2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

資産管理とは、自分の中に他者を飼い慣らすこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日常からいちばん遠いコトって
どんなことでしょう?

隕石の落下を目撃すること?

タンザニアでカヌーをすること?

田町の交差点で
新垣結衣とすれ違うこと?(← ないですよね(^^;

他人のお金を運用することも、
すごく非日常なことだと思いませんか?


「それはそうでしょう。
他者のお金を運用するなんて、
ぜったいに考えられないわ!

夜眠れなくなっちゃうわよ」


ん?

でも、
果たして(本当に)そうなのでしょうか?

他人のお金を運用する場合、
自分のお金を運用するのと比較して、

逆に『客観化』が
しやすいのではないでしょうか。

他人の・お金、なのですから・・。


〇 「やるべきことを
  きっちりやる。」

〇 「あと余計なことはしない。」

自分のお金を運用する場合と比べて、
かえって、
行動の【ルール化】が
しやすくなる面があるのでは・・。

たとえば、
他人のお金を運用することを、
仕事にしている人がいます。

しかも(民間会社ではなく)
公の機関で・・。


baton-300x199_201504022101371e6_20160509124839f88.jpg


情報は上から下まで開示され、
運用がうまく行かないときだけ
マスコミから非難され、

それでも、
黙々と仕事をこなす人たち。

そう、(一例ですが、)
GPIFさんがそうです。

GPIFのコンセプトは明快で、

国民のみなさんからお預かりした
国民年金保険料や厚生年金保険料を、
長期的な観点から運用します!


と言っています。


GPIF、
「年金積立金管理運用独立行政法人」の
最新の運用報告のビデオがこちら。





観ていただくと分かりますが、
あまり面白くありません(-_-;)

ビデオ内の
スライドにもありますが、

『基本ポートフォリオに基づき分散投資』

しているだけなので、
まあ、面白くなくて当然でしょう・・(笑)


GPIFはサイト上でも、

国民のみなさまから
お預かりした年金積立金を
長期的な観点から運用しています。


と謳っています。

キーワードはもちろん、
長期的な観点 ということば!


公の機関ですから、
きちんと四半期ごとの成績は開示しますが、

四半期ごとで、
成績がブレて、

(あっ、これって
もっとはっきり言うと)

四半期ごとで、
損失が出たり、
時には大きく落ち込む時期が
続いたりしても、

それは長期投資では
いわば『想定済み』で、

私たちはそんな短期の変動には
目もくれず

〇 『長期な視点で』
〇 『基本ポートフォリオに基づき分散投資』

これを続けていくのみなのです。


と、
GPIFさんは言っているのです。

ココ、伝わっていますか?


what_is_viral_marketing-principles_id18432651_300.jpg


実は、私たちの身近なところに
お手本」って存在するのですね。

GPIFが
やっていることは、

自身に合った『ポートフォリオ』を
しっかり作り、
それを守るために、
定期的に「リ・バランス」を行う。



それ以外は・・、

それ以外は、
何もしないのです。



why-is-yawning-contagious01-300x266.jpg


晴れの日も、
雨の日も、
嵐が来ようが、ヤリが飛ぼうが、

彼ら・彼女らの
行動指針』が変わることはありません。

それは、
【他人のお金を運用しているからこそ、
為せるワザなのでは・・。】



これからも、
GPIFの紹介ビデオには、
粛々とした「面白なさ」を期待したいです(^^;)

あなたもぜひ、
GPIFの『心の持ちよう』を真似して、
自分の中に他者を飼い慣らしてみてください

運用しているのは、
他人(30年後の自分)のお金なのです。

似顔絵




関連記事

| 投資家の感情リスク | 11:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |