2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資実行の「窓口」をどこにするのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今、ここで、
あなたとわたしが同じコーヒーカップを見つめていても、
そのカップから感じることはおそらく「違います。」

あるいは、物理的に
見る角度によってカップの様相も違ってきますね。

たとえば、
ETFという道具を用いるという「側面」だけを見れば、

じゃあ、楽天証券がいいのか、SBIか、マネックスか?
ということになりますが、

ここで注意しないといけないのは、
主人公はあくまで
「あなた」と「あなたのお金」だということ。

あなたの懐具合から、
投資の最善策を見つけるべきですよね。
(ネット証券という窓口に、
あなたの懐具合を合わせるのではありません..)

では、あなたの懐具合とは?

あなたが資産運用を行う際の「原資」は、
・まとまったお金、
・毎月ベースのお金、双方に存在します(たぶん。)

わたしは常々、
・まとまったお金は「ETF」で。
・毎月ベースのお金は
「ノーロード型インデックス・ファンド」で。

とお話していますね。

(実は)ETF購入の窓口をどこにするかは、
「毎月ベースのお金を、どのように投資するか」によって
変わってくると思います。

(国内・海外ETFの選択肢において、
楽天、SBI、マネックスに大差がないという前提です)

・あなたは1,000円からインデックス・ファンドの積立が
できるインフラにこだわるのでしょうか。
・あなたは給与振込口座からの引き落としができることに
こだわるのでしょうか。
・あるいはあなたはその両方にこだわりますか?

この見極めをしっかり行いましょう。

仮に楽天証券を毎月の積立投資の「窓口」としたなら、
まとまったお金、すなわちETF購入の「窓口」も
楽天にすればよいわけです。

・まとまったお金と、
・毎月ベースのお金の「投資窓口」を同じにする
 という考え方です。

ひとつの「窓口」で、
自分の懐具合の全容が把握できれば、
それだけ資産管理が楽になります。

資産管理が楽になれば、
投資を中途で止めてしまう可能性が低くなります。

すべての運用ルールは、
【投資をいかに続けやすくするか?】という問いの
「答え」になっている必要があります。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
10月3日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
10月16日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月30日【カンタン投資信託活用セミナー 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 11:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日(10/1)内藤忍さんとオンライン上で対談します


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

以下、お知らせです。

10月1日(金)マネックス証券オンラインセミナー
【ETFを活用した国際分散投資】と題して、
マネックス・ユニバーシティの内藤忍さんと対談します。

(19:30開始 20:30終了予定)

できるだけ分かりやすく、かつ面白く
ETFについてお話したいと思います。
(まあ、内藤さんがリードして下さるでしょうから、
わたしは流れに乗っていくだけ?です..)

(どなたでも視聴可能です)
詳細は【こちら】からどうぞ。

追記)たくさんの方にご視聴いただきました。
    ありがとうございました!




関連記事

| 業務連絡 | 01:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実はバンガードも、MSCI EAFE指数との連動を目指すETFを運用しています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ノーロード型インデックス・ファンドを道具として選ぶと、
「品揃え」の都合上、

先進国の分け方は基本的に、
日本・(日本以外の)先進国・新興国 となります。

ところが、ETFを道具として選ぶと、
上記のパターン以外に、

アメリカ・(アメリカ以外の)先進国・新興国 という分け方も
選択できます。

ふつう、(アメリカ以外の)先進国というと、
MSCI EAFE指数との連動を目指す、
i シェアーズのMSCI EAFE インデックス・ファンド
(銘柄コード EFA)が連想されます。

ところが、バンガードも
MSCI EAFE指数との連動を目指す、
バンガード ヨーロッパ パシフィックETF(銘柄コード VEA)
を運用しているのです。

(当該ETFはまだ日本では購入できません..)

運用レポートは【こちら】です(PDFファイル)
(2007年 7月に運用を開始)

VEAの年間経費率は0.15%!
(EFA の1/2以下です)

ところが、
実際の売買高(直近3ヶ月)を見ると、

VEA 約125万口/日
EFA 約1800万口/日 と、
10倍以上の「差」があります。

また、純資産残高でも、
VEA 約50億ドル
EFA 約350億ドル と、
約7倍の「差」があります。

◆ ここでも、
短期で売買する個人、機関投資家は
EFA を嗜好していることがわかります。

地味で目立たないのですが、
ぜひ日本の投資家にも、
MSCI EAFE指数との連動を目指すETFが
ふたつ以上選択できる環境を作ってほしいものです。

(EAFE指数の、Eは「ヨーロッパ」
Aは「オーストラリア」FEは極東、すなわち日本、香港、
シンガポールを指します)

また、
バンガード ヨーロッパ パシフィックETFの
「運用レポート」では、
国別組入れ割合が以下のようになっています。

欧州(英除く) 42.8%
日本      23.3%
イギリス    21.0%
豪州       7.7%

◆ 参照記事
興味が尽きないEEMとVWOの比較

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
9月26日【ETFスタンダード講座 東京満席御礼
10月3日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
10月16日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| インデックス投資全般 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アジアがカムバックする日・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

おととい、
水道の蛇口をひねったら、水が「冷たい」と感じました。

「ああ、もう秋が始まっているんだ」と思うと、
ちょっとセンチメンタルな気分になります。

季節の変化は、風の流れや気温の変化を通じて体感できます。
一方、経済の変化はどうでしょうか。

日本という場所から経済の状況を見ていると、
どうも灰色の、はっきりしない景色に見えてしまいます。

たしかに、世界全体を見れば
グレーがかっていて元気がないのですが、
まだら模様に「元気な国」はいくつも存在します。

インドのSENSEX指数は
2008年の1月に記録した最高値に迫っています。

今年に入ってから、
インドネシア、フィリピン、タイなどの株価指数は
30%以上上昇しています。

チリ、ペルーは年初から20%以上上がっていますし、
デンマーク、トルコなども株価は大きく上昇しています。

つまり、全体としてはグレーですが、
赤く活気づいているエリアも複数存在するわけです。

ほんらいお金には色分けも、国籍もありません。
「こちらのほうが調子が良さそう」と嗅ぎ付ければ、
どこへでも行きたがるわけですから、

本来的に
「元気な国」と「元気でない国」に色分けされるのは
自然なことです。

ずっと昔、17世紀のはじめに、イギリス、オランダが
相次いで「株式会社」というモノを作り、
有限責任のもとでリスクを取るというしくみを確立しました。

その後、幾多の戦争があったにも関わらず、
株式会社は株式市場という孵化装置のもと、
空前の発展を遂げます。

しかし(結局のところ)、
この400年の生活水準の向上は、
欧米が主導してきた
「資本主義経済」のおかげであったわけです。

今、「インドネシアやトルコは調子がいいよ」
と言っても、
それは、欧米の資金が流入しているからに
ほかなりません。

これから先、
欧米の資本が、
他の国々の経済に影響を与える「構図」から、

アジアの資本が、
たとえば欧米の経済に影響を与える「構図」に、
果たして「変わる」ことがあるのでしょうか。

わたしは「ある」と思います。
(なぜなら物事は移り変わるからです

別にアジアがはじめて覇権を取るわけではありません。
500年ぶりに、アジアに経済の中心が戻ってくるだけです。

シンガポールという国はそのことをいち早く嗅ぎ付け、
地の利を最大限に活かそうと
「国のブランド作り」に精を出しています。

(この地の利とは、インドからも中国からも
ほどよい距離にあるという意味。)

また、あるいは
地球の温暖化が今後も進むとすれば、
北東アジアが亜寒帯から温帯に移行し、
今以上にヒト、モノ、カネが集積する可能性があります。

中国の瀋陽や、ロシアのウラジオストクが
世界経済の重要な拠点になるなんて、
夢ものがたりなのでしょうか..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
9月26日【ETFスタンダード講座 東京満席御礼
10月3日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
10月16日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京「毎月1000円から始める!カンタン投資信託活用セミナー」の早期割引は木曜日までです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日本ファイナンシャルアカデミー主催
10月30日(土)
毎月1000円から始める!カンタン投資信託活用セミナー」は、
東京・茅場町で開催されます。

早期割引(4,800円)は 9月30日までです!

場所: 金融財務研究会 日進ビル2F会議室
東京都中央区日本橋茅場町2-9-5
(日比谷線・東西線 茅場町駅 2番出口すぐ前)

過去3度のセミナーは
いずれも【満席】となっています。
ご興味おありの方はお早めにどうぞ..。




関連記事

| セミナーのお知らせ | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近ちょっと寂しいなあと思ったこと



美容室に行くと、
17、8分で自分のカットが終わってしまう..。




関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT