2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新興国債券をお勧めしない理由 その1)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

時に、物ごとは、抽象化して捉えたほうが
わかりやすい場合があります。

よく、投資の「設計図」を作る際に、
【株式と債券を組み合わせましょう】と言いますが、

あの思想は、
あくまで「株式」を主人公にした考え方です。

投資においてもっとも収益が期待できる資産は?
「株式」です。

じゃあ、「株式」だけ持てばいいじゃない。

いやいや、「株式」にも問題があって、
価格の上がり下がりが激しすぎるのです。

個人が、長い目で見て
投資を無理なく【続けていく】ためには、
もう少し資産全体の
ボラティリティーを下げる必要があります。

たとえば、戦略的に
「債券」というものを組み入れるのです。

なんだい、「債券」って?

ここでいう「債券」とは、
「株式」のボラティリティーを下げる
【クッション】の役割を果たすツールと考えてください。

ああ、【クッション】ね、ツールね。
それだったら、
ないよりもあったほうがよさそうだね。

(ちなみに【クッション】とは、
それに接触する物体があってはじめて
意味を成します・・)

つまり、
ポートフォリオ運用の考え方では、
「債券」とはあくまで、

「株式」を主人公とした舞台に登場する
【脇役】にすぎないのです。

「株式」という主人公が居てこそ
存在価値が生じる【クッション】・・。

(映画は「主役」だけでなんとか引っ張れますが、
「脇役」のみの映画というのはちょっと考えられません)

ということは・・
カンさんは、「債券」のみを見た場合には、
そんなに魅力的な資産ではないと思っているの?

はい、思っています。

「債券」のみを見た場合、
特に「海外債券」は、
引き受けるリスクの大きさと期待リターンの大きさが
釣り合っていないとさえ感じます。

それでも、

ポートフォリオの中に「債券」を組み入れるのは、
(「株式」という資産から見た場合の)
【クッション】の役割を「債券」に期待しているからです。

あー、もうはっきり言ってしまいましょう。

「債券」という資産のみに、
そもそも高い収益など求めていないのです。

◆「債券」は収益を得るために組み入れるのではなく、
  リスクを和らげるために組み入れる。

これがポートフォリオ運用の考え方です。

「債券」の役割は
そもそも【クッション】であるはずなのに、

もし過大なリスクを「債券」で取ってしまえば、
(たとえば「新興国債券」に投資を行うと)

それは「脇役」が
「主役」のような演技をしてしまうことであり、
舞台 = ポートフォリオの前提が
崩れてしまうことを意味します。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
    夏こそマネーを学べ!
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のETFはサービス拡充期に


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日本にいると実感しにくいかもしれませんが、
万華鏡で世界のETF事情を覗いてみると、
その本質が大きく変わろうとしているのが分かります。

サウスチャイナ・モーニングポストの動画サイト
「scmp.com」では、
サウスチャイナ・モーニングポストの記者が、
香港市場にETFを上場させたドイツ銀行の担当者に
インタビューを行っています。


Deutsche Bank ETF expansion planned

ドイツ銀行は欧州の複数の市場で
100を超えるETFを上場させていますが、
(欧州ではFTSE指数が強い!)

シンガポールに次いで先日、
香港にも6つの株式ETFを上場させました。

そのうちのひとつが過日ご紹介した
ベトナム株式ETF」です。

(上記動画の中で、ドイツ銀行の担当者は
あと20本のETFを香港に上場させる予定と
語っています)

ドイツ銀行は、
世界のマーケットに自社のETFを「重複上場」させ、
そのプレゼンスを高める戦略を取っています。

また、
その国、地域に即したETFのラインナップにも
気を配っているようです。

(ちなみに、香港市場に上場した6つの株式ETFは、
韓国、台湾、中国、インド、ベトナム、アメリカです)

大西洋を、西から東へ、
あるいは東から西へと跨ぎ、
そして、欧米マーケットから、アジアマーケットへと、
ETFの運用会社は自社のETFを普及させるべく
販促活動を行っています。

(そういえば、バンガードのETFも
オーストラリア市場に上場を果たしましたね)

あるいは、
異なる国の証券取引所同士が連携することで、
ETFの「重複上場」を成し遂げるケースもあります。

(EU加盟国同士はもちろんですが)
それ以外にも、米国とシンガポール、
香港と台湾もそうです。

また、韓国と香港も
ETFの「重複上場」を計画しているようです。
Hong Kong ETFs in Seoul?

もはや、ETFは
「ひとつの国で」
「どのETFが上場しているのか」という段階を超えて、

どれだけたくさんの国で「そのETF」が
上場しているのか、

どれだけ複数の運用会社が、
「その国」でETFを上場させているのか、
という段階に入ってきています。

また、新たにETFの運用会社として
マーケットに参入してくる金融機関も多いです。

ディスカウントブローカーの
チャールズ・シュワブ証券、
債券運用の雄 ピムコ、

そして、つい先日、HSBC銀行も
ロンドン証券取引所にETFを上場させました。
HSBC Enters ETF Market

視点を大手運用会社である
BGI、ステートストリート、
バンガードなどに転じてみますと、

これから本格的な
「マーケットシェア」争いが始まる予感がします。

特にBGIとバンガードの競争に注目しています。

バンガードは新たに
7本の債券ETFを投入する予定で、
ETFのラインナップ拡充を進めています。

また、バンガードは株式ETFにおいても
売買高、純資産額が順調に伸びてきています。

たとえば大きな金額を取引する
機関投資家のニーズでいえば、

ETFの注文を出す際に、
買い値(ビッド)と売り値(アスク)の
スプレッドが小さいことは
重要なのですが、
(かつ、ここがiシェアーズのETFの強みだったのですが)

バンガードのETFも売買高が膨らむにつれて、
(iシェアーズと変わらないくらい)
買い値と売り値のスプレッドが小さくなってきているようです。

年間経費率では
バンガードが圧倒的に有利なため、
今後、iシェアーズがマーケットシェアを落とす、

あるいは、それを防ぐために、
iシェアーズが信託報酬等のコストを引き下げてくる
可能性があると思います。

すでに世界のETFは、
本格的な拡充期に入った模様です。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
    夏こそマネーを学べ!
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| ETFのお勉強 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

起業家の方へ その2) ~ 無理して投資を行う必要はありません ~


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたもわたしも、
人生という舞台のうえで
自分を生存させるために、懸命に生きている者同士です。

「自分を生存させる」ためには、
まず経済的に「充足」する必要があります。

つまり、自分が遣うお金より、
多くのお金を稼ぐ必要があるということです。

いや、失礼しました。

事業を興し、
成功しているあなたにこんなことをいうのは
失敬ですね。

しかし、大切なことは、
「お金を稼ぐ」中身です。

事業家の方にとって、個人の所得は、
事業活動の【結果】でしかありません。

事業そのものの成績は、
公務員の方の給与のように
【安定している】わけではありません。

事業とは、(そのマインドとして)
成長しているか、退いているかのどちらかであり、
「もうこのままでいいや」と思った瞬間に
衰退が始まってしまいます。

事業を続けるということは、
【リスクを取って常にリターンを求めていく活動】に
ほかならないのです。

上記は、わたしが専門とする
金融資産を用いた【投資】とまったく同じマインドです。

しかしながら、
事業という【投資】は、
金融資産を用いた【投資】とは比較にならないほどの
「ハイリスク・ハイリターン型の投資」です。

事業という【投資】は、
自力本願による投資であり、
その投資対象も絞り込まれています。

一方、金融資産を用いた【投資】は、
他力本願による投資であり、
その投資対象は広く浅く分散できます。

ちょっと「発想の転換」をしてみましょう。

◆ 人は誰も、
人生という舞台で、
自分を生存させるためにリスクを取り、
リターン(幸せ)を求める生き物である。

と定義すれば、

「事業」に【投資】することも、
誰かと人生を供にすることも、
港区より甲府市に住むことも、
「金融資産」に【投資】を行うことも、

すべて広義でいうところの【投資】なのです。
その目的は、経済的、精神的な幸せ(リターン)を得ること。

あなたが事業を行うのと同じ感覚で
金融資産に対する【投資】と向き合うと、
ひとりの人間が背負う「リスク総量」を
超えてしまう可能性があります。

◆ あなたはすでに、
事業という【投資】の中で
十分なリスクを取っている可能性が高いからです。

代表取締役であるあなたと、
個人としてのあなたを【統合】してイメージしてください。

あなたが唯一避けなければならないのは、

個人としてのあなたが過剰なリスクを取り、
大きく金融資産を目減りさせてしまう、
かつ、
事業を行うあなたが大きなリスクを発生させ、
事業活動が滞ってしまうことです。

誤解を恐れずにいえば、
公務員であるAさんとあなたが
金融資産に対して【まったく同じ投資行動】を取っても、
トータルのリスク量は違ってきてしまいます。

なぜなら公務員の方は、
仕事という行為から得られる「収入の不確実性」が
(あなたとは比較にならないほど)【低い】からです。

今、お話したことは、
あくまで教科書的な論であって、
実際、人間は
その特性に基づいて行動を選択しますから、

収入の不確実性が低い方は、
不確実性が低い投資を選び
(あるいは投資をまったく行わず)、

収入の不確実性が高い事業を営む方は、
不確実性が高い投資を好まれる傾向にあります。

ただ、一点だけ
心に留めておいていただきたいことは、

◆ 事業を行う代表取締役としてのあなたと、
金融資産を保有する個人としてのあなたの間に、
【明確な線引き】を行う、ということです。

個人としてのあなたが、
無理をして投資を行う必要はないのですよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
    夏こそマネーを学べ!
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| 人生をプランニングする | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

起業家の方へ その1) ~ 無理して投資を行う必要はありません ~


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たとえば、大切なクライアントから誘われて
とあるパーティーに出掛けたとしても、
あなたはビールをちょっと口につけるだけでしょう。

会社に帰って仕事の続きをし、
「また11時過ぎちゃったよ…」と苦笑いしている。
そんなことが日常茶飯事なのです。

あなたは顧客のことを考え、株主に報いようと思い、
社員の顔をひとりひとり思い浮かべています。

起業家であるあなたは、
毎日それこそ身を削るような思いをして、
新たなモノ・サービスを創造しようとしています。

あなたは目標を掲げることの大切さ、
社会に付加価値を提供すること、
また、リスクを取って【投資】を行っていく重要性を、
誰よりもわかっているはずです。

ただ、
(ここからはちょっと聞き苦しいかもしれませんが)
起業家であるからこそ、

金融資産への【投資】については、
ちょっと「勘違い」をされているケースが見受けられます。

「自分は経営者なのだから、
これから成長が加速し、
株価が上がる会社を見つけ出すことができるはずだ。」
という【ロマン】に浸っている方がいます。

いや、もっと言ってしまいますと、

「自分は経営者なのだから、
これから株価が上がる会社を見つけられなくてはダメだ。」
と【思い込んで】いる方もいるのです。

(これはFXでも同じです。「自分は為替のトレンドを
予想できるはずだ。予想できなくてはダメだ…。」)

たしかに、
リスクを取って「事業」に【投資】を行うことも、
リスクを取って「金融資産」に【投資】を行うことも、
その本質は同じです。

しかし、あなたは
あなたが行う「事業」については専門家かもしれませんが、
金融資産については(もしかしたら)
まだ十分な知識を持ち合わせていないかもしれません。

(ここは注意が必要です・・)

あなたがなけなしのお金を集め「事業」を始めたころ、
頭の中は真っ白なピュアな状態でした。

それと同じで、
「金融資産」に対する【投資】に対しても、
まずは真っ白な状態で向き合うことが大切だと思います。

あるいは、
こんな起業家の方もおられます。

個別株や、ファンドや、
その他多種多様な金融資産への投資を、
(起業家として成功した)【ご褒美】と捉える方がいます。

「わたしは事業でいちおう成功したのだから、
これぐらいの投資はやってもいいだろう。」

誤解を恐れずにいえば、
金融資産に対する【投資】を、
成功した起業家の「ステイタス」と思っている方がいるのです。

半ば「飾り物」と化した【投資】は、
したがって、大雑把で、かつハイリスクで、
かつ近視眼的なものになりがちです。

(また、聞き苦しいかもしれませんが)
長い時間をかけて築いたものを、
減らしてしまうのはいとも簡単なことなのです。

おや、すでに証券会社の法人担当営業が、
あなたにアポイントを入れるべく、
様様な作戦を練っているようですよ。

(彼ら/彼女らは、
成功者であるあなたにふさわしい金融商品はこれなのです、
とたたみ掛け、あなたをいい気分にさせる力量においては
「その道のプロ」なのです)

確かに、あなたは
自身が行っている事業の分野では「プロ」です。

しかし、そのプロである専門分野と同じ感覚で、
【投資】と対峙すること、

あるいは金融機関の人間と対峙することは、
危険であると言わざるを得ません。

わたしが危惧するのは以下の一点です。

あなたが事業を行うのと同じ感覚で
【投資】とつき合ってしまうと、
ひとりの人間が背負うべきリスク総量を
超えてしまう可能性があるのです。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
    夏こそマネーを学べ!
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京





関連記事

| 人生をプランニングする | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月13日【ファンド特化コース】を開催します


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしが9年前に、
投資信託の「メールマガジン」を始めたきっかけは、

・どうして金融商品のことって、
 こうも難しく説明されているんだ?

という【素朴な疑問】があったからです。

 (わたしはいつも思うのですが)
◆ 投資信託は、金融商品である前に、
私たちの生活に役立つ【道具】であるはずです。

少しでも、ファンドという道具を、
日常生活の現場に近づけたく、
今もメールマガジンを執筆しています。
(あっ、まだ登録されていない方は【こちら】からどうぞ)

どの業界の、
どんな分野でもそうだと思いますが、
物事の本質は知れば知るほど深くなるものです。
(もちろん、ファンドの世界もそう。)

マネーの缶詰めスクール「ファンド特化コース」は、
わたくしなりの【ファンドの世界】をまとめ上げた、
1日集中型の講座です。

◆ ファンドを購入する窓口はどこがいいのか。     
  パンフレットの見方は?

◆ 運用レポートって、どこをどんなふうに見て
  ファンドの良し悪しを計るの?
 
◆ ファンド用語の意味は?
◆ 買ってはいけない投資信託の、
  どの部分が「買ってはダメ」なのか?

◆ ファンドの全行動記録【ファンド運用報告書】は、
  どの部分の数字を、どのように読み解けばよいの?

  これらすべてにお答えするのが、
  【ファンド特化コース】です。

あなたもこの講座で
ファンドの「深~い世界」に触れてみてください。
 
  9月13日 in 東京・浜松町
マネ缶スクール【ファンド特化コース
(当講座は年3回のみの開催となっています) 

 
 ファンド特化コース【動画】
なぜ分配金は「損」なのか その1



 ファンド特化コース【動画】
なぜ分配金は「損」なのか その2




関連記事

| セミナーのお知らせ | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペルー株式ETFについて


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

6月にペルー株式ETFが
ニューヨーク証券取引所に上場しました。
MSCI All Peru Capped Index Fund (銘柄コード EPU)

当ETFは、
MSCI All Peru Capped Index との連動を目指します。
(このETFは残念ながらまだ
日本の証券会社を通じて購入することはできません)

当ETFの組み入れ企業数は27社。
信託報酬は 年0.63% です。

中南米では、メキシコ、ブラジル、チリなど
すでに【中進国レベル】に到達した国が複数あります。

今後、これらの国々が地域の「経済ハブ」として、
他の中南米の国々に
積極的に投資を行うことが予想されます。
中南米での経済発展はまさに【これから】なのです。

ペルーは鉱業、水産業など、
第一次産業がまだメインですが、
銀、銅、鉛などの資源が豊富にあることは
(各国のエネルギー資源戦略を考えると)強みとなるでしょう。

MSCI All Peru Capped Index Fund の
組み入れ銘柄1位は、
サザン・コッパー・コーポレーション」です。
(16.65% 7月31日現在)

ペルー、メキシコなどで銅鉱山を所有し、
銅の精錬事業を行っています。

追記)
当ETFの運用を行うバークレイズは、
i シェアーズ「エマージングマーケットに投資するETF群
というページを新たに作っています。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
    夏こそマネーを学べ!
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| インデックス投資全般 | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT