FC2ブログ

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金融庁の『初めての投資!おすすめの一冊』に投票してみませんか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

金融庁が
【はじめての投資!おススメの一冊】を
募集しています。

応募結果は、
4月21日(土)に開かれる
『つみたてNISAフェスティバル2018』の中で、
発表されるのだそう・・。


20171222224858.png


〇 あなた自身が
さまざまな意味で影響を受けた本。
〇「投資を始めてみよう!」と
心を動かされた本を、


ぜひ、
まだ見ぬ、

投資という航海に
これから漕ぎ出そうとする「人たち」に、
知らせてあげましょう!

(1人3冊まで紹介可能です)

あっ、締切はなんと、
明日 3月30日(金)までです!

善は急げ!!

<つみたてNISAフェスティバル 2018>
『初めての投資!おすすめの一冊』
 【投票フォーム】はこちら

似顔絵




関連記事

| つみたて投資 | 15:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライスワークから、ライフワークへ(当オフィスの理念とは?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

『ワタシへの投資』と云うと、
いわゆる『自分投資』のことであり、
これは理解されやすいと思います。

ところが
おカネへの投資』はどうでしょう。

これまでの日本では、
『おカネへの投資』はちょっと珍しいことで、

やもすると、

「なに?
そんなにあくせく自分のお金増やして、
楽しい?」


と、

少し見下されるような
雰囲気がありました。


たとえば、
あなたが『おカネへの投資』を続けて、
仮に金融資産1億円を達成できれば、

それは果たして、
ゴール】といえるのでしょうか?

・・・・

否、ですね。


ときどき、
「なぜ、自分は資産運用しているのだろう?」
と逡巡することがあります。

また、
「なぜ、自分は多くの人に
資産運用を勧めているのだろう?」
と反芻することもあります。

わたしは、
仮に、
金融資産を1億円持つことができれば、

それは
【ライスワーク】から
【ライフワーク】への
『出発点』になると考えています。



★【ライスワーク】とは?

ライス(明日のご飯を食べるために)
仕事をして、
日々の生活を賄っている状態。

★【ライフワーク】とは?

明日のご飯のことを気にせずに
自分がほんとうにしたいこと、
するべきことに注力できている状態。



わたしが多くの人に
『資産運用』を勧める理由は、

ひとりでも多くの人に
【ライスワーク】から、
ライフワーク】へ移行してもらいたいからです。


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452.jpg


これはセミナーでも
ときどきお話しすることですが、

より多くの人が、
資産運用の成果として、
ライフワーク】に移行できれば、

人の心に余裕ができ、
お金の巡り方が変わって、
社会の在り様が一変するかもしれません。


もちろん、
ライフワークの地点から先、

そこからいったい【何をするのか?】は、
あなたに課された大きな宿題なのですが・・。

(それはそれで、
チャレンジングなことだと思いませんか?)


ちょっと気恥ずかしいのですが、
晋陽(しんよう)FPオフィスの【理念】は、

「資産形成を通じて
お金に縛られない時間を創出し、
人が社会に還元するマインドを育むこと。」


であります。

(資産形成もまた、手段に過ぎないのです)


ところで・・、
今年に入って
「つみたて投資」を始めたあなた。

この2ヶ月くらいの大きな【価格変動】を
目の当たりにして、

「こんなはずじゃなかったのに!」
「やっぱ投資って怖いものだ・・」
と思っておられるかもしれません。

しかし、上記は市場(マーケット)が持つ、
ひとつの、ふつうの姿】に過ぎません。

資産形成への道のりは険しいのです。

それは、資産形成の【効用】が
とてつもなく大きいからに他なりません・・。

似顔絵




関連記事

| わたしのFP修行 | 11:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つみたてNISAから『取り崩し』開始? iDeCo、特定口座はどうする?(山本さん、32歳の場合)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

つみたて投資とは、
そこにずっと在り続ける
『空気』みたいなものです。

山本さん(32歳)が、
iDeCo、つみたてNISA、特定口座を用いて
資産運用を続けて、

―ずっとずっと先の話ですが、―

自身の運用資産を、
『どんなふうに取り崩していくのか?』を、
ちょっとだけ覗いてみましょう。


山本さんはずっと、

「日本株式ファンド」  10%
「新興国株式ファンド」 20%
「先進国株式ファンド」 30%

「日本債券ファンド」   20%
「先進国債券ファンド」 20%


という【ひとつのポートフォリオ】を、

3つの『窓口』
(iDeCo、つみたてNISA、特定口座)に当てはめ、
運用を続けてきました。


具体的には、

〇 iDeCoの窓口では、
「日本株式ファンド」
「新興国株式ファンド」を、

〇 つみたてNISAでは、
「先進国株式ファンド」を、

〇 特定口座では、

「日本株式ファンド」 
「新興国株式ファンド」 
「先進国株式ファンド」
「日本債券ファンド」 
「先進国債券ファンド」 を

保有しています。

(※ トータルの運用資産のうち、
「特定口座」に占める割合が
そこそこ高いため、

結果として、「特定口座」で
すべてのファンドを保有しています。
リ・バランス」も特定口座で実施・・)


そして、
月日はあっという間に流れ、
山本さんは今、51歳に・・。



illust2801.png


ちょっと顔には「たるみ」が?
(心なしかシミも出ていますよ)


「我ながら、よくここまで
運用を続けてきたものだ。」


そういえば、
51歳というのは、

山本さんが2018年に
つみたてNISAをはじめて
ちょうど【20年目】に当たる年・・。


img_9e6205ab472f304ab70ae5a8b812ed1983049.jpg

画像元)ZAi ONLINE


そう、今2037年なのです!

つみたてNISAで
最初(2018年)に入れた
「投資枠」について、
20年の『非課税期間』の満期が来ています。


仮に『非課税』というメリットを
しっかり享受するなら、

今年、2037年から、
毎年、断続的に

「先進国株式ファンド」を
解約し続けることになりますね・・。

「やっぱ、非課税って嬉しい!」


ん・・・?

でも、
(iDeCoや、特定口座では)
まだ取り崩しはしないですよね。

(だって)まだ51歳ですから・・。


仮に、つみたてNISAのみを
断続的に売っていくと、

★ 【ひとつのポートフォリオ】の中で、
「先進国株式ファンド」のみ、
その割合が減っていくことになります。

(と同時に、債券:株式で見ても、
株式の割合が減っていきます・・)


img_9e6205ab472f304ab70ae5a8b812ed1983049.jpg


また、図表を見ると、

今年(2037年)で
つみたてNISAからの「つみたて」は
【終わり】であることが分かります。

来年(2038年)、
山本さんが52歳の年からは、

iDeCo と特定口座という
2つの『窓口』からの
「つみたて」に変わるわけです。


(ちょっとだけ考えてみましょう・・)

今年、2037年から
つみたてNISAで
「先進国株式ファンド」を売っていく分、

たとえば、
『ポートフォリオ』のリ・バランスを、
わざと先進国株式多めにするって
可能ですね。

またあるいは、

2038年からの「つみたて」の
『配分割合』を、
わざと先進国株式多めにする、
ということも出来るでしょう。

(上記の作業を継続的に行うことで、
つみたてNISAのみを
先行して売っていくことは正当化できます・・)

でも、売ったとしても、
(そもそも)「そのお金」を
使う用事があるの・・? ← ココ、問題。


28-3枚の札


大元に帰れば、
【資産管理の仕方として】、

つみたてNISAの『20年』に
捉われすぎず、

〇 iDeCo 、特定口座、つみたてNISAの
取り崩しの時期】を、
おおむね揃えてあげることのほうが、


わたしは効率的だと思います。


山本さんは、
少なくとも、
50代のうちは、

つみたてNISAの
『非課税期間』が切れても
売ってしまわずに、

【特定口座】に戻してあげて、
運用を続けたほうが
管理がしやすいと考えます。


img_9e6205ab472f304ab70ae5a8b812ed1983049.jpg


この図表では、

『非課税期間』のあと
【課税】と記されていますが、
これは舌足らずで、

たとえば、
2018年に入れた「40万円」が
2037年末に「70万円」になって、

その状態で
ファンドを『特定口座』に戻したら、
ファンドを70万円で取得した】と
見なしてくれるので、

そのあと、
ファンド価値が「90万円」になって
売却したとしても、
利益は「20万円」のみとなります。


また、

〇 iDeCo 、特定口座、つみたてNISAの
取り崩しの時期】を、
おおむね揃えてあげる


という『原則』に立てば、

iDeCoも「年金形式」で
もらっていったほうが、

【毎年、トータルで
いくらくらい取り崩すか】が、
分かりやすくなりますね。


楽天証券(iDeCo)
給付のページ』を見ると、
イメージが掴みやすいと思います。

年金形式』で受け取る場合
(年2回。受給回数20回のケース)
※ 毎回「受給額」は変わります。

年金形式 イメージ

画像元)楽天証券(iDeCo)

何ごとも『バランス』が大切ですね!

◆ 関連記事
FPおじさんの一考!iDeCo、つみたてNISA、特定口座のケースバイケース
iDeCo使って、つみたてNISA使って、そのときどうする?

似顔絵




関連記事

| つみたてNISA | 17:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「eMAXIS Slim シリーズ」を直販するなら、分社化して日本のバンガードを目指すべき


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは
安房さんのこちらの記事で知りました。
emaxis slimシリーズが直販!?

リリース
「eMAXIS Slim」約款変更のお知らせ
(PDF)を読むと、

三菱UFJ国際投信が「直販」に乗り出す、
という言い方はしていません。

「eMAXIS Slim シリーズ」を
直販することを可能にする
(そのような約款変更を行う)と記しています。


これは意外と
ビッグニュースかもしれません。

同社(三菱UFJ国際投信)の上層部は、
(例外的に)提供ファンドの一部のみを
直接販売』する・・、
という意向なのかもしれませんが、

わたしは、
「eMAXIS Slim」という
商品名を会社の名として、

―たとえば、
「三菱 eMAXIS Slim 株式会社」にして、―
分社化してしまったほうがよいと思います。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


日本の資産運用業は、
まだまだ発展途上であり、

まだ塗られていない
「白紙の地図部分」のほうが、
うんと大きいのです。


今回の約款変更は、
(見方によっては)
可能性」という名のきら星を、
野に放とうとする行為なのかもしれません。


(振り返ってみますと)
これまで、
個人向けの投資信託ビジネスは、

「どこで買うのか」という
販売会社主導型でした。


しかし現在、
特定口座、iDeCo、つみたてNISA、
ジュニアNISAなど、

投資信託を購入する『入り口』(口座形態)が、
多様化しています。


私たち消費者は、
自分に合う投資信託を
真剣に探せば探すほど、

かえって「購入する窓口」を、
1つにしづらくなっています。

ココ、伝わっていますか?


換言すれば、

『何を買うべきなのか』という、
商品本意のブランド化が出来れば、

金融機関にとっては、
千載一遇のチャンスになり得ます。

以下をご覧ください。


バンガード口座


これは、
米国のバンガード社の
口座を開設する際の「サイトページ」です。

バンガード社は
ファンドの運用会社であると同時に、
「ワンストップサービス」を標榜する
口座窓口(販売会社)でもあります。

(そう、直販の元祖のような存在なのです。)

また、

『何を買うべきなのか』という
ブランド化に成功した、
稀有なサービス会社でもあります。


ちょっと見にくくてすみません・・。


バンガード口座


上記図を
ご説明しますと、

〇 左端の「IRA」は税制優遇がある
個人の退職勘定口座のこと。

〇 右端には、i401(k)とありますね。

〇 401(k)そのものは、
雇用主が準備する税制優遇口座です。
(いわゆる確定拠出年金のこと!)

〇 i401(k)のi は、
individual(個人の)の意であり、
いわゆる一人会社のオーナーと
その配偶者が利用できる制度となります。


1434454545-3867.jpg


〇 529 college accountは、
日本のジュニアNISAに似ており、
節税効果のある「学資積立てプラン」です。

〇 trust accountとは、
信託口座」のこと。

日本ではなじみが薄いですが、
今後は「家族信託」などの
信託制度を通じて、
財産の移転を行う人が増えることでしょう。


このように
バンガード社の口座開設の「ページ」を
見ただけでも、

様々な『入り口』(口座形態)が
混在していることが分かります・・。


ここに、
『何を買うべきか?』を主人公にすることの、
利点】が透けて見えてきます。


運用会社が
『何を買うべきか?』に応える
商品ラインナップを
消費者に【直接販売】することで、

はじめて
『ワンストップ』の投信サービスが
可能になると考えます。

そう、

「eMAXIS Slim」は、
日本のバンガードを目指すべきなのです・・。

似顔絵




関連記事

| 金融機関にモノ申す | 20:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月20日の「ひと言」



この世の中で、

あなたのお金のことを、

あなた以上に心配してくれる人はいません。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg




関連記事

| 今日のひと言 | 10:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インデックス・ファンドのファンドマネージャーは、日経CNBCに呼ばれたりはしません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

アクティブファンドって
そもそも『ロマン』を求めますから、

忙しく、活発に動いている様子が
目に浮かんできます。

いっぽう、インデックスファンドは?


イ・ファンドは、
『市場平均』(ベンチマーク)と
同じ値動きを目指すのが仕事ですから、


私たち運用者のほうは、
「まあ、ちょっと退屈かな・・」
と思ってしまいます。

あっ、でも、
インデックス・ファンドを運用する人は
そうではありません!


Tools-300x300.jpg


イ・ファンドの
『ファンドマネージャー』は、
けっこう緻密な作業が求められます。

何しろ、
ファンドには日々、
不規則に、さまざまな投資家の
【お金】が入ってき、

また、毎日毎日、
さまざまな投資家の【お金】が、
ファンド内から出ていったりします。

イ・ファンドの
「ファンドマネージャー」、
そして「運用チーム」のお仕事は、

前の日に受け取った
「イ・ファンド買いたいです!」
「イ・ファンド売りたいです!」
という【注文内容】を、

当日、実際に発注することにあります。


たとえば、
トピックス(東証株価指数)との
連動を目指す「イ・ファンド」であれば、

前日の注文内容を見ながら、

トピックス(東証株価指数)との
連動を崩さないよう

これだけの分量の株式を
ここでこんなふうに買い付けよう、

これだけの分量の株式を
こんなふうに売りつけようと、
【計画】を実行に移していきます。


・・いってみれば、
毎日毎日、
上記作業の繰り返しです。

ちょっとテクニカルな話ですが、

「イ・ファンド」は
1日に1度しか『値段』が付きませんから、

日中、株価が高いときに、
どっと大量の株式を買い付けてしまい、

その日の指数(例:トピックス)との
乖離が生じたりすると、
困ったことになります・・。

(実際、アメリカでは
インデックスファンドの存在感が増し、
市場が閉まる直前の売買が急増しているそうです。

ウォール・ストリート・ジャーナル
NY証取、最大の山場は取引終了前の数分間】)


oqqgsarmXLt0uLtV2yWBxD.jpg


インデックス・ファンドの
「ファンドマネージャー」は、

右手にファンドへの資金流入、
左手にファンドからの資金流出を
睨みながら、

いつも【市場平均との連動性】を
モニタリングしている、
職人さんのような気がします。

具体的には、

決して二度塗りが許されない
左官屋さんのように、
緻密な作業を日々こなしているのです。


(休みの日など、
スキューバダイビングとかしてそう・・)


さらに言えば、
大手運用会社であれば、

ひとりの「ファンドマネージャー」が、
何本ものインデックス・ファンドを
運用しているでしょうから、
作業の効率性、スピードも要求されるはず・・。

正直言って、
「アクティブ・ファンド」に比べると
派手さはありません。


「いやあ、
2017年後半からの運用には
目覚ましいものがありましたね!」



20180309_mp_cn01_dc3d70171f12be0b_9.jpg

と紹介されながら、
日経CNBCに登場したりすることもないでしょう(笑)


また、新幹線の「のぞみ」に乗って、
あちこち出張することもあまりないでしょう。


〇 毎日同じことを、
〇 同じ正確さでもって
〇 コツコツこなしていく・・、

そんな仕事なのですよ、
インデックス・ファンドの
「ファンドマネージャー」さんって。

あなたは
そういう人たちに
大切なお金』を託しているのです。

似顔絵




関連記事

| インデックス投資全般 | 16:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT