2017年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

三連休の中で偶然が重なって、たまたまこのブログに辿り着いたあなたへ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたは昨日、たまたま友人から
「確定なんとか年金?」みたいな話を聞いて、

人生の中ではじめて
「投資信託」とか「資産運用」という言葉を耳にし、

たまたまグーグルで
(ちょっとした好奇心で)
【投資信託 初心者】とか、
検索をしたところでは、ないですか?


図星ですか・・?


そして、偶然今、
このブログをチラ見してくださり、

きっかけは何であれ、
ありがとうございます・・(^^;)

えー、沈黙が続くと、
ページを閉じられてしまうかもしれないので、
手短にお話ししましょう。

(実は)投資って、

よそ行きの服ではなく、
誰にも必要な靴下のことです。



だ靴下

??

靴下って、
誰でもふつうに履きますよね。
(毎日の生活や人生に必要・・)

それと同じように、
あなたのお金を貯めたり、
また、育てたり(=投資)することは、

別段特別なことではありません。

ふつうの生活者が
将来の生活のことを考え、
少しでも「余裕部分」を持つために行う
息の長~い行為。

それが『投資』です。


ところで
投資を行う目的とは?

あなたのお金を「増やすこと」。
(はい、それはそうです・・)

でも、よく考えてみますと、
お金が増えるという効用は
ちょっと変わっています。


ふつう私たちは、
服を買ったり、
リンゴを買ったり、
ソフトウェアを買ったり、
家事代行サービスを買ったりするとき、

「こんなメリットが得られる!」と、
具体的に想像しながら、
モノ・サービスを購入します。

すぐに得られる
メリット(効用)が明らかであればこそ、
私たちはお金を支払うわけです。
sgf01a201412241900.jpg

ところが「投資」は違います。

お金が増えるという
メリット(効用)って、
そもそも確定していません。

それに、
たとえそれが訪れたとしても、
今すぐではなく、先の話です・・。

★(投資のため)
金融商品を購入することは、
ほかの商行為とは本質的に異なるのです。


投資を行う際のキーワードは
(ずばり)この【タイムラグ】でしょう。

具体的には、
金融商品を買ったときと、
そのメリット(効用)が実感できるときが、
「大きくズレている」のです。


大事なことなので、
もう一度言いますよ。

金融商品を買ったときと、
そのメリット(効用)が実感できるときが、
「大きくズレている」。
それが投資という行いの本質・・。


たとえば、
投資信託という金融商品があります。

これ、毎日値段が付くのですが、
それを毎日見ることって、
果たして意味があるのでしょうか?

あなたが2004年の1月に、
ある投資信託に投資をしていたら・・
と想像してみましょう。

下の図表は、
その2004年1年間の『値動き』を表しています。
【左端が1月です】


2004-sy.png


見ていただくとお分かりのとおり、
1月から11月はじめまでを見ると、
ほとんど増えていません。
(成績は若干のプラス・・)

「せっかく丸10ヶ月も投資したのに、
ほとんど増えないじゃないか!」


と怒り出す人がいても
不思議ではないでしょう。


でも、この図表では、
11月8日からのたった7週間で、
投資信託の価格が急上昇しています。

この年、この投資信託の成績は
プラス10%を超えたのですが、

プラスの成績のほとんどすべてを、
11月8日からのわずか7週間で
叩き出しているのです。



無題


ちょっと想像してみましょう・・。


もし、ですよ、
8月10日くらいで、
投資信託の成績のマイナスに耐え切れず、
そのファンドを売ってしまっていたら、

「ああ、わたし損してしまったわ」


になるわけです・・。


一方、価格が上がったり下がったりしたけれど、
1年間、この投資信託を持ち続けていれば、

「ほおー、儲かってるね」


になるわけです。

同じ投資信託に投資をしているのに、

「ああ、わたし損してしまったわ」
「ほおー、儲かってるね」

というふうに、
2種類のセリフが吐かれることになります。

これってどういうこと?


どのような【時間スパン】で
自身の投資を捉えるかで


明るい景色にもなれば、
暗い景色にもなってしまう・・。
それが「投資」という行いの本質。

(大事なのは【時間】の把握なのです)


【時間のズレ】に慣れることが、
投資という行為に慣れることなら、


いかに【時間】をやり過ごせるかが
意外と重要な意味を持ちます・・。


204px-Time_Life_logo_svg.png


でも、
【時間】って厄介ですよね。

それを意識して、
真面目に反応すればするほど、
なかなか過ぎてはくれません。

ということは・・?

はい。

意識しない。
真面目に反応しない。

いい加減に、
ただ(投資を)続けているだけ・・。


たとえは良くないかもしれませんが、

教室のいちばん後ろで
授業もろくに聞かず、
ただ座っているだけの
ちょっとワルの生徒でよいのです。

2時間目の休み時間で
弁当を食べても構いません。
マンガを読んでいても構いません。

難しく考えず、
そこに居続けることが
何より重要なのです・・。


14-いい加減-3




関連記事

| 投資の発想法 | 19:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |