FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(もちろん)つみたて投資は万能ではありません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日はたぱぞうさんの
以下記事に触発されて書きます。
ドルコスト平均法のメリットデメリット

つみたて投資とは、
リスク資産にお金を入れていく、
ひとつの具体的な方法です。

よく『定時・定額購入』という言い方をしますね。

もちろんつみたて投資には
一長一短があります。


たぱぞうさんも書いておられる通り、

シンプルに
右肩上がりの相場がずっと続いた場合、

つみたて投資は
(一括投資に比べ)
リターンが劣ってしまいます。


たとえば毎月5万円のつみたてをする中で、
投資対象のファンドの価格が
順調にずっと上がっていけば、

(同じつみたて金額で)
買える『口数』が
どんどん減っていくことになり、

機会損失につながるためです。


あるいは、
次のようなケースはどうでしょう?


上がって下がる図


あなたがつみたて投資する投資信託が
前半どんどん上がっていき、
後半はどんどん下がってしまいました。

(もし)一括投資をしていたら?
成績は?

±ゼロです。


ところがつみたて投資の場合、
成績は・・?

マイナス27%弱になります。



もちろん、
投資を行う【時間の尺度】をどう取るかで
見える景色は違ってきますが・・。

ひとつだけ確かなことは、
一括投資と比して
つみたて投資は明らかに、

長期にわたって投資をし続けないと、
効き目が出てこない手法
なのです。


Blog-Post-Header-2.png


先ほど
右肩上がりの相場が続いた場合を
挙げましたが、

逆に、
ファンドの価格が
どんどん下落し続けるようなケース
どうなのでしょう。


一括投資では
すでに投資の実行を終えているため、
損失(マイナス)が膨らんでいくばかり・・。

いっぽう、
つみたて投資も
成績自体はマイナスが重なっていきます。


が、つみたて投資は
まだ投資の実行の途上であり、

ファンド価格が下落し続ければ
(同じつみたて金額で)
買える『口数』がどんどん増えていくため、

表面上見える「損益の数字」とは別に、
口数の貯金】を行っていることになります。


この↑ニュアンスをお伝えするのが
いちばん難しい!


下落相場が長く続けば続くほど、
(かつ)それでも
つみたてを長く続ければ続けるほど、

この【口数の貯金】は大きなものになります。

たとえば以下のケース。


図1


(10年後「つみたて投資の成績」はなんと
プラス15%強となり、儲かってしまいます。
一方、一括投資の成績はマイナス50%です。)


【保有口数】が膨大になれば、
(長い長い下落のあと)
投資信託の価格のわずかな上昇でも、

【口数】×【価格】の式により、

あなたの【つみたて投資の成績】は
急回復するのです。

(※ 【口数】×【価格】の式が大切。
一度貯め込んだ【口数】は
決して減ってしまったりしません。)

たとえば
リーマンショックの前からつみたてを
続けていた人が、その後の回復過程で
驚くほど大きなリターンを得たような例もあります。


端的に言って、

1.つみたて投資は
「悪い相場」に強いのです。



そして、
つみたて投資の成績が
最終的にプラスになるためには、

悪い悪いのあとに、

2.後半、ないし終盤で、
投資信託の価格が
【上昇】することもまた重要です。



繰り返しになりますが、
30年間つみたてを続けて、


上がって下がる図


のように価格が下がったままで
つみたてを終えれば、

あなたの成績は
マイナスになってしまいます。


したがって、

長ーい目で見て、
その投資対象の期待リターンが
プラスになるものを「つみたてる。」


これが大原則なのです。

あっ、これは『一括投資』も同じですね(^^)


最後に、

長期的に
期待リターンがプラスになるものを
「積み立てて」いけば、

たとえば、20年、30年と
つみたて投資を続けると、

当然、
『平均の購入単価』は?

上がっていくわけです。


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg


【終わりで大きく儲かる「つみたて投資」】で知られる星野泰平さんも言っておられますが、

『つみたて投資』をすれば、
総じて購入単価が低くなる、
というのは 実はおかしな表現 です。

期待リターンがプラスのものを
規則的に買い続ければ、
平均購入単価』は
長期で見れば上がっていきます。

それこそが、
真のつみたて投資の姿なのです。




あ



| つみたて投資 | 17:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つみたて投資8か条、覚えてみて!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

つみたて投資のキーワードは
ズバリ『自動化』にあります。

あなたが、
「いつ」、
「いくらぐらい」← 金額ベースで。
「どれくらいの頻度」で、

投資信託を買い付けるのかという、
ほんらいは、
【あなた自身が決める】部分を、

エイヤーと、
あっさり『しくみ』に委ねてしまうわけです。

これって夜ぐっすり眠っている間に
スマホの充電が終わって100%になっているような感覚?


私たちの人生には、
昼と夜がありますが、

昼とは文字通り、お仕事、ご家族、
自分の楽しみ、学びのために存在しますね。

投資はほんらい夜に属しており、
あなたの昼を
目立たず陰で支え続ければよいのです。


実際、夜に静かに稼働する
【つみたて投資】によって、

あなたは投資に傾ける【時間】を
大幅に削ることができます。
(これって素晴らしいこと!)


『つみたて投資』とは、
杓子定規に見ると、
ふたつの作業に分解されます。

⇒ それは、
自動引き落とし】+【自動買い付け】です。

しくみが勝手にお金を『引き落とし』、
しくみが勝手にファンドを『買い付ける』わけです。

ということで(さっそく)
【つみたて投資8か条!】


1.1回あたりの投資額が少ない!


つみたて投資は、
1回あたりの【投資額】が抑えられます。

そのため、日常の空気の中で、
気負いなく続けられます。

たとえ、500万円分の投資でも、
月8万円ずつの
「つみたて投資」に変換すれば、

月8万円ずつのみが、
投資に向かうわけです。

(いっぺんに500万円が
投資に向かうわけではありません。)


気持ちの中では、
「特別なことをしている」
という意識が芽生えにくいため、

平常心を保ちながら、
ラクに投資が続けられるでしょう・・。


2.最初からないお金と思えます。


つみたて投資では、
しくみが勝手に掛金を引き落とします。

つまり、このお金は、
最初からないお金」と思いやすいのです。

「がんばって投資の原資を用意しないと!」
という気負いからも解放されることになります。


3.投資が必ず続けられます。


何かを「続ける」には、
それなりのパワーが必要。
(フィットネスクラブが良い例でしょう)

ところがつみたて投資では、
しくみが毎月投資信託を買ってくれますから、

あなたは別段、
何もする必要がないのです。

〇 何をしても長続きしない。
〇 飽きっぽい
〇 サボることについては自信がある
という人でも、
投資が続けられるはず・・。


4.金融商品の価格が気にならなくなります。


高いときも、安いときも、とにかく
毎月同じ商品を買い続けますから、

「えーっと、
先月はいくらでこのファンドを買ったっけ?」
とか、いちいち思わなくなります。

よい意味で、
投資と距離を置け、
細かいことが気にならなくなるわけです


今儲かっているのか、損しているのかを
あまり意識しなくなれば、
もう立派な『つみたて投資家』です(^-^)


5.相場を予測しようという誘惑から逃れられます。


とにかく
毎月定額で購入し続けるので、

「マーケットがいつ下がるのか」、
「マーケットがいつ上がるのか」を考えても
あまり意味がありません。

結果、マーケットを
予測しようという願望が薄れていきます。


banner1.jpg


6.投資でストレスを感じません。


今まで述べたことをギュッと凝縮すれば、
投資でストレス感じない!」になります。

とにかく、
いつ買うか?
何を買うか?
どれくらい買うか?

という『悩み』から解放されるわけですから。


7.投資に慣れるプロセスと、
元本が積み上がるプロセスが同時進行します。


最近はこの強みがもっとも重要と
感じるようになっています


つみたて投資では、
資産が少しずつ積み上がります。

(いきなり、
ゼロから150万円になったりしないわけです)

この、投資元本が
積み上がる『スピード』が、

投資初心者のあなたが
投資という行いに慣れていく『スピード』に
シンクロすることで、

投資そのものと、
あなた自身が
【ほどよい関係】になり得ると考えます。


8.新鮮な気持ちをキープできます。


つみたて投資では
毎月新たに資金を投入します。

それは、
毎月【投資と出会い直す】ということ。

5年経っても10年経っても、
「今、わたしは投資を行っているんだ」という、
新鮮な気持ちを保つことができるのでは。


誰もが寝静まった群青の夜に、
目立たず、しかししっかりと、
つみたて投資はあなたのために
リズムを刻みます。

ちょっと臆病で
ちょっと心配性なあなたには
最適な 投資実行法 だと思いますよ。

◆ 参照記事
【積立ては、人生の変化に対応しやすいシステムなのです

あ




| つみたて投資 | 19:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託は毎日積立?いいえ、毎月積立でよいのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「つみたてNISA」では
楽天証券でもSBI証券でも、
毎日つみたて」が出来るのですが、

たえず変動する投資信託の値動きを
隈なく捉えるためには、

なんだか「毎日つみたて」のほうが
良さげに見えてきたりします。


当オフィスのお客様の中にも
「毎日」「毎月」あるいは「毎週」?の
つみたてにトライされている方が
複数おられますが、

結論から言いますと、

「毎日つみたて」でも
「毎月つみたて」でも、
長期の時間軸で捉えれば、
その『パフォーマンス』はほとんど変わりません。

なぜなら、
投資信託の価格は
不規則に』変動し続けるためです。



1787 釣り


長~い時間軸で見れば、
この、規則性のない価格変動の中で、

どのくらいの「頻度」で
投資信託の買い付けを行うのか・・、
単に「頻度の違い」があるだけなのです。


イメージで申しますと、
はい、ここに「ABCファンド」君がいます。

果てしなく続く、
不規則な数値(価格)の変動を・・・・・・

2.4.6.8.10.12.14.・・・


という「間隔」で規則的に捉えるのか、

それとも、

0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 ・・・


というふうに

小刻みな「間隔」で
規則的に捉えていくかの違いがあるだけ・・。


「毎日つみたて」をしていると、
毎日、投資信託を約定するので、

資産管理画面上の
取引履歴がすごいことになります。

また、海外株式のファンドだと、
海外の市場がお休みの日には、

たとえ日本が平日でも
買い付けができないため、
「毎日つみたて」にヘンな穴が空いたりします。


conversation_trimmed.jpg


こんな状況をちょっと想定してみましょう。

たとえば、マーケットが
5営業日連続で
小刻みな上昇を繰り返したり、

あるいは5営業日連続で
下落が続いたりすると、

「毎日つみたて」では文字通り
毎日の「動き(変化)」に対して
いちいち反応してしまい、

ハラハラ、そわそわする可能性が出てきます。



いっぽう「毎月つみたて」では
ひと月の、
たとえば20日ある営業日のうち、

19日間の投資信託の価格については
良い意味で
「知らんぷり」を決め込むわけです。


「えっ、そんないい加減でいいの?」
と思われるかもしれませんが、

月1回のみの買い付けでも、
20年間のつみたてでは、
240回行動(アクション)を起こすわけですから、

大らかに、
どっしり構えていればよいのです。



14-いい加減-3


○ 以下、マネー研究所(日経電子版)の記事となります。
積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし


【おまけ】・・

投資信託の「毎日つみたて」を
最初にやり始めたのは
カブドットコム証券です。

同社はほかに投資信託の
「ワンコイン(500円)つみたて」にも
業界ではじめて取り組みました。

が、今は・・
投資信託に関するサービスでは
SBI証券、楽天証券に
水をあけられてしまっています・・。

あ




| つみたて投資 | 12:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つみたて投資最大のメリットについて、ツイートしています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

以下、わたしのツイートから・・。


つみたて


このツイートは
フクリさんの以下記事について
リツイートしたものです。

ドルコスト平均法はリターンを上げるためのものではない!?


フクリさんも書かれていますが、

つみたて投資のリターンが
(一括投資に比べ)
高くなるわけではありません。


一例ですが、

向こう10年、
投資信託の値動きが
こんな感じになれば、


だ 右肩


むろん一括投資のほうが
(つみたてより)有利になります。


上記は(たとえば、ですが)

広く分散された
『世界株式インデックスファンド』に投資を行い、

→ 経済のパイが
長期的に大きくなり、

→『世界株式インデックスファンド』の
価格が真っすぐ上昇している・・
というイメージですね。


この場合、
「まとまった投資元本」を早く
入れてしまったほうが、

投資元本 × 利回り × 投資期間』の式に
当てはめると、

より「大きな投資元本」で
より「長く(期間)」投資が行えるため、
有利になるわけです。


もちろん、

向こう10年の
投資信託の値動きが

だ ブイ

こんなふうに推移すれば話は別ですが・・。


巷では
一括投資』VS.『つみたて投資』が
よく議論されます。

しかし、投資家自身のメンタル、
感情面のリスク】については
あまり語られることがありません。



わたしはアドバイザーとして
基本的に
『一括投資』をお勧めしません。

たとえ手元に「500万円」の
投資に回せるお金があっても、
です。


理由はシンプルで、
(特に投資ビギナーの場合)

投資家としての成熟の度合いと、
500万円という投資資金の重さが
釣り合わないためです。



xmoney-1078267_jpg_pagespeed_ic_taWO6p9GTQ.jpg


以下、
あくまで一例なのですが、

500万円の『まとまった資金』を
(わざと、)

「10万円×50ヶ月」とか、
「20万円×25ヶ月」などの
『つみたて投資』の形にして

500万円の投資元本に至るまでに
25ヶ月~50ヶ月の
猶予」を与えることをお勧めします。
(※ 期間はあくまで一例です)



たとえ(結果として)

「一括投資」に比べ
リターンが劣ることになっても、
上記のような『つみたて形式』をお勧めします。

(投資初心者の方は特に!)

「その、25ヶ月~50ヶ月って
何のための『時間』なの?」



えー、
それにお答えする前に、

冒頭のフクリさんの記事内から
少し引用させてください。

以下、引用)

インデックス投資家は、
ポートフォリオに悩み、
コストの安いファンドに
乗り換えるべきなのか悩み、

積み立て額に悩み、
悩みながら少しずつ成長してきます。

投資の過程で、
迷いながら成長することが
とても大事なことです。

成長する前に一括投資をすることが
正しいことだとは思えません。

引用、終わり)



・・いい文章ですね。

生真面目で、
ちょっとふらふらしている
投資ビギナーの立場に立って、
ことばを紡いでいるのが伝わってきます。


先ほどの、
25ヶ月~50ヶ月という「時間」は、

あなたが投資家として成長するための
『猶予期間』なのです。


ちょっと深呼吸してみましょう。


shinkokyu_woman_2018021917361986d.png


私たちは最初、
誰もが「超ビギナーの投資家」です。


そんな個人投資家にとって、
最初の数年間】ほど
大切な期間はありません。


この時期を
無事乗り越えられるか否かで、

その後10年~20年に及ぶ、
長期投資の流れに
乗れるかどうかが決まるといっても
過言ではないのです。


投資家としての最初の時期、

まとまった資金を
一度に入れてしまわずに
「つみたて形式」にすれば、

大きな投資元本が積み上がるまで
時間的猶予』が生まれます。

その間が、
あなたが悩みながら
(投資家として)
成長していく『期間』なのです。



リスク資産が少しずつ増えていく。
あなたが(投資家として)少しずつ成長していく。

この『同時性』こそ、
わたしは
つみたて投資最大のメリットと考えます。


(実は去年、ツイッターを始めました(^^;)
思いつくまま不定期に呟いています。
よろしければ覗いてみてくださいね。



〇 こちらの記事もご参考に!
つみたて投資の強み 8ヶ条】です

あ




| つみたて投資 | 17:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コツコツ投資の歌


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もう8年も前のことになります。

遊び半分で
『コツコツ投資の歌』を作ってみたら、
(ブログにもupしました)

「ふーさん」という人が
2番の歌詞を考えてくださり、

コツコツ Grown Up』という歌が
出来上がりました。

当時も
「どなたか曲を付けてみませんか?」と
呼び掛けたのですが・・

(えー)あいにく反応はなく(^^;


今回、再掲させていただきます!

(もし「曲を付けてもいいよ!」という方が
おられましたら、こちらのほうにご連絡を。)
info@sinyo-fp.com


02d928c.jpg


タイトル
『コツコツ Grown Up』


1番)← わたしの作詞

午前6時の目覚ましで
今日も会社に出掛けるわたし

電車の窓から見える小さな雲に
自分を重ねて Be myself

映画のようなことは起きないけれど
あしたは今日の続きじゃない

未来に変化を起こすタネは
わたしがコツコツ蒔いていく

コツコツ k2k2 仕事も自分も
息弾ませながら Grown Up

コツコツ k2k2 お金もわたしも
胸躍らせながら Grown Up

コツコツ続ける自由がある限り
わたしの未来は Up to me



gf01a201502152000.jpg


2番)← ふーさんの作詞

午後5時もうすぐ会社もおわり
今夜はディナーに彼女を誘い

約束の駅 手を振るあなた
手のひら重ねて it's alright

映画のようなふたりの時間
あしたも今日の続き観たい

未来のために育てたタネは
ゆっくりポツポツ咲いていく

そつなく k2k2 投資も恋も
じっくりゆっくり Grown Up

コツコツ k2k2 あなたもわたしも
心躍らせながら Grown Up

コツコツ続ける自由がある限り
僕らの未来は beautiful days


 ※ k2k2 は「コツコツ」と読みます!

あ




| つみたて投資 | 16:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼロ歳から69年間つみたて投資を続けた田中リカさん、その結果は・・?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(えー、以下あくまで「フィクション」です(^^;)


わたしの名前は「田中リカ」。

オギャーと生まれてすぐ、
つまりは「ゼロ歳」のときに

ママがSBI証券に
わたし名義の口座を開いてくれました。
(これって「未成年口座」って言うのだそう。)


未成年口座


それで、
「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」という
投資信託を、
月1万円積み立て始めたんです。

(あっ、ママがね(^^;)


もちろんわたしはそんなこと
まったく知らなかったけど、
満15歳』になったとき、

「これからはリカが
取引主体』になりなさい。」


ということで、

ログインID、パスワードを
わたしが管理することになったの。


でも、わたしには
「全世界」というワードしか
頭の中に入って来なかった。
(そもそも)ぜんぜん興味なかったし。

そして、
わたしはめでたく『満20歳』に・・。

このとき、
口座のログインID、
パスワードがリセットされ、
わたし宛てに新しいのが
わざわざ郵送されてきたわ。


えっ、だからって
わたしの中では何も変わらず・・。

大学時代も
(バイトしていたし、)

これまでの習慣の延長で
なんとなく
月1万円のつみたてを
続けていただけ・・。


運よく就職できて、
中堅商社に入って
二つ目の部署で
急に仕事がメチャメチャ忙しくなって、

そのうち彼氏ができて、
スッとした顔立ちの
クールな男だと思ったんだけど、

そいつが超潔癖症&マザコンで
トラウマというほどではないけれど、

「別にオトコはいいかも。」
という気持ちになって、


で、そのうち
新しいプロジェクトを任されたりして、
あっという間に『満30歳』に。

その後は・・
(まあ長くなるから割愛するけれど、)


xf4045127298w.jpg


3回転職して、
→ 住宅関係 → ソフトウェア → 物流。

引っ越しは何回したっけ(もう忘れた。)

酸いも甘いも経験して、
人との付き合いはストレスだけど、
人と関わっていないと
自分はダメなタイプなんだって分かって、

それで若い時から
その時の感覚で
欲しいものは買ってきたし、

(つまり、
有意義にお金は使ってきたつもりだし、)

蓄財とか
節約とかそういうことに
ほとんど興味がなかった・・。


でも
さっきも言ったように、

ただ単に、
幼いころからの習慣が
ずっと続いていて、

その、
「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」という
投資信託のつみたては続いちゃったの。


えっ、わたしの年齢?

今年の秋で
もう『満70歳』よ。


この前、ようやく仕事辞めたの。
完全リタイア。。

で、
おとといちょっと数えてみたら、

わたしって69年間、
つまりは828ヶ月
積み立てをしてたみたい・・。


で、ずーっと、
月1万円だから、
元本の計算はわたしでも出来る。

828万円だわ。

ちょっと待ってね、

わたしの今の
運用資産額というのが・・

えっ、

あれ?


ホントに!?


新生銀行

※ 画像 「新生銀行・積立シミュレーション
(年率「5%」のリターンと仮定)

6895万円だ。

どうしよう・・・・・・。


元本・・       828万円
増えた分・・  約6067万円


よく分からん。

カナコと一緒に、世界一周旅行でも行くか。

違う、
月・火星周遊旅行だ!

(※ カナコさんはリカさんの同居人です)

あ




| つみたて投資 | 14:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT