2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MSCIのレビュー(構成国の変更はなし)でも、韓国、台湾はいつまで新興国なのだろう?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはMSCIという組織の内部を知らないのですが、
(多くの人は)先進国の人間であると思われます。

もし、韓国、台湾が(MSCIの分類でいうところの)
【先進国】の扱いになると、
構成国がそれだけ増えるわけですから、

既存の先進国の【構成割合】が減ることになります。
(それは、既存の先進各国にとっては苦々しいこと・・?)

しかし、苦々しい国と、
猛々しい国の【変遷模様】こそ、これまで
世界経済が【成長】を続けてきた「証し」ではないでしょうか。

MSCIが1988年にエマージングマーケット(新興国)の分類を
作ったことは英断だったと思いますが、

世界経済の【現状・勢力図】を表すべきMSCIの分類が、
実態経済を反映していないとすると、
インデックス投資を行う私たちにも影響が出てきます。

(ギリシャが「先進国扱い」で、
韓国、台湾が「新興国」のままというのはおかしいと思います。
債券指数であるシティ・グループ世界国債指数からは
ギリシャはすでに外されています..)

インデックス投資の数ある利点のうち、

○ 指数そのものが「新陳代謝」する。
(すなわち、構成銘柄、構成国は「変遷」する)

○ したがって、指数と連動する
インデックスファンドを保有し続けるだけで、
世界経済の【変化の波】に付いていくことができる。
というモノがあります。

そういった意味で、
指数が経済の実態を反映していることは重要なのです。

MSCIは、韓国、台湾を今年も
新興国の扱いのままにすることを決定しました。
(先進国への移行は引き続き「検討の対象」とされています)

また、MSCIの株式の「分類上」は、
【エマージングマーケット】(新興国)の下に
【フロンティアマーケット】が存在しますが、

カタールとアラブ首長国連邦については、
フロンティアから新興国に移行させるべきかどうかを、
年末まで検討するとのことです。

MSCI リリース
「the Results of the 2011 Annual Market Classification Review」
IndexUniverse.com
「MSCI: Korea And Taiwan Still Emerging」 




関連記事

| 指数のお話 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ETF投資(1)~(8)日経新聞夕刊「目からウロコの投資塾」


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

2月下旬に日経新聞夕刊【目からウロコの投資塾】に
8回にわたって掲載されたコラムが
ウェブ上で見られるようになっています。

・ETFっていったい何?
・ETFの種類にはどんなものがあるの?
・国内、海外のETFってどういうこと?

など、ETFについての概論を
サアーッとなぞるように知りたいなあ..という方は
ぜひご一読くださいませ。

【ETF投資(1)】世界で純資産1兆1000億ドル=カン・チュンド氏
【ETF投資(2)】投資内容が一目瞭然=カン・チュンド氏

【ETF投資(3)】国内、対象の多様化課題=カン・チュンド氏
【ETF投資(4)】「海外」、米上場は種類豊富=カン・チュンド氏

【ETF投資(5)】組み合わせで市場増える=カン・チュンド氏
【ETF投資(6)】不動産、商品など裾野広く=カン・チュンド氏

【ETF投資(7)】理論価格との乖離を確認=カン・チュンド氏
【ETF投資(8)】次世代型、米で多数登場=カン・チュンド氏




関連記事

| イベント・メディアなど | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コツコツ投資の歌詞を作りました・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしも応援している
コツコツ投資のムーブメントに貢献すべく、
【コツコツ投資の歌詞】を作ってみました。

「コツコツ? 何それ?」という人は、
(とりあえず)
コツコツ投資家がコツコツ集まるファンページ】を
見てみましょう。

また、イベント(交流会)に参加したい人は
次回 7月6日夜に 東京・六本木 にて
コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ #14】が開催されますよ!

で、「歌詞」は出来たのですが、
スミマセン、曲がありません。

あなたの周りで【作曲ができるような人】はいませんか?

「それなら○○さんが!」と心当たりのある方は、
「こんな詞があるのよ!」とご紹介いただければ幸いです。

「歌なんて作って、何になるの?」
と思われるかもしれませんが、

資産運用という行いを、
草の根で広げていくためには、

あらゆる手段を用いて、
息長く活動していくことが大切だと思っています。
(何ごともトライ!ですよね。以下、肝心の歌詞です..)

タイトル
【コツコツ Grown Up】

午前6時の目覚ましで
今日も会社に出掛けるわたし

電車の窓から見える小さな雲に 
自分を重ねて Be myself

映画のようなことは起きないけれど
あしたは今日の続きじゃない

未来に変化を起こすタネは
わたしがコツコツ蒔いていく

コツコツ k2k2 仕事も自分も
息弾ませながら Grown Up

コツコツ k2k2 お金もわたしも
胸躍らせながら Grown Up

コツコツ続ける自由がある限り
わたしの未来は Up to me

ちなみに2番は・・・・ありません(笑)

k2k2 は「コツコツ」と読みます。

もし、遊び心で「曲作ってみますよ。」
「あっ、曲出来ちゃいました。」という方がいれば、
ぜひぜひご一報ください! info@sinyo-fp.com




関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 12:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お金とチューリップの違い


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたの目の前にチューリップの花があります。
まだつぼみがほんの少し膨らんだだけで、
花は開いていません。
高さも10センチ程度です・・。

あなたはこの花を見るとき、心の中に何を感じますか?
「まだ小さいけれど、健気に生きているなあ・・」
と感じるのではないでしょうか・・。

私たちは「日本語的」に、
【チューリップのつぼみを増やす】、
【チューリップの花を増やす】という言い方はしません。

チューリップは(やはり)【育てる】と言いますね。

そこには、チューリップという植物を
「一個の生命体」として捉え、その可能性を認めながら、
敬意を払って接している私たちがいます。

育てる】というのは、
息の長い、こちら側のケアが要る行為です。 

お金も、・・・・・・増やすというより、
(その実態は)【育てる】と形容したほうがしっくりきますね。

毎月、銀行の自動つみたてをしている人も、
郵便局でオート定期をしている人も、
(あなた自身は意識していないかもしれませんが)
やはりお金を【育てている】わけです。

お金というモノを「一個の生命体」として捉え、
その可能性を認めながら、
敬意を持って接しているあなたが、実は存在するのです。

考えてみますと、
預金する、投資するということ自体、
とても贅沢な消費です。

どちらも【余裕】がないと出来ないことですから。
(明日のご飯に困っている状況では到底思いつかない・・)

ヒトは長い歴史の中で、
実にさまざまなモノ、サービスにお金を費やしてきました。

その【変遷】を、
10メートルくらいの長~い模造紙に記していくと、
ひとつの【転換点】が見つかります。

◆ それは、ヒトが「お金そのもの」を
 【消費する】ようになったことです。

貯蓄も投資も広い意味で、人間の選択行動(消費)と捉えると、
これは画期的なことです。

だいたい貯蓄する、投資するなんていう「消費」は、
ヒトが、自分の人生を主体的に捉え、
未来を見据えていないと到底できない行動です。

そもそも500年、1000年前の人にとっては、
「へえー、預金という商品なんて買ってるの
アンタ変わってるよね。

あした死ぬかもしれないのに、
なんでわざわざお金を預けておくんだい。」
という言い草がふつうだったかもしれません..。

その頃は、未来のためにわざわざお金を預けておくなんて、
ちょっと理解しにくい行為だったのかもしれませんね。

しかし、今の私たちには、
お金というモノを「一個の生命体」として捉え、
その可能性を認めながら、敬意を払って【育てていく】という
選択肢があります。

これって素晴らしいことではないでしょうか?

今から500年くらいたてば、
お金の【育て方】は今よりもっと多様になり、
誰も「お金を増やす」という言い方を
しなくなっているかもしれません..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
              晋陽FPオフィス
*********************
7月23日(土)in 東京・大井町【スタンダードコース 残席1】
8月28日(日)in 東京・大井町【ファンド特化コース
10月2日(日)in 東京・大井町【アドバンスコース




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雑誌掲載のご報告です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ただ今発売中の
ダイヤモンド ZAi 8月号「外貨投資の方法」にてコメント、
ポートフォリオ公開しています。

また、en SPA!(エンスパ) 夏号「海外ETF」にてコメント、
ポートフォリオ助言しています。

(わたしは基本編の担当で、次ページで
藤田郁雄(銀座人)さんがリスクテイクした、
個性的なETFポートフォリオを公開されています)




関連記事

| イベント・メディアなど | 01:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「昔は、今より豊かだったんだな…」というセリフを吐く可能性・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

坂道を駆け上っていくときの躍動感は、
物語になりやすいのですが、
坂道を下っていく、なんともいえない徒労感は、
ドラマにはなりにくいものです。

どんな国の、どんな成長物語にも、
必ず「ピーク」というものが存在し、
それらの国々はその後、
ゆるやかな衰退をまるでの苦虫のように経験するわけです。

ローマ帝国も、ヴェネツィア共和国も、スペインも
イギリスもオランダも、そしてアメリカ、日本も?・・・。

以下、先日のコンサルティングのひとコマです。

50代のお母様と20代の娘さんの
親子のお客様だったのですが、
わたしは次のようなことを申し上げました。

「お母様が経験されてきた40年と、
娘さんがこれから経験される40年は、
まったく違う景色になります・・・

どの国の景色かというと、日本の景色 です。

たとえば、あなたのご両親に、
昔のことを聞いてみてください。
「昔はみな貧しかったのよ。生きるのに精一杯で・・」
と答える方が多いのではないでしょうか。

(中には戦争を経験された方もおられます..)

私たちは、私たちの先人を思うとき、
「あの頃は今よりも貧しかったのだ..」という感慨を抱きます。

ところが、これから先、たとえば今から30年が経ち、
わたしが73歳になったときに、
2041年の30代、40代の人たちは、

昔は、今より豊かだったんだな…。
日本も経済大国と呼ばれていた時代があったんだ。」
というセリフを吐いているかもしれないのです。

2041年に80歳になったおばあちゃんが、
「あのね、昔はバブルという時代があってね、
タクシーがなかなかつかまらなかったのよ・・」
と言ったりしている…。

そのおばあちゃんがたまたま
バブルの生き証人」として特別番組に出演し、
さまざまなエピソードを披露します。
画面上には色褪せた1989年当時の映像が映し出されます。

番組のコメンテーターは、
「結局、1990年代から
構造改革のチャンスが幾度もあったのを
その都度先送りし、安易な借金を積み重ねて
問題解決を先送りしてきた結果が、

今日(2041年)の日本の衰退を招いてしまったのです・・」
と発言している可能性が、あるのです。

つまり、昔を振り返り、
「あの頃は豊かでよかったなあ・・」と嘆息する未来が
やってくる可能性が大いにあるということ..。

「これまでの40年と、
これから経験する40年の景色がまったく違っている・・。」
それは、あまりに好対照な景色です。

人口が増える社会と減る社会。
労働者人口が多い社会と高齢化が急ピッチで進む社会・・。

しかし、違った景色が見えたなら、
その景色に沿うように、社会の在り様を変え、
主要な産業の転換を図ることは可能であるはずです。

もしかしたら、現在(2011年)の社会の教科書にも、
1989年の日経平均株価「38,915円」の電光掲示が
写真資料として載っているのかもしれません..。

歴史的時間が過ぎれば、
明治維新や、大正デモクラシーや、太平洋戦争や
日米繊維交渉や、日中国交回復と同じように、
バブル時代も【歴史の一ページ】となるわけです。

坂を上っている最中はそれが「ピーク」だとは気付きません。
少しくらい下り坂になっても、それなりに高い場所にいるので
景色も(本当は1日1日と違っているのですが)
そんなに変わらないように見える…。

「昨日の延長で今日もなんとかなるや・・」という思いが、
坂を下っている自分を、自覚しにくくしてしまうのです。

わたしは時々アルゼンチンのことを思い出します。
100年前の経済の栄華を、
歴史的建造物を眺めながら振り返っている・・
そんな懐古主義にだけは陥りたくありません・・。




関連記事

| 今日のひと言 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT