2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「仕掛人 藤枝梅安」 を読んでいます..。


こんにちは。カン・チュンドです。

池波正太郎さんの
鬼平犯科帳(文春文庫)をぜんぶ読んでしまったので、

「仕掛人 藤枝梅安」に移行しました・・。

(こちらもなかなか面白い..)

仕掛人 藤枝梅安




関連記事

| 書評・映画・美術評 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アフリカETFは遠いですか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最近、楽天証券が海外ETFの取扱い本数を増やしていますね。
新たにシンガポール市場へのアクセスが可能になり、
シンガポール上場のETFが46本取引可能になっています。

またドイツ銀行が運用するETF(db xトラッカーズ)が
4本追加になっています(香港市場上場)
あるいは米国市場に上場するヴァン・エックのETFも
6本追加されました。

今日は(新たに取引可能になった)
ヴァン・エックが運用するETFの中から、
アフリカ株式ETFにフォーカスしたいと思います。

○ マーケット・ベクトル
アフリカ・インデックスETF(銘柄コード AFK

○ ここで突然ですが【クイズ】です。
アフリカ大陸にあるアンゴラと、
南米大陸にあるボリビアとは、どちらのほうがより遠いですか?

答え) それはボリビアです。

しかし、心理的な距離としてはどうでしょう?
アンゴラもボリビアも(あまり変わらず)
【遠い】と感じてしまうのではないでしょうか..。

とくに「アフリカ」は、
アンゴラやチュニジアやモザンビークといった
「ひとつひとつの国」で語られることが少なく、
具体的な印象がなかなか浮かんできません..。

なんと言いますか、
アフリカだけは「アフリカ!」と、
ひと括りにされてしまうのですね。

アフリカそのものに対する印象も
サバンナを駆けるシマウマがいて、
まだまだ発展途上で、恐怖政治で、
AIDSが恐くて・・みたいな、
旧来の「ステレオタイプ」が過半を占めています。

マーケット・ベクトル アフリカ・インデックスETF
の詳細を見れば、アフリカは経済成長真っ盛りで
たくさんの元気な株式会社が存在すると実感できます。
(NYSE Arca 上場。USドル建て。継続コストは0.78%)

下記は、当該ETFの上位組入れ10社です。
(12年1月末現在。全組入れ銘柄は51)

Tullow Oil PLC TLW(イギリス市場上場)6.99%
Nigerian Breweries PLC NB(ナイジェリア)6.82%
Orascom Construction Industries S.A.E.(エジプト)5.40%

Attijariwafa Bank ATW(モロッコ)5.07%
Old Mutual PLC OML(イギリス市場上場)4.68%
Maroc Telecom IAM (モロッコ)4.32%
Guaranty Trust Bank PLC GUARANTY(ナイジェリア)3.98%

Zenith Bank PLC ZENITHBA (ナイジェリア)3.81%
First Quantum Minerals Ltd. FM(カナダ市場上場)3.67%
Randgold Resources Ltd. ADS GOLD(アメリカ市場上場)3.67%

組入れ国は、
南アフリカ  25.1%
ナイジェリア 18.3%
エジプト   17.3%
モロッコ   12.6%
ケニア     1.2% となっています。

(他はイギリス、カナダなど
先進国市場に上場する銘柄)

globalcurrency_mainbanner.jpg


米国ヤフーファイナンスによりますと、
純資産額は6900万USドル
(1ドル80円換算で約55億円..)

直近3ヵ月の1日あたり売買高は約16,000口
(もう少し、純資産、売買高ともに欲しいところ..)

このETFの指数である
Dow Jones Africa Titans 50 指数にも
なぜか「ファクトシート」があり、

それに拠りますと、指数は
2005年の12月31日に設定され、
これまでの年換算リターンは 8.33%となっています。
(アフリカは着実に成長しているのですね..)

いや、より正確に言いますと、
このETFは
南アフリカ・ナイジェリア・モロッコ・エジプトETFであり、

他のアフリカ諸国との経済格差は未だ顕著に存在します。
また、株式市場が未だ整備されていない国も多く、
今後の課題といえるでしょう。

(ちなみに、MSCIフロンティアマーケット指数
採用されているアフリカの国々は、

ボツワナ、ガーナ、ジンバブエ、
ナイジェリア、ケニア、モーリシャス、チュニジアとなっています)

※ 南アフリカ、エジプト、モロッコは、ひとつ上の
「エマージングマーケット指数」に採用されています。

ETFという道具を用いれば、アフリカがほんの少し
身近に感じられるのではないでしょうか..。




関連記事

| インデックス投資全般 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本経済新聞 「電子版」コラム【はじめての投資信託】第19回目がアップされました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日経新聞「電子版」で連載中のコラム
第19回目がアップされています。

【コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託】
 「なぜ投信だけが購入時手数料を払うのか

たとえば、BB洗濯機がヤマダ電機だけでしか売っていない・・。
洗濯機の説明コストとして購入時手数料を2.1%徴収する・・。
(あなたは納得できますか?)

toshi_banner.jpg




関連記事

| 日本経済新聞 電子版「コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託」 | 07:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新シリーズ「インデックス投資って、どこから生まれてきたの?」 その4)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

市場平均そのものに投資を行うという奇行?に出た
バンガード社が(まさか)成功を収めようとは、
1970年代の業界関係者の誰ひとり
思っていなかったのではないでしょうか・・。

当初苦戦した
「バンガード500インデックス・ファンド」ですが、
1980年代後半から、
少しずつ「資産残高」を伸ばしていきます。

「やっぱいいモノは、放っておいても認められるのね!」
と思っているあなた。
んー、話はそれほど単純ではありません・・。

(これは金融商品に限ったことではありませんが、)
どんなにいいモノでも、
時代と「シンクロ」しないと、
なかなか急速には広がっていかないものです。

わたしはアメリカで「インデックス・ファンド」が
普及した理由は【3つ】あると考えています。

1.1978年に401K(確定拠出年金)が導入されたこと。
米国では、多くの従業員が
「401K」(確定拠出年金)を通じて、投資と出会い、
投資と向き合うようになりました。

公平性の観点から、
401Kのラインナップの中に、
「アクティブ・ファンド」と並んで、
「インデックス・ファンド」が品揃えされたことは
大きいと思います。

(言い方を換えると、401Kを通じて、
投資ビギナーの方がインデックス・ファンドを
目にする機会に恵まれた、といえますね・・)

2.1980年代後半~90年代を通じて、
アメリカ株式市場がまれに見る
長期上昇相場】であったこと。

投資を続ける「最大のインセンティブ」は、
何でしょうか?
答え) 投資で「利益が出る」こと。

株式市場が上昇すれば、
インデックス・ファンドのリターンはプラスになります。

インデックス投資の【成功体験】を持つ人が増える
⇒ インデックス・ファンドを選択する人が増える・・
という、「好循環のサイクル」が
アメリカでは生まれたのです。

3.アセットアロケーションを組むという考えが浸透したこと。
プラスのリターンのみを夢想する投資家は、
「下落局面」で手痛いダメージを受けます。

なぜなら、
【リスクを管理する】という発想がないためです。

1980年代、90年代を通じて、
アメリカの投資家はリターンを追求するだけでなく、
分散投資によって
リスクを低減させる【意義】を学びました。

(アカデミックな分野での
「理論補強」も大きな役割を果たしたのです)

結果として、リスク分散効果が高い
「インデックス・ファンド」を保有する人が増えました。


illust590.png


(今となっては信じられないことですが)
バンガード社が運用する
「バンガード500インデックス・ファンド」は当初、
1100万ドルの純資産で運用をスタートさせました。

それが1999年末には
「1000億ドル」(1ドル=80円換算で8兆円)まで
資産残高が膨らみます。

そして、2000年には、とうとう
当時アメリカで最大の投資信託であった
「マゼランファンド」を抜いて、
全米でもっとも大きなファンドとなりました。

【あっ、ここ、もっと驚くところですよ!】

インデックス・ファンドが
あらゆる投資信託の中で、
最大規模のファンドになるなんて、
業界関係者の誰ひとり
予想していなかったのではないでしょうか・・。

ところで、そのバンガードの
インデックス・ファンドって、今でも在るの?
はい、もちろんございます!
バンガード500インデックス・ファンド

◆ バンガード社の功績は、
「理論の世界」で
インデックス・ファンドの有益性が叫ばれる中、
「現実の世界」でそれを実践し、
インデックス投資の優位性を証明した点にあります・・。

誤解を恐れずにいれば、
この「バンガード500インデックス・ファンド」こそ、
資産運用業界の中ではじめて、

◆ 消費者の利益を優先し、
消費者の目線に立って開発された
金融ツールであるとわたしは思うのです..。

どんな業界の、
どんな分野でも同じと思いますが、

消費者の予想を超える、
よい意味で消費者を驚かせるような
商品・サービスを開発することが、
(結果として)
マーケットの拡大につながるのではないでしょうか・・。

「直感こそが敵であり、理性こそが友である 」
              ジョン・ボーグル 




関連記事

| インデックス投資って、どこから生まれてきたの? | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本経済新聞 「電子版」コラム【はじめての投資信託】第18回目がアップされました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日経新聞「電子版」で連載中のコラム
第18回目がアップされています。

【コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託】
 「投資信託の分配金は本当にトクなのか
 
今回はなんと、筆者とカネダくんが
「カネダ株式ファンド」を運用する張本人になってしまいました。

運用という仕事に加え、
分配金の確保、分配という仕事までやらされたら、
「給料上げてください!」と言いたくなります!

toshi_banner.jpg




関連記事

| 日本経済新聞 電子版「コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託」 | 09:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あなたと市場のキャッチボール


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

人は寒い季節の中にいると、
勝手に梅や桜に憧れたりします。
ああ、早く春が来ないかなあ」と・・。

こんな想いを抱いているときは、
じりじりと陽が照りつける8月の暑さなど、
きれいさっぱり忘れてしまっているのですね..。
(もう何十回も夏を経験しているのに!)

四季の移ろいはまことに不思議なものです。
ちょうどその季節を忘れてしまった頃に
またその季節がやってきて、

ああ、そういえば夏ってあったよね!」
みたいに、
(なんと言いますか、)冬には冬の、
夏には夏の【新鮮さ】というものを
(自然に)持続できてしまうのです..。

多分、今年も夏が来れば、
ああ、暑いなあ。早く涼しくならないかなあ」と
真顔で言っているのでしょうね..。

○ マーケットも同じです。

下がる下がる、コロコロと坂道を下ることしか
なかったようなセンチメントのときは、
基本的に「弱気ムード」が全体を支配します。

そして、生まれたこのかた
「ずーっと弱気だった」と勘違いしてしまうのです。
「株ってほんとに上がるの?」
と真顔で言ったりもします。

ところが、上がる上がる、
まるで凧に乗ったように上昇気流に揺られていると、
「下がっていた頃」を
きれいさっぱり忘れてしまうのです。

なんで、凧が降下していくわけ!?
(下がるわけないじゃん!)
という空気に包まれたりもします..。

私たち投資家が、
肝に銘じないといけないのは、
「上がっているマーケット」の中で
ワクワクしないことです。

上がるというのは、
(言わば)【当たり前】のことなのです。

(何百年という株式マーケットの歴史の中で、
下がった回数より、上がった回数のほうが多いからこそ、
株価指数はちゃんとプラスになっているわけですから..)

同時に、私たち投資家が、
肝に銘じないといけないのは、
「下がっているマーケット」の中で
ハラハラしないこと・・。

○○はもうダメだ、
○○が経済の足かせになっている、
なんて言葉は、

あらゆる時代、あらゆる場所で
もう何百回も言われ続けてきたセリフです。

(どんな危機的な状況が訪れても、
人はごはんを食べますし、
最低限の買い物はします。

経済の規模がゼロに近づくことは、
可能性として限りなくゼロに近いのです..)

逆に、マーケットが下がっているとき、
また、人々のセンチメントが暗~いときは、
下がった局面を用意してくれたマーケットに
【感謝】すべきでしょう。


006.png


カンさん。それって、
「後から振り返るとなんでも言えるよね!」
パターンじゃないですか。

去年(2011年)の8月から10月にかけて
しっかり買っておけば、
こうなっていますよ。みたいな・・。

いえいえ、そんなことはありません。
心配しなくても、今後も、
下がる局面は必ずやってきます。
これはもう、マーケットの摂理なのです。

私たちが注意しないといけないのは、
今後、世界のマーケットがいっそう一体化し、
(かつ狭くなる状況下で)

○ 投資という行為に参加する人が
ますます増える、という点です。

特に新興国、フロンティアマーケットで
「生まれてはじめて有価証券を買ってみよう!」
という人が急増することが予想されます。

中期的には、
より多くのお金が一度にマーケットに押し寄せ、
また、より多くのお金が一度に
マーケットから引き上げたりしますから、

ますます、マーケットの価格変動の振れ幅が
大きくなることが予想されます。

○ 投資できるお金を一度に投資してしまわない
○ 安全資産を一定割合確保しておく
○ できれば定期定額の「つみたて」という
投資の執行方法を基本戦略とする

○ 投資の執行はあくまで「ポートフォリオ」に従う
という、基本ルールを守ることが
より大切になってくるでしょう..。

投資家とマーケットというところは、
キャッチボール」みたいな関係にあり、

マーケット
「俺たちはもう、こんなに変わっているんだぜ。
あんたたちも、俺たちとの付き合い方を
もちょっと考えないとな・・・」と、

投資家側に、変化を促しているのです。

もちろん、市場という、
奇怪な生き物の全容を理解し尽くすことは
できないかもしれませんが、

変貌していく
市場とうまく付き合っていくことは出来るはず..。
なぜなら、マーケットは、
私たち人間が作ったものなのですから..。




関連記事

| 投資の発想法 | 08:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT