FC2ブログ

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

好きかどうかより、ずっと付き合っていけるかどうか


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

アドバイザーという仕事をしていると、
お客様のお悩みは、
実にさまざまなポイントから発生していることがわかります。

・ご家族の中での「変化」がきっかけとなった悩み。
・キャリアプランの変更(転職など)がきっかけとなった悩み。
・一冊の本、ひとつのホームページがきっかけとなった悩み。

(もう、本当にいろいろあるのです・・)

しかし、相変わらず多いのは、
「金融商品そのものに対する」お悩みです。

・トルコリラ建て債券を熱心に勧められているが、
買うべきでしょうか、断るべきでしょうか?

・チャイナA株オープンというファンドは
どうなのでしょうか?

・レバレッジを10倍くらい効かせた、
金の先物を勧められています。
これはよいものなのでしょうか?

といったご質問。
あなたはどう思われますか?

たしかに、どの金融商品を買うのかって
とても難しい問題です。
(考えすぎて、頭の中がパニックになることもあります)

そんな時は、
【発想の転換】をしてみてください。

確認なのですが、
地球の周りを、太陽が回っているのですよね?

ん?
いえいえ、違います。
太陽の周りを、地球が回っているのです。

どの金融商品を選ぶのかが、
資産運用のリターンを決めるのですか?

まあ、それはそうでしょう。
⇒ いいえ、違いますよ。

金融商品を選んだだけ、
つまり買った時点では、
どれだけ儲かるのかは【まだ分かりません】

投資の成否を見極めるためには、
【時間】が必要なのです。

過去の時間 ではありませんよ。
不確かな、未来に向けての
【それ相応の時間】です。

2年、3年、いや5年は必要です・・。
その間、不確かな頼りない道を進みながら、
(それでも)投資を続けないといけません。

(随分「酷」な作業です)

投資とは、
金融商品を買うときの「作業」を指すわけではないのです。

◆ あなたが買った金融商品を、
どのように【継続的に管理】していくのかが、
投資と呼ばれる「作業」です。

(買うのは「瞬間」ですが、管理は「継続」です)

今、恋愛中のあなた。

付き合っている相手が「好きかどうか」より、
この人となら「ずっと生活がしていけるか否か」を
重視してください。

冒頭に戻りますが、

私たちはどうしても、
金融商品そのものを「主人公」として、
投資を捉えがちです。

しかし、投資の「主人公」は、
金融商品そのものではなく【投資ポリシー】です。

あなたは
確固とした投資ポリシーを持って、
金融商品を選んでいますか?

◆【投資ポリシー】 → 【金融商品 選ぶ】なのですよ。

(確固とした投資ポリシーを持っていれば、
金融商品の選択は「結果」にすぎません)

わたしがお客様からしていただきたい「質問」は、
【投資スタイル】に関するものなのです。

「カンさん、インデックス投資の問題点って何ですか?」

「カンさん、なぜ、個別銘柄より、
投資信託の形で投資を統一したほうがよいのですか?」

このような問い掛けこそが、
あなたの投資の成否を握る【本質的な質問】と考えます。

◆ 【当オフィスの投資ポリシー 1~16


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| 投資の発想法 | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |