数】のことです。

仮に、
Aファンド、Bファンドともに、
その価格が10%、上昇したとしましょう。

Aファンド 5,000円 ⇒ 5,500円に。
Bファンド 10,000円 ⇒ 11,000円に。

ん?
なんだかBファンドのほうが、
金額ベースで見た増え方は
大きそうに見えますよ。

でも、
Bファンドの保有口数は「1口」だけ。
一方、Aファンドでは「2口」保有しています。


あなたが「欲張り屋さん」で、
どちらのファンドも
保有していたとすると・・。


そのときの、
あなたの【投資成果】は?
(つまり、両ファンドの『評価額』は?)

Aファンド 5,500円 × 2口 = 11,000円
Bファンド 11,000円 × 1口 = 11,000円

そう、同じなのです。

(どちらのケースも、
1,000円儲かった!となります)


★ 投資信託で大切なのは、
ファンドの価格ではなく、
ファンドの中身です。

そのファンドが「どのような銘柄」を
組み入れているのか。

そして、それらの銘柄の価値(価格)が
どのくらい上昇していくのか・・、
(言ってみれば)それがすべてなのです。

4241000-fruit.jpg


ただし、今、お話ししたのは、
「一括投資」のイメージです。

これが「つみたて投資」になると、
少し話が違ってきます・・。


Aファンドの価格 5,000円
Bファンドの価格 10,000円
どっちのほうが得?

これは、
「つみたて投資」においても、
意味を成しません。

つみたて投資においても、
(一括投資と同様)

今後、ファンドの価格が
どのように推移するかが重要であることは
変わりがありません。

しかし、
一括投資と違って、
「つみたて投資」では、

ファンド価格が上昇しないと、
投資成績がプラスにならない
わけではないのです。


「カンさん、それってなぜ?」

口数の獲得のしかたに、
可能性があるためです。

???


(※ ここでは分配金はないものとしますが)、

一括投資では、
ファンドを買ったときに、
どれだけの『口数』を保有するかが
決定してしまいます。


ですから、
あなたが儲かるためには、
是が非でもファンドの『価格』が
上昇する必要があるわけです。

(そう、『価格』に頼らざるを得ない・・)


ところが、「つみたて投資」では、
何十回、何百回と分けて
お金を入れていくので、

どれだけの『口数』を保有するかが
簡単に決まらないわけです。


もちろん、『価格』が上昇することが
大事でないわけではないのですが、

逆に『価格』が下がっていく局面が
幾度もあって、
『口数』を稼げる機会があったほうが、

投資の成果
【価格×口数】で見た場合、
有利になるケースが多々あるのです。

つまり・・、
つみたて投資でも、
投資信託の値段は安いほうが得!
ということはありません。

でも、
投資信託の値段そのものが、
下がっていくことには意味があって、
それは『口数』を稼ぐチャンスになるのです・・。


似顔絵




| つみたて投資 | 14:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パートナーにつみたて投資を始めてもらう方法


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たまたま、同じような相談案件が続いたので、
「このニーズってけっこうあるんだ」
と再確認した次第です。

あっ、どんなニーズかというと、
『パートナーにも、つみたて投資をして欲しいなあ』
というニーズです。

当オフィスの相談業務では、
「女性」がご相談者で、
「パートナー(男性)」がぜんぜん投資に興味がない、
というケースが多いのですが、


傾向としましては・・、
〇 共働きで、
(どちらかというと)、
〇 お二人のお財布は別々で、

お金の管理のしかた、使い方については、
互いに尊重し合っているようなケースです。

(もちろん、女性のほうが
投資にぜんぜん興味がないというケースも
見受けられます)


たとえば、です。

あなたがすでに『つみたて投資』を
実践しているとしましょう。

あなたは、こう考えるわけです。

パートナーも、つみたて投資してくれたら、
家(いえ)全体で見ると
お金の増え方がぜんぜん違うのに・・。

(たしかに、それはそうですね)

では、どうやったら
パートナーに、
投資に興味を持ってもらえるのか?

ココ、はっきり言って
中期的な取り組みが必要です。


『注意点』としては、

・すぐに分かってもらおうとしないこと。
・ごり押ししないこと。
・決して慌てないこと。

数年~5年くらいのスパンを持ってください!


fuufu.png


まずは、
あなた自身が(たまに)←ココ、大事。
「つみたて投資やってるんだよ」と、

何気なく(ほんとうに何気なく)、
何かの話の「ついで」に、
ぼそぼそと、2、3分くらい話してみてください。

(※ あまり熱心に話さないように。)

そして、
パートナーがそのことについて
なにか「質問」してきたら、
それには(簡潔に)答えるようにしましょう。


つまり、
【第一段階】

自分がつみたて投資を
していることを匂わす。
少―しずつ・繰り返し繰り返し・知らしめる。

(ゆっくりと、ですよ)

そして
【第二段階】

晩ご飯のあとの、
ちょっとしたすき間時間に
(何かの話の「ついで」に)、

あなたの運用の報告をする。
(これ、5分くらいでいいのです)
半年に1回くらいで十分でしょう。

報告といっても、
「ざっくり」「おおまか」という感じでよいです。


たとえば、
損失が発生していた6ヶ月については、
さらりと、
「なんかマイナスになってたみたい」
と呟きましょう。

利益が発生していた6ヶ月については?

はい、こちらもさらりと、
「なんかプラスになってたみたい。
〇〇万円くらいの利益になってる」

と呟くのです。

そして、もし、
あなたが複数のファンドの
組み合わせで運用を行っているなら、

「先進国の株式というのが、
(意外にも)プラス〇〇万円位になってて、
その次に、新興国の株式が・・・」
というふうに、

ちょっとだけ、
個別の話も入れるようにします。
(※ 決して熱く語ったりしないように。)


ところで、パートナーは、
あなたの日常を知っていますから、
ご存じだとは思いますが、

「別になーんにも・やってないんだけどな・・」
(= 放ったらかしている)
という一言をお忘れなく・・。


先述したように、
最低「数年単位」をかけて、
少―しずつ、巻き込んでいくわけです。

あなたの運用に利益が出ていて、
それに興味を示さない、
いや、興味を示さない状態を続けるパートナーは、
けっこう少ないはずです。


02d928c.jpg


パートナーが、
あなたの『運用報告』に対して、
なにか「質問」してきたら、それにも答えてあげてください。

少ーしずつ。少ーしずつです。
とにかく慌てないこと。

「ほんとシンプルなのよ。長ーい目で見て、分散して」
「○○なワタシでも、出来てるくらいなんだから・・」

そして、
パートナーが『その気』になってきたら、

「500円、1,000円から積み立てできるから、
とりあえず、口座開いてみる?」
と聞いてみましょう。

以上は、『正攻法』です。


もうひとつの方法は、
【第一段階】
自分の投資について告知。

【第二段階】
運用の報告。
ののち、
iDeCoから攻める、というものです。

そう、『税金が得になるよ!』
全面にアピールしましょう。

(たとえば、ふるさと納税に興味がある、
やったことがあるパートナーなら
期待「大」でございます!)


『税金が得になるよ!』
『口座開いて、
定期預金だけ買ってもいいんだよ!』
『最低掛金、5,000円からOKだから。』

と、気軽にできることを強調します。

idecochan.png

iDeCo最大のハードルは、
職場で「事業主証明書」に
記入、押印してもらうことですが、
(これ、パートナーに動いてもらわないと
いけないのですが、)

ここは、あまり早く言い過ぎないように。

とにかく(DeCoにおいては)、
口座を開いてもらうことが大事です。
(最初は「定期預金」でもいいのです・・)


【第二段階】
運用の報告。を続けることで、

価格変動することや、
投資信託に対して
少しずつ理解が深まってくれば、

一部「投資信託」に
スイッチングしていけばよいわけです。

なお、資産管理の簡便性という意味では、
通常の「特定口座」も、
また、iDeCoの「口座」も、
お二人とも同じ金融機関にされたほうがよいでしょう・・。

◆ 参照記事
【(苦節10年?)妻がつみたて投資を始めました
(2013年の記事です)

似顔絵




| つみたて投資 | 18:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つみたて投資の強み 8つ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(注: ここでは「投資信託」に限って、
お話ししています・・。)

「つみたて投資のキーワードってなに?」
と聞かれたら、
ズバリ『自動化』とお答えします。

そう、全自動洗濯機の『自動』と同じです(^^)

たとえば、

あなたが、
「いつ」、
「いくらぐらい」← 金額ベースで。
「どれくらいの頻度」で、

投資信託を買い付けるのかという、
ほんらいは、
【あなた自身が決める】部分を、

エイヤーと、
あっさり『しくみ』に委ねてしまうわけです。
(「つみたて投資」って)

えっ? これほど味気ないこともない?

「あーあ、つまらないや!」
という声が聞こえるかもしれません。


しかし、『自動化』するということは、
その分【時間】を浮かせられる、ということ

全自動洗濯機が登場して、
主婦(主夫)の方の
貴重な時間が浮いたように、

私たちは【つみたて投資】によって、
投資に傾ける【時間】を浮かせるわけです。
(これって素晴らしいことでは?)


『つみたて投資』は、
杓子定規に見ると、
ふたつの作業に分解されます。

⇒ それは、
自動引き落とし】+【自動買い付け】です。

しくみが勝手にお金を『引き落とし』、
しくみが勝手にファンドを『買う。』

なので、あなたは
Netflix (ネットフリックス)で
アメリカの連続ドラマを
満喫できたりするわけです。


投資が「楽ちん」なのは、
罪でもなんでもありません。

投資に時間を割いて、
いろいろとシミュレーションや
分析をやればやるほどリターンが向上する・・、

なんてことはあまり聞きませんし・・。

『つみたて投資』には、
ムダをそぎ落として
本当に大切なことだけを凝縮した
【シンプルさ】があります。

ということで(さっそくですが)
【つみたて投資の強み8つ!】


1.1回あたりの投資額が少ない!


先日のコンサルティングでも
お話ししたところなのですが、

つみたて投資では、
1回あたりの【投資額】が抑えられます。

そのため、日常の空気の中で、
気負いなく続けられます。

たとえ、500万円分の投資でも、
月8万円ずつの
「つみたて投資」に変換すれば、

月8万円ずつのみが、
投資に向かうわけです。

(いっぺんに500万円が
投資に向かうわけではありません。)


あなたの気持ちの中では、
「特別なことをしている」
という意識が芽生えにくいため、

平常心を保ちながら、
ラクに投資が続けられるでしょう・・。


2.最初からないお金と思えます。


つみたて投資では、
しくみが勝手に掛金を引き落とします。

つまり、このお金は、
最初からないお金」と思いやすいのです。

「がんばって投資の原資を用意しないと!」
という気負いからも解放されることになります。


3.投資が必ず続けられます。


何かを「続ける」には、
それなりのパワーが必要です。
(フィットネスクラブが良い例でしょう)

ところがつみたて投資では、
しくみが毎月
投資信託を買ってくれますから、

あなたは別段、
何もする必要がないのです。

(たとえば、バランスファンドを選んでしまえば、
投資に費やす時間はもうゼロになります!)

〇 何をしても長続きしない。
〇 飽きっぽい
〇 サボることについては自信がある
という人でも、
投資が続けられるのです・・。


4.金融商品の価格が気にならなくなります。


高いときも、安いときも、とにかく
毎月同じ商品を買い続けますから、

「えーっと、
先月はいくらでこのファンドを買ったっけ?」
なんて、いちいち思わなくなります。

よい意味で、
投資と距離感を置けて、
細かいことが気にならなくなるわけです


今儲かっているのか、損しているのかも
意識しなくなれば、
もう本物の『つみたて投資家』といえるでしょう。


5.相場を予測しようという誘惑から逃れられます。


とにかく
毎月定額で購入し続けるので、

「マーケットがいつ下がるのか」、
「マーケットがいつ上がるのか」を考えても
そもそも意味がありません。

結果、マーケットを
予測しようという願望が薄れていきます。


banner1.jpg


6.投資でストレスを感じません。


今まで述べたことをギュッと凝縮すれば、
投資でストレス感じない!」になります。

とにかく、
いつ買うか?
何を買うか?
どれくらい買うか?

という『悩み』から解放されるわけですから。


7.投資に慣れるプロセスと、
元本が積み上がるプロセスが同時進行します。


最近はこの強みがもっとも重要と
感じるようになっています


つみたて投資では、
資産が少しずつ積み上がります。

(いきなり、
ゼロから150万円になったりしないわけです)

この、投資元本が
積み上がる『スピード』が、

投資初心者のあなたが
投資という行いに慣れていく
『スピード』にシンクロすることで、

投資そのものと、
あなた自身が
【ほどよい関係】になり得るのでは・・。

最初のころ、
あなたはピュアな投資1年生です。

つみたて投資においても、
まだ投資元本が少ないため、
価格変動が起こっても、
金額ベースでの増減はわずかです。


投資3年生、4年生くらいになって、
あなたはだいぶ
価格のアップダウンに慣れてきます。

このとき、
つみたて投資も時間を経て、
それなりの投資元本になり、
金額ベースの増減額が大きくなっていますから、

投資そのものと、
あなた自身が
【ほどよい関係】になるわけです。


8.新鮮な気持ちをキープできます。


つみたて投資では
毎月新たに資金を投入します。

つまりそれは、
毎月【投資と出会い直す】ということ。

5年経っても10年経っても、
「今、わたしは投資を行っているんだ」という、
新鮮な気持ちを保つことができるでしょう。


まあ、それぞれの人に
それぞれの【スタイル】があると思いますが、

つみたて投資は、
小学校の教室の、
いちばん廊下側の前から3番目くらいに座っていた、

ちょっと臆病で、
ちょっと恥ずかしがりのあなたには
最適な 投資実行法 だと思いますよ。

「砂粒だって、たくさん集めれば山になります(^^;)」

◆ 参照記事
【積立ては、人生の変化に対応しやすいシステムなのです

似顔絵




| つみたて投資 | 13:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT