FC2ブログ

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

保険と投信は「水と油」なのか・・?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たとえば、野村證券で
医療保険を売っているイメージって
あなたにはありますか?

(たぶん、ないのでは。)

なぜ、イメージが湧かないかというと、
要するに「水と油」だからです。

ガツガツ攻めて、
投資信託を売っている野村證券が、

「お客様が万一、入院されたら・・」
というような、万一のための保障商品を売るのは
【似合わない】という印象があるのですね。

証券会社から見ると、
保険商品は(心理的距離が)遠いのだと思います。

一方、保険会社はどうでしょうか。
保険会社が投資信託を売っているイメージも、
あまりないですね・・。
(近い商品としては変額年金がありますが..)

万が一に備える会社が、ガツガツ攻めて投信を売るのは
【似つかわしくない】という印象があるのだと思います。

以上は、
業界の中から見た、固定観念的なイメージです。

これって俗にいう【縦割りサービス】ですね。
・証券会社 → 投資商品
・保険会社 → 保険商品

実際、お客様はどう思っているのでしょうか。
というか、
お客様の「お金」はどう感じているの?

あっ、オレ?
毎月、貯まるお金だよ。

あのさ、正直早く決めてほしいわけ。
オレをどんなふうに仕分けるのか..。

見てのとおり、今のオレは5万円の大きさなんだけど、
このオレを、

・万一のための保障に振り分ける部分と、
・将来の安定のために投資に回す部分に、
ちゃんと【分けて】ほしいわけ。

て言うか、正直言うと、
オレのご主人さんに、

「えー、あなたの5万円ですが、
あなたの財政状況を勘案すると、
守りと攻めの【最適バランス】は○:○です」
って教えてやってほしいの。

でもって、
「守りの部分には、○△保険と□○保険。
攻めの部分には、
・・ファンドとXXファンドを充てましょう」
って提案してほしいの。

そう、
そういう「金融サービス会社」ってないの?

・・・・・・・・・・・

えっ?

「守りの部分には、○△保険と□○保険、
攻めの部分には、・・ファンドとXXファンドを充てましょう」
って提案してくれる金融サービス会社。。

そういえば、思い浮かびませんね。

金融業界にいる人間は(無意識のうちに)
保険と投信を「水と油」に分類してしまい、

保険と投信を「等距離」で捉える視点を
失くしてしまっているのだと思います。
(わたしも含めて・・)

たとえば、ライフネット生命
ライフネット投信を作って
インデックス・ファンドを販売するというのは、

「守りの部分には、○△保険と□○保険。
攻めの部分には、
・・ファンドとXXファンドを提案してくれる..」
そんな金融サービス会社があったらいいなあ、

という潜在ニーズに答えることだと思います。

あるいは、ライフネット生命と、
セゾン投信が合併するというのはいかがでしょうか。

「えっ、まさか・・。」
と思われるかもしれませんが、

上記金融サービス会社に
付加価値があるかないかを決めるのは、
潜在顧客である「あなた」なのです..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
9月26日【ETFスタンダード講座 東京満席御礼
10月3日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
10月16日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| 金融機関にモノ申す | 20:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シブヤでマネーな女になる講座「第1期」が終了しました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(ご報告が遅くなってしまいましたが、)
今年の4月より開催してまいりました
シブヤでマネーな女になる講座】ですが、
ひとまず、今年の予定を終了しました。

フロー編3回、ストック編3回、
全6回ともおかげさまで「満席」となりました。
ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

なにぶん初めての試みで、
フェリーチェプラン代表の田中香津奈さんとともに、
「ああでもない、こうでもない」と言いながら、

試行錯誤の中で講座の骨格部分を作ってきました。
わたしと田中さんが目指したのは、とにかく
【分かりやすく、明快なセミナーにすること。】

この「明快な」という部分が重要で、
互いに、お勧めできる保険商品、投資信託について
「明言する」というスタンスを貫きました。

(もちろん、保険業界、投信業界が隠しておきたい
「ホンネの部分」についても明言したつもりです..)

DSCF5019_convert_20100918175401.jpg

ご参加いただいた多くの方から、
「守り」と「攻め」のお金をトータルで捉えることができた、
というコメントをいただき、本当に嬉しく思っています。
(わたし自身も新たな発見の連続でした..)

田中さんが11月にご出産の予定のため、
いつ頃になるかはまだ分かりませんが。
また来年「シブマネ」でお会いしましょう!

DSCF5038_convert_20100918175506.jpg

追伸)

もしかしたら、
 【シブヤでマネーな男子になる講座】
~保険・投信をマジメに考える男子集まれ! ~

というのもアリかもしれませんね。




関連記事

| セミナーのお知らせ | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |