2017年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

前の会社の同僚と「たまに会う」くらいの感覚で、株式市場とつき合おう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然に始まった
投資の『ホップ・ステップ・ジャンプ』!

ホップは『時間の把握』、
そしてステップは『対象の把握』でした。

そして今日お届けする
ジャンプとは・・?
ずばり【心の把握】です。

正確に言うと、
株式市場に向き合う、
あなた自身の「心の持ちよう」を
しっかり確認すること・・。


先日、
ひょんなことがきっかけで
「投資」に興味を持ち始めたばかりのあなた。

「株式市場」と聞くと、
【なんだか摩訶☆不思議な異空間!】
というイメージがあるかもしれません。

が、しかし、
よく考えてみますと、
それは(たまたま)
株式会社がひしめき合っている市場にすぎません。


あなたが勤めているのも
(おそらく)株式会社でしょう?

会社の価値というのは、
業績に伴って刻々と変化します。

その会社の価値を、
開かれた空間で売り買いするのが
『株式市場』というところです。

(あっ、市場は訓読みすると、
いちばになりますね)


株式の「いちば」では、
さまざまなモノ・サービスを提供する
株式会社の価値(株価)をめぐって、

「高い!」「安いよ!」
という思惑をもとに、
さまざまな人たちが売り買いを
繰り広げるわけです。

(まあ、賑やかなのです(^^;)


ただし、
お金(儲け)がかかっていますから、
その売り買いのさまは真剣そのもの。

人の「欲望」と「恐怖」を如実に映しており、
冷めた目で見ると、
【人間ドラマの凝縮版】を
観ているような気になってきます・・。

ズバリ申し上げて、
あなたに必要なことは以下のふたつ。

1.【株式市場の特徴】を知ること。


2.そのうえで、
市場との付き合い方を【主体的に】
あなた自身が決める必要があります。




dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


「カンさん、株式市場の特徴って?」

はい、市場というところは、
〇 短期的には赤子のように振る舞い、
〇 長期的には紳士の如く振る舞います。

大事なことなので、
もう一度言いますよ。

市場というところは、
〇 短期的には赤子のように振る舞い、
〇 長期的には紳士の如く振る舞います。



短期的に毎日毎日
市場の近くで値動きを追っていると、
(なにせ赤子のように振る舞うので)

「えっ、なんで??」というような
ちょっと理解できない、
不合理な『動き』が(もう)満載です。


※ 真剣に向き合えば向き合うほど、
正直疲れてきて、
頭の中がパンパンになってしまうでしょう。


そしてときには、
富士急ハイランドの
ローラーコースターに乗っているが如く、
アップダウンが激しくなることも。

(要は、短期的に見れば)
株式市場って
けっこう危なっかしいところなのです。


danger-300x222.jpg


そうすると、
あなたが取るべき行動は明快ですね。

『できるだけ赤子の相手をしない。』


すなわち、
株式市場を毎日見たりしない。
短期的な値動きは気にせずやり過ごす。

普段はマーケットから
できるだけ遠く離れて

意に介さず、

ぜんぜん違うこと(お仕事や趣味のこと)を、
一所懸命考えるようにしょう・・(^^;)

★ まるで1年に3回だけ会う、
前の会社の同僚 田中くんとの飲み会のように、

市場の長期的、
かつダイナミックな動き(傾向)のみを
把握すればよいのです・・。


たしかに「恐怖」と「欲望」が
ひしめく株式市場ですが、

透明な空間の中で、
たくさんの株式が、
たくさんの人たちによって
売買されるため、

ひとつひとつの株価の動き、
そして市場全体の『値動き』は、
まるでひとつの生き物のように、
「意思」を持ち始めます。


株式市場全体の値動きとは、
さまざまな人間の経済活動の
総意】なのです。


Casting-with-Search-Engine-Marketing-SEM-300x200.jpg


(実は、『株式市場』とは、
その国の、
経済活動の【温度感】そのもの・・)

そして、大事なことは、
あなたも、わたしも、
(ひとりの人間として)
その温度感の一部を成しているということ。


投資を続けるとは、
株式市場と付き合い続けることですが、
なかなか一筋縄ではいきません。

あなたが夢中になればなるほど、
市場(マーケット)は
それをあざ笑うように無慈悲に反応します。

あなたが市場と向き合うとき、
【心のあり様】としては、
できるだけ 冷めた感覚 でいること。

ひと言でいうと、
オトナの対応、です・・。


長期的に見れば、
(市場は)紳士的に振る舞うと云いました。

一時的に、
大きくアップダウンすることがあっても、
マーケットは必ず、
平均的な動きに【回帰】していきます。

それを、気長に、
落ち着いて待てるかどうか・・。

まさに成熟した、
『こころの構え』が必要なのです。

投資の【ホップ・ステップ・ジャンプ】!
時間の把握
対象の把握
心の把握

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 19:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |