2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【日経マネー】7月号にコメント、ポートフォリオ助言を行いました


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

5月21日発売の【日経マネー】7月号、
「海外ETF の特集記事」の中で
コメント、ポートフォリオ助言 を行っています(45、46ページ)
(よろしければご一読ください・・)

この 特集記事内 の
【国内証券会社で買える 海外ETFお役立ちガイド】は
よくまとめられており、
ETFに興味がある方は必見だと思います。

セミナーでさんざん「マネー雑誌」の悪口を言っている
わたしですが(笑)、
日経マネーが「海外ETF」を特集するとは
(やはり)驚きですね。

(時代の流れ を感じます。
それにしても日経マネーの記者さんは、
よく勉強されていましたよ・・)

以下、
わたしが45ページで提案した「モデル・ポートフォリオ」です。

・安全資産 円建てMMF          30%
・外国債券インデックス・ファンド     15%
・株式                     45%
 アメリカ株式ETF        
 アメリカ以外 先進国群ETF
 エマージングマーケットETF
・不動産(REIT インデックス・ファンド) 10%

上記中に、
「アメリカ以外 先進国群ETF」とありますが、
これは MSCI EAFE インデックス・ファンド のことです。
(リンクは pdfファイルです)
 
実はこのETF の中に、
日本株式への投資 も含まれるのですが、

■ カンさん、日本株への比率が少なくなりすぎませんか?
と心配される方もおられるかと思います。

3/31 現在、MSCI EAFE インデックス・ファンド の
日本株式への配分比率は 約22.3%

(株式の中で)MSCI EAFE インデックス・ファンド への
投資比率を 30% とすると、

(株式全体では)
日本株式への「投資割合」が 7%弱 になってしまいます。

しかし、
それがわたしの【メッセージ】なのです。

■ もしあなたが、
株式投資という「釣り」に出発されるなら、

どの国、どの地域に どのような配分で
釣竿 を垂らされますか・・?

釣竿を垂らす ということは、
その国、地域 に対して
【潜在的な成長性】を感じている、ということですよね。

仮に株式 に 100 投資するうち、
日本に対する「投資割合」が 7%程度 なら、
それは、その方の
【未来観】を表しているのではないでしょうか・・。

資産運用とは、20年後の世界地図 を
今(思いを込めて)描く作業 なのです。


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

********************
 
7月1日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 7 です。

7月15日の【スタンダードコース 東京】は
残席 8 です。

お早めのお申し込みを・・。


関連記事

| イベント・メディアなど | 09:50 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

中華圏、インド、東南アジア株式ETF です


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

世界のETF市場で、運用会社第2位として頑張っている
SSGA(ステートストリート・グローバルアドバイザーズ)
ですが、3月19日に こんなETF を設定しています。

SPDR S&P Emerging Asia Pacific ETF
(銘柄コード GMF)

このETF は 中華圏、インドを中心に
東南アジアの株式にも投資しています。

当ETF は、
S&P/Citigroup BMI Asia Pacific Emerging 指数との
連動を目指します(年間経費率は 0.6% です)

ETF が組み入れる企業数 172

国別組み入れ割合)

台湾         33.29%
中国         31.10%
インド         18.03%
マレーシア       9.28%
タイ           3.25%
インドネシア      3.16%
フィリピン       1.01%

(いずれも 07年 5月17日 現在)

■ 関連記事
豪州を含めた【アジア株式】を広く保有するETF です


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

********************

5月26日(土)東京 にて
【出張コンサルティング】を実施します。
詳しくは こちら からどうぞ。

5月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 4 です。
 
6月10日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 1 です。

6月17日の【ファンド特化コース 大阪】は
残席 4 です。

7月1日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 7 です。

7月15日の【スタンダードコース 東京】は
残席 9 です。

お早めのお申し込みを・・。


関連記事

| インデックス投資全般 | 09:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

楽天証券さん、今が 勝負時 です


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

(遅ればせながら・・)

楽天証券 がオーストラリア、ニュージーランド、香港、
シンガポール株式に投資するETF、
「iShares MSCI Pacific ex-Japan Index」の取扱いを
開始します(銘柄コード EPP)

このETF、(実は)以前の記事
バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)が、
新たに14本の海外ETF を日本に投入します

の中で、わたしが予想していたものです。

さあ、楽天証券さん。
顔見世興行 はこれくらいにして、
いよいよ「長期公演」に突入していきませんか?

海外ETF という【道具】の
将来性を高く買っておられるなら、

(今のうちに)【品揃え】の面で、
他の証券会社を圧倒されることをお勧めします。

どんな【商品】でも同じと思いますが、
まずは誰の目にも分かりやすい メイン商品の【品揃え】を・・。

(世界地図 を大きく区分けするETF で結構です)

(といっても)
まあ メイン商品 についてはだいたい揃っていますので、
補充すべきは【ヨーロッパ株式】だと思います。

日興コーディアル証券 が扱っている、
streetTRACKS MSCI Europe ETF がお勧めです。
詳細情報は【こちら】(pdfファイルです)

(ユーロストックス50 よりも組み入れ企業数が多く、
リスク分散が徹底されています・・)

それから、
新興国の「地域ETF」というカテゴリーでいいますと、
野村證券 で取り扱っている
iShares MSCI Eastern Europe(銘柄コードIEER)も
よいと思います。

国別組み入れ割合は、
ロシア約62%、ポーランド約19%、
ハンガリー約10%、チェコ約9% となっています。

また、ETF という【道具】を用いて
「運用の設計図」を作るためには、債券ETF が欠かせません。
(株式 と 債券 の「相性」が良いため・・)

BGIが、新たに14本の海外ETF を日本に投入します
の中でも触れましたが、

Lehman Aggregate Bond Fund(銘柄コード AGG)を
ぜひ取り入れていただきたいのです。

上記ETF は、
リーマン・米国トータル債券ファンド というべき、
アメリカ債券を広くカバーするETF です。

資産運用のエンジン役(主役)である 株式 と、
脇役 である 債券 を、
ETF という【道具】のみで保有できれば、

ポートフォリオの構築が
とてもシンプルになります。

あっ、そうそう、
債券ETF といえば

日興コーディアル証券 で扱っている、
ABF汎アジア債券インデックス・ファンド も
面白いと思います。

(銘柄コード 2821 香港市場に上場)

詳細情報は【こちら】(pdfファイルです)
(当ETF は、アジア8つの国の公社債に投資します)

また、
株式を支える【もうひとりの脇役】として
不動産(REIT)の存在 があります。

例えば、アメリカ市場に上場するREIT群 を
「ひとつの大きな いちば」と捉えて、
その「いちば そのもの」に投資を行うETF があります。

はい、
Dow Jones U.S. Real Estate Index Fund です。
           (銘柄コード IYR)

(実はこのETF、すでに野村證券で取り扱っています・・)

以上の【品揃え】をしていただければ、
ポートフォリオの設計提案が
とてもしやすくなるのです。

あっ、すみません、
わたしの都合ばかりお話して・・。

楽天証券さんへの期待の大きさから、
いろいろとご提案をさせていただきました。

       親展


■ 関連記事 です。

債券ETF のオンパレードです
豪州を含めた【アジア株式】を広く保有するETF です
ロシア・トルコ・東欧ETF です


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

********************

5月26日(土)東京 にて
【出張コンサルティング】を実施します。
詳しくは こちら からどうぞ。

5月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 4 です。
 
6月10日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 3 です。

6月17日の【ファンド特化コース 大阪】は
残席 4 です。

7月1日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 7 です。

7月15日の【スタンダードコース 東京】は
残席 10 です。

お早めのお申し込みを・・。


関連記事

| インデックス投資全般 | 14:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男と女の貯金箱


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

むかし読んだ村上春樹のエッセーに、
次のような文章がありました。

「女の人は、怒りたいことがあるから怒るのではなく、
ただ怒りたいから 怒るのだ・・」

うんうんと頷いている男性諸氏、
何人くらいおられますでしょうか?

一方、わたしが創った 格言 です。

「男の人が 理屈を並べるのは、
理屈が好きなのではなく、
理屈を言っている自分が好きだからだ・・」

うんうんと頷いている女性の皆さん、
何人くらいおられますでしょうか?

男と女は時に(異星人のごとく)
理解し合うのが難しいものですが、
例えば【お金】に関してはどうなのでしょうか?

男と女で、
【お金】が好き・嫌いの「違い」はあるのでしょうか?

NO
(男女問わず、みな【お金】は好きです・・)

【お金】のことで、男と女は 喧嘩 をするのでしょうか?
YES

【お金】に対する 価値観の違い で、
離婚するようなこともあるのでしょうか?
YES

(そもそも)お金の管理は、
男に任せておいた方がいいのでしょうか?

(それとも)女性の方が、
お金のやりくりは上手なのでしょうか?

んー、わたしの考え・・。

■ 男と女、どちらかが お金の管理 に長けている、
  ということはありません・・。

あくまで「ケース バイ ケース」で
考えていただきたいのです。

あるご夫婦 では、夫がお金の管理をする。
別のご夫婦 では、妻がお金の管理をする。

これは相対的な【役割分担】に過ぎません。

(「洗濯」と「ゴミ出し」はあなたね、
 という【分担】と同じです・・)

わたしは7年間、コンサルティング業務の中で
実にさまざまなご夫婦にお会いしてきましたが、

ほとんどのご夫婦は、
どちらか一方が【お金の管理】という
「役割」を担っておられます。

(ここ、難しいところなのですが、)

男女どちらも同じく
【お金の管理】をしようとすると、
かえってうまくいかなくなるケースが多いと思います。

(基本は どちらかに任せましょう・・)

■ じゃあ、カンさんのところは、
カンさんが全部【お金の管理】は任されているの?

んー、それが NO なのです。

(実は)わたしは妻の 貯蓄額 すら知りません。
(妻も、わたしの 貯蓄額 を知らないはずです・・)

えっ!?

私たち夫婦は 基本的に「ふたつの財布」であり、
それぞれの資産については、関知していないのです。

(ちょっと「水くさい」夫婦 なのでしょうか?)

まあ 上記は(あくまで)私たちが話し合い、
実行している「ひとつのケース」にすぎません・・。

(もちろん他のカップルに、
単純に当てはめることはできません・・)

それを前提にお話を進めますが、
例えば ですよ、

お互いの収入、個人としての支出、
またお互いの資産について【関知していない】というのは、
(夫婦として)寂しいことなのでしょうか?

わたしはそうは思いません。

お互いのお金のことを
詳しく知らないからといって、

それで 愛情 がないとか、
夫婦関係が希薄だとかいうのは ちょっと違うと思います・・。

 お金は お金。
 夫婦間の信頼は 信頼。

 両者は 別物 だと思うのです。


■ もともとは他人である「ふたりのお金」を、
どんぶり勘定で 曖昧に「ひとつ」にしようとするから、

(逆に)ややこしくなったりすることが
 多いのではないでしょうか・・。

さて、「ふたつのお財布」を実行すると
問題になってくるのが、

日々の「生活費」を
どのように分担するのか ということ。

(これは実際、コンサルティングの中で
 お話したことがあるのですが)

・【生活費口座】を作られることをお勧めします。

ご夫妻 がそれぞれ
毎月いくらずつ出し合うと決めて、
【生活費口座】に入金していくのです。

(言ってみれば、ふたり共有の【お財布作り】・・)

家賃、光熱費、新聞代、テレビ受信料 など、
引き落としが可能な出費 は、
すべて【生活費口座】から引き落とすようにします。

例えば、食費 や
ふたり共通のレジャー費などについても、
それ専用の「クレジットカード」を作ってしまい、
決済しても構わないでしょう。

(もちろん、引き落としは【生活費口座】からにして・・)

また【生活費口座】から、
例えば、家具、家電製品の購入費、
旅行代 なども捻出するのです。

ですので【生活費口座】と云っていますが、
その金額ベースは けっこう大きなものになります。

⇒ わりとまとまった金額 を、
お互いが定期的に【拠出し合う】というイメージですね・・。

そして、この【生活費口座】に
ある程度お金が貯まっていけば、
お金を育てる =「資産運用」も考慮していけばよいのです。

上記は(言ってみれば)
ご夫婦共通の「資産運用」であり、
ここでも【役割分担】があっていいと思います。

(ただし、説明はきちんとしてあげてくださいね・・)

もちろん、
ご夫婦共通の「資産運用」の他に、

夫個人の資産運用、
妻個人の資産運用 という「区分け」があってよいと
わたしは思います。


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

********************

5月26日(土)東京にて
【出張コンサルティング】を実施します。
詳しくは こちら からどうぞ。

5月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 4 です。
 
6月10日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 3 です。

6月17日の【ファンド特化コース 大阪】は
残席 4 です。

7月1日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 7 です。

7月15日の【スタンダードコース 東京】は
残席 10 です。

お早めのお申し込みを・・。


関連記事

| 人生をプランニングする | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株式投資 ウソ800 その2)


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、株式投資 ウソ800 その1) で、
ソノダハジメ さんのお話をしましたね。

(わたしはいつも思うのですが、)

あなたが 投資 と幸せに出会えるかどうかは、
末永く 投資 と付き合っていけるかどうかを左右する
【重要な要素】だと思います。

ソノダさんのように、
個別株の取引(Trade)で疲弊してしまうと、
株式、いや 企業に投資することに対して、
ネガティブな印象を抱きがちになってしまいます。

本来、株式に投資する =【会社に投資する】とは、
会社が「事業活動」で得た 利益の一部 を、
私たちが長い時間スパンの中で
(配当やキャピタルゲインという形で)受け取る行為 です。

(ところで)会社の【利益】は、
どこからどうやって 稼ぎ出すのでしょうか・・?

(その前に)そもそも、
会社で「事業活動」を行っているのは誰ですか?

答え) ひとりひとりの 人間 です。

その、ひとりひとりの人間の創意工夫、
頑張り、飛躍などがあってはじめて、
人の集合体である会社に【利益】が生まれるのです。

⇒ あなたも会社で働いていますから、
  上記の意味合いは分かりますね。

長期投資 とは、
それら人の集合体である会社に、
(まさに有機物である【生き物】に)リスクマネー を与え、
自らオーナーとなって【応援】する行為 です。

人が生きる道程と同じで、
(会社の道のりでは)
良いこともあれば、悪いこともあります。

(当たり前ですが)
それら会社の【利益】が積み上がっていかなければ、
株価の上昇はないですし、ファンドの上昇もないわけです・・。

(ちょっとキザな言い方をしますと)
ひとりひとりの人間 が、
「より良い未来」を目指して努力していくことが、
経済の拡大を担保する 唯一の条件 なのだと思います。

■ 長期投資 とは ただ淡々と、
未来に対する希望を積み上げていく行為 なのです。

それが Investment です。

1820年代にも、1903年にも、1945年にも、1970年代にも、
未来に対する希望を積み上げ、長期投資を実践した
数多の先人 が存在します。

そして、200年を超える資本主義の歴史は、
「Trade するよりも、
Investment した方が、得られる果実はずっと大きいですよ」
と囁いてくれているのです。

そして(ここ、大切なのですが)
Investment を実際に行い、
資産形成 を成し遂げることが重要なのです。

< そこから【真の人生時間】が始まりますから・・>

ちょっと想像してみてください。

有史以来、
お金に縛られない生き方を選べる「可能性」が
こんなに広がった時期はないのです。

■ 私たちはとてもラッキーなのです。

これは私見ですが、
金融資産1億円を超える人間が
日本の中である程度の割合になれば、
この国は変わると思います。

なぜなら、ライスワークではなく、
ライフワークに取り組む人間が
人の生き方、在り方に【多様性】を与えるからです・・。



以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

********************

5月20日の【スタンダードコース 東京】は
残席 4 です。

5月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 6 です。
 
6月10日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 3 です。

6月17日の【ファンド特化コース 大阪】は
残席 4 です。

7月1日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 7 です。

お早めのお申し込みを・・。



関連記事

| 投資の発想法 | 20:15 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

5/19、5/26 東京にて【出張コンサルティング】を実施します


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

2週連続で週末 東京 に滞在しますので、
ご希望の方に【出張・コンサルティング】を実施します。

↑お申し込みいただき、ありがとうございました。
      受付を終了いたしました。

~ あなたが 求めているものは何でしょうか? ~~~~~
 
「自分に合った運用スタイル?」 

「最適なインデックス・ファンドの組み合わせ」

「海外ETFの選択」  「効果的なポートフォリオの構築」etc・・
 

「今の投資のやり方を整理して、すっきりさせたい」
あるいは、
「この金融商品は持ち続ける価値があるのだろうか?」

など、
あなたの資産運用にまつわるお悩みをお伺いし、
悩みの【起点】を解きほぐすサービスです。

5/19(土)、5/26(土)両日とも、
東京・大井町 でのコンサルティングとなります。

■ コンサルティング「対応可能時間」

5/19(土) 14時 ~15時30分
       16時 ~17時30分

5/26(土) 13時 ~14時30分
       15時 ~16時30分

わたくしカンを、
資産運用の戦略を立てる際の【アドバイザー】として
お役立てください・・。

【お試しコンサルティング】の
詳細・お申し込み は こちら からどうぞ。

【お客様の率直な声】は こちら です。
 


関連記事

| コンサルティングのお知らせ | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT