FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

下がったら買い増ししよう!というのは悪魔の囁きかもしれません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最初に誤解がないように。。

マーケットが下がったら
「買いたくなる」というのは、
投資家としては至極まっとうな心理です。

「下がる」というのは「チャンス」ですから、
上記の感覚は
投資家として鑑とも云えるのです。

ただ、難しいのは、
下落相場がどのような軌跡を描くかは
(前もって)誰にも分からないという点。



たとえば、メディアは
下落相場の【発火点】をことさら強調します。

たとえば、ダウ平均が
高値から10数%下がれば、
「暴落だ!」と言って書き立てるわけです。

しかし、
たとえばそこから
1年、2年とかけて、

さらに10数%下がっても、
もはや同じトーンでは(メディアは)伝えません。


私たち投資家も、

マーケットの下落が鮮明になった
【初期の頃】に、
ついつい大きなアクションを
起こしてしまいがちなのです。



よい例が、
2007年から2008年にかけてです。

実際マーケットは
2007年から下がり始めており、

当時『サブプライムショック』という
呼ばれ方をしていました。

このとき「買い増し」をした人たちは、
この下落が金融危機の
ほんの【序章】に過ぎなかったとは、
ゆめゆめ思っていなかったでしょう。


gctv-mistakes.jpg


『最悪に備える』という意味では、
下落相場は
(自分たちの予想よりも)
長く続くものだと思っておいたほうが賢明です。



なんとなく、
大きく下がったから ← 感覚で。
「スポット」で
追加資金を入れてみよう!
と行動を起こすと、

さらに下がった局面で、
また資金を入れたくなるもの・・。

そして、
ほんとうの『暴落状況』になったときに
すでに資金が枯渇している、
ということも起こりうるのです・・。


わたし自身、
ITバブルが崩壊した
2000年の5月以降、
なけなしのお金、数十万円を
10万円、10万円、10万円と分け、

マーケットが下がるごとに
追加投資を行って、
痛い目にあったことがあります・・(-_-;)


Challenge-1024x584.jpg


〇 別に高値から10%程度下げただけで、
無理して買い増ししなくてよい。

〇 ポイントは『暴落』まで
あなたが待てるかどうか。

〇 もし暴落にならなかったら
「ラッキー」と思って、通常の投資を続ける

ちなみに当オフィスでは、
「市場そのもの」が25~30%程度下がって
はじめて【暴落】と呼べると考えます。



「では、もし暴落がほんとうに
起こったらどうするのか?」

つみたて金額を増やすのです。

決してスポットで
追加投資をしないこと!


(余裕資金の多寡にもよりますが、)
わたしは通常のつみたて金額の
3倍、5倍に設定してもよいと思います。


つみたては「毎月1回」ですから、
スポット投資のように、
(下がったら)すぐに資金を入れたくなる、
という誘惑から逃れられます。

何より、
自分の判断ではなく、

しくみが確実に
「月1回」買いを入れてくれますから、
この【客観性】、【連続性】は侮れませんよ!



仮に、私たちの意に反して
マーケットが急回復した場合は、
つみたて金額を元に戻せばよいのです。

暴落が起こった状況で
つみたて金額を増やせれば、
それはそれで賞賛されることですし、

たとえ増やさなくても、
「つみたて投資」が続けられれば、
それだけで
立派にチャンスを生かしていると云えるのです。

あ




| つみたて投資 | 12:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「まとまったお金」は分けて考えよう!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ほんらいお金自体に、
色も感情もないのですが、

どうも私たちのほうが、
お金に「」を付けたがります。

たとえば、
毎月の2万円って(なんと言いますか、)
日常のお金、
暮らしの中のお金、で済みますね。

ところが、
それが500万円になると・・
非日常】に変貌します(-_-;)


1000円とか1万円は
生活のリズムの中で数えられますが、

500万円になると、
なんだかこちらが
『委縮』してしまうのです。

そのお金は
大きな塊として、
「500万円!」と自己主張し、鎮座します。

ついでに
「オレのことどうするの?」

という目つきで
こちらを覗き込んだりもします(笑)



投資を行うとは、
あなたがお金に対して
指示】を出すことです。

500万円に対して
「こうしなさいよ!」と
『指示』を出すのは、
なかなかエネルギーがいる行為。

(そして非日常的な営みなのです・・)


ただ、
あなたの気持ちとしては、

「早く指示を出してしまいたい!」


とも願っているのです。

どこかで【焦り】が?


人は
【抱えきれない金額】を
目の前にすると、
思考がうまく働かなくなるケースがあります。

たとえば、
「とりあえず、これでいいや」と、
まとまったお金の置き先を
安易に決めてしまうことも・・。


以下、あくまで一例ですが、

わたしは【相談業務】の中で、
以下のような独白を
いくつも聞いてきました。

「この普通預金の500万円なのですが・・」


「フィナンシャルアドバイザーの人に、
以前この500万円の運用法について
伺ったことがあります」


「このお金(500万円)を
どうすればいいのかなあと思って、
ご相談に来ました」


「500万円も
預金に置いていても仕方がないので・・」



そう、
みなさんのニュアンスとしては、
「この500万円」と言っているように、

【ひと塊のお金!】なのです。


あのー、
別に、

「まとまったお金」を
「分けて」考えてもよいのですよ。


お金自体に、
色も感情もないわけですから。

たとえば、

500万円の塊を
【10万円が50束ある。】と捉えれば、
ずいぶんと印象が変わってくるはず・・。



ナマケモノ


実際、
あなたが【ひと塊のお金!】と
認識しているのを補強すべく、

銀行や証券会社や、
金融商品の販売に携わる
ファイナンシャルプランナーは、

ことさら【ひと塊!】を強調して、
アドバイスしてくる場合があります。


正直、
月5万円でつみたて投資されるより、

ポーンと500万円分、
保険商品や投資信託を
買ってくれたほうが、
手数料収入も良くなるためです。

あなたは極力、
ひとつの塊として
500万円を見ないこと。

まとまったお金は
「分解」して見るクセを付けましょう。



たとえば、ですが、

「こちらでしくみは作ったから、
毎月10万円、
50ヶ月にわたって

決められた日に
〇〇ファンドを買い付けて!」 ← つみたて投資

と、
【指示】を出してもよいわけです。


50ヶ月が経てば、
(結果として)
500万円分の投資執行を
終えることになります。

私たちがふだん目にするのは
何気ない「日常」です。

あなたのお金を
非日常の対象から、
『日常の感覚』に戻すためには、

【ストック】を【フロー化】して
捉えることが重要なのです。

あ




| つみたて投資 | 15:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さて、2500万円は『一括投資』それとも『つみたて投資』?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

 【クイズです!】

長谷川良太さん(40歳)は
2500万円の原資を用いて
運用を行うつもりです。

今から20年後、
A、B、どちらの
投資執行法のほうが
【収益】がより大きくなるのでしょうか?

(注: 購入する金融商品は
まったく同じとします。

たとえば、世界中の株式、
債券に分散投資する
インデックス型のバランスファンドとしましょう・・)

A 一度に金融商品を買う!
B 毎月50万円ずつ
50ヶ月かけて金融商品を買う!


正解は・・
A のほうです。

(※ ここでは、
世界経済が成長を続け、

当該ファンドも長期的には
プラスのリターンを
実現するという前提です)


では、
なぜ「A」が正解なのでしょう?

答えはカンタンです。

来週、一度に買ってしまえば、
2500万円というリスク資産を、
もっとも長く投資しておくことが
可能になるためです。


伝わっていますね?)

ちなみに、
投資の【収益率】は、
投資元本×年利回り×投資期間(年数)で
求められます。


理論的に考えれば、
まとまったお金がある場合、
【一度に金融商品を買うことが
正しい行為なのです。】


理論的には、です・・。

しかし、
これが果たして『最善の方法』なのか?
と問われれば、
わたしは疑問に思います。


もちろん、
長谷川良太さんが、
投資歴10年以上で、

これまで
投資信託よりもリスクが大きい、
さまざまな金融商品を
買ってきた経験がある人なら、
一度に買うのは問題ないでしょう・・。


しかし、長谷川良太さんが、
まだ投資の初心者だとしたら?

わたしなら、
分けて』投資の執行をすることを
強くお勧めします。


一例ですが、
たとえば、

自動引き落としの仕組みを使って、
毎月50万円ずつ
つみたて投資」するのです。

50万円 × 50ヶ月。

(つみたて投資を50ヶ月だけ実施し、
その後は『つみたて』を休止します)


※ あっ、念のため、
「B」を選んでも、
別に「A」と比べて
期待リターンが高くなるわけではありませんよ。


20171222224858.png


では、初心者の
長谷川さんにとって
「B」の方法を選ぶ【メリット】とは・・?

今の例でいうと、
50ヶ月(4年と2ヶ月)という
時間」をかけて、

段々とリスク資産を積み上げる中で、
少しずつ投資に慣れていくことが
可能になる点でしょう。



いきなり、
ゼロ ⇒ 2,500!って、
ふつうの人の感情として、
ちょっとヘビーではないでしょうか?

あなた自身がまだ
投資に慣れていないのに、

リスク資産が
いきなり2,500万円に
なるわけですから・・。


それよりも、
50、100、150・・・・1,000
・・・・2,500万円というふうに、

リスク資産が積み上がるまでに
「時間」をかけることで、

リスク資産が積み上がる『スピード』と、
あなたが投資に慣れていく『スピード』を
うまい具合にシンクロさせることが
可能になるのではないでしょうか。



とは言っても、
わたしは2,500万円の原資を
5万円 × 500ヶ月

で「つみたて投資」しましょう!
とはお勧めしません。

(これだと
41年もかかってしまいますし・・(-_-;)

何より、
2,500万円というお金の
ポテンシャル(潜在可能性)を
損ねてしまいます。


MIYADSC_4275_TP_V1.jpg


まとまったお金の投資では、
たとえ「つみたて形式」にするとしても、
ある程度の「勇気」と「思い切り」が
必要になるのです・・。

考えてみますと、
ひと口に 50万円 × 50ヶ月といっても
けっこうスゴイことです。

月に50万円もリスク資産を買えば、
たった10ヶ月で
500万円も積み上がってしまうわけですから。


最初に戻りますと・・、

A 一度に金融商品を買う!
B 毎月50万円ずつ
50ヶ月かけて金融商品を買う!


「A」を選択するとは、
20年後の「未来」を尊重することです。

もちろん「長期の視野」は重要です。

しかし、
「20年後」を重んじるあまり、

投資ビギナーとしての
最初の1年~3年程度の
もっともブレやすい時期の、

投資家の【感情リスク】を
軽視してはダメだとわたしは思うのです。


まとまったお金を
わざと「つみたて投資」するのは、
あなたの気持ちの
【安定】を買うためなのです。

似顔絵




| つみたて投資 | 18:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金融庁の『初めての投資!おすすめの一冊』に投票してみませんか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

金融庁が
【はじめての投資!おススメの一冊】を
募集しています。

応募結果は、
4月21日(土)に開かれる
『つみたてNISAフェスティバル2018』の中で、
発表されるのだそう・・。


20171222224858.png


〇 あなた自身が
さまざまな意味で影響を受けた本。
〇「投資を始めてみよう!」と
心を動かされた本を、


ぜひ、
まだ見ぬ、

投資という航海に
これから漕ぎ出そうとする「人たち」に、
知らせてあげましょう!

(1人3冊まで紹介可能です)

あっ、締切はなんと、
明日 3月30日(金)までです!

善は急げ!!

<つみたてNISAフェスティバル 2018>
『初めての投資!おすすめの一冊』
 【投票フォーム】はこちら

似顔絵




| つみたて投資 | 15:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『拡大つみたて』にすれば、投資すべきお金を無駄なく入れることが可能に


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ちょうど2006年の後半から
2007年の前半にかけて、
株式市場は右肩上がりになっていました。

当時は特に新興国が好調で、

「カンさん、投資信託に
お金を入れる気になれません、高くなりすぎて。」


というセリフを耳にしたものです。

そして、リーマンショックが起こります。

マーケットは真っ暗な
底なし沼のようになって、
いつ薄日が差し込むか分からない状況に。

「カンさん、投資信託に
お金を入れる気にはなれません。不透明すぎて。」


というセリフもこのとき耳にしました。
arrow_down_14.jpg

このようなマーケットの『大きなうねり』は、
人の「不幸」と「幸福」が
いつやって来るか分からないのと同様に、
いつも私たちの予想を超えて展開されます。

不条理ですね・・・。

ほんとうは
世界史の年表のように
さらりと10年~30年の時間を捉え、

(難しく考えず)、
「資金」を入れ続けることさえ出来れば

たとえ投資のリターンが
それほど高くなくても、
あなたの投資の成果は
それなりに大きくなるはず・・。

「えっ!?」


なぜなら、
どんな投資の型(かた)でも、

結局のところ、
【あなたのお金がどれくらい増えるか】は、

1.いくらお金を入れたか
   ×
2.利回り
   ×
3.投資し続けた期間


という【シンプルな式】で説明できるためです。

ただし、上記2.の
利回り(リターン)は「水もの」です。


しかし、
『リスク資産にいくら
お金を入れたか』(投資元本)と、

『どのくらいの年数、
投資を続けたか』(投資期間)は、
決して嘘をつきません・・。

3.については、
ずっと続く生活(ライフ)に、
投資という行いを載せるだけ。

という意識を持てば、
おのずと「長期」を貫けるはず。


ということで、
残された課題は?

いかにして
リスク資産に
無駄なくお金を入れることができるか。


わたしは、
その方法論として、
「つみたて投資」があると考えます。



Tools-300x300.jpg


ここでは、毎月の収支からの
純粋なつみたては、割愛します。


ちょっと極端な例なのですが、
わたしは2011年に
あるお客様との面談で、

1億2000万円の
投資に回す資金について、

500万円×24ヶ月
400万円×30ヶ月
250万円×48ヶ月 というような、

資金の入れ方を
アドバイスさせていただきました。


これを当オフィスでは
『拡大つみたて』と呼んでいます。

(※ 投資資金が300万円でも
2000万円でも理屈は同じです。
要はいっぺんにファンドを買うのではなく、
「つみたて形式」にする!ということ)

上記の例でも、
結局やることは、
毎月の収支からの「つみたて」と
同じですよね。

(ただし、つみたて期間が終わった際に、
すぐに「つみたて休止」の手続きを取る必要アリ!)


MTAX_107_DN15140_L-600x400.jpg


では、なぜ
わざわざ「つみたて」に?

それは、
まとまったお金の投資執行を、
大きな感情の起伏を避けながらやり遂げるためです。


よりストレートに言うと、

「まとまったお金があるのだけれど、
これはまとまった買いの執行じゃないよと、
自分をうまく騙して、
まとまった資金の投資実行をしてしまうために、」


自動引き落としによる、
「つみたて」が有効なのです。


わたしはネット証券に対して
ひとつ提案があります。

(オプションとしてで結構ですので)
投資信託積立の『期間設定機能』を
付けていただきたいのです。

たとえば、
2000万円分の「まとまったお金。」

これを
50万円×40ヶ月 と積み立てしたいとき、

つみたて金額 ⇒ 50万円/月
つみたて期間 ⇒ 40ヶ月と
設定するのです。

SBI証券あたりがやってくれないかな・・。


バラつみ投資バナーたて




| つみたて投資 | 19:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「つみたて投資している」と言ってみよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日はNightWalkerさんの記事
【「投資信託を買っている」と言ってみよう】
に触発されて書いています(^^)

投資がなかなか広まらないのは、
その行為がいまだ『マイナー』である、
ということと関係が深いと思います。

たとえば、
あなたがロシアのプロサッカーリーグ
(プレミアリーグ)の大ファンで、
それについてよく知っていても、

一緒に話して盛り上がれる人って、
まだまだ少ないと思います。


投資について
ごく自然に話がしたいけれど、
自分は【少数派】なので、

自分の口から「投資(とうし)」という言葉が
なかなか出てこない・・。
そういう気持ち、すごく分かります。


一方、日々の生活の中で
投資という単語を
ゆめゆめ思い浮かべない人は、

投資 = ひとつの危険な塊!
「すごいアップダウンがあって、イチかバチか!
アーーー」

みたいな、
単純かつステレオタイプな『イメージ』を抱きがち。


ライトな投資』という言い方を、
NightWalkerさんは
上記記事内でされていました。

いいですね・・。

「投資」において、
このビール的な?カテゴリ分けって、
とても重要だと思います。

世の中には、

『ヘビーな投資』
『ミディアムな?投資』
『ライトな投資』


いろいろあるのです(^^;)


仮にネット上で、
<株で大きな損失!>
みたいなニュースが流れていて、

「うわあ、投資なんてするからだよ」


という友人の
何気ない一言があったとしましょう。

「えっ、オレつみたて投資してるけど」


と、何気に
ひと言、言ってみませんか?

【確信犯的に。】


「つみたて?」

「そう、積立。」

この言葉から、
<毎月、一定額でやる投資・・?>

というイメージが、
相手に湧き上がってくるはず。


aa403bf1b6382deeedd63cf69f72dc52--google-search.jpg


「投資は投資でも、
月に5,000円ほどやってるだけだよ」


「えっ、5,000円から投資ってできるの!?」


という、
会話につながっていけば、
(それって)すごくないですか?

いい意味で、
裏切られるわけです、相手の人は。


そして、相手の人は、
単にいろいろなタイプの投資があるのを
知らないだけなのです・・。

(それを「ちょこっと」教えてあげるのが あなたの役割。)


そもそも、
すべての行いは、

トマトを食べることも、
ネクタイを締めることも、
指定座席に乗ることも
スマホに触ることも、

みんな最初は『マイナー』であったはず。

それがいつの間にか逆転して、
「こんなの当然だよね」という顔をして座っています。


icon01.png

NightWalkerさんが言われる
「投資信託を買っているよ」も、

わたしがこの稿で言っている
「つみたて投資やっているよ」も、

何かの話のついでに、
ぼそっと話してみるのです。

でも、確信犯的に言う必要がありますよ。

あなたは、
【波風が起こる】と分かっていながら、
あえて会話の中に上の言葉を投げるのです。


投資に限らず、
小さな会話の発端を作る人は、
相手をまだ見ぬ世界へ誘う役割を担います。

〇 広範に分散された投資信託って、
ぜんぜんヘビーじゃないよ。

〇 毎月無理のない金額で積み立てていく
つみたて投資って、
ぜんぜんヘビーではありませんよ。

という『世界』です。
(相手は単に【ライトな投資】を知らないだけなのです)


「つみたて投資やっているよ」という
ひと言のあとの、

相手から聞こえる
新鮮な『驚きの声』を楽しみにしませんか?

その喜びは決してライトではありませんよ(笑)

◆ 参照記事
イヤになったら、いつでも止めていいの、投資信託なんて

似顔絵




| つみたて投資 | 18:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT