FC2ブログ

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

VTくん、おめでとう!『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013 第1位受賞記念座談会』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

SBI証券のサイト上で、
「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」
第1位受賞記念座談会】の模様がアップされています。

座談会では、
SBI証券の内藤由貴恵さん、
バンガード・インベストメンツ・ジャパンの金野真弓さん、
そして不肖わたくしカンが対談をさせていただいています。

FOY第1位に輝いた
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」【VT】は、

これ1本で、
先進国と新興国への投資(含む日本)が可能であり、
小型株も網羅しています。

(年間経費率はナント0.18%!)

これは私見ですが、
米国の投資家より、日本の投資家のほうが
この【VT】に対する関心度って高いと思うのです。

(アメリカ人には
ピュアな【世界株式ETF】って
ちょっと受け入れにくいのだろうか・・?)

VTの概要
『Portfolio composition』のところを見れば、

北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、新興国の
現在の株式マーケットの
勢力図(組入れ割合)」も確認できますよ。

また、VTは
「究極の投資対象」と云われるように、
どの国の、どんな人にとっても
普遍的で、バイアス(偏り)がかからないETFです。

単純に考えれば、
○日本債券ファンド+VT(日本人向け)
○アメリカ債券ファンド+VT(米国人向け)
○チリ債券ファンド+VT(チリ人向け)

というふうに、
『自国の債券ファンド』+VTで、
シンプルなポートフォリオは完成してしまいます。
(中学生にも理解できる!)

あなたが
1ヶ月や3ヶ月という短い時間の波に
押し潰されそうな時、

目先の利益や目先の損失で
目の前が見えなくなってしまった時、

投資の【基本】に帰るという意味で、
「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」を
思い出してみてください。

おまけ)
VTは、SBI証券の外国株式取引で
「最初に買われる銘柄」の第2位にも
ランキングされているのだそう・・。

sbi.jpg

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013 第1位受賞記念座談会




関連記事

| イベント・メディアなど | 11:44 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

違った景色となる『MSCIフロンティア100指数』



こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

現在「i シェアーズ フロンティアマーケット100 ETF」は
米国上場は銘柄コードFM、
国内上場分は銘柄コード1583となっています。

当該ETFは
『MSCIフロンティア100指数』との連動を目指します。

その『MSCIフロンティア100指数』ですが、
この5月より、カタールとアラブ首長国連邦(UAE)が
新興国市場に移行するため、構成国とその割合が
大きく変動することになります・・。

現在、同指数に占める
カタールとUAEの構成割合は35%を超えています。

このため、
新たなポートフォリオへの移行は、
5月から11月まで7ヶ月をかけ、
7段階(1ヶ月に1段階)に分けて実行される模様です。

【MSCIによるリリースはこちら(英語)】

上記リリースでは、
『MSCIフロンティア100指数』の親指数を、

「MSCI Frontier Markets Index」から、
「MSCI Frontier Markets Investable Market Index」に変更すると記されています。


また、組入れ割合がもっとも高い2ヶ国について、
その構成割合がポートフォリオの40%を超えないよう、
新たな基準が設けられる模様です。

(もっとも組入れ割合が高い2ヶ国は、
クウェート」、「ナイジェリア」となります・・)

その他の構成国は、アルゼンチン、パキスタン、
ケニア、モロッコ(新興国から以降)、オマーン、
カザフスタン、ベトナム、スリランカ、バングラデシュなどとなります。

フロンティアマーケットは
もっとも未成熟な市場であり、
今後も、構成国の入れ替えが
頻繁に起こることが予想されます。

(わたしはこれをネガティブ要因とは見ません。
逆に、世界の成長が続いている証左と見なします)

「i シェアーズ フロンティア株ETF」(MSCIフロンティア100)
の詳細はこちらです。

ちなみに、わたしが実際に訪れたことがあるのは
まだベトナムだけです・・。

似顔絵




関連記事

| 指数のお話 | 13:34 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

不動産の価値の源はどこにあるの?


こんにちは、
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「ざっくりしたお話」になりますが、
土地の価値ってほんらい、
何で決まっていたと思いますか?

(実は)【おこめ】です。
??

(少しタイムスリップしますよ・・)

あなたは2,000年前の日本にいます。
みんな米作りに励んでいますね。


田んぼ


そこかしこに、
いろいろな田んぼがありますが、

同じ広さの【田んぼ】でも、
「お米がたくさん取れる場所」と、
「そうではない場所」があります。


(たとえば「水はけがよい・悪い」、
「陽当たりがよい・悪い」などの条件の違いで)


仮に、という田んぼでは、
年間 20kgの【おこめ】が取れ、

という田んぼでは
年間 10kgの【おこめ】しか取れないとしましょう。
(どちらも同じ広さですよ!)

どちらの土地の方が、価値が高いですか?

答え)Aです・・。

(フランスにお住いの方は、
【おこめ】を【小麦】に置き換えてみましょう・・(^^;)


要するに・・、

単位面積当たりで
「農作物がたくさん取れる場所」が、
価値のある場所 =【土地】とされてきたのです。

これが、
土地の価値の源です・・。
(実はこれは『収益還元法の起源』でもあります)



定年


そのうち、農作物に代わり
貨幣というものが流通し始め、
商業や工業という人間の営みが
「経済の要」になってきました。

そうすると、
土地そのものよりも、

その土地の上に【建物】を建て、
人は『建物の中で』
経済活動を営むようになってきたのです。


この「パラダイムシフト」は意外と重要です。

⇒ 土地そのものよりも、
 【土地】の上に建つ【建物の中で】

どんな付加価値を創造できるかが、
重要になってきたからです。


鍛冶屋さんしかり、
小間物屋さんしかり、
歌舞伎の公演しかり・・。

みんな『建物の中で』
何をやっているかが重要。


たとえば、東京・練馬区の
『一戸建ての家』を想像してみてください。

家

AとB、
ふたつの一戸建て(3階建て)が
並んで建っています。

両者の土地の広さ、
建坪、家の形状、土地の形まで
すべてまったく【同じ】としましょう。

(駐車場一台分のスペースまで同じ・・)

ただ、違うのは
『土地の権利形態』です。

Aは、
土地の【所有権】の上に建物があり、
Bは、【借地権】の上に建物があります。


(伝わっていますね?)


【問題】
あなたがA、もしくはBの一戸建てを
借りて住む場合に、
賃料の違い】は発生するのでしょうか?

答え)【賃料は変わりません。


なぜなら、あなたは
土地の上に建つ【建物】を、
借りて利用する人
だからです。


あなたは(結果として)
【建物】の下にある【土地】も使用しますが、

建物の所有者(大家さん)が
併せて土地も所有しているか、
はたまた借りているのかは、

あなたにとって問題ではありません。


pillthumbnail.png


そう考えると、
【土地の価値っていったい何だ?】
と考え込んでしまいますね。

(たとえばマンションをお持ちの方。
ふだん『敷地権』も所有していると意識していますか?)



★ 結局のところ、
21世紀の今日では

【土地】より、
【建物】が生み出す収益の方が圧倒的に大きいのです。

不動産の価値は、
土地の上に
どんなモノが建っているか、

その建物がどれだけの収益をもたらすのか
これによって決まるのです・・。

似顔絵




関連記事

| 人生をプランニングする | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資はシンプルさにこだわったほうがいいですよ・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

相談業務を長年行っていますと、
ひとつの【傾向】が見えてきます。

それは、
金融商品を数多く保有されている方が多い。
ということです。

個別株しかり、債券しかり、投資信託しかり・・。

なるほど【リスクを分散させる】ことは
重要なのですが、

たとえば、
お話を投資信託(含むETF)に絞ったとしても、
10本以上のファンドをお持ちの方が
実にたくさんおられます・・。

★ 大まかな傾向としてですが、
金融商品の数の多さと、
お客様のお迷いの大きさは
『比例』していると思います。


仮にあなたが
「アクティブ・ファンド」を希求しているとしましょう。

「アクティブ・ファンド」を保有するとは、
『人の能力にお金を託すこと』ですから、

どの人(どのファンド)が良いのだろう?
という悩みは深いものです。

そして、いったん悩み始めると、
保有する投資信託の数はどんどん多くなります・・。

これまで、
A、B、D、Fのファンドをお持ちだった方が、
G、I、J、K、M、N、Pのファンドも
保有するに至った際、

A、B、D、Fのファンドも、
(解約することまでは出来ず)
持ち続けているケースが多いのです。

そして、少しずつ
「資産配分」という意識が希薄化していきます。


わたしはよく、
⇒ 電車に乗っているときに、
【頭の中で思い描ける】程度の
ポートフォリオがちょうど良い、


という言い方をします。

投資対象が頭の中で描けて、
そして、保有する金融商品も
頭の中でイメージできる・・。

それくらい
【シンプルさ】にこだわったほうが、
投資が続けやすくなるのではないでしょうか?

では、
お話を「インデックス・ファンド」に絞ったら、
事はもっと単純になるかというと、
(残念ながら)NO なのです・・。

わたくしの経験上、
「インデックス・ファンド」のみを
保有されているケースで、

ファンドを10本以上お持ちの方は
しばしば見受けられます。

インデックス投資の場合、
『市場平均を買う』という基本方針は同じですから、
ひとつの投資対象】に
ひとつのファンド】が原則になりますよね?

しかし、人は悩んでしまうのです。


「先進国株式」という、
ひとつの投資対象を取っても、

Aインデックスファンド、
Cインデックスファンド、
Fインデックスファンドと、複数持ってしまったりします。

こちらのブログ記事にも以前書きましたが、

インデックス・ファンドの選択基準は
(実は)至極シンプルで、

【今後、純資産額がもっとも伸びていくのは
どのファンドなのか?】という視点を持つことです。

★ なぜなら、
【今後、もっとも純資産額が伸びていくファンド】は、
【今後、もっとも信託報酬を引き下げる
余地が生まれるファンド】でもあるからです。


あるいは、あなたが
「バランス型のインデックス・ファンド」を
希求している場合はどうでしょうか?

このケースでも悩みのタネは尽きません・・。

たとえば、
世界経済インデックスファンドと
セゾンバンガード・グローバルバランスファンドと、
eMAXISバランス(8資産均等型)という
3つのファンドを目の前にして、

どれか、ひとつに絞り込む】という行為に
途方もない大変さを感じてしまうケースがあります。

「ほんとうにこの運用会社で大丈夫?」
「ファンドの繰り上げ償還ってない?」
という心配が頭の中をぐるぐる駆け巡るのです。

結果、
「3つのバランスファンドを全部買っておこう。」
という言い方をするお客様もおられます。


どのファンドを選ぶにしても、
運用会社の倒産リスクは(究極のリスクとして)
存在し続けますが、

あなたの資産が
ゼロになってしまうわけではありません。
(ファンド資産は信託銀行が保管しているため・・)

また、繰り上げ償還のリスクも、
セゾンバンガードの場合は
ファンド・オブ・ファンズであり、
元のバンガードのファンドの純資産は潤沢ですし、

あるいは、
世界経済、eMAXISバランスとも、
SMTシリーズ、eMAXISシリーズと同じ
「マザーファンド」に投資を行っており、

それぞれの「マザーファンド達」は
概ね純資産額が十分積み上がっています。

そもそも、
3つのバランスファンドを全部買ってしまうと、

「自分の全運用資産の中で、
新興国株式をいくらぐらい持っているのか?」
というような全体像の把握を、
(いちいち足し算をして)行わないといけません。

・どこで買うか【ひとつの窓口】
・なにを買うか【ひとつの投資対象に、ひとつの商品】

という【原則】を貫かれたほうが、
結局のところ、
ストレスが少ない資産管理が出来るとわたしは思います。

似顔絵




関連記事

| 投資家の感情リスク | 19:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い出のお菓子『ココナッツサブレ』



こんにちは。カン・チュンドです。

 ココナッツサブレ・・。

子どもの頃の記憶が蘇ります・・。

今でも一度食べ始めると、
『止められない、止まらない』なのです(笑)


ココナッツ





関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 18:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

弊所はゴールデンウィーク期間中も『平常通り』営業いたします


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたはもう、
GW(ゴールデンウィーク)の予定は立てられましたか?

どなたが命名したかは存じませんが、
黄金週間(ゴールデンウィーク)と聞くだけで、
何だか素敵な響きがありますよね。

もし、あなたが東京観光に来られる予定だったり、
普段の休日とは違う過ごし方をお考えであれば、

メインのご予定のついでに
資産運用のモヤモヤを
解消されてはいかがでしょうか・・?

尾瀬

当オフィスは、
ゴールデンウィーク期間中(4/26~5/6)も
『平常通り』営業いたします!
(毎年恒例なのです・・(^^;)

 
 ~ あなたが求めているものは何でしょうか? ~  

  ・ETF、インデックス・ファンドの選び方
  ・ポートフォリオの組み方を教えてほしい

  ・今の運用のやり方を改めたい!

  具体的には、今、保有している投資信託、
  個別株を処分して、シンプルなポートフォリオを作りたい

  ・NISA口座ってどうなの? 利用すべきなの?

  ・会社で確定拠出年金が始まるのですが、
   自分の運用にどう位置付ければいいの?

  などなど、
  あなたの投資にまつわる【お悩み】をお伺いし、
  悩みの【起点】を解きほぐします・・。

   カウンセリングサービス
  【コンサルティング専科】の詳細はコチラです!
  
  (お電話でもお申込みを受け付けております。
      TEL 03-6435-0078)




関連記事

| コンサルティングのお知らせ | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT