2006年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピーター・フランクル と ハンガリー


こんにちは、カン・チュンド です。

わたしは数年前から
「ハンガリー」という国に関心を持っています。

(もちろん)【投資対象】として、
ハンガリーという国のエッセンシャルな部分に
惹かれているのです。

皆さん、
ピーター・フランクル という人を知っていますか?
(数学者にして、大道芸人である、あの方 です・・)

氏は1953年 ハンガリーに生まれますが、
26歳の時、フランスに亡命しました。
(このことは、氏が ユダヤ人 であることと
 深く関係しています)

フランクル氏は、
あるインタビューで次のように答えています。

「ぼくは、フランス国籍は持っているし、フランス語も話せるが、
自分のことをフランス人だとは思っていない。
ぼくが生まれ育ったのはハンガリーだ。
でもハンガリー人だとも思わない・・」

んー、バックグランドからいうと、
氏は「ユダヤ系ハンガリー人」と称されますが、

アイデンティティーというものは、
一筋縄にはいかないものですね・・。

さて、ハンガリー人(マジャール人)の祖先は、
ウラル山脈のふもとに暮らしていた
「アジア系の騎馬遊牧民族」です。

(つまり、私たちと同じ
 アジア系の人たち なのです)

東方から移動してきた騎馬民族が
この地 に定住したのが 896年頃 とされています。
(ハンガリー建国の年 にもなっています)

ちなみにハンガリー語(マジャール語)の「人名」は、
日本語 と同じように
姓・名 の順で書きます。

フランクル氏も、
ハンガリー式では
「フランクル・ペーター」と云うらしいです。

また、子、丑、寅などの 十二支 も、
ハンガリーの人たちは知っているのだそう・・。

ハンガリーは 教育熱心な国 です。       
(教育は その国の未来を占う重要な【要素】ですね)

上記のフランクル氏も 数学者 ですが、
この国からは、偉大な科学者 が多数輩出しています。
それは、なぜなのでしょう?

(誤解を恐れずにいえば)
【辺境からの独創】という言葉が
キーワード になると思います。

ハンガリーの人々は、
ゼロ から 有 を創り出すことに長けているのです。


この国では19世紀末から20世紀にかけて、
とりわけ「科学」の分野で、
独創性を持った人物 が多数輩出しました。

放浪の数学者として知られる ポール・エルデシュ、
原水爆の開発に貢献した エドワード・テラー、
ビタミンCを発見した アルバート・セント・ジョルジィ、
非協力ゲーム理論で名を馳せた ジョン・ハサーニなど・・。

これらの「成果」にはちゃんと 理由 があります。
【教育の充実】なのです。

ギムナジュウム(高等学校)と呼ばれる
「才能」を発掘し、それを伸ばしていく
教育システムが 整っていたことが大きいと思います。

教師が生徒の「自主性」を重んじ、
学問そのものへの 熱意 を伝えているのです。

何より教師自身のレベルが高く、
(教師による)学問の研究 と 学生との対話 が
(ぶれることなく)
一直線上 につながっているのが特徴です。

この教育の伝統は、
今も受け継がれています。

1994年にノーベル化学賞を受賞した
ハンガリー人 ジョージ・オラー は、
いみじくも次のように語っています。

「21世紀が近づいている。
国の将来は、若者の教育に
どれほどのものを提供できるかにかかっている。

教育 は未来への最高の「投資」だ。 
非常に競争的な時代に突入しているからこそ、
これが重要になっている。

(中略)

科学は国際的な事業で、
一国だけでは発展させられるようなものではない。
しかし、自然資源に恵まれていない国では、
もっとも重要な資源が 人間そのもの なのだ・・」と。

まさに、
日本 のことを示唆していると思いませんか?

わたしは「ハンガリー株式インデックスファンド」
のような金融商品が出てくれば、
ぜひ投資したいと思っています。

では皆さん、素敵な週末をお過ごしください。



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5/27 【お試しコンサルティング in 東京】


こんにちは、カン・チュンド です。

(本日はちょっと宣伝です)
5/27(土)に 東京 にて
【出張・お試しコンサルティング】を実施いたします。

時間は 17時30分から 90分程度。
(サービス料金は 9,800円となります)

恐縮ですが 大井町、もしくは 品川 に
お越しいただける方に限定させていただきます・・。


~ あなたが 求めているものは何でしょうか? ~~~~~~


「人生設計」  「運用スタイル」  「幸運?」 

  「幸せな家庭を築きたい!」 「幸福な人生を歩みたい!」
  

ぜひこの機会に
わたくし カン・チュンド を
資産運用の戦略を立てる際の【アドバイザー】として
ご活用ください。

【お試しコンサルティング】の詳細・お申し込みは こちら です。



関連記事

| コンサルティングのお知らせ | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「チャップリン」の映画 は、チャップリンの一生を3時間くらいで見せてしまいます


こんにちは、カン・チュンド です。

毎朝の通勤、ご苦労さまです。
(偶然ですが)今朝、

電気屋さんの軒先のツバメの巣に、
4羽のヒナがいるのを発見しました!
(まだ、小指ぐらいの大きさ・・カワイイ)

普段はせわしない通勤途上でも、
例えば「あれ? ここにコンビニができるんだ」
という 発見 があったりしますよね。

それが【変化】というものです。

市場(マーケット)の数字
株価の変動 というものは、
たまに見ると
何らかの 示唆 を与えてくれますが、

【毎日毎日見続けて、プラスになることなんて全然ない】
とわたしは思います。

なぜなら
「時間のサイクル」が短すぎるからです。
(1日単位でしょ)

資産運用を行う者にとって、
これは 百害あって一利なし、です。

皆さん、
何のためにお金を育てるのですか?
(目的・・)

その作業はどれくらい続くのですか?
(運用期間・・)

例えば「チャップリン」という映画 は、
チャップリンという人の一生を
(なんと)3時間くらいで見せてしまいます。

チャップリンは88歳まで生きましたから、
「1歳分」は(なんと)2分強 です(笑)

ここで【命題】

資産形成 を目的とする私たちが、
毎日の、あるいは毎時間の「情報」を
逐一追いかけて、何の意味があるのでしょうか?

「情報」を 時系列的 に入手する唯一の理由は、
本質的な【変化】を捉えるため。 
それだけです。

投資に関して、
短い時間の単位で「情報」を送る側には、

「情報の送り手」として
それなりの 思惑 があります。

特に テレビ というメディアは、
一日中なんらかの「情報」を
流し続ける 宿命 を負わされています。

例えば、毎日のマーケット(いちば)の動きを、
冒頭の「通勤風景」で喩えるとこんな感じです。
     ↓

「はい、わたくしカンは本日7時43分に、
喫茶マイアミの前を 右45度の角度で曲がりました。 
喫茶マイアミには現在 5名のお客が入っています。

そして、コクミン薬局の隣の花屋さんは
(昨日より5分遅く)
7時52分にシャッターを開けました。

カンは地下鉄の入り口に、7時58分に到着。
本日は、後ろから2両目の
真ん中のドアから列車に乗りました・・」

みたいなことを、
さも「重大な情報」のように流し続けているのです。


皆さん、よろしいですか。
マス・メディア は、
 
たった1日の中でも、さまざまな「ドラマ」を作り出し、
それを演出する必要があるのです。
(それが彼ら/彼女らの 仕事 ですから・・)

ただ、皆さんは
◆ メディア と同じ「時間軸」を
  持つ必要はないのですよ!
 (ここ、重要)

皆さんの お仕事(資産形成)は、
マス・メディアの お仕事 とは、
まったく違うわけですから・・。

アメリカでは CNBC、ブルームバーグなどの
「24時間マーケット情報番組」が人気を集めています。

わたしも時々見ますが、彼らはなんとか
短い時間軸の「サーカス」を盛り上げようと懸命です。

実際、CNBC などが人気を博し始めて、
投資家の「短期売買志向」が強まった、
というデータが出ています。

んー、ちょっと
視点 を変えてみましょう。

例えば、それが 資産運用 ではなく、
皆さんの お仕事【職業】ならどうでしょうか?

ある事業、
もしくはプロジェクトを組む場合、
そのニーズ・採算等を占うために、

1年後、3年後、5年後という
「時間軸」を持ちますよね?

例えば、5年後の 事業成長 を予測して、
ライバル企業との「比較」を行なったりもします。
設備投資 もそうです。

何年も先の 生産個数、売上高、コスト等 をはじき出して、
この投資が 本当に見合うものなのかどうかを判断します。

あるいは 人事部 におられる方。
ヒトという 資産 を、
やはり「長期の時間軸」で捉えられますよね。

なぜ、金融商品を購入する場合に、
3年、5年、10年という
「時間スパン」が持てないのでしょうか・・?

  資産運用 とは、
◆ 皆さん自身が主人公の、
  ひとつの壮大な事業、プロジェクト なのです。

「時間軸」を どれくらいの長さで持てるか?
この一点で、
資産形成の優劣 は半ば決まってくると思います。

(ちなみに)かの ウォーレン・バフェット氏 は、
「明日から5年間マーケットが閉まっても、
 わたしは一向に構わない」と言っています。



関連記事

| 投資の発想法 | 07:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「映画」でオプション取引?


こんにちは、カン・チュンド です。

わたしの好きな俳優に
アンソニー・クイン がいます。

彼がロードムービーの傑作、
フェデリコ・フェリーニ の「道」に出演した時のこと。
(1954年 イタリア映画。この作品は
 彼の出世作でもあります)

主演である アンソニー・クイン の
ギャランティー(出演料)は、
映画の興行収入の 25% というものでした。

ここからふたつのことが「推測」できます。

1. フェリーニとクインの 信頼関係
2. この映画が当たる可能性は、すごく未知数(笑)
  (だって興行収入の 25% ですよ!)

フェリーニの映画は当時、
(一般の観客には)難解で分かりにくいとされており、
芸術的な評価はともかく、興行的には???でした。

アンソニー・クイン の エージェント(代理人)は、
試写 が終わったあと
「この映画は、最低だ!」と呟き、

「ギャランティー(出演料)の 権利 を売ってしまおう」
と クイン に持ちかけます。

そして「ある人物」が
(この人物が、どんな人なのかよくわからないのですが)

15,000ドル でクインの権利、つまり
【興行収入の 25% を受け取る権利】を買いましょう、
と申し出ました。
ここに「契約」が成立します。

上記の ある人物 は(今日の概念でいえば)
れっきとした 投資家 であり、

権利の売買 ということで言えば(上記の例は)
立派な オプション取引 です。

(ところで)結果 はどうだったかというと、
「道」は世界中で大ヒットします(笑)

「ある人物」は、自分が期待できる
収益(リターン)と リスクの大きさ を天秤にかけて、
15,000ドルという 数字 をはじき出したわけです。

もちろん、フェリーニの「道」は、
そんなエピソードとは関係なく
多くの人々に愛されています。

(日本では実感しにくいかもしれませんが、)
芸術・エンターテイメントも「立派な産業」です。
特に 映画 は巨大な産業です。

アメリカにおいては
主要な「輸出産業」であり、
お隣の韓国では 国を挙げて
映画制作 をバックアップしています。

そこには 巨額のお金 が絡んできます・・。
(もちろん 収益 が期待できるからです)

そして、投資としての「資金提供」と
事業(映画作り)=「資金調達」の
【橋渡し】を行うのが、
金融サービス の役割なのです。

(最近では個人でも投資できる
映画ファンド」が普及しつつありますね・・)

ただ、わたしは(個人的には)
ビジネスとしての「映画」に関わりたいとは思いません。

人生の楽しみ が
ひとつなくなるような気がするからです(笑)

では皆さん、素敵な週末をお過ごしください。



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

間違いを 間違い と気付かないまま?


こんにちは、カン・チュンド です。

誠に恥ずかしい話ですが、
わたしはつい1時間ほど前まで、
「あの先生はホント 教師の鏡 ですね・・」
と 思っていました。

??
はい、教師の鏡 とは、
あの「鏡」だと思っていたのです(恥)

※(実は)正解は
教師の鑑(かがみ) なのです・・。

鑑(かがみ)には
「手本」という意味があるのだそう。

上記は 言葉における【思い込み】ですが、
もしですよ、

もしそれが「投資」であればどうでしょうか?
あるいは「人生設計」ではどうなるのでしょうか?
(そんなこと、考えてみたことない?)

もしあなたが【思い込み】のイメージのまま、
「お金の行き場所」を決定する、
「人生のイベント」を(何気なく)消化してしまうと、

・間違いを 間違い と気付かないまま、
 60歳の誕生日を迎えることになりかねません・・。
 (考えてみれば恐ろしいこと・・)

◆(実は)弊所が開催している【勉強会】の目的は、
  勇気を持ってその「間違い」を自覚すること なのです。
(それが【マネーの缶詰めスクール】・・)

あなたにとっては「驚き」と、
やはり自分が思っていたことは合っていたんだ、
という「安心感」が得られるかと思います。

第7回参加者の T・Fさんは、
以下のようにコメントされています・・。

「いちど、勉強会 に出てみましょう。
短期売買はしない!住宅ローンは組まない!
夫婦は共稼ぎ!など、

わたしが漠然と思っていたことが、実は正解だったんだと、
この方のセミナーで確信に至ることができました・・」



関連記事

| セミナーのお知らせ | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

IT革命と鉄道産業


こんにちは、カン・チュンド です。

情報通信技術 とは、
20世紀から数世紀に渡る、壮大な【技術革新】です。

映画「マトリックス」のように、
コンピュータが人類を支配する世の中は願い下げですが、

人間が(人間の作り出した)叡智 を
節度をもって利用する限り、
ITは人々に多大な 恩恵 をもたらすでしょう。
(わたしはこの点、楽観主義なのです・・)

今から130年以上前の 明治5年(1873年)
品川 ~ 横浜間 に、
日本で最初の「鉄道」が開通しました。

(1日6往復で、品川から横浜を
 35分で走っていたのだそう・・)

蒸気機関車 を発明したのは、
日本人ではありません。( → イギリス人です)

鉄道敷設技術 も 当時の日本にはありませんでした。
(したがってイギリスの協力を仰ぎました)

もう少し 時代 を溯ってみると・・。
世界初の「鉄道」が走ったのは 1825年 です。

イギリスのストックトンとダーリントンという町を
つなぐ蒸気機関車で、産業革命の原動力となる
「石炭の輸送」を目的に建設されました。

鉄道 とは(もちろん)
数世紀にまたがる 壮大な【技術革新】です。

1850年代になると、
アメリカの『大陸横断鉄道工事』が本格化します。

それに伴い、鉄道関連の【株式】は急騰しました。
(これが世に云う 鉄道バブル です)

余談になりますが、当時のイギリスは
超リッチ(国内資本が過剰)状態で、

「新興市場」としての アメリカ に
果敢に投資していたのです・・。

その後、何十年にも渡って
「投機的なブーム」と「破裂」が繰り返されました。
(んー、まさに株式市場の本質・・)

そして(日本に戻りますが、)
鉄道という【技術革新】のひとつの成果である
「新幹線」が開業したのが 昭和39年(1964年)です。

鉄道 が人々の生活の中に入り込み、
多大な恩恵をもたらすまで、
実に 長い年月 を要したのですね・・。

ん? 何が言いたいのかって?
IT(情報技術)も同じだ、ということです。

今日のIT(情報技術)の
「骨格」を造り出したのは アメリカ人 です。

インテル や マイクロソフト や
シスコシステムズ などの企業が、
ある特定の製品・サービスに特化し、
世界シェアを押さえています。

アメリカにしろ、イギリスにしろ、
アングロサクソンという人種は

「新しい概念を発想し・具現化する」
ということに長けているのかもしれません。
< ゼロ から 1 を造り出す、ということ >

しかしながら、
インターネットという「社会」は
まだまだリアルではありません。

絵 でいえば、さまざまな人が、
さまざまな色で(好き勝手に?)
絵を描きなぐっているような状態です。

ネット上の「空間」は、
まだまだ 消費者 にとって
真にフレンドリーではないのです。

(65歳のAさんにとっては、
まだまだ「取っつきにくい」のでは?)

ネット上から発せられた 商品・サービス に対して、
消費者は まだ真の「利便性・信頼性」を
感じていないのではないでしょうか?

(要は【工夫】が必要なのです)
< 1 から 5、6 を造る、ということですね・・>

( ↑ この点、日本人が
 得意とするところではないでしょうか?)

こちらからお願いして
もらいに行く「サービス」ではなく、

朝起きたときに(何気なく)そこ在る
「付加価値」であることが、
IT革命 第2ラウンドの ポイント だと思います。



関連記事

| 個人的に思うこと | 08:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT