FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

iDeCoの窓口の選び方


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

iDeCoの窓口を選ぶ際、
わたしはiDeCoだけを見てはいけないと思います。

今はまだ投資に回せるお金が少ない人も、
この先、
回せるお金が増えるかもしれません。

唐突に聞こえるかもしれませんが

iDeCoの窓口を決めるとは、
あなたの
【メインの投資窓口】を決めることに
限りなく近いのです。



少しだけ
時間軸を伸ばしてみましょう。

もしかすると(この先、)
「つみたてNISA」や
「通常口座(特定口座)」も
使うことがあるかもしれない・・。

そういう気持ちで
iDeCoの窓口を選ばれてみては。


無題


今、iDeCoにおいて、

金融機関(運営管理機関)に支払う
『管理手数料』がゼロ円になるパターンは
次の8つになります。

イオン銀行
大和証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券

SBI証券(セレクトプラン)
SBI証券(オリジナルプラン)
KDDIアセットマネジメント


(※ ただし、いずれの場合も
iDeCo口座を維持するための 167円(月)は
必要です)


実はiDeCo窓口選びで大事なのは、
(iDeCoの品揃えだけでなく、)

その金融機関が
特定口座やつみたてNISAで
「どのくらい豊富なラインナップ」を
持っているかなのです。



たとえば、
将来、特定口座やつみたてNISAも
使う事になった場合、

〇 iDeCo → A銀行
〇 つみたてNISA → Cネット証券
〇 特定口座 → B証券


みたいに、
複数の「口座」が
複数の「金融機関」に分かれていると、

管理が煩雑になり、
「自分の運用の全体像」が掴みにくくなります。


ちゅり男さんのブログ記事
特定口座、NISA、iDeCoの全てをSBI証券に集約することは問題ないか
にもあるように、

投資の窓口は
極力「ひとつ」にすることが
わたしは大切だと思います。


publicdomainq-0013868mwf.jpg


では、
特定口座やつみたてNISAで
「どのくらい豊富なラインナップ」を
持っているかも含めて

iDeCoの窓口を選ぶと、どうなるのでしょうか?

★ わたしは、

松井証券
マネックス証券
楽天証券
SBI証券(セレクトプラン)


の中から絞ってよいと思います。


当面はiDeCoしかしない、
という人は、

文字通り、
iDeCoラインナップの中で、

〇 自分で複数のファンドを組み合わせる
〇 おまかせで1本のバランスファンドを選ぶ

いずれかを選択すればよいと思います。

が、繰り返しになりますが、
iDeCoだけで自身の運用が完結するのは
ごくごく少数派では・・?


sports_marathon_kyuusui.png


〇 特定口座や
つみたてNISAを利用することを見越し、

〇 かつ、
資産管理には極力時間をかけずに、
〇 かつ、コストをできるだけ抑えることを旨とする


という人には、

たとえば、
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』を、

iDeCo→ eMAXIS Slim バランス
つみたてNISA→ eMAXIS Slim バランス
特定口座→ eMAXIS Slim バランス


というふうに、
すべての「入り口」で
はめ込んでしまう
ことも可能なのです。

(ただし、上記例は今のところ
松井証券、マネックス証券、
SBI証券(セレクトプラン)のみで実現可能。)


通常『商品ラインナップの数』でいうと、
特定口座 > つみたてNISA > iDeCo になりますから、

iDeCo口座をどこにするかが、
あなたの投資の方向性を決定づける選択となるのです。


465-125.jpg

   5月26日()in 東京・大井町




| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 14:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアの確定拠出年金制度、「スーパーアニュエーション」とは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

オーストラリアの確定拠出年金制度
「スーパーアニュエーション」は、

日本の公的年金の将来を見通すうえで、
とても参考になるしくみだと思います。

今日の記事は
以下ふたつのレポートを
参照させていただきました。

〇 ニッセイ基礎研究所
スーパーアニュエーションの動向~マイスーパーを中心としたオーストラリアの年金~
(金融研究部 德島勝幸氏)

〇 大和総研
豪スーパーアニュエーション、成功の背景は
(金融調査部 佐川あぐり氏)



まず、
オーストラリアの年金制度は
2階建て』になっています。

1階部分は?

「社会保障年金」と呼ばれ、
全国民が加入対象です。


そう、
日本の「老齢基礎年金」のイメージですね。
ただし、社会保険料の負担はなく、
財源はすべて『税方式』です。


上述の大和総研
佐川氏のレポートによりますと、

この「社会保障年金」は
受給権が生じるための
審査』があるのだそう・・。

しんさ?

そうです。

所得または資産が
一定額以上ある対象者は、
社会保障年金の支給額が減額されたり、
停止されるしくみになっているのです。


ThankYou_02.jpg

続いて、
2階部分は?

積立方式の私的年金、
『スーパーアニュエーション』です。


(確定拠出年金ですから、
自分でファンドを選んで運用していくわけです)

スーパーアニュエーションは
会社員、公務員などの被用者
強制加入】となっているのが一大特徴。

(自営業者は任意加入です)


また、雇用主は賃金の一定割合、
現行『9.5%』を拠出することが
強制】されており、
その拠出額は損金算入が認められています。

(被用者の所得控除の対象ではないようです。)

この「9.5%」を超える部分については、
雇用主、被用者ともに
任意で【追加拠出】が可能です。


強制で【天引き】されるのは
公的年金的でありますが、

どの『ファンド』を選択するかは
被用者自身が決め、
雇用主の拠出を通じて
「つみたて投資」するわけです。



スーパーアニュエーションの「資産残高」が
いかに巨大かは、

上述の大和総研
佐川氏のレポート
図表を見れば分かります。

オーストラリアの家計金融資産残高

グラフ


驚くなかれ、
全家計金融資産のおよそ『半分』を
スーパーアニュエーションが占めています。

(オーストラリア人の資産形成手段として、
いかに広く普及しているかが分かりますね。)


続いて、
先述の
ニッセイ基礎研
德島氏のレポートから。

スーパーアニュエーション


上記、スーパーアニュエーション全体の
資産構成は・・?

国内外の株式        44.6%
(国内と外国の株式は
ほぼ同率です)

不動産              8.5%
(オーストラリアは
REITの盛んな国です)

その他
オルタナティブ関連     11.3%


となっており、

現金、債券以外の
『リスク資産』が
6割を超えていることが分かります。

德島氏のレポートによりますと、

リスク資産の割合が高いのは、
リテラシー教育のほか、
外部の投資アドバイザーの助言を
活用している成果も大きいのだそう・・。


さて、最後に・・。

想定を上回るスピードで
超長寿化』かつ『少子化』が
進行する日本では、

早晩「年金制度」の抜本改革が
避けられないとわたしは考えます。

すなわち、
上記スーパーアニュエーションと同様、

1階部分の
老齢基礎年金の「税方式化

2階部分 厚生年金の
確定拠出年金化(積立方式化)」が
必要になると考えます。



gatag-00003203.jpg

早く着手すればするほど、
痛みは軽減されるはずですが、
『政治的に』なかなか難しいのでしょう・・。

(ちなみに、
出生率が日本より高い
オーストラリアでさえ、

1階部分の「社会保障年金」の
支給開始年齢を現在、

65歳から67歳に
引き上げている最中なのです)

あ




| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 17:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

確定拠出年金の転職リスク


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

『確定拠出年金』の良いところ。

それは概念的に云えば、

加入者である「あなた」が
主人公である点です。


あなたが『主役』ですから、
たとえば転職して、

〇 個人型の確定拠出年金(iDeCo)から
〇 企業型の確定拠出年金(DC)へ移っても、

あなたの【資産】は
持ち運び可能なのです。

「やったー!



でも、です。

【資産】は一度ぜんぶ売って
『現金化』しないといけません。


「あーあ。」


この、
【確定拠出年金の転職リスク】とも
云える出来事を、

lostmonkeyさんが、
IDeCoから企業型確定拠出年金への移換【体験談】
という記事にまとめられています。


lostmonkeyさんは
転職に伴って、

「iDeCo」から「企業型DC」へ
資産の『移換』を余儀なくされました。

以下、引用)

一連の手続きが終わると、
今まで拠出してきたIDeCoの資産が
あるタイミングで
企業型DCに移ることになります。

しかし、移すタイミングは指定できませんし、
わかりませんので、注意が必要です。

引用、終わり)



この、

―移すタイミングは指定できませんし、
わかりませんので、注意が必要です。―


の部分が、
確定拠出年金の
移換】の何たるかの本質なのです。


無題


実際、
一度手続きに入ってしまうと、

いつ、
(従前の確定拠出年金の)
資産が売却されるのか、


あなたには「選択権」がありません。

また、いつ、
(現在の確定拠出年金の口座に)
資産が入金されるかも、


あなたには分かりません。

(そしてこの【移換】には、
最低2ヶ月程度はかかってしまうのです(-_-;))


わたしが
lostmonkeyさんの記事を読んで
驚いたのは、

「iDeCo」から「企業型DC」に
資産が移換された際、

入金されたお金で『自動的に
ふたつの株式ファンドが
一度に』買い付けられた、

という事実です。


以下、引用)

IDeCoからの移換資金も、
自動的にこの2つの商品の購入に
充てられました。

手続きの際、
「移換資金をどの商品の購入に充てるか?」
といった指定は無かったかと思います。

引用、終わり)



これはlostmonkeyさんが
すでに「企業型DC」に加入済みで、

毎月の拠出額ですでに
ふたつの株式ファンドを
積み立てていたため、と思われます・・。

(このような「移換」が行われるケースを、
今回わたしははじめて知りました。)


天秤


【以下、また別のお話ですよ。】

以前、コンサルティングの中で
「企業型DC」から「iDeCo」への
移換のご相談がありました。

その人は楽天証券のiDeCoを
選択されたのですが、

楽天証券の『移換申込書』には
次のふたつの記入欄があったと記憶しています。

1.今後、iDeCoで拠出していく
毎月の掛金について、
【金融商品】と【配分の指定】。


2.移換資産そのものの
【金融商品】と【配分の指定】。


(当然、
ポートフォリオ運用を目指す者なら、
【1の配分 = 2の配分】
目指すべきですね。)


もしかすると、
2.移換資産(まとまったお金)については、

一度に】投資信託などの金融商品に
買い換えを行わないといけない。

と感じられるかもしれません。

が、別のやりようはありまして、

ご相談者はすでに200万円超の
「移換資産」があったのですが、

このお金をいったん全額
定期預金」の購入に充てました。

その後、規則的に
・『定期預金』を売却し、
・『投資信託』を分割して購入していくことで、

1年ほどかけて、
資産の移換】を完了させたのです。


(※ すなわち投資時期の分散を図ったわけです)


⇒ 以下、歴然とした事実ですが、
私たちが「キャリアアップ」を目指して
転職する際、

確定拠出年金の「窓口」が
変わる可能性があります。

それに伴い、

〇 同じ投資信託で、
〇 絶え間なく
〇 一貫した運用が続けられなくなる『リスク』は
心に留めておくべきでしょう。


無題

また、

〇「iDeCo」から「企業型DC」
〇「企業型DC」から「iDeCo」
〇「企業型DC」から「企業型DC」

〇「iDeCo」から「iDeCo」
(これは↑金融機関の変更)


いずれの場合も、

新たな確定拠出年金「窓口」での

毎月の掛金の
【配分指定】だけで終わらないよう、
注意が必要でしょう・・。


移換資産(まとまったお金)について
あなた自身がどの投資信託に
どれだけ買い付けていくかを【指定】しないと、

つまりは
【全体の買い換え】が完了しないと、

ポートフォリオの
【お引っ越し】は終わらないためです。
(この点、くれぐれもご注意を・・)


【追記】

中には「企業型DC」と「iDeCo」の併用が
可能な企業も存在します。

ただし2017年1月以降に
企業年金規約を改定している会社に限られるため、
その数は非常に少ないと思われます・・。


465-125.jpg

    3月17日()in 長野 ← はじめて。
    3月21日()in 東京
    3月23日()in 名古屋
    3月24日()in 大阪




| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 16:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iDeCoこもごも、人情紙芝居・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

相談業務を重ねていると、
iDeCo(個人型確定拠出年金)について
さまざまなエピソードを伺うことになります。

イデコハラスメント?)

うわさには聞いていましたが、
ホントにあるのですね。

(一例ですが・・)

相談者の方が
会社の担当部署に
「iDeCo」に入る旨伝えると、

あからさまに
イヤな顔をされたのだそう・・。

これは俗に
イデハラ(イデコハラスメント)
呼ばれる現象です。


harassment.jpg


職場の担当部署、
担当者の人が

「iDeCo」について知らなかったり、
知識が不足していたり、
単に勘違いしていることで、

加入の手続きが
円滑に進まない事態を指します。


では、
どんな【勘違い】なのか・・。


「従業員の年金資産の管理を、
自分がやらないといけない!」


「掛金の引き落としも
必ず会社経由でしないといけない!」


「ということは、
記録&書類の作成など
自分の仕事が増えてしまうじゃないか!」


という『勘違い』なのです。
お疲れさま・・。

rikujou_man_marathon.png


別の事例・・


相談者は(たまたま)
社内ではじめて
「iDeCo」を利用する方でした。

「なんかあの人、
拠出の年金するらしいよ・・。」
「投資するのね」
「情報に長けた人なのね・・。」

みたいに
陰でいろいろと言われて、
不愉快な思いをされたそう。

※ 別に悪いことするわけではないのに・・。


お役所、学校にお勤めにしろ、
民間の会社にお勤めにしろ、

そう大きくない職場だと
事業主の証明書』をもらう過程で

自分が「iDeCo」に加入するのを
職場の人に知られてしまう可能性が出てきます。


※ 別に悪いことするわけではないのに・・。


同じく、社内ではじめて
「iDeCo」を利用するケースです。

相談者は都内にお勤めなのですが、
本社が福岡市にあるため、

担当者(本社勤務)に
事情を理解してもらうのに、
恐ろしく時間がかかってしまったのだそう。


(閑話休題・・)

もちろん、逆に
『微笑ましい事例』もあります・・。

奥様が先に「iDeCo」に加入していて、
「節税になるから!」ということで
ご主人にも入ってもらい、

それが『きっかけ』で
ご夫妻の間で、
お金について話をする機会が増えたのだそう。



proud-couple.jpg


(その方々は
どちらも楽天証券の「iDeCo」なのですが、)

毎年はじめに【取引状況のお知らせ
(書類)が来るじゃないですか。

あれを見ながら、
「あーでもない、こーでもない」と、
ご夫婦それぞれ、
書類を見比べたりしているのだそう。

(なんとも微笑ましいですね(^^;


たまたまそのご夫妻は
毎月の拠出額が『同じ』であるため、

互いの運用状況や
年間成績の比較もしやすいのです(^^;)


(ただし運用している商品は別々。
ご夫妻でリスクの許容度等が異なるため。)

また、
『取引状況のお知らせ』を見れば、

制度としてのiDeCoに
どのくらい【手数料】がかかっているかも
一目瞭然です。


そして最後に
iDeCo最大のメリットは
『所得控除』ですが、

実際「iDeCo」に加入すると、
どんなふうに節税されるかというと、

会社員の人なら、
『年末調整』で12月分の給与が
少し増えることになります。

(所得税が還付されるため・・)

そしてその結果、
翌年の住民税の負担が減るわけです。

ココ、
巻き戻して考えてみましょう。


〇 12月分の給与が少し増える。
〇 翌年の住民税が少し減る。


どちらも、
手元に残るお金が増える】わけです。


嬉しいですよね(^_^)

ついつい豪華に外食したり
レジャー用品などに走ってしまいがちですが、
ここは『節税効果』をしっかり噛み締めましょう。

同じ支出額をキープしながら、
(少しでも)追加投資をするべきだと思いませんか?


465-125.jpg

    3月17日()in 長野 ← はじめて。
    3月21日()in 東京
    3月23日()in 名古屋
    3月24日()in 大阪







| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 15:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この4月から会社で確定拠出年金が始まる田中一郎さんへ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

金曜日の夜、
田中一郎さんは
会社の同僚と「磯丸水産」でカキ鍋を食べました。


s_0nby.jpg


「おい田中、お前もう、
加入通知書兼運用指図書出したか?」

「えっ、なにそれ?」

「バカ、確定拠出年金のことだよ。
来週中に金融商品の指定をして
提出しなくちゃいけないんだよ。」

「なんかそんなのあったよな。
よく分かんないけど。」


田中さんは
もう一軒飲みに行きたかったのですが、
今月はお財布がピンチのため、
そのまま家路に着いたのでした。

「じゃあ、おやすみなさい。」


いえいえ、田中さん!

寝てしまう前に
一度、ココ、よーく考えてみませんか?


実は、確定拠出年金とは
公の『年金制度』のことなんです。


1.会社が【掛金】を出してくれます。

2.どの金融商品を選んで、
どんなふうに運用するかは
【田中さん】が決めます。

3.(しがって)将来どれくらい
お金が増えるかは【田中さん次第】です。



田中さん!
公の年金制度の中に、

加入者本人が「資産運用する」という
しくみが入ったってことは
実は画期的なことなんですよ。

「でも、ぼくにはカンケイないし。」


あっ、田中さん、寝ないで!

どうして、
こんなに確定拠出年金が広がっているか、
その【理由】分かります?

田中さんの会社は
もう、企業年金の運用で
『責任』(債務)を負いたくないんですよ。

「えっ?」


3かい 企業年金 ← ココ。
2かい 厚生年金
1かい 国民年金


企業年金については
自分の責任で(運用するなりして)
自分で用意してね!

という、
会社の暗黙の
メッセージ』なのです。

30歳。独身の田中一郎さん。
少しだけ、焦る・・。


ほら、見てください。


厚労省

図表『企業年金制度の現状等について』より。


会社がリスクを取って
会社が運用して、
決まった年金を用意してくれる
確定給付型の企業年金』は、

どんどん割合が減っています。

もう、
(年金の世界でも)

自己
責任


の【波】が
押し寄せているのです・・。


そして、
企業型の確定拠出年金の『加入者』は

田中さんをはじめ
すでに689万人!です(2018年末時点)

田中さんが合コンに行って
男子4人、女子4人がいたら、

そのうち
2、3人は、

「ワタシの会社、
確定拠出年金ですよ。」
という時代になりつつあるのです。



あっ、田中さん、欠伸しないで!

今、
人生で初めて
『資産運用』という事柄に
出会っているのですよ。


「えっ、なんか大げさじゃない?」

いえいえ、
確定拠出年金の中身をどうするかって、

田中さんの将来の生活、
40年後、
どんな暮らしぶりになるかに
【直結】しているのです!



20171222224858.png


国民年金や厚生年金の受給って、
ホントに当てになります?

「いや、あんまり当てにしてないけど。」

3かい 企業年金 ← ココ。
2かい 厚生年金
1かい 国民年金



田中さんの
確定拠出年金における
今の『掛金』って
月1万円ちょっとですが、

この「お金」は、
いわば、
暗闇からフッと浮かび上がった
みたいなようなもの。

すぐに使うお金でも
ないですし、

(60歳まで出せないので)
身近で貯金するお金でもない。

「まあ、それはそうだけど・・」


言ってみれば、
『第3のお金』なんです。


ココはぜひ、
田中さんの
知的好奇心に火を点けてみませんか?

「えっ?」


確定拠出年金を、
資産運用の「練習場
と位置付けてみるのです。


「練習場?」

そうです!

少しの量で、
とりあえず、
やってみる。

そして続けてみる・・。

まさに「練習」ですね。


(それに、
この確定拠出年金の「掛金」って、
将来的にもっと大きくなる可能性があります。

また、田中さんの給与からも「掛金」が出せる、
『マッチング拠出』というものが
近い将来導入されるかもしれません・・)


さあ、
このブログを読んでいるあなたも、
始めてみませんか?

投資信託を用いた、
つみたて投資という行いを。

自分の未来は
自分で作る。
その「地ならし」が出来ますよ・・。


465-125.jpg

    3月17日()in 長野 ← はじめて。
    3月21日()in 東京
    3月23日()in 名古屋
    3月24日()in 大阪








| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 13:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iDeCo、つみたてNISAをうまく使いこなすコツは、『投資に回すトータル資産』を把握すること


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「iDeCo」と「つみたてNISA」って、
根本部分は【まったく同じ】です。

すなわち、

・長期で、
・投資信託を積み立て、
・あなたの資産を増やす
『税制優遇口座』なのです。


ところが、
こちらがゆっくり顔を近づけていくと、
両者の【性格の違い】が鮮明になります。


「iDeCo」・・
あなたの【年齢】に対応。

「つみたてNISA」・・
あらかじめ【期間】が決まっている制度です。

「iDeCo」は年金制度なので、
融通の利かない学級委員のように
いちいち「書類」⇒「届け出」。

チェックも厳しく、少々硬いです(^^;

いっぽう「つみたてNISA」の開設や、
掛金の変更は比較的カンタン。

20歳以上の人全員に
同じルールが適用されます。

※ ただし、
【期間】が予め決まっているので、

たとえば20代の人などは、
資産の取り崩し時期(65歳)が
20年の非課税期間の後に
なってしまいます・・。



why-is-yawning-contagious01-300x266.jpg


商品の本数は?


「iDeCo」は今年の法改正で、
商品ラインナップが
『35本以下』となるよう決定されました。

いっぽう「つみたてNISA」の対象商品は
『160本』近くに!

この【違い】って大きい・・。

「iDeCo」は商品数が限られるので
(100%満足ではないにせよ、)
商品(モノ)を決めやすい。

いっぽう「つみたてNISA」は
商品数がどんどん増えてきて、
ますます選びにくくなっています。

(だいたい↑
先進国株式インデックスファンドが
10本も20本も要るのでしょうか・・?)



資産管理のしやすさは?


「iDeCo」は
積み上がった資産ベースで、
投資信託を一部売ったり
そこから他のファンドを買い付けたりできます。

(そう、資産配分の調整
『リ・バランス』ができるわけです


ところが「つみたてNISA」では、
積み上がった資産ベースでの割合調整
=『リ・バランス』が出来ない!

ココ、大きな↑デメリットでしょう。


次に、
ちょっと冷めた視点で見てみましょう。

『制度』が厳格で、
かつ『商品数』が限られているので、

「iDeCo」はある意味、
「あきらめ」がつきやすい制度だと
わたしは思います。


「・・まあシンプルに、
長期でやるしかないよね」

と思いやすい・・。

(そう、60歳まで出せないため!)

これって↑
トータルで捉えると良いことだと思います。


9-遠くを眺める


一方の「つみたてNISA」は
文字通り
運用益に対して『非課税』となり、

投資信託を解約して、
いつでもそのお金を引き出せるため、

【いつ売るの?】
【それとも売らない?】という
悩みのタネ』を抱えやすくなるのです。


こうやって書き出してみると、
両者の性格はまるで違いますね。


実際に、相談業務で
お客様の声を伺っていても、

「iDeCo」のほうが、
制度そのものを
シンプルに捉えられているケースが多いです。

ふだんは意識せず、
【遠い存在】として
認識されている。

(この『距離感』とても重要です!)


また、
お客様のお話を伺っていると、

「iDeCo」「つみたてNISA」
それぞれの【入り口】を
別個のモノとして捉え、


それぞれ「独立した」感覚で、
「投資信託」を選んでしまっているケースが
目立ちます。


これって、
セレクト雑貨 Francfranc(フランフラン)で
「これが良さそう!」と
青地のバスタオルを買い、

その帰りに「ニトリ」に立ち寄って
なんとなく色目の似たバスタオルを
また買ってしまう・・、
というイメージでしょうか?


「急がば回れ」ではないですが、

まずは、
広く浅く、
あなたの資産運用【全体】を
捉えてみませんか?


これ、
【税制優遇口座】を利用する際に、
ぜひ心掛けていただきたいことです。


6686801_orig.jpg


(そもそも)
あなたは、

A 向こう20年間で、
毎月の貯蓄から「つみたて投資」に回すお金

B まとまったお金から「投資」に回すお金

この、
AとBの【足し算】を
してみたことがありますか?


まだ「したことがない」人は
ぜひトライしてみましょう・・。


iDeCo、つみたてNISAを
うまく使いこなすコツは、

これから先、
あなたが『リスク資産』を
どのくらい買い付けていくのか、

すなわち、
【投資に回すトータル資産】を知ること!
なのです。


(そして)
そこから、

1.向こう20年で「iDeCo」に回すお金は?
2.向こう19年で「つみたてNISA」に回すお金は?
を、概算として出してみます。


ここでは『一例』として、
限度額いっぱい拠出するものとしますが、

実際は、
あなたの毎月の収支に合わせて
拠出額」を決めてくださいね。


1.「iDeCo」
月の拠出額を2.3万円とすると、
計552万円になります。

(2.3万円×12ヶ月×20年間)


2.「つみたてNISA」は、
なぜ【19年】か分かりますね?

2019年から
「つみたてNISA」を始めるという前提だと、

投資資金を入れられるのは、
2019年~2037年の「丸19年間」となるためです。

こちらのほうは、
年間40万円入れるとすると、

計760万円になります。
(年40万円×19年間)



よん


繰り返しになりますが、
もっとも重要なのは
全体図】の把握ですよ!

あなたが向こう20年間で
【投資に回すトータル資産】を、

たとえば
3000万円」としましょう!


すると、
【トータルの運用資産】に対する、

「iDeCo」「つみたてNISA」
「特定口座」の、
それぞれの【資金の割合】が出せます。

(iDeCo)・・     552万円  約19%
(つみたてNISA)・・760万円  約25%
(特定口座)・・  1688万円  約56%

 (投資に回すトータル資産:3000万円)


というふうに・・。

先に『結論』を言いますと、
上記のように、

ある程度
『特定口座』の割合が高いほうが、

iDeCo、つみたてNISAは
あなたの運用に『はめ込みやすく』なります。


あ

なぜなら、

〇 特定口座での運用がメインとなるため、
〇「資産配分」(ポートフォリオ)は
特定口座で組み、

〇 iDeCo、つみたてNISAは
それぞれ「1本の投資信託」のみとすることが
可能になるためです。


「カンさん。リ・バランスは?」
もちろん、
特定口座で行うことになりますよ!


     19年1月19日()in 東京・田町

465-125.jpg




| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 18:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT