2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託は血の通った商品になるのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

高円寺のラーメン屋さんを評価するためには、
そのラーメン屋に行って、
おやじさんが作るラーメンを食べてみればよいのです。

住友林業の家ってどうなの?という疑問があれば、
とりあえず住宅展示場にいって、
現物の住友林業の家を見てみることです。

(※ ただし、住宅展示場の家具、テーブル、ベッドなどは
小さめに作ってあるので、注意が必要ですが..)

商品・サービスを見極める方法はさまざまありますが、
投資信託という商品は、
なんと言いますか、まず、目に見えないですよね。

INDIVI の服のように、
「実際に手にとって着てみる。」ということが出来ないのです。

そして投資信託は、購入後もその価値が
ランダムに変動するという、ちょっと変わった商品です。

ということは、消費者にとっては、
「えっ、いったいどんな人たちが作っているの?」
「中身はどうなっているの?」
「そもそもこの商品の理念とか哲学って?」
みたいな疑問が、次々と湧いてくるわけです。

でも、それを直接聞いてみる【機会】がなかなかない・・。
(もちろん、運用会社に電話することはできますが。)

上記のような消費者の疑問に答えるチャンスを、
業界側はこれまで積極的に提供してきませんでした。
(とてもサービス業とは思えない。。
継続的な手数料を取り続けておいて、ですよ)

以前、日興アセットマネジメントという運用会社が
投資信託の工場見学「ファンドファクトリーツアー」
~「来て、見て、体感する運用会社」~
を行っていましたが、これなどよい試みだと思います。

運用会社は、
投資信託という商品を作っているメーカーです。
ファンドという商品の「製造現場」を覗いてみたいと思うのは、
消費者のしごく自然な気持ちですよね。
(ふだん、目にする機会がないから余計に、です)

仮に今あなたが、
○○株式ファンドを保有しているとしましょう。
この投資信託という商品とあなた自身をつなぐもの、
それはいったい何ですか?

定期的なメッセージ?
「私たちはこうやっています!」
「これが今期の私たちの成果です!」

はい。私たちは【運用レポート】や
【運用報告書】というカタチで
メッセージを受け取ることはできます。

たしかに紙の形では【報告書】が存在しますが、
一年に一回くらい、
投資信託という商品と、
それを保有するお客様が「触れ合えるような場」が
あってもよいですよね。

(会社でいうところの「株主総会」のような・・)

わたしは思うのですが、
たとえばセゾン投信がやっている
運用報告会】は、
商品提供者として当たり前のことだと思うのです。
(会を土、日にやっているのは very good!)

多くの運用会社が、
投資信託版「株主総会」である、
【運用報告会】のようなイベントに消極的なのはなぜでしょう?

精魂込めて
投資信託という商品を作っていないから?
お客様とできるだけ接したくないから?

そもそも、お客なんていう意識が希薄だから??

サービス業というのは、
サービス精神を持った商品提供側と、
サービスを享受することに貪欲な消費者がいて
はじめて成り立つものです。

投資信託という商品は、
上記のいずれも欠けているのではないでしょうか。

投資信託は、
高円寺のラーメンや、住友林業の家や、
INDIVI の服と同じく、
呼吸をしている「ふつうの商品」なのです。

私たちはついつい、
そんな当たり前の事実を忘れてしまいます。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
*********************
フラットな世界と出会う【ETFスタンダード講座
  ~おサイフを地球全部に預けよう!~

    2月11日(祝)13:30 ~ 16:30
  東京・浜松町 東京都産業貿易センター



関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葛飾北斎の絵から未来をイメージする力を養う


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

※ 巷では風邪が流行っているようです。
手洗いとうがいを励行しましょう。


さて、リスの姿を見ていると、
私たち人間の生活と同じだなあと思います。

東京町田市の町田リス園に行って、
リスをよーく観察してみましょう。
見事に、稼ぐ ⇒ 使う(消費)⇒ 貯めるを行っています。

リスは取った木の実をぜんぶ食べたりしません。
明日の食事のために、
取った木の実の一部を残しておきます。

(時間スパンを延ばすと)
数ヶ月先の厳しい冬のために、
取った木の実の一部を積み上げていきます。

では、2年先の冬は・・・
んー、おそらくリスは
そこまで頭が回らないのではないでしょうか。

◆ 2年先の冬のことまで考えて、
「お金を残す」(貯める)ことができるのが
私たち人間です。

(話題は変わりますが、)
あなたは、葛飾北斎の絵
「東海道金谷の不二」を見たことがありますか?

この絵は江戸時代、東海道の難所であった
大井川の渡しの様子を描いたものです。

東海道金谷の不二

この絵を見たとき、
わたしはあっと声を上げてしまいました。

よーく見ると、多くの旅人が
川人足の肩車で川を渡っているではありませんか。
(しかも、人足の人たちは胸のあたりまで水に浸かっています!)

なんという、原始的な光景でしょう..。

この「東海道金谷の不二」が描かれた時期が
1820~30年代と推定すると、
それからまだ200年も経っていません。

私たちはついこの間まで、
まさに素手で自然に立ち向かうような
生活を送っていたのです。

(当たり前の話ですが)
私たちはもう、肩車で川を渡る必要はありません

この絵の時代と比べると、
私たちが生きる社会は、驚くほど便利で、
かつ豊かになっています。

この絵が描かれて以降、私たちの先人は、
川の氾濫を防ぐため、
川の流れをせき止め、また、川の流れを変えました。
(つまり、土木工事を施したのです)

そして、木で出来た橋を架け、時代を経ると
鉄とコンクリートで出来た橋(鉄橋)を造り、
そして、なんとその上に鉄の列車を走らせるに至ります。
それだけではありません。

電信、電気、ガス、水道などを
全国津々浦々に張り巡らせ、交通網を整備し、

法律という共通のルールを作り出し、
自由な精神を尊重しながら、
各種産業を発展させてきました。

(そして、自らの生活水準を向上させました)
それはいったいなぜでしょうか?

「なに言っているの。豊かになりたかったからでしょ。」

フム。それはたしかにそうでしょう。
しかし、
自分たちが豊かになりたかっただけでしょうか

川の流れを変え、川に橋を架けることは、
自分たちの利益だけでなく、
後世の人たちにも大きな利便をもたらします。

あなたのご先祖様はきっと、
【未来をイメージできる力】を備えていたのです。

「今、自分たちがこれを行うことで、
 未来の人たちが便利になる。」

私たちの先人は、
50年後、100年後の冬のことも考え、
行動することができた・・。

そのおかげで今、あなたもわたしも存在するのです。
(これって、投資の原始的なマインドですね..)




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うらやましい・・



今から、インデックス投資を始められるあなたが、
正直うらやましいです。

(こんなに道具が揃っているなんて・・)




関連記事

| 今日のひと言 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

普遍的なコミュニケーションツール、お金


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もう30年も前の曲になりますが、
わたしは今でも
薬師丸ひろ子の『セーラー服と機関銃』を時々口ずさみます。
(特に詞が好きなのです..)

たとえば、英語や広東語で誰かが歌っても、
この曲のよさは十分伝わるでしょう。

音楽」ほど、国、地域、民族や性別を問わず、
普遍的に受け入れられるものはありません。

あるいは「英語」ということばはどうでしょう..。
(いちばん普遍的な言語ですね)

また、
あなたが海外の人と何かしゃべらないといけないとき、
たいてい「家族の話」をしますね。
あるいは、「配偶者のこと。父母のこと。」

互いに子どもがいれば、教育の話をするかもしれません。
「娘さんはどんな学校に行かせているの?」

「家の話」もするでしょう。
「この家、大きいね。住宅ローンって誰でも組めるの?」

そして、パソコンや携帯電話の話をし、
そして(親しくなれば)
もしかしたら「宗教の話」もするかもしれません。

(神に関心があるのは、
どんな国の人にも見られる普遍的な現象です)

そして、もちろん「お金の話」もします。

当たり前のことですが、
「お金に関すること」は、国や民族や性別を問わず、
とても普遍的なトピックです。

たとえば、預金なんて、
ほとんどすべての国で存在しますね。

それぞれの国の人が、
それぞれの国の通貨で、毎日やりくりをしている。
(こんな普遍的なことはありません!)

そして、
・この音楽のCD、いくらするの?
・iPhone の基本料金はいくら?
・娘さんの学校、授業料ってどれくらい?
・住宅ローンっていくら組んだの?

のように、生活全般の活動において
常にお金のことが付随してきます。

わたしは思うのです。
お金のことって、家族、友人、衣食住、
宗教やことばそのものと同じくらい、
人に共通している「普遍的な話題」であり、

かつ、普遍的な
「コミュニケーションツール」ではないかと・・。
コミュニケーションツール??

はい。つまり、人は、
お金という媒体を通じて、
人やモノとコミュニケーションを行っているわけです。

販売 ⇔ 消費(コミュニケーション)
貿易     (コミュニケーション)
貸し借り   (コミュニケーション)
贈与     (コミュニケーション)
相続     (コミュニケーション)

私たちは「お金」を通じて、
モノやサービスとつながり、
さまざまな人とつながっています。

お金は、英語やメールや携帯電話と同じように、
とても大切な【コミュニケーション道具】ではないでしょうか。

仮に、この【コミュニケーション道具】を
うまく使いこなせないと、生活全般に支障が出ます。

それはそうでしょう。
家族のこと、衣食住のこと、
宗教や慣習についてはきちんと意思疎通できるのに、

こと「お金」に関しては、
知識が浅く、十分なコミュニケーションできなければ、
大きな柱がひとつ欠けてしまう状態になります。

これは投資を行う、行わない以前の問題であり、
人が生きていくうえでの「土台のお話」なのです。




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルンバ537ってご存じですか?


お客様のご自宅でルンバ537を発見しました。

最初に「CLEAN」のボタンを押すと、
充電ベースから勝手に出発しお掃除をしてくれ、
済んだら自分で勝手にベース(充電器)に戻るのだそう..。

お客様曰く、
...「お尻をきゅっとあげて自分で戻るんです。」

このルンバを販売しているのがアイロボット社です。
(ふむ。ルンバって人工知能ロボットなのですね..)

ルンバ




関連記事

| 今日のひと言 | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ETFの売買手数料無料化の流れ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

資産運用業界に限らず、
あらゆる業種で、常にイノベーション(革新)
求められています。

より正確に言いますと、
業界そのものが(自浄作用として)
イノベーションを象徴する
【新しい商品・サービス】を求めているのです。

そのような点でいうと、
証券業界自身が
マーケットを活性化させる「起爆剤」として、
ETFを見ていることが分かります。

そのひとつの象徴が、
ETFの「売買手数料の無料化」です。

アメリカでは複数の金融機関が
ETFの「売買手数料無料化」を行っています。

・フィデリティ
25の iシェアーズETF 売買手数料が無料
・バンガード
バンガードETF売買手数料が無料

・チャールズ・シュワブ
チャールズ・シュワブETF売買手数料が無料
・TD アメリトレード
iシェアーズ、パワーシェアーズ、スパイダー、
バンガードなど100本以上のETFが売買手数料無料


TD アメリトレードはご丁寧に
このような】比較表まで用意して、
「私たちはより多くのETFを売買手数料ゼロに
しています」とアピールしています。

(また、売買手数料をゼロにするETFは
自分たちで決めているのではなく、
モーニングスターの評価に基づき決定していると謳っています)

いずれにせよ、ETFの取引を通じて、
顧客の囲い込みを行いたいという
金融機関の思惑が見え隠れしますね。
実は、日本でもこの動きは出てきています。

カブドットコム証券が、
国内市場に上場する複数のETFについて
売買手数料を無料とするサービス」を始めています。

具体的には・・

・MAXIS トピックスコア30上場投信
・MAXIS 日経225上場投信
・MAXIS トピックス上場投信
・MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
・JASDAQ-TOP20上場投信
・VIX短期先物指数ETF
・ABF汎アジア債券インデックス・ファンド です。

まあ、MAXISシリーズは同じ三菱系なので
なんとなく分かるのですが、
それ以外にもETFの手数料を無料にしているのには
【わけ】があるのでしょうか..。

ご承知のとおり、
カブドットコム証券は海外ETFを扱っていません。

これまでETFのトレンド形成は
海外ETFを積極的に扱ってきた
楽天証券、SBI証券、マネックス証券が主導してきました。

特に「多様なETFに投資ができる」道を切り開いた
楽天証券の功績は大きいと思います。

◆ しかし、中長期的に見ると海外ETFは
(ETFというツールが普及するプロセスの中で)
【先駆的役割】を担うものであり、
本命は国内ETFにあるとわたしは考えます。

※ 逆の言い方をすると、国内ETFが普及しない限り、
ETFが広範な投資家を呼び込む「主要な金融商品」には
成り得ないということ..。

楽天、SBI、マネックス証券とも、
当然、国内ETFも取り扱っているわけですが、

今後、窓口会社として、海外ETF、国内ETF、
どちらを全面に打ち出すべきかという
【決断】を迫られるでしょう。

一方、カブドットコム証券は
そもそも海外ETFを扱っていないため、
国内ETFに注力するのみなのです。

言ってみれば、国内ETFの成長を見込み、
先行投資を行っているのが、
カブドットコム証券のフリーETFの【わけ】なのでしょう..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
*********************
フラットな世界と出会う【ETFスタンダード講座
  ~おサイフを地球全部に預けよう!~

    2月11日(祝)13:30 ~ 16:30
  東京・浜松町 東京都産業貿易センター



関連記事

| ETFのお勉強 | 10:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT