FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パートナー同士の貯金箱


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たとえパートナー同士でも、
お金に関することは
とてもデリケートで扱いにくい問題です。

あなたのお金は
あなたの配偶者のお金と、
どれくらい「一体化」すべきなのでしょうか?

(えっ、いきなり!?)

互いの悩みや喜びを
共有するパートナーなのだから、
お金のことも「一体化」すべし・・・

と思う必要は、

ぜんぜん
ありません。


(もちろん、双方が一体化を望むなら、
それはそれでOKでありますが・・)


パートナーといえども、
お金に対する考え方は
違っていて当たり前。

特に「投資」の部分が絡んでくると、
【うゎぁ、違うわ!】というのが
ごくふつうではないでしょうか。



Blog-Post-Header-2.png


わたしはこれまで、
さまざまなご夫妻、パートナーの
お金のあり様を拝見してきました。

あくまで私見ですが、
次のような『パターン』に
分類されると思います。

1.ご夫婦とも基本「預金オンリー」

2.ご夫婦とも「投資部分あり」
(が、投資スタイルは異なる)

3.ご夫婦とも「投資部分あり」
(かつ、投資スタイルがほぼ同じ)

4.パートナーの一方が「投資部分あり」
 もう一方は基本「預金オンリー」



conversation_trimmed.jpg


1.の場合、
『ひとつのおサイフ』でも
それぞれ『別のおサイフ』でも、
比較的管理はシンプルです。

たとえば『別サイフ』で想像してみましょう。

ひとつの具体例として、
ふたり共通の「生活口座」を作り
パートナーそれぞれが
お金を出し合い、

共通の費用】を
そこから支払っていくことが考えられます。


これだと、
それぞれの資産については
自由に管理できます。

(それぞれのご資産額を
知らせるか否かも、
あくまでケースバイケース・・)

実は、当オフィスに
ご相談に来られるケースで
もっとも多いのが、

4.パートナーの一方が「投資部分あり」
 もう一方は基本「預金オンリー」
 のパターンです。



このケースはさらに
ふたつ』に分かれます。

A.『別サイフ』で、
ご自身の投資についてのみ
ご相談されるケース。

B.『ひとつのおサイフ』で
ご自身だけではなく、

「預金オンリー」の
配偶者のご資産も含めて
ご相談に来られるケース。



B.で気をつけないといけないのは、
パートナーの了承でしょう。

価格変動があり、
将来の収益が不確定である旨の
投資の概念説明。

また、
具体的な投資のやり方、
投入する資金やその方法についても
十分な説明をし、
了解を得ておく必要があります。


image.jpg


B.の場合、実質的に
一方のパートナーが
ご一家の【資産管理担当者】と
なるわけです。


広く日本の世帯を見渡すと、

自分は投資に興味があっても、
パートナーは「興味なし」というケースは
かなり多いのではないでしょうか。

言い方を換えると
最初から、

どちらも・同じくらい
投資に・興味を持たなくては!
」と
あまり思い過ぎないことです。

(焦りは禁物。)


もし、パートナーにも
【投資】に興味を持ってもらいヒトは
こちらの記事をご参考に。

iDeCoをきっかけに、パートナーに投資に興味を持ってもらう方法(ただし、中期戦になりますよ)


実は、
扱いがもっとも難しいのは

2.ご夫婦とも「投資部分あり」
(が、投資スタイルは異なる)
 のケースです。


特に、「別サイフ」で
互いがそれぞれの資産内容を
開示されていない場合、

妻・・
「豪ドル預金を300万円持っている。」

夫・・
「豪ドル建ての個人年金保険に
400万円相当入っている。」


といったことも
起らないとは限りません!


ThankYou_02.jpg

換言すれば、

双方が「リスク資産」を保有している場合ほど、
それぞれの資産内容の開示は
その必要性が増すのではないでしょうか。



たとえ現状は、

4.パートナーの一方が「投資部分あり」
 もう一方は基本「預金オンリー」
のパターンでも、


コツコツ投資を行っているあなたが、
パートナーに対して
簡便な運用報告を愚直に続けることで、

3.ご夫婦とも「投資部分あり」
(かつ、投資スタイルがほぼ同じ)


に至る可能性があります・・。

(ただし、焦りは禁物です。
中期戦で構えてくださいね・・)

あ




| 人生をプランニングする | 16:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

相続で資産を引き継ぐのは苦痛?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

2017年に
日本国内でお亡くなりになった方は
134万人余りおられます。

「これが意味することは?」

これから
『大相続時代』が始まるということ。


ただし、
相続の件数が重要なのではありません。

引き継がれる資産の金額規模が
今後膨らんでいくことでしょう。

なぜなら、
日本の高度経済成長の恩恵を受けた
ふつうの生活者の相続が増えるためです。


わたしは仕事柄、
相続でご資産を引き継がれた人に
頻繁にお会いします。

この種のお金って、
実に「微妙」なのです・・。

なぜならこれは、

自分のお金であって
自分のお金ではない。


(とてもデリケートで
管理しにくい資産なのです)


たしかに預貯金は分かりやすいです。

ただ、株式や債券や
投資信託などを含んでいる場合、

たいてい、
被相続人の方が口座を開いていた
証券会社で

相続人も口座を開き、
資産の【移転手続き】が
行われることになります。

たとえば・・、


og_image.png


この場合、
相続人であるあなたは、
その証券会社に
(馴染みが)ありません。

もちろん、
投資の経験がない人にとっては、

株式や債券や投資信託や、
それらの具体的な名称も
(もう)ちんぷんかんぷんなわけです。


資産を引き継ぐ人にとって、

自分の生活に
これら資産を
いかに役立てていくのか、


この点で
困惑してしまう場合があるのです。


以前、こんなケースがありました。

「カンさん、
この株と投資信託は、
どうすればよいかまったく分からなかったので、

とりあえず今まで(4年間)
そのまま持ち続けてきたんです」



baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg


ということは、

4年もの間
ご本人はご自覚されないまま
相応のリスクを背負われてきた、
ということなのですね。


リスクを負うのを
不安に感じられる場合、

相続されたリスク資産をすべて売却して、
安全資産」のみで持つというのも
立派な選択肢です。

しかし、
真面目な相続人の方ほど
被相続人の意思?を尊重して、

「これはこのまま持つべきではないか」
と思い込んでしまう傾向があります。



仮に、
預金1000万円
日本の個別株4銘柄
投資信託8本
外国債券3つを相続された場合、

(預金を除いた)リスク資産は
ワタシが勝手に処分してはいけない。
と思ってしまうわけです。


そんなこと、ないですよ。


被相続人の方も、
あなたの生活に
具体的に役立ててもらいたいために
資産を遺されたわけです。

自身があの世に行かれたあと、
その資産をどのように活かすかは
あくまで生きている人間が決めるべきこと。


※ この点、
ご資産を遺す側も、
それなりのご準備をしていただければなあと
率直に思います。


955459-elderly.jpg


もうひとつ難しいのは
タイムラグ」の発生です。

人の寿命が今より短かった頃、
相続で資産を引き継がれる人の
平均年齢は40代でした。

それが寿命の延びに伴い、
資産を引き継がれる年齢が

50代後半、60代へと
「うしろ」に延びてきているのです。



贅沢な悩みと
思われるかもしれませんが、
ここ、なかなか難しいところです。

40代で資産を引き継がれる場合、
たとえば
住宅ローンの返済や
教育費など、

生活面で実際に
「そのお金を役立てるニーズ」があります。


02d928c.jpg


が、たとえば

64歳で資産を引き継ぐ場合、
すでにお子さんは独立していて
退職金も入ってきており、

その後に「まとなったお金」を
引き継いで、
さあどうしようか・・
となるケースもあるのです。



今後、長寿が進めば、
資産を引き継がれる年齢は
さらに「うしろに延びていきます。

お金の【ポテンシャル】を
生かすという意味では、

贈与税をうんと引き下げる、
あるいは時限的に税率ゼロにして、

生きた資産の
世代間移転を図る必要があると
わたしは思います。

あ




| 人生をプランニングする | 18:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資って教育なの、それとも環境なの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスのセミナーでは、
ときに
受講者の年齢の幅が「大きく」なります。

一例ですが・・。】

かたや29歳の人と、
かたや58歳の人が、
挨拶を交わしておられます。

これから机を並べて、
同じコトを学ぶわけです。

58歳の人はこう云います。

「あなた(29歳)のような年のころに、
わたしも運用のことを知って
実行していればなあ・・」



しかし、
これは現実的ではありません。

58歳 - 29歳 = 29年前ですから!

日本では長期投資の普及は
いまだ「黎明期」にあります。

水瀬ケンイチさんの著書
お金は寝かせて増やしなさい」を
読んでいただくと実感しますが、

特に
「インデックスファンド」を用いた
長期投資は、

ようやく『10年、15年選手』が
ちらほらと現れ始めた状況なのです。


体験を共有する人
一定のボリュームを超えないと、

その行為は(なかなか)
日常(普通のこと)
にはなりません・・。


そして、
その「体験共有」が
空気のように伝播するためには、

単に同世代の「横の輪」が
広がるだけでは足りないと
わたしは考えています。


たとえば、
親・子のような『タテの輪』が
広がる必要があると思うのです。

(あっ、別に、
おじさん・おばさんから、
姪っ子、甥っ子への
『タテの輪』でもよいのですよ・・)


family20man20lo20res.jpg


仕事柄、
ふだんは偉そうに、

~シンプルで継続しやすい資産運用を
啓蒙いたします。~
とか言っていますが、

投資の正しい知識が広まるのは、
果たして『教育』に依るのでしょうか?


「投資教育!」
と言ってしまうと、

聴くほうは襟を正して真面目に、
そして言うほうは、

なにか演台の上から、
教え諭すようなイメージに
なってしまいませんか?

わたしは、
(誤解を恐れずに言いますが)

投資の普及とは
単に【環境】であると考えます。


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


たとえば、
とある地方都市のマンションに住む
「清水さんご一家。」

お父さん、お母さんは何気に
「長期・分散・つみたて」投資を実践しています。

もうこれまで、
何度もアップダウンを経験し、
「欲」と「恐怖」の間を行き来し、

酸いも甘いも体験する中で、
なんとか自分たちの運用スタイルを
確立してきました。


そして、
自分たちの投資を、

世の中の動きや、経済事象や、
お仕事や(もちろん)
清水家のライフイベントと結び付けて、

それなりに
暮らしの中に【根付かせてきた】わけです。


これ(投資)は
人生のメイン行事では
決してないのですが、

折に触れて子供たちにも
言って聞かせてきたため、


「なんだか地に足のついた
【長~い行い】らしいよ」ということは、

息子さんも、娘さんも
気付いているようです。



そう。
これこそ、投資が、
日常の片隅で生息している状態なのです。



Change-.jpg


こういう状況が存在していて、
その中で
小学校6年生を迎えたり、
高校1年生になったり、

大学生になっていたりというお子さんを、

わたしたちは(日本の社会で)
まだ、あまり知りません・・。


しかし、
このような【環境】にいるお子さんなら、
まるで条件反射するように、

23歳とか26歳になって、
自分のお金のことを意識する際、

投資のことが
(それも地に足のついた投資が、)
頭の中にすっと浮かんでくるはず・・。



今言った
「清水さんご一家」のような家庭が、

8万世帯ではなく、
800万世帯くらいになれば、

放っておいても、
投資は広まっていくのだと思います。

あ



| 人生をプランニングする | 20:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたのカラダ以外は『分散』できるんです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

実は先週あたりから
猛暑疲れのせいか、
胃腸炎になってしまい、
体調を崩しておりました。

今はもう、良くなっております(^^;

こういうとき実感するのは?

「自分の代わりっていないんだ・・。」


ということ。

私たちの体は、

カラダ A部分
〃   B部分
〃   C部分 みたいに分割して、

それぞれを
別個に機能させることができません。


あなたの身体は・・「ひとつ」なのです。


日常生活を振り返っても、

「あれ?これってけっこう集中してるかも?」


と気付くことがあるかもしれません。

たとえば、

ひとつの会社で、働いてるよ。
ひとつの場所に、住んでるよ。

そしてあなたは、
ひとつの国の、民であり、

ふつう、
ひとつの通貨のみを保有しています。


daidougei_juggling1.png


私たちはさまざまな場面で
【1本の細くて長い木】に依拠して、
(=集中して)暮らしているのです。

以下、橘玲さんのツイートを読んで
そんなことを思いました。


橘さん ツイート


集中するとは、
そこに『頼っている』状態を指します。

※ 私たちは、ひとつ所に
頼りっきりにならないよう、
思考を『複線化』する必要があるのでは?



たとえば、
公的年金のみに頼ると、
国の政策に「おんぶに抱っこ」状態に
なってしまいます。

(老後のインカムにおいて、
自分に「主導権」がなくなってしまう)


ひとつの会社に頼ると、
その事業体と
運命共同体」的に歩むことを強いられます。

副業を行ったり、
セカンドキャリアを模索するのは、
定期収入の【分散】を図り、
複眼的な視野を養うことに他なりません。


9547.png


(ついでに云えば、)
共働き世帯は、
収益発生元の【分散】、
という観点から見ると分かりやすいでしょう。


あるいは、
海外にロングステイしたり、
移住したりするのは、

ひとつの国(制度)に依拠しない、
という【分散】の考え方です。


また、「英語」というスキルは
そのための手段という見方ができます。

上記、ロングステイや移住と
関連しますが、

住まいを「賃貸」にすれば、
ひとつの場所に依拠することなく、

変化に応じて、
さまざまな場所に(柔軟に)移動できます。


1768295.jpg


わたしも50歳になって、
「リスク分散」を意識し始めています。

今の時代は
変化も激しいですが、
(本人さえその気になれば、)

収入源も、
住まいも、
どんな人と付き合って、
どんなコミュニティーに参加して、

誰に、どんな情報発信をするのかも、
【ある程度の分散】が可能になります。

あっ、もちろん、
【お金のあり様】も!


あなたの大事なおカネは、

お金  A部分
〃   B部分
〃   C部分 みたいに分けて、

それぞれを
別個に機能させることが出来ます。


このお金の優れた【特徴】を、
生かさない手はありませんよね・・。

あ




| 人生をプランニングする | 13:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

29歳のヤマダさんと67歳のサトウさん(定期・口数解約について)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の「大阪出張コンサルティング」では、
計13名の方にご相談いただきました。
(お暑い中、誠にありがとうございました!)

個別相談に来られるお客様の年齢は、
ほんとうにまちまちです。

(たとえば
20代から60代まで、
見事に分かれる場合もあります・・)


まったく違う
『ライフステージ』に属している方が、
資産運用という『共通項』を持って
相談に来られる・・。

これはよく考えてみると、
たいへん興味深いことです。

ただし、
【年代】がまちまちですから、

資産運用という広大な景色の
「どの部分」を注視するかは
当然違ってきます。


まだ「つみたて投資」を始めたばかりの
29歳のヤマダさん。

2015-05-25_164830-336x314.jpg


ヤマダさんにとっては当面、
マーケットに大きな下落が起こって
投資信託の価格が大いに下がってくれたほうが、

(多くの口数が買えるため)
「望ましい」と考えています。

なにしろ、
これから「山を登ろう」という
ヤマダさんですから・・。


いっぽう、今年67歳のサトウさんは、
すでに投資信託からの
「取り崩し」を始めています。


illust2801.png


ですので
マーケットの大きな下落は
できれば起こって欲しくありません。

サトウさんはすでに、
「山を下り始めているのです。」



24-富士山



これから山を登ろうという
ヤマダさんは、

仕事もバリバリ頑張って、
「期待収入」も逓増していくでしょうが、

サトウさんは
すでに仕事を辞めて、
今ある手元の資産を管理して
生活をしていく人です。


(もちろん、公的年金という
定期収入はありますが・・)


ヤマダさんとサトウさんでは、
運用の「時間的長さ」をはじめ、
見える景色がぜんぜん違うのです。


29歳のヤマダさんはおそらく、
iDeCoやつみたてNISAという
窓口を上手に使いながら、

複数の「インデックスファンド」を
管理していくことが出来るでしょう。


それに対して
67歳のサトウさんはどうでしょうか?

すでに資産が積み上がっていて、
ここから手元の預金と、
投資信託のバランスを維持しながら、

規則的に
「取り崩し」を続けることになります。

リスク資産部分
メンテナンスの簡便性を考えると、

「バランスファンド」のほうが
しっくりくるかもしれません・・。

※ 実際、弊所の【個別相談】では、
リタイアを迎えて、
バランスファンドに移行するお客様が
増えています。


dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


つまりは、
年齢によって、
置かれている立場によって、

『正しい運用のルール』って
変わってくるのです。


先ほどのヤマダさんの項で

つみたて投資の途上では、
マーケットに下落が起こり、
よりたくさんの
「口数」を購入できたほうがよい。


と言いましたが、

サトウさんの立場に立つと、
マーケットに大きな下落が起こると、

同じ「金額ベース」での取り崩しでは、
より多くの「口数」を
解約する
ことになってしまうため、


ヤマダさんとは
正反対の景色】に
なってしまいます(-_-;)


つみたて投資を行うヤマダさん!
ベストな選択は?
「定期・定額つみたて」。

でも、サトウさんは?
規則的に取り崩していく人です。

なので、
「定期・定額解約」ではなく、

ほんとうは、
【定期・口数解約】がよりふさわしい!



02d928c.jpg


定期・口数解約】では、
規則的に「同じ口数」を解約していきます。

ファンドの価格が下がったときは
もらえる『金額』が減ります。

逆に、価格が上昇しているときは、
(同じ口数の解約でも)
もらえる『金額』が増えますね。

つまり、
ファンドの価格が下がったときに
多く解約してしまうことを
避けることが出来るのです・・。


(わたしの密かな希望・・)

楽天証券あたりが、
(SBI証券に対抗して)

【定期・口数解約サービス】を
始めてくれないかなあ・・。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓    1回の受講で、10年の安心を。
┣┳┳┏┻┃      第97回 マネ缶スクール
┃┃┃┗┳┛    スタンダードコース】♪

┗┻┻┫┃   『トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17
 …… ┗┛     8月25日()10時~16時50分 in 東京




| 人生をプランニングする | 18:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

50代のうちに自分に宿題を課そう。→ 「2番目のキャリア」はどうするの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは今年50歳になりますが、
正直、「これからって長すぎない?
と感じることがあります。

「えっ、何が?」


自分の「人生時間」です。

感覚的にですが、

「60歳までは頑張って働こう」とか、
「出来ればアーリーリタイアしたいなあ」
と願う気持ちは、

寿命が
70とか75歳くらいだからこそ、
釣り合いが取れるのでは・・。


たとえば、
65まで働いたとしても、

そのあと、
【65歳・・・・・・・・・92歳】みたいな
膨大な人生時間があると、

「で、何しよう?」と、
わたしなど、
手に負えなくなってしまいます(-_-;)

あなたはそんなふうに
考えたことはないですか?


もちろん、上記は
【贅沢な悩み】であることは
わかっています。

しかし、リタイア後に
膨大な人生時間を経験するのは、
言ってみれば、
人類「初めて」のことで、

どこにも
これといった『お手本』がないのです。

戸惑って当たり前だと思いませんか?)


roujin_ninchisyou_man.png


また、世の中の制度、しくみというものは、
世の中の【実態】にだいぶ遅れて
変わっていくものです。

私たちはもしかすると、
自分で率先して、
ライフプランの【概要】を、
一から描き直す必要があるのかもしれません。



ところであなたは、
ファイナンシャル・ジェロントロジー
「Financial gerontology」という言葉を
聞かれたことがありますか?

日本語にすると、
金融老年学】となります。

これは、
人生100年という長寿が、

世の中(社会、経済、文化等)に
どういった影響を及ぼすのか、

また、個人のファイナンスに
どのような影響を与えるのかを
研究する学問です。


older-couple-412x274.jpg


単純に、
生きる時間が長くなれば、
必要になるお金も増えます。


これまでと同じ
「貯蓄(投資)の方程式」では、
【実態】と噛み合わなくなるのは
目に見えています。

⇒ そういう意味でも、
ライフプランの書き直し、
運用計画の再構築が
必要になってきているのでは・・。


私的な【予想】を申し上げます。

ヒトの長寿化が進めば、

50代こそが、
青年期に続く、
第2の【模索&成長期間】になると思います。


50代で一度、
自分のこれまでの
人生、キャリアを振り返ってみる・・。

そして「第2のキャリア」に向けて、
その準備を始める期間とするのです。


何を隠そう、
わたしは不器用な男子の
「一典型」であります。

もし、65歳くらいで
仕事を辞めてしまったら・・。


〇 平日の午前11時くらいから
東急百貨店の
来客用の椅子に、
ぼんやり座っている。

〇 コナミスポーツクラブに行くも
2ヶ月くらいで挫折する。

〇 (結果、)自宅の居間で、
テレビの「ヒルナンデス!」を観ながら、

「あっ、お昼ご飯か。」と思い、
無意識に冷蔵庫からビールを出して飲む。


こんな「無気力おじさん」に
なってしまいそうな気がします・・・(汗)


先ほど、「第2のキャリア」と書きましたが、
副業や、
パートタイムジョブ、
ちょっとしたボランティア感覚でもいいのです。

次のチャレンジ的』な位置を占める
「やるべきこと・やりたいこと」を
50代のうちに探し始め、
それを見つけておかないと、


ずっと先、
とても「ヤバい状況」になるのではと
感じています。

※ 注 ここでの「ヤバい」とは、
ネガティブな意味合いです。


02d928c.jpg


もし、諸状況が許されるなら、
「50代」は、

青年期に続く、
第2のモラトリアム(猶予)期間にも
なり得ます。

『次のチャレンジ』に向けて、
人生をリセットする期間が、
50代くらいに【一度】あってもよいのではないでしょうか。



自分の体力、知力と
相談しながら、

70歳、75歳になっても
自分のペースで現役を貫く、

そんな格好いい「ニューシニア」が
この先、社会にどんどん増えていくのでは・・。


今一度、
まったく違う領域に足を踏み入れ、

新たな気持ちで
第2の『するべきこと』
スタートさせることが出来れば、

それによって、

〇 ルーチン・規則正しい生活
〇 当面の目的
〇 張りのある暮らし
〇 人間関係の維持
〇 金銭的なプラスアルファ


を得ることができます!


sky-business-stock-bubble.jpg


わたしは、世の中には
3つの仕事】があると思います。

1.ライスワーク
食べていくための仕事

2.ライフワーク
生きがいとなる仕事

そして、もうひとつが
3.ライトワークです。


ライトとは「light」 ⇒ 、ですね。

文字通り、
誰かを輝かせるための仕事です。


人生100年時代にこそ、
ライスワークだけでなく、

「ライフワーク」 ⇒ 「ライトワーク」に
挑戦できる時間的余裕が生まれるのです。
(なかなかスゴいことだと思いませんか?)

追記)

わたしは(おそらく)
今の仕事を70~75歳まで続けると思います。
そのために、50代で一度、
長期休暇をいただくかもしれません(^^;)

【追記: 18年7月4日】

上記文言(長期休暇)を見たお客様から、
「カンさん、いなくなるんだと不安に思いました」
とのお言葉をいただきました。

あのー、長期休暇と云いましても、
せいぜい2ヶ月くらいでございます。
(今のところ、語学留学を考えております・・(^^;)

あ




| 人生をプランニングする | 17:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT