FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

結婚する前から、お金のことを日常会話の「ひと欠片」とする習慣を身に付けよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

男と女の間で
ボタンの掛け違いというのは
(しばしば)起こるものです。

わたしが尊敬する米国のFP
リック・エドルマンのコラムです。
What Do You Think Your Spouse Is Thinking?

上記コラムによれば、
米国の多くの夫婦は未だ
伝統的なお金観」から抜け切れない様子で、

たとえば、
夫が将来に向けた運用を担い、
妻が毎日の家計を担う傾向に(いまだ)あるのだそう。

また、
お金のことをふだんから話題にしていないと、

「妻は〇〇と思っているはずだ。」と夫は思い、
「夫は〇〇と思っているはずだ。」と妻は思うが、

フタを開けてみると、
互いの「見解」がまるで違っていたりもします。


(これはお金に限ったことではないですが(笑)


money problem


以下、ちょっとおじさんの説教じみていて
恐縮なのですが、

今あなたが誰かと付き合っていて、
一緒に暮らすことを真剣に考えているなら、

できるだけ早い時期から
パートナー同士、

「お金のこと」を
日常会話の「ひと欠片」とするよう、
努めるべきだと思います。



まず、

1.借金がないかどうか
何気に、でもストレートに聞いてみよう。


2.1.と関連しますが、

クレジットカードの
「信用履歴」に問題はないか、
これもはっきり聞いてみよう。


この2つはとても重要だと思います。


そして、

3.収入、支出のきちんとした「数字」を
相手をごまかさずに、
(できれば)結婚の前に互いに出し合いましょう。


あのー、
「聞き方」のコツなのですが、
改まって深刻に聞くのではなく、

日常会話の「ひと欠片」ですから、
何かのついでに
何気に尋ねるクセを付けましょう。


(決して、熱くなったりしてはダメですよ!)


4.資産の状況については
もっともセンシティブだと思いますが、
これも結婚の前に、
互いに知っておいたほうがよいでしょう。



5.4.に派生しますが、
「投資をしている」場合、

「どんな考え」で
「どんな目的」を持って
その投資を行っているのか、

これも(できるだけ早い段階で)
パートナーに伝えておく必要があります。



couple_man_woman.png


もしもパートナー同士
どちらも投資を行っており、

かつそれがまったく違ったスタイルであれば、
まあ、これはちょっと
話し合いの必要があるかもしれません・・。

(あるいは、全面的に互いを尊重し、
双方のスタイルについては
一切口を出さないという考え方もアリはアリですが。)


★ 日常生活の「ひと欠片」として
お金のことをオープンに話し合うと、

それぞれに「足りていない点」が
明らかになってきます。

でも、それこそが、
話し合う『目的』なのです。


(決して感情的になったりしないよう。)

※ 余談ですが、わたしは結婚を機に
ムダ遣いがずいぶん減りましたよ。


6.最後に意外と大事なのが「保険」です。


互いに何らかの保険に
加入している可能性が高いのではと思います。

婚約したら「ほけんの窓口」に行くのではなく、

後田亨さんの有料相談を受けて、
保険の整理整頓をするくらいが
ちょうどよいのではないかとおじさんは思います。

あ




| 人生をプランニングする | 16:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資を続けるあなたに、気に留めてほしい「三つのワーク」のこと!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ふだんは資産運用のことをお話ししています。
が、わたしの役割は
運用のノウハウをお伝えすることではありません。

わたしがこの仕事を続ける真の理由は、
(資産運用を通じて)

ひとりでも多くの方に
『ライスワーク』から『ライフワーク』へ
移行して欲しいと願っているからです。

??


今の時代、
もしあなたが望むなら、

人生の中で【3つの仕事(ワーク)】を
成し遂げることが可能です。

(あっ「職業」という意味ではありませんよ。)

それは・・、

1.ライスワーク
(食べていくための仕事)

2.ライフワーク
(生きがいとなる仕事)

3.ライトワーク です。
(誰かを輝かせる仕事)



10634764-16x9-xlarge.jpg


わたし自身も
それが出来るかどうかは
分かりませんが、

FP(ファイナンシャルプランナー)として
同じ仕事を続けながら、

1.ライスワーク
  ↓
2.ライフワーク
  ↓
3.ライトワーク へと、

キャリアを昇華させていきたいという
気持ちを持っています。


ちょっと具体的に見ていきましょう。

あなたもわたしも、今は?

今は『食べていくための仕事
「ライスワーク」をしていますね。


いつかこの「段階」を卒業して、
2.ライフワーク」に移行できれば、

あなたの毎日の生活は
大きく違ってくるはず・・。

なぜなら、

もう、
食べていくための仕事を、
する必要がなくなるためです。




実は、
この『地平』に辿り着くための
ひとつの手段が、資産運用なのです。

leader.jpg

(ところで、)
運用の成果はどうやって決まりますか?

【投資元本 × 利回り × 投資期間】ですね。


2番目の利回りって
所詮みずものですから、
結局のところ、

〇 投資期間・・
いかに長く運用を続けられるか。

そして、
〇 投資元本・・
投資に継続してお金を振り向けられるか。

この『二点』が重要なのです!


また、あなたが置かれる状況によって

金融資産がいくらになれば、
2.ライフワーク」に移行できるかは違ってくるでしょう。

ある人にとっては
1億円かもしれません。

また、別の人にとっては
4000万円かもしれません。


さて、
どちらの人にとっても
チャレンジングな『3つ目の段階』が

3.ライトワーク」です。

ライトとは「light」 ⇒ 光のことです。

文字通り、
誰かを輝かせるための仕事。


photophobia-light-sensitivity-guide-theraspecs.jpg


これはおそらく、
今という目線で取り組むことではないでしょう。

また「報酬を受け取るか否か」という
表面的なことが大切なわけでもありません。


おそらく「次の世代の」
「より若い人のため」
重要になる可能性が高いコト、モノ」に

将来の実りを信じて、
エネルギーを注いでいく行為・・。


それが「ライトワーク」ではないでしょうか。


昔はフツーの人が
「3.ライトワーク」に辿り着くなんて、
ほとんど無理でした。

まず人生の時間が短すぎましたし、
資産を蓄積するノウハウも
整っていなかったためです。

でも、今は?

人生100年の時代だからこそ、
「ライスワーク」⇒「ライフワーク」 ⇒ 「ライトワーク」への挑戦ができる可能性が生まれてきたのでは?



あるいは、
人のキャリアの地平を見つめれば、

おそらく50歳〜60歳が、
青年期に続く
第2の【模索&成長期間】になり得ます。


たとえば50代で一度、
自身のこれまでの人生、キャリアを振り返り、

60代で
「2.ライフワーク」
「3.ライトワーク」を構築し始める・・


そんなことが可能になっているのです。


あっ、告白しますと、
この記事って
実は「自分に向けて」書いています(^^;

何を隠そう、
わたしは不器用な昭和男子の
「一典型」であり、

もし62歳くらいで
仕事を辞めてしまったら・・。

〇 平日の午前11時くらいから
東急百貨店の
来客用の椅子に、
ぼんやり座っている。

〇 自宅の居間で
テレビの「ヒルナンデス!」を観ながら、
無意識に冷蔵庫からビールを出して飲む。


14_beer_and_old-men.png

こんな「無気力おじさん」に
なってしまいそうな気がしています(汗)


さあ、今一度あなたの投資を
『長い時間軸』で捉え直し、

地面のライスワークを通過して、

「2.ライフワーク」
「3.ライトワーク」という【旗印】を
目標にしてみませんか?

(たとえば)76歳になっても
何かの「ワーク」に携わっていれば、
資産管理にも張り合いが出ると思いませんか?

あ




| 人生をプランニングする | 13:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

起業家の、個人のお金は預金と個人向け国債だけでよい?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ずいぶん前から、
facebook上で成毛 眞さんをフォローしています。

成毛さんのこちらの投稿。
(うんちくある言葉です・・)

投資とは
必ずしも金融機関経由の商品ではないはずだ。
自分や友人に金銭だけでなく経験という投資をすることも投資なのだ。


たしかに・・。


世の中には、
〇 自力投資 と
〇 他力投資 があります。


たとえば給与所得などから、
株式や債券や不動産に投資するのは
他力投資」ですね。


弊所のお客様の中には
数は少ないですが、
起業家の方もおられます。

起業家とは・・?
『自力投資』に邁進する人のこと。


たとえば
クライアントに招かれてパーティーに出掛けても、
ビールをちょっと口につけるだけで
そのあと会社に帰って仕事の続きをし、

「また11時過ぎちゃったよ…」と苦笑いしている。
そんな人なのです。


exeutive.jpg


起業家であるあなたは、
社会に付加価値を提供するために、

大いなるリスクを取って
事業に投資することの重要性を、

誰よりもよく知っています。

(自力投資していることが、
あなたにとっての活力源なのでしょう。)


そこで、
起業家の方の
ちょっとした「勘違い」を・・。


たとえば、
金融資産への投資(他力投資)について。

自分は起業家として成功しているから、
(横滑り的に)

個別株や、ファンドや、
その他多様な金融資産への投資も
やったほうがよいだろう・・と
解釈される場合があります。



もっと言ってしまうと、

自分は起業家なのだから、
株式、債券、不動産のような
リスク資産をある程度持っておかないとダメだ、
と思われる場合も・・。


※ 注 上記はあくまで個人としての話です。
会社として有価証券を保有するのは
立派な『自力投資』の一環ですね。


わたしは(投資アドバイザーとして)
起業家は、

事業を行う
代表取締役としてのあなたと、
金融資産を保有する個人としてのあなたの間に、
明確な線引き】を行うべきと考えます。



Divided.jpg


別に、
個人としてのあなたが、
無理して投資を行う必要はないのです。



大きなリスクを負って
究極の絞り込み投資を行うのが
自力投資】= ビジネスに対する投資ですから、

リスクヘッジのため、
個人で保有する資産は
預金と個人向け国債のみでもよいと
わたしは考えます。


確かに、あなたは
自身が行っている事業の分野では「プロ」です。

しかし、そのプロである専門分野と同じ感覚で
金融資産に対する投資と対峙すると、
大火傷を負う可能性があります・・。


PHOT000000000006EB29_500_0.jpg


わたしはときに思います。

人が生涯が負うことのできるリスクには
総量』があって、

起業家の方がなりゆきで
『他力投資』にも注力していくと、
ひとりの人間が負うべきリスク量を
超えてしまう可能性があるのではないかと・・。


代表取締役であるあなたと、
個人としてのあなたを
どうぞ【分けて】あげてください・・。

逆説的ですが、
これこそビジネスでの投資を
長く続けられる秘訣なのです。

あ




| 人生をプランニングする | 13:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2人に1人が『がん』になる時代だから、がん保険に入っておこう。っておかしくないですか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

健康って大切です。
わたしも『がん』になるのは怖いです。

現に「2人に1人ががんになる時代!」という言葉は
そこかしこで聞かれますよね?

だから「生きるためのがん保険」に入っておきましょう。


ima.jpg


やっぱそう!

いや・・ちょっと違うのでは。。



えっ、なんで??と思われる方は

後田亨さんの
『「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由』をご一読されることをお勧めします。




「2人に1人ががんになる時代」ということは?


『がん』という病気は特別なものではなく、
私たちの日常に普通に潜んでいるということ。

後田さんも著書で書かれていますが、
決して「300人に1人ががんになる時代」では、
ないのです。


ひとつ「ヘンなたとえ」をお許しください。

たとえば仮に
2人に1人が『交通事故』に遭う時代が来たとして、



交通事故


「なので自動車保険に入っておこう!」
って、なりますか?

というか、
これ『保険』として成り立つのでしょうか?



起こる確率は低いけれど、
起こってしまった場合の経済的損失が大きいから、
みなで掛け金を持ち寄って「万一」の事態に備えておこう。

これが保険のしくみです。



起こる確率がけっこう高くなっているのに
無理して「保険」として成り立たせようとしたら、
どうなります?

『がん保険』のことですよ!

〇 私たちに支払われる保険金は
うんと少なくなります。

あるいは、

〇 私たちが支払う保険料は
うんと高くなるはずです。


つまり『がん』という病気が
ポピュラーになればなるほど、
保険というしくみに載せにくくなるわけです。

ですよね?)


後田さんは
著書の中でこうおっしゃっています。

以下、引用)

「そうなるともはや“万が一の状況”ではなく、
“想定内の出来事”と考えるべきなのでは? 
保険でお金を備える必要はなくなりますよね」。

引用、終わり)


まさに!


『「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由』は、別に保険を全否定しているわけではありません。


xmoney-1078267_jpg_pagespeed_ic_taWO6p9GTQ.jpg


たとえば、
小さいお子さんがいて、
家族の大黒柱が(資産がほとんどない状態で)
急に亡くなってしまう・・。

これこそ、
起こる確率は低いけれど、
起こってしまった場合の経済的損失が
とても大きくなる事例です。


これはもう、
「生命保険」の出番なのです。

(定期保険や収入保障保険を利用して
『死亡保障』を買っておきましょうとなります)


日本の人口は世界の2%未満なのに、
世界の保険料の13%以上を払っています。

保険

画像元: MS&ADホールディングス


過剰な保険信仰、
過剰な投資忌避、

これが(残念ながら)
日本人のお金の現状なのです・・。






| 人生をプランニングする | 11:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リタイア後の生活ってどうする?『総合対策ミニ講座』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日はNIKKEI STYLE から。
人生100年、あらゆる手で資産寿命延ばせ 野尻哲史氏

おなじみの野尻哲史さんが
インタビューに答えられています。

最初のお言葉が
ズバリ本質を突かれています。

以下、引用)

――長生きしたときに備えて
資産寿命を延ばすコツは何でしょうか。

「公的年金を含め、あらゆるものを動員して
長生きのリスクをカバーしなくてはいけない。

死ぬときに長生きしてよかったと思うためには、
運用するだけでなく定年後も働き続けたり、
お金の使い方を工夫したり、

生活コストのかからない地域に移り住んだりと
総合的にアプローチする必要がある。
その必要性を訴えたくて今回、本を書いた」

引用、終わり)



ちなみに「本」とは、
こちらの野尻さんの著書のことです。




要するに、
「資産寿命」を延ばすためには

複数の要素を『掛け算』して、
トータルで膨らませないといけないわけです。

わたしが考える式は以下です。

収入(お仕事)× 収入(公的年金等)× 資産運用 - 支出



意外と大事なのが「支出」。

野尻さんも、

生活コストのかからない地域に移り住んだり、


と述べられていますが、

首都圏の方は
本気で『移住』を考えていいと思います。

ただ、思いっきり田舎に行ってしまうと、
住居費はとても安くなりますが、
その他の生活維持コストが
けっこう高くつくので、

わたしのお薦めは
政令指定都市』です。


政令指定都市


なかでも
北九州(小倉)、静岡、浜松、堺、神戸、岡山あたりが
良いと思います(何しろ気候が温暖です!)

政令指定都市なら「クルマ」なしでも
快適に過ごせるのでは?
(「クルマ」を手放すことで健康も買えますよ・・)


続いて、
わたしも含めた男性諸氏の方々!

「お料理」など定年前に習っておくと、
自炊がふつうになり、
月の食費を下げられるだけでなく、
(併せて)健康も買えるかも・・。


男性 料理


そして(政令指定都市での)
わたしのお勧めは「賃貸暮らし」です。

試しに、
堺,浜松,岡山あたりで、
「2DK 賃料」と検索してみてください。
(けっこう安いですよ・・)

マイホームをお持ちの方は、
(移住する前提で)売却してしまえば、

その分資産運用に回せる
「金融資産」が増えることになります。



次に、収入については
「仕事」にできるだけ長く従事するために、

副業、あるいはふたつ目のキャリアを
40代の頃から真剣に考えておくべきでしょう。

たとえば今年45歳の人なら、
70歳まで働く」が
ふつう(標準)になっているのでは・・。

ということは?
70歳から公的年金を受給するのがふつうに。

(70歳まで年金保険料を支払うことで
その分年金受給額も増えます・・)


最後に資産運用と
引き出し比率についてですが、

野尻さんは『3%運用』
『4%引出し』を推奨されています。

わたしも似たような考えなのです。

標準的なイメージは、

『3.5%運用』×
『3.5%引出し』です。


「利回り3%は現預金を含めた自分の資産全体で考える。


という野尻さんの主張は
とっても重要だと思います。


creating-a-household-budget_s600x600-255x300.jpg


仮に、ですが、
わたしの主張でいけば

預貯金を含めたトータル資産で
『3.5%の運用』を達成するためには、

リスク資産(投資信託)で
運用する比率を
相当高く保つ必要があります。

100(トータル資産)

リスク資産(投資信託)の
期待リターン5%とすると・・

リスク資産(投資信託)を
7割保有。
預貯金3割保有。

これでやっと、
トータル資産の
期待リターンが3.5%に・・。

(※預貯金のリターンはゼロと仮定)



また、セカンドライフの中身を
細かく見ていくと、

「もっともお金を使う時期」
「安定期」「最終期」
と、
3ステージに分けることが可能だと思います。

ということは?

「目標運用利回り」と「引き出し率」は、
ステージごとで
変えていっても(別に)良いわけです。



family20man20lo20res.jpg


以下、一例ですが、

 「もっともお金を使う時期」
『3.5%運用』 『4.5%引出し』

「安定期」
『3.5%運用』 『3.5%引出し』

「最終期」
『3.0%運用』 『3.0%引出し』



そして、
たいへん不謹慎な話で恐縮ですが、

収入」のところでは、
親御さんがいつの日かお亡くなりになって
引き継ぐべきご資産がある場合、

それも(結果として)
加わってくることもお忘れなく・・。

あ




| 人生をプランニングする | 18:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『定年』は男性だけのものではありません・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「ステレオタイプ」ってよく言いますね。

定年退職の日に
職場で大きな花束を贈られて
拍手でもって送られる・・


定年


ひょっとして今あなたは、
そんな定年退職の人を
「男性」とイメージされましたか?

もちろん、ですが、
「女性」にも定年退職はあります。


1986年に
男女雇用機会均等法が施行され、
たとえばその年に就職した女性は
2024年に「在職38年」を迎えます。

先日、確定拠出年金アナリストの
大江加代さんの以下コラムを拝読して、
いろいろと考えさせられました・・。


第1回
職と給料を失う「定年Hanako」に居場所はあるか

第2回
『「Hanako世代」の定年後がかなり憂鬱な理由
(東洋経済ONLINE。連載は5回の予定)


hanako.jpg


男性はがんらい不器用で、
(定年退職で)「仕事」がなくなってしまうと、

自分がするべきことが見つからず、
「抜け殻」のようになってしまう人が多いと聞きます。

が、大江さんのコラムによると、
これから『定年』を迎えるサラリーマン女子も、

実は
『職場以外に自分の居場所がない・・』という
同様の悩みを抱える可能性があり、

そこを深掘りしてみると、
(男性とは)また違った「悩み」が
浮かび上がってくるのです。



以下、引用)

働き続けてきた女性の場合、
家事がある程度おろそかになっていても、
それほど気にしないでいられたのは、

会社あるいは給料で自分が
評価される立場にあったことが大きいと思います。

ふとそれに気づくと、職場を失うことで
自分の心が従来どおりのバランスを
保てるかどうかに自信がなくなり、

定年後の時間の長さが心にのしかかってくるのです。

引用、終わり)


なるほど・・。

同じ女性でないと
なかなか書けない文章だと思います。

大江さんの場合は
45歳になる直前で会社を辞められ、
予期していなかったストレス症状に
悩まされたのだそう。

(その後、
「自分の好きなこと」に携わる場を持つため、
パン屋さんでパートとして働き始めたそうです)



xf4045127298w.jpg


また、長年「サラリーマン女子」として
働き続けた結果、
男性の思考回路が身に付いてしまうとも
指摘されています。

そして、会社に長く居ると
「組織」としていかに物事を
効率的に進めていくかという
「会社脳」が備わってしまうのだそう・・。

つまりは・・、「男性脳」+「会社脳」!


男性の場合は定年後、
オトコ同士で集まることがあっても、

互いに「男性脳」+「会社脳」に
染まった同士が愚痴ったりするだけですが、

「男性脳」+「会社脳」に染まった
サラリーマン女性が定年後、

「地域社会」「女性のコミュニティ」
馴染んでいく難しさについては、
正直わたしは想像すらしたことがありませんでした・・。


以下、引用)

女性に男性脳が備わっていると、
会社のような男性社会では意思疎通がしやすく、
とても便利です。

ところが、会社を離れて地域社会、
あるいはフルタイムで働いた経験のない女性が
多く集まる場所に行くと、
ストレスを感じやすくなるといいます。

引用、終わり)



そして、
女性の定年後の人生時間は
男性より長くなります。



955459-elderly.jpg


少し昔のデータですが、
以下、アメリカにおける場合です。

1.(2001年において)
60歳以上の全人口のうち、女性が占める割合は
おおよそ60% 。

85歳以上の人口のうち、
女性が占める割合は(なんと)70%。

2.(ベビーブーマー世代の女性のうち)
10人に7人が夫よりも長く生きると予測されます。

3.65歳以上の方のうち、独りで生活する女性は
独りで生活する男性の約3倍に上ります。



女性のほうが長く生きるとは?

経済的なケアが(男性と比して)
より重要であるだけでなく、

日々の生活が
精神的に満たされているかどうかが
(男性以上に)重要になってくるということ。

「自分ひとりで過ごすセカンドライフの時間」が、
誰にとっても
信じられないくらい
『長くなっていく』・・


もしかすると、

私たちはまだ、
【長く生きることのリスク】を、
社会全体で分かち合えていないのかもしれません。

〇 こちらの記事もご参考に!
50代のうちに自分に宿題を課そう。→ 「2番目のキャリア」はどうするの?

あ




| 人生をプランニングする | 14:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT