FC2ブログ

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

証券会社ものがたり


こんにちは、カン・チュンド です。

皆さん、よろしいでしょうか・・。
いつものように
『頭の中を真っ白』にしてみましょう。

一般に 証券会社 とは、
有価証券 を取り扱う会社のことです。

【有価証券】とは、
資産 を保有する ひとつのカタチ なのです。
見た目は「紙切れ」にすぎません・・。

さあ(いきなり)タイムスリップしますよー。


< 18世紀初頭 の ニューヨークです >

この港町には、
さまざまな物資 が集積しています。

農作物、畜産物、石炭、麻、工芸品から、
木材、貴金属、書物 まで、
ありとあらゆる モノ が行き交う
「交易地」なのですね。

そこには当然、さまざまなヒト が集まり、
それぞれの立場で「取引」を行っています。

例えば、
綿(コットン)を100kg取引するのに、
綿(コットン)の 現物 を 港 の近くに並べて、
その場で 現金 を受け取ろうとするのはたいへんです。

そこで、
綿(コットン)を100kg取引する権利を
【紙片】にしたためて、
それを(港の近くの)交易所 に並べてみました。

現物 をいちいち確認する代わりに、
この【紙片】によって権利の保有者を確認し、
お金のやり取りが行われるようになります。

(もちろん、銀行 という「決済機能」を通じて・・)


ここでのポイントは、
この【紙片】が、
交易所(取引所)の お墨付き をもらい、

ある種の【信用】が
付与されるようになるということです。

この 紙片 こそが、
【有価証券】の 原型 なのです。
価値を持った「紙切れ」ですね・・。

また、取引するモノを運ぶ 船舶 に
万一のことがあった場合のために、
「保険」という リスクシェア の発想も生まれました。

【保険証券】とは、
「リスクシェアのしくみに加入していますよ」
という 証明書 なのです。

お金を貸す、借りる といったことにも、
【債券】という 紙切れ が普及し始めました。

あるいは、会社を所有するということも、
「株式」という 証書 によって
認識されるようになりました。

こうして、交易所(取引所)において、
証券自体 が売り買いされるようになったのです・・。

このように、【有価証券】とは、
資産そのものを代替するものであり、

それは、今日の「信用経済」の
礎(いしずえ)となっています。

ちなみに、ニューヨークという港近くの「交易所」が、
現在の ニューヨーク証券取引所 の起源であり、

当時、豚 や 牛 の『現物取引』を行っていた際、
方々に散らばる動物 を隔離するために
設けられた 壁(ウォール)が、
今日の ウォール街 の発祥なのです。



関連記事

| 金融機関にモノ申す | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |