2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

さて、2500万円は『一括投資』それとも『つみたて投資』?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

 【クイズです!】

長谷川良太さん(40歳)は
2500万円の原資を用いて
運用を行うつもりです。

今から20年後、
A、B、どちらの
投資執行法のほうが
【収益】がより大きくなるのでしょうか?

(注: 購入する金融商品は
まったく同じとします。

たとえば、世界中の株式、
債券に分散投資する
インデックス型のバランスファンドとしましょう・・)

A 一度に金融商品を買う!
B 毎月50万円ずつ
50ヶ月かけて金融商品を買う!


正解は・・
A のほうです。

(※ ここでは、
世界経済が成長を続け、

当該ファンドも長期的には
プラスのリターンを
実現するという前提です)


では、
なぜ「A」が正解なのでしょう?

答えはカンタンです。

来週、一度に買ってしまえば、
2500万円というリスク資産を、
もっとも長く投資しておくことが
可能になるためです。


伝わっていますね?)

ちなみに、
投資の【収益率】は、
投資元本×年利回り×投資期間(年数)で
求められます。


理論的に考えれば、
まとまったお金がある場合、
【一度に金融商品を買うことが
正しい行為なのです。】


理論的には、です・・。

しかし、
これが果たして『最善の方法』なのか?
と問われれば、
わたしは疑問に思います。


もちろん、
長谷川良太さんが、
投資歴10年以上で、

これまで
投資信託よりもリスクが大きい、
さまざまな金融商品を
買ってきた経験がある人なら、
一度に買うのは問題ないでしょう・・。


しかし、長谷川良太さんが、
まだ投資の初心者だとしたら?

わたしなら、
分けて』投資の執行をすることを
強くお勧めします。


一例ですが、
たとえば、

自動引き落としの仕組みを使って、
毎月50万円ずつ
つみたて投資」するのです。

50万円 × 50ヶ月。

(つみたて投資を50ヶ月だけ実施し、
その後は『つみたて』を休止します)


※ あっ、念のため、
「B」を選んでも、
別に「A」と比べて
期待リターンが高くなるわけではありませんよ。


20171222224858.png


では、初心者の
長谷川さんにとって
「B」の方法を選ぶ【メリット】とは・・?

今の例でいうと、
50ヶ月(4年と2ヶ月)という
時間」をかけて、

段々とリスク資産を積み上げる中で、
少しずつ投資に慣れていくことが
可能になる点でしょう。



いきなり、
ゼロ ⇒ 2,500!って、
ふつうの人の感情として、
ちょっとヘビーではないでしょうか?

あなた自身がまだ
投資に慣れていないのに、

リスク資産が
いきなり2,500万円に
なるわけですから・・。


それよりも、
50、100、150・・・・1,000
・・・・2,500万円というふうに、

リスク資産が積み上がるまでに
「時間」をかけることで、

リスク資産が積み上がる『スピード』と、
あなたが投資に慣れていく『スピード』を
うまい具合にシンクロさせることが
可能になるのではないでしょうか。



とは言っても、
わたしは2,500万円の原資を
5万円 × 500ヶ月

で「つみたて投資」しましょう!
とはお勧めしません。

(これだと
41年もかかってしまいますし・・(-_-;)

何より、
2,500万円というお金の
ポテンシャル(潜在可能性)を
損ねてしまいます。


MIYADSC_4275_TP_V1.jpg


まとまったお金の投資では、
たとえ「つみたて形式」にするとしても、
ある程度の「勇気」と「思い切り」が
必要になるのです・・。

考えてみますと、
ひと口に 50万円 × 50ヶ月といっても
けっこうスゴイことです。

月に50万円もリスク資産を買えば、
たった10ヶ月で
500万円も積み上がってしまうわけですから。


最初に戻りますと・・、

A 一度に金融商品を買う!
B 毎月50万円ずつ
50ヶ月かけて金融商品を買う!


「A」を選択するとは、
20年後の「未来」を尊重することです。

もちろん「長期の視野」は重要です。

しかし、
「20年後」を重んじるあまり、

投資ビギナーとしての
最初の1年~3年程度の
もっともブレやすい時期の、

投資家の【感情リスク】を
軽視してはダメだとわたしは思うのです。


まとまったお金を
わざと「つみたて投資」するのは、
あなたの気持ちの
【安定】を買うためなのです。

似顔絵




関連記事

| つみたて投資 | 18:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |