2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「第3回個人投資家との意見交換会 in 金融庁」今回は、運用会社の人たちがズラリでびっくり!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

またまた虫とり小僧さんにお誘いいただき、
6月29日(木)に金融庁に行ってまいりました。

つみたてNISAについて、個人投資家から
さまざまな意見を聞こうというこの会ですが、
今回は、以下の運用会社の方々が勢ぞろいされていました。

・野村アセットマネジメント
・大和証券投資信託委託
・レオス・キャピタルワークス(ひふみ投信)
・セゾン投信
・ニッセイアセットマネジメント
・ブラックロック・ジャパン
・三菱UFJ国際投信株式会社

 (↑ 右からの席順です)


冷静に考えてみますと・・、

監督官庁である「金融庁」と、
監督される側の「運用会社」が一緒にいて、
その現場を(第三者的に)観察できるのは、
すごく稀有な機会といえるでしょう。

さて、つみたてNISA 最大の問題は、
『販売会社』にあまりやる気がない、
という点でしょう。

ここのところ(最初の挨拶の場で)
セゾン投信の中野社長がズバリと
言っておられました。

販売会社さんはあんまりやる気がないようです(^^;)



たしかに、
〇 ひとり当たり月3.3万円程度の資金流入
〇 購入時手数料が取れない(ノーロード)
〇 システム導入にコストがかさむ

等々を考えると、
これは儲かりそうもないから、
【やる気なし・・】ということなのでしょう。


たとえば、です。
いくら野村アセットマネジメント(運用会社)が
頑張って「つみたてNISA」を
推し進めようとしても、

野村證券(販売会社)に
あまりやる気がなければ、
尻すぼみになってしまうのが目に見えます。

これは、
大和証券投資信託委託と
大和証券の関係を取ってみても
同じでしょう。

この点、販売会社を通さない
直接販売『直販』は強いですね。
メーカーとしての意思表示を明確にすれば
よいのですから・・。

all_aboard_the_struggle_bus_xl.png


しかし、そうはいっても、
販売会社、直販、ともに
頭を悩ませる問題があります。

1.『現行のNISA』をやっている人に
『つみたてNISA』との棲み分け?を
どう説明していくのか。

※ 現行NISAで積み上げたお金は、
つみたてNISAには移管できないので、
このあたり、悩ましいところでしょう・・。

2.iDeCoとつみたてNISAは
どう使い分けていくのか。
というより、どう説明分けをしていくのか。

具体的には、
〇 優先順位をどうする?
〇 使い分けの具体的な処方箋は?

huge_25_127334_20160710195704a84.jpg


わたしはファイナンシャルプランナーとして
(以下、異論はあるかもしれませんが、)

投資資産全体の中で、
通常つみたて(特定口座)の投資額は
50%以上キープすべきだと思います。

(iDeCoは素晴らしい制度ですが、
60歳以前にお金を引き出せないのは、
【流動性の制限】にあたるため・・)

上記の前提があって、
次に、
iDeCoとつみたてNISA、
どちらを優先させるべきか。

iDeCoをより優先させるべきでしょう。

iDeCo最大のメリット「所得控除」は、
毎年確定的な節税効果があります。
(所得が継続している限り)

それに対してつみたてNISAは、
ファンドを解約する際(利益が出ていれば)、
非課税となるわけです。

これは「将来のメリット」であり、
かつ確定的ではありません。


あっ、すみません・・、
もとに戻りますね!

いずれにしても
2018年1月の船出(つみたてNISA)は、

(私たちがイメージするよりも)
地味で・静かなものになるのではないでしょうか。

ただし、わたしなりに
「希望」も見い出しています。

当日は、野村AM、ニッセイAM、
三菱UFJ国際投信が、

つみたてNISA用に(新たに)
バランスファンドを設定する旨の
お話をされていました。



三菱UFJ国際投信は、
eMAXISバランスや、最適化シリーズで使われている
いわゆる8資産のアセットを用いて、

1970年代生まれ、
1980年代生まれ、
1990年代生まれ という
「3つのターゲット」を設定し、

ターゲットイヤー型ファンドを組成する
計画があるのだそう・・。

※ ふつうは退職年をターゲットにしますが、
(なるほど)生まれた世代で区切ったほうが
分かりやすいかもしれませんね。

ニッセイAMも野村AMも
バランスファンドには力を入れていくようです。

そして、次回、第4回目は
(ナント)販売会社さんを
招いて意見交換会をされるのだそう。

いったいどうなることやら・・。


※ SBI証券、楽天証券がすでに
「つみたてNISA」の特設ページを設けています。

〇 SBI証券はこちら
〇 楽天証券はこちら

◆ 参照記事

虫とり小僧さん
金融庁と個人投資家の意見交換会に行ってきました(第三弾・投信運用会社を招喚・6月29日)

nantes(なんと)さん
金融庁「第3回個人投資家との意見交換会」に参加して考えたこと
 ↑「つみたてNISAの普及に必要なこと」の項目で、
  とても建設的な意見を述べられています。

似顔絵




関連記事

| つみたてNISA | 19:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |