| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資を極めたければ、What ではなく How で考えよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の、
運用を長く続けるには Want より Need が大切!
に続く、

「英語で考える投資のあり方シリーズ」です。

今日のポイントは、

How を突き詰めることで、
What(何を)が見えてくる。


(何のこと?)


当オフィスは港区三田にあるのですが、
JR田町駅の三田口から
第一京浜を渡って少し歩くと、

細い道の向こうに
急に「飲み屋街」が出現します。

こんな感じ・・。


ph4_02.jpg


数百メートルの界隈に
それこそ何十件という飲み屋さんが
ひしめき合っているのです。


実は、ここに軒を連ねるお店は
大きく【二種類】に分かれます。

1.たまに、あるいはしばしば
店が入れ替わる。
2.長年ずっと同じ店が営業している。


分かりやすいでしょ?)


いっとき
スペイン風バルが流行ったときに、
その手の店が急に増えました。

同じく串カツの店が流行れば
その手の店が増え(今もそうですが、)

今は「熟成肉×ワイン」の店が
多いように思います。
(なにせ10年間、変遷を見てきましたから。)


ではでは、です。

どんな店を出せば儲かるのか?
= What で、
飲食業って語れるのでしょうか?

あなたはどう思われますか?


tatemono_izakaya.png

(わたしは違うと思います・・)


「何をやれば儲かるのか?」
ではなく、

お店をどのように運営すれば儲かるのか?
How が、
もっとも大切なことでは・・。

これが「本質」ですよね。

投資も同じだと思います。


初心者の人ほど、
【どんなモノを買えば儲かるの?】


という What を
思い浮かべてしまいがち・・。

しかし、
金融商品を選ぶことが
投資の本質ではありません。

(モノを主人公に置いてしまうと、
どうしても
華々しいリターンを上げる商品に
目が移ってしまうもの・・)


【どんなモノを買えば儲かるのか?】
という視点から、

【投資をどのように行えばよいのか?】
= How という発想に
移行することが大切です。



〇 短期ではアップダウンが激しいため、
「長期」で捉えよう。

〇 ひとつのモノに集中すると
リスクが偏るため、
「分散」を心掛けよう。

〇 コストは名目のリターンを蝕んでいくから
「低コスト」を意識しよう。

これらすべて、
【投資をどのように捉えるか】という
How の部分ですね。



この How を積み上げることで、
結果として、

「何を選べばよいのか?」という
What が見えてくると思いませんか?


しばしば誤解されるのですが、
わたしは決して
『インデックス原理主義者』ではありません。

~長く、無理なく投資を続けるには、
  一体どうすればいいのだろう?

How を考え抜いた結果、
『インデックス投資』になっただけです。

だ靴下

考えてみますと、

〇 飲食業も
〇 投資も、
それを始めたらすぐに『結果』が出る、
という類のものではありません。

飲食業は(お客様との)、
投資は(市場との)、
長い付き合いの中で、
収益を得ていこうとする行為なのです・・。

◆ 参照記事
長期投資は一生に1度しか経験できません!

あ




| 投資の発想法 | 19:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

資産運用を長く続けるには Want より Need が大切!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

よーく見ると、
英語の want と need は
意味合いがぜんぜん違います。

ちょっと「投資」に置き換えてみませんか?

Want・・
できるだけ大きなリターンが欲しい!
Need・・
自分に必要なリターンがあれば(それで)いいよ。


(ちょっと強引ですか?)


マーケットが好調なときは、
Need より Want が大きな顔をし始めます。

「もっと、もっといけるはずだ!」


「欲しいリターン」の印象がどんどん強くなり、
「必要なリターン」を
記憶の隅に追いやるのです・・。

まあ、Want の気持ちが
前面に出ている人は、
生き物としては、
きわめて健全なのかもしれません。

だって、
私たちの祖先がもし、
Want じゃなくて、
Need で満足していたら、

ここまで高度な文明は
築けなかったでしょうから・・。


ただし、
21世紀に投資を続ける私たちは、
まず、自分の心の中で、

WantとNeed、
【ふたつの気持ち】が
入り混じっていると
自覚する必要があるでしょう。


Selling-wants-vs-needs.jpg


そして、
長い資産管理の中で大切なのは、

「欲」のWantを飼い慣らし、
「ほどよい自制」のNeedの範囲を
じわりじわりと広げていくことなのです。



人間とは面白いもので、
マーケットの下落基調が続くと、

「ワタシは年4%くらいで
運用ができればいい。
必要なリスクのみを取って、
そこそこのリターンが上がればOK。」


と、控えめ(かつ)冷静に、
割り切って物事を捉えられます。

【発想転換のチャンスは、
悪い時に訪れるものです!】


今申し上げた、
必要なリスクのみを取って、
必要なリターンを求める。


これは特に、↑シニアの皆さんに、
わたしは申し上げたいのです。

ほんらい
「リターン」とは、
「リスク」を取った結果得られるもの。

★ リターンとは到達点に過ぎず、
長い資産運用のプロセスは、
【あなたがリスクと向き合う姿そのものなのです。】


ですよね?)


では、66歳とか67歳になって、

【必要以上のリスクを取って、】
【必要以上のアップダウンに見舞われて・・】

それって、
ほんとうに
人生で有益な経験なのでしょうか?


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


運用の本質は
『リスクとつき合うこと』です。

そして、リスクとは、
苦い薬のようなもの。


ホントは嫌だけど、
それが必要だから、
必要なだけ
取るモノではないでしょうか・・?

【自分が納得できるリスクのみを取り、】
【自分が必要とするリターンのみを求める。】

このような Needのマインド を、
私たちはもっと大切にすべきですよね。

あ




| 投資の発想法 | 18:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1標準偏差 = リスクの大きさではありません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最近は、さまざまな
『ポートフォリオ作成ツール』が
無料で利用できます。

たとえば、
「わたしのインデックス」の
資産配分ツール』などもそうです。

このツールを用いれば
あなたが作ったポートフォリオが、

どのような『リスク・リターンの特性』を
持っているのか、

具体的にイメージできます。

たとえば、こんな感じ・・。


平均リターン


分かりやすいですね!


ただし、
注意点】もあります。

このような
ポートフォリオ作成ツールは

過去の実績データ】を用いて、
リスク・リターンの数字を
弾き出している場合が多いのです。

すなわち、
〇 過去のリターンの平均。
〇 過去のリスクの平均。


そもそも、
上記図表では、
リスク 12.4%』と記されていますが、

資産運用の世界でいう
リスク】とは、
いったい何を指すのでしょうか?

答えは・・、
カンタンです。

過去のリターン(損益)が、
どのくらいの大きさで
ブレてきたのか、

その『ブレ幅の大きさ』を
【リスク】というのです。



ブレ幅の大きさって、
「なんとなくこれくらい!」
ではダメですから、

何かしら【物差し】を用いて、
数値化してあげる必要があります。

その際に用いる
【物差し】が 標準偏差 なのです。

ひょうじゅん・へんさ?

そうです。


上記図表の
12.4%とは、
いわゆる「1標準偏差」のこと・・。

さあ、ここから少しだけ
本格的になりますよ・・(^^;


【標準偏差】とは、
リターンのブレ幅の大きさを表す指標ですが、

この12.4%という数字は、
この物差しが指し示す
数字の「ひとつ」に過ぎません・・。

えっ!?

(突然ですが、)
あなたは【振り子時計】って
見たことがありますか?

こんな感じ・・。


2_448_1_large.jpg


今、この時計の『振り子』は
真下で止まっていますね。

この真下あたりを、
あなたのポートフォリオの
『リターン』としましょう。

仮に今、
ポートフォリオの『リターン』を
プラス5.1%とします。

(これが今の振り子の位置、
真下」ですよ・・)


ここから、

『振り子』が振れるその振れ幅】を、
リスクの大きさ】と
イメージしてみるのです。


2_448_1_large.jpg


先ほどの図表が示す
平均リターン』 5.1%
リスク』 12.4%とは、

ちょうど真下に位置する『平均リターン』、
すなわちプラス5.1%から、

良いほうに、

つまり、
振り子時計でいうところの右側のほうに、
12.4%ブレるかもしれないし、


2_448_1_large.jpg

悪いほうに、

すなわち、
振り子時計でいうところの左側
12.4%ブレるかもしれない、
という「意味」なのです。

伝わっていますか?)


     【プラス5.1%】

マイナス側へ ← → プラス側へ
12.4%ブレる     12.4%ブレる


ただし、
上記の意味合いは、

おおよそ、
68%の確率で!
という条件付なのですが・・・・・・・(-_-;)


ハイ、これが
1標準偏差』の意味なのです。


「じゃあ、カンさん。

およそ32%の確率で、
『1標準偏差』以上に、
リターンがブレてしまうってこと?」


はい、まさにその通りです。


ポートフォリオ作成ツールで
リスク12.4%」と、
示してしまうことが怖いのは、

多くの人が、
「自分のポートフォリオの
【リスクの大きさ】って、
12.4%くらいなんだ・・」


と勘違いしてしまうことなのです。

★ これは、
リスクの【過小評価】につながります。

事実、
2008年から2009年にかけては、

『2標準偏差』を少し超える
リターンの振れ幅が

実際、起こってしまったのですから・・。



わたしは、
資産運用を行う
【実際的なイメージ】を養うためには、

リスクの大きさを、

『1標準偏差』ではなく、
(少なくとも)
『2標準偏差』で捉えるべきだと思います。



1616 マーケットのアップダウン


すなわち、
『ロボアドバイザー』をはじめとした
さまざまなサイト上で

ポートフォリオ作成ツールを利用する際に、
「リスク12.4%」と表示されたら、

いや、本当は、
リスクの大きさって、
12.4%× 2 = 24.8% くらいなんだと、
(最低限)認識するべきでしょう・・。


その他【注意点】として・・。

「わたしのインデックス」の
『資産配分ツール』では、

データとして、
過去のリターンを用いていますが、

「リターン」に関しては、

『過去の実績は、
未来の成績を
保証するものではない。』


すなわち、
過去のリターンと、
未来のリターンって【別物】なんだ、
という認識は、重要です。


いっぽう、
過去のリターンのブレ幅を示す
「リスク」(標準偏差)に関しては、

過去の数字を
そのまま未来に置き換えても
差し支えないと考えます。

皆さん!
ポートフォリオ作成ツールは
あくまで【参照】程度のものとして
利用すべきものなのです・・。

似顔絵




| 投資の発想法 | 17:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

180日という名の分水嶺・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ちょっと1ヵ月前に戻ってみてください。

気温はどうでしたか?

朝から「寒いな・・」と感じながら、
身支度して、
マフラーも巻いて手袋もして、

文字通り身構えながら、
最寄り駅まで歩いていませんでしたか。

わたしは寒さが【超苦手】なのですが、
真冬の時期は、

たとえ180日後には、
真夏になると分かっていても、


うだる暑さのことなど、
きれいさっぱり忘れています(^^;

季節が移ろう【時間】とは、
ほんとうに不思議なもの。


実は投資も同じです。

あなたの心象風景として映る
時間】には、
実は大きな節目があります。

それは、
投資を始めて
6ヶ月(180日)程度までの時間です。


誰でも同じだと思いますが、

投資を始めた当初は、
毎日毎日「ファンドの値段
そして「損益の金額」が気になるものです。

★ そう、
人生の中で、
自分と投資の距離が
【いちばん近い時期】と云ってよいでしょう。


毎日のようにログインして、
資産管理画面をチェックし、
ハラハラどきどき・・。

ちょっと嬉しくなったり、
勝手に慌てたり・・。

あっ、これって
きわめて【正常】なことですよ。
(誰もが通る道なのです・・)


しかし、
6ヶ月(180日)程度経つと
ネット証券に
ログインする回数が減り始めます。

知らず知らずのうちに、
投資という行いに慣れ、
投資と心理的に
『距離』を置き始めるのです。

これって・・?

(もちろん良いこと!)



自分の投資のやり方を決め、
それを実行し、

まあ、やるべきことはやったのだから、
あとは【時とマーケットに任せるしかないな】
という、

いい意味での「達観」「すっきり感」
出てくるのです。

ココ、
長期投資を↑続けるための、
とても大切なプロセス・・。



180日とはまさに、
あなたの関心、
知的好奇心、
ハラハラどきどき感が、
クールダウンし始める『時間の尺』なのです。

しかし、です。

投資の【決定プロセス】が、
自分の中で腹落ちしていないと、

最初の6ヶ月(180日)の中で、
あれこれ情報を受け入れすぎ、

〇 これも買っておこう
〇 こっちのファンドもいいかもしれないと、

金融商品の【保有本数】が、
むだに増えてしまったりします。


つまり、
当初の180日を
無事平穏に過ごすためには、

最初の【スタイル決定作業】に、
ある程度時間を費やすことが
やはり重要なのですね・・。

似顔絵




| 投資の発想法 | 19:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美しい記事は、ネット上で個人投資家が書いています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

言動がちょっと過激になりがち。
主張が一方向に傾きやすいなど、
ネット上の問題点は
いろいろ取り沙汰されますが、

こと『投信ブロガー』が発する情報に関しては、
ネット世界の【善の部分】が
広く現出しているとわたしは思います。

ちょうどあなたが
この文章を読む前に、
3つ4つのブログ記事を回遊してきたように、

さまざまな「小さな情報」が集積し、
まるで普段は大きすぎて見えない
巨大なドームのように、

数百のブログ記事が
『土台のしっかりした集合知』を
醸成しているのです。


(これは↑金融機関などが
真似できるものではありません・・)





昨日も
「あっ、この文章、美しい!」
という記事を見つけてしまいました。

【神経内科医ちゅり男のブログ】の、
腰の強いポートフォリオを作り上げるには最低でも10年は見ておこう!』です。

ちゅり男さんは、
こう言います。

株式投資は、基本的に
長く相場に身をおいている人の方が強いです。


たしかにそうですね。

崇高な理論や理屈よりも、
現実に、
マーケットに居続けることができるか。

それが投資の成果を左右するわけです。


ちゅり男さんも書かれていますが、
『長く居続けること』は、
投資に対する「経験値」を
上げていくこと』に他なりません。

よく、
時間を味方につける】と言いますが、
その意味は(実は)ふたつあって、

〇 マーケットそのものの成長が
期待できる。

そして、

〇 投資家として自身が成長し、
(今はまだ見えない)
広い景色が見えてくる・・。

それが【長期投資の利点】なのです。


そして、次の文章。

私は、
相場に長く身をおいている方のポートフォリオは、
目に見えない多くの苦労や難局を乗り越えた上に
作り上げられた一種の芸術作品だと思っています。


なんと美しい・・。


腰の強いポートフォリオは一朝一夕にはできず、
どうしても時間がかかるのです。


はい、まさにそうですね。

自分の絵【投資観】を思い描いて、
「はい、これで出来たよ!」と
絵を描き上げたつもりでいても、

それは最後に辿り着く
【作品】に至るまでの、
「途中の絵」であったりします・・。

(投資という行いは、
『自己表現』
『自己成長の場』でもあるのです)


尾瀬


また記事内
ちゅり男さんは、
「何にお金を託すべきか」という
投資対象についても言及します。

ちなみに、個別株の場合は投資先を間違うと
10年経過しても腰の強いポートフォリオにならない
可能性がありますから注意してください。


たしかに・・。

満天の星空の中から、
たった2つや3つの星を
『選び切ってしまう』大胆な行為を、

私たちは、個別株投資や
不動産投資でなにげに行っていますが、
これって(実は)、
けっこうアドベンチャーなのです(-_-;)


21世紀に入ってからは
時代の流れがどんどん加速しており、
企業のライフスパンが短くなってきているため、
個別株投資は難しくなってきましたね。


わたしも同感です・・。

『市場平均』に投資を行う
インデックスファンド、ETFは、


【市場のめくるめく変化】を
そのまま内包し、
変化そのものをリターンの糧にしてしまいます。


それにしても
ちゅり男さんの記事を読んでいると、
『投信ブロガー』が発する情報群が
根太い川」になっているのが分かります。

今から思えば、
投信ブロガー第一世代の、
水瀬ケンイチさん、
NightWalkerさんらが
ブログを始められた2005年頃は、

小さな小さな水が、
細く滴るくらいの
ボリュームしかなかったわけですから・・。

(集合知、バンザイ!)

似顔絵




| 投資の発想法 | 17:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

数字のこと、気持ちのこと、フォーカスすること


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まだ18歳とか19歳で、
「どこの学校に行って、
どんな学部が自分に向いているか?」なんて、
なかなか分からないものです。

なぜなら、
自分と付き合ってきた年数が
あまりにも短いためです。


わたしは今年50歳になりますが、
ようやく、
自分の本質的な傾向(性格)が
分かってきたような気がします(遅すぎ?)


長い道のりの中で
どんな選択をするにしても、
『自分を知ること』って
大切ではないでしょうか?

〇 自分がどんな性格で
〇 どんなことに向いていて、
〇 どんなことに向いていないか。← ココ、大事。

それを知っているだけで、
物事のチョイスは
ずいぶんとシンプルになるはず。


あっ、これって投資も同じですよ。

投資のことって、
どうしても【数字のこと】に
話題が集まりがちですね。

〇 リターンがいくらだったとか、
〇 数字に照らし合わせて考えると、
Aというやり方より、Bという方法を
採用すべきだ、とか。

〇 まずは数字に関連して、
利用すべき制度、利用すべき金融商品、
お金の投じ方などが語られがちです。

最初に『数字ありき』!

ハイ、決して間違いではありません。
(『数字』は大事ですから・・)


でも、それと同じくらい大切なのは、

利用すべき制度、
利用すべき金融商品、
お金の投じ方が、

【(果たして)あなたに合っているか?】
という「検証」です。


(なぜなら、誰のものでもない、
あなたの投資ですから!)


綾なす事象の中で、
あなたは毎日、
膨大なチョイスを行っています。

そんな中で、

〇 自分にフィットする選択を
多くできたほうが、
あなたの『幸福度』は上がると思いませんか?


gutspose_man.png


★ ましてや投資という行いは、

「パック旅行」を選ぶか
「個人旅行」を選ぶかという、
1週間もすればその成果が分かるような
チョイスではないわけです。

紆余曲折がふんだんにありながら、
長い長い時間タームで行うことなので、

余計に
【あなたの気持ち】
= フム。このやり方は自分に合っている!
が大切になるのです。


(自分に合っている!
と思えれば思えるほど、
投資が長く続けやすくなりますしね・・)


わたしは、
あなたに合った
投資のスキームを築くために、
ある程度【フォーカスする】必要があると思います。

フォーカス?

はい、これって
より正確に云いますと、

(良い意味で)
投資のやり方に『制約』を加える、
ということ・・。


たとえば、

1.個別株、個別の不動産、
個別の債券などは買わない。

多数の銘柄が内包された
「パッケージ商品」のみを投資の対象とする。


これって、けっこう大胆なフォーカスです。

あるいは、

2.自分が投資する「総額」の中で、
日本の資産が50%を超えない。
(= 最低50%以上は、
日本以外の外貨建ての資産を保有する)


これも立派な『制約』ですね。


投資のやり方をフォーカスできれば、
面白みは減るかもしれませんが、
その分「迷い」も減って、
夜ぐっすり眠れるはずです。

「数字」と、
「あなたの気持ち」と、
投資に対するほどよい「制約」(フォーカス)、

この3つの【バランス維持】が、
投資を長く続けるコツではないでしょうか?

似顔絵




| 投資の発想法 | 11:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT