FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『リスクマネー』はいつも、豊かな国から豊かになりつつある国へ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日は『質問』から始めてみましょう。

今あなたが立っている場所は・・?
日本、ですね。

イメージとしては、こうです。


日本


もう一度、『質問』です。

あなたが今、立っている場所って?

実は、
大きな変化の渦中にある
アジアの一部】でもあります。

イメージすると、こうです。


アジア東部


日本のみを見て、
日本に立っていると自覚するのか、

それとも捉える対象を
ざっくり「アジア」に置き、

その一翼を担う場所(日本)に
自分が立っていると自覚するのか・・、


これから先、
どちらの【思考】で歩んでいくかで
あなたの人生は、
まったく違ったものになるかもしれません。

それはお仕事でも
プライベートでも
資産運用においても、です。


試しに・・、


アジア東部


日本と大陸の間にある空間(海)
緑で塗りつぶしてみてください。

(・・つながっていますよね?)


あなたは紛れもなく、
今、世界でもっとも高い経済成長を誇る
アジアの【一部】に属しています。

もしあなたがカナダ人だったら?


カナダの人は毎回、
アジアに来るたびに
とてつもない時間とエネルギーを
費やしていますよ。

(あなたにとってアジアは
『庭先』も同じ・・)

これをチャンスと捉えずに
何と捉えましょう?


資産運用においては、

すでに豊かになった国から
豊かになりつつある国への【投資】は、
ずっと昔から行われてきました。



たとえば、イギリスがそうです。

19世紀後半
産業革命を成し遂げ、

イノベーションが
一通り行き渡ったあとのイギリスでは、
人口がなかなか増えなくなりました。

物価が上がらず、
金利は低いままで、
ポンド安(通貨安)となります・・。

高い収益が見込める「投資機会」が
国内では減ってしまったわけです。


無題


また、新興国のアメリカ
帝政ドイツが台頭し、
イギリスは次第に
『競争力』が失われていきます。

(なんだか今の日本と似ていますね・・)

しかし、当時からイギリスは
自らの国力を維持するために、
積極的に【海外投資】を行ったのです。

⇒ 富める国は自らの利益のために、
新興国に「リスクマネー」を供給する。

⇒ 新興国側は、
膨大な「リスクマネー」を欲しています。


(実にシンプルな『ギブ&テイク』ですね!)


今の日本も、

⇒ 富める国として、
自らの利益のために
アジアの国々に「リスクマネー」を供給し、

⇒ アジアの国々は、
膨大な「リスクマネー」を欲している、
という構図になります。


当時のイギリスは、
この「リスクマネー」の供給を、
民間のお金を利用して行い始めていました。


えっ、どうやって?

カンタンです。
投資信託】という道具を用いて、です(^^;


実は、世界初の投資信託と言われる
「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」は1868年に設定されています。

投資信託という道具を活用して、
中産階級の一市民が、
資産運用を行えるようになったのですね。


Trust.jpg

(もちろん、儲けるために!)

○ 個人の健全な『資産形成欲』が、
富める国から富みつつある国への
資金循環を(自然に)手助けしている・・


これって素晴らしいことだと思いませんか?


日本はすでに成熟した「紳士」です。
資産(ストック)も多く保有しています。

そしてとなりを見れば、
アジア各国で
「リスクマネー」を欲している人々が
たくさん存在するわけです。

あなたが行う投資も(まさに)
社会的な意味】を帯びているのですよ。

The investment is a social matter.

あ




| 投資の発想法 | 18:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トイレの中で「お金」を数えないでください


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

タイトルに
『トイレの中で「お金」を数えないでください』
と書きましたが、

あなたはどう思われますか、
トイレで「お金」を数えている人って??

〇 お金との距離が近い(文字通り!)
〇 いつもお金のことを気にしている。

〇 お金が減っていないか心配である。
〇 不安感から、お金を拠り所にしている。



実はお金を溜めこむことと、
お金を増やすことに執着することは
底辺で「つながって」います。

どちらも
あなた自身より、

お金が中心となって
お金に惑わされている状態なのです。



では、

なんとかしてお金を増やしたい!』と
執着してしまう要因とは
いったい何なのでしょう?

1.お金が足りないから ⇒ 執着する。
2.時間が足りないから ⇒ 執着する。
3.自分の知識が足りないから ⇒ 執着する。



1.はもっとも危ないパターンですね。

お金が足りない状態で
お金を増やそうとする
(リスクを取る)ということは、

究極の『賭け』に近づくことに
他なりません。


2.もそうです。

時間がない、
つまり、ある程度年を取ってからの運用は
逆に「慎重」にならないといけないのに、

「今から5年後、65歳になる頃には
これくらいは増えているはずだ。」と、

ついつい
自分に都合のよいストーリーを
作ってしまいがち。


このような『視野狭窄』に陥るのは、
文字通り、
3.の知識・考えが浅いからなのです。


あくび


逆に、

1.手元のお金が十分にあれば、
2.これから先の時間が長ければ、
3.お金の知識を十分積み上げていれば、

お金を増やす(投資)ことに執着せず、
投資と心地よい距離を保ちやすくなります。


結局のところ、
お金を増やす極意とは、

増やすことを『おまけ』と
捉えられるかどうかなのです・・。


収入の『本筋』は?
あくまで(自分自身で)稼ぐこと。

稼ぐとは
日常そのものであり、
ふだん使う「食器」のことです。


お金を増やす行為は
なるだけ日常から遠ざけ、
ふだん意識しないようにするべきでしょう。

日常で使う食器ではなく、

投資とは(いわば)
おしゃれ小鉢』なのです。


その心(こころ)は?

⇒ たまに取り出して見るもの。。

あ




| 投資の発想法 | 10:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鶏が先か、卵が先かを資産運用的に捉えると、明らかにニワトリが先です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日「日経さん」の広告メール(-_-;)で、
次のようなものがありました。

40歳からはじめて
60歳までに
≪毎月25万円の家賃収入を作る方法≫とは?!


オッと目を引く
「キャッチコピー」ですね。

誰しも
60歳とか65歳までに
まとまった金額の
インカムゲイン」、

すなわち【定期的、継続的な収入】を
得たいもの・・。


というか、

そのために
長々と資産運用を
続けるようなものですよね・・?

私たちは半年寝太郎でも、
1年寝太郎でもなく、

毎日の生活を
刻々と続ける生き物ですから、

老後の生活に入って
最終的に目指すものは?

定期的な収入!


(ココ、大丈夫でしょうか?)


shinkokyu_woman.png

では、
「インカムゲイン型」の金融商品って?

〇 実物の不動産
〇 REIT(不動産投資信託)
〇 債券
〇 高配当の株など。

あるいは、
〇 高配当の株式ファンド、ETFも
含まれるでしょう。


では、ここからです。

セカンドライフで望むことは
そこそこの大きさの
インカムゲイン」なのに、

どうして東西南北、
世界中の投資家が、

「実物の不動産」
「REIT」(不動産投資信託)
「債券」
「高配当の株」のみを、

保有するに至っていないのでしょう?

なぜ・・・?



答えはカンタンです。

誰しも若い頃って、
資産の厚みが
(まだまだ)「うすい」ためです。

運用資産800万円で
年4%の「インカム」が
あったとしても、
年32万円にしかなりません。

が、
運用資産が8000万円になると、
年320万円になります・・。

この差は大きい。


business_crowdfunding.png


つまり
多くの投資家が、

セカンドライフに入るときに
そこそこ大きな
「インカムゲイン」を得るために、

それまでは【わざと
キャピタルゲイン型の投資、

―手元に定期的な収入を
もらわずに、
(あえて)資産を大きくする投資に―
専念】しているわけです。


ココ、伝わっていますか?)


資産形成の初期の頃から
「インカムゲイン型」の投資を続けると、

定期的な収入は入ってきますが、
資産を増やすほうの効率、

(つまりは)資産の【成長性】が
どうしても見劣りしてしまいます。


【鶏が先か、卵が先か・・】を、
資産運用的に捉えると、
答えは明白であり、

明らかに
ニワトリが先、
なのです。

タマゴは(あえて)もらわない。


にわとりと卵


なぜなら、
ニワトリ(資産)を
大きくしないと、

大きなタマゴは
生まれてこないためです。 ← ココ、重要。



日経の「広告メール」には
意味深にも、

40歳からはじめて
60歳までに
≪毎月25万円の家賃収入を作る方法≫とは?!


と記載されています。

60歳時に
相応の大きさの
「インカム」をもらうためには?

40歳から60歳になるまでは
資産を大きくすることに
専念すべきではないでしょうか?


「じゃあ、カンさん。
65歳で1億円位まで資産が増えたら、
そこから一棟のアパート買うの?」


まあ、そういう人もいるでしょう。
わたしはあえて否定しません。


でも、
65歳からの人生も
随分長いわけですから、

(長いということは、
何があるか分からないわけですから、)


わたしなら、
資産も国・地域も
できるだけ分散して、

投資信託というカタチで
運用」は続けながら、

定期的な取り崩し」を続けることで
「インカムゲイン」を得ていきます。


【あっ、これも立派な
継続収入を得る方法なのですよ!】


waiting-2.png

一例ですが、
8000万円の運用資産で
「運用」を続けながら、

毎年「4%」の取り崩しをして
定期収入を得続けても、

仮に、運用資産が長期的に
年「4%」の実質リターンを達成できれば、

30年経っても
運用資産の【名目価値】は変わらないわけです。

(長生きするリスクに対処する
ひとつの処方箋だとわたしは思います。)

あ




| 投資の発想法 | 17:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

株式市場は誰からも束縛されず、ズル休みもしません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

株式市場とは、不思議なところです。

デイトレーダーとして
1分、1秒の
株価の変化を見逃さず、

ロング(買い建て)
ショート(売り建て)の両方から、

市場の一瞬の「歪み」を
突こうとする人がいます。

あるいは、
超長期保有で、
前回証券会社の画面にログインしたのが、
8年前という人も実際に存在します。


どのようなタイプの参加者に対しても、
Mr.マーケットは
いっさい気を遣いません。

もちろん、
誰の味方もしません。


超然として
無視(スルー)」を
決め込んでいるのです。

そういう姿勢を
わたしは格好いいと思っています(^^;


株式市場は、
誰からも「支配」されません。

独立性を維持しています。

その国の政府でさえも、
「明日、必ず株価を上げる!」
なんて約束は出来ないはずです。

無数の投資家の
無数の資金によって
市場は動いているので、
それはまさに
小さな社会』そのものなのです。


あと、
マーケットに参加するのに、

国籍、年齢、性別、居住地、
出自、宗教、資産の規模、政治的信条
いずれも問われません。

(ただお金と口座が要るだけ。)

ここに参加する人たちには
『自由意思』があります。

(同時に、
恐怖と欲望をコントロールする
『自制心』も求められます。)


大株主にでもならない限り
匿名性が保持されますから、

市場参加者の具体的な面々を
私たちは普段意識しません。

個人、法人、素人、ベテラン
金融機関、各種基金
持ち金も
1000億円、600万円、13万円、さまざま。
投資スタイルも実に様々・・。


006.png


この個性豊かな
市場参加者たちは
みな、モノの見方が違います。

たとえば
市場が暴落を繰り返しても、

ひとつの会社の株価には
「値段が付きます。」

これは
株を売って、
でも(それを)買っている人がいる、
ということ。

『取引』が成立しているわけです。


逆に、市場が高騰する中でも、
株を売る人がいて、
また(それを)買う人がいます。

『取引』とは、
真逆の見方を持った、
市場参加者のかりそめの出会いのこと。



このような
無数の市場参加者の売り買いの結果、
その日の【株価】(数字)が現れます。


stock-prices.jpg


日々刻々と変わる「数字」は
決して特定の誰かの意思ではなく、
マーケットの総意、なのです。



また、
Mr.マーケットはズル休みをしません。


風邪を引かないで
ぎっくり腰にもならないで、

調子が良い日も
悪い日も、
必ず毎日、市場を【開けます。】

そう、「連続性」が
維持されているのです。

ですから、
株式市場がはじき出す数字は、
日々の温度、湿度のように
公の【物差し】となります。

あなたが持っている株式ファンドも
毎日独立して、連続して
開いている市場(マーケット)があるからこそ、

重みのある基準価格を
日々刻んでいるのです・・。

あ



| 投資の発想法 | 18:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資の要は『シンプル化』&『しくみ化』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

金融商品を買うのに、
あれもこれも
さんざん悩んで、

5年経っても
いまだに「コレ!」という
投資のやり方にめぐり会っていない。

こういう人って、ときどきいます。


たとえば、
ほんとうは『忙しい投資』は
好きではないのに、

惰性で
そういう投資のやり方と
付き合い続けるのは、
果たして幸せなことなのでしょうか?

人生は有限です・・。
最終ゴール(死)が
予め決まっているわけです。

これは私見ですが、
投資で悩んだり、
右往左往したりする時間は
ほんとうに「もったいない」と思います。


不確定な未来の変化に対して、
あなたのお金をBetするのが
【投資】ですから、

考え方、やり方さえ定めれば、
あとは『委ねる』しかないわけです。
(投資の本質は『他力本願』です。)


委ね続けるためには、
1.投資のやり方をシンプルにする。
かつ、
2.しくみに任せる形にする。
をおススメします。

その分、
つまり、
投資に時間を割かない分、

『お仕事』や『家庭』や『趣味』に
有限の時間を注いであげるのです。



Family-1170x0-c-center.jpg


先日ご結婚された
菟道りんたろうさんが
以下記事で語っておられます。

家庭を持って改めて“ほったらかし投資”の偉大さを知る

今日こうして仕事と家事に忙殺されている間も、
私の資金は世界中の株式と債券に投資され、
さらに自動的に新規の資金も
市場に投じてくれています。

やはりそれは凄いことです。
買い物に行ったり、お風呂掃除をしたり、
洗い物をすることと投資が同時並行で行われる。

それこそが“投資の生活化”であり
“生活の投資活動化”でしょう。



嗚呼、この感覚、分かります!

投資には
二律背反なところがあって、

投資に時間をかけるのは
ムダ」なことですが、

投資という行いは
し続けないといけない。

でも、
『シンプル化』&『しくみ化』を心掛ければ、

別に投資って
自分が動かなくても出来るもの。



ときどき、
投資を過大評価している人を見かけます。

いわく、
「自分が投資に時間を掛けた分」だけ、
「投資のリターン」も上がるんだよ・・。


あなたはどう思いますか?
(わたしは「No」だと思います)


older-couple-412x274.jpg


投資は日常の片隅で
普段は気にしない小さな置物みたいに、
【そこに居続ければ】よいのです。

しんようFPオフィスは
投資のシンプル化&しくみ化を
信奉していますので、

『お客様と頻繁にお会いしない』
モットーにしています(^^)

継続的な相談をご希望の場合も、
「1年に1度」程度
お会いすれば十分と考えます。

あなたの運用が順調であれば、
生涯のうち「何度か」
相談に来られるのみでOKなのです(^^)

あ




| 投資の発想法 | 16:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふたつの呪縛を解き放とう!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先月くらいから
投資にはじめて興味を持ち始めた人に、
もし、ひと言云い添えることができるとしたら、

標題のとおり、
『ふたつの呪縛を解き放とう!』と申し上げます。

??

ちゃんと説明しますね(笑)


それがどんな投資のカタチであれ、
結局のところその手法というのは、

「何を買うか」と「どう買うか」の
組み合わせです。

大事なことなので、
もう一度言います。

投資とは所詮、
「何を買うか」と「どう買うのか」の
組み合わせなのです。



この100年近く
日本人の投資家は、

「日本の資産を買う」と、
(まとまったお金で)
「一度に買う」という
呪縛を背負ってきました。

なにせ
ふつうの投資家にとっては
25年くらい前まで、

ほぼ「日本の資産を買う」と、
「一度に買う」という選択肢しか
なかったわけですから・・。


つまり、
あまりにも

「日本の資産を買う」×「一度に買う」の
期間が長く、
かつその印象が濃かったため、

先月くらいから投資にはじめて
興味を持った人も、
その【呪縛】に捉われているのです。


いぬデックスさんの
こちらの記事から引用しましょう。
宇宙人視点で地球に投資

世界経済の中心である
アメリカ合衆国はともかく、
その他大勢の一員としては、

まさにインデックスファンドのおかげで
世界へと視界が広がったわけです。

日本も、外国も、簡単に言えば
「儲かるかどうか」という同じ基準で
投資を考えることができるようになりました。


そう、
視野が一気に開けた感じ」ですね。


いぬデックスさんも
書いておられますが、

一度この「視野」を体感してしまうと、
日本の中だけで
株や先物やセクターを物色する世界には
(とうてい)戻れません・・。

これこそ、
ホームバイアス現象の克服なのです!



今、ファンドやETFを通じ
世界中の個人投資家が、

宇宙人的?
無国籍人的?な
グローバル投資を実践し、
それを同時進行で続けています。


seminar1.jpg


次は「どう買うか」です。

「まとまったお金」で
「一度に買う」という呪縛は
とても色濃いのですが、

豊島逸夫さんのこちらの記事
不気味な3連休』で
以下のような記述がみられます。

金の世界でも、
地味に少量ずつ買い増すという
「貯める」感覚の投資家が
増えていることを最前線で実感しています。



はい、投資信託の世界でも、
実感しております(笑)

毎月サラリーがある会社員にとって
『つみたて投資』ほど
自然で実行しやすい執行法はないでしょう。

これも(実は)
世界同時進行的・現象です。


世界の個人投資家が、
それぞれの国の
確定拠出年金的制度を通じて、

無意識に定時・定額の
『つみたて投資』を実践しています。

以上ふたつの点から、

わたしは
投資家の『主軸』が
明らかに変わりつつあるのを実感します。


「何を買うか」と「どう買うのか」?
この命題にぶち当たったとき、
どうか自由を忘れないでください。

「何を買うか」「どう買うか」を
選べる自由です。

「世界中の株式、債券などを」
「毎月定額で買い続けていく」
そんな投資のやり方も存在するのです。

あ





| 投資の発想法 | 11:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT