FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インタビュアーとして大切な3つのこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、『つみたてNISAフェスティバル2019』で
遠藤金融庁長官にインタビューさせていただきました。

わたしはインタビュアーとして大切なことは
3つあると考えています。


interview_kid_adult_woman.png

1.事前のリサーチ


あらゆる手段を用い、
事前にその人物(登壇者)を知っておくこと。
これ、とっても大事です。

私人だと情報の量は限られますが、
公人で、しかも有名な方ですと、
(このネット社会ですから、)
情報はいくらでも事前収集できます。

今回、わたしは
ネット上で長官の発言を逐一フォローしつつ、
30分のインタビューのために
本を1冊読みました(^^)





たくさん情報を入れておくと
その『人物』に対する好奇心が高まり、
それが『よい質問』につながります。


(わたしは)インタビューとは、
知的好奇心を用いた
相手(ゲスト)の気持ちの引き出し作業。
と考えています。



2.5分でもいいから本番の前に雑談


事前に『登壇者』と5分でもいいから
話をしておくことがとても重要です。

今回のケースはなんといっても
金融庁長官ですから、

担当者に無理を言って
事前の打ち合わせの時間(10分位)を
設けていただきました。

要は前もって
「話し慣れ」しておくということ・・。



3.複数の「波乗り」ルートを用意しておく


インタビューとは、
「質問」⇒「答え」「質問」⇒「答え」の
積み重ねでコンテンツが形成されます。

言うまでもなく『ゲスト』の方が
主人公ですから、

自分の言いたいことを気持ちよく話され、
心の奥に秘めていることまで
外にさらけ出していただけたら、

(インタビューとしては)成功なわけです。


「質問」は起点ですが、
どんな「答え」がどんな「順序」で
飛び出してくるか分かりません。

(インタビューは文字通り「生モノ」ですから!)

ですので
最初からがちがちに「シナリオ」を
決めてしまわないほうがよいのです。


こんなふうに考えてみましょう・・。

『ゲスト』は?


srufing_man.png

波乗りです!


『インタビュアー』は?

よい波を(縁の下で)作る人!


インタビュアーの役割は、
ゲストにできるだけ気持ちよく
『乗ってもらうこと。』

(これに尽きます。)


話の進み方などは読み切れないので、

インタビュアーは
事前に複数の『波乗り』ルートを
用意しておくことが肝要なのです。


そのためにはやはり、

(1.に戻りますが、)
事前にできるだけ多くの情報
仕入れておくことが重要!


また、ゲストから
普段なかなか聞けないような話を引き出すために、

インタビュアーは少しだけ、
ほんの少しだけ、
『キツイ目の波』を用意する必要があります。

これはまさに
数秒間の「掛け合い」みたいなものですが
相手が息継ぎをしている間に、

(よい意味で)
畳みかけるような質問
= ほんの少しだけキツイ目の波 を
投げられるかどうか・・・。


daidougei_juggling1.png


最後に、

「カンさん、
司会とかインタビューとか専門じゃないのに
よくこなされますね。」


と言われることがあります。

わたしの本業は、
資産運用のコンサルティングですが、

コンサルティング業務も
インタビューも、
(実は)根底の部分は同じです。


その「エッセンス」は?


1.場を仕切って
2.よい質問を繰り返すこと なのです。

あ




| わたしのFP修行 | 13:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

広島のファイナンシャルプランナー、佐々木裕平さん


佐々木さんのことを
はじめて知った時、

こう、なんだか
背筋が伸びるような思いがしました。

直球ど真ん中、
主張が真っすぐで、どこか清々しいのです。


広島のファイナンシャルプランナー
佐々木裕平さんのサイトを見ると、
しっかり金融教育に
立脚していることが分かります。

何しろオフィスの名が
金融教育研究所』ですから(^^;


金融教育研究所


以下、引用です。

『金融教育研究所の目指す姿』

合理的な理論と健全な資産形成を

資産運用という
不安と期待の入り混じる課題に
きちんと向き合えるよう、
日々、最新の情報を入手し、

研鑽に努め、
あなたの資産形成の知識をサポートします。

引用、終わり)


どうですか、
直球ど真ん中でしょう?


資産形成に関して
【本当に大切なこと】を、
【愚直にお伝えする】という姿勢が
にじみ出ています。

すでに書籍もたくさん出しておられており、
わたしはこちらの本を読みました。






また、サイト内
こちらのページには
次のような記述があります。

以下、引用)

インデックス投資は次のような特徴があります。

掘り出し物を探す必要がない
値段・値動きがわかりやすい
買い時と売り時に悩むことがない

短期的に売買しない
ハラハラドキドキしなくて済む
長期投資・分散投資ができる

個人の才覚は運用結果と無関係
(拡大を続ける世界の成長と連動するからです)

引用、終わり)



わたしは、
個人の才覚は運用結果と無関係
という言葉が好きです。

これぞインデックス投資の特徴ですから!
金融教育研究所】(サイト)

あ




| わたしのFP修行 | 18:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンさん、IFAの人って、金融機関に属さない中立的な立場なんですか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

個別相談業務をしていますと、

「以前、IFAさんに相談したことがあります。」


というお客様に遭遇します。

(累計でいうと20名様近いのでは・・)

IFAとは、
Independent Financial Advisor の略です。

(日本語的には、
独立系・フィナンシャル・アドバイザー)


また、すでにIFAの存在をご存じで、
「カンさん、IFAの人ってどうなんでしょう?」
とご質問をいただく場合もあります。

より具体的には、

「IFAの方って、
本当に金融機関に属さず、中立的な立場なんですか?」


という質問です・・。

(実は)↑つい先週、いただきました(^^;


illust14.gif


わたしは個々の『ビジネスの形』を、
あれこれ批判するつもりはありません。
(また、その資格もありません・・)

ただ、

IFA業者 =
「金融機関に属さない」というのは、
少々違和感を覚えます。


もちろん、IFAの人は
たとえば、楽天証券の社員ではありません。

しかし、
IFA = 金融仲介業者ですから、

それぞれが所属されている、
証券会社 = 【金融商品取引業者】が
存在します。

これを
【所属金融商品取引業者】と云います。



(あくまで
わたくし個人が見聞きした印象ですが、)

IFA業者は
金融仲介業者として、

複数の証券会社(金融商品取引業者)と
【業務委託契約】を
結んでいるところが多いようです。


もっとも多いのが、
―これもあくまで、
わたくしの個人的な印象に過ぎませんが、―

 【所属金融商品取引業者等】
SBI証券
楽天証券


のパターンだと思われます。


たとえば、
IFAのお客様が
投資信託等の購入をする際、

IFA業者さんが
顧客の『取引』を、

証券会社
(=所属の金融商品取引業者)に
仲介することになります。

当然、
IFAさんは
金融機関から
手数料(コミッション)を受け取ることになるわけです。


commission.png


ところで、
こういう『アドバイザー』の形態って
海外ではどうなっているのでしょう。

実は米国での
「資産運用アドバイザー」の主流は、

もはやIFA
Independent Financial Advisor ではありません。

RIA
Registered Investment Advisor なのです。

RIAって?

全米各州で登録する
「登録投資アドバイザー」のことです。



アルファベットばかりになって
恐縮なのですが(^^;

IFAとRIAはいったい何が違うのでしょう?



RIAは基本
金融商品の仲介で
手数料(コミッション)を得ることはありません。

RIAは
顧客からのサービス料金
(日本語的には、資産管理料、投資助言料)で、
生計を立てているアドバイザーのことなのです。


この、
顧客から得るサービス料金のことを
(フィー)と呼びます。


蛇足なのですが、

楽天証券のサイトページ
IFAを目指す方へ」では、


楽天

のように、

IFAが
RIAとよく似た
アドバイザーの形態だと、
誤解を招きかねない説明が為されています。


実は資産運用業界では古くから
論争』があります。

あなたのアドバイザーは
金融商品を組成、または販売している
金融機関から『収入』を得ていますか?

それとも、
顧客から直接『収入』を得ていますか?


これっていったいどっちが良いの?
という類の【論争】です。


実は、
アメリカ、イギリス、オランダ、
オーストラリアなどでは、

金融機関からの『収入』(コミッション)ではなく
顧客から直接『収入』(フィー)を得ている、

いわゆる
フィーベースの『アドバイザー』に
主流が移行しています。



この理由を、
ちょっと『消費者目線』で考えてみませんか。


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


仮に
金融商品の取引を【仲介】してしまうと、

〇 どれくらいのボリュームで
顧客に金融商品を買ってもらったか。

〇 手数料収入が少ない金融商品を
顧客に買ったもらったのか、
それとも、手数料収入が多い金融商品を
買ってもらえたのか。

これらにより、
アドバイザーの【収入】が
如実に違ってくるわけです。



そうするとアドバイザーは、

〇 顧客の最善の利益と
〇 自らの収入の多寡という、

とても悩ましい
天秤(てんびん)』を
魂の内に抱えてしまうことになります。


天秤


単純な話、

仮に期待リターンが同程度の

Aファンド(運用管理費用 0.4%
Bファンド(運用管理費用 1.5%)の
投資信託があった場合、

顧客の負担する
「けいぞくコスト」が安いのは
Aファンドですが、

それを推奨すると、
アドバイザーの収入は
(Bファンドを勧めた場合に比べて)
減ってしまうわけです・・。

そうすると、
利益相反
Conflicts of interest (COI)に陥る可能性が
出てきます。



海外の一部の国で、
フィーベースの『アドバイザー』に
主流が移行しているのは、

もちろん、
監督官庁の後押しもありますが、

シンプルに、
数多の消費者の
【選択】の結果に過ぎません。

いつでも
新たなニーズを創るのは
消費者自身なのです・・。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  今年のお悩みは・今年のうちに!
┣┳┳┏┻┃   2018 冬の西日本
┃┃┃┗┳┛  【出張・コンサルティングの旅】♪
┗┻┻┫┃    【名古屋】【満席御礼】
…… ┃┃     【大阪】 12月24日、25日、26日(残2)
…… ┃┃     【広島】 12月27日【満席御礼】
…… ┗┛     【福岡】 12月28日、29日(残2)




| わたしのFP修行 | 17:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歴史と地理を加えると、お話に深みが出ますよ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

書き言葉も、
話し言葉も、
コンテンツとして見た場合、

これみな「ひとつの物語」です。

あなたにより興味を持ってもらうために、
コンテンツの作り方には
「技(わざ)」があります。

そのひとつが、
歴史』と『地理』です。

??


まずは「歴史」から・・。

私たちはどんな話をするときも、

「こんなことが起こっていますよ!」


というふうに、
」を軸としてコトを語ります。

しかし、現在というときは、
ほんの一瞬でしかありません。

わたしが死んだあとも、
あなたが生まれる前も、
『時間』は流れているわけです。


たとえば、

「今度、ウーバーが
アメリカ市場に上場するらしいわよ!」


を語るとき、

自分の頭の中で、

過去・・・・・ウーバー上場・・・・・2059年
        2019年?


のように、
時間軸』をイメージしてみるのです。


無題


過去、たとえば
アップルが上場したときは?

1960年時点の株式市場って?

そういえば、
かつては〇〇が常識でしたね・・

いくたびかの技術革新、
サービスの変遷があり・・

みたいにひとり呟いて、

過去の一地点から、
「ウーバーの上場」という
現象を捉えてみるわけです。

そうすることで、
2019年?のウーバー上場の『隠れた意味合い』が
浮かび上がってくるかもしれません。


これって『未来』も同じ理屈です。

たとえば、

「2059年に生きる人から見たら、
ウーバーの上場は、
○○○に映るのでしょうね。」


みたいな言い方を模索したりします。

★ 時間軸を
過去に、未来に大きくずらして、

そこから
「今、現在の話」に
スポットを当ててみる


これ、ワタシよくやっています(^^;


History-books.jpg


次に「地理」です。

私たちは、

「○○が起こっています。」
「これは○○ですね。」
という言い方をふつうにしますが、

これって暗黙に、

「日本では○○です。」
「日本人である私たちにとっては、
○○ですね」


という意味合いになっています。


ひとつのコトを話す際に
地理的意識を広げて、

(要は頭の中に
世界地図』をイメージして、)

コンテンツの端々に、

アメリカ人のバートンさんや、
オーストラリア人のキャンベルさんや
エストニアのストラベスキーさんや

台湾の林さんや
韓国の安さんや
ボリビアに住むサントスさんや
スイスに住むゲイルさんが・・、

という【主語】を
思い浮かべてみるのです。


たとえば、
エストニアのストラベスキーさんに、

「○○が起こっています。」
「これは○○ですね。」


と言わせることで、

その〇〇が、
より広い意味に解されることとなります。


もちろん、
日本人の常識としての
『〇〇』を否定する際にも、

地理的飛躍を試みます。

たとえば、

東欧の国々では実は、
「○○ではなく、△△であるそうなのです。」


みたいな言い方をするわけです。


カナダでは・・・
インドでは・・・
中国では・・

という「枕詞」を入れるだけで、
コンテンツの横幅が広がり、

離れた場所から、
日本や日本人や、
日本での出来事を俯瞰できるようになります。


無題


「歴史」と同じように、

★ 地理的にうんと離れた地点から、
「今、話している〇〇」にスポットを当ててみる。

すると、話を聞いている人の
イマジネーションが広がり、
〇〇の意味合いが深まってきます。


『歴史』と『地理』の有効活用は、
あなたが話されている事象の
相対化につながるのです。


これはもう、
どんな分野のお話にも使える
テクニックだと思いますよ(^^)

あ




| わたしのFP修行 | 17:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明確な「色」を持ったファイナンシャルプランナーとして


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

世の中には
いろいろな投資のやり方がありますし、

一口に
「ファイナンシャルプランナー」といっても、
実にさまざまなスタイルを持った方がおられます。

ただ、
潜在の消費者の立場】から言うと、
ハロウィーンの仮装ではないですが、

サービス提供者がある程度
派手めの「衣装」(= 特色)
身に付けていないと、

「この人はいったいどんなFPなの?」
というのが分かりづらくなってしまいます。



skate_speed.png


わたしは2007年頃から
本格的に「インデックス投資アドバイザー」と
名乗っています。

今はもうこの肩書きが
体の奥まで沁み込んでいますが(^^;

当時は、
まさに「清水の舞台」から
飛び降りるくらいの覚悟だったのです。← ホントです。


ただ、
このような『』が付いていると
消費者の立場から見れば、

「ああ、なんか
インデックスを提唱している人なんだな」と、
感覚的に分かりやすいのではと思います。


どんな仕事でもそうだと思いますが
こちらの【】を明確にすることで、

お客様、サービス提供側、
双方にとって
ヘンな誤解が起きにくくなるという
メリット】があるのではないでしょうか。


今のお話と関連しますが
弊所ウェブサイトでは、

どんな人に
「セミナー」「コンサルティング」を
お受けいただきたいかということを、

消去法』を用いて
明確に記しています。

それがコチラです。

誠に勝手ながら、
短期売買を繰り返すことを投資とお考えの方、
目先の利益のみを追求される方、

とにかく儲かる金融商品を教えて欲しいという方への
サービス提供はご遠慮させていただきます。



無題


あのー、わたしは
投資スタイルとしての
短期売買を否定するわけではありません。

上記はあくまで
弊所サービスの『色付け』です。


この文章をお読みいただければ、
当オフィスの【ポリシー】が
おおよそご理解いただけると思います。


まさにココを、

お客様が弊所サービスを
【選ぶか・選ばないか】の
判断材料にしていただきたいのです。


3-世界釣り


蛇足ですが、
わたくしがFPとして
今の仕事を続けている理由は、

日本の社会に
【お金のあり様・第3の道】を
根付かせたいと考えているためです。

それは、
〇 貯金オンリーでも、
〇 短期・集中の投資でもない、
【第3の道】です。

「長期・分散・低コスト」の道ですね(^^;

あ




| わたしのFP修行 | 12:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大江英樹さんが全国でセミナーを開催される理由


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

経済コラムニストの大江英樹さん。

img_54ff707b2d7c0.jpg


書籍も多数出版され、メディアでもご活躍です。
(ご存じの方も多いと思います。)

実は大江さんにお声掛けいただき、
10月27日(土)に
大阪・梅田にて以下セミナーに登壇いたします。

大江工務店興行 第2回
ラクして増やそう!バラつみ投資



大江さん自身、
講演の名手であり、
さまざまな主催者からお声がかかる
売れっ子の講師なのですが、

同時に自主開催のセミナーにも
力を入れておられます。
(オフィス・リベルタス「セミナー情報」)

3月にランチをご一緒した際に、

「どうして地方にも出向いて
積極的にセミナーをされているのですか?」


と聞いてみました。


すると、大江さんは次のように
答えられたのです。

 「東京は大手の資本が入ってくれば、
わたしのような中小の会社は
ひとたまりもありません。

でも地方なら大手もそうそうは
参入して来ないでしょうから。」


(ぽっかりと口を開けるワタシ。)


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg

大江さん、スゴイと思いました。


セミナーを
ひとつの事業として捉え、

謙虚に、
しかも【健全な危機感】を持って、

誰に・何を伝えるべきかを
真摯に考えておられるのだなあ。
と感じたのです。

~目的がはっきりしているから、
全国を飛び回っておられるのだ。~


しかも大江さんは60代!


あれ?
50歳になったばかりの
自分は何してるの・・?


と(わたしは)思ってしまいました。

大江さんのひと言で
わたしは遅ればせながら、
初心』に戻ることが出来たのです。

『初心』とは・・?

事業を始めた当初の
【ストレートな想い】です。



・愚直に
・ひとりでも多くの人にお会いし、

・資産運用に関して
ほんとうに大切なことを、
・分かりやすく、
・偏り(バイアス)なくお伝えする。

恥ずかしながら、
大江さんの言葉に触発され、

7月に
『全国4ヵ所縦断セミナー』を
開催しようと思い至ったのです。

(※ 11月に同じテーマで
全国4ヵ所縦断セミナー』を再演します(^^;


seminar1.jpg


【伝えることの喜び】
イチから噛みしめることが出来、
大江さんには本当に感謝しています。

(ありがとうございます!)

最後に、
各メディアで連載中の
大江英樹さんのコラムです。
(どれも含蓄に富んで読みやすいですよ)

東洋経済オンライン
日経電子版「定年楽園への扉」
ダイヤモンドオンライン「自分だけは損したくない人のための投資心理学」

追記)

それにしても大江さんは
年を重ねるごとに
「お若く」なっています・・(スゴイ!)




| わたしのFP修行 | 17:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT