| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

教育資金の準備で陥りやすいワナとは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

相談業務の中で、
コンスタントに出てくるのが、
「教育費の準備をどうするか?」です。

お話を伺っていると、
次の2つの特徴が垣間見えます。

1.最初から大きすぎる金額を
イメージしてしまっている。

2.他の出費と独立して
「教育資金」のみで捉えてしまっている。



1.は、いわゆる
「教育費は1,000~2,000万円はかかるよ!」
という言説がひとり歩きしているパターンです。

著名なFPブロガーである
kaoruさんの、
こちらの記事に詳しいですが、

kaoruさん


仮に中学まで公立、
あるいは高校まで公立であれば、

それまでの教育費は、

〇 まとまったお金ではなく、
〇 毎月の収支の中で
対応することが可能です(一部ボーナスも)。

まさに、
kaoruさんの記事にある通り、

【生活費の一部として捻出するイメージ】


なのです。

教育資金が1000万円必要は嘘?250万円が準備できれば合格


換言すれば、
(今年生まれるお子さんであれば、)

まとまった資金を準備するまでに、
15年、18年といった
時間の利益』が存在することになります。

また、2.は、

『教育費の準備のために、
○○(金融商品)を買っておこう。』


という発想のこと。


山崎元さんが
よく言われますが、

貯蓄や投資を
用途別】で考えるのは、

金融機関が長い年月をかけ
醸成してきた「策略」です。

【それだけ接触機会が多くなり、
紹介できる商品の数が増えるためです・・】


そもそも、
お金に「色」はないわけですから、
仮にあなたがリスクを負える人なら、

別に、
【一家でひとつのポートフォリオ】を
作ってもよいわけです。


この「ポートフォリオ」の目的は?

〇 主には「リタイア後の資金準備」です。

〇 しかし、それ以前に
「教育資金」として、
一部だけ、一定期間、
ポートフォリオから引き出します。


という『ルール付け』を
しておけばよいわけです。


ところで、
上記の「引き出し額」に関連しますが、
たとえば大学4年間で必要なお金を
すべて親御さんが用意すべきなのでしょうか?

ゼロの地点に戻ってみましょう。

そもそも、

〇 ご夫婦の
リタイア後の生活資金の準備と、
〇 教育費の準備、
どちらがより【重要】なのでしょうか?

(・・・後者ですよね?)


shutterstock_144582065.jpg


★ 私たちはどうしても、
より近い『イベント出費』(教育費)のほうを、
より『重視』してしまいがちです。



ここは鳥の目を持って、
リタイア後の資金と
教育資金を、
冷めた目で「振り分ける」必要があります。

(教育費の一部は奨学金で賄う、
という割り切りも必要ではないでしょうか)


「ところでカンさん。
教育資金の準備は投資信託のみでいいの?」


んー、わたしはその考えには反対です。

なぜなら、教育費は
【お金が必要になる時期】が
【固定】されるからです。


たとえば、
息子さんの大学入学が決まり、
18歳時の3月中に、

〇 入学金と
〇 その年度の前期授業料が必要になり、

教育資金は投資信託だけで
準備している最中、

ちょうどその年の
1月末から3月にかけて、

世界の『株式市場』が
急落】してしまったら・・、
エライことになります!


わたしは教育資金の準備には、

〇 預金など 50%
〇 投資信託 50%

という『組み合わせ』を提案します。

たとえば「一例」ですが、

〇 つみたて定期 1万円/月
〇 つみたて投資 1万円/月


として、
これを15年間続ければ、
元本は「360万円」になります。


「ここでのポイントは?」

つみたて投資の1万円は、

あなたが『一家』として行う
投資信託のつみたての【一部】、

という認識なのです。

人生ではいろいろなことが起こります。

〇 預金など 50
〇 投資信託 50

という『組み合わせ』で
教育資金の準備を続け、

万が一、
息子さんが中学を卒業したときに、

「靴のマイスターになりたいから、
ドイツに行きたい!」


と宣言したら、どうします?


02d928c.jpg


そのときは慌てず、
必要となる費用の、

半分程度は・・、
つみたて定期」を解約し、

半分程度は・・、
投資信託」の一部を解約し、
お金を用立ててあげればよいのです。

たとえば、
19歳時の3月中に、

〇 前期授業料(80万円)が
必要になるなら、

半分程度は
「つみたて定期」から、
半分程度は「投資信託」から用立てる。


もちろん、
投資信託の【解約のしかた】は、

仮に、

〇 日本株式   20%
〇 先進国株式  40%
〇 日本債券    20%
〇 先進国債券  20%


という『ポートフォリオ』を
組んでいるなら、

★ この保有割合を極力
崩さない】よう、
各々のファンドを【部分解約】するわけです。

一家として「ひとつのポートフォリオ」を
育てていけば、
資産管理はずいぶんとシンプルになるはずです。

似顔絵




| 人生をプランニングする | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マネープランニングとは、今使うお金と、将来使うお金の『振り分け作業』のこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

お・か・ね
「お金」
OKANE

お金っていったい何のためにあるのでしょう?

んー、
結局、
最終的には・・

「使うため」?

ですよね。


これから先、
何年生きるか分かりませんが、

〇 毎日を楽しく過ごすために、
〇 大切なイベントの実行のために、
「お金」を有意義に使って、

~そこそこ良さげな人生だったかな~
で、
ジ・エンド(死去)する・・。

お金を使えるのは、
そのときまでです・・。


【お金って、
人生を通じて楽しく使うためのモノ】

と定義すれば、

そのお金の使いようは、
以下の『2種類』しかないはずです。

すなわち、

1.今、使うか。
2.将来、使うか。です。


たまたま今は、
「人生時間」が長くなっているため、

1.今、使うお金 と、
2.将来、使うお金 の、

振り分け作業】が
重要になっているだけで、

ヒトの営みそのものは、
100年前と
大きく違っているわけではありません。


20141203191931-5-steps-entrpreneurs-to-stay-course.jpg


ここでちょっと考えてみましょう。

どうして、

1.今、使うお金と、
2.将来、使うお金の、
【振り分け作業】が必要なのか?

(しつこいようですが、)

それは
【生涯を通じて、
楽しくお金を使うため!】


(ここが「大元」になっているわけです)


実は、
「貯蓄」も「投資」も、

将来、楽しくお金を使うための、
一時的な【格納装置】に過ぎません。



(一定期間、格納し続けるなら、
将来、お金を使うときに、
増えていないより、
増えていたほうがいいじゃん!

ということで、私たちは
【投資】を動機付けしているわけです)

※ 貯蓄する、
投資すること自体が、
【目的】ではありません・・。


わたしは、
『個別相談』の準備として、
『55の質問』を事前に
お渡しするのですが、

そのうちのひとつ、

〇 今、自由にできる1,000万円があれば、
「ぜひこれをしてみたい!」
ということがありますか?


という質問に対して、

『特になし。』というお答えを
ときどきいただきます。

それを見ると、
少しだけ不安になってしまうのです。

(貯めること、増やすことが
目的になっていませんか?)


xmoney-1078267_jpg_pagespeed_ic_taWO6p9GTQ.jpg


また、常々
おかしいなあ・・」と思うのは、

やたらと、
「老後破産!」
「年金不安!」などと言って、
「将来タイヘンなことになるぞ~」と煽り、


貯蓄することや
投資することを、

不安ごころから仕向ける、
この業界(金融業界)のことです。

(そして、
保険商品買っとけ。
投資信託買っとけ。となります・・(-_-;)


どうして、
そんな【不安便乗商法】に
なっちゃうのでしょう?

身の丈に応じて

1.今、使うお金と、
2.将来、使うお金の、
【振り分け作業】を行うことは、

ほんらい、
ポジティブで、
とてもパーソナルな行為
であるはずです。

【生涯を通じて、
楽しくお金を使うため】に
振り分けをするわけですから!


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452_20160622161051993.jpg


1日24時間の中で、

朝の食事と、
昼の食事と、
夜の食事を「振り分けている」
私たちがいます。


成人後の60年、70年にわたる、
お金の使い方を振り分け、

その中で、
貯蓄や投資と出会っていく私たち。

この振り分け作業が上手になる
秘訣は、

将来の自分を
できるだけ具体的にイメージし、
(今の自分と同じように)
未来の自分をケアしてあげることでしょう・・。

9-遠くを眺める




| 人生をプランニングする | 15:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「増やす」のベクトルが染み付くと、「使う」が不得手になってしまう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

端的に云って、
A お金を貯めるのが得意な人は、
  お金を使うのが不得手です。

B お金を使うのが得意な人は、
  お金を貯めるのが不得手です。

わたしは仕事柄、
「A」の側の人と
接する機会が多いのですが、

お金を「貯める」、「増やす」の
ベクトルが染み付いたあと、

まったく真逆の
お金を「使う」に向かうのは、
口で言うほど簡単なことではありません。



具体的にはこうです。

『定年退職』して、

〇 運用そのものは続けますが、
〇 公的年金で足りない部分の「お金」を、
投資信託の【部分解約】で賄っていく・・


つまり、
ファンドを連続して売って、
(そして)そのお金を
連続して使っていくという、


これまでとは正反対の
なんとも【新たな習慣】を、
身に付ける必要があるのです。

これ、最初は戸惑って当然でしょう・・。


仮に、65歳時点で、

預金等   50%
投資信託 50%
「資産配分」になっているとしましょう。

お仕事からの
定期収入がなくなると、
やっぱりちょっと心細いですから、

「取りあえず、
足りない生活費部分は
預金から取り崩していこう!」


と思ってしまいがち・・。

実は↑このパターンは
「増やす」のベクトルが
染み付いた人ほど
陥る傾向にあります。


the-power-of-no.jpg


でも、預金からばかり
資金を取り崩していくと、

当然、
年を重ねるにつれて、
リスク資産(投資信託)の
割合が増えてしまいます・・。


仮に、年間150万円程度
「資金」が必要なら、
この場合は、

預金等から  75万円
投資信託から 75万円 と、

半分ずつをめどに、
『取り崩す』べきなのです。

※ その心は?
いつでも「同じリスク量」を
背負っていこうよということ。


また、仮に
上記のしくみに納得できたとしても、

投資信託の成績がマイナスの年に、
ファンドを売って、
お金を使うことに
抵抗を感じるお客様は多いです。

(お気持ちは重々分かりますが・・)


しかし、すでにあなたは、
【真逆のベクトル】に踏み出しているわけです。

投資信託の運用を続けて
10年のうち2~3年は
【マイナスの収益】になるのって、
想定済み。

いや、経験済みのはず・・(笑)


無題


ファンドが下落した年も、
正々堂々と
部分解約】を行うべきでしょう。


なぜなら、
お金の『ゴール』とは?

ファンドを継続的に売って、
そのお金を楽しく使っていくことです。

この『ゴール』に至るまでの、
『壮大なプロセス』が資産運用なのですから。


また、
「増やす」のベクトルが染み付いた人ほど、
自分で注文して
投資信託を売っていくのが不得手です。

ここは『しくみ』に委ねたほうが合理的でしょう。

わたしは楽天証券さんや、
マネックス証券さんも、
同様のサービスを(いつか)
始めてくれると信じて疑わないのですが、

今のところ、
当サービスを実施しているのは、
SBI証券さんだけです。
『投資信託定期売却サービス』

g_fund_info120316.gif

(【使う】を得意にするための強力な助っ人でしょう)


最後に、
ヘンな言い方になってしまいますが、
どうしても
お金を使うのが不得手なままの人は、

子どもさんに
(つみたて投資をするという前提で)
いくばくかお金を渡していく、

つまり「暦年贈与」していくというのも、
アリではないでしょうか・・。

似顔絵




| 人生をプランニングする | 19:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お金を使っている自分を褒めてあげよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「わたし、お金のことってダメなんです」


そう言って拒否反応を起こす人はいますが、

「ワタシ、お金を使うのがキライなんです」


という人は滅多にいません・・。

お金を使うことには
誰でも興味がありますね。

『消費』とは、
ヒトが生き物として動くための
エネルギー源のようなものなのでしょう。


「あれも買った。
これも買った。
今度はそれを買おう!」

フム。
なかなかいいですよ。

たまにはたくさんお金を使った自分を、
褒めてあげましょう。

お金を使う = ヒトが織り成す
「経済活動」に対する貢献!ですから。


そして間違いなく、
私たちは生涯を通じて
お金を・使い続けるわけです。


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


当ブログで普段お話ししている、

つみたて投資や、
インデックスファンドや、
iDeCoや
コストが安い金融商品を探すことも、

これらすべて、

お金を増やして、
そののちに、
⇒ お金を使うための【手段】、
であるわけです・・。


お金の振り分け方は、
(実は)シンプルで、

あなたのお金は、
〇 『今、使うのか』
〇 『未来に使うのか』という
二通りしかありません・・。


そして、計画的に
『今、使うお金』と
『未来に使うお金』の
仕分け作業をすることを、
マネープランニングと云うわけです。


結局のところ、
お金の管理のコツとは、

1.『今、使うお金』への満足度を
高めながら、
2.『未来に使うお金』の手当てを
いかに行うかということ。


ちょっと、
1.にフォーカスしてみましょう。


『今月のクレジットカードの明細』を
見て、

あなたらしい「お金の使い方」】が、
出来ていると感じますか?

ヒトは案外、
他人との比較に基づいて、
「惰性」でお金を使ってしまうもの・・。



消費も一種の「自己表現」ですから、
(どうせなら、)
自分なりの『こだわり』を持った
お金の使い方をしませんか?

そのほうが
満足度も高くなるはずです。

そう、<ワタシは、わたし。>


タコ


たとえば、ですが、
「住むところ」の優先順位が低く

かつ、仕事柄、
どこに住んでも
わりと自由に働ける環境なら、

〇 浜松市中区
遠州鉄道「上島駅」から
徒歩5分のところに、

美松コーポ」があります。
無題
1996年築、1LDK、
広さは44.7m2で、
賃料は 4.5万円 です!

(けっこうキレイですよ)


ファッションが好きで
ついつい
お洋服をたくさん買ってしまう人なら、

洋服をレンタルして楽しめるサービスが
いくつもあります。

EDIST. CLOSET」とか、
メチャカリ(MECHAKARI)」とか、
SUSTINA(サスティナ)」とか・・。


「この、毎月2万円程度のお金は、
『今、使うお金』じゃなくて、
『未来に使うお金』にしよう!」

こういう判断は、
アライグマには出来ません。

まして、

「未来に使うお金って
時間的な猶予があるから、
どうせなら、
長ーい目で育てておこう!」


こういう発想は、
チンパンジーにも出来ないわけです。

「投資」とは、
ヒトだからこそ遂行できる
高度な行いなのですね。

似顔絵




| 人生をプランニングする | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたは今、何月何日に居ますか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

私たちの生活のリズムは、
1年、30日、1週間などの【周期】で回っています。

ですので、
「今年のマーケットはどうなる?」的な予想記事は、
意味がないわけではありません。

日経新聞を見ても、
ネット証券のメールを見ても、

「2018年 展望!」
「2018年はこうなる! 今年のとんでも大予想!」
「2018年に市場で確実に起きる4つのこと」的な
記事が花盛りですね。

★ 私たちは長い道のり(投資)を歩むとき、
どうしても、

〇「今、心地が良いかどうか」
〇「当面(1年)はどうなのだろう?」
という、短く近い視点に終始しがちです。

頭の中ではおそらく8割くらい、
今に近いところ】で考えを巡らすのが、
ヒトという生き物の特徴なのです。

025-person-illustration.jpg

★ 突然ですが、
人生を「365日」としてみましょう。


一度、あなたの【年齢】が
365日で云うところの、

【何月何日】くらいに居るのか、
考えてみませんか・・?


〇 人生90年とします。

90年が365日とすると、
1年は およそ4日です。(たったの4日!)


たとえば、
わたしは今年 50歳になるので、
人生の・・ 【7月15日あたり】です。
(んー、コメントが難しい。)

ところであなたは??


わたしの今の「立ち位置」を
冷静に見ると、

もう、9月23日くらいには、
【資金の引き出し】を
始めることになります。

わたしが ↑ ちょうど65歳のとき。

(あくまでひとつの「目安」ですが・・)

「ということは?」


【7月15日】(今の年齢)
  ↓
【9月23日】(部分解約開始)ですから、

わたしにとって、

純粋に資金を積み上げながら
資産運用できる期間って、
そう・長くはないのです(汗)


(これが、自分が生きる時間に、
投資という作業を載せるイメージ・・)


〇 人生90年としますよ。

今年35歳の人は・・  【5月23日あたり】
今年45歳の人は・・  【6月30日あたり】 です。

今年55歳の人は?
【8月10日あたり・・】

★ このような視点で、
今から、遠く離れた場所】まで俯瞰することが、

資産運用、いや、
資産形成にはぜひとも必要でしょう。

20141203191931-5-steps-entrpreneurs-to-stay-course.jpg


「2018年はこうなる!」的な情報は、

向こう1年間】の歩む道のりが、
【歩きやすいのか、歩きにくいのか】という、
目安の提示でしかありません。

(そうですよね?)

★ 私たちにとって、
より重要なことは?

もっと長~い道のりを【イメージ】すること。


特に、
市場に大きなアップダウンが起こって、
自身の記憶の大半が
直近2ヶ月くらいに終始してしまいそうなときにこそ、

あれ?
わたしの人生って、今
【何月何日】くらいに居るんだっけ?


発想してみてほしいのです。


相談業務の中でしばしば、

「カンさん、ファンドって
いったい『いつ頃』売ればいいのですか?」


という質問を受けます。

ファンドは

いつ頃

売る?

これって、
投資信託を【主人公】(主語)にしていませんか?

金融商品を主人公にして、
これを「いつ売ろうか?」と考えてしまうと、
悩みのタネは尽きません・・。

dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


「カンさん、ファンドは
いったい『いつ頃』売ればいいのですか?」


の答えは?

あなたの
資金ニーズ】が発生したとき、ですよ。

あなたが、

このお金を用いて
楽しく過ごしていこう!と思ったときに、

ファンドを、売る。

運用という舞台の『主人公』は、
あなた・なのです・・。

◆ 参照記事
【お金を貯めるために一緒に暮らそう!

似顔絵




| 人生をプランニングする | 17:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「今使うお金」と「将来使うお金」の線引きをすること


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

お金って
『あの世』に持っていくことは出来ません。

ですので、
すべてのお金は
「今使うか」それとも「将来使うか」
このふたつに区分されるはず・・。

結局のところ、
投資という行いは、
将来使うお金を増やすためにするものです。


(そうですよね?)


この、
「今使うか」それとも「将来(あとで)使うか」
というお金の【線引き】は、
実は小さい頃から無意識に行っています。

社会人にでもなれば、
1.「今使うか」それとも
2.「将来使うのか」って
とっても重要な【線引き】になります。

とは言いながら・・、

仕事に忙殺され、
ストレスで心身ともに疲れてくると、
視野がだんだん狭くなり、
現在だけを見て、
刹那的に生活するようになり、

2.の「将来(あとで)使う」が
どこかに追いやられてしまうのです。


(これはまさしく、
自分を大切にしていない状態です・・)


仮に、あなたが
江戸時代に生まれていたら、
それでもよかったかもしれません。

当時は今より
平均寿命がうんと短かったですから、
(かつ、その日の暮らしで精一杯でしたから)、

「稼いで」「使って」また「稼いで」・・
の繰り返しだったと思われます。

「将来使うお金」といっても、
想起できる時間軸の長さは、
せいぜい数年~5年後くらい
ものだったのではないでしょうか。


hurdle2.jpg


今の私たちは、
どんな先人よりも
【期待できる人生時間が長い】です。

生きる時間が長くなっているので、
『あとで使う』という時間軸を、
恐ろしく長く持たないといけないわけです。


★ 実は資産運用で求められる
『資質』とは、

未来で(楽しく)お金を使うあなたを、
具体的に想像するチカラだと思います。


f601c521f702df3b8a122946242fe3d2.png


将来使うお金って、
(今使うお金に比べると)抽象的でぼやけています。

長年かけて育てたお金を、
(たとえば)2036年時点で
使っている自分をイメージするためには、

お仕事、暮らし全般において、
これから先、
〇「自分が何をしたいのか」を明確にし、
〇「小さな行動」を積み重ねることが大切です。

『未来のあなた』を
具現化していく・・・
ということですね。

★ それこそが、
(将来お金を使うために)
今、楽しくお金を貯める【ポイント】なのです。


また、
「1.今、使うのか」
「2.あとで使うのか」は、
互いに【影響】を与え合っています。

「2.あとで使うお金」について
真剣に考えることで、
「1.今、使っていいお金」が見えてきます。

また、
「2.あとで使うお金」を
具体的にイメージすることは、

「1.今、使うお金」を
「あと」(将来)に生かすことにつながると思います。

「今使うお金」と、
「将来使うお金」の【線引き】をすることは、
まさにライフプランの事始めなのです。

似顔絵




| 人生をプランニングする | 12:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT