2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

田中雛子さんがウクレレを弾いている姿を想像しながら、電子書籍『バラつみ投資』は書かれました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

7年ぶりの新刊
ラクして増やそう!バラつみ投資』【電子書籍】を
お読みいただいた皆さま、
ありがとうございます!


キンドル

(おかげさまでKindle本
「金融・投資」部門で【1位】を快走中!)


これも、
ひとりひとりの読者の方の
貴重なクリックの積み重ねであります。
(本当にありがとうございます!!)

※ あっ、でも、直ちには購入されずに、
まずは【無料サンプル】をダウンロードしてくださいね。


ところで・・、
本書を書く【きっかけ】となったのは?


何を隠そう、
社会派ブロガー「ちきりん」さんの
嫌いな人向けの商品開発へ』という記事なのです。

この記事をなにげに読んで、
そのあとお昼ご飯を食べて、
事務所でNetflixの
「ベター・コール・ソウル」を観ていたら、

【あっ、そういうことなのか!】と
突然ひらめきました(^^)


キライな人、
苦手な人に向けて
『どんなモノを作ればよいのか』って
意外と見落とされがちです。

たとえば、
『掃除機』でいうと、

「できれば掃除なんて誰かにやってほしい」
(その間、ソファでテレビを見ていたい)


というニーズは
根強くあるわけです。

ちきりんさんの記事を読んだとき、
わたしの中に、

「できれば投資なんて仕組みにやってほしいなあ」


という人の姿が自然に浮かんできました。

(それに対する答えがバラつみ投資
「バランスファンド」×「つみたて」だったのです・・)


ところがわたしには
問題がひとつありまして、

「投資をまだやったことがなく」
「投資に対して苦手意識がある人」に、
(それも年齢が若い方に)、

出会う機会が・ないのです。

「じゃあカン君、どうする?」


ということで、

すみません・・、
ちょっと『ストーカー』っぽくなるのですが、

わたしは【想像】するしかなかったのです、
具体的なひとりの読者を・・。

icon01.png
これは、
マーケティング業界では、
ペルソナ』と呼ばれています。

具体的、かつ典型的な
【ひとりの読者】を想定し、

その人に向けて執筆することを指します。


すでに本書をお読みの方には
なじみ深いと思いますが、

今回わたしは、
田中雛子さん(32歳)を、
具体的な【読者像】として想定しました。

そして田中さんに、
本書の『メインキャラクター』として
登場してもらったのです。

こんな人です・・。


5-田中雛子さん-5


※(実は)↑妻に描いてもらいました(^^)


わたしは脚本家が登場人物の
「パーソナルストーリー」を設定するように、

本書を執筆するにあたり、
田中雛子さんの【バックグラウンド】
丁寧に作り上げました。

以下、わたしが創った
田中さんの『パーソナルストーリー』の一部です・・。

田中雛子さん(32歳)
1985年6月23日生まれ。独身。
地元の高校(福島県)を卒業後、
埼玉の医療専門学校へ。

卒業後、
埼玉県内の病院での勤務を経て、
現在は、東京都中野区のベッド数100の
中規模病院で医療事務の仕事をしています。

性格はマイペース。
ほんわか系。のんびりタイプ。
どちらかというと、目立たないほう・・。

細かいことをこなすのは苦手。
でも、同じことをコツコツ継続させるのは得意かも。


〇 趣味はコミックを読むこと。
スイーツを食べること。

休みの日には
恵比寿、代官山、自由が丘あたりに、
スイーツ巡りをすることも。
(なのでちょっぴり「太め」)

お酒はたまに飲みます。
(梅酒とか杏酒とかを少々)

音楽は肩ひじ張らないBGM系が好み
(ボサノバとか)


〇 住まいは埼玉県志木市、
東武東上線志木駅から
徒歩5、6分ほどのところにある、
ワンルームマンション。

手取り収入は 月23~25万円
家計簿は特に付けていませんが、
毎月貯金はできています(2~3万円くらい)
メインバンクは「埼玉りそな銀行」

7年前に、
友人に紹介されて
アフラックのがん保険に入りました。
(保険料 月2,500円程度)

とりあえず「貯金」を心掛けているのは、
将来のことが不安だから・・。



そんな田中雛子さんが
本書を手に取って、
もしも、
バラつみ投資』を実行していただけたなら、

(最初は)そわそわされるかもしれませんが、
特にやることがないので、
習い事を始めるかもしれません・・。


住まいは東武東上線ですから、
乗り換え駅である
池袋駅近くの、

『ヤマハ大人の音楽レッスン』あたりで
たとえば、
「ウクレレ」を習ったりするはずだ・・


2017_yamaha.jpg

とまで、妄想しながら書きました(^^;)

正確には、
田中雛子さんが楽しそうに
「ウクレレ」を弾いている姿を想像しながら
書いたつもりです・・。


随所に、田中雛子さんが登場する本書ですが、
こんな『パーソナルストーリー』を
頭の片隅に思い浮かべながらお読みいただくと、
楽しさが増すかもしれません・・(^^;)






関連記事

| 業務連絡 | 11:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |