2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

受益者の数が増えることが、投資信託の成長の源泉です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ハイ、あなたは今、
自分に最適な『投資信託』を選ぼうとしています。

まず、最初にチェックするのは
【どの項目】ですか?

○ コストですか?
○ それとも基準価格?

(あっ)、
○ 純資産額も大事ですね・・。

もちろんその前に、
○【どこの】、【何に】投資を行うファンドか、
しっかり確認する必要があります。


わたしは前々から思っているのですが、
サイト上の「お申込みメモ」と呼ばれる
情報を見ても、

投資信託説明書(交付目論見書)を見ても、

運用レポートを見ても、
運用報告書を見ても、

その投資信託の【受益者数】、
つまり、

そのファンドを保有している人が
【いったい何人いるのか】っていう情報は
載っていないですよね?


(これって、そんなに
重要な項目ではない?)


投資信託を買うとは、
あなたが他のファンド保有者と
『同じ船』に乗り合わせる、

ということです。

⇒ なにせ投資信託とは、
共同購入商品】ですから!


たとえば、わたしは毎月
「SMT新興国株式インデックス・オープン」を
積み立てていますが、

この投資信託を買っている人が
日本全国にいったい何人くらいいるのだろうと、
時々・夢想します・・(笑)

そして、自分の仲間である
ファンド保有者たちの『属性』も
ちょっと気になったりするのです。

たとえば、
○ 男女比はどのくらい?
○ 年代別の比率は?

○ また、
首都圏、その他の
都道府県別の『割合』は
どうなっているの?

あるいはもっと言うと、

○ 個別株でいうところの
『株主構成』
(投信では、受益者構成?)は、
一体どうなっているのだろうか・・?


そもそも投資信託って、
すごく少額から購入できるので、

「SMT新興国株式インデックス・オープン」を
3,000口しか持っていない人もいれば、
134,387,166口持っている人も(もしかすると)
いるのかも・・。


そして、
『大株主』ならぬ、
『大受益者』って一体どんな人・・?

たとえば、いったい誰が、
「SMT新興国株式インデックス・オープン」で
もっとも多くの口数を保有しているのでしょう?

それはもしかしたら、
愛知県岡崎市に住む
82歳のおばあちゃんかもしれませんし、

もしかしたら
それは個人の投資家ではなく
『法人』であるかもしれません・・。


無題

仮に、
あなたが保有する
『ABCファンド』の【受益者数】が
14,220人いても、

あなたは普段、
その投資信託に資金を投じている、

ほかの仲間の人
つまり、14,219名の人を
意識することはありません。

あるいは逆に
あなた自身が、

他のファンド保有者から、
【仲間のひとり】であると思われている、
なんてことも
意識しないですよね・・。


たしかに、
ファンド内で
【仲間意識】を持ったからといって、

そのファンドのリターンが
上がるわけではありません。

でも、ですよ、
(自分のほかに)
【どんな人が
そのファンドを保有しているのか】、

つまり、
他のファンド保有者の質によって、
ファンドの成績に
影響が出ることはあると

わたしは考えています。

◆ 参照記事
【その投資信託、
どんな人が買っているか、想像したことがありますか?】



言わずもがな、ですが、

あなたもわたしも、
【たったひとりで、
そのファンドを買い付けているわけでは
決してない】のです・・。


その投資信託には
何千人、何万人という仲間が存在します。


同じ船に乗り合わせている
【自分と同じテイストを持った仲間の数】が
少しずつ、ああ、増えているんだなあ、
と感じることは、

投資信託を用いた運用の
醍醐味のひとつだとわたしは思います。


banner1.jpg


そもそも、
投資信託という商品の価値って、
どこから生じるのでしょうか?

(よーく考えてみましょう・・)

はじめのはじめに、
ファンドを買ってくれる人がいて、
はじめて『資金流入』というものが起きます。

そして、資金流入があってはじめて
ファンドは銘柄を買い付けることが出来、
そして、長い運航をスタートできるのです。

なんだか朝の格言みたいですが、
【まずは人、ありき。】なのですね。


4Feet-300x121.jpg


時間をかけて【仲間】が増え、
自分たちがこのファンドを支えていると
自覚することで、
(= 同じファンドに居続けることで) ← ココ、重要。

特にインデックスファンドの場合、
明確なメリットが生じることがあります。


ちょっと想像してみてください・・。

仲間】が増え続け、
資金流入が増え続け、
(ファンドの成績も相まって)
純資産額がどんどん成長していく・・。

そうすると、
あなたや【仲間】には、
けいぞくコストの低減という
『報酬』がもたらされるのです。

あのバンガード社の
インデックスファンドのけいぞくコストですら、
いちばん最初は 年0.89% だったのですから・・。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 13:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月18日(水)お金のデザイン社主催「第3回資産運用セミナー」に登壇いたします


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今から4年前、
米国のファイナンシャルプランナーの大会
「FPA Conference」に出席した際に、

最適なETFの組み合わせを
ビジネスにしている会社があることを知りました。
『HAHN Investment Stewards』

いわゆる投資一任業務として、
顧客のポートフォリオ構築、
運用全般、そしてメンテナンスまで
執り行う会社です。

このようなビジネスモデルの会社が
去年、日本にも登場しました。
そう、『お金のデザイン』さんです・・。

お金のデザイン


5,000本を超えるETFを対象に、
顧客に適した
アセットアロケーションを組む手法は、

日本の投資家にとってはまさに、
『次世代型の資産運用』と云っていいでしょう。

そのお金のデザインさんが
第3回 資産運用セミナーを開催します。

米国に学ぶ投資一任運用の最前線
3/18(水)19:00~21:00 東京・市ヶ谷

代表の廣瀬朋由さんの
プレゼンテーションを皮切りに、

パネルディスカッション【第一部】(30分)
パネルディスカッション【第二部】(45分)が
行われます。

pie-chart.png

とにかく登壇者が豪華です。

【第一部】

資産設計アドバイザーの内藤忍さん
ファイナンシャルプランナーの和泉昭子さん 
ブラックロックの渡邊雅史さん
京都大学大学院経営管理研究部の加藤康之さん

【第二部】

お金のデザインの北澤直さん
ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さん
イボットソン・アソシエイツ・ジャパンの
小松原宰明さん

投資信託事情 編集長の島田知保さん
三菱UFJ投信の佐々木康平さん
(わたくしカンも第二部に登壇いたします)


このセミナーは特に、
銀行や証券会社に言われるがまま、
高コストの金融商品を買っている人に
受けていただきたいなあと思います。

また、
ファイナンシャルプランナーの皆さまで
ポートフォリオ運用の最前線を
お知りになりたい人にも最適だと思いますよ。

お金のデザイン社主催
「第3回資産運用セミナー」
米国に学ぶ投資一任運用の最前線】は、
3月18日(水)19時スタートです!(東京・市ヶ谷)

似顔絵




関連記事

| イベント・メディアなど | 18:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「分配金」=「普通分配金のみ」にすれば、投資信託もフツーの世界の住人になれます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今年に入ってはじめて『投資信託』という
言葉を聞かれた方は、

投資信託 = 毎月分配金が出る金融商品、
と思っておられるかもしれません・・。

確かに、
多くの人は毎月【お小遣い】がもらえることに、
隠し切れない喜びを感じます。

ただし、この【お小遣い】の
本当の中身を知ってしまうと、

ちょっとうまく乗せられて、
梯子を外されたような、
後味の悪さだけが残ってしまいます。

(月並みですが、
『美味しい話』は転がってはいないのです・・)


毎月分配金が出る金融商品については、
当ブログでも、

童話「ニワトリとタマゴ」から毎月分配型ファンドを一考する
みたいな記事を書かせていただいて
啓蒙には努めているつもり、です。


(ところで)、
わたしは個人的に最近、
思っていることがあります。

それは、金融庁がけっこう本気で
「毎月分配型ファンド」に対して、
【規制】を敷いてくるのではないか、
という『予想』です。


investment.jpg

より、正確に云うと、
【分配金】の概念そのものを、
狭めてくるのではないか
と考えています。

そもそも、
米国の投資信託(ミューチュアルファンド)では、
投資家の元本を取り崩して
【分配金】を出すことが認められていません。

米国の投信が云う【分配金】とは、
ファンド内で発生した配当や利息収入、
それに値上がり益の中から、

ファンド保有者に
「利益相当」を【還元するお金】のことなのです。
(伝わっていますね?)

また、イギリスの投資信託では、
値上がり益の中から【分配金】を出すことが
そもそも認められていません。
(配当、利息収入からのみ・・)


★ つまり、
日本の投資信託の【弊害】の根っこには、
『分配金の概念が広すぎる』
というルール上の問題があります。


follow-the-rules.jpg

これって、
一見深刻そうに聞こえますが、
実は話は単純で、
ルールを敷き直してしまえばよいのです。

??

わたしは個人的に、

「普通分配金」のみを
【分配金】として認識し、


「元本払戻金」(ちょっと前まで
特別分配金と呼ばれた)は、
そもそも【分配金】ではなく、

このようなお金を
ファンド内から出すことを
禁止してしまえばよいと思っています。


もちろん、業界内では
一時的に大混乱が起こるでしょうが、

投資信託という商品が、
フツーの人が住む、フツーの世界】に
戻っていくだけのことです。

長く続いた
【毎月分配型ファンドのバブル】は終焉を迎え、

【お小遣い】と勘違いされていた多くの方が、
リスク資産の運用の、
『ゼロ地点』に立つことになります。

そこから見える景色は、
(風は少々冷たいですが)
見渡す限り澄みきっているはずです・・。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 17:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信託報酬が安いファンドがどんどん出ていますが、新しいファンドに乗り換えたほうがよいのですか? その2


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

これだけ『インデックス投資』が
世の中に広まってくると、
この投資手法を「誤解」する人も出てきます。

「カンさん。とにかく
インデックス投資をしていれば大丈夫でしょ。」

いいえ、違いますよ。

インデックスファンドを供給しているのは、
利益を上げることが目的の
運用会社」と呼ばれる株式会社です。

インデックスファンドも
ひとつの『商品』ですから、

(供給側から見て)
「なんだ、コレは思ったより儲からないな・・」
と判断したら、

運用会社が
(インデックスファンドという
マーケットから)撤退する

(= 繰上げ償還する)
ということもあり得ます。


これはわたしの私見ですが、
現状、インデックスファンドという
『マーケット』を俯瞰すると、

明らかに、
供給 > 需要 になっていると思います。

(ただ、インデックスファンドを買えばよい、
というわけではないのです)


特に、販売会社が
1社、2社に限られている
インデックスファンドは注意が必要です。

また、たとえ
『繰上げ償還』にまでは至らなくても、
思ったほど純資産額が伸びず、

したがって運用効率の悪さが改善せず、
(見かけの信託報酬は安くても)、
『トータルコスト』はそこそこ高いまま、
という可能性もあり得ます・・。


index-funds.jpg

ところで、
今となっては遠い昔のような話ですが、

わたしがFPになりたての頃、
ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン
(信託報酬:年1.026%)
をウォッチしていた時期があります。

そのあと、
2000年代に入り、

日興アセットマネジメントの
インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)」
(信託報酬:年0.9072%)や、

三井住友トラスト・アセットマネジメントの
外国株式インデックスファンド
(信託報酬:年0.864%)が登場し、

うわぁ、本当に信託報酬って下がるんだ
と歓喜したのを覚えています・・。


それから10数年を経て・・、
インデックスファンドの『継続コスト』は
さらに下がってきていますが、

もうこれで、
インデックスファンド間の【競争】は
終わりなのでしょうか?



たとえば、
SMT グローバル債券インデックス・オープン
(信託報酬:年0.54%)
(純資産額 約132億円)と、

(※ マザーファンドベース純資産額
2014年11月末現在 約2499億円)

<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国債券インデックスファンド

(信託報酬:年0.4104%)
(純資産額 約20億円)を、

(※ マザーファンドベース純資産額
2014 年11 月20 日現在 約75億円)

比べた場合、

これって、
コスト競争の
最終局面】と呼べるのでしょうか?

(あなたはどう思われますか?)


CreativeDestruction4.png

わたしはぜんぜん
『最終局面』とは思いません。

【業界的に見れば】
まだまだ、
インデックスファンド間の「競争」は
始まったばかりだと思います・・。



もし、あなたが、
これからの『積み立てベース』でも、

そして、これまで
『積み上がったご資産ベース』においても、

「SMT グローバル債券インデックス・オープン」
から、
「ニッセイ外国債券インデックスファンド」
への【乗り換え】を検討されているなら、

1.インデックスファンドをめぐる
コストの【競争】は最終局面である。

2.そして、
両ファンドの【継続コストの差】は
相当高い確率で
このまま存在し続ける。

上記のふたつに関して、
『確信』を持たれる必要があると思います。


(もし、上記について
『確信』がおありなら、
かつ、あなたがまだ
資産形成世代であるなら、

税金を支払ってでも、
ニッセイ外国債券に
乗り換える価値はあると思います・・)

【あなたはどう思われますか?】


個人的には、
ベビーファンドベースで
ニッセイ外国債券インデックスファンドの
純資産額が、

同じくベビーファンドベースの
「SMT グローバル債券インデックス・オープン」
の純資産額を上回るのは難しいと考えています。

なぜなら、
インデックスファンドという商品は、

(コスト以外での)
性能・効用面での【差別化】が
ほとんど出来ないためです。

したがって、
最初にマーケット内で
ある程度のポジションを築いたプロダクトが
優位に立つという、
先行者利益】が存在すると考えます。

◆ 参照記事
インデックス・ファンドには「先行者利益」があるの?】


5年、いや10年くらいの
【時間軸】を持てば、

★ 「どのインデックスファンドを選ぶべきか?」
という【問い】に対して、

「もっとも『純資産額』が
伸びていくであろうインデックスファンドを
選ぶ」という【答え】が、
導かれるのではないでしょうか・・。

なぜなら、
長期のスパンで見れば、

もっとも『純資産額』が
伸びていくインデックスファンドこそ、
もっとも『信託報酬』(けいぞくコスト)を
引き下げる「余地」が生まれるファンドであるからです。


似顔絵

◆ 関連記事
信託報酬が安いファンドがどんどん出ていますが、新しいファンドに乗り換えたほうがよいのですか? その1





関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 13:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

為替リスクって、投資信託の天敵なのでしょうか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(突然ですが)、
「旅行」と「投資」って似ていますよね。

どちらも昔は、
『超・お金持ちの人たち』だけがするものでした。

今は?
ちょっと頑張れば、誰でも実行できます・・。

それに、旅行も投資も、
今は【世界中に簡単にアクセス】できますし。


投資の場合は(旅行と違って)
パスポートもビザも
飛行機代も有給休暇の申請も要りません・・。

「世界中の株式、債券などに投資を行う」って、
あなたが思っている以上に
シンプルなことなのです。

「でも、カンさん。為替リスクがあるでしょ・・」
はい、そう来ると思っていました(笑)


たしかに、
海外に投資している資産の価値を
【円建て】で評価するとき、

(たとえ株式、債券の価格そのものが
変わっていなくても)、

その価値が上昇したり下落したりという
「変動」が生じます。
これを【為替リスク】と呼びます。


【念のための確認・・】

たとえ【円建て】で
先進国株式ファンドを購入し、

【円建て】で
ファンドの基準価格を認識したとしても、

ファンドの中身は
外貨建ての株式ですから、

【為替リスク】を負っていることに
変わりはありません・・。


広く世界に投資を行うということは、
日本人だけでなく、

フランス人も、
エジプト人でも、

マレーシア人も、
ニュージーランド人も、
等しく【為替リスク】を負うわけです。
(そうですよね?)

ちょっと深呼吸をして、
『大局』のみを捉える
心の広―い人になったと思ってください。


(あなたのお金を含め)
世界中の『お金』って、

必ず、
どこかの【通貨】で保有されますよね?

「はい、それはそう・・。」

たとえば、この世に
『10種類の通貨』しかないと仮定しましょう。

この『10種類の通貨』は毎日、
【美人コンテスト】に出場しているようなものです。
??


常に、
どこかの『通貨』が買われ、

(ということは・・?)

常にどこかの『通貨』が
売られたりしています。

たとえば、
【10大通貨、同時暴落!!】
なんてことは、起こり得ないわけです。

ん?
逆に、すべての通貨が
上昇してしまうこともありませんね。

そうです・・、
(そもそも)通貨の価値って
【相対的】なものなのです。



仮に、あなたが10万円を出して、

「SMTグローバル株式インデックスオープン」と、
「eMAXIS新興国株式インデックス」を
5万円ずつ買ったとします。

あなたの10万円は
先進国11の通貨に、
また新興国20以上の通貨に替わって、

そこから「各国の株式」を
買い付けることになります・・。
(イメージできますか?)


そのとき、
ちょうどあなたの友人が
百貨店の屋上で、

30以上のモグラが、
出たり入ったりする
【モグラ叩きゲーム】に夢中になっていたのです。



photo02.jpg

30以上の通貨建て株式を
同時に保有するあなたは、
こう呟きました。

「まあー、なんだかせわしないわね・・。」


ちょっと頭の中で想像してみてください。

30数種類の【通貨の顔】をした、
30数匹のモグラが、
盤面に規則正しく並んでおり、

ひとつひとつの
通貨の動きに注目すると、

○ ある通貨は地面から顔を出し(価値が上がり)、
○ ある通貨は穴の中に隠れます(価値が下がる)。

それが不規則に、
かつ、連続的に起こっているのが、
通貨という名のマーケット】なのです。


不規則に、
モグラが顔を出したり、

穴の中に隠れたりする一連の動きは、
そうです、
【変動相場制】が続く限り永続します・・。

risk-miscalculation-300x225.jpg


たとえば、
目先の金利が高いからといって、

豪ドルの顔』をした
モグラだけを保有し続けるのは
果たして健全なのでしょうか?

NO,ですよね?


たとえば、
「為替リスクがないよね」
ということで、

あなたの資産のほとんどを
円建て』で持って、
果たして健全なのでしょうか?

NO,ですよね?


ここは【発想の転換】で、

「あのさ、いっそ
長―い目で見れば、

モグラ叩きゲームの
【もぐら全部持ってしまったほうが、】
かえって安全なのでは?


と【思考】してみてほしいのです。

photo02.jpg

(伝わっていますか・・?)


つまり、

★ できるだけ多くの通貨を
保有してしまったほうが、
【為替リスク】に対して中立に近づける、
ということ・・。

ひとつの通貨(モグラ)を
狙い打ちするより、

モグラ叩きゲームの
【盤面全部を】持ってしまおう、という発想です。

oZ_2730417b.jpg


為替リスクのことを
必要以上に気にすることがない
【理由】のもうひとつは、
『時間』です。

あなたはすでに、
隠れたアドバンテージ【時間】を持っています。

また、ちょっと深呼吸をして、
『大局』のみを捉える、
心の広―い人になってみてください。


あなたの【ザ・運用人生】は、
どんな軌跡を描きますか?

「山を登って、山を下る。」

そう、ちょうど、
富士山のような感じですね。

山


【登り】
長―い時間をかけて、
【毎月定額で資産を積み上げる。】

この途上では、
当然、円高傾向になったり、円安傾向になったり、
どっちつかずだったり、

さまざまな『場面』を経験しますよね。


そして、

【下り】
リタイア後の資金の取り崩しです。

長―い時間をかけて、
【毎月定額で資産を取り崩す。】

※ もちろん、半年に一回、
定率で取り崩すというのもOK。


特に重要なのは、「下り」です。

あなたがセカンドライフにおいて、
ファンドを解約するとき、
【為替リスク】が「現実化」するからです。

でも、
それとて、
何十年にもわたって続く【継続的な作業】ですよね。


その途上で、日本円が
他の通貨に対して概して高くなったり、

逆に安くなったり、
あるいはニュートラルであったりと、

さまざまな【為替状況】を
経験すると考えるのが、
「現実的」ではないでしょうか・・?


つまり??

つまり、
解約を少しずつ、長―く続けるという
【時間の分散】が、
為替状況の「多様化」を促すわけです・・。


為替リスクを
過度に恐れる必要はありません。

○ 広ーく、
たくさんの通貨建て資産を持つ、

そして、
○ 長―い時間スパンで
資産管理を続けること。

『為替リスク』のことが気になったら、
【モグラ叩きゲーム】のことを思い出してください(笑)

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 08:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モーニングスター ETFカンファレンス2014 第一部 『なぜインデックス運用が注目されるのか?』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨年12月20日に
わたくしも参加させていただいた
【モーニングスター ETFカンファレンス2014】。

『第一部』の
朝倉智也さんの講演はおススメです。

以下、インデックスファンド、
ETFのざっくりした現状をなぞるのに
適した動画だと思います。

(動画上ではスライドはなしで、
言葉を追うだけになってしまいますが・・)

Passive-Active-320x136.jpg


特にお聞きいただきたいのは、
Part3『アクティブファンドの課題』のところ。

(スライド上では、
なんとファンドの具体名も挙げて)、
さまざまなアクティブファンドの
【リスク】について話されています。

たとえば、
・ファンドマネージャーの交代に注意
【アクティブ バリューオープン(愛称 アクシア)】

・影響力のある経営者の交代に注意
【さわかみファンド】
・急激な資金流入に注意
【JPM ザ・ジャパン】など・・。


本音の部分を
テンポよくお話しくださり、
(しかも、動画の公開までしてくれるとは)
なんとも太っ腹ですね・・。





関連記事

| インデックス投資全般 | 14:34 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT