2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

口を噤まない・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、
シブヤでマネーな女になる講座】にお越しいただいたお客様に
次のような感想をいただきました。

―30代独身で、周りの友人とも、将来の不安は口にしても、
具体的なお金の話はあまり出ることがなく、
みんなどう考えているんだろう?と思っていました。

年齢は異なるかもしれないけれど、
お金について考えている女性たちに実際に会い、
具体的な商品名を挙げてのお話が聞けたことは
大事な1歩となりました。-

(ご感想、ありがとうございます。)

わたしはセミナーの役割は3つあると考えています。
1.資産運用に関する「実践的なノウハウ」を
持って帰っていただく。

2.質問コーナー、メールでの回答を通じ、
運用に関する「日頃の疑問」を解消していただく。

3.自分以外に、お金について真剣に考える人が
身近にいることを実感していただく。

とかく見落とされがちなのが 3.です。
(でも、とても大切なのです..)

上記感想の中にあった、
【みんなどう考えているんだろう?】
という漠然とした疑問は、

実はわたしもあなたも、
鈴木さんも佐藤さんも等しく持っています。

しかし、誰ひとりとして
「それを言い出そうとしません。」
というか、
言い出せる雰囲気になっていないのですね、この社会が・・。

「いや、実は投資信託という道具もあるらしいよ。」
「えっ、MSCIコクサイ指数っていうのがあるんだ。」

「なんだ。販売会社と運用会社って別なの?」
「それで結局、新興国株式と先進国債券の組み合わせにしたの」

これって、日々膨大に交わされる会話の、
ほんの一部のことです。

別にやましいことでも、
法律違反でもありません。

ときにお酒を飲みながら、
ときに移動中の電車の中で、
ぽつりぽつりと語られてしかるべき事柄ですね。

日常会話の中で
お金のこと、運用のことが情報として共有され、
その「共有情報」が拡散していき、
金融リテラシーが積み上がっていく。

そんな状況になれば、
手数料稼ぎが目的の「あこぎなファンド」は
あっという間に駆逐されるはずです。

口を噤んでいるのは、
わたしたちの不利益を温存することになるのです..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
当オフィス10周年記念として、
7月25日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京】に
「特別オファー料金」を設定させていただきました。
8月1日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

内向きを貫徹したら、逆にパイオニアに?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

1990年に公開された映画「プリティ・ウーマン」は
ご存知の方が多いかと思います。

映画の冒頭近く、
企業買収専門の実業家であるリチャード・ギアが
あるパーティーに出掛けます。

そこでビジネス仲間に
「おい、今日のNIKKEI チェックしたか?」と声を掛けます。
(そう、日経平均株価のことですね。)

当時は世界中が日本に注目していました。
前年の1989年に野村證券が公表した
「東京マーケットのメガトレンド」という資料には、

「1995年の日経平均株価は8万1700円
という数字が踊っていました。
(ホントです。)

(わたしは思うのですが..)
絶頂期とは、
当事者が絶頂であると意識しないときにやってくるものです。

(日本だけではありません..)
後世の歴史家がアメリカ経済について俯瞰するとき、
「ああ、あの年が、米国の絶頂期だったのですね」
と述懐することでしょう。

(それは1928年なのか、1999年なのか、
それとも2021年なのかはまだ分かりませんが..)

栄える国、衰える国はいつの世も
互いに綱を引き合いながら、
ぐるぐると歴史という時間の中を巡っています。

先日、京都大学で「留学生」の募集を行ったものの、
枠が余ってしまっているというニュースを観ました。
(費用は学校側が負担してくれるにも関わらず、です)

とかく今の若者は・・
内向き志向。ムダ遣いをしない。
貯金、そして倹約。

クルマに興味がない。お酒もたばこもたしなまない。
持ち家には慎重である。
安定志向(公務員が人気)などなど、

さまざまに揶揄されますが、
◆ むかしから「若者」というのは
【理解不能な生き物】であったはず..。

なぜなら、若者は
「未来」を嗅ぎ取って行動するからです。

どんな国でも、若者の言動を観察することで、
その国の「未来」が透けて見えるとわたしは思います。

内向き志向、ムダ遣いをしない、という行動は、
やがてくる「経済衰退」に備えて
若者が無意識に反応している証左ではないでしょうか。

(ここは発想の転換です。)
内向き、大いに結構。
ニッポンの若者は
内なる宇宙を開拓していけばよいのです。

ロボットも、マンガも、ゲームも
そして日本人の感性が生み出すファッションも、
ヒトの歴史の最先端になる可能性があります。

将来、「グローバル・Neoカルチャー・ファンド」なる
投資信託が登場した際には、
組み入れ企業の多くが日本の会社になっているかもしれません。
(真のクールさは、成熟国の人間にしか描けないのです。)

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
当オフィス10周年記念として、
7月25日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京】に
「特別オファー料金」を設定させていただきました。
8月1日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛ぶ生き物がいたからこそ・・ (頭のタイソー Vol.15)


ーもし昆虫とか鳥が飛んでなければ、
飛行機の発明だって百年も二百年も遅れていたと思いますよ。

空を飛ぶ生き物がいなければ、
飛ぶということを思いつかないもの。ー

        奥本大三郎
       日本昆虫協会会長




関連記事

| 頭のタイソー | 09:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポジティブ、ポジティブ


今日一日の過ごし方で
あなたの明日は変わります。

今年一年の過ごし方で
あなたの来年は変わります。

これから十年の過ごし方で
あなたの向こう二十年が変わります。

投資とは、
人が作る未来から利益を得ることです..。





関連記事

| 今日のひと言 | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シブヤでマネーな女になる講座・ストック編」を募集中!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

保険 × 投信のダブルセミナー、
女性限定、かつ初心者限定の講座、
(そして)ノータイでお話をさせていただく…などなど、

とにかく「初めて」づくしの
「シブヤでマネーな女になる講座・フロー編」が
無事終了いたしました。

いよいよ【ストック編】に突入です。
(先日、無事リハーサルも終えました!)

7月分はすでに「満席」となったため、
現在募集しているのは、8月8日(日)、9月5日(日)分です。

まとまったお金を目の前にすると、
人は(フローのお金以上に)戸惑ってしまいますが、

まずはどっしり構えているお金を
【守りのお金】と【攻めのお金】に分けてあげることが肝要です。

「守りのお金」の担当、田中香津奈さんは今回、
某銀行の○○保険の実態を調査すべく、
数回に分けてリサーチを行われました。

一方、「攻めのお金」担当のわたくしは、
ETFという最新ツールを分かりやすく解説し、
そして資産の配分(ポートフォリオ)に時間を割いて、

なんだ、結局、資産運用って組み合わせなんだ」と
納得していただけるよう、コンテンツを推敲中です。

DSCF4600_convert_20100627110115.jpg

【保険金は、宛名入りのお金なのです】

DSCF4612_convert_20100627110212.jpg

【世の中はポートフォリオだらけ?】

まとまったお金であるストックに絞ったセミナー、
しかも、保険と投資信託という
「両面」の切り口を持ったセミナーは滅多にございません。
(この機会に貴方も「マネーな女」を目指しましょう!)

「シブヤでマネーな女になる講座・ストック編」の詳細は
こちら】からどうぞ(8月8日、9月5日分)

※ なお、「ストック編」は
「フロー編」の続編というわけではありません。
単独で受講されても、十分ご理解いただける内容となっています。



関連記事

| セミナーのお知らせ | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クルマは脇役、人が主役 (頭のタイソー Vol.14)


高城剛さんのブログ記事「ストリート革命。」から。

なるほど、バルセロナの目抜き通り
「ランブラス」はユニークです。
【クルマは脇役、人が主役】なのですね..。

高城さんが言うように、
東京の表参道もこうすべきでしょう。
そうすると「新たなカルチャー」が生まれてくる?




関連記事

| 頭のタイソー | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT