2004年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

通貨の価値について


【お知らせ】

来週はセミナー(東京)、香港出張 のため
コラム 金財茶房 はお休みさせていただきます。
悪しからずご了解くださいませ。

こんにちは、カン・チュンド です。

私たちはふつう、
「今日買えるモノは 明日も(同じように)買える」
と思います。

ところがある朝、
スーパーに買い物に行くと

■ 今まで買えていた品物が
(お金が足りなくて)まったく買えなくなっている・・。

こんな事態になったら、
皆さんはどうしますか?

(んー、そもそもこういう状態、
 想像できますでしょうか・・?)

上記は(単に)
モノの値段 が上がったわけではありません。

お金(通貨)の【価値】が
急に下がってしまったために、

(結果として)
モノの値段 が跳ね上がったのです。
??

つまり、あなたの財布には
たくさんの紙幣があるけれど、
その 価値 は日に日に目減りしている状態・・。

私たちは(たまたま)
このような「お金の価値変動」を
経験していませんが、

(例えば)南米ペルー では
短い期間に 年金利1000パーセント に
なるような「ハイパーインフレ」を経験しています。

また、イギリスの通貨「ポンド」のように、
長い時間 をかけて ゆっくりゆっくり
その価値が減少してきた通貨もあります。

< だいじな基本 >
■ お金の価値は いつも同じではない・・。

特に お金(通貨)が
金(ゴールド)の「裏付け」を失って以来、
お金 は【揺れ動く資産】として認識されています。

その国の政治、経済、
将来性などの「長期的要因」
また利ざやを求めて売り買いされる
「投機的要因」などにより、

お金(通貨)の【価値】は
日々変動しているのです。
(もはや 債券 や 株式 と同じ!?)

(例えば)最近は 資源 を有している
 国の通貨が高いですね。

オーストラリアドル
(アメリカドル に対して・・過去2年)
カナダドル
(アメリカドル に対して・・過去2年)

今後(長期的に見て)
【資源】に対する 需要 が増加することが考えられます。
(中国 や インド の人たちが
豊かになっていくさまを想像してみてください・・)

その結果、【資源】を有する
オーストラリア や カナダの
「通貨」に対する需要が増す 

→(その国の)お金の価値が上昇する、
  ということなのです。

そういう意味では
「ロシア ルーブル」も注目ですね。
(なにしろすごい石油の埋蔵量ですから・・)
・ロシア ルーブル
(アメリカドル に対して・・過去2年)

ここ70年くらいは、
アメリカドル が世界の「基軸通貨」でした。

(未だに)世界貿易の約半分は
「USD建て決済」なのです。

自分のところのお金より
USDを信用している人たちはたくさん居ます。

■ 実は アメリカ国内にある ドル紙幣 より、
  海外にある ドル紙幣 の方が多いのです・・。

また、表に出てこないお金
(地下経済のお金)の相当部分も
USD で保有されているでしょう。
(それが「基軸通貨」というもの・・)

しかし、この USD支配 も
大きな「転機」を迎えているのではないでしょうか?

今後、世界は 一極パワー から、
多極的なパワーオブバランスの時代 に
移行していきます。
(ユーロの上昇はその兆候では・・?)

これから USD が
(相対的に)安くなっていけば、
世界の多くの人が「損」をしてしまいますね。

(それに USD が安くなることに、
アメリカ自身がメリットを感じている部分もあり・・)

そうした【不安】を感じて、
政府 や 企業 (一介の個人までも)が
ドル以外の 外貨保有割合 を増やしているのです。

もはや世界の通貨は
USD という「窓」から覗けばよい、
という単純な図式ではなくなりつつあります。

ひとつだけはっきりしていることは、
「弱い国の 通貨 を持つと損をする」
ということです・・。



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボールゲームと経済について


こんにちは、カン・チュンド です。

日本シリーズ が終わると、
もう秋だな と思ってしまいます(笑)

わたしは プロ野球 が好きです。
小学校5年の時、
友達と一緒に西宮球場へ行き
「阪急 VS 近鉄」を観ました。

甲子園球場では
ラインバック選手のホームランも観ました。
(もちろんライトスタンドで!)

野球場は円状の大きな「舞台」であり、
そこでは 興奮 や 熱気 が自然に孵化されます。
(まさに少年に帰ったような感覚・・)

さて、日本ではプロ野球こそが
「娯楽の王様」であり、
(文字通り)長期間 君臨 してきました。

今、プロ野球の再編問題が
大詰めを迎えていますが
(12球団にしろ、10球団にしろ)、

わたしは「果たしてこれからやっていけるのか?」
という 不安 を感じます。

(例えば)今までプロ野球人気を
支えてきたのは誰でしょうか?
答え) 40代以上の男性 です。

(当たり前の話ですが)
40代以上の男性 諸氏は、
年々年老いていきます。

わたしは今36歳なのですが、
わたしの世代がちょうど
「分岐点」になっているのではないでしょうか?

わたし「Aさん(36歳)は 野球 好きですか?」
Aさん「いやあ、ぼくは野球にはあんまり興味ないんですよ・・」

わたし「へえ~、そういう人もいるんだ」
    という 感想 です。

ところが、これが 20代 になると
「プロ野球? あんまり観ないですね・・」
が 普通 になり、

10代 になると、
「ぼくって 野球 やったことないです」
という セリフ が聞かれるようになります。

プロ野球も立派な「ビジネス」です。
とすれば、
将来のお客様 を見据えないといけません。

野球ビジネスの今後を担う
お客様(若い世代)は、
まず 野球 というものを「絶対視」しません。

「あっそう。ひとつのスポーツだよね」
(それはそうです)

サッカーもあれば、スケボーもあり、
ゲームボーイもあれば、
インターネット小説もある世の中なのですから・・。

娯楽を巡る 競争 は激しく、
かつ将来のお客様(若い世代)
人口 は年々減っています。

はっきりしていること)
今、娯楽の「王様」として君臨している椅子は、
すでにきしみ始めているのです・・。

■ しかし、人はその椅子に
いつまでも座れると思っています。

この 座り場所 は
いつまでも変わらないと錯覚します。

今まで確かだったことは、
これから先も(同じように)確かであると
思ってしまうのですね。

今までの「成功」が、
サッカー(中国)や、
スケボー(LG)や
ゲームボーイ(インドのソフト産業)の
【存在】を見えにくくしているのではないでしょうか?

(仮に)テレビ欄から プロ野球中継 がなくなれば
どうなるのでしょうか?

答え)
それに代わる番組が 登場するだけです。

(野球に興味がない方はテレビの前で
ず~っと思っていましたよね。
「どうして 野球ばっかりなのよ!!」と・・)

テレビ にも、
経済 にも「代わり」はいくらでもいるのです。

もしかすると、
野球マニアのために2015年時点では
ケーブルテレビ214チャンネルで、
細々と有料中継が 行われているかもしれません・・。



関連記事

| 個人的に思うこと | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴッホはなぜ、耳を削ぎ落としたのか?


こんにちは、カン・チュンド です。

(念のため)上記標題 は、
わたしが思いついたものではありません。

(たしか)村上龍 氏 の
小説の中で使われていた言葉です。

実は最近、
ゴッホの画集を読み返しています。
きのう目に留まったのは
耳を切った自画像」です。
Self-Portrait with Bandaged Ear

彼の 自画像 を見つめながら、
「ゴッホはなぜ、耳を削ぎ落としたのか?」

という問いに対する
「答え」がふと浮かびました。

ゴッホ は「 耳(聴覚)なんて必要ない・・」
と、無意識に思っていたのではないか、と。

(彼は目を突いたのではなく、
 耳を削ぎ落としたのです・・)

耳(聴覚)を遮断することで、
目(視覚)= (絵を描くことの)感性 を
研ぎ澄ませたかったのではないか、
というのがわたしの邪推です。

まあ、今お話したこと自体、
一種異様な 想像 ですよね。

この 耳の事件 をはじめとして、
ゴッホ には(なぜだか)狂気の画家
というイメージがつきまといます。

黒澤 明 監督 の「夢」で描かれていた ゴッホ も、
ブツブツわけのわからないことを言いながら、
一心不乱に 筆 を動かしている人でした。

(ちなみにゴッホ役は
 アメリカの映画監督 マーティン・スコセッシ・・)

(確かに)絵を描いている最中の彼は
(一種)狂気の状態 であったかもしれませんが、

その前段階、つまり、
絵を描くに至る「プロセス」の段階では、
実に 緻密で、論理的な思考を行っていたと
わたしは思うのです。

それは 弟のテオ に宛てた
数多くの「手紙」を読めばわかります。
ゴッホの手紙(中)(下)(岩波文庫)

ゴッホは、これから描こうとする
絵の「コンセプト」について
弟に語り掛けます。

「自分がなぜ、
 この風景を、この人を描きたいのか・・?」

「わたしが描きたいのは、
 この風景の ○○さ なんだよ・・」と。

彼は 弟テオ に手紙を書くことで、
絵を描くに至る 思考・戦略 について
自身を掘り下げ、

また、絵を描くことの「必要性」を
再確認していたのだとわたしは思うのです。

描写の『手法』についても、
ゴッホ は事細かに語っています。 

(自分の中で)たったひとつ追い求めている
「赤」の具体的なイメージ、

そこに至るための 絵の具の重ね方 について、
あるいは、一本の「木」の、
具象の仕方 と その意味付け について・・。

ゴッホ は、弟テオ に語りかけることで、
己の漠然としたイメージを、
具体的な【作品】に
昇華させていったと思うのです。

■ そういう意味で、
  ゴッホの 絵 は 弟テオ との 合作 です。

わたしは、ゴッホという芸術家は
(その本質のところでは)
非常に鋭利な 分析能力 を備えた人物だったと推察します。

そんな彼が、自らの耳を削ぎ落とし、
(結果として)

聴覚という 感覚 を拒否しながら、
ひたすら絵を描き続けていた姿を想像すると、
ちょっと胸が痛くなってしまいます・・。

ともかく、画家は 絵 によって
人生を語る者ですから、

ご興味ある方はぜひ
ゴッホの世界 に触れてみてください。

では皆さん、よい週末を!



関連記事

| 個人的に思うこと | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お待ちどうさま! 確定拠出年金「個人型」です。

こんにちは、カン・チュンド です。

自営業者の皆さん、お元気ですか?
ところで皆さんは、国民年金に上乗せできる
「国民年金基金」という制度をご存じでしょうか?

この制度の画期的なところは
(公的年金にしてはめずらしく?)

受給できる 年金額 が
「今の時点で確定している」ということです。

(保険会社さんがやっている
「個人年金保険」と似ていますね・・)

国民年金基金 は
「予定利率」が決まっているので、
65歳以降 毎月もらえる年金額が予めわかるのです。 

しかし、例えば今から30年後の
「5万円」という 年金額 に、

果たしてどれくらいの 価値 があるのかということは、
実は誰にもわかりません(苦笑)

(それは)長期の物価上昇
(インフレーション)によって
お金の価値 が目減りするという、
【歴史の習い】があるからです。

そこで 確定拠出年金
(日本版401K)【個人型】が登場します。

毎月の掛け金は 最高68,000円 で、
5,000円以上1,000円単位 で
受け付けてくれます。
(申し込み先は【国民年金基金連合会】です)

この制度では、皆さんがどの金融商品に、
どれだけの掛け金を委ねるのかを、
皆さん自身 が決めなければなりません。

(最終的に 受取額 がいくらになるのかも、
 皆さんの運用のしかた次第です・・)

■ そうです、
  確定拠出年金は 資産運用そのもの なのです。

また、確定拠出年金では皆さんの口座を
「個人単位」で管理するため、
各種手数料 がかかってきます。

したがって、この制度を利用して
「定期預金」のみを購入しても
あまり意味がありませんね。
(コスト倒れ になってしまいます・・)

さらに、皆さんの掛け金は(原則)
途中で引き出すことが出来ないしくみですから、

国から半ば「長期運用」を
強制されるようなものです。

強制 という言葉は好きではありませんが、
長期保有しやすい環境になっているのは
悪いことではないと思います。

さて、少し整理してみましょう。
皆さんは毎月一定の「掛け金」を拠出し、
金融商品 を継続して買い付けます。

積立金は(原則)
60歳 になるまで引き出せません。

まさに、コツコツ型の
長期運用のイメージ ですね。 

では、長い期間置いておけるお金 
= 長期運用 するのに
適した金融商品とは何なのでしょう? 

はい! ぜひ
「株式」を考慮に入れてください。 

リスク分散を考えるなら、
「投資信託」というカタチで保有してください。 

(そして、ここからが大切なのですが)

■「運用の全体像」がまず初めにあって、
(そして)ひとつのパーツとして
「確定拠出年金」を認識するようにしてください。

(確定拠出年金 が
 投資のすべてではないはずです・・)

それから、さまざまな「金融商品」を
どのように品揃えしているのかは
【各窓口】によって異なります。

窓口? はい、
(実は)皆さんの運用管理・記録関連の
「窓口」となる機関を
【運営管理機関】と呼んでいます。

(なんと、郵便局も
 【運営管理機関】のひとつです・・)

さて(ここ、重要なのですが)
実は皆さんは、

■ この【運営管理機関】も
  ご自身で決定しなければなりません。

この選択はたいへん重要です。
(どんな商品が買えるのかが、決まってきますから・・)

また、確定拠出型年金の最大のメリットは
「課税の繰り延べ」でしょう。

金融商品を毎月購入していって、
利益がいくら出ても、
60歳を過ぎて実際に
(年金として)お金を引き出すまでは、
税 が繰り延べされるのです。

つまり、成長した資産をそのままの大きさで
さらに育てることが可能になる、ということです・・。



関連記事

| 確定拠出年金 | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラスト・フロンティアとしての中国株式


こんにちは、カン・チュンド です。

24日(日)に
【歓迎! 中国株式ワールドへようこそ】を開催します。
注)セミナーです(笑)

さて基礎レッスンですが、
中国の会社は(その多くがまだ)国有企業 です。

(当然です、50年以上
「社会主義」をやっているのですから・・)

また中国では、国有(企業)、
民間(企業)というような
単純な「線引き」は存在しません。

ほとんどの会社に「行政府」の息が
かかっていると思っていいでしょう。
(当然です「社会主義」をやっているのですから・・)

国が所有する企業、省・市が所有する企業、
あるいは人民解放軍が所有する企業が、

「いちば」に上場し、
資金調達をしているのです。
(トヨタやインテルといった企業とは 訳 が違います・・)

じゃあ、中国株式 は危ないのかというと、
そうとは思いません。

中国という経済社会は、
アメリカともフランスとも
日本ともスウェーデンとも異なる、
「特異なカタチ」をしているのです。

わたしは(紆余曲折はありながらも)
中国が21世紀の成熟世界にとって、
「ラスト・フロンティア」になると思います。

セミナーでは中国株式の
「光と影」についてご説明するとともに、
最適な「投資スタイル」について
突っ込んだお話をさせていただきたいと考えています。

(ズバリ、鍵となるのは)
 香港 です。

今後、中国企業の「香港上場」は
ますます盛んになるでしょう。

「香港上場」には
適度なハードル がありますが、

■ 中国政府 は香港の「いちば」を
  貪欲に利用していくと思われます。
なぜなら、それが中国の【利益】になるからです。

具体例・・。
国有企業の 赤字問題)

再生可能な国有企業を上場させる。
(あるいはその子会社、事業部門を上場させる)
      ↓
 資金調達 をし、赤字部門を解消・分離させる。


国有銀行の 不良債権問題)
 公的資金 を注入。
    ↓
再生可能な銀行を上場させる。
(4大銀行はすべて香港市場に上場させるでしょう)

つまり、香港の「いちば」は
中国政府 にとって【命綱】である、ということ。
(そして中国政府は 中国企業の「大株主」なのです・・)

わたしは 香港市場 が
変貌していく「きっかけ」は、

1.人民元の切り上げ 
2.大陸中国の投資家への「香港市場」の解禁
  になると考えています。

さて最後に、

「中国は共産党一党独裁の国であり、
政治 が経済を動かしているので信用できない」
とお思いの方が多いようです。

が、もはや
「経済を発展させる」ことでしか、
人民(古い言い方ですが)を
掌握する術(すべ)はない・・。

このことを、
中国政府自身がいちばん理解しているのです。
(なんとも皮肉ですが・・)

■ 走り続けることは決まっています。
 問題はどう走るのか、ということなのです。

セミナーへの参加を心よりお待ちしています。



関連記事

| 投資的中国 | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グロース投資 VS バリュー投資


こんにちは、カン・チュンド です。

んー、今日は少々
マニアック になるかもしれません・・(笑)

(皆さんは意外に思われるかもしれませんが)

「成長株式」に投資をしたとしても、
「バリュー株式」に投資するのに比べて、
低いリターン(収益)しか期待できません。

それは なぜ なのか?
勢いがあり、成長性の高い
(グロース型)会社 に投資しているのに、

■ なぜ、疲れ果てている会社、
株価が割安に放置されている会社

(バリュー型)に投資するよりも
(全般的に)成績 が劣るのか?
(この問題、なかなか奥が深いのです・・)

例えば・・、
先述しましたが(世の中には)
行動ファイナンス と呼ばれる学問があります。

その専門家(A専門家)は、
・投資家は 成長株式 に
 お金を払いすぎている(高く買っている)
 と見なします。

そして、
・割安(バリュー)株式 には
 お金をあまり払っていない(安く買っている)
 と見ます。

なぜこんな 違い が生じるかというと、
【いちば】というところは
「不完全な場所」であり、

■ 株式の値段(株価)は
  そもそも間違って導かれていると
(A専門家は)考えるからです・・。

つまり「いちば」の 変則性 ですね。

この 変則性 は
アノマリー( anomaly )と呼ばれています。

株式市場では アノマリー(変則性)が
一定度存在することが広く知られています。

さて、もし皆さんがある時、

成長株式 を高く買い、
割安(バリュー)株式 を安く買っていることに
気付いたとしたら、どうでしょうか?

そこには(おそらく)
裁定 が働くのではないでしょうか?
??

つまり、高い株式(成長株式)を売って、
安い株式(バリュー株式)を買おうとする【行動】です。
(これを 裁定取引 arbitrage と呼んでいます)

この 裁定 が働くことで、
成長株式 も 割安株式 も「正味価値」に近づく、
というわけです。

つまり、

⇒ 成長株式 の期待リターン と、
  割安株式 の 期待リターン が
  限りなく近づいていく、ということ。

が、しかし(現実には)
この 裁定 はうまく働いていません。

なぜなら多くの投資家が、

■ 成長株式 こそ、期待リターン が高く、
  割安(バリュー)株式 は 期待リターン が低い と
 「思い込んで」いるからです(ここ、重要!)

わたしはお客様に常々申し上げています。

■ 成長性の高い 株式 と
  投資妙味のある 株式 は
 (まったく)別物 ですよ、と。

さて、もう一方の専門家
(B専門家) はこう考えます。

「いちば には
(そもそも)裁定 が働く余地はない。
いちば は効率的なのだから・・」

割安(バリュー)株式 の方が 成長株式 より、
期待リターンが高い
(プレミアムのリターンが存在する)としても、

それは、毎年規則的に実現されるものではない。
(なぜなら、いちば は効率的だから。
 ⇒ 予測は不可能・・)

(逆に)成長株式 の方が、
割安(バリュー)株式 よりも
高い収益を残している時期が存在するではないか!
(例えば、90年代のアメリカ市場・・)

(ようやく?)わたしの結論 ですが、
成長株式と 割安(バリュー)株式の
リターンの「差」は 明らかに存在します。

■ 長期の歴史データをひも解けば、
  バリュー株式 の結果リターンが
  成長株式 の結果リターン を上回っています。

「効率的市場仮説」で有名な
シカゴ大学のファーマ教授は、次のように云っています。


株式市場には、
さまざまなリスクが存在する。

いちばん基礎にあるのは
「市場リスク」そのもの。

もしあなたが、市場自体が提供する
「収益」を超えるリターンを獲得したいのなら、

「市場リスク」プラスアルファの
リスク を引き受けなければならない・・。

(例えば)あなたが
バリュー株式 に投資をすれば、
「市場リスク」+ バリュー株式「固有のリスク」
を引き受けることになりますね?

上の式 を見ると、
私たちは(バリュー株式に投資することで)
より高い【価格変動のブレ】を

引き受けなければならないと思ってしまいますが、
(価格変動のブレ の大きさ = 「リスク」の大きさ)

実際には、
バリュー株式 に投資することによる
リスクの大きさ(標準偏差)は、

成長株式 に投資することによる
リスクの大きさ(標準偏差)より
小さくなるのです・・。
(ここ、ポイント!)

これ、ここだけの秘密ですよ(笑)

※ グロース投資
企業の利益成長に重きを置いて投資する手法。

※ バリュー投資
企業の「正味価値」に対して割安なものに投資する手法。



関連記事

| 投資の発想法 | 11:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT