2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

資産運用を長く続けるには Want より Need が大切!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

よーく見ると、
英語の want と need は
意味合いがぜんぜん違います。

ちょっと「投資」に置き換えてみませんか?

Want・・
できるだけ大きなリターンが欲しい!
Need・・
自分に必要なリターンがあれば(それで)いいよ。


(ちょっと強引ですか?)


マーケットが好調なときは、
Need より Want が大きな顔をし始めます。

「もっと、もっといけるはずだ!」


「欲しいリターン」の印象がどんどん強くなり、
「必要なリターン」を
記憶の隅に追いやるのです・・。

まあ、Want の気持ちが
前面に出ている人は、
生き物としては、
きわめて健全なのかもしれません。

だって、
私たちの祖先がもし、
Want じゃなくて、
Need で満足していたら、

ここまで高度な文明は
築けなかったでしょうから・・。


ただし、
21世紀に投資を続ける私たちは、
まず、自分の心の中で、

WantとNeed、
【ふたつの気持ち】が
入り混じっていると
自覚する必要があるでしょう。


Selling-wants-vs-needs.jpg


そして、
長い資産管理の中で大切なのは、

「欲」のWantを飼い慣らし、
「ほどよい自制」のNeedの範囲を
じわりじわりと広げていくことなのです。



人間とは面白いもので、
マーケットの下落基調が続くと、

「ワタシは年4%くらいで
運用ができればいい。
必要なリスクのみを取って、
そこそこのリターンが上がればOK。」


と、控えめ(かつ)冷静に、
割り切って物事を捉えられます。

【発想転換のチャンスは、
悪い時に訪れるものです!】


今申し上げた、
必要なリスクのみを取って、
必要なリターンを求める。


これは特に、↑シニアの皆さんに、
わたしは申し上げたいのです。

ほんらい
「リターン」とは、
「リスク」を取った結果得られるもの。

★ リターンとは到達点に過ぎず、
長い資産運用のプロセスは、
【あなたがリスクと向き合う姿そのものなのです。】


ですよね?)


では、66歳とか67歳になって、

【必要以上のリスクを取って、】
【必要以上のアップダウンに見舞われて・・】

それって、
ほんとうに
人生で有益な経験なのでしょうか?


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


運用の本質は
『リスクとつき合うこと』です。

そして、リスクとは、
苦い薬のようなもの。


ホントは嫌だけど、
それが必要だから、
必要なだけ
取るモノではないでしょうか・・?

【自分が納得できるリスクのみを取り、】
【自分が必要とするリターンのみを求める。】

このような Needのマインド を、
私たちはもっと大切にすべきですよね。

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 18:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |