2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グローバルETFトップ10?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

Seeking Alpha で
10 Top Global ETFs」と題した記事を見つけました。

世の中には実にたくさんのグローバルETFが存在しますが、
上記記事では、ETFの大きさに注目して、
「純資産額」トップ10のグローバルETFを掲載しています。

(以下がそうです)

・iシェアーズMSCI エマージングマーケット・インデックスファンド
(EEM)
・iシェアーズMSCI EAFE インデックスファンド (EFA)

・iシェアーズFTSE/新華チャイナ25 インデックスファンド (FXI)
・バンガードエマージングマーケットETF (VWO)
・iシェアーズ MSCIブラジル インデックスファンド (EWZ)

・iシェアーズ MSCI日本 インデックスファンド(EWJ)
・バンガードヨーロッパ パシフィックETF (VEA)
・バンガードFTSE オールワールド(除く米国)ETF (VEU)

・iシェアーズMSCI台湾 インデックスファンド (EWT)
・iシェアーズMSCI パシフィック(除く日本)インデックスファンド
(EPP)

EEM、EFAとも「純資産額」は
300億ドルを超えており(6月19日現在)
これらETFは(純資産残高でいうところの)
グローバルETF2強 となっていますね。

意外なのは、トップ10のうち、
新興国に投資を行うETFが半数を占めていることです。

先進国の人間が、
自らの利益のために新興国に投資を行い、
それが結果としてマネーの全球化を促している・・。

新興国全体への投資のみではありません。

3位の
iシェアーズFTSE/新華チャイナ25 インデックスファンドの
純資産額は80億ドルを超えています。

また、5位の
・iシェアーズ MSCIブラジル インデックスファンドも、
純資産額は70億ドルを超えています。
(いずれも6月29日現在)

考えてみれば、
人口増加が鈍化、高齢化社会に突入、
公的年金への不安が増大という「現象」は、
多かれ少なかれ、先進諸国に共通です。

これらの不安を和らげる手段として、
新興諸国への投資が顕著になっているのは、
至極当然のことと思えます。

なお、上記トップ10のうち、
EWJ、 VEA、 VEU を除くすべてのETFについて、
日本の証券会社を通じて購入することが可能です。

◆ 参照記事
先に歩いている者は「優位」を過信します


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば、世の中の見方が変わる。
                 晋陽FPオフィス
*********************
7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪
7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪




関連記事

| ETFのお勉強 | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

果たして拡大版のチャイナ株価指数は出来るのでしょうか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

6月23日のウォールストリートジャーナルの記事からです。
Taiwan, HK Bourses To Start Cross-Listing ETFs In July

香港市場に上場するETFが7月にも、
台湾に重複上場する見込みだと記事は伝えています。

―KGI 証券が、FTSE/新華チャイナA50指数との
連動を目指すETFの上場を申請した。―

―シティグループが、
ハンセン指数との連動を目指すETFの上場を計画中である。―

あるいは、
―Polaris International Securities Investment が、
香港に上場済みのCSI 300 ETF の上場を申請中。―
(CSI 300 ETFは、7月20日には
台湾市場に上場する見込みと記事は伝えています)

人とモノの交流が深まると、
お金のやり取り(=為替)のニーズが膨らみます。

人民元と香港ドルが今では兄弟通貨のように
取引されるように、

やがて、人民元と台湾ドルも、
頻繁に取引されるようになるでしょう。

(直近では、台湾への観光が大々的に解禁となり、
多くの大陸中国の人が台湾を訪れ、
外貨を落とすことになるでしょう・・)

わたしはいつも夢想します。

たとえば、台北で、あるいは上海で、
香港の人と台湾の人はどんな話をするのだろうかと。
(もちろん世間話をしたり、ビジネスの話をしたりするのです。)

あるいは、
大陸中国の人と台湾の人はどんな話をするのだろうかと。
(あなたの祖先はどこのご出身?)

彼ら、彼女らは、3世代くらいの
「長~い時間モノサシ」を当然のように用いながら、

北京語で話をし、白酒などを飲み、
自分たちのルーツは同じだ的な感覚で
うんうんと頷き合えるとわたしは思うのです。

◆ すでに、台湾株式は
(広い意味で)中国株式に含めるべきだと思います。
(なぜなら、今後「経済の一体化」は避けられないからです)

そして、いずれ
香港、上海、深セン、そして、台湾を含めた
「拡大版のチャイナ株価指数」が
構成されるのではないでしょうか。

それは遠からず、
私たちのポートフォリオ構築にも影響を与えるでしょう。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば、世の中の見方が変わる。
                 晋陽FPオフィス
*********************
7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪
7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪





関連記事

| 指数のお話 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ユニクロ」が金融サービス業を始めたらどうなるのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

NightWalker さんの【こちら】の記事に触発されました。

NightWalker さん wrote
私は、いまだに、金融業界のユニクロの登場を待っています。

そういえば先月、
バンガードジャパンの宮城さんにお会いしたときも、

「ユニクロが資産運用業に進出したら、
どんなサービスを展開するのだろうと考えることがあります」
と言われていました。

おそらくユニクロが始める前から、
どこかの業者が日本でデザインした服を中国で縫製加工して、
日本に持ってくるということはしていたと思うのですが、

ユニクロは、そのクオリティーと価格の
「アンバランスさ」において、他の追随を許していません。

たとえば、ユニクロが資産運用業を始めたら、
どうなるのでしょうか。

企画から製造、販売までを一貫して行い、
付加価値を生み出すのがユニクロの手法とすれば、
資産運用業でも同じメソッドを踏襲すると考えられます。

<企画のみを日本で行い、海外で生産をして、
完成品を日本に持ってくるというスタイルです>

たとえば、
ユニクロが作る投資信託なんていかがでしょう。

ユニクロがその付加価値を追求できるのは、
インデックスではなくアクティブ型のファンドかもしれません。

私たちが投資信託という商品に支払っている
継続的なコストは「信託報酬」と呼ばれます。
運用会社にとって信託報酬という利益は
(厳密にいうと)利益ではなく「売上」です。

運用会社はその「売上」から、
オフィスの賃料や、人件費や出張代や、
協会の会費やジェットインク代などを支払っているのです。

世界の株式市場の垣根がもっと低くなり、
海外への株式発注と、国内での発注とのコスト差が
限りなくゼロに近づいてくれば、

たとえば、
日本株式のアクティブファンドをインドで製造し、
それを日本に持ってくることも可能になります。
(日本、インド双方の法改正、
規制緩和などが必要になるでしょうが・・)

ユニクロは運用会社として存在しますが、
ファンドの組成・運用そのものは
インドの運用会社に全面委託するわけです。

たとえば、
バリュー型のアクティブファンドであれば、
運用チームの仕事は、
本来価値より割安になっている株式を購入し、
値上がり益を享受することです。

同じ運用の仕事をするにしても、
人件費は大幅に抑制することができるでしょう。

信託報酬0.3%の日本アクティブファンドが登場し、
そこそこの運用成績を残すようになれば、
投信業界に新風を巻き起こすことになります。

多くのネット証券会社がこぞって
ユニクロのファンドを販売しようとするでしょうが、
ユニクロは「直販」にこだわるとわたしは思います。

「ユニクロ・ジャパン・ファンド」?
「ユニクロ・世界バリュー株・ファンド」?


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば、世の中の見方が変わる。
                 晋陽FPオフィス
*********************
7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪
7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪




関連記事

| 投資の発想法 | 14:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資ポリシーが存在すれば、金融商品の「線引き」ができます その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

前回に引き続き、
ベトナム株ノーロードファンド3> を例に挙げて、
投資ポリシーを持つことの重要性をお話します。

(ところで)わたしの投資ポリシーは、
◆「運用の道具として投資信託を用いる。」
です。

この政策に従うなら、
「途中解約は不可。」
の金融商品を買うことはありません。

なぜなら、投資信託の特長は、
いつでも「購入」ができ、
いつでも「解約」ができることだからです。

もう少し<ベトナム株ノーロードファンド3> の
【商品概要】を見てみましょう。

契約期間(= 運用期間)のところに、

3年:2009年6月1日~2012年5月31日
(運用者の裁量で2年延長の可能性あり)
と書いてあります。

【株式】への投資にしては、とても短いです。

それに、
最長でも5年の運用期間ということは、
万一、4年、5年後に
マーケットが落ち込んだ状況になったとしても、
【5年後の時点で株式を売却し、現金で償還されてしまう】
ということです。

  ↑ これが、
「運用期間」が限られている金融商品のリスクです。

つまり、
ハイリスク・ハイリターン型の投資にとって重要な、
【時間の利益】を享受することがまったく出来ないのです。

商品概要】の続き・・。
「ファンドの費用等」のところです。

【成功報酬】というものが載っています。

これは、
「事業年度ごとに営業者に対して支払われる報酬」の
ひとつです。

ここの、
【事業年度ごと・・】というところがミソです。

たとえば、
(成功報酬の「具体例」として載っていますが、)

上記金融商品を10口分買って、
100万円 でスタートしたものが

1年後に200万円になりました。
ということは、100万円の利益 ですね。

【成功報酬】は、
「事業年度ごと」に営業者に支払いますから、
100万円の15%、15万円が【成功報酬】となります。

2年目も順調で、
1口あたりの値段が30万円になり、
10口分で 300万円になったとしましょう。
(もちろん、この年も【成功報酬】を支払います)

しかし、たとえば3年目に
マーケットが大きく下落し、

1口あたりの値段が8万円になり
10口分で 80万円になったとしても、
支払った【成功報酬】は戻ってはこないのです。← 当然。

そして、
当初の契約予定期間3年で、
この「匿名組合契約」が終了すれば、
あなたは多くの成功報酬を支払ったものの、
収益はマイナスとなって投資が終了してしまうのです。

わたしはひとりの「投資家」です。
「ベトナム株ノーロードファンド3」という
商品の概要を読んだあと、
「ワタシは買わないよ」と、
笑ってこの金融商品を見送ります(サヨナラ・・)

理由はかんたん です。

ベトナム株式 がよいとか、
東南アジアの経済発展が期待できるとか、
そういったこと【以前に】、

・いつでも時価で解約できない
・運用期間が限られている
・コストが理不尽、かつ割高である

という、
わたしの投資ポリシーに【抵触する部分】があるため、
買わないのです(ただ、それだけです・・)

 投資ポリシーが確立すれば、
 資産運用はうんと楽になるのです。

蛇足・・)

たとえば
インデックスファンド という「投資信託」は、

・いつでも時価で解約でき、
・運用期間が無期限で、(←無期限のものを選べばという意味)
・コストが割安であります。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば、世の中の見方が変わる。
                 晋陽FPオフィス
*********************
7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪
7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪





関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 13:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国石油化工集団公司が、アダックス・ペトローリアムを買収することで合意


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

以下、ブルームバーグからの記事です。

(以下、引用)

中国の石油2位、中国石油化工集団公司(シノペック)は、
スイスに拠点を置く同業のアダックス・ペトローリアムを
現金83億カナダドル(約6900億円)で買収することで合意した。

アダックスが24日、発表した。
取引が実現すれば、シノペックはイラクのクルド人自治区や
アフリカでの石油開発に参入することになる。

(以上、引用終わり)

■ 19世紀の揺り戻しです・・。


関連記事
英ウィスキーを 印ビールが買収
ドバイ政府投資会社、英医療企業を買収




関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 08:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資ポリシーが存在すれば、金融商品の「線引き」ができます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

結局のところ、
金融商品を苦労して「選ぶ」というよりは、
自身の【投資ポリシー】を確立すること、
まずはそれが大切です。

【投資ポリシー】が確立すれば、
「買わない金融商品」と「買う可能性がある金融商品」の
【線引き】が行えるようになり、
自然と採用すべき金融商品が絞られてきます。

ところで、ポリシーとはいったい何なのでしょうか?

◆ ポリシーとは、
生活全般における「ルール付け」です。

・必ず朝食を摂る
・話す時は、相手の目を見て話す
・上司に報告を行うときはまず要点を言う
・セミナー前日は「生もの」を食べない(わたしの場合)など。

これらのマインドを、
資産運用にも応用すればよいのです。

たとえば、

◆ わたしの投資ポリシー
「運用の道具として投資信託を用いる。」

上記はたった1行のポリシーですが、
これだけで、全金融商品のうち、
多くの商品が「線引き」され、検討対象から外されます。

(これだけでも、随分気持ちがラクになります)

別の言い方をすると、
「運用の道具として投資信託を用いる」
ということは、

・いつでも時価で解約でき、
・運用期間が無期限で、
(無期限のものを選ぶという意味)

・何に投資を行っているかの情報開示がある
金融商品を選ぶということになります。

ところで、
◆「単なる○○ファンド」と、「投資信託」は、
まったく【違ったタイプの商品】と捉える必要があります。

具体例をひとつ挙げてみましょう。

たとえば、
ベトナム株ノーロードファンド3> という金融商品は、
果たして投資信託なのでしょうか?

経済成長著しい「ベトナム」ですよ。
しかも「ファンド」と書いてあります。

しかし、
この「ベトナム株ノーロードファンド3」は、
いわゆる【投資信託】ではありません。

・・・これは注意点ですが、
上記金融商品に限らず、
あなたが「よさそうな商品だな・・」と思ったら、

まずは「商品概要」「お申込みメモ」のところを、
しっかり読んでください。 ← 必ずです・・・

投資信託が、投資信託たる理由は、
「信託のしくみ」を内包している点です。

委託会社(運用会社)が、
投資信託の資産を受託会社(信託銀行)に委ね、
倒産リスクを隔離しているところが、
実は投資信託の【一大特徴】なのです。

◆ 参照記事
平成電電のケースから「ファンドの本質」を学ぶ

ベトナム株ノーロードファンド3>の
商品概要を見てみましょう。

どこにも、
委託会社(運用会社)
受託会社(信託銀行)は載っていません。

この時点で、
このファンドはいわゆる【公募の投資信託ではない】
ことが分かります。

 この商品内で
「信託のしくみ」が採られているかどうか、
「商品概要」を見ただけでは分かりません。
(わたしならこの時点で、この金融商品はパスします)

実はこの「ベトナム株ノーロードファンド3」は、
投資信託 ではなく、【匿名組合形式のファンド】です。

この金融商品を買う人は、
「出資者」(または匿名組合員)と呼ばれ、

この組合を運営する会社と、
「匿名組合契約」を結びます。

もう少し【商品概要】の続きを見てみましょう。

原則、途中解約は不可。
と書いてあります。

ということは、
途中で「逃げること」が出来ないわけです。

◆ 公募の【投資信託】なら、毎日値段が付き、
毎日「解約」をする【機会】があります。

これは言い方を換えると、
いつでも【出口】があり 「逃げること」ができる
= 現金化して投資から退散することができる
ということです。

(逆に、毎日「購入」をする機会もあります)

「ベトナム株ノーロードファンド3」では
購入する機会も限られ、
解約する機会は設けられていません。

続きは次回に・・)


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば、世の中の見方が変わる。
                 晋陽FPオフィス
*********************
7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪
7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT