FC2ブログ

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アジア株式ETFの取り扱いをして欲しい


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

楽天証券が国内ではじめて
中国セクター別ETFの取り扱いを開始したようです。
(詳細は【こちら】)

一国の業種別(セクター)に走るのもよいのですが、
どちらかというと、
アジア株式全般に投資を行うETFを
充実させていただければなと思います。

新興国に「広く・浅く」投資を行う、
新興国株式ETFを少し絞り込んで、
「アジア」にフォーカスしたETFということでいうと、

今のところ
リクソーETF MSCIアジア・パシフィック(除く日本)
(銘柄コード 02815)ぐらいしか見当たりません。
日本語版の運用レポートは【こちら
  
しかも、当該ETFは
オセアニアをアジアの一部と捉えている金融商品です。
(日本を除くアジア+オセアニアに投資を行うイメージ…)

海外の市場にはたくさんのアジア株ETFが上場しています。
(現状は、日本国内で購入することはできませんが、
ぜひ楽天証券あたりに取り扱ってもらいたいものです)

たとえば、
(日本を除く)東アジア株式ETF というべき、
リクソーETF MSCI Asia APEX 50(銘柄コード G1K)
(組入れ国は、中国、韓国、台湾、香港、シンガポールです)

あるいは、東南アジア株式ETFである、
FTSE/Asean 40 ETF(銘柄コード ASEAN)
(組入れ国は、インドネシア、マレーシア、
フィリピン、シンガポール、 タイ)

あるいは、
SPDR S&P Emerging Asia Pacific ETF(銘柄コード GMF)
(組入れ国は、中国、台湾、インド、マレーシア、
インドネシア、タイ、フィリピンです)
運用レポートは【こちら

どうしてこの記事を書いたかというと、
最近、コンサルティングの現場で

「カンさん。アジア株式に投資を行う
ETF、インデックス・ファンドはないのですか?」
という質問をしばしば受けるためです。

*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
3月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 大阪
3月28日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
4月11日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京



関連記事

| インデックス投資全般 | 13:09 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |