FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

当オフィスはなぜ「時間ベース」のカウンセリング料金のみを提供しているのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスは創業以来、
ずっと資産運用の「相談業務」を続けています。

弊所の【カウンセリング料金】が
シンプルな【時間ベース制】のみになっているのは、
それなりに『理由』があります。

まず、弊所の資産運用ポリシーが
大きく関係しています。


わたしは相談者の皆さまに
シンプルなインデックス投資をお勧めしています。

・放ったらかしで、
・コツコツつみたてを続けるだけ。

・(自分でファンドを組み合わせるなら)
年に1度はリ・バランスしてくださいね。


というもの。


このポリシーを実践していただくと、
(自分でファンドを組み合わせるケースでは、)
お客様自身には、

年に1度だけ「リ・バランス」という名の
仕事が生じるわけです。

でも、それだけ。

また、バランスファンドを利用していただくと、
仕事自体は(ほぼ)発生しません・・。


あくび


このような運用の姿を
わたし自身がおススメしているのに、

たとえば『顧問契約』のような形で、
年に6万円とか10万円とか
「連続して」サービス料金を頂戴するのは、

「ちょっと違うな・・」となりますよね?


また、運用しているご資産の残高ベース
たとえば「パーセント(%)」を明示して
サービス料金を頂戴するという形もあるでしょう。


実際、弊所では何名かのお客様に
上記「サービス体系」をかつて採用していました。

上記の報酬形態は、

〇 お客様の資産が増えると・・
〇 当オフィスの報酬も増えるよ、というもの。


逆に
お客様の資産が減れば、
弊所の報酬も減ることになり、
「利益の相反」が生まれにくいとされています。


が、実際に
このようなサービス体系を
採用してみて感じたのですが、

運用資産額の「パーセンテージ」で
サービス料金を請求すると、

心のどこかで
小さな悪魔が囁くことがあるのです・・(-_-;)


それは、
お客様のリスク許容度を超えて、

よりアグレッシブなポートフォリオを
ご提案する可能性が
自分に生じるかもしれないという「悪魔」です。


もしかすると(心のどこかで)
お客様の運用資産額が
より増えてほしいと


(= わたしの報酬がより増えてほしいと、)
願う「自分」が居るかもしれないのです。

お客様の客観状況を外れ、
ただ運用資産額の増加のみに注力する可能性ですね。


home.jpg


あるいは、
上記の報酬形態では、

お客様の『資産の取り崩し』を
素直に喜べなくなってしまいます。



運用者は(最終)お金を使うために
運用を行うのであって、

たとえば住宅購入のために
運用資産を一部取り崩す、

お子さんの教育資金のために
運用資産を一部取り崩す、

あるいはご両親が
介護施設に入居するのを助けるため、
幾ばくかの資金を運用資産から取り崩す・・、

このような
理に適った(意味のある)行為が

サービス提供側から見ると、
「あっ・・運用資産残高が減るな。」

(= わたしの報酬が減る・・)と
映ってしまうわけです。



19年間この仕事を続ける中で、
わたしにもようやく
納得感が出てきたのですが、

★ 当オフィスが最も重視するのは、
サービスの【フリーハンド】(自由さ)の確保です。



カウンセリング内でヒアリングを続け
その中で解決策を模索する際に、

できるだけ「広く・深い地平の立場」から
【答え】を導きたいという自分が存在します。

「投資をする・投資をしない」という
判断までを含めた、

『全方位的なアドバイス』が可能になるのが、
この時間ベースの料金体系であると
今は確信しています。


Divided.jpg


いっぽう、

相談者さまにとっても、
もっとも重要なのは

サービスを受ける側としての
【フリーハンド】(自由さ)の確保ではないでしょうか。



それは「相談する・相談しない」という
判断に始まり、

(相談すると決めたとしても、)

〇 自分に相談のニーズが発生した際に、
〇 自分が相談したい分だけ、
〇 自分のペースで
専門家を利用したいという気持ち。


皆さん、一消費者として、
それを持っているはずなのです・・。

わたしはこの時間ベースのサービス体系を
広く普及させていきたいと思っています。

あ




| わたしのFP修行 | 12:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

農業専門のファイナンシャルプランナー 西田凌さん


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはまさか「農業専門のFP」の人がいるとは
思ってもみませんでした。

西田さん、あいすみません・・<(_ _)>

西田凌さんは公式ブログ「農家の家計簿」を
運営される
農業専門のファイナンシャルプランナーです。


農家


ファイナンシャルプランナーの仕事で
いちばん難しいのは、

無機質なお金というトピックに対して、
いかに『温度感』を持っていただけるかということ。

『温度感』を持つとは、
要するに、

いかに「自分ごと」として
イメージしてもらえるか・・。



仮にターミナル駅の改札の前で、

〇 「お金で悩んでいる人?」と呼び掛けても
誰にも振り向いてもらえないでしょう。

〇 「自営業の人で、お金に悩んでいる人?」
と訴えれば?
何人か反応があるかも・・。

〇 もし、「農家の人(またはその家族で)
お金について悩みがある人??」と呼び掛ければ、

「おっ、自分のこと言ってくれているよ!」
となる可能性があります・・。



西田さんは保険代理店のご出身。

地元佐賀で兼業農家のお祖父さんの
田植えを手伝うことがあったのだそう。
(が、お祖父さんは農家を辞めることに・・)

そこで西田さんは
「就農」を決意されるのですが、
いろいろあってそれは頓挫してしまいます。


ただ、真剣に「農業」をやろうと
思っていた西田さんは、

農業に関わるお金の事についても
徹底的に調べ上げ、
ひとつのことに気付きます。

それは、
『農家のお金に関する
横断的な情報が不足していたこと。』


必要(ニーズ)は
ビジネスの母ですが、


こちらから、
独自の切り口で
明確に呼び掛けを行わないと、

必要(ニーズ)がある当の本人も
なかなか気付かないものなのです。


ouen_man.png


たとえば、
西田さんの上記ブログでは、

農業を副業として提案している、
農家にもメリット!?これからの働き方と農業との関わり方とは」という記事や、

農家特有のPL(損益計算書)
BS(貸借対照表)の状況に着目した、

農家の年収は低くても貯蓄は平均より多い!?その真実とは」という記事がありますが、

いずれも農業専門FPらしい
切り口だと思いませんか?


また、プロフィール欄での以下の
文章が明確で心を打ちます。

以下、引用)

特にこれからの農業を担っていく
若手農家さんの活気と
日本の農業が発展していく
きっかけ作りやお手伝いに

微力ながら繋がれば
こんなに幸せなことはありません。

そして農家の皆さんに
このブログを通して
「実りある豊かな人生」を送って頂く事を
私のミッションとしております。

引用、終わり)



このように
さまざまな個性を持った
ファイナンシャルプランナーが
切磋琢磨することで、

たくさんの人が持っている
細やかな『潜在ニーズ』を、
しっかり掘り起こすことができるのではないかと
わたしは思います。

追記)

ちなみに西田さんは1990年のお生まれです(若い!)
農家の家計簿

あ




| わたしのFP修行 | 18:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インタビュアーとして大切な3つのこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、『つみたてNISAフェスティバル2019』で
遠藤金融庁長官にインタビューさせていただきました。

わたしはインタビュアーとして大切なことは
3つあると考えています。


interview_kid_adult_woman.png

1.事前のリサーチ


あらゆる手段を用い、
事前にその人物(登壇者)を知っておくこと。
これ、とっても大事です。

私人だと情報の量は限られますが、
公人で、しかも有名な方ですと、
(このネット社会ですから、)
情報はいくらでも事前収集できます。

今回、わたしは
ネット上で長官の発言を逐一フォローしつつ、
30分のインタビューのために
本を1冊読みました(^^)





たくさん情報を入れておくと
その『人物』に対する好奇心が高まり、
それが『よい質問』につながります。


(わたしは)インタビューとは、
知的好奇心を用いた
相手(ゲスト)の気持ちの引き出し作業。
と考えています。



2.5分でもいいから本番の前に雑談


事前に『登壇者』と5分でもいいから
話をしておくことがとても重要です。

今回のケースはなんといっても
金融庁長官ですから、

担当者に無理を言って
事前の打ち合わせの時間(10分位)を
設けていただきました。

要は前もって
「話し慣れ」しておくということ・・。



3.複数の「波乗り」ルートを用意しておく


インタビューとは、
「質問」⇒「答え」「質問」⇒「答え」の
積み重ねでコンテンツが形成されます。

言うまでもなく『ゲスト』の方が
主人公ですから、

自分の言いたいことを気持ちよく話され、
心の奥に秘めていることまで
外にさらけ出していただけたら、

(インタビューとしては)成功なわけです。


「質問」は起点ですが、
どんな「答え」がどんな「順序」で
飛び出してくるか分かりません。

(インタビューは文字通り「生モノ」ですから!)

ですので
最初からがちがちに「シナリオ」を
決めてしまわないほうがよいのです。


こんなふうに考えてみましょう・・。

『ゲスト』は?


srufing_man.png

波乗りです!


『インタビュアー』は?

よい波を(縁の下で)作る人!


インタビュアーの役割は、
ゲストにできるだけ気持ちよく
『乗ってもらうこと。』

(これに尽きます。)


話の進み方などは読み切れないので、

インタビュアーは
事前に複数の『波乗り』ルートを
用意しておくことが肝要なのです。


そのためにはやはり、

(1.に戻りますが、)
事前にできるだけ多くの情報
仕入れておくことが重要!


また、ゲストから
普段なかなか聞けないような話を引き出すために、

インタビュアーは少しだけ、
ほんの少しだけ、
『キツイ目の波』を用意する必要があります。

これはまさに
数秒間の「掛け合い」みたいなものですが
相手が息継ぎをしている間に、

(よい意味で)
畳みかけるような質問
= ほんの少しだけキツイ目の波 を
投げられるかどうか・・・。


daidougei_juggling1.png


最後に、

「カンさん、
司会とかインタビューとか専門じゃないのに
よくこなされますね。」


と言われることがあります。

わたしの本業は、
資産運用のコンサルティングですが、

コンサルティング業務も
インタビューも、
(実は)根底の部分は同じです。


その「エッセンス」は?


1.場を仕切って
2.よい質問を繰り返すこと なのです。

あ




| わたしのFP修行 | 13:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ときめく部分を大事にしながら、資産のシンプル化を図るのがわたしの仕事です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

このブログを読んでいる人の中には、

「(仮に)
このカン・チュンドなる者に相談したら、
もう身ぐるみ(資産)すべて
インデックスファンドにされそうで怖い!


と感じている人が
(もしかすると)いるかもしれません。


・・ダイジョウブですよ。

わたしは
インデックス投資の原理主義者ではありません。

(どちらかというと)
シンプル投資の信奉者です(^^;



お部屋のお片付けもそうですが、
本当に必要なモノだけに囲まれていると、
気持ちがスウーッと落ち着くじゃないですか。

あの感覚を
『資産管理』でも実践してみませんか?
というアプローチなのです。


ですから、
近藤麻理恵さんの
「人生がときめく片づけ・・」ではないですが、

自分の資産の中で
ときめく』部分があってもよいと思うのです。


joy.jpg


(以下「コンサルティング専科」内で
よくあるケースなのですが・・。)

インデックスファンドにプラスして、
〇 株主優待の「株式」を持つ。


これはけっこう多いですね。
電鉄株、衣食関係。あと、航空会社も。

実利がありますから、
こういう「株式」は
割合が高くなってしまわない限り
持っていてよいと思います。


〇 自社株(持ち株会)


ご相談の中では、

「カンさん、持ち株会に入っていないと、
社内での立場が微妙になっちゃうんです・・」


という人もおられます。

この場合、月数千円でも
自社株を積み立てし続けることが
けっこう重要らしい。

(ただし、今まで積み上がった株数については
極力「売却」をお勧めしていますが・・)


〇 アクティブファンド


自身が「ときめく」「共感できる」
アクティブファンドをお持ちの人もいるでしょう。

こちらも
トータルの運用資産内でのバランスが重要。

たとえば、

日本株式  10%
先進国株式 70%
新興国株式 20%


という資産配分を目指す人がいるとしましょう。


「アクティブファンド」も併せて
ぜひ持ち続けたい、ということで、
実際に、


日本株式          10%
先進国株式(インデックス)50%
      (アクティブ) 20%

新興国株式(インデックス)15%
      (アクティブ)  5%


という
資産構成(ポートフォリオ)になったお客様が
当オフィスでもおられます。


pie-chart.png


〇 金(ゴールド)


ゴールドに「ときめく」人は
特に女性に多いですね。

ただし、ゴールドとは、
「物事が
うまく行かなかった場合の保険」
ですから、


こちらも、
【トータル資産の中でのバランス】が重要だと思います。


ゴールドの専門家の豊島逸夫さんも、
金の保有割合は
資産の10%でよいとおっしゃっていますよ。

ともかく、
資産のシンプル化と云っても、
その中身は
『一様』ではなく『多様』なのです。

(一人ひとりの「想い」が多様ですから・・(^^;

あ




| わたしのFP修行 | 13:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

広島のファイナンシャルプランナー、佐々木裕平さん


佐々木さんのことを
はじめて知った時、

こう、なんだか
背筋が伸びるような思いがしました。

直球ど真ん中、
主張が真っすぐで、どこか清々しいのです。


広島のファイナンシャルプランナー
佐々木裕平さんのサイトを見ると、
しっかり金融教育に
立脚していることが分かります。

何しろオフィスの名が
金融教育研究所』ですから(^^;


金融教育研究所


以下、引用です。

『金融教育研究所の目指す姿』

合理的な理論と健全な資産形成を

資産運用という
不安と期待の入り混じる課題に
きちんと向き合えるよう、
日々、最新の情報を入手し、

研鑽に努め、
あなたの資産形成の知識をサポートします。

引用、終わり)


どうですか、
直球ど真ん中でしょう?


資産形成に関して
【本当に大切なこと】を、
【愚直にお伝えする】という姿勢が
にじみ出ています。

すでに書籍もたくさん出しておられており、
わたしはこちらの本を読みました。






また、サイト内
こちらのページには
次のような記述があります。

以下、引用)

インデックス投資は次のような特徴があります。

掘り出し物を探す必要がない
値段・値動きがわかりやすい
買い時と売り時に悩むことがない

短期的に売買しない
ハラハラドキドキしなくて済む
長期投資・分散投資ができる

個人の才覚は運用結果と無関係
(拡大を続ける世界の成長と連動するからです)

引用、終わり)



わたしは、
個人の才覚は運用結果と無関係
という言葉が好きです。

これぞインデックス投資の特徴ですから!
金融教育研究所】(サイト)

あ




| わたしのFP修行 | 18:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンさん、IFAの人って、金融機関に属さない中立的な立場なんですか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

個別相談業務をしていますと、

「以前、IFAさんに相談したことがあります。」


というお客様に遭遇します。

(累計でいうと20名様近いのでは・・)

IFAとは、
Independent Financial Advisor の略です。

(日本語的には、
独立系・フィナンシャル・アドバイザー)


また、すでにIFAの存在をご存じで、
「カンさん、IFAの人ってどうなんでしょう?」
とご質問をいただく場合もあります。

より具体的には、

「IFAの方って、
本当に金融機関に属さず、中立的な立場なんですか?」


という質問です・・。

(実は)↑つい先週、いただきました(^^;


illust14.gif


わたしは個々の『ビジネスの形』を、
あれこれ批判するつもりはありません。
(また、その資格もありません・・)

ただ、

IFA業者 =
「金融機関に属さない」というのは、
少々違和感を覚えます。


もちろん、IFAの人は
たとえば、楽天証券の社員ではありません。

しかし、
IFA = 金融仲介業者ですから、

それぞれが所属されている、
証券会社 = 【金融商品取引業者】が
存在します。

これを
【所属金融商品取引業者】と云います。



(あくまで
わたくし個人が見聞きした印象ですが、)

IFA業者は
金融仲介業者として、

複数の証券会社(金融商品取引業者)と
【業務委託契約】を
結んでいるところが多いようです。


もっとも多いのが、
―これもあくまで、
わたくしの個人的な印象に過ぎませんが、―

 【所属金融商品取引業者等】
SBI証券
楽天証券


のパターンだと思われます。


たとえば、
IFAのお客様が
投資信託等の購入をする際、

IFA業者さんが
顧客の『取引』を、

証券会社
(=所属の金融商品取引業者)に
仲介することになります。

当然、
IFAさんは
金融機関から
手数料(コミッション)を受け取ることになるわけです。


commission.png


ところで、
こういう『アドバイザー』の形態って
海外ではどうなっているのでしょう。

実は米国での
「資産運用アドバイザー」の主流は、

もはやIFA
Independent Financial Advisor ではありません。

RIA
Registered Investment Advisor なのです。

RIAって?

全米各州で登録する
「登録投資アドバイザー」のことです。



アルファベットばかりになって
恐縮なのですが(^^;

IFAとRIAはいったい何が違うのでしょう?



RIAは基本
金融商品の仲介で
手数料(コミッション)を得ることはありません。

RIAは
顧客からのサービス料金
(日本語的には、資産管理料、投資助言料)で、
生計を立てているアドバイザーのことなのです。


この、
顧客から得るサービス料金のことを
(フィー)と呼びます。


蛇足なのですが、

楽天証券のサイトページ
IFAを目指す方へ」では、


楽天

のように、

IFAが
RIAとよく似た
アドバイザーの形態だと、
誤解を招きかねない説明が為されています。


実は資産運用業界では古くから
論争』があります。

あなたのアドバイザーは
金融商品を組成、または販売している
金融機関から『収入』を得ていますか?

それとも、
顧客から直接『収入』を得ていますか?


これっていったいどっちが良いの?
という類の【論争】です。


実は、
アメリカ、イギリス、オランダ、
オーストラリアなどでは、

金融機関からの『収入』(コミッション)ではなく
顧客から直接『収入』(フィー)を得ている、

いわゆる
フィーベースの『アドバイザー』に
主流が移行しています。



この理由を、
ちょっと『消費者目線』で考えてみませんか。


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


仮に
金融商品の取引を【仲介】してしまうと、

〇 どれくらいのボリュームで
顧客に金融商品を買ってもらったか。

〇 手数料収入が少ない金融商品を
顧客に買ったもらったのか、
それとも、手数料収入が多い金融商品を
買ってもらえたのか。

これらにより、
アドバイザーの【収入】が
如実に違ってくるわけです。



そうするとアドバイザーは、

〇 顧客の最善の利益と
〇 自らの収入の多寡という、

とても悩ましい
天秤(てんびん)』を
魂の内に抱えてしまうことになります。


天秤


単純な話、

仮に期待リターンが同程度の

Aファンド(運用管理費用 0.4%
Bファンド(運用管理費用 1.5%)の
投資信託があった場合、

顧客の負担する
「けいぞくコスト」が安いのは
Aファンドですが、

それを推奨すると、
アドバイザーの収入は
(Bファンドを勧めた場合に比べて)
減ってしまうわけです・・。

そうすると、
利益相反
Conflicts of interest (COI)に陥る可能性が
出てきます。



海外の一部の国で、
フィーベースの『アドバイザー』に
主流が移行しているのは、

もちろん、
監督官庁の後押しもありますが、

シンプルに、
数多の消費者の
【選択】の結果に過ぎません。

いつでも
新たなニーズを創るのは
消費者自身なのです・・。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  今年のお悩みは・今年のうちに!
┣┳┳┏┻┃   2018 冬の西日本
┃┃┃┗┳┛  【出張・コンサルティングの旅】♪
┗┻┻┫┃    【名古屋】【満席御礼】
…… ┃┃     【大阪】 12月24日、25日、26日(残2)
…… ┃┃     【広島】 12月27日【満席御礼】
…… ┗┛     【福岡】 12月28日、29日(残2)




| わたしのFP修行 | 17:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT