2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「増やす」のベクトルが染み付くと、「使う」が不得手になってしまう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

端的に云って、
A お金を貯めるのが得意な人は、
  お金を使うのが不得手です。

B お金を使うのが得意な人は、
  お金を貯めるのが不得手です。

わたしは仕事柄、
「A」の側の人と
接する機会が多いのですが、

お金を「貯める」、「増やす」の
ベクトルが染み付いたあと、

まったく真逆の
お金を「使う」に向かうのは、
口で言うほど簡単なことではありません。



具体的にはこうです。

『定年退職』して、

〇 運用そのものは続けますが、
〇 公的年金で足りない部分の「お金」を、
投資信託の【部分解約】で賄っていく・・


つまり、
ファンドを連続して売って、
(そして)そのお金を
連続して使っていくという、


これまでとは正反対の
なんとも【新たな習慣】を、
身に付ける必要があるのです。

これ、最初は戸惑って当然でしょう・・。


仮に、65歳時点で、

預金等   50%
投資信託 50%
「資産配分」になっているとしましょう。

お仕事からの
定期収入がなくなると、
やっぱりちょっと心細いですから、

「取りあえず、
足りない生活費部分は
預金から取り崩していこう!」


と思ってしまいがち・・。

実は↑このパターンは
「増やす」のベクトルが
染み付いた人ほど
陥る傾向にあります。


the-power-of-no.jpg


でも、預金からばかり
資金を取り崩していくと、

当然、
年を重ねるにつれて、
リスク資産(投資信託)の
割合が増えてしまいます・・。


仮に、年間150万円程度
「資金」が必要なら、
この場合は、

預金等から  75万円
投資信託から 75万円 と、

半分ずつをめどに、
『取り崩す』べきなのです。

※ その心は?
いつでも「同じリスク量」を
背負っていこうよということ。


また、仮に
上記のしくみに納得できたとしても、

投資信託の成績がマイナスの年に、
ファンドを売って、
お金を使うことに
抵抗を感じるお客様は多いです。

(お気持ちは重々分かりますが・・)


しかし、すでにあなたは、
【真逆のベクトル】に踏み出しているわけです。

投資信託の運用を続けて
10年のうち2~3年は
【マイナスの収益】になるのって、
想定済み。

いや、経験済みのはず・・(笑)


無題


ファンドが下落した年も、
正々堂々と
部分解約】を行うべきでしょう。


なぜなら、
お金の『ゴール』とは?

ファンドを継続的に売って、
そのお金を楽しく使っていくことです。

この『ゴール』に至るまでの、
『壮大なプロセス』が資産運用なのですから。


また、
「増やす」のベクトルが染み付いた人ほど、
自分で注文して
投資信託を売っていくのが不得手です。

ここは『しくみ』に委ねたほうが合理的でしょう。

わたしは楽天証券さんや、
マネックス証券さんも、
同様のサービスを(いつか)
始めてくれると信じて疑わないのですが、

今のところ、
当サービスを実施しているのは、
SBI証券さんだけです。
『投資信託定期売却サービス』

g_fund_info120316.gif

(【使う】を得意にするための強力な助っ人でしょう)


最後に、
ヘンな言い方になってしまいますが、
どうしても
お金を使うのが不得手なままの人は、

子どもさんに
(つみたて投資をするという前提で)
いくばくかお金を渡していく、

つまり「暦年贈与」していくというのも、
アリではないでしょうか・・。

似顔絵




関連記事

| 人生をプランニングする | 19:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |