2005年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2000年前が透けて見えるインドという国


こんにちは、カン・チュンド です。

「インドに行ったことがあります」というと、
決まって「人生観とか 変わりました?」と訊かれますが、
そんなの 簡単には変わりません(笑)

わたしの場合20代の前半に、
北部インド に3ヶ月余り滞在しました。

これくらいの間 異国に(しかも同じ国にいると、)
(何というか)体 が 国 に馴染んできます。

例えば、朝 早く起きるようになります。
ターリーと呼ばれる定食を手で食し、天を仰ぎます。
(触感で 食べ物 を味わえるというのは すごい贅沢・・)

そして ご飯を食べ終えると、右手で歯を磨きます。
( ↑ インド人にはこの習慣があるため、
虫歯になる人がほとんどいないそうです)

意外に思われるかもしれませんが、
「旅の感動」というのは
その 発露の期間 が案外短いものです・・。

なぜなら人は「異環境」に
驚くほど早く適応してしまうからです。
フムフム。

適応を果たした若者は 毎朝 ひとりの在住者 として、
チャーイ屋に行きます。

「イク チャーイ ディジエ」
(チャイを一杯 ください・・)

不思議ですね。
10年以上経った今も、
使っていた言葉は 覚えているものです。

(チャーイとは インド式の紅茶。
ミルクと砂糖が入っていてとても美味しい)

ところで、
インド人の声が大きい というのは本当です。

例えば ふたりの男が言い合いをしていても、
それは 喧嘩 ではありません。
(純粋な 自己主張 なのです・・)

そして、インドといえば 牛 ですね。
牛の瞳 は 人間のそれに近くて、
時々 人以上に憂いを帯びた表情を浮かべたりします。

地元の人は牛が寄ってくると
たらい で牛のお尻を叩いていました(ホントです)

(わたしは 牛の角で ひっくり返されたことがあります。
頭に大きなコブができました・・)

(インドに居るとき)

わたしは主にバスで移動していたのですが、
ある小さな町の停留所近くに、
掃除 をしている人達がいました。

身につけている衣服は粗末なもので、
ほこり(というかゴミと一緒に)
生活しているようでした。

身分の低いカースト に
属する人達ではなかろうか、
と思いました。

カーストについては 海辺の町 プリー で
こんな話を聞きました。
わたしが通っていた食堂で働く若者が、

「海辺に向かう道から逸れた、
雑木林の近くに住んでるやつら、
あれは 俺たちとは違うんだ。
話すことばも違ってるんだから・・」

と言っていました。

カーストは、長きにわたって
インドという社会に根付いてきた
悪しき文化ですから、
これを一掃するのはたいへんなことだと思います。

また 都市部へ行きますと
(まさしく)人の渦 というものに
何度も巻き込まれました。

貧しき人も、権力を持つ人も
世を捨てた人も、

どんな人であろうと、
彼ら/彼女ら は 悠然 と構え、
「わたしは わたしよ!」
という 気概 を持って佇んでいました。

インドという国では、
「過去の時間が光のように
真っ直ぐ伸びて 現在に至っています」

・・まあ、今 お話したのは
  14年も前の「インドの印象」です。
物事の「土台」は 大きく変わっているでしょう。

わたしは 再び かの地 に赴き、
「変化」という ダイナミズム を味わってみたいと思います。

かの地 は21世紀中に、
世界最大の 消費地(マーケット)になっているはずですから・・。

今度は運用者という視点で、
インド亜大陸を見てみたいのです。



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 06:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インデックスファンド を選び提案する能力

こんにちは、カン・チュンド です。

「カンさんは、いったい何の専門家なのですか?」
と訊かれれば、
「資産運用の専門家です」と胸を張って答えてきました。

今・まで・は (苦笑)

皆さんは2005年9月現在、
この国にどれくらいの
資産運用の専門家がいると思われますか?

??
(実は)わたしも知りません。
(でも、たくさん居ることだけは確かです 笑)

その渦の中に「どうもどうも」と入っていき、
専従者1名の 晋陽FP事務所 が 愛想 を振りまいても、
すぐに埋没してしまう可能性が 大 です。

(んー、健全なる危機感 ですね)
もっとわたしらしさ、
晋陽FP事務所らしさ を追求しなければなりません。

「カンさんは、何の専門家なのですか?」と訊かれれば、
本日から「わたしはインデックス運用の専門家です!」
と答えます!

(そうです、わたしは
 インデックス運用アドバイザー です)

今現在、公募 で設定されているファンドのうち、
(バランス型、業種型などを除いた)
インデックスファンド は
220くらいしかありません。

(これでも随分増えたのですが・・)
インデックス運用を
投資の道具 として採用する とは、

株式なり、債券なり、
投資の対象 を【大枠】で捉える
ということです。

ざっくり言うと、「国・地域」ごと、
あるいは「いちば」ごとで
投資対象 を捉えることです。

例えば、
日本の「いちば」に投資し、それから 世界の、
先進国群の「いちば」にも 同じくらい投資をしよう!」
という イメージ ですね。

(シンプルかつ、分かりやすいでしょ?)

◆ インデックス運用 はしたがって、
(自然と)グローバルな分散投資 になります。
(ここ、重要 ↑)

晋陽FP事務所では、
販売会社の系列に囚われることなく、
国内外の200を越す インデックスファンド の中から

独自の「評価方法」を用いて、
お客様に 最適のファンド群 をご提案いたします。

(もちろんその前提として、
運用の設計図作り = ポートフォリオ構築作業 があります・・)

また、香港BOOM証券 に口座を開設されることで、
アメリカ・香港・オーストラリア等に上場するETF
(上場型インデックスファンド)を
選択肢 に加えることも可能になります。

(その数は 300 を超えます)

インデックス運用 を投資戦略の 核 に据えるのは、
晋陽FP事務所の【ミッション】が
 シンプルで継続しやすい
「資産運用」を啓蒙すること。

にあるからです。

では シンプルで継続しやすい資産運用 って
どんなものなのでしょう?

それは、

・短い時間の中で一喜一憂せず、
・お仕事に、ご家族に、また趣味や生きがいのために
 時間を割いていただき、
・無理なく始められ、無理なく続けられる
・シンプルかつ、合理的な

 運用スタイル を指します。
 
そして、
この運用スタイル を実践する上で
欠かせないのが インデックスファンド という
【道具】なのですね。

上記ポリシーにご興味がある方、
また共感していただける方はぜひ、

晋陽のセミナーに参加してみてください。
またコンサルティングを受けてみてください(笑)



関連記事

| インデックス投資全般 | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お金持ちになった後のことを、考えてみてください


こんにちは、カン・チュンド です。

(今日はふつうのコラムです・・) 

さて、本日は皆さんに
アメリカのファイナンシャルプランナー
がこぞって読んでいる?

「Journal Of Financial planning」の記事を
ご紹介しましょう。

■ 富を増やすことは 安心 と 幸福 をもたらす。
なるほど、↑ 一般にはそう思われていますね・・。

しかし、大手資産運用会社PNCアドバイザーが行った
アメリカの富裕層 に対する「調査」によると、
必ずしもそうとは言い切れないようです。

注意)回答者の60%が
(ナント)投資資産100万ドル(約1億1千万円)
以上を所有しています。

(アンケート結果 によると)
→ お金を増やして
以前より幸せになったとする回答者は 46%

→ 29% は、お金は問題を解決するより
 「問題を生んだ」と答えています。

→ 33% の人は、十分なお金があるかどうか
  常に不安に思っている。

また投資資産が
1000万ドル ある人の 19% は、
「リタイア後に希望通りの生活が送れるかどうか」
お金の心配をしている。
          ↑ 冗談ではありません(笑)

→ 子どもが「特権」意識を持って
  育つことを懸念している人は 49%
→ 子どもを甘やかせていると感じている人は 44%

(まとめ)
富の大小にかかわらず、
回答者 はいずれも、

「経済的な安心のためには、
現在ある資産の 倍 は必要だ」と考えている。 
    ↑ どうか笑わないでください(笑)

んー、(カンの率直な感想)
■ お金持ちの人ほど、
  臆病 なのかもしれませんね・・。

持っていない人間にとって、
持っている者の「悩み」は理解しがたいものですが、

上記の調査結果 を見ていると、
「いくらお金を持っているのか」
という 金額 が問題なのではなく、

「お金がもっと必要なのでは・・」
という 強迫観念 に囚われ、
思い悩むことが 問題 なのでしょう。

⇒(まさに)お金 に
 コントロールされている状態 です。

あるいはこの お金 を、
「どうやって維持していこう、
 どうやって守っていこう??」

という焦り、不安、
お金を保有していること自体を
「重荷」に感じてしまうつらさ なのですね。

⇒ 自身が お金 に
「おんぶにだっこ」されている状態 です。

かと思えば一方、
こんな人たちもいます。

すばらしいビジネスアイデアを温め、
事業 を興し、
太い幹のような不屈の精神で
その 事業 を拡大させ、

ひとつの会社を
社会の公器(上場)にまで
仕立て上げてしまう人たち・・。

これら事業家の人たちは
自ら産み育てた会社の価値(株式)を
保有することで

その資産が50億円になったり
100億円になったりしています。
(31歳の人もいれば、44歳の人もいます・・)


皆さん、ちょっと考えてみてください。
(わたしは今年37歳ですが)
例えば 20億円というお金を、

70歳になるまでの
33年間 に使い切るためには
相当な努力を要します(笑)

(年間6000万円強 を
 コンスタントに使い続ける必要あり・・) 
 ある種の才能が ↑ 必要?

つまり80億円の資産がある 事業家 は、
■ もう、働く必要なんてないわけです、ホントは。

好きなことをしても、
使いきれないくらいのお金があるわけです。

でも、このような事業家の人たちにとって、
50億、100億という「数字上の資産」は
あまり意味を成さないようです。

(自分が経済的に成功したあとも、)
かえって 事業意欲 を
増進させていたりします。

(これは事業家の間では 顕著な傾向 です・・)
「いったい何のために 働くのですか?」
という質問に対して

「お金のためです」とは
おそらく答えないでしょう(笑)

今 お話しました 事業家 にとって、
お金 とは 自分の仕事 を評価してくれる
ひとつの「媒体」であり、

自分の事業をより深く行うための
【道具】なのです。

すでに、プライベートの自分 と
お金 という「緊張関係」から解き放たれ、

ある意味、彼/彼女 にとっては、
お金 は 社会的な財
なっているのです・・。

(なんともすごい状態です。
彼/彼女 が、もうすでに
手元から離れた状態 にある「お金」を

穏やかな表情 でただ見つめている、
というイメージですね・・)

⇒ お金 とフィフティーフィフティーで
  対峙している ということ・・。

皆さんもぜひ、
お金持ちになった後のことを、考えてみてください。 

「何をしたいのか?」 
「いったい自分には何が出来るのか?」

お金 に負われることなく、
お金 に振り回されることなく、

果たして 自分 は「お金」を
静かに見据え続けるだけの
エネルギー を持てるだろうか、と。

お金 はシビアにあなたを見ています。
お金 をうまく動かし、
還流させて

その 効用 を最大にできる人のところに、
お金 は集まります・・。

晋陽FP事務所では お金の殖やし方
(資産運用の方法論)については今後も
さまざまな情報 を発信していきますが、

一方、お金を殖やした後の
お金の利用のしかた、

自身 が お金 と
対峙するための【方法】については
あなた自身が 考え、努力する必要があります。

じっくり考えてください。
時間 は十分にありますので・・。

それに、考えること自体に
お金 はかかりません・・(笑)



関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 07:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わたしは 無国籍人 です (晋陽の名前の由来・・)


こんにちは、カン・チュンド です。

「あのー、カンさんは 中国の方 なんですか?」と、
はじめてお会いする方にはよく訊かれます。

カン・チュンド
(漢字 では 姜 忠道 ですが)と聞くと、

まあ皆さん、
「日本人ではないな」ということは分かるわけです(笑)

わたしは在日韓国・朝鮮人の 三世 です。
(日本に住み始めて3代目の 移民 です)

本名 を名乗っているせいか、
「すごく 民族意識 が強いのですね」
と云われることがありますが、

当の本人は
そんなふうには思っていません。

本名 を名乗るのは、
「自分の根っこの部分」をいつでも意識しておきたい、
と思っているからです。

日本に住んでいる日本人なら、
自分の出自 をことさら意識する人は
そう多くはないでしょう。

わたしの場合、
祖父母 が日本に渡ってきて
(つまりわたしは移民の子孫であり)、

自分の ルーツ とは離れた場所に暮らしているので、
ことさら 出自 を意識してしまうのでしょう。

そして(これは 歴然とした事実 ですが)
■ 移民 とは、刻一刻 と そのルーツから
  離れていく宿命にある者です・・。

さて、
わたしのルーツとは(実は)晋陽 です。

ハイ。
晋陽FP事務所
晋陽(しんよう)とは、

わたしの故国(韓国)における
本貫(ほんがん)なのです。

ほんがん?
はい、本貫(ほんがん)とは、
言ってみれば遠い祖先の「出身地」のことです。

(日本でいえば
 本籍地 に当たるのでしょうか・・)

今でも 晋陽 という地名は韓国にあり、
実在するのですが、
わたしは行ったことがありません・・(笑)

ものの本 によれば、
晋陽 とはもともと 中国の地名 で、

現在の山西省の中部にある
太原市 がそれに当たるそうです。

太原市は 2500年の歴史を持ち、
古代は 晋陽、
唐代には 北都 と呼ばれていました。
(もちろん 太原市 にも行ったことはありません・・笑)


考えてみれば、わたしの名前
姜(カン)も 元々は中国の名、
それも 北方遊牧系の 名前 らしいのです。

わたしの叔父がその方面に興味があり、
いろいろ調べてみると、
どうも 姜 という名の「起源」は
シベリア にあるらしいとのこと・・。

ワールドワイドですな(笑)
(ちなみに 姜 は中国語では チェアン と読みます)

ヴェトナムという国はもう
漢字表記 をやめていますが、
もしかしたら 昔の呼び名 で
晋陽 という場所があるかもしれません。

ペルーのリマにいる 華僑 の方が、
もしかしたら 晋陽飯店 というホテルを
経営しているかもしれません。

そんなふうに考えると、
「わたしはどこから来たのか?」
というルーツを追い求める気持ちと、

「そうだ、結局わたしは何者でもないのだ」
と合点する思いとが、
自分の中で矛盾せずに
【共存】していることに気付くのです。

わたしは時に 日本 と 韓国 の間で漂い、
わたしは時に 日本の内部 で漂っています。

わたしにとって 世界 とは、
等間隔に浮かんでいる 島々 であり、

わたしはどの島にも
降り立つことができるのです。

結局のところ、
わたしは何者でもない。
(ということは
 何者にもなれるということ・・)

強いていえば
【無国籍人の感覚】でしょうか・・。

資産運用 を行う上では
この感覚は「利点」であると考えます。

そして 投資 という「窓」から 世界 を眺めていると、
絶え間ない 好奇心 に心をくすぐられるのです(笑)

皆さま、
素敵な週末&連休 をお過ごしください・・。

※ ここしばらくは カン・チュンド たるもの、
晋陽FP事務所たるもの について語っていこうと思います。



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 08:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お試しコンサルティング in 東京


こんにちは、カン・チュンド です。

(本日はちょっと宣伝です)

9/23・24日 と
第15回【知的人生設計入門】 を行いますので、
9/25(日)は 東京 に滞在しようと思います。

ご希望の方に
【出張・お試しコンサルティング】を実施いたします。

題して、
9/25(日) 出張・お試しコンサルティング 募集中!
(そのまんま・・笑)


~ あなたが 求めているものは何でしょうか? ~~~~~

  「人生設計」  「運用スタイル」  「幸運?」
 
 「幸せな家庭を築きたい!」「有意義な人生を送りたい!」
 
  
当日は、お客さまがご指定する場所へ
お伺いさせていただく形となります。

(恐縮ですが、東京・大井町からの交通費を
 別途ご負担願います)

このコンサルティングの主旨は、
わたくし カン・チュンド を、

> 資産運用の戦略を立てる際の【アドバイザー】として
  ご活用いただくことです。

アドバイザー とは、

> お客さまの悩みから一歩 距離 を置いて、
  悩みの【起点】を解きほぐす者 のこと。
(尚 お時間のご希望は 先約順 にお伺い致します・・)

どうぞこの機会に
【お試しコンサルティング】をご利用ください。

【お試しコンサルティング】の
詳細・お申し込みは こちら です。
                         
  


関連記事

| コンサルティングのお知らせ | 08:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さて、あなたは 紺のブレザー を買おうとしています

こんにちは、カン・チュンド です。

(皆さんご承知のとおり)
わたしは資産運用に特化した
ファイナンシャルプランナー です。

ファンド という「道具」を用いて
グローバルに投資を行いましょう!
と提唱しています。

しかし、一口に ファンド といっても、
何百、何千種類とありますよね。

これらの中からただ漠然と
「どれが いいのかなあー?」
とファンドを探し出そうとしても、
情報の渦に巻き込まれてしまうだけです。

ひとつひとつの 情報 を
処理するだけで疲れてしまい、

「ああー、もうファンド買うの、止めにしよう」
ということになりかねません・・。

では、
ファンド はどのように
選んでいけばいいのでしょうか?

(その前に)
あなたは今、紺のブレザー を買おうとしています。
??

あなたは昔から トラッド が好きで、
実に久しぶりに「紺ブレ」を
新調しようとしているのです。

「紺ブレ」は
ファッションの 核 となりますから、
慎重に、よーく考えて買おうと
あなたは思っています。

・仕立てはどうか?
・着崩れしないしっかりした「作り」か?
・生地は?(綿100%か?)

・製造地は どこになっているか?
・そもそも メーカー はどこか?
・袖口のボタンは4連、6連?
・購入予算は? 3万円まで、5万円まで、7万円まで?

などなど、あなたはいくつもの
【条件】を設けて、
紺ブレ をふるいにかけます。

◆ 自分にもっともふさわしいモノを見つけるために、
  いくつもの【制約】を課しているわけですね。

実は「ファンド選び」もまったく同じなのです。
ポイントはどんな【制約】を
いくつくらい設けるのか、ということ・・。
(では、さっそくまいりましょう・・)

< 最新版! ファドのチェックポイント10 >

そのファンドは・・
1.一貫した運用スタイル がありますか?

そのファンドは明確な運用方針を持ち、
かつ一貫していますか?

また、その運用スタイルに
あなた自身が共鳴できますか?

2.運用を開始して 5年以上 経過していますか?

新発売のファンドには、
過去の実績がありません。
期待感だけでファンドを買うのは禁物ですよ。

3.30億円以上の 純資産額 がありますか?

運用の機動性 を保つため、
最低30億円程度の純資産残高が必要と考えます。

ただし、純資産額が多すぎるファンドも
(逆の意味で)
運用の機動性 に制約を受けてしまいます。

4.信託期間は「無期限」ですか?

長期にわたって投資を行うのに、
ファンドに「終わり」があるのはよろしくありません。

(儲かっていれば税金がかかりますし、)
次のファンドをどれにするか?
という「選択のリスク」も発生します。

5.運用会社、販売会社のホームページで
週間 または 月間 の「運用レポート」が
確認できますか?

投資は自己責任で行うものです。
その代わり、私たちには
情報 を求める権利があります。

「運用レポート」を開示していないファンドは
その時点でアウトです。

6.コスト(申込み手数料 信託報酬等)は
  どれくらいかかっていますか?

債券ファンドであれば、信託報酬は1%以下、
株式ファンドであれば、信託報酬は1.6%以下が望ましいです。

また同じファンドでも、
どの「販売会社」で購入するかで
申込み手数料 が違うケースが増えてきています。

7.ファンド・オブ・ファンズ ではないですか?
  元本保証型ファンド ではないですか?

上記はいずれも「仕組み」を作るだけで
別途手数料 を要求する金融商品です。
「仕組みを作る人 が儲かるしくみ・・」

8.分配金 は再投資できますか?

資産形成が目的なのに、
分配金をたびたびもらってどうするのでしょうか?

分配金 はほんらい必要ないものです。
百歩譲って、
分配金を「再投資」できるファンドを選びましょう。

9.為替ヘッジについて

為替ヘッジとは、手数料を払って
為替の 先物予約 をすることです。
(万能ではありません)

ファンドではヘッジの必要はないと考えます。 
(ただし、あくまで長期保有するという前提です)

10.どの ファンド を買いますか?

どこで ファンドを買うのか より、
「どの ファンド を買うのか?」の方が重要です。

紺ブレ を必死に探しているあなたなら、
おわかりですよね?

この10の【制約】を設けるだけで、
およそ7割のファンド は「ゴミ箱行き」になります。

さらに インデックス・ファンド に対象を絞ることで、
95%以上のファンド が対象から外れます。

これであなたのファンド選びは ずいぶんと楽になるはずです・・。



関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT