2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

釣りと、投資ルールと、バランス型ファンド


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはしばしば、
投資を行うことを『釣り』にたとえます。

(すると、)
私たち投資家はすべからず
釣り人』ということになりますね。

さあ、
あなたは、
釣り人、ですよ・・。

preserved-fish-fisherman-small-70902.jpg


あなたなら、

○ どこの海で、
○ どんな魚を釣りますか?


なんだか、
釣り具店の
キャッチコピーみたいですが、

でも、
この【ルールの決定】こそが、
実は、

<投資対象の組み合わせを決める。>
ということになります・・。


あなたなら、
○ どこの海で、
○ どんな魚を釣りますか?


(よーく考えてみましょう・・)

ホンモノの釣りでも、
釣りの対象【魚の種類】って
実にたくさんあります。

投資という名の釣りでも、
その【対象】は
実にたくさんあります。

そう、あなたは今、
投資の【海】を目の前にしているのです。

無題


世界でもっともメジャーで、
かつ、たくさん泳いでいる魚
【投資対象】って、
いったい何だと思いますか?


それは、
債券と、株式 ですね。

このふたつは、
世界中の海で泳いでいますし、
その量もすごく多いです。

【じゃあ、それをどうやって釣りましょうか?】


えー、あなたは
【釣り人】ですから、

たとえば、
カツオの一本釣りみたいに、

「えい! 株式の一本釣り!」
「えい! 債券の一本釣りだ!」

というやり方も選択できます。


fisher_a11.png


(ちょっと面白そうですか?)

でも、これだと、
株式も、債券も、
一匹ずつしか釣れませんね・・。


また、一匹ずつ釣り上げる
「株式」や「債券」が、
あなたにとって
最適な株式、債券であるとは限りません。

(一匹ずつ、釣ろうとすると
労力もけっこう掛かりますし・・(^^;)

ここは、ちょっと頭の中を
切り換えて、

『投網』(とあみ)しちゃう、
というのはいかがでしょうか?


Casting-with-Search-Engine-Marketing-SEM-300x200.jpg


そうです、
たくさんの株式を、
たくさんの債券を、

『広く・大きく』
ヤアーっと釣ってしまうのです。


実はこの、
『投網』(とあみ)こそが、
投資信託【ファンド】なのですね。


(はい、ここで一段落。)


次に、どこの海で
魚【投資対象】を釣るべきでしょうか?

上空5000メートルから見ると、
魚は世界中の海に居ることが分かります。

しかし、どの地域に
どれだけの魚が居るかは
正確には分かりません。
(また、魚は移動することもあります・・)


ひとつだけ云えることは、
東京湾の魚のみに、固執しないこと。
(魚には、国境などないわけですから・・)

考え方としてはしごくシンプルに、
【まんべんなく、世界の海で、魚を釣る。】
でよいのではないでしょうか。

これが世にいう、グローバル投資ですね。


そう、
世界中の株式を、
世界中の債券を、

『広く・大きく』釣り上げる、
というイメージです。

今、世の中は
とても便利になっていて、

主要な魚(株式・債券)を、
世界中の海で釣ってくれる、
ひとつの大きな大きな
投網(とあみ)が存在します。

それが、
投資対象の具体的な組み合わせを
すべて決めてくれている
バランス型のファンド』なのです。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 17:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月は『広島・福岡、コンサルの旅』です(予告編)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

7月に所用で関西に行きますので、

そこから、
7月19日(日)『広島』
7月20日(祝)『福岡』と、

コンサルティング専科】を
実施させていただく予定です。

夏

(広島は5年振りでしょうか・・、
福岡は昨年来となります)


コンサルティングの最大の目的は、
おひとりおひとりに合った
運用のひな形
具体的にアドバイスさせていただき、

そのひな形に沿って
実際に運用をスタート(またはリ・スタート)
していただくこと・・。 ← ココ、大事です。

ただ、赤の他人に、
お金のことを相談するわけですから、

自分が相談しようとするアドバイザーが、
【資産運用全般】に対して
『どんな考え・価値観』を持っているのか、

それを前もって知っておくことって、
とても重要だと思います。


えー、
ちょっと地味なページなのですが、

当オフィスの投資ポリシー 1~16
をお読みいただくと、

reed_text.jpg


わたし自身の
【骨太の方針(ポリシー)】を
体系的にご確認いただけます。

(広島、福岡でのコンサルティングは、
詳細が決まりましたら、改めて告知させていただきます!)

似顔絵




関連記事

| コンサルティングのお知らせ | 12:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

積立ては、人生の変化に対応しやすいシステムなのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今、あなたのお手元には
投資に回せる400万円のまとまったお金と、
毎月3万円の積立て投資の原資があります。

(突然ですが、)
あなたの資産形成の【メイン】となるのは、
一体どちらでしょう?

○ 400万円でしょうか?
○ それとも毎月3万円のお金ですか?

(よーく考えてみてください。)


この場合、
なんとなく
「それって400万円でしょ。」
と答えてしまいがちですが、

正解は・・、
毎月3万円のお金です。


毎月3万円、
積立て投資が継続できれば、
1年間で36万円、

10年で
360万円の投資元本となります。

仮に12年間、
積立て投資が続けられれば、
投資元本は432万円となり、

(この時点で)
まとまったお金の400万円を
追い越すことになります。


もちろん、一方は
最初から400万円を
投資に回していますから、

投資効率では
積立てのほうがまだ見劣りします。

しかし、
積立て投資を20年、30年と続ければ、
明らかにあなたの投資のメインは
【毎月の積立て】となるわけです。


セミナーなどで
20代の方とお話をする際に、
上記のケースをつとめて
お伝えするようにしています。

<つまり、あなたには【時間】という
味方が付いているのですよ!

というメッセージですね。


しかし、
実際、20代の方々と接していると、
そんなに一筋縄ではいかないなあ・・
と実感します。

今、20代の人たちが見ている景色は
(わたしが見てきた景色とは)
まるで違うからです。


とにかく、
自分の身をどうやって守るか、

具体的には、仕事をどうするか、
毎月の収入をどうするかで
精一杯という状態の人が
多いのではないでしょうか・・。

考えてみれば今、20代の方々は、
親の収入が上がることや、

年齢を経るにつれ、
より高く、贅沢な
モノ・サービスが買えるようになることや、

日本という国の生活レベルが
年々上がってきた・・
という『実感』がほとんどないわけですから。

(むしろ、実態としては
自身の年齢が上がるに従って
「下り坂」を歩いているような、
そんな感覚だったのでは?)


そんな状況下で、
遠い未来のことを考えて
リスクを負って投資をする、


というのは、
現実的ではないような気がしてきます。

とりあえず、
1年先、2年先をどうするか、
どう乗り越えるか・・、
それだけで精一杯なのだと思います。


積立て投資も、
(誤解を恐れずに云えば)
【とりあえず】で
いいと思うのです。


えっ?

とりあえず、
1年先、2年先くらいまで
(不透明ではありますが)
やってみる。

いや、やり始めてみる・・
くらいの感覚でよいと思います。


積立て投資は
【始めやすい】のと同時に、
【止めやすい】仕組みですから。

現実的に
ほんとうに無理になれば、
(あるいは)イヤになれば、
積立てを休止するだけでよいのです。


★ わたしは、
2年先の近い未来のことも
分からないからこそ、
【積立て投資】が有用だと強く思います。

(ちょっと肩の力を抜いてお話ししますと)、

【積立て投資】とは、
あなたやわたしの
人生の【変化】に対応しやすいシステムなのです。

なので、
騙されたと思って、
スタートだけ、させてください。

start-here_400w1.png

くれぐれもスタート時点で、
「これから何かを始めるぞ!」
と意気込まないこと。


ふつう、
新しいことを始めようとすると、

緊張したり、
「失敗したらどうしよう?」とか
思ってしまいますよね。

積立て投資の場合、
ぜんぜん緊張する必要はありません。


なにせ、
今月から(たとえば)毎月2万円、
6回積立てをしたとしても、
費やすお金は12万円です。

その12万円が
まるまるなくなってしまう、
ということは決してありません。

また、たとえ
積立てを6回行ったとしても、

それは(たとえば)20年間行う
つまり、240回分行う積立ての
たったの、6回分でしかありません・・。


そう、
ぜんぜん、大したことないわけです。

それに、いつでも
出口】は確保されています。
(= いつでも止めることが出来る。)


もうひとつ、
【積立て投資の利点】は、
いつでも積立て金額が変えられる、
ということです。

深く考えず、
取りあえず、
始めてみる。

そんな気持ちで始めた【積立て】は、
あなたの日常の変化に対応しやすいです。


たとえば、
あなたは上司と折り合わず
会社を退職してしまいました。

転職先の会社が見つかるまで
10カ月かかってしまったとしましょう。
それでも全然かまいません。

【積立て投資】は止めない。
【積立て投資】の金額を減らしてください。

5,000円になっても、
2,000円になってもいいです。

続けていくことが、
とっても大切です。


あなたは
好きな人と一緒に住み始めます。
結婚したりします。

あるいは別れたりします。

フルタイムで働いたり、
時短で働いたり、
パートに勤めに出たり、

crisis-management.png


共稼ぎの時期があったり、
シングルインカムの時期を迎えたり・・。

体調が悪くなって入院したり、
パートナーの入院に付き添ったり、
あるいは、
通院が長引いて、勤務先のシフトを変更したり・・。


当たり前ですが、
長い人生の途上で、

収入が変化したり、
支出が変化したり、
20年ぶりに友達に会ったり、

それって【すごくフツー】のことですから。


ただ、【積立て投資】の金額を
調整すればよいのです。


ネット証券(SBI証券、楽天証券など)で
投資信託の積立て設定をしていただくと、
画面上で
積立て金額の変更が可能です・・。


人生、これから先、
何が起こるか分かりません。

たとえば、
田舎の親御さんの具合が悪くなって、
介護の必要が発生する。

故郷にUターンする。
仕事を辞めたり、
(パートナーに)仕事を辞めてもらったり、

認知症について
勉強しなければならなくなったり、

あなたがパートナーの親御さんと
同居を始めたり、

そのうち子どもが生まれて、
二世帯住宅を建てたり、

手持ちのマンションを売ったり、
家族が増えて
子どもの世話に追われるようになったり、

今度こそ、離婚しようと思ったり・・。

予期せぬことが
予期せぬときに起こるのが
生活、人生というものです



そのようなときにも、
つまり、どんなことが起こっても、

極力、
【積立て投資】は止めない。
【積立て投資】の金額を減らしてください

1,000円になっても、
500円になってもいいです。

続けることが
とっても大切です。

pic_c_5.jpg


ただし、
もう、無理だ。
どうしてもこれは出来そうにない。

というときは、
正々堂々と積立てをお休みしてください。
(別に罰則はありません・・)

また、
最後の最後の手段で、
ココからお金を手当てしないことには、
「もう、どうしようもないよ。」
というときは、

正々堂々と、
投資信託を部分解約してください。


(あなたが必要な金額ベースだけ
投資信託を売るのです。
そして、それは簡単にできます。)

でも極力、
【積立て投資】そのものは止めない。


そのうち、
人生の渦の回り方、
流れの方向性が変わってきて、
良いことも起こります。

ダブルインカムになったり、
あなたのスキルが会社で
社会で認められ、
あなたの収入が増えたりしたら、

(あるいは
パートナーの収入が増えたりしたら)
あるいは、
ムダな保険を見直したり、

勤務地が変わったので、
それに合わせてちょっと長閑なところに
引っ越して、
(その結果住居費が削減できたりしたら)

ほんの少し
【積立て投資】の金額を増やしてください。


もしもあなたが
フリーランスの仕事をしていて、
不定期に、
まとまったお金が入ってくるような形態なら、

その都度、
(毎月の積立てとは別に)

ネット証券の口座から、
直接、投資信託を買い付けてください。

そう、
これから先、
良いことも悪いことも(必ず)起こるわけです。


alternative-investments-300x249.jpg


【積立て投資】では、
○ 積立て金額を変えたり、
○ 一時お休みしたり、

○ 部分解約したり、
ほんとうにイヤになったら
○ 全部解約したり、

逆にずっとずっと続けたり・・、
すべては、あなたの【自由】です。


NISA口座や確定拠出年金では、
制度そのものに、
あなたの生活や人生を
合わせる部分が必要ですが、

純粋な積立て投資では、
積立てという仕組みが
あなたの生活の変化に合わせてくれます。


とっても【柔軟性】に富んでいるのです。

似顔絵




関連記事

| つみたて投資 | 12:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あっ、それが『第二世代』ってこと? バランス型ファンドの進化について


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

時々「外国」のことを考えます。
より正確に云うと、

海の向こうに住んでいる人たちって
どんな生活をしているのだろうと
夢想するのです。

「外国」だからと云って、
なにも特別な出来事があるわけではなく、

(私たちと同じように)
人は朝ご飯を食べて仕事に行き、

また家に帰ってきて、
テレビを観たりしています。

(それがほとんどの人にとっての
日常』なのです・・)


たとえば、
ドイツのミュンヘンに住む
シュミットさんにとって、

いちばん身近にある「投資」って
いったいどんなものでしょうか?

まあ、
ドイツ株、なのでしょうね。

何しろ、情報がたくさんありますし。
身近に感じますし・・。

シュミットさんは
ダイムラー(ベンツ)の株価をチェックしたり、

シーメンスがアフリカで行う
鉄道プロジェクトのことを
見聞きしたりしているのでしょう。


一方、オーストラリアのメルボルンに住む
スミスさんにとって、

いちばん身近にある「投資」って
何なのでしょう?

まあ、
オーストラリアの株、でしょうね。

鉱山業を営むリオ・ティントや、
オーストラリア・ニュージーランド銀行、
カンタス航空のことが気になるわけです。
(何しろ身近、ですから・・)

そして、
日本人にとって、
もっとも身近な「投資」とは・・?


そう、もうお分かりですね。
みんな、同じなのです。


⇒ どの国の人も、
資産運用を行う中で、
自分の国の株式を
過剰に保有してしまうもの・・。


これを
『ホームバイアス現象』と呼びます。


2007年3月に
セゾン投信が運用を開始した、
「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド」は、

・日本の株式を特別視せず、
・冷めた目でグローバル投資を行う。

という【新たな選択肢】を、
日本の投資家に提示しました。

(そういう意味で、
画期的なファンドだったと思います)

まさにこれが、
第二世代』の
バランス型ファンドの【特徴】なのです。


今、セゾンバンガードが組み入れる
バンガードのインデックス・ファンドのひとつ、

「エマージング・マーケット・ストック・
インデックス・ファンド」(新興国株式)の
組入れ比率は5.7%です(4月30日現在)

これは
2007年3月末当時、
組入れ比率が3.7%でした・・。

つまり?

つまり、
世界の株式市場に占める
新興国の株式市場の割合が
変化』している、ということ・・。

Change-.jpg


「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド」は、
株式、先進国債券とも、
時価総額(マーケットの大きさ)の比率に基づいて
資産配分を決定しています。

(「予想」や「主観」は入っていません。
拍子抜けするくらいシンプルな発想ですね)


元バンガード・インベストメンツ・ジャパン、
現在、セゾン投信の営業部長である廣江哲直さんに
わたしはお話を伺ったことがあります。

「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド」は
その商品開発の過程で、
いろいろな案が出たのだそう・・。

「株式50:債券50も作るけど、
債券が多めのパターン、株式が多めのパターンも
作っておいたほうがよいのでは?」

という意見が出る中、
あえて「1本」に絞り込んだのです。


セゾンバンガードが選択した

株式50:債券50の
『基本組み入れ比率』は、
わたしは
商品デザインそのものだ
と思います。

そういえば、
スティーブ・ジョブズ氏の言葉に、
こんなものがありますね。

人は形にして見せてもらうまで、
自分がいったい何が欲しいのかわからないものだ



今ではみな当たり前のように、
株式50:債券50の
セゾンバンガードの
基本組み入れ比率』を眺めていますが、


「日本人のリスク特性には、
この『デザイン』が
いちばんマッチしているよ!」


と宣言し、
きちんと商品として提示したところに、
当該ファンドの革新性をわたしは感じます。

(日本人に合った、
「ミドルリスク・ミドルリターン」の型(かた)を
作ったのです・・)


そして、遅れること1年と10ヵ月。
「世界経済インデックスファンド」が
運用を開始します。

株式50:債券50の
『基本組み入れ比率』は、
セゾンバンガードを踏襲しています。

このバランス型ファンドは、
GDP比という新たな概念を提示します。


そして、
債券、株式ともに「配分割合」を同じにする、
という考えを打ち出します。
(新興国債券が入っているのが特徴です) 

わたしが「世界経済インデックスファンド」を
高く評価するのは、

けいぞくコスト(運用管理費用)の引き下げを
実際に行っている点です。

0.714% → 0.63%(2010年)
0.63% → 0.54% (2012年)


02_ph_costdown.gif


もちろん当時、
eMAXISシリーズの猛進があり、
(SMTインデックスシリーズと併せて、
の実施だったわけですが)

それでも、

【日本の投資信託の歴史の中で、
2度もけいぞくコストを引き下げたというのは
画期的なことだと思います。】


それともうひとつ。

セゾンバンガードは
あえて商品を「1本」に絞り込みましたが、

「世界経済インデックスファンド」は
2013年に
【株式シフト型】【債券シフト型】を
設定しています。

より細かい、消費者の潜在ニーズに
応えるものだと思います。


また、
「世界経済インデックスファンド」は、
「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド」と
比べると、

純資産額が少ないのでは・・という
不安の声をいただいたりします。

こちらは
特に心配される必要はないと思います。


なぜなら、
「世界経済インデックスファンド」は、
6つの投資対象からなりますが、

『6つのマザーファンド』に投資を行うことで
運用されているためです。

(そして、この6つの
『マザーファンド』は、
実は、SMTインデックスシリーズの
『マザーファンド』でもあるのです!)



SMTくん、eMAXISくんをお勧めする理由 その3)』
というブログ記事内に、

SMTインデックスシリーズの
マザーファンドの【純資産額の規模】を
記載させていただいています。

(いずれのマザーファンドも
純資産額は潤沢ですね・・)


ただ、一点気になるのは、
「世界経済インデックスファンド」は
2013年に「分配金」を出し始めており、
14年、15年も続けて「分配金」を出しています。

(この点、分配金を出していない
セゾンバンガードと比較すると少しもったいないですね)


冒頭に戻りましょう・・。

ドイツ人のシュミットさんは
ソーセージを食べながら、
オーストラリア人のスミスさんは
オージービーフを食べながら、

日本人のあなたはすき焼きを食べながら、
シンガポール人のリムさんは、
海南鶏飯を食べながら、

ABC_header-global-opportunies.jpg

「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド」と
「世界経済インデックスファンド」を
果たしてどんなふうに眺めるのでしょうか?


「日本」と「先進国部分」を合わせて、
【先進国株式、先進国債券】と
捉え直してみると、

両バランス型ファンドとも、

資産配分に普遍性が存在している。
と思いませんか?

つまり、
世界のどこに居ようが関係ないのです。

どこの国の人にとっても、
整合性があり、かつ、
合理的なアセットアロケーションを
両ファンドは実現しています。

バランス型ファンドの
第一世代と第二世代は、
まったくコンセプトが異なるのです・・。

似顔絵




関連記事

| バランスファンド | 15:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビールと七夕と今年のインデックス投資ナイト!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今年のお正月は開催が見送られた
インデックス投資ナイト』が、

7月4日(土)の夜、
お台場の「東京カルチャーカルチャー」で
復活するそうです。

このイベントは
イーノ・ジュンイチさん、
水瀬ケンイチさん、
kenzさん、ASKさんという、

個人投資家の有志で運営される
【手作りのイベント】です。

このイベントをきっかけに、
インデックス投資について
知るようになったよ、という方も
けっこう多いのではないでしょうか・・。


わたしはご縁があって、
第1回目から
出演させていただいていますが、

このイベントは
本当に唯一無二であるなあと感じます。

金融機関やメディアが
スポンサーになっていない。
    ↓
したがって、
個人投資家が知りたい
ホンネのところ」を、

出演者が「ホンネ」で語ってくれそうな雰囲気が
ぷんぷん漂っているのです。

今年はちょうど梅雨時の開催ということで、
東京カルチャーカルチャーで飲むビールも、
いっそう美味しく感じられるのではないでしょうか。


あっ、わたしが司会をさせていただくかどうかは、
まだ言えません・・(-_-;)

どんな方々が出演されるかもまだ言えません。
(というか、ぜんぜん知りませんし。


こちらのサイトの、
実行委員会の正式発表を待ちましょう!

(それにしても、チケット争奪戦が
スゴイことになりそうですね。)

20130113182856362_2015051508180643f.jpg

写真は2013年1月に開催された、
第5回【インデックス投資ナイト】の看板です。




関連記事

| イベント・メディアなど | 08:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これ、『第一世代』ですか? バランス型ファンドの進化について


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「カンさん、投資とは
どんなふうに付き合えばいいのですか?」

えーっと、
知り合い以上、友だち未満』くらいでいいと思います。
(ホントです!)

資産運用の効用って、
長く続けることで最大化されますから、

長―く知っているけれど、
それほど親しくしない・・、
『知り合い以上、友だち未満』くらいが
ちょうどよいのです。


(ところで)
あなたにとって、
長く続けやすい運用のやり方って、

ズバリ、
おまかせ派』ですか?
それとも
DIY派』ですか?


○ DIY派では、
あなた自身が
各投資対象を自分で『組み合わせ』ます。

○ おまかせ派では、
バランス型ファンドを選び、
各投資対象の組み合わせやリ・バランスを
『お任せ』します。


ここだけの話ですが、
わたし自身昔は、
【ポートフォリオは自分で作るべき!】という、
先入観みたいなものを持っていました。

Portfolio.gif

ところが、
弊所のコンサルティングサービスを通じて、
たくさんのお客様の性向を見聞きするにつれ、

おまかせ派の潜在ニーズの高さ
感じるようになった次第です。

(実際、この1、2年で
【おまかせ派】を選ばれる人が増えたなあ・・
と実感しています)


特に興味深いのが、
ブーメラン現象】です。

??

自分で株を買ったり、ETFを買ったり、
あるいは長年、
自身で投資信託を
組み合わせていた人が、

「カンさん、いろいろ回り道したんだけど、
バランス型ファンドに自分の投資を集約します。」 

と宣言されるケースが、
ぽつぽつと出てきたのです。

これは、ちょっと驚き・・。 


あるいは、
こういう人もおられます。

(DIY派を選んでいた人が)なにげに、

「カンさん、積み立て始めて3年経ったんですが、
結局、リ・バランスって一度もしていないんですよね。」 
と告白される。

え“っー、
そうだったのですか?

(今、いったい、
どんな資産配分になっているのでしょう?)


もし、あなたが『おまかせ派』を選び、
【バランス型ファンド】を保有されるとすると、

それは運用のお仕事、
メンテナンスのお仕事を、 

すべて 運用会社さんに
外注する』ということ・・。

その結果、
投資に割く時間はほとんどゼロになります。


ハイ、この
「投資に割く時間はほとんどゼロになります」
と聞いて、

○ 「えー、それはちょっと寂しいなあ」と
感じた人?

それとも、
○ 「えー、それってわたしに合ってるかも」と
感じた人?

ハイ、
ここが、運命の分かれ道 です。


おまかせ派【=バランス型ファンド】は、
自分であれこれ投資の「方針」を考えるより、

運用のプロに任せてしまったほうが
合理的」と考える人向けなのです。

balanced-mutual-fund.jpg


ここでいきなりですが、

【バランス型インデックスファンド】を
第一世代』と『第二世代』に
分けてみたいと思います。

(運用開始の古い・新しいで
区分けするわけではありません。

資産配分の基本理念の違いによって、
分けさせていただきます・・)


以下、『第一世代』の具体例を
挙げてみましょう。

野村世界6資産分散投信(成長コース)

2005年、郵便局で
投信の販売が始まったとき、
鳴り物入りで登場しました。

楽天資産形成ファンド《愛称》楽天525

2008年12月の設定当時、
運用管理費用の低さ(年0.54%)が話題に。

SBI資産設計オープン(資産成長型)愛称:スゴ6

2008年の1月設定。販売会社はSBI証券のみ


ズバリ申しまして、
『第一世代』の特徴とは?

1.新興国への投資がないこと。
(あってもごくわずか)

2.株式に投資を行ううち、
日本株の割合が半分、あるいは
それ以上を占める。

(債券、REITも同様です。
ただし、楽天525はREITはなし)

3.上記に挙げた3つの投信については、
販売会社が『1社』のみ。


特に、
○ 日本株式の割合が大きい。
○ 新興国株式の組み入れがない。

という点で云いますと、

『第一世代』のバランス型ファンドでは、
運用会社がまだ、
投資家に遠慮していたように
思えます。


4Feet-300x121.jpg


つまり、
「えー、日本の投資家の皆さんは
日本の株に多く投資したいですよね?」

「えー、日本の投資家は 
新興国株式に対して、
まだ危ないイメージを持っていますよね?」

というような『遠慮』があったのです。


この、なんと云いますか、
『第一世代』感は、
とくに確定拠出年金(401K)において強いです。

仕事柄、さまざまな確定拠出年金の
商品ラインナップを拝見する機会がありますが、

『バランス型インデックスファンド』を
ラインナップしている運営管理機関でも、

株式の内訳を見ますと、
日本株式の組み入れ割合が
高すぎるケースが
多く見受けられます。

(本当は『第一世代』から『第二世代』へ、
バージョンアップが必要なのですが・・)

似顔絵




関連記事

| バランスファンド | 17:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT