FC2ブログ

2005年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

何がこれからのビジネス(産業)になるのか?


こんにちは、カン・チュンド です。

(突然ですが)オーストラリアの大学では、
サーフィンの学位を取れるコースがあるらしいです。
その名も Surf Science and Technology

サーフィン学科の「目的」として、

ファッション や 観光 とリンクさせて、
世界的な産業に発展しつつある
「サーフィン」を総合的に学ぶこと
と謳っています。

(かっこいい・・)

「うそだあー」と思われる方は、
西オーストラリア州立 エディス・コーワン大学 に
アクセスしてみてください。
Edith Cowan University

この大学はまさしく、
サーフィン を【学問】として捉えています。
(知的好奇心をくすぐられますね・・)

1年次には、
海洋学、気象学、経営学 などを学び、

2年次になると サーフィン用具の製作や、
競技会、イベントの運営
といった専門的分野に進んでいきます。

3年次には 卒論テーマ を見つけ、
掘り下げていく作業に移行します。

(オーストラリアの大学は
 たいていが3年制なので・・)

サーフィンは 海 を相手にするスポーツ
(ビジネス?)ですから
理科系に強くないといけません。

また、ビジネスの観点から
財務 や マーケティング についても学びます。

(つまりサーフィンを起点に
「ビジネス発想」を養っていくということ・・)

考えてみれば、
何が これからの ビジネス(産業)になるのか、
つまり、何が 生活者のニーズ に叶うのかは、

会社 が決めるわけでも、
大学の教授 が決めるわけでも、
シンクタンク が決めるわけでもありません(笑)

生活者のニーズ というものは
「湧き水」の如くそこかしこに潜在し、

見ようとする人には
見えてくるものなのですね。

スポーツ、
健康(ヘルス・サイエンス)といった分野は、

今後 人間にとって「娯楽・消費活動」
という 側面 を持ってくるとわたしは思います。
(健康、身体的な爽快感 にお金をかけるということ・・)

◆ 人間の 嗜好 が変われば ビジネス も変わる
◆ 新たな 技術や出来事 が ビジネス を変える

「えっ、そんなことが商売になるの!?」
と友人に怪訝な顔をされても、
まったく気にする必要はありません。

商売になるかならないかは
「消費者」が決めることです。

(人は何十年、何百年と“変化”を
 求めて生きてきたのですから・・)

昔のセオリーにしがみついて、
昔の遺産で本日のご飯を食べているような輩に、

「半歩先のニーズを汲み取ろう」という
投資の精神 が湧くはずがないじゃないですか。

ホームページ上で、
小さな事務所で、
一軒のレストランで、

他者にマネの出来ない
【付加価値】を創造できれば、
それは立派な ビジネス になり得るのです。

人類はほんとうに長い時間をかけて、
資本 を持たない 一介の生活者 に
「起業」という道を開いたのですね。

やはり
「おもしろい時代が来たなあ」
と感じてしまいます、しみじみと・・。



関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 16:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |