2017年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

投資という行いは、貯蓄という概念の中に含まれています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日々、懸命に働いていて、
家のあれやこれやの雑事に追われ、
ふつうに預金のみをして
毎日を過ごしている人が、

『投資』なるものの 輪郭
正確に捉えることって、
けっこう難しいと思います・・。

『投資』という行いは、
その実態と、イメージの間に
大きなギャップ」があります。


未経験者にとっては
『イメージ』の輪郭があまりに強烈なため、
どうしても
ワタシには関係ないし・・
と思ってしまいがち。

(自分事として、
なかなか入ってこないのです・・)

意外に思われるかもしれませんが、
わたしは、

投資という中身の多くは、
貯蓄という概念の中に、
含まれていると思っています。



redeem-mutual-funds.jpg


貯蓄とは?
「貯めていく」ことです。

そして、それを
愚直に「続けていく」こと。

何のために?

と問われれば、
自分のため、
自分の将来のため、ですね。


わざわざ、
今、そのお金を使わずに、
将来の消費のため、
お金を使うことを
『先送りする』わけです。

(なかなか高度なワザです(^^)


投資もそれを始めて、
愚直に「続けていく」ことです。

そう、自分の将来のために・・。

(これって「貯蓄」とまったく同じです)

では、
「貯蓄」も「投資」も、
どのくらいのボリュームでするかといえば、

まあ、
自分の身の丈に合わせて、ですよね。

「毎月1万円くらいなら出来そうかな?」
とか、
無意識のうちに、
「貯蓄」の大きさを計ったりするわけです。

これ、「投資」も同じです。


未経験者の、
投資に対する【間違ったイメージ】の
もっともたるものは、

「投資って、まとまったお金でするんでしょ」


というもの。

いいえ、「投資」は、
毎月ベースのお金の中から
無理なく・出来ます。

「つみたて」で。

日本では、
投資信託という道具を用いれば、
月100円から、つみたてが出来てしまいます。


なんとなく聞いたことがある、
確定拠出年金も、
つみたてNISAっていう仕組みも、

実は毎月、
コツコツお金を出していく
「つみたて」という名の制度なのです。

はっきり言いましょう!

お金の生かし方や、
そのノウハウというのは、
お金持ちの人のために
存在するのではありません。


★ お金の生かし方について、
複数の選択肢があることを
知っておくべきなのは、

日々、懸命に働いて、
家のあれやこれやの雑事に追われ、
ふつうに預金のみをしているあなた、なのです。


Mutual funds


あなたは、
実がたくさん成っている木を見て、
ただ「やったー!」と言いながら、
実をもぎ取る人ですか?

それとも、
「これ、食べていったら、
そのうち実がなくなっちゃうよ」
と、心のどこかで感じて、

実の中にある種を植えて、
また木を育てようとする人ですか?

「貯蓄」をしているあなたから、
後者のマインドをきっと持っているはずです。

それは、「投資」もまったく同じなのです。

小積大為。




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 11:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |