2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託という贈り物・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

1868年といえば、
日本では「明治維新」の年です。
この年の7月、江戸は東京に改称されました。

資産運用的にいえば、
世界初の投資信託が誕生した年、
それが1868年です。

投資信託というツールは、
資産運用の「大衆化」の先駆けとなりました

誰が、どのように発想して、
商品化にまでこぎつけたのか、
一介の投資家であるわたしには知る術もありませんが、

とにかく、
世界初の投資信託の名前は、
「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」
といいます。

イギリスで発売されました。

今の感覚でいうと、
『外国債券ファンド』でしょう・・。


この商品以前は、
投資という行いは文字通り、
超富裕層(= 資本家)たちのものだったのです。

何しろ「ファンド」という形態は
なかったわけで、
個別の株式とか、
個別の債券を選ぶ投資のみだったのです。

たとえば、
あなたがロンドンで雑貨屋さんを営んでいて、
小金を貯めて
そのお金を銀行に預けていると想像してみてください。


26221_hd.jpg


果たして、
一介の小金持ちに、
ひとつの株式やひとつの債券が、
ポーンと買えるような状況だったでしょうか。

なにしろ19世紀です。

資本主義は今よりずっと未熟で、
『債券』でいえば、
借りたお金を返せなかった・・
『株式』でいえば、
事業が破たんした・・

という『リスク発生の確率』は、
今よりうんと高かったはず。


しかも、
有価証券に関する情報は
今ほど広く流布してはおらず、

本当にホットな
政治・経済の情報なども、
富裕層たちの中でのみ行き来していた
と推察されます。


要するに、
ロンドンの雑貨屋の主人にとっては、

〇 情報がとても限られている。
〇 その中で、ひとつの株、ひとつの債券を
選ぶのはとてもリスクが高い
(それに、購入単価もそこそこ高かったはず)

ということで、
投資に躊躇してしまうこともあったのでは・・。


ましてや、
情報がさらに限られる
海外の「株式」や「債券」なんて、

「とてもじゃないけど無理ムリ」
という雰囲気だったことでしょう。

ところで・・、
『必要』は 発明の母 です。


★ 投資信託という道具は、
当時勃興しつつあった中産階級、
小金持ちの人たちの、

「ちょっとでもお金を増やしたいなあ」
「でも究極のハイアンドローみたいな
投資はイヤだなあ」

というニーズに応えるため、
発明されたと云ってよいでしょう・・。

・資本家みたいに大きなお金はないよ。
・ひとつの銘柄を選んで、
当たり外れが大きいのはちょっと怖いなあ。
・情報がきわめて限られているから心配だ。

といった、
消費者にとっての
『ネガティブ要素』を、
投資信託は、
創意工夫で持って覆していったのです。



170141153-56a6940f3df78cf7728f1c92.jpg


世界最初の投資信託
「フォーリン・アンド・コロニアル・・」では、
今日の投資信託の【骨格】
すでに出来上がっています。

〇 共同購入の概念
小口の資金をたくさん集めて、
それを大きな束にし、
債券を購入する

〇 分散投資の概念
たくさんの国の、
たくさんの証券(この場合「債券」)に
分けて購入する

※ 今よりも個々の銘柄の
「信用リスク」が高かったため、

この分散投資の仕方の発明は、
まさに「絶大な潜在ニーズ」のおかげ、
と云ってよいでしょう。


また、「フォーリン・アンド・コロニアル・・」はすでに、
投資資産全体の中で、
1銘柄あたりの投資比率に『上限』を設けています。


〇 運用の実際は専門家に任せる

当時、情報がきわめて限られていため、
外国証券に投資する際には、
(より情報を持っている)
専門家に任せることが
きわめて理に適っていたと推察されます。

ところで、
Trust という英語を
「信託」と訳したのは
なかなかの名訳だと思いませんか。

以下、信じて託す
「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」
の有価証券です。
(1871年、3度目の募集時のもの・・)

original.jpg




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 19:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おじいちゃんはテーマパークの夢を見るのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

誰にも「尾てい骨」があります。

ヘンな話ですが、
時々尾てい骨に触れて、
「しっぽ」があったときのことを思い出したりしています。
(これって『進化』の話ですよね)

わたしは仕事柄、
以下の「人口ピラミッド」をしばしば
お客様にお見せします。

人口の分布のあり様が変化していくのも、
時代の趨勢であり、
ひとつの『進化』といえるのではないでしょうか。

人口


あと23年もすれば、
【高齢者が主役の社会】がやってくることを
この人口ピラミッドは物語っています。

これって・・、
人類初のこと。

いや、人類だけでなく、
生物史上「初」のことでは?

以下、「生き物」的な言い様になってしまい
恐縮ですが、

生物界において、
生殖機能が衰え、
肉体的にもピークを過ぎた高齢者が
マジョリティー(多数派)になるようなことは、
今までなかったはず。

(「生物学的」にも、はじめての経験なのです・・)


以前はセミナーなどで、
高齢化が進むことを、
社会の停滞要因として捉え、

「だから今から投資が必要なんです!」
という言い方をしていました。
(もちろん今でも否定はしませんが・・)

ただ、
『2040年の人口ピラミッド』を
なめるように観てみると、

社会のあり様が本質的に変わる。

⇒ フム。
これって「チャンス」になり得るのでは。
と感じる自分もいます。


人の数が減って高齢者が増えるわけですから、
暮らしのリズムは(今より)
ゆっくり、穏やかになることでしょう。

主人公となるシニアは、
果たして衣食住に
大きなお金を使うのでしょうか。

モノよりも、
コト(経験)にお金を費やす可能性があるのでは

旅行に行ったり、
コミュニティに参加したり、
健康のために公園に行って体操したりと、

そういう『地理的な移動』もするでしょうが、
わたしはそれだけではないと思うのです。


コト(経験)は
2種類に分けることが可能です。

1.これから現に経験していくこと。
2.すでに人生の中で経験したことを
『加工・編集』し、【追体験】すること。
です。

★ おそらく、
VR(ヴァーチャルリアリティ)が
【追体験】の精度を高め、
エンターテインメントにまで
昇華させてくれるはずです。


image0212.jpg


たとえば、ですが、

もしかすると、
ポケモンGOみたいに、

【追体験】は
実際のリアル世界を舞台にしながら、

次々と現れてくるものは
【仮想現実】というパターンになっているかも
しれません。

おじいちゃんが40歳のとき。
 〃     29歳のとき。
 〃     18歳のとき。

さまざまなパターンの
【追体験】がまさに
エンターテインメントとして経験できるのです。


また、
その頃(23年後)には
映画」も2種類に
分かれているのではないでしょうか。

追加料金を支払うことで、
映画の中に
おじいちゃんが入っていって、
(↑ もちろん、28歳くらいの若者に変身して!)

現実に映画の中身を【体験】し、
細部のストーリーも、
おじいちゃんに合わせてカスタマイズできる。

そういうことが、
実際に起こっているかもしれません。


keirou_ojiichan_smile2.png


つまり、
地理的移動よりも、

拡張現実のほうが、
より大きな消費のインパクトに
なり得るわけです。


このような技術革新にもっともハマるのは
果たして若者でしょうか?

もしかすると、
時間的にも経済的にも余裕がある
シニア層になるのでは・・?

今から23年後(2040年)のおじいちゃんは、
テーマパークにしげしげと
足を運んでいると思います。
(もちろん、VR的なテーマパークです)

(2040年)のおじいちゃんは、
アイドルに夢中になっていたりすると思います。


★ 『イノベーション』とは、
社会のあり様が本質的に変わることを
嗅ぎ付け、自然発生的に起こるもの・・。

シニア世代に向けた
「新しいタイプの消費需要」が喚起できれば、
まったく違った業種が生まれる可能性もあります。

このような社会的な実験を、
日本は世界に先駆けて行うことになるのです。

(この、まったく新しい業種を、
輸出することも可能だと思います。
なにしろ「高齢化社会」の到来は
世界的な現象なのですから・・)


わたしの専門分野の話をしますと、
アクティブな高齢者が増えれば、
リスク許容度の変化が起こる可能性があります。

さらなる長寿化と相まって
たとえば、70代になっても
「株式60:債券40」というような
積極的な資産配分をキープする
シニアが増えてくるかもしれませんね。

似顔絵




関連記事

| 人生をプランニングする | 13:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吊ら男さんの新刊『庶民のためのズボラ投資』を読みました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)】で
お馴染みの、
吊ら男(つらお)さんの新刊を読みました。




読んでみての感想は?」

はい、とにかく歯切れがいい!
いつも通り論理的で、
でも語り口は自然体・・。

わたしが「なるほど・・」と思ったのは、
リスク許容度に関する記述のところです。


どのくらいの損失を許せるのか・・』

これって
(投資における)永遠の課題ですが、
でも、この話を切り出す前に、
私たちが知っておくべきことがひとつあります。

それは、
仮に株式ファンドに投資をしたら、
最悪の場合、
【どれくらいのマイナスになるのか】の
具体的なイメージです。

吊ら男さんはこれについて、

世界の株式に分散投資していた場合で
マイナス60%といったところでしょう。


とズバリ記しています。

(実はさらに具体的な記述があって、
日経平均株価が2007年6月20日から、
2008年10月28日にかけて
マイナス61.8%になったという
事実も記されています)


つまり、
最悪のケースの具体的な記述
(約マイナス60%)があってはじめて、

投資に回せる金額ベースも決まってくる
ということ・・。

まさに投資を実践している
一投資家(本書ふうにいうとサラリーマン投資家)
であるからこそ、
ズバリ本質を突いた表現になっているのです


そして、
吊ら男さんといえば、
『投資詐欺』です。

??
(あっ、あくまでわたしの印象ですよ(^^;)

吊ら男さんは過去にも(ブログ内で)
一見すると「美味しそうな?投資対象」について、
バッサリ斬るような記事を多数書かれています。

わたしは恥ずかしながら本書で初めて、
ポンジー・スキーム」という言葉を知りました。

吊ら男さんいわく、
いちばん簡単な投資詐欺のやり方なのだそう。


『ポンジー・スキーム』とは、
実際は謳われていた投資対象には投資をせず、
集めてきたお金を
先に買ってくれた人の配当金として
回していくスキームのこと。

(まあ、詐欺の典型ですね・・)

本書では、
和牛オーナーも、
米国の診療報酬請求債権(MARS)も
ワインファンドも、

すべてこの
『ポンジー・スキーム』であった
と記しています。

投資先が一般的でないものに、
あえてチャレンジする必要はありません。


吊ら男さんはこう喝破します。


the-power-of-no.jpg


そして(読んでいて)
思わず笑ってしまったのが、
次の、

◇ マジメ系ボッタクリに気を付ける
です。⇒ 金融機関のことを指していますね(^^)

合法的ボッタクリ投資として、

・外貨預金
・手数料の高い投資信託
・ファンドラップ
・貯蓄型の生命保険
・仕組債

を挙げられています。

そして、
うまい言い方をされるなあー
と思ったのが、
『株式投資』についての説明のところ。

成果のおすそわけ


そう、吊ら男さんは言われます。

「社員の皆さん、頑張って働いて、
利益を上げて、株主である私に
その利益の一部を株主に還元してね」


これが株式を持つことの
本質的な意味であるわけです。


でも短期的に
「利益!利益!」といっても、
利益はそもそも不確実なものなので、

(株式投資を)長期でやるわけですが、
すごい勝ち組の会社も、
長い目で見るとどうなるか分からないので、

たとえば、
同じ業界の会社に分散して投資する。

(でもひとつの業界の会社群も、
競争で負けてしまい
潰れてしまう恐れがあるから)、

一国の
「日本株式会社」に投資をしてしまうのは
どうだろう?


いや、もっと広げて海外の国の株式にも
投資をして、

世界中の多くの会社の株に分散投資


というふうに話が展開されます。

(投資対象がどんどんズームアウト
していくようで分かりやすい!)


business_crowdfunding.png


最後に、
「なぜズボラ投資は儲かるの?」
という疑問に対しても、

吊ら男さんはきちんと(論理的に)
答えられています。
(それは・・本書の第3章を見てのお楽しみ!)

(ちなみに)
わたしが本書でいちばん気に入った言葉は、

◇ 投資は努力が報われない
です(^^;)


そういえば、
今、水瀬ケンイチさんも新しい本を
執筆中とのこと。コチラの記事より。

著名なブロガーの人たちが
次々と本を出版するという今の現実は、

資産運用における
情報の非対称性が、
崩れかかっていることと、

大いに関係しているとわたしは思います。

自分のお金で実際に投資をしている人が
自分の経験をもとに、
資産運用の本を書く。

そこでは、
ホンネの言葉や、本質の行いが
当たり前に披露されますから、

建前上の言葉や、建前上の行為は、
どんどん価値(意味)を失っていくわけです。



お金を頂戴して
相談業務というサービスを
提供する者として、

また、プロとして、
今まさに電子書籍を
書いている身として、
すさまじい緊張を感じます・・。

ただし、上記の事実は、

これまでいかに(資産運用業界が)
建前の言葉で固められた
虚飾の世界であったかの
【裏返し】でもあるのです・・。

毎月10分のチェックで1000万増やす!
庶民のためのズボラ投資
』(吊ら男 著)

似顔絵




関連記事

| 書評・映画・美術評 | 19:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月29日(土)第4回『バラつみ投資セミナー』のお知らせ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然ですが、
あなたはどちらかというと、

大ざっぱな性格ですか?

たとえば今、
目の前に的(まと)があるとして、


feb02_a26.png


是が非でも
真ん中のハートマークに
当てたいですか?


それとも、

「まあ、的(まと)自体に
当たってくれたらそれでいいわ。」


と思えるタイプですか?


あるいは、

マメに情報を見たり、
細かい作業をするのって
あんまり「得意」ではない?


たとえば、


41qhpokJ8FL__SY355_.jpg


ダイソンV8の掃除機と、

001_R_588x.jpg


ルンバ980を比べた場合、

ルンバのほうにより魅力を感じますか?

(掃除を任せられるし!)


あるいは、

どちらかというと小心者で、
石橋を叩いて渡るタイプ?


(でも、やりはじめたら)
コツコツ地道に続ける人ですか?


そして、
何事も、
シンプルさを重んじるタイプ?


たとえば、
テレビのリモコン・・。


20150523-IMG_0024-600x400-600x400.jpg


こんなタイプよりも、


player-remote-767_m.jpg


こんなリモコンを好みますか?


はい、

だいたいワタシって
「YESだなあ・・」
と思われた人は、

7月29日(土)に
東京・大井町にて開催する

果報は寝て待て!【バラつみ投資】セミナー
ぴったりかもしれません!

(ちょっと強引ですが (^^;)


あっ、バラつみ投資とは、


【表紙用】 バラつみ


という意味ではなく、

【バランスファンド × つみたて投資】
という意味ですよ!

『世界でいちばんシンプルな投資のレシピ』と
自負しております・・。

★ 7/29 【バラつみ投資】セミナーの
  内容詳細はコチラです!

(もちろん、笑いと納得の2.5時間になるよう、
全力投球いたします!)

似顔絵



関連記事

| セミナーのお知らせ | 18:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投資信託の値段は安いほうが得!というのは間違いですよ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いきなりですが【質問】です。

あなたは今、焼き肉が食べたいです。
1,000円のお金を持っています。


yakiniku_party.png


仮に、
AかBかしかないよ、と言われたら、
あなたはどちらを選びますか?

A 100グラム 250円の肉
B 100グラム 500円の肉


・・悩みますね。

当然ですが、Aを選べば、
400グラム肉が食べられます。
(でも、味はそこそこ・・)

Bを選べば、
Aより美味しい肉になりますが、
食べられる量は200グラムだけ・・。

んー、これって
量を選ぶか、質を選ぶかという
悩ましい課題・・。

「Aのほうが絶対得!」
「Bのほうを選ぶべき!」などとは、
安易には言えません。


では、投資信託はどうでしょう?

1万円のお金で、
AファンドかBファンドを
選ばないといけないとしましょう。

Aファンドの価格 5,000円
Bファンドの価格 10,000円

 
となっています。
(※ ここでは「分配金」はないものとします)

価格が安いほうが、
同じ1万円の投資額でも
より多くの『口数』が買えます。

今、Aファンドを買えば、『口数』が
2口買えるとします。

いっぽう、Bファンドを選べば、
『口数』は1口しか買えません・・。

この場合、
Aファンドを買ったほうが得なのですか?


いいえ、必ずしもそうではありません・・。


投資信託を買う目的は?
そのファンドの価値が上昇し
「儲かったね!」を実感することです。

ファンドの価値って?
投資信託の場合、いつでも
【価格×口数】のことです。

仮に、
Aファンド、Bファンドともに、
その価格が10%、上昇したとしましょう。

Aファンド 5,000円 ⇒ 5,500円に。
Bファンド 10,000円 ⇒ 11,000円に。

ん?
なんだかBファンドのほうが、
金額ベースで見た増え方は
大きそうに見えますよ。

でも、
Bファンドの保有口数は「1口」だけ。
一方、Aファンドでは「2口」保有しています。


あなたが「欲張り屋さん」で、
どちらのファンドも
保有していたとすると・・。


そのときの、
あなたの【投資成果】は?
(つまり、両ファンドの『評価額』は?)

Aファンド 5,500円 × 2口 = 11,000円
Bファンド 11,000円 × 1口 = 11,000円

そう、同じなのです。

(どちらのケースも、
1,000円儲かった!となります)


★ 投資信託で大切なのは、
ファンドの価格ではなく、
ファンドの中身です。

そのファンドが「どのような銘柄」を
組み入れているのか。

そして、それらの銘柄の価値(価格)が
どのくらい上昇していくのか・・、
(言ってみれば)それがすべてなのです。

4241000-fruit.jpg


ただし、今、お話ししたのは、
「一括投資」のイメージです。

これが「つみたて投資」になると、
少し話が違ってきます・・。


Aファンドの価格 5,000円
Bファンドの価格 10,000円
どっちのほうが得?

これは、
「つみたて投資」においても、
意味を成しません。

つみたて投資においても、
(一括投資と同様)

今後、ファンドの価格が
どのように推移するかが重要であることは
変わりがありません。

しかし、
一括投資と違って、
「つみたて投資」では、

ファンド価格が上昇しないと、
投資成績がプラスにならない
わけではないのです。


「カンさん、それってなぜ?」

口数の獲得のしかたに、
可能性があるためです。

???


(※ ここでは分配金はないものとしますが)、

一括投資では、
ファンドを買ったときに、
どれだけの『口数』を保有するかが
決定してしまいます。


ですから、
あなたが儲かるためには、
是が非でもファンドの『価格』が
上昇する必要があるわけです。

(そう、『価格』に頼らざるを得ない・・)


ところが、「つみたて投資」では、
何十回、何百回と分けて
お金を入れていくので、

どれだけの『口数』を保有するかが
簡単に決まらないわけです。


もちろん、『価格』が上昇することが
大事でないわけではないのですが、

逆に『価格』が下がっていく局面が
幾度もあって、
『口数』を稼げる機会があったほうが、

投資の成果
【価格×口数】で見た場合、
有利になるケースが多々あるのです。

つまり・・、
つみたて投資でも、
投資信託の値段は安いほうが得!
ということはありません。

でも、
投資信託の値段そのものが、
下がっていくことには意味があって、
それは『口数』を稼ぐチャンスになるのです・・。


似顔絵




関連記事

| つみたて投資 | 14:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おかげさまで本日、開業丸17年を迎えました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

おかげさまで、本日(7月15日)、
当オフィスは開業丸17年を迎えました。

これまで弊所のサービス(コンサルティング・セミナー等)を
ご利用いただいたすべてのお客様に感謝申し上げます。
ありがとうございます!!

わたしの頭髪もだいぶ薄くなり、
また、お顔はすぐに思い出せるのに
お名前が出てこないという、

記憶力の減退も(恥ずかしながら)
顕著になりつつある昨今ですが、

お客様に鍛えられ、
お客様に励まされ、なんとかここまで
辿り着くことが出来ました。
(本当に『感謝』です!)


これまでのわたしのキャリアは、
【潜在のお客様は何を求めているのか?】という
問い掛けと、

それに対する【行動(トライ)】
連続であったような気がします。

17年という月日はまさに山あり谷ありで、
いくつか『転機になること』がありました。

もちろん、いちばんの『転機』は
2008年に東京に出てきたことです。

そして、もうひとつ、
折に触れ、思い返す『転機』があります。


それは、
2011年から
日経新聞電子版で連載していた
【コレだけ読めば大丈夫! はじめての投資信託】を、
2013年の5月で降りたことです。

理由としては、
その年の4月に編集長が交代し、

「ひとつの投資信託を取り上げ、
その商品の問題点に切り込む」というスタイルが、
どうもNGという格好になってしまったためです。

その時、取り上げようとしていたのは、
たしか発売されて間もない投資信託で、
意味のない「ファンド・オブ・ファンズ形式」にして、

つまり、意味なく『しくみ』を複雑にして、
分厚い手数料(運用管理費用)を取ろうとしていた
投資信託・・(もちろん毎月分配型でした)。

編集長からNGが出て、
「いや、万一、運用している人に自殺でもされたら・・」
みたいなことを言われました。


illust2092_thumb.gif


ということは、
「仕組みもわからず、
割高な手数料を払わされる人は、
どうなってもいいっていうことなんですか!」
とは、

もちろん
(わたしも)オトナですから、
言いませんでしたが・・(^^;)


ただシンプルに、
「では、連載は降ります」と
申し上げました・・。


ちょっと青臭い言い方になってしまいますが、
縁あって
ファイナンシャルプランナーの事務所を
構えているのは、
自分なりの「」があるためです。

上記の連載の件に限らず、
わたしの情報発信の
【指針】となっているのは、

開業時に
自分自身に課した、
お客様に対する <コミットメント> です。

それは、

〇 日常のことばでお話しすること。
〇 金融商品は生活商品のひとつであり、
私たちはそれを選ぶ消費者であると心得ること。
〇 100%お客様の側に立ち、本音の部分をお伝えすること。


これが実行できない仕事は、
今後もやるつもりはありません・・。


年を重ねるとは(一般に)、
社会と折り合いを付けることと
解されますが、

わたしは青臭さを忘れず、
「頑固さ」にこだわっていきたいと思います。

こんなわたしではありますが、
1ミリでも高みを目指して、

今後とも
【やさしい投資】【続けやすい投資】を、
ひとりでも多くの方にお伝えしていく所存です。

18年目もどうぞよろしくお願い致します!!


9-遠くを眺める




関連記事

| 業務連絡 | 10:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT