FC2ブログ

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今まで受けてきたセミナーの意図がわかった・・


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、東京で開催したマネーの缶詰めスクールに
都内から T・Iさんにご参加いただきました。

本日はご本人の許可を得て、
T・Iさんからの【お便り】を掲載させていただきます・・。


先日はマネーの缶詰スクールで
たいへんお世話になりました。

主人共々、今後の資産形成をしていく上で、
大変有意義な時間を過ごさせていただきました。

今まで『女性のための投資セミナー』やら、
『銀行の運用セミナー』やらと
いろいろ参加してきて、

その度に「よさげな商品」をいろいろ勧められましたが、
どこか腑に落ちず躊躇していました。

今回、何とか自分の納得いく形で
投資を始めたいと思い、
正直『ちょっと高いんじゃないかなぁ。。』と思いつつも、

これで最後とふんぎって、
先生のセミナーに参加させていただきました。

結果。。先生のセミナーを受けて、
今まで受けてきたセミナーの意図がわかったように思います。

どうして30代女性のためのセミナーだったのか。。

どうしてあんなに親身だったのか。。

恐る恐る、でもサラッと教えられた信託報酬の話。。

どこでもムキになって言われた
『こちらの商品のコストが
高いといわれることもあるのですが、私はそうは思いません!』
ってセリフ。。

そんな感想 別に聞いてないのに(笑)

やはり儲かることを前提とした話に、
良質な情報はないのですね。


今回、先生の話を聞いて、
「投資にはリスクを背負う覚悟が必要だ」
ということがよくわかりました。

私も覚悟を決めて、
自分の力で投資への道を切り開きたいと思います。

また何か投資の道に迷った時は、
コンサルティングを受けさせていただくかもしれません。

その際はどうぞよろしくお願いいたします。
実のあるお話を聞かせていただき、
本当にありがとうございました。


T・Iさん、
こちらこそありがとうございます。

(ところで)

あなたは「セミナー」というものに対して
どのような 印象 をお持ちでしょうか?

(んー、ちょっと胡散臭いですか?)

多くの場合「セミナー」とは、
それ自体が【商品】ではなく、

【商品】を売るための
【前座】になっているのではないでしょうか?

ですので、
無料のセミナーがあったり、
参加費を徴収しても「安い」場合が多いのです。

実はかつてわたしも、
無料や「安い」セミナーを開催していました。

しかしそれなりのレッスン料を払って、
<それは間違いである> ということに気付いたのです。

ワタシの大失敗】(← ちょっと恥ずかしいですが・・)

それ以来わたしは、
「セミナー」をひとつの【商品】として
育てようと決めました。


「セミナー」という【商品】を
評価するポイントは 3つです。

1.どんな立場にいる、どんな人間がしゃべるのか。
2.その人が どんなコンテンツ(中身)をしゃべるのか。
3.その内容に 参加費以上の価値があると思うのか。

さあ、評価するのはあなたですよ・・。


以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

10月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 6 です。

11月3日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 5 です。

11月23日の【スタンダードコース 東京】は
残席 10 です。

11月24日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 4 です。

お早めのお申し込みを・・)



関連記事

| お客様からのお便り | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |