FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

賢明な投資家への一歩、それは『資産のお引っ越し』です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

旅行に行くとき、
秋・冬物の服を買うとき、
外でランチを食べるとき、

どうせなら、
あなたに『フィット』したものを
選びたいですよね。

これって投資も同じです(^^)


自分で

「あっ、これはワタシに合っている」と


思える金融商品のほうが、
きっと長持ちするはずです。

とは言いながら、

誰もが最初から
「自分にふさわしい投資のやり方」を
ポーンと見つけられるわけではありません。


2度、3度、首をかしげながらも
いろいろと買ってしまった
金融商品群』が今そこにありますが、

さて、

それらをそのまま置いたまま、
新たな「金融商品」を
買ってしまっても良いのでしょうか?


・・ココ思案のしどころですよ。・・


考える


わたしは資産の【お引っ越し】を行うことが
必要だと思います。

引っ越しというと大げさに聞こえますが、
たとえば冒頭の「旅行」。

(以下、仮の例ですよ。)

20名以上が参加した昨年の
「ギリシャ・トルコのパッケージ旅行」に
うんざりしたあなたは、

もう「団体の旅行」には参加しないはず。


もっと自分に合った旅のカタチを選んで、
以後それを実践していくことでしょう。

これも立派な「お引っ越し」
パッケージ旅行 → DIY型旅行 ですね。


服をそうです。

4年前に買った辛子色のカーディガンですが、
今のあなたにフィットしていなければ、
もう着ないはずです。

では、資産運用はどうですか?



あなたには、
あなたに合った投資のカタチを実践する
権利があります。

あなたがワンランク上の、
賢明な投資家に脱皮できるか否かのポイントは、

ズバリ『資産のお引っ越し』が
出来るかどうかにかかっているのです。



hikkoshi_couple.png


分かりますよ・・。

そこには
直視したくない
(含み損を抱えた)投資信託や保険商品が
存在していることを・・。


そして、
「(含み損を抱えた)商品を
売るコトなんてできない!」という心の声も。


山崎元さんも言われていますが、
含み損を抱えた商品に執着してしまうのは、

最初、それを買う時に
いくらのコストを掛けたかに
こだわってしまっているからです。


そう、
あなたは「過去」を向いています。


もちろん、
その保険商品にも、こちらの投資信託も、
そこそこ長い「付き合いの歴史」があるのでしょう。

では、ずっとそれらと一緒に居るのですか?


そもそも、

これまでの「資産運用の時間」(過去)と、
これからの「資産運用の時間」(未来)って

一体どちらが長いのですか?


これから(未来)ですよね。

ちょっと深呼吸してみましょう・・。

あなたはリアルな「お引っ越し」をする際、
従前のお家の家財道具を置いたまま、
新しいお家に引っ越したりしますか・・?

しませんよね。)


引っ越しとは、
過去にきれいにサヨナラして、
未来にこんにちは。する行為です。



資産運用でいえば、

新たに買うインデックスファンドの「つみたて」を
自動引き落しにし、
つみたて金額」まで設定してしまって、

半ば強制的に
売るべきファンド、保険商品を売っていく・・。

このように、
お尻に火が付かないと
資産のお引っ越し』ってなかなか出来ないのです。


peterpan_syndrome.png


昔から言います・・。

自分を変えたければ、
住む場所、付き合う人を変えなさいって。

「引っ越し」をすることで、
あなたは
新しい家の環境や
新しい隣人に接することになるわけです。


【資産のお引っ越し】の効用は

・資産管理がシンプルになり、
・背中に背負うリスク量が明快になり、
・また、たいていの場合、より低コストになること。

しかし、
それだけではありません。

【お引っ越し】の最大の効用は
あなた自身が、
目に見えて「変わる」ということなのですよ・・。


【お知らせ】

★ 11月04日に
投資信託クリニックに屋号変更後は
コンサルティング専科
「カウンセリング」に名称を変更いたします。

また、サービス料金を
90分 18,000円(税込)に改定させていただく予定です。
ご理解のほど、どうぞよろしくお願い致します。


あ




| 投資の発想法 | 16:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

選ぶ投資 VS. 選ばない投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もしあなたが、
自分の人生を【他力本願】で生きているとしたら、
これほどつまらないことはありません。

今日、明日をどう過ごすかで、
来週、来月の自身の生活が変わってくる。

これこそ【自力本願】の緊張感でしょう。


それでは投資とは(一体なに?)

実は投資は【自力】のように見えて、
その本質は【他力】なのです。

たとえば
インデックス投資というものに対して、

多くの投資家の胸の内に
「生理的な抵抗感」が生まれるのはなぜか?

それは【選ばない投資】であるためでしょう。

選ばない投資??
そうです。


presenter.jpg


「じゃあ【選ぶ投資】って一体なーに?」

はい、これはもう分かりやすい。

マーケットという玉石混交の中で、

自分自身が
株式なり債券なり不動産なりの
「具体的な銘柄」を選び、

自身で銘柄の入れ換えも考慮し、決断し、
マーケットという海を、
自分の裁量で泳いでいく・・・


至極まっとう、
自分でやっているんだ!」という感があります。


もちろん、今でも大多数の人が
実際選択しているのが
この【選ぶ投資】なのです。

ある人はこう云います。

「マーケットの動向を見て、
価格の上がり下がりを見て、
文字通り、自身の次の行動を決める醍醐味ったらないよ!」

フム。たしかに、
ワクワク感、ドラマ性などには事欠かないことでしょう。


でも、です。

果たしてこれって
底辺のところから
【自力】と言えるのでしょうか?


先ほど、
マーケットの動向を見て、

という文言が出ましたが、

自分ですべて選んでいるように見えても、
マーケットが明日、来週どう動くのかさえ、
私たちの側では
コントロールできないのです。


「自力で選んでいる」ように見えても、
どこかに委ねているスペース、
自身でコントロールし切れない部分があるなら、

無理をせずに、
【選ばない投資】を
宣言してしまってもよいのでは?


宣誓します


たとえば、です。

○ マーケットという海と半ば「一体化」し、
市場のタイミングを「放棄」して、
銘柄の選択も「放棄」して、

海(マーケット)そのものに
投資の実体を【委ねてしまう】こと。



えっ、なんだか世捨て人みたい?
まあ、ドラマ性にも躍動感にも欠けますよね(^^ゞ

でも(その実)
オトナの選択でもあるのです。


??

なぜなら、
【選ばない投資】では、

投資そのものを
必要に駆られて行う作業そのもの、
手段」と割り切る必要があるためです。

(【選ばない投資】を趣味的なもの、
嗜好物として捉えている人はほとんどいないのでは?)


もうひとつ、

市場のタイミングを放棄して、
銘柄の選択も放棄して、

海(マーケット)そのものに
投資の実体を委ねる【選ばない投資】は、

選ばないがゆえに経済的、
つまりコストがあまりかからないのです。


振り返ってみますと、
私たちの先人は
何百年と【選ぶ投資】をやってきて、

その結果、← ココ、重要!
40数年前にようやく
選ばない投資】に辿り着いたわけです・・。



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 <「しんようFPオフィス」は間もなく
  【投資信託クリニック】に!
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄
今後はより一層、相談者さまの『問題点』を正しく診断し、
具体的に『お悩み』を解決することに注力してまいります。

あ




| 投資の発想法 | 19:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バンガードのCMから学ぶ長期投資の本質


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

資産運用って
いったい何のために行うのでしょう?

それは将来の
ちょっとした『余裕』のためでは?

(もちろん「経済的な余裕」のことですよ)

そして、経済的な余裕こそが、
『こころの余裕』を生み出すのです。


一般に投資というと、
手に汗握る状態」を想像してしまいますが、

まずは以下CMをご覧ください。

(意訳)

資産運用って
どんな声で聞こえる?(こんな声のはずです。)






バンガードのお客様は
(平均より)11%も多く、パートナーと笑い合っています。



フム。
これ、CMとしては笑っているだけ?

これが資産運用?

ハイ。)

正確にいうと、
これが長期投資の本質です。


ブログ上でも、
『投資をする』という言い方を
ときどきしてしまいますが、

長期投資の本質は、
投資をする、なにかアクションを行う、
ではなく、

時間を味方につけ、
リスク資産を保有している【状況】を、
ただ単に、続けるだけです。




頑張るのは、
リスク資産(株式や債券やREIT)のほうであって、
あなたのほうではありません・・。← ココ、重要!


次のCM・・。

(意訳)

資産運用って?
・・こんな感じなのです。






バンガードのお客様は(平均より)20%も多く、
子どもと接していると感じています。



(意訳)

資産運用って、こんな景色であるはず。






バンガードのお客様は(平均より)14%も多く
デートの夜を楽しむ時間を作れています。



みな、運用を行っているのですよ!

でも、皆さん、
当初の計画にしたがって
一定のリスク資産の保有を、

続けているだけなので、
ふつうに生活を楽しんでいるわけです。

(仕事量ほぼゼロ。)

これが真の、
長期投資の「姿」なのです。



しかし、です。

よく考えてみますと、
『経済的な余裕』が生まれるのは
まだ「先」の話ですよね?

なのにどうして、
「笑ったり」「安らいだり」「楽しんだり」できるのでしょうか?

それは
自分自身の運用ポリシーに納得し、
今の行いが、
未来につながっていると楽観し、

保有している商品(そして会社)に対する
信頼があるからでしょう。


couple_man_woman.png


CMの中では
直接語られませんが、
上記3本のコンテンツに共通するのは

「えーっと、
意外に思うかもしれないけど、

自分に合った資産運用をしていると、
運用以外のことが充実してくるの・・。」


そう。運用していることを
忘れられる運用こそ、
私たちにとって理想のスタイルなのです(^^)

あ




| 投資の発想法 | 12:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

物体「X」との遭遇


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

物体「X」は、
あなたが社会人になり、
そこそこのサラリーを得られるようになると、
何気に思考の片隅に顔を出すようになります。

「やあ、どうも。こんにちは。」


あなたは「X」がそこにいて
挨拶しているのは分かっていますが、
直接声を掛けることはしません。


なぜって?

胡散臭いと思っているからです。

また、面倒臭いとも思っています。

なにしろ「物体X」の周りには
いつも雑多な情報が溢れていて、

ギラギラ一攫千金を狙っているような
肉食系の人たちが屯しているからです。



21-サングラス-デイトレーダ


そこでは、

・大きなお金が瞬時に行き交い、
・「売る」と「買う」がけたたましく交差し、

いかにも、
・周りに比べると温度も湿度も高そう。
・いつも勉強していないと置いてけぼりを食らう?

・結局一部の人がいい思いをして、
 自分はカモられるのでは?

・そもそも「X」を取り巻くしくみとか、
やり方そのものが分からない・・。



「アメリカFRBの利下げ」を受けて
投資家はどう行動すべきなのか?

いや、
分からないですけど。。

「今後はどのような銘柄に注目すべき?」

いやだから、
分かんないって・・。


あなたはもう、
頭の中が詰まってしまい、

ため息を一回ついて
結局、「ボクにはやっぱり関係ないや・・。
と思ってしまうのです。

日本全国でそう思っている人が、
わたしは400万人くらいはいると思っています。


はい、皆さん、

物体「X」とは・・
投資ですね。



1616 マーケットのアップダウン


わたしもかつて
あなたと同じように、
物体「X」とは閉ざされた
超マニアックな世界だと思っていました。

でも実は・・

私たちは
物体「X」の全貌というものを、
きちんと捉える努力を怠ってきたのかもしれません。


ギラギラ、
人の射幸心を煽るのも
たしかに「X」の一面ですが、

でも、それだけではないのです。

「X」さんには意外な一面があって、

長ーく
たまにしか見ていないと、


意外と紳士で
大人しくて
貫徹されたルールを持っていることに気付かされます。


そういうシンプルさに、

これまで多くの人が
注意を向けて来なかったため、
投資は、誤解されてきたわけです。


問題は【私たちの側】にあるのです。


「短期」で
「集中」して
「コスト」を掛けて
奪う・奪われるという投資の側面を
きれいに捨て去れば、

物体「X」が舞台とする
市場(マーケット)
別の面から捉えることが可能です。


それは?

市場を「長期」で捉え、
「広く(分散させて)」捉え、
無駄に動かず「コスト」をおさえ、

奪う・奪われるから逸脱して、
市場そのものの
「伸びしろ」だけに注目する、という
発想法です。

実は今日、
サラリーマンのあなたこそ、
長期・分散・低コスト型の『資本家』となることが
望まれているのです。

あ




| 投資の発想法 | 17:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

同調圧力にサヨナラして、上がったものを売り、下がったものを買いましょう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたは初めて行った国で
エスカレーターに乗りました。

その国の人たちは皆『右側』に立っています。


エスカレーター


「あなたは、どうしますか?」

A 同じく右側に立つ。
B あえて左側に立つ。



おそらくほとんどの人は
「A」と答えるのではないでしょうか。

生活ルール的に言えば、
私たちは「A」を選ぶことを期待され、
そしてその選択は正しいわけです。


では、『投資』においてはどうでしょう?

わたしが尊敬するFP
リック・エドルマンのラジオショーから拾ってみましょう。
Why Did Foreign Investors Buy and American Investors Sell Billions in Stocks?


エドルマン氏によると
今年8月のマーケットは

「株式」はマイナス、
「債券」はプラスであったのだそう。

株式:S&P500 -1.5%
債券:
ブルームバーグ・バークレイズ US Aggregate債券指数
+2.6%



この流れを証明するように、
米国内では460億ドルもの資金が
株式ファンドから流出し、

400億ドルの資金が
債券ファンドに流入したそうです(8月度)

そのこころは?

多くの人が下がった株式を売り、
(価格が)上がった債券を買った。



次、ちょっと冷めた目で見てみましょう。

実際、株式市場が下がったのは
(機関投資家を中心に)
多くの人が「株式」を売ったためです。

逆に実際、
多くの人が「債券」を買ったために
債券市場は上昇しています。


あなたが一生活者として、

「ほかの大勢の人たちが
どんな行動を取っているか」を
気にするのは当然だと思います。


下がったものを売って
上がったものを買う行為は、

「大勢の人がそうしているよ!」
という【物事の流れ】に、
忠実に従うことに他なりません。



leader.jpg

エスカレーターの例でいえば、

「みなが右側に立っているから、
ワタシもそうしよう!」
という気持ちとまったく同じ。

そう、
あなたもわたしも、
根が真面目なのです(^^)


でも、です。

投資においては
その他大勢と同じように、

下がったものを売って
上がったものを買っていては
【利益】を積んではいけません。


あっ、気持ちは重々分かるのですよ。

私たちは日々の暮らしの中で
有言無言の「同調圧力」に晒されています。

株式が下がっちゃった。
みんな売ってるよ。
逆に債券が上がっている。
みんな買い始めているよ。

じゃあ「ワタシも!」と思うのが
まさに「同調圧力」。



古来、私たちの祖先は
ずっと群れの中にいました。
人は社会的な生き物なのです。

ですから
人と違うことをして責められる、
人と違うことをして批判されるのを、
何よりも恐れているわけです。

まさに先人は
恐ろしいほど長い時間をかけ、
協調する」というマインドを育んできたわけで。


lgf01a201405200100.jpg


なので、
大勢と違うことをして
万一失敗したら・・。

大勢と違うことをして
誰かに後ろ指を指されたら・・

と考えてしまうのも無理はありません。

それを潜在的に恐れているからこそ、
(その他大勢と同じように)

下がったものを売って
上がったものを買ってしまうのです。



次、資産運用的に見てまいりましょう。

価格が下がったモノって?
パフォーマンスが「悪くなった」投資対象ですね?

それを売ると、
「損失」ないし「利益が減った状態」で
売却するという行為になります。


いっぽう、上がったモノは?

すでにパフォーマンスが
「良くなっている」状態の投資対象です。

それを買うと、
「利益が上がった状態」で
購入するという行為になります。


そう、あなたも気付いている通り、

投資の基本は?

下がったモノを買って、
上がったモノを売ることです。


そうですよね?)

では、なぜ
上記の実行が難しいかというと、

上がったモノを売って、
下がったモノを買うことは

その他大勢から離れて、
少数派』となる行為であるためです。



もう一度、言いますよ。

投資の基本は、
下がったモノを買って、
上がったモノを売ること。


そして、それは
その他大勢の人が、

下がったモノを売って、
上がったものを買ってくれるから
成し得る技(わざ)なのです。


ここ、伝わっていますか?)



163861447.jpg


あなたもわたしも
根が真面目ですから、
どこかで『少数派』になることを恐れています。

『少数派』になるって、
同調圧力にサヨナラすることですから・・。



でも、ほんとうは
晴れた日に傘を差すべきであり、
冬に日焼け止めを塗っておくべきなのです。


(※ 結局のところ、投資においては
同調圧力にサヨナラしないと【富】は築けない。)


これは私見ですが、
これからの時代は
同調圧力にサヨナラしたほうが、

生きる選択肢が
いろいろと開けてくるとわたしは思いますよ。

そもそも
その他大勢と違うことをしても、
他人は思ったほど気にしませんし、
あなたのことを笑ったり、嫌ったりもしません。

あなたは、人と違っていてよいのです。


ちなみに年に1回、日にちを決めて、
上がったモノを売って
下がったモノを買うことを
リ・バランスと言います。

(資産管理の要諦は
バイ・アンド・ホールド、ときどき売り買い、なのですよ)

あ




| 投資の発想法 | 11:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遅くとも40代のうちに資産運用を始めておいたほうがよい理由


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いつ気付くのかって、
とっても重要なことです。

もちろん住宅ローンがあって
繰り上げ返済を優先させたいとか、

教育費にまずはメドを付けてからとか、
お気持ちはすごく分かるのですが、

投資信託を用いた資産運用って
なにが利点かというと、
小さく始められること』です。


Investment-Planning_Lump-Sum-vs-Dollar-Cost-Averaging.jpg


仮に55歳から資産運用を始めるとなると、
「定期的収入」とのミスマッチ
発生する可能性があります。

(あくまで心理的な問題として捉えています)

あなたの職種、肩書によっては
55歳あたりが、
「手取り収入」のピークになる人もいるでしょう。

すると、
手取り収入が逓減していく中で
リスク資産を買い始めることに・・。

(これって実は
冒険的なことだとわたしは思うのです)



ちょっと想像してみてください。

投資信託の無慈悲な価格変動(リスク)
やり過ごせている理由のひとつに、
お仕事から『定期収入』の存在がありませんか?

この「健全なフロー」は、
資産運用を継続させる
大いなる追い風となっているはず。

(ふだんは意識しませんが!)



無題


次に60歳から資産運用を始めるケースです。

今の多くの企業の報酬体系では、
60歳以降、
「手取り収入」は大きく下がらざるを得ません。

(その後も
1年ごとの契約更新であることが多い。)

そんな中、
資産運用を始められる方の多くは、

リスク資産を用いた投資という行いを、
「フロー」ではなく、
ストック」として捉えられているようです。


ここには、
(少し厳しい言い方になってしまいますが、)

時間をかけリスク資産を積み上げながら、
リスクを負った『運用』という行為に慣れていくという姿勢が、

欠けているのでは?と思えてしまうのです。


適切な投資信託さえ選べれば、
ストックベースで
資産は増えていくのではないかという、
安易な希望的観測が見てとれる・・。


資産運用はそんなに甘いものではありません。


「経験値」の積み重ねこそが、
運用を長く続ける重石となります。

みな、最初は
恐る恐る始めてみながら、

3ヶ月経ち、6ヶ月経ち、1年が経ち、
「どうしよう?」「続けようか、」
「続けて大丈夫だろうか?」と
自問自答しているわけです。


anxious-man-biting-nails-worried.jpg


まだ形のない、
アメーバみたいな
新たな行為(投資)」を、
自分なりに必死に固めていこうとするプロセス。

これが、必要です。


投資信託の無慈悲な「アップ」と「ダウン」を
両方経験するには、
少なくとも5~7年くらいの「月日」を要します。

ですから、遅くとも40代のうちに
資産運用を始めておいたほうがよいとわたしは思うのです。

くり返しになりますが、
小さく・始めておく」ことに意味があるのですよ。



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 < 1回の相談で 10年の安心を!
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄
  【個別カウンセリングサービス】

⇒ お一人おひとりのマネー状況に合わせ、
貯蓄と投資の振り分け方、具体的な資金の投入方法、
活用する具体的な金融商品など、
貴方に合わせたテーラーメードのカウンセリングを行います。


個別コンサルティング】の詳細はコチラからどうぞ。
(9月21日~23日の三連休も通常通り営業いたします!)





| 投資の発想法 | 12:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT