2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒトの本能をうまく騙して『リ・バランス』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

これまで、
『積み立て』をしっ放しで、
なかなか「リ・バランス」が出来てこなかった人、
いませんか?

(えっ、あなたですか?)

今のマーケット状況は、
「リ・バランス」を実行する
千載一遇のチャンスだと思いますよ。

投資を始めた当初、
あなたは、

【守りをしっかり固めながら、
リスクを取っていきたい。】


そう願っていたはず・・。


ところが、
知らず知らずのうちに、
守りが疎かになり、
(思った以上に)
リスクを取っている状態になっていませんか?

あっ、別に
あなたの行動が
変節してしまったわけではありません。

(あなたの行動は一貫しているのです)

ただ、
マーケットの好調が続いたために、
このような状態
(リスクを取り過ぎ状態)になっているのです。

仮に『株式』と『債券』で
資産配分を作っているとすれば、
『リ・バランス』をするよい機会でしょう・・。

dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


あっ、でも、です。
万が一にも、

「株式を売って、
債券を買い増ししなきゃ!」


と声高に言ってはいけません。

『リ・バランス』する、
= もとの割合に戻してあげるよ。
とそっと呟くのです・・。


多くの人は、
利益が膨らんでいるときに、
【株式を売る!】と考えると、
途端に出来なくなってしまうもの。

★【儲かっているモノを売る】のは、
明らかに
ヒトの『本能』に反するためです。


突然で恐縮なのですが、

私たちは
高度な文明社会に生きていますが、
私たちの脳は・・
ほとんど5万年前のままです。


ヒトの歴史の99%は、
『狩猟採集時代』ですから、

「食べられるものがあるときに、
できるだけ食べておこう。
だって今度はいつ、
満足に食べられるか分からないから!」


という記憶はけっこう強烈なものです。


転じて、

「儲かっているときに
とことん儲けを追求しよう!」


という姿勢は、
生き物的に云えば「大正解!」であり、
何も間違ってはいません。

(本能、バンザイ!)


あっ、でも、です。

MIYADSC_4275_TP_V1.jpg


私たちはもう、
サバンナで
野生動物を追いかけているわけでは
ありませんよね・・。

さまざまな事象が入り乱れる
高度な文明社会に生きていますから、

そこでモノをいうのは?

理性的に、
『リスクを管理すること』
ではないでしょうか。

ここで資産運用の定番、
「理性 VS. 本能の戦い」が起こります(^^;)


誤解を恐れずに言えば、
あなたの実直な本能を、
うまく騙してあげるために
リ・バランス】は存在するのです。

表立って、

「儲かっているモノを売って、
そんなに儲かっていないモノを
買い増しする!」


なんて言うと、

あなたの本能が邪魔をしますから、

『リ・バランス』する、
= 割合がズレているから、
もとの状態に戻してあげるだけだよ。


と、
自分に言い聞かせるのです。


それは、
クルマのハンドルを調整したり、
本棚に不規則に並んだ本を
並べ直してあげるのと同じ・・。

もとの割合に戻すだけですから、
別に投資を止めてしまうわけでは
ありませんし、

リスクを取って「攻める姿勢」を、
放棄するわけでもありません。

(投資するマインドは、
今までとまったく同じなのです。)

pie-chart.png


『リ・バランス』のもうひとつの
パターンも理屈は同じ。


仮に、大きな下落があって、
〇 株式ファンドの価格が大いに下がり、
〇 債券ファンドの価格も少し下がった場合に、

「そんなに儲かっていないモノを
売って、
大きく損しているモノを買い増す!」


なんて口に出すと、

あなたの本能が大いに邪魔をします。

なので、
「いや、ズレを直して、
もとの状態に戻すだけだよ。」


と自身に言い聞かせてあげるのです。


【理性】のあなたが
劇団ひまわり的な演技をして、
【本能】のあなたをなだめてなだめて、
うまく操っていく・・。

あなたの本能は、
「『リ・バランス』してるだけだから・・」
と騙され続け、

そして結果として、
長い資産管理の中で、

定期的に何十回も、
『高いモノを売って、安くなったモノを買う』
という、【投資の王道】を実践することになるわけです。

(理性、バンザイ!)

◆ 関連記事
【「リ・バランス」の初歩的な考察・・】

似顔絵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓  あなたの【学び心】にをつけます!
┣┳┳┏┻┃    2018 <マネ缶スクール>
┃┃┃┗┳┛    資産運用の旅に出る前に~♪
 …… ┃┃    2月24日()【ファンド特化コース

┗┻┻┫┃   
     ┗┛




関連記事

| リ・バランス | 19:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネット証券からあなたのお金が盗まれてしまうことってあるのでしょうか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

仮想通貨取引所のひとつ、
コインチェックに不正なアクセスがあり、

顧客から預かっていた
仮想通貨「NEM」(ネム)が
大量流出した事件が世間を騒がせています。

要は??

「要は、盗まれてしまったわけです。」


これに関連して、
きのう、あるお客様からメールを頂戴しました。

「カンさん、ネット証券から
わたしの資産が盗まれることってないのでしょうか?」


・・たしかに不安になりますね。


「仮想通貨」と「投資信託」は、
まったく、似ても似つかない
異なった投資対象ですが、

どちらも
『モノが電子的に保管されている点』は
同じです。

ちょっと怖くて、
考えたくないシミュレーションですが、

(もちろん、
決してあってはいけないことなのですが、)


万万が一、です。
あなたのログインID、パスワード、
暗証番号が盗まれて、

あなたが保有する
ABCファンド350万円分が、
誰かに勝手に解約されてしまったとしましょう。

ネット証券の口座内には
もともと預けておいたお金と合わせて、
約400万円があるとします。


不正にアクセスした人間は、
この400万円を
口座外に出金しようとするでしょう。

でも、どうやって?


thumbnail_0001.jpg


あなたのネット証券の資産管理画面には
【入出金】の項目があり、
出金先の銀行口座】を
あらかじめ指定しているはずです。

その口座名義人は?


ネット証券の口座名義人(あなた)と、
同じ名前でないといけません。


※ これは海外の
オンライン証券会社も同様です。

ネット証券の名義人
= 出金先の銀行口座の名義人


ということは?


万万が一、
不正にログインされ、
投資信託を解約されたとしても、

(その人間は)お金を外に出すことが
できないわけです。


ここ、意外に壁(ウォール)が高いので
知っておいて損はないと思いますよ・・。

◆ 参照記事
大和証券の店舗で投資信託を買っても、管理はすべて電子的に行われる?

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 11:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『金利』でお金の柔軟体操をしよう!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「お金のことって苦手です。」


そういう人は案外多いです。

この場合、
『金利』という道具を使って、
ちょっと柔軟体操をしてみることを
おススメします。

たとえば、
あなたはご両親、
お祖母ちゃんなどから、

「郵便貯金はいいわよ!」という話を
聞いたことがありませんか?

昔は郵便局の定額貯金に10年預けていたら、
お金が2倍になったこともありました。
(ホントです!)

なぜかというと、
「世の中の金利」が高かったからです。


私たちがお金を増やす場合、
『金利』を
脚立(きゃたつ)でイメージすると
分かりやすいかもしれません。

これ!

4522831452859.jpg


高い『脚立』のほうが、
より高いところまで手が届きますよね。

金利が高いときは、
できるだけ『長い』『固定金利』の商品に、
お金を預けるのが、
庶民の知恵だったのです。



相談業務の中で(今でもたまに、)

昭和63年~平成2年頃の
終身保険や個人年金保険を
拝見することがありますが、

こういう保険の類も、
『長い』『固定金利』の商品ですから、
金利が高いときは、 
まさに「入って正解!」だったわけです。


で、カンさん今は・・?


はい、今は「真逆」ですね。

金利が底を這っていて、
ほとんど『ゼロ』です・・。

金利がほぼゼロのときに、
『長い』『固定金利』の商品を買うのって
どうなのでしょう?

<それ、いちばんやってはいけないこと。>

それってまるで、

「ワタシ10年も20年も
超低い脚立(きゃたつ)でいいんです!」
と宣言しているようなもの・・。



金利が低くて低くて
どうしようもないときは・・、
『変動金利』の商品でよいのです。

たとえば・・、
個人向け国債10年もの。

(毎月、新発売のものが出ています。
1万円以上、1万円単位で買えます)

この先も、
ずっと金利は低いままかもしれません。

しかし、
世の中の金利が上昇したときには、
その恩恵を受けることができます。

(『長期』『固定』の商品だと、
低い低い金利にずっと縛られることに・・)

以上はお金を増やすときのお話。


次は、お金を借りるときですよ。

あなたがローンを組んで
お金を借りるなら、
『金利』をハードルとイメージすべきでしょう。

これ!
gatag-00003203.jpg
「だったら出来るだけ低いハードル
(低い金利)のほうがいいや。
やっぱ住宅ローンは変動金利で借りよう!」

ん?
たしかに一見、理に適っているようです。

(実際、固定金利より、
変動金利で住宅ローンを借りる人のほうが
圧倒的に多いのです)


住宅ローンは「超長期」にわたりますから、
今の時点で
【変動 VS. 固定】でどっちが有利なのかは
分かりません。

しかし、ひとつだけ
明らかな『違い』があります。

それは・・、

変動金利では、
金利の変動リスクを借り手が負います。

固定金利では、
金利の変動リスクは貸し手が負います。



今、金利が低くて
『ゼロ』を這っているわけですから、
当面の金利変動リスクとは、
金利が上昇していくこと」に他なりません。

仮に、
あなたが変動金利でお金を借りたとしましょう。

(おっと。金利が上昇してきましたよ。)

★ この『変化』に対して、
貸し手である「銀行」は
リスクを負いません。


00c7688e52ceaeeb398604a805cd3f10.png

なぜなら、
〇 預金者に支払う金利も上がるでしょうが、

〇 変動金利でお金を貸しているので、
もらえる利息も増えるからです。

<そう、貸し手の立場に立って考えると、
イメージがしやすくなりますよ。>



「銀行」の立場に立つと、
固定金利でお金を貸すリスクが
見えてきます・・。

仮に世の中の金利が上昇し続けて、
預金者の人に支払う金利(預金金利)が
上がってきても、

(住宅ローンが固定金利だと)
貸し出す金利は文字通り『固定』・・。

その先もどんどん金利が上昇し、
万が一、
預金金利 1.7%
住宅ローンの固定金利1.6%みたいな状況になると、
完全な『逆ザヤ状態』です。


ほんとうは、
貸し手って
固定金利では貸したくないわけです。


(じゃあ、借り手は?)

今は『金利』がほとんどゼロで、
かつてないくらい
変動金利と固定金利の差が
縮まっているわけですから、

固定金利で借りられたほうがいいと
わたしは思います。
(あっ、お金を増やすほうは変動金利ですよ・・)

『金利』について考えることは、
マネーの第一体操です(^^;)

似顔絵



関連記事

| 経済よもやま話 | 19:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月24日(土)第40回『ファンド特化コース』のお知らせ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もう、今から13年前になりますが、
「スタンダードコース(大阪)」に
参加されたお客様に、

「カンさん。投資信託って、チンプンカンプンなんです・・」


と言われたことが、
『ファンド特化コース』が生まれたきっかけです。

● ファンドを購入する窓口はどこがいいのか。
  投資信託のパンフレットの見方は?

● 【運用レポート】って、どこをどんなふうに見て
  ファンドの良し悪しを見極めるの?
 
● ファンド用語の意味は?

● 買ってはいけない投資信託の、
  どの部分が「買ってはダメ」なの?

● どうして日本の投資信託は、
こんなに運用管理費用が高くなってしまったの?
(90年初頭からのコストの移り変わりを考察します)

● ファンドの全行動記録である【運用報告書】は、
 どの部分の数字を、どのように読み解けばいいの?

これらすべてにお答えするのが、
この『ファンド特化コース』です。


わたしなりの、
投資信託に対する『世界観』が散りばめられた
1日集中型の講座となります。

    2月24日()東京・大井町
    第40回 ファンド特化コース
自分の物差しを持とう!投資信託テッテイ攻略法

あなたもこの講座で
ファンドの「深~い世界」に触れてみませんか?

(ちなみに、
運用報告書を読み解くときの題材は、
なぜか「フィデリティ・日本成長株・ファンド」なのです・・)


20131030093212450_20180128085507f68.gif




関連記事

| セミナーのお知らせ | 08:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)、2ヶ月で1900億円超の資金流出


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

大和証券投資信託委託が運用する、
『ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)』(愛称:杏の実)があります。

当ファンドの
運用レポート】をご覧いただくと、

2013年頃から
「基準価格」が下がり始め、
それとともに、
「純資産額」も減り続けているのが分かります。

よくよく考えてみると、
『毎月分配金が出るファンド』は、

〇 毎月お小遣いがもらえて、
かつ、
〇 自分のお金が順調に増えていく?

という【良すぎる話】を無責任に広めた
張本人といえるでしょう・・。


ほんらい、
リスク資産の収益は【不確定】なのに、

「確かな利益が、期待できる商品がありますよ!」
という、
誤った情報を植え付けた『罪』は大きいです。

ところで、
投資信託の『純資産額ランキング』で
何度も1位になっている

フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)
ですが、

昨年11月に、
およそ1044億円のお金が純流出。
12月はおよそ877億円が純流出となっています。


フィデリティ

画像元)「投信まとなび


また、『投信資料館』の
こちらのページを見ると、

昨年11月には、
「新光 US-REITオープン(ゼウス)」
の純資産額が約258億円減り、

「日興AMラサール・グローバルREITファンド(毎月)」は
その純資産額が約204億円減っています。


anxious-man-biting-nails-worried.jpg

これって一体どういうこと??



もしかすると、

「毎月お小遣いはもらえるけど、
なんだ、
自分が預けたお金は減っているじゃないか。」


と気づいた人たちが、

断続的に、
毎月分配型ファンドを
【解約】していっている現象かもしれません・・。


実際、2017年の
毎月分配型ファンドの上位100本を見ると、
(純資産額ベース)

『分配金』を減らすファンドが
(増やすファンドより)本数が多くなっています。

そもそも『分配金』を求めて
このような投資信託を買っている人にとって、
『分配金』を減らされるのは
相当なストレスのはず・・。


『分配金』が断続的に減ってきている
というのは、

そうしないと、
(基準価格が下がる一方で)
ファンド運営が
立ち行かないということですから、
明らかに【黄色信号の点滅】でしょう・・。

(実は、
「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」は
昨年10月までの 70円の分配金を、
翌11月から35円に減らしたのです・・)


Red Traffic Light

そう、
【毎月分配型ファンドの時代は、
終わりつつあるのです。】


わたしは、
解約する人たちで
【出口】が混み合わないうちに、
早めにファンドを処分されたほうがよいと思います。

日本の投資信託の
「分配金システム」で、
本質的におかしいと思うのは、

【元本】を取り崩して支払われるお金、
「元本払戻金」も、
『分配金』と見なしてしまっている点でしょう。


【利益】からのみ払い出しを可能にし、
そのお金のみを『分配金』と規定する。


このように法律を改正すれば、
見えてくる景色は
ずいぶん「まとも」になるのではないでしょうか。

一刻も早く
「毎月分配型ファンド」の舞台から下りたほうが、
あなたの資産は守られるとわたしは思います。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 13:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月26日の「ひと言」


若い投資家には、忍耐力がない。

老いた投資家には、時間がない。


baby-surprised-340x231.jpg





関連記事

| 今日のひと言 | 16:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT