FC2ブログ

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

毎月分配金をもらうことと、定期的にファンドを解約することはまったく同じ理屈なのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

セカンドライフを迎える人にとって、
『定期的な収入』は日々の生活を支える大切な要素です。

おそらく多くの人が、
「一塊の資産」(ストック)をいかに
『定期的な収入』(インカム)に変換させればよいかで
頭を悩ませているのではないでしょうか・・。


そういう潜在ニーズにつけ込んだのが、
「毎月分配型ファンド」です・・。

わたしは日々の相談業務を通じて、
「毎月分配型ファンド」を買っている人がいかに多いかは
十分承知しているつもりですが、

最近ちょっと哲学的に?考えてしまうことがあります。

人は、
A 与えられるモノに価値を見出し、
B 自ら判断して得るモノを過小評価する。

ということです・・。


「投資信託」という商品の中で起こる、
毎日、毎月のよしなしごとは
私たちの日常とさして変わるものではありません。

要するに、良いこと(価格が上がる)が起これば、
悪いこと(価格が下がる)も起こるわけです・・。

あなたがファンドから『分配金』をもらうことと、
あなたがファンドを解約して『現金』を受け取ることは、

【ファンド内から自分の資金を引き出す】という意味で、
まったく同じ行為です。


(ここのご理解、とっても重要です。)


では、何が違うかというと、

商品提供側に
「毎月のおカネ」を作ってもらうのか、

あなた自身が「毎月のおカネ」を作るのかの
【違い】だけなのです。

Aは「毎月分配型のファンド」と呼ばれ、
Bは「あなたがファンドを毎月解約する」と言われますが、

どちらも同じ「毎月のおカネ」
= インカム です・・。


※ どちらも、良いとき(価格が上がる)も
悪いとき(価格が下がる)も、
【ファンド内から自分の資金を引き出していますね。】


公募の投資信託は基本的に、
『いつでも購入、いつでも解約』することができます。

したがって、ファンド側は解約に備えて
いつでも一定の『キャッシュ』を保有しています。

Bの、
あなた自身が「毎月のおカネ」を作るために
自分のファンドを「解約」することは、

言ってみれば
ファンドにとっては日常業務の範囲内であり、
プラスアルファの『仕事』が発生するわけではありません。

一方、Aの、
商品提供側に「毎月のおカネ」を作ってもらうことを、
まあ、「毎月分配金が出る」と形容するわけですが、

これは、
ファンドが『解約』に備えるのとは別に
「分配金の準備」のため、ファンド内に
プラスアルファのキャッシュ部分』を持つことです。

これって運用効率が落ちることだと思いませんか?

さらに、Aの場合、あなたはファンド側に
プラスアルファの『仕事』をさせることになります。

⇒ 運用するという仕事に加え、
毎月「分配金」を準備する・払い出すという仕事を
「させている」わけですから・・。

その結果、ファンドに支払う継続コスト(信託報酬)が
高くなるわけですね・・。(あなたは嬉しいですか?)


もう一度、
冒頭の文章に帰ってみましょう。

セカンドライフを迎える人にとって、
『定期的な収入』は毎日の生活を支える大切な要素です。

おそらく多くの人が、
「一塊の資産」(ストック)をいかに
『定期的な収入』(インカム)に変換させればよいかで
頭を悩ませているのではないでしょうか・・。

あなたのセカンドライフは、
あなた自身が形作るものです。

つまり、今現在、保有するご資産から、
毎月「いくらぐらいのお金」が必要かは、
あなたが・自分で・決めることです。


Bの、あなた自身が
「定期的に自分のおカネ」を作るケースだと、

毎月7万円を解約する、
半年に一回、50万円を解約する、
1年に一度、120万円を解約する、

あるいは、
2015年は大いに儲かったので、
年150万円解約しようとか、

2016年は成績が悪かったので、
80万円だけの解約に留めておこうとか、

どのように、
どれだけ『インカム』をもらうかは、
100%あなたの【自由】なのです・・


まさに、あなたが
あなたのお金の「手綱」を握っている状態です。


A 与えられるモノに価値を見出す
B 自ら判断してモノを得る


上記のどちらを選ぶかは、
(ちょっと大袈裟にはなりますが)、

セカンドライフにおける
あなたの・お金に対する
【価値観】そのものを示すものだとわたしは思います。

○ 運用効率から云っても、
○ コストの低さから云っても、
○ 日々のお金の管理のしやすさから云っても、

(低コストの)ファンドを長期で持ちながら、
定期的に『解約』(引き出し)を行っていったほうが
すこぶる合理的だと思いませんか・・?


ただ、テクニカルな面でいうと、
金額ベースで「解約」(資金の引き出し)の
管理を行うよりも、

毎年「% パーセント」で
資産からの『引き出し』(解約)を行い、
長生きするリスクに対処することが重要と考えます。


一例ですが、たとえば、
毎年資産の『4%』を引き出しながら、
長期的に『4%』の結果リターンを得られれば、

名目上、ポートフォリオの価値は変わりません・・。
(※ ここでは税金は考慮していません)

当オフィスと10年以上お付き合いがあるお客様で、
毎年3%の【引き出し】(解約)を続けながら、
ご資産額そのものは
当初より増しているお客様が複数おられます。

(このようなお客様は
インデックスファンド、ETFのみで
ポートフォリオを組まれているのです)

『インカム』のもらい方は、
毎月分配型ファンドだけではないのですよ・・。

【参照記事】
吊られた男さん
分配金は部分解約と同じです - NISAも始まったし基本に立ち返る

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 12:15 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |